美味しいバーベキューが楽しめる!おすすめのバーベキューコンロTOP8

日差しが心地よい季節になるとバーベキューを楽しむ方も増えますね。私自身も仲の良い友人と自然のなかでバーベキューを楽しみたくて、どんなバーベキューコンロが良いのか購入するときに迷ってしまいました。

大きすぎると収納場所にも困りますが、小さすぎても一度に食材が焼ける量が限られてしまいます。今回は何を基準にバーベキューコンロを選ぶべきかを詳しくお伝えします!

自分が欲しいバーベキューコンロがきっと見つかりますよ♪

 

バーベキューコンロの魅力について語って下さい!

バーベキューコンロ

アウトドアの必須アイテムである、バーベキューコンロにはたくさんの魅力が詰まっています。片付けが大変そうで今まで購入を避けていた方必見の、ちょっとした工夫もあわせてお伝えします!

 

どんな場所でもアウトドア気分を気軽に味わえる

アウトドアシーンの一番の楽しみといえば、調理も簡単で美味しいバーベキューですよね。バーベキューコンロがあれば、デイキャンプでも長期の宿泊でも満足のいく美味しい料理を楽しむことができます。

最近では炭火を使わずガスや電気で手軽にバーベキューを楽しむことができるバーベキューコンロも登場しています。わざわざ火を起こす手間をかけずに誰でも手軽に始めることが可能です。

 

ひと工夫で手入れも簡単

バーベキューは楽しみたいけど、後片付けや手入れが億劫だと感じる方も多くいらっしゃいます。しかし、ちょっとした工夫をすればバーベキューコンロの手入れは、とても簡単になります。

まずバーベキューをする前に、焼き網に油をひと塗りするだけで食材が焦げ付きにくくなります。そしてもう一つ、アウトドア用のアルミホイルをコンロにひいて置くだけで後片付けが劇的に簡単になります。

片付けの仕方はシンプルで、バーベキューの後コンロが冷えているのを確認して、先に敷いておいたアルミホイルと炭を一緒にのけるだけで掃除は完了します。

周りに汚れがついてしまった場合も、金属ブラシや丸めたアルミホイルで汚れを落として水洗いをして水滴を拭き上げるだけで終了します。

 

バーベキューコンロはレンタルもお手頃価格

バーベキューはしたいけどバーベキューコンロの置き場所に困ってしまう方や、どのバーベキューコンロを購入するべきか一度使って確かめたい方は、キャンプ場やインターネットで気軽にレンタルをすることも可能です。

送料などで金額は変わってきますが、およそ2,000円程度でレンタルすることができます。お手頃価格のバーベキューコンロを購入するとおよそ5,000円程度なので、バーベキューコンロを検討している方は一度レンタルを検討してみるのも手ですよ。

 

バーベキューコンロは3つタイプに分かれるって知ってた?

バーベキューコンロ

バーベキューコンロは大きく分けると3つのタイプに分けることができます。バーベキューをする人数でどのタイプを選ぶかを決めることもできますよ!

 

【脚付き式】大人数でのバーベキュー向き

大人数でバーベキューを楽しむときは作業がしやすい脚付式のバーベキューコンロを選びましょう。大型グリルのものがほとんどなので、1台で大人5〜6名分の食材を焼くことができますよ。

サイズが大きいものになると必然的に手入れが大変になるので、あらかじめアウトドア用のアルミホイルを使っておきましょう。

 

【焚き火台式】少人数用と大人数用がある

バーベキューコンロとしてはもちろん、焚き火台としても使えるバーベキューコンロは、サイズによって使用可能な人数が変わってきます。大きいもので大人5人程度、コンパクトサイズなら大人2人程度で使用できます。

脚付のバーベキューコンロに比べややコンパクトに収納することが可能。バーベキューを楽しんだ後、炭火をそのまま火種にして焚き火をすることもできますよ。

脚付き式のバーベキューコンロと同じようにアウトドア用のアルミホイルを敷いておくと手入れは簡単です。

 

【卓上式】少人数でゆっくり楽しみたい方向き

テーブルの上に置いて気軽にバーベキューができるところが卓上式の利点です。大人4人分程度の食材を調理することができるコンパクトなバーベキューコンロです。

椅子に座ってバーベキューコンロを囲みながら調理できるため、ゆっくりとした時間を過ごしたい方向けのアイテムですよ。

他のタイプのバーベキューコンロに比べサイズも小さいため、女性でも後片付けしやすいのも魅力のひとつです。

 

バーベキューコンロの熱源もチェック!

