【過去記事】最強クーラーボックスおすすめランキングTOP7!選び方や材質の違いは?

旅行やアウトドアなど長時間外出する際、私は飲食品の保管がとても気になります。車の冷蔵庫は意外と小さいので、自分1人ならまだしも、家族や友人分もとなると詰め込みにくいです。そもそもキャンプなど屋外で過ごす場合には使えませんし。

かと言って常温保存してしまうと、商品によっては不味くなったり、お腹を下してしまうことも。ゆえに上記のような外出時はクーラーボックスに助けられています。

保冷という意味ではバッグなど小ぶりなものもありますが、クーラーボックスは分厚さや大きさもあるせいか、冷たさが長続きする印象。

今回はそんなクーラーボックスを選ぶ際のポイントや、おすすめ商品をご紹介します。

 

クーラーボックスの材質の違い

クーラーボックス内の鮎

 

クーラーボックスにはいくつか素材があり、感触やデザインだけでなく保冷においても違いが生じます。選ぶ際には、どんな素材が自分の用途に適しているかを確認しましょう。ここでは主に使われている3種類を比較してみました。

 

適度に保温なら発泡ウレタン

まずは発泡ウレタンです。一般的なクーラーボックスをイメージしやすい素材でもあり、重さや値段、また保冷時間なども平均的。

保冷剤やパッキンによる密閉など、工夫次第でクーラーボックス内の保冷効果は高めることができるため、素材だけでなく備えている機能も注目したいところです。

 

発泡スチロールは短時間用

発泡スチロールもクーラーボックスの中では採用されやすい素材。そういえば鮮魚なども、発泡スチロールの箱で卸されていますね。

ただこちらはウレタン素材に比べると長時間のキープに向きません。保冷剤などを使っても限界があるので、どちらかというと短期間の保冷に適しています。

一方軽量さはウレタンよりも良いため、持ち歩きが必要ならおすすめです。

 

真空断熱材で低音キープ!

保冷を徹底するなら、真空断熱材の入ったクーラーボックスもおすすめです。中身を真空状態にすることで空気、つまり温かさが入ってくるのを防いでくれます。ほかの素材に比べて高価になりがちですが、とにかく冷やすことを重視するなら選ぶ価値は高いです。

 

クーラーボックスの選び方

クーラーボックスとお菓子

 

クーラーボックスを選ぶ上で、忘れてはいけないのが以下のポイントです。

 

密閉できるクーラーボックスで保冷時間を継続

まずはクーラーボックスが密閉できるか否か。仕組みとしては、パッキンなどを使って中の空気が漏れないように、あるいは外の熱が入り込まないようにしています。

いくら低温で保存できるといっても、外の熱に影響を受けやすいとあっという間にぬるくなるもの。保てる温度は多少高くても、密閉性に優れたクーラーボックスの方が長期利用には適しています。保冷剤などの追加で温度自体も下げることは可能なので、低温だけにこだわる必要はありません。

 

蓋に座れれば長時間の釣りにも安心

クーラーボックスといえば釣りに使う人も多いと思いますが、冷やす以外に注目したいのが蓋の頑丈さです。釣りをしている人で、クーラーボックスを椅子がわりにしているのを見たことはないでしょうか?

釣りは長時間に及ぶこともも多いですから、ずっと立ちっぱなしより、椅子の1つでもあったほうが便利。しかし別に椅子を用意するとなると、荷物が増えますよね。

そこでクーラーボックスを椅子がわりにするんです。クーラーボックスの中には耐荷重が記載されている商品もあるので、釣り目的ならチェックしてみましょう。

 

本体の軽さやキャスター付きで移動に対処

クーラーボックスは、保冷バッグに比べると総じて重めです。より多くの中身を冷やすために頑丈な作りになっています。しかしクーラーボックスの用途はアウトドアが中心。ゆえに持ち運びできなくては意味がありませんよね。

そこでおすすめなのが、軽い素材を使っているクーラーボックスや、キャスターなど、重くても運びやすい構造になっているクーラーボックス。女性やお子さんでも運びやすいですし、力持ちの男性であっても、軽いに越したことはありません。

 

クーラーボックスの使い方

クーラーボックス

 

クーラーボックスは、ただ冷やしたいものを入れれば良いというわけではありません。正しい使い方を覚えることも、保冷機能を長持ちさせるコツです。

 

保冷剤の投入や中身の冷凍で持続時間アップ

まず注目したいのが、中身の冷却です。保冷剤を使うのはもちろんのこと、中身自体をあらかじめ冷凍した上でクーラーボックスに収納するのがベスト。

すぐ飲み食いするわけではないのなら、中身の温度自体を下げておくことによって、クーラーボックス内の温度もより低くでき、常温になるまでの時間が延びるからです。

 

