買いたいものを検索してください

秋冬キャンプの必需品!焚き火台のおすすめランキングTOP8

キャンプをする一つの目的ともいえるぐらい魅力のある行為、それは「焚き火」です。特に、男性陣は焚き火好きの人が多いように思います。夜、冷えてくると体を温めるのにも重宝ですし、また、ゆらめく火を見ると高いリラックス効果が得られるといわれています。

ところで、直火で焚き火を行うことは自然界に過度の負担をかけてしまうことや、火災予防のため現在はほぼ禁止されているか、禁止されていなくても良識として焚き火台を使用することがマナーとなっています。

というわけで、焚き火を行う場合には、今は焚き火台が欠かせないアイテムとなっています。

焚き火台はそれ自体がアートかと思えるほど、道具として進化を遂げていて、いろいろな良品が製造されていますので、私自身今回の記事で焚き火台についてをご紹介させていただけることを、とても喜んでいます。

バーベキューコンロと焚き火台の違いについて聞かれることがありますが、焚き火台で炭火を起こしてバーベキューコンロとして使うことはできると思うのですが、その逆の使い方はできません。また、のんびりと火を起こす面白さはバーベキューコンロにはないかなと思います。

あえて不便さを楽しむという心のゆとりやロマンが焚き火の楽しさなのかなと思います。

 

焚き火台ってどうやって選ぶの?

焚き火台

 

焚き火台を使って調理するかどうか

焚き火台を選ぶ場合に、焚き火を使用して調理をするかどうかが大きな分岐点になるかと思います。ダッチオーブンなどの鍋を置きやすい形状のものなのか、純粋に焚き火のみを楽しみ、暖を取るための道具として使うかというところで、まず選ぶ焚き火台が変わってきます。

 

人数に合ったサイズ

一人で使うサイズで良いのか、それとも家族やグループで楽しむときに使う焚き火台なのかというところでもまた選択肢が変わってくると思います。同時に、移動手段や持っていける重さなのかというところも大切ですね。

ソロキャンプ

移動手段にもよりますが、ソロキャンプで使用する場合はザック一つに入れることのできる小型のタイプや軽量のものが適していると思います。調理には使わず、暖を取るため、また炎の美しさを見てリラックスするためのものとして使う用途のものを選ぶと良いかもしれません。

マシュマロを焼いたり、何かを焙ったりするぐらいのことはもちろん、小型タイプの焚き火台でも行うことはできることが多いです。

ファミリーキャンプ

車などで移動する場合には重くて大型の焚き火台でも問題がありません。大型の焚き火台やダッチオーブンなどの調理に向いているがっしりとしたタイプのものも購入することができます。

まきや炭を入れるスペースが大きいものを購入できると、寒い時期にも暖を取りやすいですね。さらに焚き火の上に鍋などを設置することのできる焚き火スタンドもあわせて使うと、より一層焚き火の面白さが広がりそうですね。

 

収納がコンパクトか

コンパクトに収納できれば、どこにでも持っていきやすく、焚き火がしやすくなります。快適にアウトドアをしようとすると、ついつい持っていきたくなる道具も増えてしまうものです。車の荷室がいっぱいになるのを避けるためにも収納性についても焚き火台を選ぶときに注意したいポイントです。持っていけないと、使えませんので。

 

軽量かどうか

コンパクトタイプでも、500g以下のモノから1kg以上の製品まで、さまざまなラインナップがあります。重めのタイプの焚き火台はどちらかというと、手に取りやすいお値段で販売されていたりもするのですが、例えば車を停めたところから何往復もテントがある場所まで荷物を取りに行って設置してと繰り返していくうちに、重い焚き火台を運ぶのが苦になって結局キャンプに持っていかなくなる可能性が出てきます。

アウトドアで使う道具はどちらかといえば、軽量で丈夫なものを選びたいものです。

 

焚き火台のおすすめメーカー

焚き火台

 

Snow Peak スノーピーク

言わずと知れた日本の代表的なアウトドアブランドの一つがスノーピークです。世界にその名を知られるものづくりのまち新潟県燕三条で生まれたブランドで「人生に、野遊びを。」のスローガンでも有名です。

