スノボの季節が待ち遠しいライター!スノーボードゴーグルおすすめランキング!

ウィンタースポーツのスノボを始めたい人って、この夏、どう過ごしますか?

この暑い夏こそ、涼しい室内スキー場で、スノボを楽しんではいかがですか?

自然の中で悪天候に悩まされることなく、雪の照り返しも少なく、ほどよい雪質、自然の強風もない中で、自分のペースでスノボの練習が出来るとっておきの場所だと思います。

初心者には、とても嬉しい場所でもあります。初心者さんだからこそ、ウエアや板、小物など、どれを揃えればいいのか、いろいろと悩むはず!

見落としがちなゴーグルを、忘れてしまってはいけません!

学生時代にスキーをしていた私が、スノボをはじめたのはスキーの延長線上の感覚でした。

スキーからスノボって、板から買い揃えないといけないため、なかなかお金がかかります。

でも、その頃は、独身で働いたお金は自分投資に使えるために、意外とフットワーク軽く挑戦できたと思います。

一緒に滑る友達もいて、何度もゲレンデに行っては、滑って&転んでを繰り返し、上達していきました。

しかし、大きなゲレンデに出ると、積雪の量も多く、雪の反射も強いため、ゴーグル着けない派の私も着ける派に移行していきました!

今では、ゴーグルがないと怖いほど!ゲレンデには、上手な人も下手な人もいて、突然、横から突っ込んでくる人もいるのですから、やはり怖いですよね!

山の天気も変わりやすく、濃霧が出ると一歩先も見えなくなるほどです。そんな経験をしてから、ゴーグルは絶対着ける派になったのです。

あんなこんなを体験しないで、ゴーグルを着ける派になってほしいため、ゴーグルの大切さについて、お話させてください。

 

 

スノボにゴーグルって、必要?

私も、初心者の頃は、ゴーグルは着けていませんでした。自分自身の滑りもまだまだで、「そんなもの、つけていたら邪魔じゃない?!」とさえ、思っていました。

私と同じをことを思っている人、多いと思うので、必要なポイントを話していきましょう。

ゲレンデに行った時に、あったらよかったと思う時には、もう手遅れです。

楽しい思い出を作ってほしいので、ゴーグルを着けるわけを、簡単に説明しますので、その話を聞いて、必要性を感じてくれれば幸いです。

 

顔(目)を守る

スノボって、上達すればするほど、激しい転倒が付き物です。転倒の際に、思わぬ顔面からの着地や転倒から、守ってくれるのです。顔はもちろん、大事な目も守ってくれています。

 

眼球を守る

みなさん、海に行くとサングラスをしますよね?ゲレンデでは?雪焼けってご存知ですか?

意外と、焼けることご存知ですよね。もちろん、目も紫外線や雪の照り返しで日焼けをしているのです。

寒いので、夏の海より油断をしているため、無防備な目は雪焼けしているんです。

キラキラまぶしい雪は、紫外線を照り返していて、半日ゴーグルなしても、かなり目を酷使している状態なのです。

 

視界を守る

こちらは、上達すればするほど、「なるほど!」と感じる人が多くなると思います。

なぜなら、上達するとスピードに乗って滑ることになります。そんな時、向かい風や雪で、目が開けられなかったら大変です。

雪山の天候は、急に変わります。走行中に視界が遮られた際には、とても危険なのです。

 

ゴーグルレンズの種類って?

 

レンズの種類って?

平面レンズ……平面なレンズ・安価

球面レンズ……湾曲に丸みをおびたレンズ・高価

調光レンズ……光を調節できるレンズ・まぶしさだけを抑え、視界は明るく見える

偏光レンズ……雪の反射が和らぎ、雪面の斜面が見えやすくなる

ダブルレンズ…2枚のレンズで、曇りを抑えられるレンズ

 

色って?

オールマイティ向き……………………オレンジ・ピンク

悪天候時や夕方からナイター向き……イエロー・ブルー

晴天時向き………………………………グレー・スモーク

 

サイズって?

基本的にレンズで選ぶといいと思います。基本的に洋服のサイズと同じ感じのサイズ展開しています。

 

サイズで優先する点は、フィット感だと思います。フィット感がないと外気がゴーグル内に入ってきて、曇りの原因にもなります。

逆に、きつすぎるとつけ心地が悪いため、体調不良になってしまうため、注意が必要です。

顔の形や頭のハチの大きさも関係してきますので、念のため、試着してみましょう!

 

ゴーグルを選ぶ時のポイントって?!

