買いたいものを検索してください

キャンプマットおすすめ人気28選【安い・コンパクト】寝心地の良さも比較!

そもそも昔は優れたキャンプマットがなかったため、私がキャンプする時は銀マットと寝袋だけで寝ていました。しかし冬場は冷気が地面から上がってくるため、その寒さには勝てず、真夜中に車に飛び移り結局は車内泊となり、キャンプ気分ではなくなりました。

しかし今はキャンプマットも進化一年中快適な宿泊が望めるようになったのです。でもね、一回はそんな苦労をしてキャンプの辛さの思い出を作れば人にも教えられて、良いと思いますよ(笑)

 

キャンプマットとは

キャンプマットとは寝袋などの下に敷くマットのこと。テントマットとも言いますね。キャンプ泊の際などテントの中で寝ていても床下の石などの凹凸を緩和してくれる上、夏は断熱性、冬は冷気遮断性があり、気持ちよく眠ることができるのです!

 

アウトドア用の腰痛対策に!

腰痛持ちの人は結構多いのですが、腰痛対策としては背骨をまっすぐにする「平な硬いマットレス」が有効と言われています。なので普段自宅で床に寝る人もいるほどなのですが、地面は違いますよ!そもそも地面に寝ると「冷え」と「ゴツゴツした感触」の上で眠ることは身体に、腰に負担を掛けてしまいます。

薄目でスッと引けるような平なタイプのキャンプマットを身体の下に敷くことで、腰痛対策になります。ふかふかなキャンプマットは寝心地がよいですが、腰痛対策としては「背骨がまっすぐになる、至極平なキャンプマット」がベストです。

 

キャンプマットは大きく分けて3種類

タナヨシ

 

クローズドセルマット

昔からある銀マットやウレタンマットなどの広げるだけで使用できるタイプで、安価。銀マットは銀面は直接冷気を防ぎ、ウレタン部は保温効果があるので銀色が下で青いウレタンが上にして敷きます。

ロールタイプと、折りたたみ式タイプがあります。

THERMAREST リッジレストソーラー

出典: Amazon.co.jp

THERMAREST リッジレストソーラー
ブランド
カテゴリ

軽くて収納が簡単!

クローズドセルマットは通常くるくる巻いて収納するものとアコーディオンのように折りたたんで収納できるものがあります。

こちらは一般的なもの。価格も安く、重量も軽いのがポイントです。昔は裏面がブルーのみだったのがカラフルになりイエロー、グリーン様々なカラーが登場して見た目も自分なりの統一感ができるようになりました。

 

エアマット

エアポンプや、口から息を吹き込み空気を入れるタイプです。想像がつくと思いますがかなりの空費を必要とするため女性はエアポンプ必須。使ったあとも空気を十分抜いてたたみます。私も持っていますが寝心地はとても良くて最高!

弱点はかさばる+ビニールに穴があく心配がある点。車に積んでいける時に臨時補修のためのテープを常備することでクリアできます。

Ehoovis エアーマット

出典: Amazon.co.jp

Ehoovis エアーマット
ブランド
カテゴリ

華やかで寝るのが楽しくなるデザイン!空気をぬけば軽い!

エアマットの形で定番なのがこの形。空気をぬけば15cm×35cmのコンパクトサイズで場所とらずです。

このタイプは枕つきのものもあるのですが高い枕や低い枕にこだわりをもっている人は何もないストレートタイプを選びましょう。カラフルでおしゃれなマットレスが多いのがエアマットです。

 

インフレーターマット

バルブを開けると自然と空気が入って膨らむマットです。コンパクトになる便利なアイテムなので、キャンプや登山で大活躍するため、懐に余裕がある人はこれを選びます。

いいなー、私も今年はインフレーターマットに変えようかな!

KOOLSEN 自動エアーベッド

出典: Amazon.co.jp

KOOLSEN 自動エアーベッド
ブランド
カテゴリ

自動でパッ!準備を簡単に!

インフレーターマットのいいところは、自動であっという間に準備できること。小さな子供がキャンプに同行している場合、様々な作業をこなしたいものです。そんな時にマットレスを手間なく広げられると時間短縮にもなりますね。

 

キャンプマットの手入れはいつすればいいの?それは今!