アウトドアをライフスタイルととらえ直し、家族の絆を深めるための豊かな時間としてのキャンプを提唱していて、その様々な道具もユニークで温かみに満ちている設計ものが多いです。

どちらかというとアウトドア用品としては高級志向ですが、工夫が凝らされていてファンも多いです。例えば

「地表にダメージを与えない焚火のための道具という新ジャンルを築いた「焚火台」

引用:公式HP

など、スノーピークがリーダーシップを取ってくれたおかげでぐっとアウトドアのギア(道具)が進化した功労は大きいと思います。

社員さんたちが実際に自社の製品をよく使っておられて、ユーザーにも分かりやすいアドバイスをしてくださるのがとても好印象です。

 

焚火台Lスターターセット

重量 5.3kg 使用時サイズ 約450×450×300(h)mm
収納時サイズ 約560×640×32mm 材質 ステンレス など
nonootje

nonootje

収納    :★★★
持ち運び易さ:★★★
使い勝手  :★★★
価格    :★★☆
耐久性   :★★★

耐久性、使いやすさに定評あり!

3サイズの展開があり、Lサイズは5~6人用のサイズの焚き火台です。オプションも多く、ニーズによっていろいろな使い方が楽しめる焚き火台です。きれいな逆四角錐形の製品で安定性も高く、ダッチオーブンなどの調理も行えます。

セッティングも収納も容易ということで、人気の高さも納得の良品です。重量があるため車で行くキャンプ向けの製品です。

 

UNIFLAME ユニフレーム

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと創設された株式会社ユニフレーム。ユニフレームも日本の国産アウトドアメーカーでやはり新潟県燕市にある会社です。

質実剛健で、どちらかというとリーズナブルな製品が多く、消費者の味方のようなブランドで好印象を抱いていたのですが、このところ製品の値上げが相次いでいて、ファンなだけに少し残念に感じています。しかし、製品については丈夫で長持ちする良品が多いため安心してお勧めできるブランドです。

 

ファイアグリル

重量 約2.7kg 使用時サイズ 約430×430×330(網高)mm
収納時サイズ 収納時:約380×380×70mm 材質 炉・ロストル:ステンレス鋼
スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
nonootje

nonootje

収納    :★★☆
持ち運び易さ:★★★
使い勝手  :★★★
価格    :★★★
耐久性   :★★★

コスパ最高!丈夫で長持ち!

我が家も愛用しているファイアグリル!頑丈で長く使えることとコスパの良さで、最初に入門として購入する焚き火台としておすすめです。

ダッチオーブン調理など調理にも向いています。ダッチオーブンの調理をする場合には別途ファイアグリルヘビーロストルを購入して使用する必要があります。

唯一の欠点はかさばることと付属品を含めて運んだ時に重いことぐらいでしょうか。また、実際に使用している感想としてはファイアグリルヘビーロストルと付属の網を同時に使った場合、まきを差し込むスペースが意外と少ないので、暖を取りたい場合には別途暖を取る用の焚き火台が欲しくなります。

ただし、その欠点をしても、なお買って損はない製品の一つだと思います。車で行くキャンプ向けの製品です。

 

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ

もともとはパール金属から派生した会社で「アメリカで見かけたバーベキューのスタイルを日本で再現したい」と設立されたのがキャプテンスタッグ株式会社です。新潟県三条市にある会社です。

キャプテンスタッグもやはり日本発のアウトドア用品総合ブランドで愛用している方も多い人気のブランドです。コスパの良さも魅力の一つです。

 

UG-48 V型 スマートグリル

重量 2kg 使用時サイズ 幅350×奥行260×高さ280mm
収納時サイズ 幅470×奥行350×厚さ40mm(バッグ収納時) 材質 本体:ステンレス鋼、脚:鉄(焼付塗装)、ロックフレーム・ゴトク・アミ・ロストル:鉄(クロムめっき)、収納バッグ:ポリエステル
nonootje

nonootje

収納    :★★★
持ち運び易さ:★★★
使い勝手  :★★★
価格    :★★★
耐久性   :★★☆

コスパよし!

