ラフティング好きが教える!マリンシューズおすすめランキング!

あなたは、海遊び派?川遊び派?どちらですか?

これから、暑くなると、海や川などで出番の多いマリンシューズ。みなさんは、海や川に行くときに、マリンシューズって、履いていますか?

太陽で焼けついたビーチや岩の上って、素足でなんて熱くて歩けませんよね!熱さ対策だけではなく、川底の岩や砂浜の貝殻で足を切ったりしないようにするためです。怪我をして、楽しいレジャーを台無しにしないよう、必ず履くことをおすすめします。

マリンシューズの選び方のポイントや注意点について、お話させてください。

私は新年度が始まったら、毎年、夏休みの計画を、すぐに立てはじめます。

我が家は、断然、川遊び派です。もちろん、海遊びもしますよ。ラフティングに始まり、川でのキャンプや海水浴にも出かけます。

そんな時に、決まってお世話になるのがマリンシューズです。

家族で、遊びに行くため、子どもたちもマリンシューズが必須なんです。子ども用って、夏しか使用出来ないのに、サイズアウトがほんと早いんです。

しかし、大きめのサイズを購入すると、いざという時に、脱げてしまったり、安全性が欠けてしまうので、出来るだけ、ジャストサイズを購入するように心がけています。

大人も、子どもも、安全性を優先順位第一で考えて、選びましょう。

子どもは、マリンシューズが脱げてしまうとその靴を取りに行こうとします。急な流れなど、とっさに判断する事ができないのです。そんな光景を何度も見てきています。止める大人が近くにいればいいのですが、予期せぬことも考えて、購入を検討しましょう。

安全第一、瞬時に動けるジャストサイズを選んで、履き心地のよい物を選びましょう。

最近って、コスパが良くて、クオリティの高い商品、たくさんあるんですよ。

 

マリンシューズって?

直訳すると、マリン=海、海の、シューズ=くつ、マリンシューズ=海のくつ!?

マリンシューズとは、マリンスポーツや水辺などで、岩や貝殻から足を守ってくれるシューズの事。 マリンブーツ、ウォーターシューズとも呼ばれています。

海の中や川の中って、深くなればなるほど、水中は見えなくなり、怖いですよね。

そんな時、マリンシューズを履いていると、安全に歩くことができますし、突然、急な流れに押し出された時など、足の裏はもちろん甲なども守られます。

私は、平泳ぎや立つ体勢を変える際に、足の甲が岩などに当たるので、とても役立っています。   意外と擦れて怪我すると、痛いんですよね。その後も、水の中に入るので、感染症なども心配です。

ビーチを歩く時は、ビーチサンダルでもいいけれど、水の中に入るには、絶対に、マリンシューズを履いてくださいね。

 

マリンシューズの種類の違いって?

海で履くシューズも様々です。マリンシューズと呼ばれている商品でも大きく分けて3種類あります。

この3つの呼び名の違いについて、少しお話しましょう。

マリンシューズ

一般的に、「マリンシューズ」と言えば、こちらを想像するのではないでしょうか?

素材がネオプレンで作られていて、 ゴム底で、滑りにくくできています。

 

ダイビングシューズ

ダイビング用のため、足首の高い部分まで覆われていて、フィンのストラップが引っ掛けられるように、かかと部分が補強してあります。

靴底も生地も、マリンシューズよりフラットで固めに、厚めに作られています。

 

アクアシューズ

水辺での使用を前提に作られたスポーツシューズのことです。かかと部分がついていて、一番日常のシューズに違いデザインです。

 

お手入れ法って?

マリンシューズを長く使うには、やはりメンテナンスが必要です。

メンテナンスと言っても、めちゃめちゃ大変なことをするわけではありません。使ったら、きれいに洗って、きれいに乾かすこと、これだけのことなんです。

これだけのことですが、海や川で遊び疲れて帰ってきたら、ついついそのまま放っておいたり、バッグに濡れたままに、してしまいがちですよね!?

そうすると、カビが発生してしまったり、臭くなったりしてしまうんです。

私の経験談なのですが、川で遊んだ後、乾かすことしかしなかったところ、翌朝、きつい悪臭に悩まされました。遊んだ川のにおいが靴にしみ込んだようです。何度か洗って、やっと臭わなくなりました。

海で遊んだ時は、海水は塩水なので、そのままにしておいては、傷んでしまいます。

遊んだ後は、一度、簡単に水洗いをしておくだけで、後々、違ってきますよ。少しだけ手をかけて、きれいな状態で保管しましょう。

そうすることで、翌夏も気持ち良くすぐに使え、慌てずに、楽しくお出かけできるでしょう。

 

マリンシューズを選ぶ時のポイント・注意点!

