コスメインスタグラマーが教える!プチプラチークはのおすすめランキングTOP8!

チークは顔の印象を左右する重要なコスメ。可愛らしさや大人っぽさを演出するだけでなく、ポッと火照ったような色っぽさを表現することもできます。

色の選び方によって表情が変わるので、できれば複数のカラーを上手く使い分けたいですよね。ただし、コスメは1つ1つにお金がかかる…。だからこそ!プチプラチークを上手く活用していけば、賢くお得にメイクできちゃいます!

 

カラーで変わる、旬顔の印象

【ピンク系】

まずは王道のピンク。どんなシーンにも使用でき、万人ウケするカラーです。

青みのピンクは可愛らしい可憐な印象を与え、黄みのコーラルピンクは肌馴染みが良く華やかで明るくなります。

迷ったらまずはピンクから!

 

【オレンジ系】

健康的でヘルシーな印象を与えるオレンジ。春夏は特に、フレッシュな印象を与えられるのでgood!カジュアルなファッションが好きな方は、こなれ感も出るのでオススメです。

オレンジも1つ持っておくと便利♪

 

【レッド系】

内側からじゅわっと発色したような血色感を表現できるレッド。チーク自体の色味を見ると濃く感じてしまうかもしれませんが、実際に肌にのせると意外と肌馴染みが良いのがレッドの特徴です!!

顔色を良く見せたい時や、艶っぽいメイクをした時に合わせるのもオススメです。

 

【ブラウン、ベージュ系】

輪郭を引き締め、シックな表情を演出できるブラウンやベージュ。大人っぽいメイクをしたい日はマストです。チークのカラーを控えめにすることで、アイメイクやリップメイクを目立たせることができるため、洗練された大人な魅力を表現できます!

 

テクスチャーの違いでも印象はぐっと変わる!

最近は、パウダータイプのチークだけでなく、クリームタイプやリキッドタイプも増えてきました。

どれを選んだら良いか分からない…。という方も多いと思いますので、それぞれについて解説していきます!

 

【パウダータイプ】

定番のパウダータイプです。ブラシやパフを使って色をのせるチークになります。

パウダーはふんわりと柔らかな使い心地で、仕上がりも正にその通り。濃さの調整もしやすいメリットがあります。

一方で、色持ちはやや悪く、乾燥肌の方にはややパサついてしまうというデメリットがあります。

 

【クリームタイプ】

最近増えつつあるクリームタイプのチーク。指で取って、ポンポンと馴染ませて使用するため、ブラシが不要な点は嬉しいですね。ケースから粉飛びが無いので、持ち歩きにも便利です。

密着度も高く、カラーが持続するので人気を集めています。

慣れるまでは量の調整が難しいというデメリットがあります。

 

【リキッドタイプ】

クリームタイプをもっと柔らかにしたリキッドタイプ。マニキュアのようなボトルに入ったものや、クッションタイプなどが挙げられます。

みずみずしい仕上がりになり、艶っぽいメイクをしたい方に相性が良いです。

クリームタイプと同じく、量の調整が難しいという点がデメリットになります。

 

【ウォータータイプ】

クリアなカラーのウォータータイプ。マニキュアのようなボトルに入ったものが主流ですね。水のようにサラサラのつけ心地なので、クリームタイプが苦手な方にもオススメです。

内側からじゅわっと発色したような自然な色付きを楽しむことができます。

デメリットは、重ね塗りしないと発色が弱いという点です。

 

自分の肌に合ったカラー選びを教えて!

意外と難しい、チークのカラー選び。気に入って購入したはずなのに、なぜか色浮きしてしまう…。そんな経験を持っている方も少なくはないはずです。

そんな悩みを解消すべく、今回は失敗しない色選びのコツを伝授します!

 

オススメカラーに惑わされてはいけない!

コスメには必ずと言っていいほど「人気カラー」というものが存在します。しかし、人気だからと言って全ての人に似合うわけではありません。それぞれの人に合った似合うカラーが存在するので、人気だからという理由だけで購入するのは辞めましょう!

 

イエベ、ブルベを知るとカラーが選びやすくなる!

人間が持つ、肌の色や髪の色などの色素によって「イエローベース」と「ブルーベース」に分類することができます。本来はプロに診ていただくのが一番ですが、時間もお金も掛かります。

厳密なものではありませんが、インターネットで手軽に調べることもできますのでぜひ「パーソナルカラー診断」と検索してみてください!自分がどちらに分類されるのか知ることができると、カラー選びはグッと楽になります。

 

【イエベカラー】

基本的には黄みを帯びた色を選ぶと肌の馴染みが良いです。

オレンジや、コーラルピンクは鉄板カラーになります。ブラウンやベージュも、赤みの強いものを避けると肌浮きすることなく使えますよ♪

パール感やツヤ感のあるチークもオススメです!