ロストル、ゴトク、網、バッグがすべて付属した値段として考えるとコスパがとてもよく、通常サイズのほかにミニサイズの用意もある製品です。ミニサイズは特にソロキャンにも持っていけるサイズと重量感なので要チェックです。一人~二人までのキャンプなどでBBQや焚き火をしたい場合に向いていると思われるサイズ感です。

 

おすすめ焚き火台TOP8

第8位 ベルモント 焚き火台TOKOBI BM-273

重量 約2.2kg 使用時サイズ 約415×460×320mm
収納時サイズ 約260×460×60mm 材質 18-8ステンレス

大きな薪もくべられます!

この焚き火台も造形の美しさに目をひかれます。長方形なので40センチほどの長めの薪も難なくくべられるそうです。

底の素材にはステンレスメッシュが使用されています。ワイヤーシェルフに別売りの五徳などをのせると調理も可能です。上下2段に鍋を置くことができる構造になっているのも興味深いです。薪を乾かしておくこともできそうです。

これからさらにオプショングッズの販売もあるようなので、要注目の焚き火台です。

 

第7位 笑’s コンパクト焚き火グリルB-6君

出典: Amazon.co.jp

笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君
ブランド
カテゴリ
重量 約500g 使用時サイズ 約215×122×165mm
収納時サイズ 約181×122×18mm 材質 0.6mm厚ステンレス、ステンレスリベット

小さいのにすごいやつ!

とにかく収納性の高さにまず驚かされます。わずかB6サイズのコンパクト収納が可能で、しかも重さも500グラムです。

見た目には小さいのですが、調理、一人BBQ、焚き火と万能なので、ベテランキャンパーさんが良く使用されておられるのを見ます。ソロキャンの方には特にお勧めしたいです。

耐久性も高く、長く使えるのも魅力的です。

 

第6位 ユニフレーム ファイアスタンドII

ユニフレーム ファイアスタンドII
公式サイトはこちら!
重量 490g 使用時サイズ サイズ:40×40×30cm
収納時サイズ 6×6×57cm 材質 メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2/スタンド:18-8ステンレス

ソロキャン向き!

特殊耐熱鋼メッシュを使用している軽量の焚き火台。メッシュ素材を使用した焚き火台の先駆者です。2018年限定商品だったようなのですが、定番化してほしい良い焚き火台だと思います。

類似品(模倣品)はたくさん出回っていますが、やはり国産のしっかりした製品を購入したほうが後悔しないかなと思います。

華奢なので、調理には向いていません。暖を取るための使用や、焚き火を純粋に楽しむための粋な道具だと思います。さらに軽量なものでメッシュ系の焚き火台が欲しい場合には驚異の軽さである280gというパーゴワークスのNINJA FIRESTANDがお勧めです。

 

 

第5位 コールマン ファイアーディスク TM

重量 約1.6kg 使用時サイズ 約φ45×23(h)cm
収納時サイズ 約φ46×8.5(h)cm 材質 ステンレス

設営・撤収が容易!

ビギナーでも簡単に焚き火ができることを念頭に置いて作られた製品ということで、設営や撤収が至便そうなのも好印象です。お皿(ディスク)型で形状も素敵です。サイズが小さめな割に耐荷重約30kg(ダッチオーブン3サイズ対応)というのも魅力を感じます。

ラウンド型になっていることで空気が取り込みやすく薪が燃焼しやすいのだとか。思わず焼き芋を焼きたくなる焚き火台ですね。私も使ってみたいです。

 

第4位 キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル

重量 約3.8kg 使用時サイズ W475×D410×H300mm
収納時サイズ 570×470×厚さ60mm 材質 本体・ロゴプレート/ステンレス鋼(焼付塗装)、底板/ステンレス鋼、

バーベキュー網・スタンド/鉄(クロムめっき)、目皿/鉄(焼付塗装)

大人数でワイワイ囲める!

大きめの薪や炭をくべることができ、ダッチオーブンにも耐えられる頑丈さがあることと、大きめだからこそ、大人数で囲んでBBQなどもしやすい楽しい製品だなという印象があります。また、コスパが良いのも魅力的です。

 

第3位 スノーピーク 焚火台Lスターターセット

重量 5.3kg 使用時サイズ 約450×450×300(h)mm
収納時サイズ 約560×640×32mm 材質 ステンレス など

買って間違いのない品質!

