2019年度最新版!購入前に知っておくべきポイントは?ワンタッチテントのおすすめランキングTOP8

キャンプが好きな私は、あらゆるタイプのテントを比べたり調べたりするのが大好きです。「ワンタッチで手早くテントを設置できたらキャンプの時間を思う存分楽しめるかもしれない」と考え始めた頃から、ワンタッチテントに興味を持ち始めました。

ワンタッチテントといえば、ピクニックや海水浴や運動会などの日よけとしても大活躍します。屋外レジャーを楽しむ時に便利なワンタッチテントの選び方と、人気の商品を『テント大好きライター』の私が厳選してご紹介します!

 

ワンタッチテントとは?


ワンタッチテントといえば、誰でも簡単に設置することができる“簡易テント”だと思う方も多いはず。女性や小さなお子さんでも設置できる便利なワンタッチテントについてお伝えします。

 

ワンアクションで設置完了するテント

ワンタッチテントとは、一つの動作でテントを組み立てることができる便利なアイテムです。パーツを組み立てたりする必要もないので、時間も手間もかからないのが利点です。

また、ワンアクションテントは自立式と呼ばれる形状のテントが多いため、テントを止めるペグなどを打たなくても設置することが可能です。

 

テントの建て方で悩んでいる方におすすめ!

ワンタッチテントは通常のテントと違い、骨組みができているためパーツを組み立てる手間がかかりません。テント設置は慣れていないと1時間程度かかる恐れもあるので、テント組み立てが苦手な方や設置に時間をかけたくない方にもおすすめです。

また、ワンタッチテントはコンパクトに収納できるためバイクでキャンプをする方や、登山を楽しむ方にもオススメです。

 

ワンタッチテントとポップアップテントは重さと骨組みが違う!


どちらも同じように見えるワンタッチテントとポップアップテント。似ているように思えますが、それぞれに向き不向きがあります。違いを知って自分にあったテントを選びましょう。

 

ワンタッチテントは傘のように引っ張るだけで完成!

テントの骨組みがしっかりしているワンタッチテントは傘を広げるようにテント上部を引っ張るとテントが開き完成します。収納する時は折りたたみ傘をたたむようにすればOKです!

骨組みがしっかりしている分、ワンタッチテントに比べ3〜5kgと重さはありますが、強度が高いため日よけや風よけとしてはもちろん、キャンプアイテムとしても十分力を発揮しますよ。

 

ポップアップテントは袋から取り出すだけでOK

コンパクトで軽量なポップアップテントは、袋から取り出すだけで勝手に広がる折りたたみ式のテントです。ワンタッチテントと違い骨組みが細いため軽量で、ピクニックや公園での日よけとして最適なアイテムです。

風が強い日や突然の雨には弱いので注意が必要です。ポップアップテントは収納時に、テントをクルッと折り畳まなければいけないため、少々コツが必要になるので事前時練習しておくとスムーズに使えますよ。

 

ワンタッチテントを使う場面


ポップアップテントに比べ本格的なテントになるため、手が出しづらいワンタッチテントですが、実は用途も広く、持っておくと便利な場面が多い優秀なアイテムです。ワンタッチテントが役に立つ場面をご紹介します!

 

運動会

気温も日差しも心地よい春や秋に行うことの多い運動会。日によっては真夏のように暑くなることも多いため、日陰を作ってくれるワンタッチテントは便利なアイテムです。

骨組みが細いポップアップテントよりも丈夫なワンタッチテントは、ペグの他にも地面に刺すことができるため、運動場ではワンタッチテントの方が安全ですよ。

 

お花見やピクニック

ワンタッチテントなら、春先の日中の強い日差しからしっかりとお肌を守ってくれます。テントを完全に締めることができないポップアップテントと違い、プライベートな空間を作ることができるのがワンタッチテントの魅力です。

小さなお子さんがいる場合にはお昼寝やおむつを替える場所としても使えますし、完全に締め切ることができるのでお母さんの授乳スペースとしても大活躍しますよ。

 