 

【ブルベカラー】

青み、赤みのあるカラーを選びましょう。

青みピンクはよく似合います。オレンジは浮いてしまうことがあるので注意が必要です。赤みのある温かいブラウンやピンクベージュなども肌馴染みが良いです♪

マットな質感のチークがオススメです!


プチプラコスメで優秀なブランドをご紹介

失敗なし?!のオススメのプチプラチークのブランドを独断で紹介させていただきます!

【ヴィセ】

パウダーチークもクリームチークも本当に優秀で驚きました!使い心地も、絶妙なカラーバリエーションも素晴らしいの一言。

コスメ好きなら、ヴィセのチークを持っていない方の方が少ないのでは?と思ってしまうほどの人気ぶりです。

 

【レブロン】

パウダーチークは特に、プチプラとは思えないほどの素晴らしいです。

粉質が細やかで、ふわっと柔らかい質感でありながら発色もとても良いです。

個人的に、パウダーチークはレブロンが一番優秀かと思います。

 

プチプラチークのおすすめランキング TOP8!

第1位 パーフェクトリーナチュラルブラッシュ(レブロン)

出典: Amazon.co.jp

パーフェクトリーナチュラルブラッシュ

とにかくプチプラと思えないほどの仕上がりの良さです!高発色でふんわり柔らかな色付きに、ほんのりと輝くパール感。上品なパウダーチーク。

カラー展開も絶妙で、きっとお気に入りが見付かると思います。ブラシ&ミラー付きもありがたいですね。

 

第2位 マットパウダーブラッシュ(レブロン)

第1位と同じく、レブロンのパウダーチーク。こちらはマットタイプになります!

使用感は全く同じで素晴らしいです♪パールなしでマットな使用感のため、より柔らかな使用感が好みの方にはこちらがオススメです!

 

第3位 リシェ フォギーオンチークス(ヴィセ)

ヌーディで垢抜けたカラー展開のこちらのパウダーチーク。発色も素晴らしく、細かなパール感で透明感ある美しい仕上がりになります!

チークの色浮きが気になる方には特にオススメのチークです。

ケースがコンパクトで、ブラシが下段に収納されているという点もユニークで良いなと思います。

 

第4位 リップ&チーク クリーム(ヴィセ)

ヴィセのクリームタイプのチークです!リップにも使用できるという優れものなので、ポーチに1つ入れておくと化粧直しの際に便利です♪

カラー展開が豊富で、肌馴染みも良いため、クリームチーク初心者さんにもオススメしたいチークです。自然な血色感も出るので使い勝手が良いです!

 

第5位 ナチュラルチークN(セザンヌ)

360円(税抜)でこの発色。コスパ最強のチークです。ピンク系やオレンジ系を中心に、カラー展開も豊富なため、普段使い用に特にオススメしたいです。

ケース自体もコンパクトで軽いので持ち運びのも便利!

 

第6位 グロウフルールチークス(キャンメイク)

思わず見惚れてしまう見た目の可愛さだけでなく、使用感も素晴らしいです!

複数のカラーが混ざり合って配置されているため、より自然な発色を生みます。サラサラの粉質で、崩れにくい点も嬉しいですね。

 

第7位 スキニーリッチチーク(エクセル)

見たままの美しい高発色と持続性の高さ。滑らかな質感で肌への密着度もとても良いです。

クリームチークのようにしっとりとした使用感なので、乾燥肌の方にもオススメ。艶っぽさも出るので、クリームチークの使用感が好きな方にも使いやすいパウダーチークです!

 

第8位 パウダーチークス(キャンメイク)

出典: Amazon.co.jp

パウダーチークス

他のメーカーには無いようなカラー展開が、コスメ好きさんの心をくすぐるパウダーチークです。発色が良く、ふわっとした質感で気持ちよく付けられます!

イエローやプラムなどのカラーは、プチプラではなかなか手に入らないので嬉しいですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?チークのカラー選びの参考になれば幸いです。また、今回紹介したプチプラチークは自信を持ってオススメしますので、ぜひ一度手に取ってみてくださいね♪

華やかなチークでメイクを楽しみましょう!

記事内で紹介されている商品

パーフェクトリーナチュラルブラッシュ

サイトを見る

マットパウダーブラッシュ

サイトを見る

リシェ フォギーオンチークス

サイトを見る

リップ&チーク クリーム

サイトを見る

ナチュラルチークN

サイトを見る

グロウフルールチークス

サイトを見る

スキニーリッチチーク

サイトを見る

パウダーチークス

サイトを見る

関連記事