もし可能ならキャンプで使った翌朝すぐにテントに引っ掛けて干すのがベスト。それは体から出る汗などの湿気があるからです。自宅のマットレスだって、シーツだって、寝巻きだって寝汗で取り替えますよね?それと同じで干して風を通さないとシケってカビが生えてしまうのです!

 

キャンプマットを選ぶポイント

キャンプマットを選ぶポイントは、価格・素材・寝心地・サイズ・メーカー・耐久性いろいろあります。無名ブランドでもいいものはあります。サイズもシングルにするか、家族で使えるためにダブルにするかなど個々の理由がポイントでしょう。

 

断熱性能で選ぶ

キャンプマットはただ厚さがあれば暖かさが高いという訳ではありません。キャンプマットの断熱材により暖かさが変わってきます。断熱効果の値を示したものがR‐Value(Thermal resistance value)。「熱抵抗値」の意味で一般的に日本では、R値、R‐Value等と示されています。

R値の数値が高いほど断熱効果が増していきます。季節的な目安は下記のようになります。

季節 R値
1~2
春夏秋の3シーズン 2~4
春夏秋冬のオールシーズン 4~6
厳冬山 6以上

 

防水性で選ぶ

テントは全て防水性だと思っていませんか? 確かに雨も降る中でテントを張っていますが、メーカーによっては防水性が非常に低く、雨の中寝ていると、雨漏りで水浸しということもあるのです。テントで雨が降ったら地面に排水されずテントの底に雨水が溜まるのです。

また山は昼と夜とでは気温差が大変あります。その温度さから結露がテント内に生じて水滴が発生したり、地面からの冷気が発生します。だからこそ寝具というものは防水性が非常に大事なのです。マットの濡れを防ぐためにも、防水性の高いPVC加工がされているものや、ウォータープルーフ加工がされている素材がおすすめです。

 

サイズで選ぶ

基本的にキャンプマットは、寝袋とセットで使用します。サイズは自分が仰向けになって寝転んで、横幅・縦幅をしっかり測って自分の体形にあったものを選びましょう。その理由は、眠っていて寝返りをうったときに足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出したりしてしまうと、眠っていてもストレスになるのです。自宅で寝ていても「足が出ていて寒いな」と目が覚めることがありますね、キャンプ場ではもっと寒いし、床がそのまま続くわけがなく真横は地面です。サイズがない場合は「ダブルサイズ」のキャンプマットを選ぶのも賢い買い物です。

 

重さや収納サイズで選ぶ

キャンプや登山はどうやって行きますか? キャンプの場合はキャンプ場まで車で行き台車でキャンプ道具を運べば良いのですが、登山の場合は自分で持っていく事が前提です。キャンプ用品はテント、寝袋、キャンプマット、洋服、水筒にと持っていくものが多いので荷物もできるだけ少なめに、できるだけ軽めにするのが鉄則です。

明らかに違うのは男性よりも女性はずっと非力という点を考え、コンパクトに畳める、軽量になるインフレータブルやエアマットがおすすめです。重さで疲れを感じにくい500gを目安にしましょう

折りたためるかどうか

キャンプと言っても色々な形態のキャンパーが存在していますね。車で行って荷物を台車でキャンプ場に運んで手軽に楽しむ人は多少の荷物の重さは気にしないでいられますが、反対に荷造りを軽くしたい人は電車組、または登山を兼ねたキャンパーでしょう。最大限に荷物を収めたい人は折り畳み式のキャンプマットを選ぶことが賢い選び方。短時間で支度をするようになるので板のような折り畳み式が楽です。ザックに括りつけても軽くてその重さにびっくりしますよ!

 

キャンパーが教えるキャンプマットのアドバイス

キャンプ
タナヨシ

やはりテント泊で苦労するのは寒い時期のマットレスなんですね。寒い時期は暖かい時期と比べて地面から受ける熱量が異なるのです。特に10月後半から冬にかけて、または春先は、マットレスを敷いて寝ても地面の冷たさが体にシンシン伝わると眠りを妨げるのです。

酷いときには寒さから体調不調に陥ります。私は体調不調までは行きませんでしたか、冬場は寒さで夜中に何度も目が覚めてしまい地面から受ける過酷な冷たさに悲鳴を上げました!