スノーピークの焚き火台は買って後悔しない品質の高さがお勧めの理由です。また、この焚き火台についてもオプションをいろいろと選べる楽しさがあります。アウトドアの楽しさのレベルが確実に向上すると思います。

 

第2位 ユニフレーム ファイアグリル

重量 約2.7kg 使用時サイズ 約430×430×330(網高)mm
収納時サイズ 約380×380×70mm 材質 炉・ロストル:ステンレス鋼
スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ

家族で使うなら間違いない!

キャンプ場でダッチオーブンなどを使ってアウトドアで料理を楽しみたい方にはぴったりの製品です。車で持ち運びができる人には特にお勧めです。コスパも良いですし、頑丈なので長く使えます。

 

第1位 スイスSTC社 ピコグリル 760/398

出典: Amazon.co.jp

スイスSTC社 ピコグリル 760/398
ブランド
カテゴリ
公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

下記の表についてはピコグリル760についてのものです

重量 本体749g, 五徳174g, スピット94gx2, 専用袋207g 使用時サイズ H27cm x W54cm x D38cm
収納時サイズ 30cmx45cm 材質 ステンレス鋼

もはやアートな焚き火台!

ピコグリルには大きなサイズのピコグリル760のほかにソロキャン向きのピコグリル398という製品があります。ピコグリル760は398の約2倍のサイズ感ということです。

さて、ピコグリルですが、この焚き火台を友人が持っていて、それで私も初めて知ったブランドでした。実際に使用しているところを拝見して、つくづく焚き火台の中でも最高の名品だな思いました。

軽量で持ち運びしやすく、フラットな状態に折りたためるのも魅力的です。フォルムの美しさは焚き火台の中で世界一だと思います。しかも肝心の焚き火台としても燃焼性が高く、木が燃えやすいため、使い勝手も良いのです。

お値段は正直、少し高いですが、一生使えるということを考えたときに買って損はないだろうと思います。私も手に入れたいと思っている製品です。

 

to buyインフルエンサーおすすめの焚き火台もご紹介!

燃焼時間が長く、二次燃焼炎で燃え残りも少ない焚き火台。


#焚き火 #焚き火台 #ソロキャンプ #キャンプ
無骨な焚き火台。コンパクトで持ち運びも便利。

#camp #キャンプ #焚き火 #焚き火台
軽量で、吊るせて、直置きが出来、クラシックなデザインのクッカーを探している際に出会った。
サイズは、大、中、小、と、あり、全てがコンパクトに収納可能。
使えば使うほど、焚き火の煤で色気がます。何と言っても、使い倒せる値段が魅力。

 

焚き火台の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、焚き火台の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

焚き火でかけがえのない楽しい時間を

キャンプ
タナヨシ

私のお勧めの焚き火台をいくつか紹介させていただきましたが、気になる製品が発見できる手助けになればとても嬉しいです。

焚き火台を使って、楽しく焚き火を眺めて、家族や友達と語らう時間はかけがえのない楽しい時間になると思います。ぜひ、焚き火をしたことがない方にも焚き火の楽しさを知っていただければと思います。

最後になりましたが、焚き火台の下にスパッターシートという耐熱・不燃シートを敷いてお使いになると、さらに自然環境に負荷をかけない焚き火が可能になるかと思いますので、スパッタシートについてもぜひチェックをお願いします。

記事内で紹介されている商品

スノーピーク 焚火台L スターターセット

サイトを見る

ユニフレーム ファイア グリル

サイトを見る

UG-48 V型 スマートグリル

サイトを見る

ベルモント 焚き火台TOKOBI BM-273

サイトを見る

笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君

サイトを見る

ユニフレーム ファイアスタンドII

サイトを見る

コールマン ファイアーディスク TM

サイトを見る

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス フ…

サイトを見る

スイスSTC社 ピコグリル 760/398

サイトを見る

Tlymo キャンプストーブ 最新版 大型 ウッ…

サイトを見る

グラエク 焚き火台

サイトを見る

関連記事