子持ちママが教える!ブリヂストン電動自転車おすすめランキング!

電動自転車が普及し始めてから数年がたち、いろいろな種類が出揃ってきました。

現在、様々なメーカーから、様々なタイプの電動自転車が販売されています。使ってみると良し悪しがあり、使い勝手などには差があります。

予算の中から自分の好みや用途に合う電動アシスト自転車を選ぶためには、購入前に知っておきたいポイントがあります。

今回は、電動アシスト自転車の中でも人気のあるブリヂストンの電動自転車について、ご紹介します。

 

ブリヂストン電動自転車とほかの電動自転車違いは?

電動自転車で有名なメーカーと言えば、ブリヂストン・パナソニック・ヤマハの三社です。この三社で電動自転車のシェアの90%以上を占めていると言われています。

筆者の周囲を見ても、この三社以外の電動自転車に乗っている人は見かけません。

電動自転車のバッテリーは消耗品で、長期使用すると劣化するため交換が必須です。購入後のメンテナンス性を考えると、人気メーカーの電動自転車を購入するのが無難だと思います。

ここでは、ブリヂストン・ヤマハ・パナソニックの電動自転車の違いについてご説明します。

 

ブリヂストン

国内最大の自転車メーカーです。自転車販売店との繋がりが強く、ブリヂストンの自転車を扱っていない自転車店はほとんどありません。

そんなブリヂストンの電動自転車の最大の特徴は、長い自転車開発で培ったデザイン力です。自転車に乗る人の事を考えて作られた電動自転車は、乗りやすいと評判が良いです。

実は、ブリヂストンはヤマハと共同開発しており、電動自転車のフレームは自社製、ドライブユニットはヤマハのOEM品を使っています。そのため、機能的にはヤマハの電動自転車と大差ありません。

 

ヤマハ

1993年に世界で初めて電動自転車を開発・販売したメーカーです。

現在、電動自転車はブリヂストンと共同開発しています。そのため、ドライブユニットは自社製ですが、フレームはブリヂストンのOEM品が使われています。

ブリヂストンとヤマハの商品は、ほぼ同じ部品でできているため、機能的には大差ありません。主な違いはデザインです。

 

パナソニック

電機メーカーのイメージが強いパナソニックですが、実は1950年代から自転車を作っている老舗自転車メーカーです。

電動自転車に使う部品のほとんどを自社系列で供給できるという強みがあります。

パナソニックの電動自転車の特徴は、豊富なバリエーションです。子供乗せから本格的な長距離用まで、カラーもたくさんある中から選べます。様々な商品があり、ここ数年の間に急激にシェアを拡大しています。

 

ブリヂストン電動自転車はモデルがたくさんある!

ブリヂストン電動自転車のモデルは、3種類に分けられます。ここでは、それぞれについてご紹介します。

 

子供乗せモデル

子供を乗せての運転することを前提として開発されたモデルです。

チャイルドシートをつけることで、多くのモデルが子供を2人乗せることができます。チャイルドシートはブリジストン電動自転車のために専用設計されており、車体と一体化しふらつきにくく運転しやすいのが特徴です。

子供が乗って重くなった車体でも、楽に使えるワイドスタンドや、安定した走りを実現する太めのタイヤ、子供の乗せ降ろし中に安心なハンドルロック機能など、子供乗せモデルならではの機能満載のモデルです。

カラフルなオプションパーツが用意され、自分好みに見た目をカスタマイズできる楽しさもあります。

 

通勤・通学モデル

ブリヂストンの「通勤・通学モデル」は定評があります。

中学、高校の通学用自転車というと、ブリヂストンの「アルベルト」が有名です。2000年の発売以来、120万台を超える販売実績を誇ります。

自動点灯の明るいライト、後輪とハンドルを同時にロックする一発二錠、さびにくく外れにくいベルトドライブなど、長距離の通勤・通学をサポートする機能が充実しています。

重い荷物を載せてもスイスイ走り、メンテナンスも楽になるように設計されています。

 

誰でもあんしんモデル

もっともベーシックなモデルです。子供を乗せたり、通勤・通学に使う人は専用モデルがおすすめですが、それ以外の人には普段使いに便利な「誰でもあんしんモデル」がおすすめです。

誰でも安心して長く乗り続けられるように設計されており、乗り心地が良いことで人気があります。

毎日のチョイ乗りにおすすめの商品、お手頃価格の商品、軽量な商品、荷物がたくさん運べる3輪タイプ、身長129cmから乗れるモデルなど、いろんなモデルがあります。

 

ブリヂストン電動自転車を選ぶ時のポイント!!