また地面に石が多い、岩場がある場所に寝るときはマットレスが薄いと体が痛くなるのは容易に分かります。購入する時は、マットレスによって保温効果が最大限に望めるもの、地面からの衝撃が軽減するものを選らんでほしいと思います。

 

【メーカー比較】キャンプマットおすすめ人気メーカー

モンベル(mont-bell)

日本・大阪市で誕生したアウトドア総合メーカー。品質が高く、価格は安く、ベーシックなデザインが人気です。

素早い設置・撤収が可能な軽量スリーピングパッドで女性でも簡単に扱え、キャンプマットの耐久性・断熱性に優れたポリエチレンフォームを使用し断熱性クッション性の高さを誇ります。

公式サイトはこちら

 

コールマン(Coleman)

アメリカ・オクラホマ州で誕生したアウトドア総合メーカー。アメリカではキャンプストーブが有名で1923年発売以来、モデルチェンジを行いながらも現在も販売されているほどメジャーです。

それからアウトドア製品が開発されていき、今は知らぬ人はいないという大メーカーに成長。日本ではコールマンジャパンがあり、日本人向けの商品が開発されています。

厳しい冬山を過ごすというより、適度な気温下でファミリーキャンプができる商品を主に得意としており、量販店に販活を見出しているので、誰もが一度はコールマンにお世話になっているはずです!

出典: Amazon.co.jp

コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354
ブランド
カテゴリ

 

【価格帯別】おすすめ人気キャンプマット

【5,000円以下】

キャプテンスタッグ キャンプマット

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ キャンプマット
ブランド
カテゴリ

ロールタイプの銀マットは買いやすい価格で、軽く持ち運びしやすい。比較的暖かい季節でとりあえず試してみようという人向けによいです。寝るときに使わなくてもBBQ時にシートの代わりにもなります。銀面が水に濡れても染み込まずタオルで拭ける良い製品です。

 

【10,000円前後】

Klymit スリーピングパッド

出典: Amazon.co.jp

Klymit スリーピングパッド
ブランド
カテゴリ

信じられないほど軽量です。小さなパックサイズと重量のための新しいハイエンド軽い生地とうたわれ、通常の半分以下に畳め、エアマットながら肺活量が少なくても大丈夫という優れもの。見た目にもカッコイイ!

 

【50,000円以上】

Yuiop パッドマット

出典: Amazon.co.jp

Yuiop パッドマット
ブランド
カテゴリ

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

9cmという厚みは冷えから体を守り、湿気対策耐久性もすぐれていることから思い切って買いたい品物。コレさえあれば買い替えすることないと考えるとコスパは断然いいですね。

 

【春・夏のキャンプ】おすすめ人気キャンプマット

KingCamp エアーマット

出典: Amazon.co.jp

KingCamp エアーマット
ブランド
カテゴリ

シンプル イズ ベスト!

夏はとにかくそんなに厚めだとか、枕があるとかあまり機能的に沢山あるよりシンプルなものがおすすめです。

キャンプをする場は結構涼しい場所が多いのですが、厚さ約3.8cmの中厚サイズの厚すぎないで寝苦しくない、薄すぎて寒くないキャンプマットでそれでも夏の夜はスッキリして眠りたいもの。

こちらは表面に通気性高いオックスフォードを使用しているため、防湿性が高く汗取り性能が高いのです。また地面から伝わる凸凹感を軽減しながら冷気をカット、寝心地が良いんですね。

 

【秋・冬のキャンプ】おすすめ人気キャンプマット

QSEKCH エアマット

出典: Amazon.co.jp

QSEKCH エアマット
ブランド
カテゴリ

コンパクト・軽量・暖かい・安い!4拍子そろったエアマット。

冬のキャンプはエアマット+寝袋もしくは毛布などかけて眠ります。だからこそ厚めに膨らみ冷えをシャットアウトするのが大切です。

エアマットの下にダンボールを敷くといいですよ。車でキャンプ場に行く人はダンボールをお忘れなく!マット生地には耐水加工があり汚れても濡れタオル等で 拭き取るだけでOK!お手入れも簡単なキャンプマットです。

 

【登山】おすすめ人気キャンプマット

BUNDOK フォールディング マット

出典: Amazon.co.jp

BUNDOK フォールディング マット
ブランド
カテゴリ

登山用は厚さよりも軽量さで選ぶ!