わざわざ温度を上げるような行為は避ける

屋外で使う場合であっても、クーラーボックスは日陰に置くのがポイント。いくら保冷中とはいえ、直射日光を浴びせていれば、あっという間に温度も上がってしまいます。

日陰がない場合も諦めず、折りたたみ傘などで作ってあげることも大事ですよ。

 

ソフトとハードの同時利用もおすすめ

クーラーボックスはハードのイメージがありますが、保冷バッグのようなソフトタイプも存在します。そこで、ソフトと一回り大きなハードを用意し、ハードの中にソフトタイプを入れて使う方法が可能です。

両方の相乗効果によって、より長い間、中身を冷やすことができますよ。

 

to buyオフィシャルインフルエンサー愛用のクーラーボックス

タナヨシのイチオシ!

RTICクーラーボックス
10日間の保冷力。夏場のキャンプにおススメです。
#camp #rtic

 

tomokokurosakiのイチオシ!

キャンプにクーラーボックスは欠かせません。キャンプスタイルに合わせて、また機能性を重視して…など、選び方はさまざまです。こちらのスチールベルトクーラーはそこそこの容量もあり、カラーが多彩に用意されているので、選ぶ楽しみもありますよ♪

 

タナヨシのイチオシ!

保冷力抜群のクーラーボックス!デザインもオシャレで可愛い。

 

shivaのイチオシ!

最強のクーラーボックスです。
少し値は張りますが、グリズリーに襲われても壊れない頑丈な作りで、氷が1週間も残っていたというとんでもない保冷力を持っています。

 

omahaddayのイチオシ!

熊でも壊せない事を証明した世界最強と称されるYETIクーラー。
コレは、YETIのソフトタイプクーラーボックス(hopper)です。

板氷を入れて5日目の朝。7割近く溶けずに残っていました。冬とは言えテントの中はストーブの温度で15度以上。想像以上の保冷力に満足しています。
見た目も良し!保冷力も抜群!
デイキャンプ、お花見、運動会、買い物...ハードクーラーを持ち運ぶにはちょっと...という時に大活躍してくれる事は間違い無いですね!??

 

Mah☆のイチオシ!

ピクニックやデイキャンプなど気軽に持ち出せるクーラーボックスです。
丈夫なので椅子としても使えます◎

 

クーラーボックスおすすめランキングTOP7

クーラーボックスの中でも、私が特に気に入った商品をランキング形式で並べました。値段や容量のほか、外見デザインなどでも順位を決めているので、下位であっても要チェックです。

 

第7位 リブウェル クーラーボックス ホリデーワールド 76l

出典: Amazon.co.jp

リブウェル クーラーボックス ホリデーワールド 76l

業務用?特大容量のクーラーボックス

7位に選んだのはリブウェルのホリデーワールドです。材質はポリプロピレンで、白を基調としたシンプルながら清潔感もあるデザインは魅力。車輪が可愛いアクセントにもなっています。

車輪は片側に2輪のみついているのですが、これはもう一方を持ち上げてキャリーケースのように運ぶため。ゆえに76lという大容量でありながら、1人で移動できるのも特徴です。

ただそこまで容量が必要かというと悩ましいところ。値段もその分高いので、パーティやキャンプで連泊する場合など、使う人を選ぶかもしれません。

 

第6位 STANLEY クーラーボックス 15.1l

椅子にもぴったりな頑丈ボックス

6位のSTANLEYは、7位とは打って変わって小型のクーラーボックスですが、やはり値段は高め。ただし機能、特に保冷面では充実しており、なんと最大で36時間、10度以下の状態をキープしてくれます。蓋部分にパッキンがついているため、密閉しやすいんですね。

素材はポリプロピレンやポリエチレン。カラーは蓋・取っ手部分のみ黒で統一されていますが、本体は緑及びグレーや赤もあり、好みで選べるのも魅力です。

ちなみに蓋部分は耐荷重130kgと椅子やテーブル替わりにも役立ちます。釣り用の方が椅子を兼ねて持ち歩きたい場合にもおすすめです。

 

第5位 ロゴス ハイパー氷点下クーラー

マイナス温度をキープしたまま保冷も可能!

