卓球カフェで一目置かれよう!?卓球ラケットおすすめ8選

卓球1

皆さん、卓球のマイラケットはお持ちですか?

リオオリンピックで日本人選手が男女そろってメダルを獲得してから、さらに張本選手や伊藤選手、平野選手など10代の若い選手の活躍も目覚ましく、2020年のオリンピックも控え、卓球を始めた人が増えたそうですが、多くの人にとっては、卓球といえば「温泉旅行」というイメージですよね。

そんな卓球ですが、最近は「卓球カフェ」と呼ばれる卓球台が置かれているオシャレなカフェやバーが登場したりと、温泉旅行以外でも卓球を楽しんでいる人が増えているんです。

筆者もマイラケットを持ち、卓球を楽しむひとり。
今日は、そんな「卓球はしてみたいけど、ラケットの選び方が分からない」という卓球初心者の人に、卓球歴10年以上の筆者から、ラケットの選び方や、おすすめラケットをお伝えしたいと思います。

 

初心者でもマイ卓球ラケットって必要?

カフェや旅館では貸し出しもされているので、絶対になければプレーができないというわけではありませんが、慣れたラケットは扱いやすいですし、何より自分の手に合っていないラケットは長く握っていると手が痛くなったりすることもあるので、自分の手に合ったマイラケットでプレーすることをおすすめします。

またスポーツ施設などで練習したいという場合は、貸し出しがないことも多く、マイラケットとボールがなければプレーすることができないので、初心者でもラケットとボールだけは用意しておきましょう。

卓球ラケット2種類のそれぞれの特徴と持ち方

卓球3

ペンホルダー

出っ張っているグリップをペンを握るように持ちます。一般的にはラケットの表側だけににラバーを貼り、片面だけでフォアとバック打ちますが、両面に張ってプレーする選手もいます。

選ぶラケットの形(角形・丸形・角丸型)によってボールにドライブが掛けやすい、細かい技が出しやすいなど特徴があります。

卓球2

シェークハンド

握手する(shake hands)という名の通り、グリップを握手をするように持ちます。両面にラバーを貼るので、フォア・バックの両ハンドでボールを打ち返せるのが特徴で、今使われている主流のラケットとなっています。

 

初心者におすすめなのは、どっちの形?

実際に握ってみて使いやすいと感じる方を選ぶのがいちばんなのですが、あえてどちらかをおすすめするのであれば「シェークハンド」をがおすすめします。

ペンホルダーは手に合わせてホルダーの凸の部分を削ったりしないとうまく握れないことがありますが、シェークハンドはにぎりやすいホルダーの形状なので、初心者でも握りやすく、使いやすいと思います。

 

形を選んだら、次は?「グリップ」と「ラバー」について

形を選んだ次は、さらに「グリップ」の形や「ラバー」を選んでいきましょう。

卓球5

グリップについて

  • シェイクハンド
    いろいろな形のグリップがありますが、初心者が選ぶなら「ストレート(ST)」か「フレア(FL)」がおすすめ。フレアは筆者も愛用していますが、ストレートと比べてグリップが細目なので手の小さい女性におすすめです。

 

  • ペンホルダー

「日本式ペンホルダー」「中国式ペンホルダー」「反転式ペンホルダー」がありますが、中国式や反転式は扱い方が難しいので初心者はオーソドックスな日本式を選ぶようにしましょう。

 

卓球4

ラバーについて

ラケットにはラバーが最初から貼ってある商品と、裸のラケットを購入して自分で選んで貼る商品があります。超初心者で手軽に始めたい方であれば最初から貼ってあるタイプのラケットがおすすめ。

それよりもう一歩こだわりたいという人は、「裏ソフトラバー」「表ソフトラバー」「粒高ラバー」「アンチラバー」の4種類の中から選ぶことになります。

さらにそれぞれ厚みや硬さなどが選べたりしますが、初心者はいちばん打球のクセがなく、ボールをコントロールしやすく回転もかけやすい「裏ソフトラバーの中厚」の中から選ぶのがおすすめです。

 

初心者が一番考慮すべきポイントはここ!

初心者にとっていちばんのポイントは握りやすさ。実際に握ってみてどのタイプのグリップが自分の手に馴染むか確認するようにしましょう。

そして、もうひとつ初心者が考慮すべき点としては「ラバー」。最初から貼ってあるものは手軽に始められる一方で貼り替えができないといデメリットがあります。

ラバーはある程度使うと、ボールが弾みにくくなったり、引っかかりが悪くなったりと交換が必要です。ラケットとラバーを別々に購入すると価格は高くなってしまいますが、おススメセットとしてお店で貼って発送してくれる貼り替えられるセットなどもあるので、その点も考慮して選ぶと良いでしょう。

超初心者の場合はラケットに慣れるために手軽に始められるラバー付の安価なものから始め、ラバーの交換の必要を感じた段階で別々になっている商品を購入するのもおすすめです。

さらにブランド別では、卓球の有名メーカーである「バタフライ」「ニッタク」「TSP」「ヤサカ」製の中から選ぶと良いでしょう。

 

卓球ラケット価格順おすすめランキング

今回は「卓球を趣味から始めたい」という完全に初心者の人におすすめな、安価だけどしっかり使えてコスパの高い「シェイクハンド」「ペンホルダー」ラケットを紹介していきたいと思います。

