乾燥する季節に重宝!おすすめかかとクリーム5選

すっかり寒くなり肌も乾燥がとまりませんよね。特に乾燥するのは「かかと」見えない季節だからといってほったらかしにしていませんか?乾燥肌で冬の乾燥に悩む私が、たくさんのかかとケア商品を使ってきて、とてもすべすべになったおすすめかかとクリームをご紹介します。

 

かかとの角質がカサカサ、ひび割れは女として恥ずかしい。

かかとクリーム

冬だからと言ってかかとケアを放って置くのは女として危険です。カサカサ、ガサガサのかかとは、ストッキングの伝線を後ろ足首から起こしやすくなります。タイツにいたってもかかとのコンディションが悪いとかかとから破れやすくなり忙しい朝も履きにくいです。破れたものをコンビニで買いなおしても、ひどい人ではまた破れてしまうということにもなりかねません。

しかも、冬の次は春です。春になればサンダル、ミュールで素足の季節がやってきてその時にあわててケアをしても時間ばかりかかり、冬のうちに溜まった硬い角質を綺麗にすぐ取り除くことは難しいです。

それから、これは私の経験ですが、ダイエットをしようと思ってスポーツジムに入会したとします。女性であれば、人気はヨガですよね。ヨガは素足でするものですし、足の裏が目立つヨガポーズは、たくさんありますし、インストラクターさんが足を持ってポーズを直してくれることもあります。かかとがガサガサひび割れではとても恥ずかしく、きちんとポーズも気になってとれません。

冬の旅行は温泉が主になりますし、意外に後ろ姿のかかとは他人のものでも目に入りますよね。ケアしている人としていない人の差が歴然と出るパーツでもあります。

 

かかとの角質のケアの頻度は?

かかとクリーム

私は、コスメライターとしてたくさんの商品を使わせていただいております。特にこの季節はたくさん商品を使うので使えば使うだけコンディションがいいなという気がしています。

かかとの角質のタイプによってちがいますが、ひび割れするくらいカチカチの方は、まず、角質を取るケア用品を週1から2で使いながら、毎日しっかりかかとケアクリームを塗ることが必要だと思います。それと1つ注意点がありまして、かかとの角質がひび割れるほどひどい方は、かかと水虫の可能性があります。ケアをしているのに改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。

今は、ブーツを履くので女性にも水虫がこの季節増えることもあるようです。水虫の治療は、水虫用の塗るお薬を一定期間使うだけで良いそうです。治療が終了するとかかとが綺麗に戻る人もいるので、水虫のことも頭に入れておいてください。

それから、カサカサ程度の方やかかとツルツルの方も冬は乾燥をしますので、お風呂上がりの角質が柔らかくなっている時間に、毎日かかとクリームでケアをすると、効果的だとか。

 

おすすめかかとクリームランキング

かかとクリーム

かかとケアにはいろいろなタイプのものがあります。今の時期ですと保湿の観点からクリームが特におすすめです。私が今までに使ってみて「これいいな」と思ったかかとクリームをランキング形式でご紹介します。

 

1位 かかとにうっとりするくりーむ

最近1番私が気に入っているのが、かかとうっとりするくりーむです。名前が可愛いなと思い使ってみましたが、かなりつるつるになります。無香料・無着色の天然成分100%です。

クリームはコクがありますが、そこまでべたべたせずハンドクリームのような感触です。塗っているうちに角質自体が柔らかくなってきた感じがしますね。うるおい度が高いと思います。

使い心地がいいこととかかとの乾燥改善に実力を感じるので1位にしました。癖がないので使いやすいクリームだと思います。

 

2位 かかとつるつるクリーム

お風呂上りの柔らかい皮膚にかかとクリームを塗るだけで、角質を柔らかくしお肌に潤いを与えてくれると人気のものですが、これは温泉宿で扱っていることがとても多いです。特に九州の温泉で脱衣室の化粧台で宣伝紹介をしていることが多く、そこで温泉から上がった後に使ったところすごくすべすべになりまして、自分のお土産に売店で買ったほどです。

