2019年版 室内でもアウトドアでも使える!自立式ポータブルハンモックおすすめランキング7選

今回私がご紹介するのはハンモック。その中でも特に自立して使えるタイプ。自立式のポータブルハンモックです。

最近では日帰り温泉の待合室や、オフィスの休憩スペース(大学の研究室でも見かけたことがあります)、別荘のしつらえとしてなどで導入してある製品を目にするようになりました。阿波おどりキャンプというイベントでも自立式ハンモックが用意されていて、子どもたちがとても喜んで使っていたのも印象に残っています。

私自身が持っているハンモックは木と木の間につるすタイプのスタンダードなものですが、ハンモックの良さは体感しているので、木がないときにも使えるタイプのハンモックも魅力的でいつかお金を貯めて一つゲットしてみたいと思っています。

 

自立式ポータブルハンモックとは?

スタンドがついているハンモックを自立式ハンモックと言います。組み立て式と折り畳み(フォールディングタイプ)式があります。

ポータブルタイプとして販売されているハンモックにはたいていの場合収納袋が付属していることが多いです。

 

室内でも使える

家では基本的に木に渡すタイプのハンモックは使えないのが日本の住宅では普通です。丈夫な梁がある家は別ですが…。その点、自立式タイプであれば、設置場所を気にしなくて良いので、とても便利です。賃貸の家でも自立式のものであれば使うことも夢でなくなりますね。(床にカーペットなど敷いて使うのがお勧めです)

 

木に渡さなくていい

適度な幹の木が2本あり、ロープワークができれば吊りかけ式ハンモックは使い勝手の良い道具ですが、逆に使える環境がない場所では持って行っても全く使えない荷物となります。

 

自立式ポータブルハンモックの設置場所

 

自宅

室内のインテリアとしても魅力的な自立式ポータブルハンモック。子ども部屋や書斎での休憩する場所としてもピッタリですね。

 

ウッドデッキなどのベランダスペース・庭

ウッドデッキなどの広めのベランダや庭でリラックスするための小道具としてもおしゃれな空間を演出できそうです。

 

車庫

広い車庫を構えているお宅では室内から直接アプローチできる造りにしているお宅もあると思います。アウトドアの準備を車庫でしながら、一休みするのにも良いですね。

 

アウトドア

もちろん家で使うばかりではなく、ポータブルの良さを生かしてアウトドアに持っていくのもいいですね。ただ、少し大きめの車でないと、持ち運びには適さない場合もあるかと思います。

 

イベント・パーティ

オススメなのが、イベントやパーティのときに設置しておくことです。話のネタになり、リラックスしながらの談笑が楽しめます。

 

オフィス

実際大学の先生でこれを自分のオフィスに設置している方が居ました。お昼休みの休憩時に特に利用されているようでした。頭を使う仕事をしている人のリラックスの道具としてもおすすめです。

 

自立式ポータブルハンモックの選び方

自立式ポータブルハンモックの選び方や選ぶ際に最低限おさえておきたいポイントをご紹介したいと思います。

 

設置場所の広さ

設置できる部屋の大きさや、持ち運びを考えているときは収納したときの大きさ、持ち運びができる手段である車に入れられるかが重要となってきます。

適切なサイズを選びたいですね。

 

形状は心地いいものを

寝転ぶ部分がネット(紐素材)タイプ、布タイプなどがあります。私としては布タイプのものの方が使い心地が良いと思いますのでおすすめしたいです。

 

人数や重さに合わせて耐荷重・サイズ(長さ)を選ぼう

80くらい~300キロまでの重さ支えられるものが販売されています。何人でご使用されるのかを考慮して購入しましょう。耐荷重を守らないと怪我をする危険性がありますのでご注意ください。なお、使われる方の身長によって選ぶサイズが変わってくると思います。

 

素材は場面に応じて

ナイロン製のものやコットンを使ったものなどあります。はっ水性のあるナイロンのものはアウトドアで使う場合には便利です。室内オンリーで使う場合には肌になじむコットンも使って気持ちのよさそうな素材ですね。

 

蚊帳付き・日差し除けつき

中には蚊帳や日差し除けがついているタイプのものもあります。特に私がきになるのは蚊帳付きタイプ。室内では窓を開け放して使えそうですし、アウトドアでは思い切って昼寝をしてみたいですね。

 

3way

可変式タイプで、イス・ハンモック・物干し台というように3wayで使えるタイプのものもあります。

 

自立式ポータブルハンモックおすすめランキング7選

 

1位 Sifflus 自立式 ポータブル ハンモック

安心の国内ブランド!

日本国内の検査機関にて 200kgの耐荷重検査に合格していることから安心して使えそうな印象。工具不要で簡単に組立できるということから女性でも気軽に使えそうです。

1年間のスタンド保証があるのもうれしいですね。3色のカラー展開でお好みのものが選べそうです。

 

2位 Sifflus自立式ポータブルハンモック ゆらり A-1 WH SFF-01-WH

出典: Amazon.co.jp

Sifflus自立式ポータブルハンモック ゆらり A-1 WH SFF-01-WH
ブランド
カテゴリ

一人で利用する気軽なタイプ!

耐荷重100キロの気軽な一人用ハンモック。身長は180センチまで対応されているので平均的な日本人の体形の人であればたいていの方は使えるはず。

ナイロンメッシュ生地が使われていて、夏にも使い心地がよさそうです。気軽なお値段で買えるのも◯。読書のお供にもそのままお昼寝するのにもいいですね。シフラスには3wayタイプもあるので要チェックのハンモックブランドです。

 

3位 Vivere 全米が愛したハンモック

出典: Amazon.co.jp

Vivere 全米が愛したハンモック
ブランド
カテゴリ

大柄な人も安心!幅が広く、寝心地が良いハンモック!