①レンズ → ② 色 → ➂サイズ

この順で選んでいくと、つけ心地のよいゴーグルに出逢えると思います。

自分が滑る場所や時間帯で、ナイター向けなど、それぞれに特化したレンズをチョイスしましょう。

それの中から、自分の顔に合うものを選んでいきましょう‼

私は、初心者の頃は、ナイターで3時間ほど滑っていたため、それにレンズを合わせていきました。

まず、夕方から夜にかけて、急激に温度差がでるため、曇らない2枚合わせレンズをチョイスしました。

次に、カラーは、ナイター使用のイエロー系を選び、最後に、デザインやフィット感で決めました。

これで、私にとってつけ心地のいいゴーグルに出逢うことができました。

 

ゴーグルの人気ブランドって?

 

ロキシー

女性に大人気!ビーチでも、ウインタースポーツでもとても人気です。

夏休み中、子連れで行ったキャンプ、ママ友のラッシュガードのロキシー率の高さに、驚きました。

可愛い色合わせとデザインが、若い女性からママにも絶大な人気にも納得です!

 

スミス

ゴーグルに一番求めるものは、曇らないこと!ゲレンデは、天候が変わると一瞬で一歩前まで見えなくなります。

そんな時、曇ってしまって怖い思いをしないためです。これは、私が使用した中で、一番曇らなかったゴーグルだと思います。

残念ながら、激しい転倒で破損してしまいました。私には高価なゴーグルなので、只今、購入目標として貯金中なんです!

 

ドラゴン

ドラゴンの球体ゴーグルは、機能性が高い上に、デザインがかっこよく、スノボ上級者が付けています。

つけているだけで、上級者に思われるほどです!

若者や上級者が使用するからなのか!?球体の形がかっこいいからなのか!?(笑)今、とても気になっているメーカーです。

あくまで、私の個人的な意見ですが、この3つが人気メーカーだと思います(笑)

 

サロモン

スキーからスノボに転向した私は、サロモンは、ついつい押さえてしまいます。

昔からある人気メーカーで機能性も抜群!お値段も幅広いため、家族に購入する際には、絶対候補に入れてしまうほどです。

お財布に優しく、機能も充実していて安心できます。

最後になりましたが、愛用しているサロモンは、信頼出来、個人的におすすめです。

 

 

私が買ってよかった!スノーボードゴーグル2選‼

 

SALOMON サロモン FOUR SEVEN フォー セブン

出典: Amazon.co.jp

SALOMON サロモン FOUR SEVEN フォー セブン

感想

私の中の頼れるメーカー!スキーでもお世話になれるゴーグル!スキーにも、スノボにも機能的にマルチに使用できます。デザイン的にも、どちらにも合わせやすく、臨機応変に使用する事ができました。

Salomon創立70周年を記念して作られたFour Sevenなので、高かったけれど、機能的にも個人的に大満足です。

レンズカラーは、オレンジをチョイス!紫外線は100%カットされ、目にも優しく、晴天時、一日中滑っても目に違和感はありません。さすが、サロモン!ゴーグル内の曇りに関しては、曇り止めを使用することで、曇らないのです!

 

おすすめ理由

・可視光線透過率:32%
・UVカット率(紫外線カット率)、100%
・ユニセックス
・レンズカラー MID RED、フレームカラー MID RED
・コーティングマルチレイヤーがぎらつきから目を保護し、眼精疲労を軽減する
・眼鏡の上から装着が可能
・ゴーグル専用袋付属
・解剖学に基づく優れたフィット感と快適さ
・ワイドな視野
・明瞭な視界とグレアの軽減
・スキーとスノボ兼用使用の人にデザイン的にも機能的にもおすすめ

 

SALOMON サロモン JUKE ジューク ジュニア

出典: Amazon.co.jp

SALOMON サロモン JUKE ジューク ジュニア

感想

スキーデビューする子どもに、購入しました。親子でメーカーが同じだと見た目にも統一感が出ていいかな?

という安易な考えで、購入しました。このゴーグルより子どもたちのものが、少しデザインが古いかもしれません!?

やはり、目を守るためにゴーグルをつけさせて良かったです。

教室に入れたのですが、慣れてくると大人以上に怖いもの知らずで、スピードを出して、山に突っ込んでいきました。

顔から突っ込んだので、ゴーグルで目元は守られていて、怪我はありませんでした。

子どもは、何をするかわからないので、ゴーグルは必須だなと、つくづく思いました。

特に子どもは、1回だけのゲレンデでも、ゴーグルは着用をしたほうがいいと実感しました。

安価な物でも、安全性としての効果を発揮してくれるはずです‼

 

おすすめする理由

・実証された性能、信頼性のサロモン
・キッズ向けの高品質フレーム
・どのような光条件下でも性能発揮ミラーレンズ
・初心者の子どもにおすすめ

 

