買いたいものを検索してください

ゴルフ好きが教える!パターマットおすすめランキング

ゴルフの経験は、増えたけどパターがどうしても苦手、パターが入らないせいでスコアが縮まらないなんて方いらっしゃいませんか?私もそうでした。

いや、今でもそうかもしれません。やはり、ゴルフのスコアを作るのはショートゲーム。いくら飛ばして先に出ようがアプローチやパターで叩いたら全く意味がありません。

アプローチでいかに寄せて2パット以内にカップインさせたいとゴルフファーなら誰もが思うことでしょう。なかなかショットの練習のように打ちっぱなしに行くというわけにも行きませんし、ついその場の調子任せになってしまうパッティング。パターがどうしても上手く打てなくてなどと上手な方に相談をすると、パターが下手だと思うなら、家でパターマットを使って練習しなさいと言われました。

やっぱり練習するしかないのかと、初心者の頃購入してしばらく放置していたパターマットを引っ張り出し練習するようにしました。家で少しでも練習時間を作るだけでだんだんとパッティングが上達していきました。真っ直ぐ打てると言う自信が付いてきました。言われた通り、練習してみてよかったと思いました。

ということで今回は、家でのパター練習におすすめのパターマットを紹介したいと思います。

 

パターマットとは?

パターマットとは、ゴルフプレー中のパッティングを練習するためのマットです。自宅で気軽に何度も練習することができます。パッティングの際の距離感がつかめないという方や、まっすぐ打つことが出来ないなんていう方は、パターマットで練習し、パッティングをする機会を増やすことで、良い練習になると思います。

 

パターマットの傾斜とは?

パターマットには傾斜がついているものと傾斜のないものがあります。実際グリーンで打つ際は、様々な傾斜がありますので、パターマットで毎回同じ傾斜の付いたところへ目掛けて打つというのはそれほど意味のないことだと思います。

どちらかというと傾斜が付いているとゲーム性が出るのでつけたのではないでしょうか。ただ、カップインをするために傾斜があるとどのくらいボールの速度が落ちるのかを想像して打つことが出来るので、そういったタッチを身につける上では、傾斜あるほうが練習になるでしょう。

しかし、パッティングする上で大事なのは、距離感とまっすぐ打つことが出来るかだと思いますので、そういう意味では傾斜のない平らなものでも良いと思います。

 

初心者にとってパッティングとは?

ナイスショットを打つことには必死になるけれど、いざボールがグリーンに乗ってしまうと安心してしまうのかグリーン上で3回、4回、5回とパッティングを行ったり来たりしていませんか?その1パット1パットが、そのホールのあなたのスコアを段々と悪くしています。

ショットを打つことより、ボールを転がすほうがきっと簡単なはず。先ほども申しましたが、ショートゲームがうまい人ほどいいスコアを出すことができます。大事な一打だということを忘れないで下さい。

 

パターマットはカップ有のほうが良い?

パターマットにはカップがついているものと、ターゲットカップだけの練習用品もあります。パターマットにカップがついている場合は、本番に近くイメージが出しやすいでしょう。

また、このくらい打つとカップインできるとか、この強さではカップにはじかれてしまうというタッチの練習にもなりますね。一方、ターゲットカップの場合は、絨毯の上でも使えますので、絨毯がひいてあるご自宅なら、どんな角度からでも練習できたり、片付けが面倒ではないというメリットがありますね。

 

我が家のパターマット

我が家のパターマットは、ゴルフをやり始めて間もない頃購入したので、良くありがちなカップ前に傾斜のあるもので、ボールがカップインすれば、自動的に傾斜で戻ってくるつくりになっているものです。

 

今となっては、片付ける際にかさばりますし、傾斜がないものでよかったかなと思いますが、自宅で練習する上で買い換えるほどの必要性も今のところ感じていません。

私の場合まっすぐ打てるかがパッティングの鍵ですので、まずは傾斜の付いていない部分でまっすぐ打つ練習を何度かします。納得がいく感じにまっすぐ打てるようになったら、傾斜を計算しながらカップを狙ってパッティング練習をします。最近は、パッティングが良くなってきたので、家での練習はさぼり気味です。1週間に一回練習すればいいほうかなと思います。

 

おすすめのパターマットランキングTOP4

ここでは、パターマットを色々見ていく中で、ぜひ試してみたいなと思ったパターマットをランキング形式で紹介します。

 

傾斜なしのパターマット

 

4位 ゴルフを愛する方のための 自宅のパット練習場

出典: Amazon.co.jp

ゴルフを愛する方のための 自宅のパット練習場
ブランド
カテゴリ

自宅を建てるときには、練習スペースを作って欲しいと目論んでいる私には、夢のような練習マット。このパターマットがあれば、床をパター練習場に出来ちゃいます。ゴルフを愛する皆様にオススメなアイテム。ですが、場所をとるためすべての人にオススメできないので4位に。でも、私的には1位にしたいくらい欲しいですね。100㌫日本国内で生産されたプロゴルフショップパターマット工房で手作業で裁断加工した高品質高速グリーンです。

 