ブリヂストン電動自転車を選ぶ際に、特に確認すべきポイントについてご説明します。

 

駆動方式

ブリヂストン電動自転車の駆動方式は2種類あります。1つは「DUAL DRIVE」と呼ばれる両輪駆動です。

前輪はモーターの力、後輪はベルトドライブで人の力が働きます。前輪がモーターで動くため、前から引っ張ってもらえる感じでアシストされます。

ブレーキをかけるだけでバッテリーを充電する回復充電機能をもち、バッテリー容量も大きいので長距離走行にも適しています。

「DUAL DRIVE」はブリヂストン独自の技術です。現在発売されているブリヂストン電動自転車の多くが、「DUAL DRIVE」を採用しています。

もう1つは「CENTER DRIVE」と呼ばれ、車体の真ん中にモーターが設置されており、後輪に人とモーターの力が働くタイプです。すべての力が後輪にかかり、後ろから押してもらえる感じでアシストされます。

 

用途

一言に電動自転車と言っても用途はひとそれぞれです。通勤通学に使う人もいれば、子供をのせてお出かけするときに使う人もいるでしょう。ブリヂストンは、様々な用途に適したモデルを多数発売しています。

子供を乗せて走るママなら、子供乗せモデルの「ビッケ」や「ハイディ ツー」が良いでしょう。

子供を乗せることを前提に設計されているモデルなので、子供を乗せても安定感があります。フロントチャイルドシートをつけ、3人乗りできるモデルも多数あります。

誰でも安心して乗れる電動自転車をお探しなら、ベーシックなモデルである「フロンティア」や「アシスタ」が良いでしょう。お手頃なのに、力強い乗り心地が魅力です。通勤にもおすすめです。

通学用なら、通学時の学生向けとしてデザインされた「アルベルト」がおすすめです。女の子なら、可愛いデザインが魅力の「カジュナ」もおすすめです。

スポーティーに乗りこなしたいなら、スポーツモデルである「ステップクルーズ」はいかがでしょうか?

 

バッテリー

電動自転車にはバッテリーが必須です。バッテリー容量が小さいと、頻繁に充電する必要があります。バッテリー容量が大きいと充電間隔は長くなりますが、バッテリーが重くなりその分車体が重くなります。

バッテリーの充電時間は、バッテリーの性能によって異なります。基本的に大容量のバッテリーのほうが充電に時間がかかります。電動自転車を使う頻度が高い人は、充電時間の短さも気にしたほうが良いでしょう。

ブリヂストン電動自転車の最新型は、すべてリチウムイオンバッテリーを搭載しています。

リチウムイオンバッテリーは従来のバッテリー技術と比べ速く充電でき、耐用年数が長いのが特徴です。他のメーカーでも多く採用されています。

ブリヂストン電動自転車は、モデルごとに様々な容量のバッテリーがあります。自分の生活スタイルに合わせて、適切な容量のバッテリーを搭載している電動自転車を選びましょう。

 

タイヤサイズ

大きいタイヤの電動自転車は、タイヤ1回転で進める距離が長くなるため長距離走行でも疲れにくいです。

小さいタイヤの電動自転車は、重心が低く安定感があるため、子供や重い荷物を載せる人にお勧めです。

ただし、小さいタイヤの場合、タイヤが太いものがあります。あまりに太すぎると駐輪場のラックに収まりきらないこともあるので、注意が必要です。

 

適正身長

ブリヂストンの自転車のカタログを見ると、自転車ごとに乗車可能な適正身長が記載されています。

自転車に安全に乗るためには、身体に合ったサイズの自転車に乗ることが大事です。特に子供や重い荷物をのせる場合は、必ず確認しましょう。

 

実際に買ってよかったブリヂストン電動自転車

ずいぶん昔ですが、筆者も子供が小さいころにブリヂストンの電動自転車を購入しました。

子供を乗せるためにだったので、子供乗せモデルである「アンジェリーノ アシスタ」を選びました。最新の電動自転車に比べれば見劣りしますが、それでもとても便利で当時は重宝しました。

実は我が家の周りは坂が多く、普通の自転車を押して歩かないといけません。電動自転車なら、誰かが後ろから押してくれているような感じで、坂でも降りずにスイスイ走れます。

電動でない自転車に比べると、値段が高いのが難点ですが、使い始めると生活範囲が広がり手放せなくなりました。

ブリヂストンの電動自転車は毎年モデルチェンジするので、筆者が使っていた電動自転車はシリーズそのものがなくなり、今もう販売されていません。

 

次買うならこれ!気になるブリヂストン電動自転車ランキング

ここでは、ブリヂストンの2018年最新モデルから筆者が気になっている商品をランキング形式でご紹介します。商品が気になる理由やどのような人におすすめかもご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

第6位 ブリヂストン ステップクルーズ

出典: Amazon.co.jp

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ステップクルーズ e ST6B48 E.Xサニーピンク 26インチ3段変速 電動自転車

スポーティーでスタイリッシュなステップクルーズは、自転車の走りに充電を置いてデザインされた、ブリジストンの通勤・通学モデルです。

適応身長は144cm以上。バッテリーは4時間10分で充電でき、補助走行距離は73km(オートモード)です。タイヤは大きめの26インチで、長時間走行しても疲れにくいです。

他のブリヂストンの電動自転車と同じく、駆動にはデュアルドライブを採用しています。BAA安全基準適合車です。

安定感ある幅広のブロックタイヤ、ボタン1つで簡単に操作できるスマートワンタッチパネルなど、通勤や通学で疲れない工夫が施されています。

通勤や通学に比較的長い時間かかる方におすすめです。

 

