買いたいものを検索してください

男女別の使い方は?しっかり深剃りできる!T字カミソリおすすめランキング!

子供の頃の私の T字カミソリのイメージは、外国映画でもじゃもじゃのおじさんがヒゲを剃っているという感じでしたね。でも、実際に大人になったら、男女ともにT字カミソリって使うもんなんだなとだんだんわかってきました。男性であれば、ヒゲの処理ということになりますが、電気シェイバーの方が早く楽だからと愛用されている方も多いかなと思います。

でもT字カミソリで剃ったほうが確実につるつるにはなることは、後でお話しするとして、女性の場合は主に体毛処理に使うことが多いと思います。そう薄着の季節のムダ毛処理ですね。でも、少し前までは除毛クリームやワックスなどを使っている女性の方が多くカミソリ派は、少なくなっていたように思います。

たぶん、チクチク感と剃り後がわかりやすいので避ける女性が多かったのかなと思います。でも、今は自宅ではムダ毛をカミソリで剃ったあとに使う光脱毛機器が流行したり、女性用に肌に優しく綺麗に剃れる物が増えきて、T字カミソリがまた人気になっています。

 

T字カミソリの魅力

T字カミソリというのは、見た目が英語のTのようになっているカミソリのことです。Tになることによって平行に肌を滑らせることがきできるし力加減が調節しやすいので、剃りやすく安全というのが特徴です。

宿泊施設の無料で置いてあるアメニティーのような簡易な商品から、刃の枚数が多く深剃りできるものまであります。どのような点で魅力的なのでしょうか。男女別にT字カミソリを使うことの魅力についてお話します。

 

男性は面接やデートの時におすすめ!

男性は、ヒゲを剃る習慣がありますよね。できれば、つるつるにすっきりと仕上げないものだと思います。電気シェイバーの場合は、深剃りできる商品もありますが、基本的に手軽さと時間短縮を主に作られた商品です。よく電気シェイバーの後に剃り残しがどうしてもあるという方もいるのは、綺麗に剃るということよりは早く手軽に剃れるということで商品開発が進んだものだからです。

床屋さんなどで考えてみるとわかりやすいと思うのですが、電気シェイバーの他にもモミアゲな刈り上げにも使います。刈り上げする場合に床屋さんも使いますよね。その時なツルツルにはなりませんよね。ヒゲ剃り用の電気シェイバーの場合は、もちろんもっと深く剃れるのものではありますがヒゲは表面に出ているものをカットするような仕組みです。T字の場合は、刃を使って丁寧にヒゲを剃ることになりますので、まず自分で加減ができます。

皮膚を引っ張るようにして皮膚とヒゲの隙間を剃っていくのでぎりぎりまでヒゲを剃れます。電気シェイバーの後の肌は少しザラっとした感じになりTカミソリでそるとつるんとした肌触りになります。ヒゲを剃ることは清潔感にもつながりますし、女性の中には男性のヒゲが濃い人が苦手な人もわりと多めであることも事実です。たぶん男性を感じるので危険を本能で感じて苦手だということもあるのだと思います。

就職活動などでも清潔感がある同性に好かれるつるつるな肌の男性のほうが好まれる職業もあると思います。もちろんヒゲが濃いから落としましたなんていうことはないですが、営業マンや接客業なら向き不向きが見た目でもあるのは確かだということはみなさんもお気づきだと思います。

ヒゲは男性の象徴ではありますが、時には男っぽさを消したほうがいい場合もあります。大事な日やさらにいい男で1日を過ごしたい日はT字カミソリを使うといつもよりすっきりして、深剃りにより伸びる早さも少し遅くなるので夕方に青く頬がなってしまうということも緩和できます。

 

女性のおうちでの光脱毛前にはT字カミソリは必須!

