買いたいものを検索してください

アウトドア好きライターが厳選!ハイキングシューズのおすすめ10選

登山やハイキングが山ガールという名の下に流行し、定着してだいぶ経ちます。

おしゃれなウエアに目が行きがちですが、実は一番重要なのは「シューズ選び」ではないでしょうか。

スニーカーでも大丈夫でしょ? と思っている方! シューズしだいでその登山の快適度が全然変わってきますよ!

 

ハイキングシューズが果たす役割

ではなぜ、スニーカーではだめなのでしょう?

それは、未整備の山道や渓流沿いなどを歩く際に、足元が安定せずに、足首をひねったりする危険性がある為です。

また、グリップ力の無い靴底は滑る原因にもなりかねません。スパイクまではいかなくても、滑らないように加工された丈夫な靴底であることはハイキングシューズの鉄則。

小石や砂が入らないように工夫されている場合もあります。

はき慣れた靴で、かつ、滑りにくいモノであれば、代用できる場合もありますが、できれば専用の靴を用意すると安心でしょう。

 

ハイキングシューズのバリエーション

ハイキングシューズはソールが柔らかめで軽く、スニーカーに近いものから、専門的な登山靴の様に頑丈で重いソールのものがあります。

また、くるぶし辺りの高さのローカットタイプと足首を固定してサポートするミドルカットタイプのもがあります。

また防水仕様かどうかもポイントの一つで、その場合はゴアテックスの物が多いです。山の天気は変わりやすいので、いざというときのために、防水性に優れた物を選んだ方が良い場合もあります。

どんなタイプにもメリットデメリットがあるため、自身の使用するシーンに合わせて選ぶことが大切です。

 

ハイキングシューズのメーカー比較

ハイキングシューズという名前で販売されているモノもありますが、明確なポジションはなく、どのブランドからでも「日帰りの登山に使えるレベル」のものがハイキングシューズとして使用できるものだと言えるでしょう。

また、アプローチシューズという名前で、本格的な登山のベースキャンプまでの用途に使用される靴でも対応できるかと思います。

国産メーカー、海外のメーカーから様々なブランドで展開していますので、お好みのブランドから自分にあった一足を選ぶことができると思います。

また、海外メーカーと国産メーカーでは、同じサイズでも足幅が異なる場合がありますので、絶対に試着をして検討することが重要です。

 

ハイキングシューズの選び方

私がよく行くのは高尾山です。都内から交通の便がよく、わずか1時間ほどでショートトリップを楽しむことができるからです。

また、こちらはコースも多彩で、山道、沢道、塗装された道があり、実は塗装された道ならばスニーカーやサンダルを履いての登っている強者もいます、、、。

ですが、それ以外のコースではやはりハイキングシュースが必須になります。沢道は川の水で滑りやすく、防水かつ底の厚くて固めのものがベターです。

せっかくハイキングに行くなら、やはり本格的に準備をしていくと非日常感も増し、リフレッシュ効果も高いと思います。

 

実際に買ってよかったハイキングシューズ

タカオ MID GTX ゴアテックス

ハイキングに最適な軽量シューズで、高尾山をイメージして作られたナイキのタカオというシューズがありました。

ハイカットで足首を守ってくれて、ゴアテックス仕様になっているので、防水性、透湿性にも優れており、雨などの水分が靴内に侵入するのを防ぎながら、汗などのムレは逃してサラリとしたドライな履き心地です。

実際に行く山の名前がついていたので、迷わず購入できましたが、実際履いてみて、高尾山のどのコースでもバッチリでした。

 

ハイキングシューズのおすすめ9選

モンベル トレッキングシューズ ラップランドブーツ

出典: Amazon.co.jp

モンベル トレッキングシューズ ラップランドブーツ

低山ハイクやキャンプなどに最適な全天候型シューズです。

アッパーには世界最高レベルの防水透湿性を誇るゴアテックスファブリクスを使用し、メッシュと組み合わせることで、優れた透湿性を実現。

スエードレザーの補強を施すことで、ガレ場や砂地にも対応する耐久性を備えています。 日本のブランドなので足幅も十分に確保しつつ、かかと、土踏まず部分のホールド性を高めたラストを採用しています。

軽量で柔らかな履き心地と、優れたフィット感を備えているのでファーストシューズとしてオススメできる一足です。

 

メレル ハイキングシューズ カメレオン5ストーム

出典: Amazon.co.jp

メレル ハイキングシューズ カメレオン5ストーム

このシリーズが“ 特別 ”な理由は、日本のユーザーの声を反映し、日本独自の路面状況に合わせてアップデートされたモデルという点です。

アウトソールには、やわらかいコンパウンドを起用し、グリップ力を強化。カメレオンシリーズの特徴でもある横並びのラグパターンで、悪路でも泥や水が抜けやすく、小石が詰まりにくくなっています。地面をつかむ力アップ。

さまざまな機能を進化させながら、大幅な軽量化も実現。さらにデザインも、ミッドソールを目立たせ、これまでにない印象に仕上げています。

そのカラフルな顔つきから野外フェスなどでも人気のモデルとなっています。

 

モンベル パームランドジョガー

出典: Amazon.co.jp

モンベル パームランドジョガー

日本のブランドなので、足幅の広い方にもフィットするデザインと、ホールド性や、足裏感覚に優れているので、初心者や、軽めの登山にぴったりです。

アッパーには3Dメッシュの表地とメッシュの裏地で構成しているので抜群の通気性があります。
そこに、骨組みのように樹脂で補強されたれているので、メッシュ素材でもホールド性、耐久性に優れているんです。