第5位 ブリヂストン アシスタベーシックミニ

出典: Amazon.co.jp

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 18年モデル アシスタベーシックミニ カラー:E.Xチェリーピンク A0BD18-PK 20インチ 電動アシスト自転車 専用充電器付

コンパクトでお手頃な、毎日のチョイ乗りにピッタリの誰でもあんしんモデルの電動自転車です。

適応身長は144cm以上。バッテリーは4時間で充電でき、補助走行距離は34km(オートモード)です。タイヤは小さめの20インチです。他のブリヂストンの電動自転車と同じく、駆動にはデュアルドライブを採用しています。BAA安全基準適合車です。

またぎやすく乗り降りラクな低床フレームで、誰でも使いやすいモデルです。バスケットは幅広でたくさん荷物が入り、キャリアも荷物が積みやすいように設計されています。

お求め安い価格と、明るいカラーリングが魅力です。

 

第4位 ブリヂストン フロンティア

出典: Amazon.co.jp

ブリヂストン(BRIDGESTONE) フロンティア F6AB28 E.Xクリームアイボリー 26インチ 電動自転車

ブリヂストンのベーシックモデルです。誰でもあんしんモデルの電動自転車です。

適応身長は139cm以上。バッテリーは2.5時間で充電でき、補助走行距離は42km(オートモード)です。タイヤは24インチと26インチから選べます。他のブリヂストンの電動自転車と同じく、駆動にはデュアルドライブを採用しています。BAA安全基準適合車です。

フレームの高さが地面から32cmのところにあり、またぎやすく乗り降り楽なデザインになっています。

 

第3位 ブリヂストン カジュナe

出典: Amazon.co.jp

ブリヂストン(BRIDGESTONE) カジュナ e スイートライン CS6B48 E.Xミストグリーン 26インチ3段変速 電動自転車

女の子におすすめのフェミニンなカラーが特徴の電動自転車です。ブリジストンの通勤・通学モデルです。

適応身長は144cm以上。バッテリーは4.2時間で充電でき、補助走行距離は77km(オートモード)です。タイヤは26インチです。他のブリヂストンの電動自転車と同じく、駆動にはデュアルドライブを採用しています。BAA安全基準適合車です。

他のブリヂストンの電動自転車と異なり綺麗な色が特徴で、女子学生の通学にお勧めです。上下2つのLED搭載で、手前から前方までムラなく幅広く照らしてくれるので、帰りが少し遅くなっても安心です。

 

第2位 ブリヂストン アルベルトe

出典: Amazon.co.jp

ブリヂストン(BRIDGESTONE) アルベルト e S型 AS7B48 T.アンバーブラック 27インチ 電動自転車

学生の通学を考えて作られたブリジストンの通勤・通学モデルです。

適応身長は148cm以上。バッテリーは4時間10分で充電でき、補助走行距離は57km(オートモード)です。タイヤは27インチです。他のブリヂストンの電動自転車と同じく、駆動にはデュアルドライブを採用しています。BAA安全基準適合車です。

学生の通学用と言えばこれと言ってもいいほど、売れている学生のための電動アシスト自転車です。通学中のトラブルリスクを減らすことを考え、デザインされています。

 

第1位 ブリヂストン ビッケポーラー

出典: Amazon.co.jp

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ビッケポーラー(bikke POLAR) e BP0D38 T.レトログレージュ 子供乗せ自転車

ブリヂストンの子供乗せモデルです。幼児2人同乗基準適合車なので、子供を2人まで乗せられます。

フレームもサドルも低く、適応身長は136cm以上なので小柄な方でも乗りやすい自転車です。バッテリーは4.5時間で充電でき、補助走行距離は49kmです。BAA安全基準適合車です。

子供2人を自転車に乗せ、いろんなところに出かけたいママにおすすめです。

 

まとめ

今回は、おすすめのブリヂストンの電動自転車をランキング形式でご紹介しました。気になる商品は見つかりましたか?

電動自転車は生活を楽にする、とても便利な乗り物です。最近ではどの商品も良くできているため、あまり考えずに購入しても大きく失敗することはありませんが、事前に購入時に見るべきポイントを頭に入れておくと、自分に合う電動自転車が購入でき、実際に使い始めてからの満足感が違うはずです。

今回説明させていただいた「ブリヂストン電動自転車を選ぶ時のポイント!!」を頭に入れてから、自転車店に商品を選びに行ってください。きっとあなたに最適な電動自転車に出会えるはずです。

記事内で紹介されている商品

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ステップクル…

サイトを見る

BRIDGESTONE(ブリヂストン) 18年モデル …

サイトを見る

ブリヂストン(BRIDGESTONE) フロンティア …

サイトを見る

ブリヂストン(BRIDGESTONE) カジュナ e ス…

サイトを見る

ブリヂストン(BRIDGESTONE) アルベルト e …

サイトを見る

ブリヂストン(BRIDGESTONE) ビッケポーラ…

サイトを見る

関連記事