女性の場合は、主にボディケアとしてT字カミソリを使いますよね。お顔はナイフタイプが多いと思います。もちろんT字カミソリをお顔に使われる方もいるとは思いますが、女性の場合お顔が小さいのと眉などを整えることも考えるとT字はお口周りのうぶ毛が気になる10代の女の子が危なくないように使うくらいかなと思います。

もっと安全なものはうぶ毛用の電動シェイバーのようなものだとカミソリに慣れていないお若い女性の方には向いてるかなと思います。以前は、ボディをカミソリで剃るのはタブーと見られがちでした。なぜなら、チクチクと伸びてきたときに肌感がよくないとかポツポツと毛穴が見えて恥ずかしいということだったと思います。

でも今は、無理にワックスや毛抜きを使って毛を引き抜いたりするのは肌に負担をかけやすいということや、除毛クリームなども便利なのですが毎回使っているとコスト面でもかかるということで、T字カミソリが見直されてきています。

とくに自宅で使う光脱毛という光でムダ毛を処理するような商品の価格がずいぶんと下がりまして、まずT字カミソリで毛を剃ってから残った毛根を光で焼くと見た目も触った感じもつるつるになるので美容意識の高い女性の間でT字カミソリは、必須になっています。

それから、さまざまな方法で除毛をして、だんだんムダ毛が伸びてきたときはもう一回フルに除毛する必要はないですよね。髪が伸びてプリンになってしまうヘアカラーのリタッチと同じ考え方ですが、ムダ毛も生えたところだけ処理をすればいいというわけです。

ムダ毛が生えっぱなしの女性というのは、まずお手入れをしたい方にはいないと思うので、少し伸びてきたなとか気になってきたところだけカミソリで処理をするという形を取ると、肌にも負担なくそして楽です。とくにワキなどは、毛抜きなども使われる方も多いかと思いますが、抜き忘れもありますので時々カミソリをあてて処理をしていくと、さらに綺麗な除毛ができます。

T字カミソリだけ使うというイメージでなく何かの除毛アイテムとプラスして使うようにするとチクチク感も感じにくくなり便利で手間もない除毛ができます。

 

基本的には男女どちらを使っても可

売り場を見てもらうとわかるようにほとんどの場合、カミソリとして一緒に置いてあるというよりは、男性用コーナーに男性用カミソリ、女性用コーナーに女性用カミソリが置いてありますよね。1番の違いはデザインかなと思います。もちろんカミソリとして一緒に置いてあるお店もありますが、たぶん男性にとってはなんともないものでも、カミソリを買うってちょっと女性にとってはなんとなく恥ずかしいんですよね。

除毛をするというのは女性が主なんですけど、男性にあまり見られたくない買い物ですよね。男性は、主にヒゲ用女性は主にボディ用としてT字カミソリは販売されていますが、カミソリなので男性が女性用と使っても女性が男性用を使っても構いません。

肌が弱い男性の場合は、女性用のカミソリは基本的に肌に優しいつくりになっているのでおすすめです。それから、女性の方も体毛が濃い方やしっかりと深剃りしたい方は男性用を使うのもおすすめです。刃の数が多いものなど、濃いヒゲの方対応の商品も多いので綺麗につるつるに剃れることと、刃が長持ちしたり替え刃が充実しています。現代は男女区別なく自分の好みで商品を選ぶ時代になっています。

実店舗だととくに男性は女性用のコーナーで買うのは恥ずかしいと思いますが、ネットだと気軽に買えますよね。ネット通販が当たり前になった今は、好みの商品を男女区別なく選ぶことが自由になっています。

 

T字カミソリの種類

T字カミソリといってもさまざまな種類が販売されています。男性向けの商品は以前からあるTの形の商品がいまだ人気ですが、女性の場合はボディに使う方向けに少し大きく丸みを帯びて持ちやすくしっかりしたグリップの商品も多く登場しています。まずはT字カミソリの種類について触れてみます。

 