海水浴

プライベートな空間を確保することが難しい海水浴のシーンでも、ワンタッチテントは大活躍します。風の強い海辺でも足場を固定しやすいワンタッチテントなら荷物の保管はもちろん、完全に締め切ることができるため着替えもしやすいのも魅力。

また人数が多い時には、インナーテントとサンシェードを分解して使うこともできますよ。

 

キャンプ

本格的なキャンプも楽しむことができるワンタッチテント。荷物を少なくしたいバイクでのキャンプや、初めてのキャンプでテントの組み立てに自信がない方にもオススメです。

短時間で設営が完成するので、有意義に時間を使ってキャンプを楽しむことができますよ!

 

ワンタッチテントの畳み方

コツさえ覚えてしまえば簡単に収納することができるワンタッチテント。ワンタッチテントを実際に使用する前に覚えておくと便利なたたみ方をお伝えします!

 

テントの上部の留め具を緩めて折りたたむ

まずは傘をたたむときのように、テント上部にある留め具をしぼめます。その後接続部分で一度内側に折りたたみます。

 

さらに折りたたんでまとめれば収納完成!

折りたたんだ後は、折りたたみ傘を収納する要領で柱の中央にまとめていきます。付属のベルトがついている商品も多いので、一度まとめておくと袋に収納しやすいですよ。

 

ワンタッチテント選びのポイント


自分にあったワンタッチテントを選ぶために押さえておくべきポイントをご紹介します。

使うシーンや使う人数なども考えて選ぶと失敗しませんよ!

 

使用する人数で選ぶ

テントとして使用する場合、メーカー記載されている人数からマイナス1引いたら人数が最適な人数とされています。

キャンプなどで寝泊まりする場合、記載された人数のまま使用するとぎゅうぎゅうになってしまう恐れがあるので注意が必要です!

 

使用する場所で選ぶ

キャンプで使用する場合は熱や湿気を排出するベンチレーターや雨を防ぐトップシートがついているものを選びましょう。また、風でテントが飛ばないようにペグやロープで固定できるかをチェックしましょう。

ピクニックや海などレジャーシーンでワンタッチテントを使う場合は、ペグが刺さりにくい場合もあるので、砂を入れて重石にできるサンドポケットがついているものを選ぶと安心ですよ。

 

ワンタッチテントで人気のブランド・メーカーは?

種類も豊富で人気のワンタッチテントの人気ブランドを厳選してご紹介します!ブランドごとに特徴があるので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪

 

今大人気のブランドを求めるなら「DOD」

多くの種類のワンタッチテントを取り扱っているDOD。キャンプ用としてもワンタッチテントを活用したい方にオススメのブランドです。軽量でコンパクトに収納できるバイカー専用テントを始め、多くの種類のテントが揃っています。

 

レジャー使用をするなら「LOGOS」

組み立てが30秒で完成するLOGOSのワンタッチテントは、レジャーシーンに最適なワンタッチテントが多く揃っています。ベグが刺さりにくい場所でも設置できるように砂袋がついているモデルも登場しています。

 

2019年度最新版!ワンタッチテントのおすすめランキングTOP8

8位 DOD ライダーズワンタッチテント

ツーリングを楽しむ方にぴったりなワンタッチテント

設営に時間がかからないのはもちろんですが、他のワンタッチテントと比べコンパクトな前室がついているため雨の日の使用も安心できます。

サイズも縦220㎝×横165㎝×高さ120㎝とコンパクト。大人2人が横になれるサイズが、荷物をテント内に収納したい時は1人で使うのがベストですよ。

 

7位 YOTECE ワンタッチテント

大人2人でも余裕の広さがあるワンタッチテント

縦240㎝×横210㎝×高さ130㎝とワンタッチテントの中ではゆとりのある大きさが特徴的です。YOTECEのワンタッチテントは内帳と外帳を取り外せるためサンシェードとしても活用できます。

メッシュスクリーンもついているのでテント内部もこもった熱を逃す構造になっているため、快適に過ごすことができますよ。

 