春~夏、秋~冬にかけては登山の季節。この時期に山へ行く人は防寒着も必要になります。寒さをしのぐためキャンプマットも厚いものがほしい所ですが、私が選んだのは10mmのキャンプマット

10mmと薄いですが凸凹分を含めると倍くらいの厚さになるので石が多いサイトでも活躍します。この手のタイプは20mmまでありますが、登山では背負う荷物においては疲れを軽減させるためにもできるだけ軽量にするのが鉄則です!

 

【ピクニック】おすすめ人気キャンプマット

HOVNEE ピクニックマット

出典: Amazon.co.jp

HOVNEE ピクニックマット
ブランド
カテゴリ

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

薄型で防水機能がついていればOK!

砂利道や岩場で宿泊するために使うものではなく、日帰りピクニックで使うだけなら、厚みよりも防水や扱いやすいピクニックマットがおすすめです。このサイズは200cm×180cmだから、2人で寝転べ、座るだけなら4人くらいは座れちゃうのです。

この大きさなのにコンパクトサイズに畳めリュックサックの横にぶらさげられるという驚きも。底には防水、耐久性、引裂き防止の裏地を採用しているから安くても簡単に破けず経済的な上、洗うのもホースで洗浄するだけなら手間もかかりませんね!

 

【キャンプ初心者】おすすめ人気キャンプマットはこれ!

Pokeer エアーマット

出典: Amazon.co.jp

Pokeer エアーマット
ブランド
カテゴリ
タイプ インフレーターマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は210TポリエステルにPVCコーティング
サイズ 長さ174cm×幅60cm
収納サイズ 13cm×60cm
重量 1200g
厚み 2.5cm

キャンプの楽しみと手軽さを兼ねよう!

キャンプに来たら寝るときもキャンプらしい楽しみがないとつまらないですよね。このマットは自動的に空気を吸い込み膨らむタイプ5分放置すればOK!弾力性に優れた上質なメモリフォームを使用しているので寝心地もよくてご機嫌に眠れます。

枕部分は自分の好みの高さに膨らまらせることができるんですよ!収納も空気を抜くように丸めるだけだけど、こうした多少の手間をかけて片付けるのがキャンプの楽しみの一つです♪

 

【おすすめ】キャンプマットおすすめ人気商品11選

mont-bell モンベル U.L. コンフォートシステム エアパッド 180

no image
mont-bell モンベル U.L. コンフォートシステム エアパッド 180
タイプ クローズドセルマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は30デニール・ポリエステル・リップストップ[TPUラミネート]
サイズ 長さ180cm×60cm
収納サイズ 16.5cm×60cm
重量 1,251g
厚み 5cm

抜群の軽量さ、コンパクトさが魅力!

シンプルイズベストで軽量小さいとくれば多少値が張っても買いたくなるもの。モンベルのこの商品はマミー型形状を採用し、抜群の軽量・コンパクト性と快適性を両立してくれるから嬉しい限り!

聞きなれないマミー型形状とは、ミノムシのような形。そう四角の角がない分、丸める時にくるりと内側にスムーズに丸められコンパクトに収納できるのです。また角がとれた分軽くなっています。マミー形状は奇抜さもなく受け入れやすいのもイイですね。使い心地もモンベルなら安心の一言。

U.L. コンフォートシステム エアパッドには150cmのサイズもありますが、やはり180cmあると足がマットレスの上にあるだけ温かさがあります。短すぎて寝ていて寒くならないようにケチってはダメですよ!

 

mont-bell モンベル U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180

no image
mont-bell モンベル U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180
タイプ エアマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は30デニール・ポリエステル・リップストップ[TPUラミネート]
サイズ 長さ150cm×50cm
収納サイズ 10cm×20cm
重量 431g
厚み 7cm

通年キャンプをするなら、モンベルの中でも一番厚めなマットで!

