わたし自宅で筋トレしてます!ベンチプレスおすすめ8選

ジムで筋トレ派?自宅で筋トレ派?どちらも効果を出すのは持続の問題!

私はダイエットから筋トレにはまり、今や自宅の一室にベンチプレスを設置しているのです。
以前はスポーツジムに通っていましたが、天候不順だと行きたくないし、一回休み癖がつくと再開するタイミングがつかめず、ついには行かなくなったりしました。

それにトレーニング時間も自分が訓練したくなる真夜中や時間が空く早朝などは、閉店時間。加えて、スポーツジムだと人の目が気になって仕方ないという点も悩みだったので、思い切って自宅用ベンチプレスを購入したのです。

自宅で筋トレしていると限られたことしか出来ないので飽きると言われたのですが、実際自宅でベンチプレスを利用して筋トレすると、一人でやることが性に合っているらしく、意外なことにトレーニング時間が多くなり、毎朝起きるとまずはベンチプレスへという行動になったのです。

トレーニング内容は数種類に限られていますが、スポーツジムと比べても決して少なくはなく、筋トレするには不都合はありませんでした。飽きてきたらスポーツジムにモチベーションをあげにいけばいいことですしね。

あとは持続の問題!ジムでも自宅でも持続力さえあれば、目的に沿った体は作られるのです。

 

知っておきたい、ベンチプレスの構成

ベンチプレスをする人

ダンベルシャフト

手軽にできるダンベルの、手でつかむ金属の棒のことをダンベルシャフトと呼びます。

 

バーベルシャフト

重量上げのバーベルの、手で持ち上げる金属の棒のことをバーベルシャフトと呼び、ベンチプレスにこのベーベルシャフト置きが付いているものと、付いていないものがあります。

安全面を考え、絶対付いているベンチプレスを選んでください。
ベンチプレスに「バーベルシャフト」と「オモリ」がセット売りされているのもありますが、通常はベンチプレスのみ販売が多いので、必要になったら別途「バーベルシャフト」と「オモリ」を購入という手順を踏んでいきます。

 

プレート

バーベルシャフトに付ける丸いオモリのこと。

種類は「鉄」と「鉄にカバーがあるもの」があります。自宅の床を傷つけたくない場合はカバー付を選ぶのが正解です。初心者は50~100KGセットものがお勧め。「IROTEC ラバー バーベル ダンベル 50KG セット」ならば、プレート1.25KG×4枚、プレート2.5KG×4枚、プレート5KG×4枚がセットになっている、まさにスターターキットです。

初心者は軽いものから開始し、最終的には自分の体重を上げられるのがベスト。いきなり重いものにトライして体を壊さずよう気をつけてください。

 

セーフティーバー

大抵のトレーニングジムにはあるのですが、ベンチプレスの横にハードルのようなものが置かれています。それがセーフティーバー。

自宅で使うベンチプレスには一体型となっているものが多いようです。どういう役割があるのかというと、バーベルを持ち上げて定位置に戻す、力尽きて戻せないときにこのセーフティーバーがクッションとなり、事故を未然に防いでくれるのです。

 

ベンチ台

文字通りベンチのことで、ここに座りながら、横になりながら、バーベル上げや腹筋トレーニングなどをします。

ベンチプレスをするだけならフラット(水平)ベンチだけで十分ですが、他の種目にも使うのなら角度調整ができるベンチ(アジャスタブルベンチ)を選んだ方が幅広くトレーニングできます。

 

ベンチプレスでどの筋トレ種目ができるのか…

自宅用ベンチプレス

ベンチプレスは大胸筋・上腕三頭筋をメインとして、体筋といわれる腹筋・背筋を鍛えられます。
さらに、バーベルシャフトを揃えると、スクワットやバックスクワットまで追加でき、大腿四頭筋やハムストリングス、大臀筋を鍛えらます。

器具を利用しないでもベンチ台に仰向けに寝て、足を自転車を漕ぐように回したり、頭に手を付けて起き上がったり様々な部位を鍛えることが出来るのです。

 

ベンチプレスのタイプは2つある

筋肉質な男性

ナロータイプ

省スペースタイプで、狭い自宅においてもスペースを取られないのが最大の利点。狭い部屋でも一時だけ使える軽い重量の折りたたみ式もあり女性でも手軽に持ち運びができます。しかし、バーベルを持ち上げるときにシーソーのようになってしまい安定感がないのが欠点です。

 

ワイドタイプ

しっかりとした作りでナロータイプと比べて50cm程度広くなり、男性が使っても不自由ない大きさです。安定感も増すので気持ちよく筋トレができます。

 

おすすめ自宅用ベンチプレスランキング

ホームビルダーセット キングofベンチ+ダンベル/バーベル 100kgセット


必要なものはセットになっています。バーベルも100kgあるので買い足す必要なし!ただしバーベルプレートがむき出しなので、下に敷物が必要です。

 

ファイティングロード キングスセット


こちらもセットものでバーベルプレートにカバーがついているので床への傷の心配も下がります。

 

IROTEC ストレングスセットR100


セイフティラックが横に設置できるので安全・安心してトレーニングが出来ます。

 

IROTEC NEWマルチホームジムDX150 ポンドタイプV2/ベンチプレス

バーベルの代わりに、ケーブルクランチを引っ張って鍛えるもので、バーベルより女性にはとっかかりしやすいトレーニング機器です。

 

ROTEC マスキュラーセットR140 / ダンベル バーベル ベンチプレス パワーラック


予算とスペースがあったら選びたい商品。値段は張りますが本格的仕様で、安全面も配慮され、かつ様々な種類のトレーニングを自宅でできる商品です。

 

フラットベンチ ダンベル トレーニング

幅約385mm×長さ約1,050mm×高さ約430mm/重量:約11kgでガッチリした造りですが、簡単に折りたたみが出来るので、スペースをとらないのが利点。耐荷重300kg なので男性にも十分対応できます。( 耐荷重300kgというのは、自分の体重+機器の重さです)

 

IROTEC ハイパーフォールディング ベンチプレス台


プレスベンチが斜めに傾けられたり、ダンベル置きがついていて複数の筋トレができる。サイズは幅約530mm×長さ約1,200mm×高さ約760-910mmで折りたたみ式。しかし重量が23kgあるので女性よりは男性向きだと言えます。

 

ファイティングロード ベンチマット

機器の下に必ず敷きたいマット。これを敷くだけでも物音や傷防止になります。

 

KIROLAK ラック シャフト バー

どんなバーベルでも素早くつけられるスクワットパッドです。筋トレメニューを一種類増やしていきませんか。

 

まとめ

ベンチプレス購入にあたっては、自分の求める「大きさ」「重さ」「長さ」「音の振動」「筋トレの種類」様々な条件を念頭において、クリアするものを選んでいくのが正解です。筋トレは持続力があれば体が序々に変わってきます。是非自宅でも、持続して筋トレに励んでください!

記事内で紹介されている商品

ホームビルダーセット  キングofベンチ+…

サイトを見る

ファイティングロード キングスセット

サイトを見る

IROTEC ストレングスセットR100

サイトを見る

IROTEC NEWマルチホームジムDX150 ポンド…

サイトを見る

ROTEC マスキュラーセットR140 / ダンベル…

サイトを見る

フラットベンチ ダンベル トレーニング

サイトを見る

IROTEC ハイパーフォールディング ベンチ…

サイトを見る

ファイティングロード ベンチマット

サイトを見る

KIROLAK ラック シャフト バー

サイトを見る

関連記事