3位 ミスターホールインワンパターマット

グリーン上に距離表示やホールナンバーをデザインし、バリエーション豊富なパッティング練習を可能にした画期的なパターマット。グリーンスピードは、高速ラインと低速ラインの2通り選べます。プロキャディも転がりがよく良い練習になると太鼓判を推している商品。ゲーム性があるので、大勢で集まった時にパターゲームとして使ってもも盛り上がれそう。

 

2位 ゴルフ練習器具 パターマット 距離感練習セット ロング

出典: Amazon.co.jp

ゴルフ練習器具 パターマット 距離感練習セット ロング

パッティングで重要な距離感の練習を自宅で出来る最適なゴルフパターマットです。ストローク練習器具が付属していますので、パター時のアドレス確認も可能です。スピードイメージは10フィート相当と早め。シングルゴルファーさんに感想を聞きながらグリーンスピードを再現した商品だそう。

 

1位 スーパーベント パターマット45cm×3m

パターマット工房PRO-GOLFSHOPが日本国内で開発政策下本芝再現マットです。ベント芝のタッチを自宅に再現したい方におすすめ。マットの上から打つか下から打つかで順目と逆目を打つ練習も出来ます。マットの幅が細すぎず従来のものより広めなので、落ち着いてターゲットを狙いやすいと思います。距離感マスターカップが付いており、グリーン上では想像よりプラス30cmオーバーさせる感覚で打つといわれる距離感でカップに入れる練習も出来ます。

 

傾斜ありのパターマット

 

4位 fieldlabo ゴルフパターマット パッティング練習マット

出典: Amazon.co.jp

fieldlabo ゴルフパターマット パッティング練習マット
ブランド
カテゴリ

1つのパターマットで高速と低速のタッチが試せる練習マット。白いラインが入っていて、まっすぐ打つ練習にもよさそう。1つのマットで2種類の芝面があるので、幅はやや広めです。大小二種類のカップもあり、小さいほうに入れられるよう練習していたら、パッティングの精度が上がりそう。

 

3位 DAIYA GOLF 練習用パターマット オートパット

出典: Amazon.co.jp

DAIYA GOLF 練習用パターマット オートパット

電動オートリターン付きパター練習器です。ボール一つ準備するだけで練習が可能。単3電池4本で使用できます。機械音も静かです。ボールを拾う手間が要らない分集中してパッティング練習が出来そうです。

 

2位 ダイヤ ツインパターマット

私も使っているパターマット。アマゾンのランキングでも上位に入っていました。3パット以上してしまう方に多くは、入れごろ外しごろと言われる1mから1.5mのパットを外してしまうのが原因。ツインパターマットは、大小つのカップ、1フィートごとの目印などによってパターの精度や集中力を高めてくれる練習器具です。パター一夜漬けというキャッチフレーズに惹かれたのとお値段が手ごろだったので購入した記憶があります。

 

1位 タバタ FUJITAマット

藤田寛之プロ共同開発のパター練習マット。最も重要なパットの距離は、プロで1.5m、アマチュアで1.2mだといわれていますが、日本のトッププロである藤田プロと共同開発されたこのマットが1.5mだというのも必然なのではないでしょうか?この距離を確実に沈められればあなたのスコアも縮まるかも?

 

ゴルフ好きはこちらの記事もチェック!

ネームタグ
ゴルフボールケース
ショットナビ
ゴルフボールマーカー
ティーショット
ゴルフ用ボストンバッグ
ゴルフソックス

 

まとめ

お恥ずかしい事にパターが入るか入らないかなんてその時の運でしょうなんて初心者の頃は思っていた私ですが、経験を増すごとにパッティングの重要性をひしひしと感じています。

パッティングする上で、まずは真っ直ぐ打てるようにならなくてはいけません。真っ直ぐ打てるようになったら、今度は距離感を身に付けてください。

歩測することや、このふり幅ならこのくらい転がるとか、自分なりの距離感を身に付けてください。そのためには、やはり練習が重要です。パターが苦手な私でしたが、本当に今まで練習を怠ってきました。

競技に出るようになると、OKはもらえません。カップインしないとプレーが終わりません。本当に恥ずかしい思いをしてやっと練習するようになりました。今まで、人に言われてもやらなかった補足をするようになり、練習するようになったら、パッティングする時に、これは入りそうもないなという思考から、この距離なら入りそう。

ここは、絶対外せない。入れてやるという強気の思考に変わってきました。練習することによって自信がつき考え方もプラス思考になれました。パターに悩んでいる方は、ぜひパターマットを使ってご自宅での練習をしてみてください。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ダイヤ(DAIYA) ダイヤツインパターマット …

サイトを見る

ゴルフを愛する方のための 自宅のパット練…

サイトを見る

ミスターゴルフ ホールインワンパターマット

サイトを見る

ゴルフ練習器具 パターマット 距離感練習…

サイトを見る

スーパーベント パターマット45cm×3m

サイトを見る

fieldlabo ゴルフパターマット パッティン…

サイトを見る

DAIYA GOLF 練習用パターマット オートパ…

サイトを見る

タバタ FUJITAマット

サイトを見る

関連記事