 

出来るだけ、ジャストサイズを選ぼう!

水の中に入ると、シューズが水分を含んで重くなります。

大き目のサイズだと、泳いでいる最中、水中で脱げてしまいとても危険です。逆に、小さすぎると、靴擦れになって、痛い思いをしてしまいます。

出来るだけ、ジャストサイズが、BESTでしょう

 

速乾性!

マリンシューズの利点は、普通のシューズより早く乾くことです。

速乾性があると、休憩して、再度、軽いシューズで陸地を歩けることができます。軽快に、気持ちよく履くためにも、速乾性は大事です。

帰る際にも、そのまま車に乗り込むことが出来れば、なお便利ですよね。

 

滑り止め付きとソールの厚さ!

どこで遊ぶかにもよりますが、水回りは、滑り止めがあると安心です。

ヌメリのある岩場はとても滑りやすいため、滑り止めは必須です。ゴツゴツした岩を歩く時、薄いソールより、厚めのソールの方が断然安全です!

ソールの厚さを確認して、購入することをおすすめします。

注意すべき点として、ソールが厚いとソール部分が曲げにくいという欠点が出てきます。もちろん、厚いソールで、柔軟性を兼ね備えているシューズもあるんです。

動きやすさに、繋がりますので、ソールの曲がり具合も確認するとよいでしょう。

 

動きやすさが大事!

サイズに関係してきますが、靴の中で、足幅にもゆとりがあり、動きやすいシューズを選びましょう。キツキつだと、歩きにくく、動きにくいものです。

足幅が広めの人は、ジャストサイズでも、靴の中が窮屈だったりします。そのようなタイプの人は、足首で絞めるタイプやゴム調節タイプを選びましょう。

「愛用しているマリンシューズおすすめ!」で、紹介している日本人向けのサイズ展開で、幅広に作られている「REEF TOURER(リーフツアラー)」は、そんな方におすすめです。

サイズの確認をしたうえで、良ければ、参考にしてみてください。

 

愛用しているマリンシューズおすすめ商品!

 

REEF TOURER リーフツアラー マリンシューズ 大人用

出典: Amazon.co.jp

REEF TOURER リーフツアラー マリンシューズ 大人用

・価格  :¥ 1,769
・カラー :3色
・特徴  :日本人の足にフィットする幅広の靴底を採用!

独身時代は、少し高価でも機能性のいい商品で、好きなデザインを選んでいました。

しかし、現在は、子連れで、ラフティングも緩やかなファミリーコース、流れが緩い場所がほとんど。こういったTPOや生活スタイルの変化に合わせて、チョイスにも変化してきました。なので、こちらが、現在愛用中のマリンシューズなのです。

お値段の手ごろさが魅力的なので、家族で、お揃いで購入することが可能です。子ども用サイズは、ワンシーズンで買い替えになるので、本当に助かります。

厚底グリップソールとくるぶしまで覆うミッドカットによって、足の甲まで覆われているため、ケガを十分に防げることができます。こちらは、つま先の部分もゴムで覆われているため、足先が守られて安全です。

その上、サイドの水抜け穴によって通気性も確保できているため、快適に長時間の使用も、可能なので、とてもおすすめします。かかと部分は、滑りにくい素材でフィンストラップのズレをも防止してくれます。

他のマリンシューズの時は、新しいシューズを履くと、必ずといっていいほど、靴擦れを起こしていましたが、こちらにしてから、そこまでひどくはなりません。

以前、マリンショップのスタッフから教えて頂いたのですが、シューズが馴染みにくい時は、靴下(普通の靴下)をはいてから、マリンシューズを履いて、柔らかく慣らすこともできます。

購入したシューズのサイズが少し大きいときは、同じ要領で解決できますよ。

 

リーフツアラー マリンシューズ 子供用

出典: Amazon.co.jp

リーフツアラー マリンシューズ 子供用

・価格  :¥ 1,598
・カラー :2色

お値段の手頃さが魅力的で、子ども用の頻繁な買い替えも、お財布に優しい商品です。

小さな子供でも、簡単に自分で脱ぎ履きできて、手伝うことをしなくて、とても楽でした。

子どもは、川でもガンガン歩くため、つま先部分が、布製だと衝撃がダイレクトに伝わるため、怪我をしてしまいますが、ゴムで覆われていて、クッションになってくれているので、とても安心設計となっています。

子ども自身も、「これがいい!」と、言うので、こればかりリピしています。

 

マリンシューズ!試してみたいなランキング!