シェイクハンド編

ニッタク ジャパンオリジナルプラスシェーク1000 NH-5131

出典: Amazon.co.jp

ニッタク ジャパンオリジナルプラスシェーク1000 NH-5131

公式試合でも使え、1,000円以内で購入できる。そして有名メーカー「ニッタク」製ということで、安価に卓球を始めてみたいという方はこちらがおすすめです。

グリップの形状が「フレア」で手の小さ目な方にも握りやすく、重量も軽いラケットなのでどちらかというと女性向けです。ラバーはクセのない「裏ソフトラバー」が貼られています。

 

TSP ジャイアントプラス 160S

メーカーはTSP製の初心者用モデルです。ニッタクと同じく、ラバーは「裏ソフトラバー」。ラケットが重めなので女性にはおすすめしませんが、男性で攻撃的な威力のあるボールを打ちたい、重さがあったほうが扱いやすいという人にはおすすめなモデルです。

 

バタフライ 卓球 ラバーばりラケット 福原愛 2000

出典: Amazon.co.jp

バタフライ 卓球 ラバーばりラケット 福原愛 2000

赤色のグリップに福原愛さんの名前「AI」と印字されたプレートが入っているモデルです。福原愛さんのファンの方には持っているとモチベーションがアップしそうなラケットですね。

有名メーカー、バタフライ製の初心者向けラケットという点でもおすすめです。ちなみに水谷選手バージョンもあるので、こちらは女性向けに作られているモデルかなと思います。

 

バタフライ ステイヤー 3000

カッコいいグリップデザインが目を惹くラケットです。デザインだけでなく、こちらも有名メーカー、バタフライ製なので品質も確か。

貼りあがりモデルのラケットの中では高価なほうになりますが、そのぶんラバーやラケットの木の厚みがあります。その分重さもあるので、威力のあるボールを打ちたい男性におすすめです。

 

ニッタク卓球 ラケット ラバー 貼り合わせセット リーブスFL+ジャミン NE6990

出典: Amazon.co.jp

ニッタク卓球 ラケット ラバー 貼り合わせセット リーブスFL+ジャミン NE6990

オールラウンド用のラケットに、「裏ソフトラバー」が貼られているモデルです。こちらは、貼りあがりモデルではないので、ラバーだけ交換することが可能です。

その分、少しお値段は張りますが、ラバーだけ交換しながら長く続けたいという人や、貼りあがりモデルよりもワンランク上のラケットで始めたい人におすすめです。

 

ペンホルダー編

ニッタク 卓球 ラケット ジャパンオリジナルプラスペン 1200

出典: Amazon.co.jp

ニッタク 卓球 ラケット ジャパンオリジナルプラスペン 1200

公式試合でも使用できるラケットで初心者が扱いやすい「裏ソフトラバー」が貼られているモデルです。裏面にコルクが貼られていない分、安価になっています。

安価にとりあえずペンホルダータイプのラケットを試してみたいという方におススメ。

 

ニッタク 卓球 ラケット ジャパンオリジナルプラスペン 2000

出典: Amazon.co.jp

ニッタク 卓球 ラケット ジャパンオリジナルプラスペン 2000

おなじくニッタクのジャパンオリジナルシリーズからの上位モデルの商品です。価格が高い分同じ「裏ソフトラバー」でも、ラバーの厚くなっています。

また、裏面には半円天然コルクが貼られているので、より扱いやすくなっています。個人的には裏面のコルクはあったほうが手が滑らず楽なので数百円の違いであればこちらをおすすめしたいです。

 

バタフライ 卓球 ラバーばりラケット 日本式ペン センコー2000

出典: Amazon.co.jp

バタフライ 卓球 ラバーばりラケット 日本式ペン センコー2000

バタフライの初心者用モデルです。特徴としては、この価格帯では「合板」が多い中、珍しい「単板」ラケットである点。打った感じが柔らかく、ボールの弾みが良く感じられます。

「合板」と「単板」どちらが優れているというわけではないので、打った感じの好みで選ぶと良いでしょう。

 

卓球ラケットの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、卓球ラケットの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まとめ

いかがでしたか?価格順におススメラケットをご紹介しましたが「貼りあがりモデル」は基本的に安価に趣味で卓球を始めたい初心者の人向けに作られているモデルなので、大手メーカーの商品であれば、どれを選んでも性能としては大きな差はありません。

迷ったら、グリップの太さやデザインで選ぶのも良いと思います。ぜひ愛着のもてるマイラケットで卓球を楽しんでくださいね。

記事内で紹介されている商品

ニッタク ジャパンオリジナルプラスシェー…

サイトを見る

TSP ジャイアントプラス 160S

サイトを見る

バタフライ 卓球 ラバーばりラケット 福原…

サイトを見る

バタフライ ステイヤー 3000

サイトを見る

ニッタク卓球 ラケット ラバー 貼り合わせ…

サイトを見る

ニッタク 卓球 ラケット ジャパンオリジナ…

サイトを見る

ニッタク 卓球 ラケット ジャパンオリジナ…

サイトを見る

バタフライ 卓球 ラバーばりラケット 日本…

サイトを見る

関連記事