ロゴスのハイパー氷点下クーラーは、なんと氷点下を維持した保冷ができるクーラーボックスです。別売の氷点下パックを入れることが条件となりますが、アイスクリームなら11時間はキープ可能。

またナイロンや樹脂などを用いた素材ということもあって、ボックスというより四角いバッグを印象づけます。折りたたみが可能で、使わない時はぺたんこにして収納しておくと邪魔になりません。

サイズは12lのMから20lのL、そして40l入るXLから選べます。メタルシルバーのカラーも冷たさを感じさせてくれますね。

 

第4位 FIELDOOR クーラーボックス

出典: Amazon.co.jp

FIELDOOR クーラーボックス

移動に便利なキャスター付きボックス

ポリエチレンにポリウレタン、ポリプロピレンを用いた青いボディが特徴のFIELDOOR製クーラーボックスを4位にしました。私のおすすめは最低サイズの46lですが、実はこれが最小サイズ。

ほかにも50lに 80l、100l、そして150lとあり、容量のバリエーションとしては最高レベルです。100lの段階で、2lサイズの大きなペットボトルが20本以上入ってしまいます。

もちろん容量が増えるにつれてコスパも高まりますが、7位ですら足りないと感じるようならおすすめ。ボックス内は3層構造によって保冷でき、別途保冷剤などを追加しておけばさらに高まります。

また持ち手は2WAYハンドル。キャスターを引っ張る際に使うものと、持ち上げる際に使うものの2通りがあるため、移動させやすいのも特徴です。

 

第3位 Astage クーラーボックス フォレスクルー 25l

出典: Amazon.co.jp

Astage クーラーボックス フォレスクルー 25l

ベストスリーの1つ目はAstageのフォレスクルーです。容量は25lと今までのクーラーボックスに比べると少なめですが、2lペットボトルでも7本入るレベル。立てた状態で収納可能と、深さもそれなりに充実しています。

持ち手は蓋中央部に小ぶりなものがついていますが、両サイドにショルダーベルトが設置できる箇所があり、取り付けることで持ち運びをより便利にできます(付属はなし)。

蓋はまた、完全に取り外し可能で洗浄などメンテナンスしやすいクーラーボックスです。利用時にはロック機能も使えるため、車に積んでも中身がこぼれ出てしまう心配がありません。

 

第2位 キャプテンスタッグ クーラーボックス 12l

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ クーラーボックス 12l

求めるのは1人用!コンパクトさ重視の方に

2位にはキャプテンスタッグのクーラーボックスを選びました。12lはクーラーボックスの中では少ない容量ですが、500mlペットボトルでも10本以上入るので、1人から2、3人程度なら十分と言えます。

それでいてコスパも良いので、ちょっとしたお出かけが多い方にはおすすめ。蓋の上には軽食などを置くこともできるので、ピクニックなど食事を伴う外出にも便利です。

強いて言えばカラーがホワイト系でピンクとグリーンの2択なので、どちらかというと女性向けに見える点だけネックでしょうか。気にならない人、むしろ好きな人であればデメリットなく使えます。

 

第1位 コールマン クーラーボックス エクストリームアイスクーラー 25l

出典: Amazon.co.jp

コールマン クーラーボックス エクストリームアイスクーラー 25l

見た目も中身も凝った作りが魅力的!

コールマンのエクストリームアイスクーラーを1位に決めました。3位と同じく25lでコスパが良いタイプですが、バッグタイプのような形状とアイスブルーのデザイン、また機能面から上位に。

機能ではまず、蓋の裏に保冷剤を挟める場所が用意されており、荷物の量を減らすことなく詰め込める点。比較的少量のクーラーボックスですから、スペースに空きを作れるのは便利です。

また蓋はペットボトルのような細いアイテムだけ入るような小さな窓が付いており、完全に開かずとも入る仕組み。少しでも保冷効果を長続きさせられます。そのほか折りたたみ可能な点や、サイドにあるメッシュ部分にも別途収納できる点も魅力です。

 

クーラーボックスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、クーラーボックスの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

使う時までしっかり保冷!クーラーボックスでアウトドアを満喫しよう

ドリンクやアイスをキンキンに冷えた状態で楽しみたい、大量の釣果を鮮度そのままに家族へ見せてあげたい。そんな時に活躍するクーラーボックスですが、用途やその時の状況にぴったりの1つを見極めることで、より使いやすくなります。

屋外でもより快適に過ごせる、自分にとってベストのクーラーボックスをぜひ見つけてください。

記事内で紹介されている商品

RTIC/アールティック クーラーボックス RT…

サイトを見る

コールマン スチールベルトクーラー コー…

サイトを見る

igloo (イグルー) プレイメイトエリート …

サイトを見る

YETI (イエティ) クーラーボックス 45qt …

サイトを見る

YETI (イエティ) クーラーズ ホッパー20 …

サイトを見る

STANLEY (スタンレー) クーラーボックス 6…

サイトを見る

リブウェル クーラーボックス ホリデーワ…

サイトを見る

STANLEY クーラーボックス 15.1l

サイトを見る

ロゴス ハイパー氷点下クーラー

サイトを見る

FIELDOOR クーラーボックス

サイトを見る

Astage クーラーボックス フォレスクルー …

サイトを見る

キャプテンスタッグ クーラーボックス 12l

サイトを見る

コールマン クーラーボックス エクストリ…

サイトを見る

関連記事