 

第1位 トオイミチ マリンシューズ

出典: Amazon.co.jp

トオイミチ マリンシューズ

・価格  :¥ 1,999
・カラー    :25色
・特徴  :片足はわずか約200gの軽量
・試してみたい理由:

とにかくカラー展開やデザイン展開が多く、迷ってしまうほどです。家族用で揃えるなら、自分の好みを通せそうですね!

水陸両用ならず、ちょい歩きで街中でもマッチできる多様なデザインやカラーも素敵です。

一番の利点として、軽量なことです!旅行で荷物が軽いと便利で、持ち運びが楽ですよね。車での移動旅行ではなく、交通機関での移動旅行におすすめ!もちろん、海外旅行にも!

柔らな優れた柔軟性さも、快適な履き心地も、購入したい気持ちがどんどん湧いている私です。

ガーデニングをしているので、夏の長靴は足が蒸れ暑すぎるため、これが欲しいと思っています。

 

第2位 Hele i Waho ビーチサンダル 感覚で使える マリンシューズ

出典: Amazon.co.jp

Hele i Waho ビーチサンダル 感覚で使える マリンシューズ

・価格  :¥ 1,998
・カラー :5色
・特徴  :フィンずれ防止付き

こちらは、足の保護が完璧です。かかとからつま先まで、布ではなくゴムで覆われていて、しっかりした作りなのです。

砂浜の貝殻やゴミなどで足をけがしないように、足首までフィットタイプのデザインも安心な設計で、気にせず、遊ぶことに専念できそうですね。

女性の悩みとして、夏サンダルを履いていると、サンダル焼けを起こしてしまいます。足の甲って、意外と焼けやすい上に、ケアを忘れやすい場所でもあります。こちらは、足首まで覆われているため、日焼け防止にもなって、一石二鳥です。

サンダル焼けって、新陳代謝が悪いせいなのか、意外と取れず、何年も気になっていたことがありました。こういった悩みも解決してくれる利点もうれしい限りです。

 

第3位 オニール O’NEILL リーフブーツ マリンシューズ

出典: Amazon.co.jp

オニール O’NEILL リーフブーツ マリンシューズ 

・価格  :¥ 4,147
・カラー    :2色
・特徴  :つま先が足袋のように2つに割れています。
・試してみたい理由:

O’NEILL (オニール)は、私がスノボで、愛用しているメーカーです。デザインも素敵で、性能もとてもいいので、とても気に入っているメーカーなのです。

薄く、温かく、グリップ力に優れる、リーフのポイントに最適な先割れタイプのハイパフォーマンスブーツなのです。とても信頼できるメーカーだけに安心です。

一番気になる点、それは、やはり足袋のようなデザイン!

2つに分かれていると、地面をしっかりと掴め、安全に歩きやすい上、健康にもとってもよさそうですよね。私は、職人さんが、履いているイメージがあります。

ゴムで足首を絞める部分と、甲の上でマジックテープで絞める部分、2か所でサイズ調整ができるので、ちょっとしたサイズ違いでも、しっかりと足にフィットして快適な履き心地を得られそうです。

値段は少し予算オーバーですが、シックな色合いと、しっかりした作りで、長期使用できそうなので、1度は試してみたい1品です。

※Amazonの価格を表示しています。タイムセールやサイズによって価格が異なることがございます。

 

まとめ

どのマリンシューズを購入するか決まりましたか?

今年の夏休み、どこの海に、川に行こうか、ワクワクしますよね。

暖かくなってくるゴールデンウィークあたり頃から、海キャンプや川キャンプなど、もうすでに予定が入っている方も多いのでは?

マリンシューズ、アウトドアレジャーには、必須アイテムです。友達と色違いで揃えたり、家族でお揃いにしたりと、楽しみ方もそれぞれです。安全で快適なマリンシューズと一緒に、楽しい思い出作りをしてください。

自分に合ったマリンシューズで、夏を満喫できたらもう最高ですよね!

記事内で紹介されている商品

REEF TOURER リーフツアラー マリンシュー…

サイトを見る

リーフツアラー マリンシューズ 子供用

サイトを見る

トオイミチ マリンシューズ

サイトを見る

Hele i Waho ビーチサンダル 感覚で使える…

サイトを見る

オニール O’NEILL リーフブーツ マリンシ…

サイトを見る

関連記事