私が今一番注目している自立式系ハンモックブランドはアメリカで人気があるハンモックブランドVivereです。横幅が広く快適な使用感が期待できます。また、耐荷重200kgと親子二人で寝そべっても安心して使えそうなハンモックです。

アメリカのブランドだけあって、大柄な人や高い身長の人でも安心して使うことができそうなのが最大の魅力です。

外で使う場合に一番心配なのはスタンド部分の腐食ですが、スタンドにはBMW社やメルセデスベンツ社などの高級外車にも使われている「パウダーコーティング 」が使われるなどサビの心配をしなくてもよさそうなのが◯。

お値段が他のブランドに比べると若干高めなので、よく検討してから購入したいですが、巷での評判はなかなかのものです。

 

4位 TOYMOCK ハンモック  MOZ-13-03

軽自動車にも積んでいける!

他のハンモックブランドに比べて、豊富な色・柄が用意されていて、個性的なハンモックを選ぶことができそうなトイモック。200キロの耐荷重があるのですが、安全性のために100キロの安全基準で表示されています。ちなみに身長は180センチくらいまでの方向けのようです。

工具不要で簡単に組み立てることができるそうで、収納袋に入れるとボックスタイプの平均的な軽自動車に詰めるサイズなのも好印象です。コンパクトカーや軽自動車に乗っている人には良いチョイスになりそうな製品です。

持ち運び能力を考えた時にアウトドアで使いたい人には特におすすめしたいです。また、他にはない柄があるので、インテリアとしてハンモックを置いておきたい人にも良さそうです。

 

5位 ニトリ ハンギングチェア

これもある意味ハンモック。ハンギングチェアという選択肢

もう一つ、ハンモックに注目されている方に、ご紹介したいのがハンギングチェアという選択肢です。皆さん愛用されているニトリからも耐荷重80kgで自立式のハンギングチェアが販売されています。

49,800円(税別)とお値段がなかなか高額ですが、これ一つ家の中やお庭にあることで楽しく、高級感のある空間が演出できそうですね。羽田空港にあるハンギングチェアは子どもたちに大人気でインスタ映えのする空間となっていたことも思い出します。

販売はニトリ公式HPのネット限定品となっています。

 

6位 山善 キャンパーズコレクション フォールディングハンモック FH-230(GY)

出典: Amazon.co.jp

山善 キャンパーズコレクション フォールディングハンモック FH-230(GY)
ブランド
カテゴリ

キャンプでのコットとしても使えそう!

回転防止のベルトがついていることなどから、キャンプ用の簡易ベッド=コットとして使うのにも適していそうな山善のキャンパーズコレクション フォールディングハンモック。

フォールディング式で広げればすぐ使えるというのも本当に手軽で面倒臭がり屋の私にもピッタリです。子どもたちがハンモックから落ちてしまう悩みが減りそうな良品です。手軽なお値段で購入できるのも自立式ハンモックの入門としてオススメ。

 

7位 キャプテンスタッグ ハンモック 蚊帳付

 

キャプテンスタッグ ハンモック用スタンド

 

気になる虫をシャットアウト!

ハンモックをしているときに気になるのが虫です。特に蚊がいると楽しいハンモックタイムが台無しに…。そんな時も安心。蚊帳付きのハンモックが売っているのです。

裏返すと普通のハンモックとしても使うことができます。このハンモックを自立式のスタンドに取り付ければ、あとづけで蚊帳付きの自立式ハンモックに早変わりさせることもできます。

また、最初からスタンドを買うのではなく、まずはハンモックを野外で体験してみてから検討するのも良いかなと思います。ちなみにキャプテンスタッグでもハンモック用スタンドの販売があります。

 

ハンモックの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ハンモックの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

普段の生活の中にアウトドアの心地よさを取り入れる!

アウトドアが好きになってくると、都市の普通の家に帰ってきたときに、キャンプシックになります。そんなキャンプシックを和らげるために?家の中でもアウトドアの心地よさを味わうことのできる何かを生活に取り入れる人は結構多いです。

私自身、パソコン机のイスにはアウトドアようのヘリノックスを使っています。友人はパソコンデスクにスノーピークのテーブルを使用しています。

ハンモックはアウトドアの中でも、贅沢品です。でも、これ一つあると子どもたちがとても幸せそうに遊んでくれます。その姿を見ている大人も、すごく楽しい気持ちになります。それに、大人自身にとっても、もちろんハンモックは楽しいアイテムです。

森の中でハンモックをするのは最高です。子どもと一緒に風に揺られていると幸せな気持ちになります。そんなハンモックの良さを室内でも気軽に取り入れられる自立式ハンモック。お気に入りの逸品がこの記事を通じて見つかれば嬉しいです。私もお金を貯めて買ってしまいたいです!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Sifflus 自立式 ポータブル ハンモック

サイトを見る

Sifflus自立式ポータブルハンモック ゆら…

サイトを見る

Vivere 全米が愛したハンモック

サイトを見る

TOYMOCK ハンモック  MOZ-13-03

サイトを見る

山善 キャンパーズコレクション フォール…

サイトを見る

キャプテンスタッグ ハンモック 蚊帳付 

サイトを見る

キャプテンスタッグ ハンモック用スタンド

サイトを見る

関連記事