バーベキューコンロ

バーベキューコンロには3種類の熱源があります。炭火タイプだけでなく火力調整が便利なガスタイプや電気タイプもありますよ!

 

【ガス式】火つけも簡単で火力もラクに調整できる

熱源がガス式のバーベキューコンロの良さは、着火までのスピードがとにかく早いこと!しかも、火加減が調整しやすくバーベキューだけでなく燻製やオーブン料理も可能になります。

一見複雑そうに見えますが、分解してキレイに片付けることも可能です。しかし大きいガス式のバーベキューコンロは18kgほどあり、場所を取るので注意が必要です。

 

【炭式】遠赤外線で素材の旨みをじっくり引き出す

炭火を起こしてバーベキューをする炭式のバーベキューコンロは着火までに時間がかかりますが、食材のおいしさをしっかり引き出してくれるのが炭式のバーベキューコンロの魅力です。

組み立て時間もかからず、手入れも掃除もシンプルで簡単なところも魅力です。重さも軽く女性でもラクに持ち運ぶことができますよ。

 

【電気式】電源があればどこでも本格的ばバーベキューが楽しめる

庭先やAC電源付きのサイトで使用ができる電気式のバーベキューコンロは、電源さえあれば特別な熱源が必要ないため、いつでもどこでも気軽使えるのが最大の魅力です。

家庭で使える小さいサイズから庭先や野外で使う大きいサイズまで揃っています。片付け方はガス式と同じで分解して片付けることができますよ。

 

【鉄orステンレス】焼き網の材質も要確認!!

焼き網

焼き網を制するものはバーベキューを制するといっても過言ではありません。販売されている焼き網は大きく分けて鉄素材のものとステンレス素材のものがあります。それぞれの特徴を知っておくと焼き網のみを購入する時に便利ですよ!

 

【鉄素材】熱伝導率が高く錆びないように手入れが必要

とことんバーベキューにこだわりたい方におすすめなのが鉄タイプ焼き網です。ステンレスに比べ熱伝導率が高く、温まりやすく冷めやすいのが特徴です。

焼き網が時間が経っても錆びないようにバーベキューの前後には食用油を塗布しておきましょう。長期間使用できる丈夫なものがほとんどなので、価格はステンレスよりも少し高めです。

 

キャプテンスタッグ 万能丸型焼きアミ 280mm 10枚入

小型グリルにぴったりの凡庸性の高い焼き網

熱伝導の良い鉄タイプの焼き網を、惜しみなく使いたい方にぴったりの大容量タイプの丸型の焼き網です。バーベキューコンロに使用するのはもちろん、七輪などにも使える便利なサイズ感が人気の理由です。

 

【ステンレス素材】錆びにくく手入れは簡単だが熱伝導率は低め

焼き網が温まるまで時間がかかりますが、手入れも簡単なのがステンレスタイプの焼き網です。バーベキューの後の網の掃除が面倒だと感じる方は、ステンレスタイプの焼き網を使い捨て用として使用する方も多くいます。

100円ショップで購入できる焼き網もステンレス製のものがほとんどです。サイズも豊富なため、手持ちのバーベキューグリルにあったものを用意できます!ステンレスタイプの焼き網を探している方は一度店頭をチェックしてみてくださいね。

 

バーベキューコンロおすすめランキングTOP8!

第8位 ユニフレーム ユニセラTG-III ミニ

ソロキャンプや少人数でのバーベキューに

少量の炭でも十分に火が行き渡るV型の炉で効率よく食材に火を通すことができます。コンパクトに収納でき重さも1.85kgと軽いので、バイクでキャンプをする方にもぴったりなバーベキューコンロです。

本体にセラミックパネルを採用しているのため、炭とセラミックパネルのWの遠赤外線の効果で美味しいバーベキューを味わうことができます。

 

第7位 キャプテンスタッグ ドラムグリル850

ガーデンパーティーや大人数でのBBQにぴったり

圧倒的な存在感があるキャプテンスタッグのドラムグリルは、幅84cm、奥行き51cmという大型のバーベキューコンロです。

キャンプで持ち運んで使うバーベキューグリルとしては持ち運びしずらく不向きですが、ガーデンパーティーなど特定の場所で使用したい方にぴったりのアイテムです。調味料や小物を置ける網棚付きで、移動しやすいキャスターも付いています。

 