スノーボードゴーグルおすすめランキングベスト3

第3位 Smith Optics Drift雪ゴーグルミネラルwith rc36レンズ

出典: Amazon.co.jp

Smith Optics Drift雪ゴーグルミネラルwith rc36レンズ

 

感想

「ゴーグルの人気ブランド」でも、ご紹介させていただきました、Smith のゴーグルは、2枚合わせになっており、曇ることがないとさえ個人的には思っています。

悪天候の中や北海道や海外の氷点下の温度下で滑る際には、これを使用します。

個人的には、急な天候変化に曇りは厳禁だと思っています。その上で、念には念を入れて、曇り止めペンを持参&スプレーを施しています。

今のところ、曇ったことはありません。

 

おすすめ理由

・クリアなビジョン
・曇り止めレンズテクノロジー
・ウィメンズMフィット面2層
・ヘルメットバッグのゴーグル互換
・裏打ちされたシリコンストラップに、マイクロファイバー
・ゴーグルが曇ることが苦手な人におすすめ

 

第2位 2018 DRAGON X1 REALM/LUMALENS RED ION+LL ROSE ASIAN-FITドラゴンAPX1ゴーグル

出典: Amazon.co.jp

2018 DRAGON X1 REALM/LUMALENS RED ION+LL ROSE ASIAN-FITドラゴンAPX1ゴーグル

 

この商品を使ってみたい理由

これこれ!めちゃめちゃかっこいい――!!

球形のゴーグルとデザイン&カラー、すべてかっこよく、上級者のオーラをかもしだしています。

友達も使っていますが、とても素敵で、遠くにいてもすぐに見つけられます。スノボのために作られたゴーグルだと思います。

機能も、2017年日本人の瞳と日本の悪天候に合わせ透過率とレンズカラーを調整したジャパン仕様が誕生!

外国人と日本人では、骨格が違うため、目の焦点も全く異なってますよね。

そんな視点から開発されたゴーグルだなんて、是非とも一度は使ってみたいです!値段が、結構お高めなため、計画的に購入計画を立てていかないといけません!

 

おすすめ理由

・フレームレス構造の未来型ゴーグル
・最大サイズのレンズで広範囲
・クリアな視界
・100%UVカット
・トリプルレイヤーフェイスフォーム
・完全ヘルメット対応
・アーマーベント
・大きめの顔向け(L SIZE 180×100mm)の人におすすめ

 

第1位 ELECTRIC EGV AF ゴーグル

 

この商品を使ってみたい理由

日本人に合わせた三重構造のフェイスフォームは、フィット感抜群なつけ心地を試してみたいと思いませんか!?

空気の流れを制御した結果、曇りを抑制できることが可能となったようです。

曇り止めで曇らさないのではなく、空気の循環で曇りを取り除く設計がしてあることにも驚きました。

暗すぎないミラーと違和感の少ないグレーカラーのレンズで、目へのストレスも軽減されます。

高性能のゴーグルを使うことで、ノンストレスな使い心地のよさがやめられない理由なのでしょうね。

お値段以上とは、このことです!

 

おすすめ理由

・晴れ・くもり対応レンズ
・人間工学に基づいたフレーム設計
・モールドインジェクテッド加工のポリウレタンフレーム
・100%UVプロテクト
・デュアル平面ポリカーボネイトレンズ
・広範囲の視野を確保する平面レンズ
・くもり止め・傷防止コーディング
・トリプルレイヤーフェイスフォーム
・アジャスター付き40mmストラップ
・ヘルメット対応互換性ストラップ
・マイクロファイバーゴーグルケース付
・今までゴーグルを着けることが苦手だった人におすすめ

 

まとめ

寒い冬が来るまで、少し早いですが、スノーボードには必須のゴーグルを取り上げてみました。

ゴーグルは、目を守る大事な役割を持っています。いきなり高価なゴーグルは、ハードルが高いかもしれません。

しかし、その機能性を知れば、手放せなくなるはずです。

そして、ゴーグルをつける大切さを知れば、もっと高機能なゴーグルが欲しくなるはずです。

もちろん、見た目重視で選んでもかまいません。スノボを楽しむためにも、ゴーグルは不可欠なのです。

自分に合う素敵なゴーグルを選んでみて下さい。

記事内で紹介されている商品

SALOMON サロモン FOUR SEVEN フォー セブン

サイトを見る

SALOMON サロモン JUKE ジューク ジュニア

サイトを見る

Smith Optics Drift雪ゴーグルミネラルwit…

サイトを見る

2018 DRAGON X1 REALM/LUMALENS RED ION+L…

サイトを見る

ELECTRIC EGV AF ゴーグル

サイトを見る

関連記事