抜群のグリップ力で路面を捉える高機能ソール「トレール グリッパー」は、一般的なゴムに比べて1.5倍滑りにくくなっているそうです。

メッシュなので、当然防水性はありませんが、高温多湿な環境でも蒸れず、通気性と軽量性を両立したハイキングシューズです。

 

ニューバランス ハイキングシューズ MT410

出典: Amazon.co.jp

ニューバランス ハイキングシューズ MT410

人気のニューバランスから、メンズ用のハイキングシューズです。心地よくフィットしながら確かな剛性で足を保護するアッパーに、ACTEVA ミッドソールとラギッドなアウトソールを融合。

アウトドアシーンでのランニング・里山歩き・レジャーからデイリーユースまで、マルチに活躍する男性用ハイキングシューズになっています。

アッパーには耐久性の良いメッシュと人工皮革を採用し、タフな環境にも対応できるよう考慮されています。

ソールには優れたクッション性と高水準の耐久性を兼ね備えたミッドソール素材を、さらに軽量化させ使用しており、歩きやすい工夫がされています。

 

グランドキング  トレッキングシューズ GK24

本格的な登山の前、ベースキャンプまでのアプローチ用として使われた登山靴が、このシューズの原点といわれています。

「軽くて履きやすくて歩きやすいこと」を使命として生まれたDNAを受け継ぎ、いまなお進化を続けています。

富士山や低山への登山、屋久島トレッキングなどに求められる機能を備えながら、入門者・初心者にも優しい履き心地を実現しています。

アッパーはオールレザーで耐久性が抜群。靴底はフラットに近く、パターンは浅目になっています。

街履きでも違和感ないのが魅力でしす。

 

ザ・ノース・フェイス トレッキングシューズ W Creston Mid GORE-TEX

出典: Amazon.co.jp

ザ・ノース・フェイス トレッキングシューズ W Creston Mid GORE-TEX

夏を中心としたハイシーズンの登山やトレッキングに適した女性用の軽量防水トレッキングシューズです。見た目はかなりごついですが、見た目より軽く歩きやすいと思います。

足裏全体を1枚のプレートで仕上げたフルレングスラスティングボード構造により、ボトムユニットの剛性を強化。

凸凹の多い路面でもフラットな着地ができ、重い荷物を背負っていても安定した歩行が可能です。

完全防水ではありませんが、底も厚めで一体感のある仕上がりで水がしみにくくなっています。

 

キーン スニーカージャスパーロックス SP メンズ

出典: Amazon.co.jp

キーン スニーカージャスパーロックス SP メンズ

KEEN定番のオリジナルアウトドアスニーカーJasper に新設計のソールユニットを搭載したJasper Rocks。

グリップ力に優れたラグパターンを採用し、防滑性と耐摩耗性をより強化させたことでタフな環境にも対応できるアップデートモデルです。

都市部ではスニーカー、アウトドアではアプローチシューズとして、年間を通して活躍するオールラウンドモデルです。

クライミング・シューズからインスピレーションを受けたアッパーのデザインがおしゃれで、ファッションと機能性といった異なる概念を融合して作り出された新しいフットウエアです。

 

ラ・スポルティバ シンセシスGTXサラウンド

出典: Amazon.co.jp

ラ・スポルティバ シンセシスGTXサラウンド

ラ・スポルティバは、イタリアの登山靴専用メーカーです。登山靴のメッカと言われるイタリアのドロミテ山麓に車を構え、登山での実績は充分で、世界中の愛好家に愛用されるブランドです。

ラ・スポルティバが培ってきた登山とトレイルランニングのノウハウを融合した、新しいファストハイキングシューズは、網目状の樹脂でアッパー全体を覆う「ナノセル・テクノロジー」を採用し軽量性と強度をまたせつつ、ゴアテックス・サラウンドの透湿性の高さを最大限に発揮します。

このシステムはアッパーから土ふまずまでをひとつのパーツで巻き込むことで、重量増なしにフィット感と安定感向上を実現しています。

イタリアブランドらしく、デザイン性が高いのも魅力です。

 

キャメル トレッキングシューズ

出典: Amazon.co.jp

キャメル トレッキングシューズ

とにかく軽くて通気性の良い登山靴です。

表面はバイオニックハニカムメッシュを採用したのサンドイッチメッシュ布で作られました。平均直径は5mmのメッシュは、優れた通気性機能を備えています。

軽いからといってそれだけにとどまらず、作りはしっかりして頑丈です。

より良い靴を提供するために、環境厳しいな実地で何度もテストし、実際のデータにより、靴のつま先から靴の表面、アワトソールにまでいくつの部分に改善を行われているそうです。

防水に注意するあまり、忘れがちなのが足の蒸れ。これだけ通気性が良いと快適なんだろうなぁと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。初めての1足を選ぶのは難しいですが、良いシューズを選ぶと登山の快適さが格段に変わってきますし。モチベーションもアップします。

本格仕様の重めでいくか、街でも履ける軽めでいくか、何足かそろえて履きわけるのもよいかもしれませんね。

ぜひ自分にぴったりのハイキングシューズを選んで、山歩きを楽しんで下さいね。以上、カナコーンでした。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

モンベル トレッキングシューズ ラップラ…

サイトを見る

メレル ハイキングシューズ カメレオン5ス…

サイトを見る

モンベル パームランドジョガー

サイトを見る

ニューバランス ハイキングシューズ MT410

サイトを見る

グランドキング トレッキングシューズ GK…

サイトを見る

ザ・ノース・フェイス トレッキングシュー…

サイトを見る

キーン スニーカージャスパーロックス SP …

サイトを見る

ラ・スポルティバ シンセシスGTXサラウンド

サイトを見る

キャメル トレッキングシューズ

サイトを見る

関連記事