軽量コンパクトを追求すると、どうしても厚みが薄くて快適性がイマイチという感想が大部分ですね。やっぱり宿泊するなら、正直に言って寝心地が重要と言えましょう。

フォームの厚さが50mmクッション材がウレタンフォームなので寝心地の気持ちよさはこれ以上のものはないかも。凸凹感も殆ど吸収されてしまうのでクッション性保温性を重視したモデルといわれています。

それゆえ、寒い季節や冬山での使用にも対応できるので通年通してのキャンプに準備するキャンプマットとして文句はないでしょう。幅が60cmと広いので男女兼用誰が使っても満足できるでしょう。

 

THERMAREST アウトドア用マットレス

出典: Amazon.co.jp

THERMAREST アウトドア用マットレス
ブランド
カテゴリ
タイプ クローズドセルマット
断熱性能(R値) 2.1
防水性 素材は軽量EVAフォーム
サイズ 長さ122cm×51cm
収納サイズ 51cm×17cm
重量 260g
厚み 1.5cm

持っていて損はない!

最初はアウトドア全般に使えるマットレスにすれば役立ち度満点!丈夫で保湿性高く手軽さ抜群です。雨に濡れても、汚れても、軽く濡れタオルでふけばきれいになります。

それにこんなペラ一枚でもアルミ蒸着面を体に密着して眠るだけで暖かさを感じます。覚えておいてください。一枚のペラッとしたアルミを体に巻きつけておくだけで保温性が高いのです。

見た目はちょいダサくても確実に暖かさやクッションが効いているので安心です。アウトドア初心者はぜひとも持っておきたいマットレス。

 

Klymit スリーピングパッド

出典: Amazon.co.jp

Klymit スリーピングパッド
ブランド
カテゴリ
タイプ

エアマット(寝袋の中に入れて使うタイプ)

断熱性能(R値)
防水性
サイズ 長さ107cm x 46cm
収納サイズ 8.9cm×15.2cm
重量 272g
厚み 3.8cm

ソロキャンパーにおすすめ!軽量にこだわりたい人へ!

超快適超小型で軽いので一人で行き、荷物を軽く済ませたい人は注目してください。保温力はそれほど高くないので初夏~初秋の季節にあうものです。

特徴は穴が飽いていて寝にくいと思われますが、この仕様はボディマッピング技術といい、体をサポートする設計でキチンとした寝心地を保障してくれるのです。

 

mont-bell U.L. コンフォートシステム エアパッド

出典: Amazon.co.jp

mont-bell U.L. コンフォートシステム エアパッド
タイプ クローズドセルマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は30デニール・ポリエステル・リップストップ[TPUラミネート]
サイズ 長さ180cm×60cm
収納サイズ 16.5cm×60cm
重量 1,251g
厚み 5cm

超コンパクトな収納サイズを実現!

キャンプを楽しむというより登山でキャンプをする人が持ち運びを重視するもの。超コンパクトな収納サイズを実現した「空気注入式」のエアパッド 寝心地もよい。

 

X-sleeper 車中泊用敷き布団

出典: Amazon.co.jp

X-sleeper 車中泊用敷き布団
ブランド
カテゴリ
タイプ 布団
断熱性能(R値)
防水性 素材は綿・ポリエステルなど
サイズ 長さ195cm×50cm
収納サイズ 70cm×60cm
重量 2000g
厚み

寝心地抜群!

寝心地重視派に注目されている、ふわふわなマット。好き嫌いが分かれるが清潔に使えることも重視したい人は気になる商品。

 

DOD キャンピングマット

タイプ クローズドセルマット
断熱性能(R値) 2000g
防水性 耐水圧1200mm
サイズ 長さ180cm×112cm
収納サイズ 18cm×58cm
重量
厚み 3cm

可愛すぎて抱きしめたい!

車泊でもテント泊でも使える大きなキャンピングマット。華やかでキュートなデザインに一目ぼれする人も多く、思わずこのマットに寝転んで抱きしめたくなるほどです!

やっぱりキャンプは楽しくなくっちゃと思わせてくれるDODキャンプングマットですが、防水性の高い素材(耐水圧1200mm)を、マット全面に使用しているためテントで寝ていても冷たさを感じることはないでしょう。

 

GEEDIAR エアーマット キャンピングマット

出典: Amazon.co.jp

GEEDIAR エアーマット キャンピングマット
ブランド
カテゴリ
タイプ

エアマット

断熱性能(R値)
防水性

防水コーティング加工、素材はTPU生地+20Dナイロン

サイズ 長さ191cmx55cm
収納サイズ

9cm×22cm

重量 500g
厚み 5cm

海でも山でも使いたい!多目的に使いたいならコレ!