6位 ZOTO ワンタッチテント

大人数で使える高さのあるワンタッチテント

折り畳み傘のようにワンタッチで設営できるのがZOTOワンタッチテントの魅力。縦240㎝x横 240㎝ x 高さ135㎝と大きく、大人なら3人程度で使えるテントです。広げると大きくなりますが、重さは3kgと軽いので女性一人でも設置ができます。

テントの内側にはランタンを吊るすフックや、小物を収納できるポケットがついているため大変便利ですよ。

 

5位 LOGOS Q-TOPフルシェード

レジャー用として使いやすいワンタッチテント

サンシェードとして大活躍するロゴスのワンタッチテント。ロゴス独自のQ-TOP SYSTEMによりたった30秒で組み立てることができる便利なテントです。

サイズも200㎝×150㎝×117㎝と丁度よく、重さも2.2kgと軽いので小さいお子さんがいる方でも持ち運びしやすいワンタッチテントです。ペグが刺さらない場所でも使えるように砂袋もついているので風対策も安心ですよ。

 

4位 LICLI ワンタッチテント

お手頃価格で挑戦しやすいワンタッチテント

大きさは縦210㎝×横210㎝×高さ135㎝で、大人が3人並んで眠ることができる広さのワンタッチテントです。紫外線を99%カットしてくれるので強い日差しが気になるシーンでも大活躍します。

カラーバリエーションも豊富なので自分好みの色を選ぶこともできますよ。

 

3位 QUICKCAMP ワンタッチテント

出典: Amazon.co.jp

QUICKCAMP ワンタッチテント
ブランド
カテゴリ

強い日差しでも安心なUPF50+のワンタッチテント

縦210㎝×横190㎝×高さ110㎝と、大人2人で使用するのに丁度良いサイズのワンタッチテントです。大きめのフライシートがついているので、雨の侵入が心配な方にもオススメのワンタッチテントです。

重さも2.8kgと軽く、収納時もコンパクトにまとまります。春から秋にかけて使用する3シーズン対応のテントなので、ランキング第3位になりました。

 

2位 DOD ライダーズタンデムテント

出典: Amazon.co.jp

DOD ライダーズタンデムテント

タープいらずのワンタッチテントだから本格キャンプを楽しめる

キャノピーを含む広さが、縦230㎝×横355㎝×高さ140㎝と広めで、大人4人が並んで寝ることができるワンタッチテントです。雨や強い日差しの日でも活躍するキャノピー部分の幕を広げて使うことができるので、タープがなくても快適に過ごせますよ。

 

1位 DOD ワンタッチテント

紐を引くだけで設置が完了するおしゃれワンタッチテント

人気の既存のモデルから新しくなったDODのワンタッチテントは、雨の日でも使える仕様になりました。また大きさも、縦230㎝×横150㎝×高さ117cmで、大人2人が寝てもゆったりとできるのが特徴です。

天井部分がメッシュ構造になっているため、結露を気にせず快適に過ごすことができます。重さも3kgと軽く設営・撤収も簡単なので、野外フェスやバイクでのキャンプにも最適です。

 

ワンタッチテントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ワンタッチテントの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ワンタッチテントでゆとりある時間を過ごそう

ワンタッチテントは数分もかからずテント設営が完成する優れもの。撤収も素早く完了するので、ギリギリまで遊ぶことも可能になります。楽しいレジャーの時間を思う存分味わいたい方にもオススメですよ♪

自分にあったワンタッチテントを見つけて、楽しい時間を過ごしましょう!

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

DOD ライダーズワンタッチテント

サイトを見る

YOTECE ワンタッチテント

サイトを見る

ZOTO ワンタッチテント

サイトを見る

LOGOS Q-TOPフルシェード

サイトを見る

LICLI ワンタッチテント

サイトを見る

QUICKCAMP ワンタッチテント

サイトを見る

DOD ライダーズタンデムテント

サイトを見る

DOD ワンタッチテント

サイトを見る

関連記事