第6位 スノーピーク リフトアップBBQ BOX

付属のアイテムで自分好みの使い方ができるバーベキューコンロ

側面のハンドルを回すと焼き網が上下する便利な調節機能がついたバーベキューコンロです。このまま卓上バーベキューコンロとしても楽しむこともできますが、別売りのアイアングリルテーブルにセットして使用することも可能です。

他にもテーブルにはめ込んで使えたりと、スノーピークのキャンプギアは他のキャンプメーカーと違い、自分にあった使い方ができるのも魅力のひとつです。

 

第5位 ロゴス バーベキューコンロ BBQエレグリル

出典: Amazon.co.jp

ロゴス バーベキューコンロ BBQエレグリル
ブランド
カテゴリ

電源があればいつでも使える話題のバーベキューコンロ

ロゴスのバーベキューコンロBBQエレグリルは、コンセントに繋ぐだけで屋内でも屋外でもバーベキューを楽しむことができます。

コードも約370cmと長く、ある程度電源から離れた場所でも使うことができます。コンパクトに折りたためて、キャスターでコロコロと場所を移動することもできます。AC電源付きのキャンプサイトでも大活躍するバーベキューグリルです。

 

第4位 キャプテンスタッグ NEWスパイヤーツーウェイバーベキューコンロ600

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ NEWスパイヤーツーウェイバーベキューコンロ600
ブランド
カテゴリ

卓上用としても!高さが変わるバーベキューコンロ

ハイスタンドとしても、卓上のロースタンドのバーキューコンロとしても使えるマルチタイプのアイテムです。ハイスタンド時は高さが70㎝、ロースタンド時は高さが20㎝になります。

使用人数や場所によって好みの高さでバーベキューを楽しむことができるのが、最大の魅力です。脚を取り外して収納できるので、コンパクトにまとめることもできますよ!

 

第3位 コールマン ロードトリップグリル

バーベキューはもちろんグリル調理もお手の物

火力調整がしやすいガス式のバーベキューグリルです。蓋がついているためローストチキンなどの料理を楽しむこともできます。

蓋部分には温度計もついているため、中の温度を確認しながら安心して調理することができます。

コンロの両脇には調味料を置くことができるテーブルがついています。鉄板を外せばバーナーにもなるので、キャンプ中の湯沸しはもちろん、家庭のキッチンと同じようにフライパンで調理することもできますよ。

 

第2位 コールマン クールスパイダープロ L

大人数のバーベキューでも炭の継ぎ足しラクラク

焼面が約30×68cmと広く、大人5〜6人のバーベキューでも対応できるのがコールマンのクールスパイダープロLです。焼き網をのけずに高さ調整もできるので、火のあたりも調整しやすいバーベキューコンロです。

炭の継ぎ足しもしやすい引き出しタイプのロストルなので、火加減も調整しやすいのが人気のポイント!設置も片付けも簡単で、錆びにくいステンレスボディーのバーベキューコンロです。

 

第1位 ユニフレーム ファイアグリル 683040

焚き火台としても使える大人気のバーベキューグリル

収納も設置も片付けも簡単なユニフレームのファイアグリルが第1位。私も愛用していますが、多くのキャンプファンも納得するコストパフォーマンスの良さが魅力です。

他の焚き火台とバーベキューグリルの兼用アイテムと違い、炭の出し入れがしやすい形状になっています。バーベキューグリルとしてだけでなく、ダッチオーブンを乗せてオーブン料理を楽しんだりと、活躍の幅の広さが人気の秘訣です。

バーベキューの後、残った炭火を火種にして焚き火をすることもできるため、火起こしする手間も省けます。

 

BBQグリルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、BBQグリルの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

理想のバーベキューコンロで楽しい時間を過ごして

バーベキュコンロ

理想とするバーベキューコンロを探すには、使う場所や使用人数を考えて選びましょう。そうすることで後悔しないアイテムを見つけ出すことができます。

自分にあったバーベキューコンロがひとつあれば、どんなときも美味しくて楽しいバーベキューが手軽に楽しめますよ!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

キャプテンスタッグ 万能丸型焼きアミ 280…

サイトを見る

ユニフレーム ユニセラTG-III ミニ

サイトを見る

キャプテンスタッグ ドラムグリル850

サイトを見る

スノーピーク リフトアップBBQ BOX

サイトを見る

ロゴス バーベキューコンロ BBQエレグリル

サイトを見る

キャプテンスタッグ NEWスパイヤーツーウ…

サイトを見る

コールマン ロードトリップグリル

サイトを見る

コールマン クールスパイダープロ L

サイトを見る

ユニフレーム ファイアグリル 683040

サイトを見る

関連記事