100%PVCポリエステル繊維ABSクイックフローバルブ高反発性のスポンジ充填材で作られた、柔らかく非常に耐久性のある、裂けにくく、耐摩耗性があり、洗濯も簡単というエアマット。 防水に優れているのでキャンプだけでなく海にも活用したり多目的に使いたい人向けです。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット
ブランド
カテゴリ

タイプ クローズドセルマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は発泡ポリエチレン・EVA樹脂
サイズ 長さ182cm×56cm
収納サイズ 13cm×12.5cm
重量 270g
厚み 2cm

 

KingCamp インフレータブル マット

出典: Amazon.co.jp

KingCamp インフレータブル マット
ブランド
カテゴリ
タイプ タイプ:
断熱性能(R値)
防水性
サイズ 長さ203cm×幅137cm
収納サイズ 34cm×70cm
重量 4400g
厚み 5cm

厚さにこだわりあり!

ファミリーキャンプや車中泊に適したダブルサイズの8cm極厚キャンピングマット。やはり8cmもあるとふかふかさが違います。キャンプだからぺったんこでも仕方ないとあきらめていた貴方、これはどうでしょう?地面のゴツゴツした不快感知らずのキャンプは理想そのもの!

 

KingCamp エアーマット

出典: Amazon.co.jp

KingCamp エアーマット
ブランド
カテゴリ
タイプ エアマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は30Dナイロン+TPU弾性複合布
サイズ 長さ188cmx65cm
収納サイズ 10cm×26cm
重量 620g
厚み 5cm

手触り最高!ふかふか

2019年度KingCamp最新のエアマットは、表面にソフトなTPU弾性複合布加工をしているから、柔らかな肌触り。しかも保温・断熱・防湿の効果も抜群になっています。底面は150オックスフォード複合素材。

これで耐摩耗性、防水性、耐久性をアップ。春夏秋冬を問わず四季でも自由に使えるエアマットセットといわれてます。色も上品でステキ、大人のエアマットカラー。

 

【徹底比較】キャンプマットおすすめ人気商品の比較表はこちら

商品画像
商品名 mont-bell モンベル U.L. コンフォートシステム エアパッド 180 mont-bell モンベル U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180 THERMAREST アウトドア用マットレス Klymit スリーピングパッド mont-bell U.L. コンフォートシステム エアパッド X-sleeper 車中泊用敷き布団 DOD キャンピングマット GEEDIAR エアーマット キャンピングマット キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット KingCamp インフレータブル マット KingCamp エアーマット
タイプ クローズドセルマット エアマット クローズドセルマット エアマット(寝袋の中に入れて使うタイプ) クローズドセルマット 布団 クローズドセルマット エアマット クローズドセルマット タイプ: エアマット
断熱性能(R値) 2.1 2000g
防水性 素材は30デニール・ポリエステル・リップストップ[TPUラミネート] 素材は30デニール・ポリエステル・リップストップ[TPUラミネート] 素材は軽量EVAフォーム 素材は30デニール・ポリエステル・リップストップ[TPUラミネート] 素材は綿・ポリエステルなど 耐水圧1200mm 防水コーティング加工、素材はTPU生地+20Dナイロン 素材は発泡ポリエチレン・EVA樹脂 素材は30Dナイロン+TPU弾性複合布
サイズ 長さ180cm×幅60cm 長さ150cm×幅50cm 長さ122cm×幅51cm 長さ107cm x 幅46cm 長さ180cm×幅60cm 長さ195cm×幅50cm 長さ180cm×幅112cm 長さ191cmx幅55cm 長さ182cm×56幅cm 長さ203cm×幅137cm 長さ188cmx幅65cm
収納サイズ 16.5cm×60cm 10cm×20cm 51cm×17cm 8.9cm×15.2cm 16.5cm×60cm 70cm×60cm 18cm×58cm 9cm×22cm 13cm×12.5cm 34cm×70cm 10cm×26cm
重量 1,251g 431g 260g 272g 1,251g 2000g 500g 270g 4400g 620g
厚み 5cm 7cm 1.5cm 3.8cm 5cm 3cm 5cm 2cm 5cm 5cm
リンク 公式 公式 Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【ダブルサイズ】キャンプマットおすすめ人気商品4選

Cornmi キャンプマット

出典: Amazon.co.jp

Cornmi キャンプマット
ブランド
カテゴリ
タイプ エアーマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は40Dナイロン TPU弾性複合
サイズ 長さ195cm×幅60cm
収納サイズ 10cm×23cm
重量 600g
厚み 7cm

シングルにもダブルにも、繋げば繋げるほど広く使えるから便利!