天然保湿成分の尿素と海洋性コラーゲンの2つの成分が皮膚の水分、油分を補い柔軟性を保つものです。とても濃くてどちらかというとべたべたしますので、塗った後は手を洗わないと気持ちが悪いですが、その分かかとクリームとしては有能です。

私のように温泉で知る人が結構多いと思います。私の友人も温泉でたまたま見つけて買ったという人もたくさんいます。使うとすぐ良さを感じるクリームなのかもしれないです。膝肘のかさつきにもいいです。

 

3位 サロンフット 集中ケアスティック

かかとの角質を削ることのできるサロンフット電動角質リムーバーと併用して使うとさらに効果的です。ドラックストアにも置いてあります。繰り出しタイプのスティックなので手が汚れません。直接、蓋をあけて塗るタイプです。固形のバーム状ですね。

実際は手が触れることはないですが、触ってみるとべたべた感は強いです。だからこそ、手に触れずケアできる賢いかかとケア商品だと思います。

 

4位 第一三共ヘルスケア ロコベースリペアかかとケアバーム

出典: Amazon.co.jp

第一三共ヘルスケア ロコベースリペアかかとケアバーム

手が切れて痛くなるほどのひどい手荒れにも人気のハンドクリームで有名の露庫ベースのかかとケアバームです。赤ちゃんにも安心な香料・着色料・防腐剤無添加の製品で長年親しまれているシリーズに、さらにかかとケアに特化した商品として発売されました。

こちらは、クリームではなくバーム状になっています。手に使う商品よりべたつかず使いやすいなと思いました。もちろん、潤い感はさすが、ロコベースしっかりあります。

私の小学5年生の末っ子も乾燥肌で手足がカサカサになります。子供にも安心なロコベースはこどもにも長年使っています。今までは、手に使っているものをかかとにも使っていましたが、こちらを知って手足は別々なロコベースを使っています。

 

5位 ユースキンA かかとケアセット

ユースキンAは指定医薬部外品です。医学部外品とは国が効能を認めた商品ということになります。ひび・あかぎれ・しもやけなど、ひどい手荒れやかかと荒れ用のクリームとして長年愛されてきたクリームです。

4つの有効成分(ビタミンE、グリチルレチン酸、dl-カンフル、グリセリン)と2つのうるおい成分(ヒアルロン酸ナトリウム、ビタミンC)により、水分が保たれたやわらかな肌に導くクリームです。クリームだけでも売っていますが、「ユースキンAかかとケアセット」には、かかと靴下が付いています。

かかとケアについてのアドバイスで今まで聞いてきたのが、靴下を履くことです。素足でいるとどんどん乾燥してしまうので、日頃から家でも靴下を履くことはかかとにもとってもいいようです。

ただ、蒸れてしまうこともあり不快感がある人もいるのでこの商品は指の部分があいていてかかとのみケアできる通気性の良いソックス付でさらに効果が期待できます。マッサージのやり方もついている足のケアにとことんこだわったセットです。

 

まとめ

かかとケアこそ冬にするべきです。素足になる確率の多い春夏秋ではせっかくクリームを塗っても裸足でいることが多いため寝る前にケアすることになりますし、かかとクリームは濃い質感の物が多いので汗と一緒になるとあまり好ましいものではありません。

お風呂上りが一番効果が高いので、入浴後かかとクリームをしっかり塗って靴下を履いて保護し履いて寝るのも効果が高いです。それから、日中も靴下やタイツを履く場合はうすく塗って日中もケアするとなお良しです。

かかとケアは角質を削ってからのほうがツルツルにはなりやすいのですが、冬の肌は乾燥しているので敏感にもなりやすいです。まずは、かかとクリームを使って様子をみながら、かかとが柔らかく改善してからかかとの角質のケアをしたほうが肌に負担なく綺麗になります。

この他にも、たくさんの商品が発売されていますので、コスメサイトやネットの口コミも参考にしながらマイベストなかかとクリームをぜひ探してみてくださいね。

記事内で紹介されている商品

かかとにうっとりするくりーむ

サイトを見る

かかとつるつるクリーム

サイトを見る

サロンフット 集中ケアスティック

サイトを見る

第一三共ヘルスケア ロコベースリペアかか…

サイトを見る

ユースキンA かかとケアセット

サイトを見る

関連記事