一見ダブルのキャンプマットのように見えるのですが、実はこのキャンプマットはシングルを二つボタンで連結したものなんです!つまりシングルを幾つも繋げることができる優れもの。連結するボタン数も7つあるからしっかりとつなげます。

ダブルベッド?が恥ずかしいカップルもこれなら受け入れられるのではないでしょうか?シングル別々にもっていても夜はキャンプマットを膨らませたあとにボタンをサッと留めるだけ。気恥ずかしい山男もこれならいいって言ってくれるかも(笑)

4人ファミリーなら4つ繋げて、子供が大きくなったらシングルで各自で使うのもOK!枕もついているのでわざわざ揃える必要もなくコスパにも優れています。

 

KingCamp キャンピングマット

出典: Amazon.co.jp

KingCamp キャンピングマット
タイプ インフレーターマット
断熱性能(R値)
防水性 素材はポリエステル PVCコーティング
サイズ 長さ198cm×幅130cm
収納サイズ 7.9cm×70cm
重量 4400g
厚み 4cm

睡眠の質を上げてくれる、インフレーターマットで寝不足知らず!

インフレーターマットは空気を入れるマットで目新しさはない?いいえ、なんとこちらは高密度ウレタンフォーム三段式構造なので非常に快適なのですよ!

ウレタンフォームは、高反発マットレスによく使われていることで有名ですが、こちらのマットもそれゆえ耐圧分散に優れていて通気性が良く快適な睡眠をもたらしてくれるのです。

「ダブルだと横にすぐ人がいて、熟睡できない!」とか「キャンプ場では地面の凹凸感があり寝にくい、寒くて暑くてイヤ」というカップルや家族に是非とも試してもらいたいものです。

 

キングキャンプ キャンピングマット クラシックダブル

出典: Amazon.co.jp

キングキャンプ キャンピングマット クラシックダブル
ブランド
カテゴリ
タイプ エアーマット
断熱性能(R値)
防水性 素材はオックスフォード ポリエステル
サイズ 長さ183cm×幅138cm
収納サイズ 65cm×22cm
重量 3kg
厚み 3cm

ダブルのエアーマットでも簡単!

ダブルのエアーマットの扱い方は大変かなと思う人がいますが、今はとても簡単に設置できるんですよ。自動膨張式のエアーマットだから、上部のバルブを開けると自動で空気が取り込まれ3分程度で膨らみます!

厚さは3cmもあるため快適性は抜群。このエアーマットは膨まらせたまま真ん中で畳むことができるため6cmもの厚さで使うことができるのです。広げて2人用ダブルサイズとしても、折りたたんで厚手の1人用シングルサイズとしても使える重宝さが嬉しいですね。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 エアーマット

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 エアーマット
ブランド
カテゴリ
タイプ エアーマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は表地/ポリエステル(PVC加工)、内材/ポリウレタンフォーム
サイズ 長さ182cm×幅110cm
収納サイズ 60cm×32cm
重量 2.2kg
厚み 3.5cm

高評価、収納が楽なダブル用キャンプマット

地面の凸凹を気にせず、しっかりと休養でき、快適な寝心地を実現したキャプテンスタッグのエアーマットです。眠っていても地面の凸凹な段差も分からず十分休養できるクッション性の高さはキャンプマットの機能の一番嬉しいポイントですね。

グレーカラーで地味ですがキャンプマットは下に敷くものなので汚れが目立たず、予想以上に手入れが楽なのです。収納は空気を抜きながら丸く畳みますが畳みにくい時にはゴム紐などを利用して収納すると簡単に袋に収まります。

 

【ダブルサイズ】キャンプマットおすすめ人気商品の比較表はこちら!

商品画像
商品名 Cornmi キャンプマット KingCamp キャンピングマット キングキャンプ キャンピングマット クラシックダブル キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 エアーマット
タイプ エアーマット インフレーターマット エアーマット エアーマット
断熱性能(R値)
防水性 素材は40Dナイロン TPU弾性複合 素材はポリエステル PVCコーティング 素材はオックスフォード ポリエステル 素材は表地/ポリエステル(PVC加工)、内材/ポリウレタンフォーム
サイズ 長さ195cm×幅60cm 長さ198cm×幅130cm 長さ183cm×幅138cm 長さ182cm×幅110cm
収納サイズ 10cm×23cm 7.9cm×70cm 65cm×22cm 60cm×32cm
重量 600g 4400g 3kg 2.2kg
厚み 7cm 4cm 3cm 3.5cm
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

to buyインフルエンサーのキャンプ用テントおすすめ!

Kirkham’s(カーカムス)ハイライン クラシックジャック

夏場のキャンプにぴったりのテント。フルコットンで涼しい!

#タープ #カーカムス #キャンプ #ファミリーキャンプ #キャンプギア #コールマン #スノーピーク

 

ROMAN DELUXE

canvascampのフルコットンテント。冬のキャンプにオススメのテント!

#camp #キャンプ #テント

 

Kirkham’s(カーカムス)ハイライン6 スプリングバーテント

セッティング時間わずか10分。家族6人まで寝れます。
真夏のキャンプに最適、最強テント!

#ベストバイ2018 #アウトドア用品

 

CanvasCamp(キャンバスキャンプ) テント SIBLEY 400 ULTIMATE PRO

冬のキャンプも快適!キャンバスキャンプのベルテント。

#camp #キャンプ #テント

 

キャンプマットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、キャンプマットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

こんなキャンプ用品もおすすめ!

キャンプ用ケトル

 

【番外編】キャンプにこれがあるとおすすめ!

Biseny ランタン

多機能で可愛い!

キャンプ用品の中でも珍しいローズゴールドカラーで可愛い上、多機能なランタン。重さ295gの軽量でテントにつるしても、地面においてもOKだから真夜中に足元を照らしたいときは便利ですよ。しかも三色切替、雰囲気作りの無段階調光で明るさも強弱あり。

しかもです、11200mAh超大容量リチウムバッテリー内蔵だから、フルパワー状態では510時間まで連続点灯可能!スマホやタブレット、GPSなどにも充電できます。防水に対応してることやSOS信号を出せることからアウトドアに最適ですが災害時にも。これは便利です♪

 

気持ちよく朝を迎えよう!

日帰りキャンプに慣れたら、宿泊して本気のキャンプをしたい貴方。揃えるべきものは「キャンプマット」「シュラフ」。寝心地よい夜を過ごせば翌日の朝食も会話が弾みます。キャンプシーズンが始まる前に、後悔しない道具を揃えましょう!

記事内で紹介されている商品

THERMAREST リッジレストソーラー

サイトを見る

Ehoovis エアーマット

サイトを見る

KOOLSEN 自動エアーベッド

サイトを見る

コールマン(Coleman) エアーマット キャン…

サイトを見る

キャプテンスタッグ キャンプマット

サイトを見る

Klymit スリーピングパッド

サイトを見る

Yuiop パッドマット

サイトを見る

KingCamp エアーマット

サイトを見る

QSEKCH エアマット

サイトを見る

BUNDOK フォールディング マット

サイトを見る

HOVNEE ピクニックマット

サイトを見る

Pokeer エアーマット

サイトを見る

mont-bell モンベル U.L. コンフォートシ…

サイトを見る

mont-bell モンベル U.L. コンフォートシ…

サイトを見る

THERMAREST アウトドア用マットレス

サイトを見る

mont-bell U.L. コンフォートシステム エ…

サイトを見る

X-sleeper 車中泊用敷き布団

サイトを見る

DOD キャンピングマット

サイトを見る

GEEDIAR エアーマット キャンピングマット

サイトを見る

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャン…

サイトを見る

KingCamp インフレータブル マット

サイトを見る

Cornmi キャンプマット

サイトを見る

KingCamp キャンピングマット

サイトを見る

キングキャンプ キャンピングマット クラ…

サイトを見る

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャン…

サイトを見る

Kirkham's(カーカムス) ハイライン クラ…

サイトを見る

カーカムス Kirkham's ハイライン6 スプリ…

サイトを見る

CanvasCamp キャンバスキャンプ テント SI…

サイトを見る

関連記事