手動式

こちらが1番多いタイプのT字カミソリですね。昔から手軽に手に入るものがこちらです。手動というよりは、ただのT字カミソリというかんじでしょうか。

ただ、昔のように細く小さいTの形ではなく、人間工学などに基づいて手に持ちやすく滑りにくい形やヘッドの部分のメーカーによって微妙に違ってきています。体のまるみに合わせてヘッドが動くものなどが今は主流だと思います。

 

電動式

それから電池を入れて動く電動式のT字カミソリがあります。振動を与えながら剃るのでまずは、少し電気シェイバーのような感じですね。振動で剃っていくので肌に負担は手動式より少ないです。

ただ、少しお値段が高めですね。それから電池も切れると使えなくなるのでメンテナンスも必要です。手動式よりも安全で怪我をしにくいのでカミソリが苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

 

人気のT字カミソリ販売メーカーは?

カミソリを主に扱っているメーカーは、ジレットやシック、貝印などがあります。カミソリは、長く日本人に愛用されているので有名カミソリ販売メーカーもどんどん新商品を出していますよね。消耗品でもあるので、できればコストも抑えたいですよね。その場合、ほとんどのみなさんがネットの総合サイトなどで探してみると思います。

ネットではあまり知られていないメーカーなどの商品もあります。お値段が安いものもたくさんありますよね。知らないなと思うメーカーは、日本ではなく中国や韓国のメーカーの場合もあります。日本製よりもお値段が安いものも多くありますが、カミソリは道具なので安くても使い心地が悪かったり良く剃れないと意味がないですよね。

聞いたことのないメーカーの商品などは、とくに口コミを参考にしたり良く売れているものから選ぶなどしたほうがいいですね。それから、T字カミソリは全体的に置いてお値段が安い商品であるのでネットで購入する場合送料がかかってしまう場合も多いです。

その場合は、送料無料になるように他の商品と組み合わせたりまとめ買いがいいと思います。そうすると送料無料で買うことができます。お値段が安い消耗品を買う場合は送料を含めた金額で考えましょう。

 

男性限定!字カミソリを使用するのがおすすめな方

女性の場合は除毛の補助的にどなたも使うものだと思います。使って便利グッズのようなものですね。でも、男性の場合はヒゲの処理になりますよね。電気シェイバーとT字カミソリ、どちらを選んでもいいわけですがとくにT字カミソリで剃るほうが満足できるのではないかという方のタイプをあげてみます。

 

ヒゲが薄い人

男性でT字カミソリがおすすめな方は、まずはヒゲが薄い人ですね。お口の周りくらいしかお手入れが必要ないという方にはT字カミソリで気軽に伸びたら剃るというのが簡単な方法です。

電気シェイバーなどは、肌に負担もかかるし細い毛は剃り残りが出やすいのでおすすめです。

 

敏感肌の人

肌が弱い方も場合も、T字カミソリのほうが電気シェイバーより肌にやさしいのでおすすめです。気になる部分だけ優しくシェイビングするといいでしょう。

 

夕方になると青くなるのが嫌な人

いわゆるヒゲが濃いタイプの方ですね。薄い方は、剃る部分が少ないのでおすすめするといいましたが濃い方の場合は、自分の手で調節しながら深剃りできる手動のT字カミソリがおすすめです。

しっかりと剃ることでヒゲが皮膚の表面に出てくる確率が電気シェイバーよりやや低くなります。とくに朝の仕上がりはつるりとしていいと思います。それからヒゲの濃い人から聞いたのですが、ヒゲが太く硬いと電気シェイバーの刃の持ちがとても悪いそうです。

ジョリジョリと剃ると刃も傷みますよね。ヒゲが太く硬い方は使い捨てタイプや替え刃が多めの物を使い刃が傷んだら換えてつかうほうが長い目で見るとコスパ的にもかからず、買い直しする手間もなくきれいにヒゲが毎回剃れるのではないかなと思います。

 

T字カミソリの選び方

ドラックストアやスーパーそれからネットでT字カミソリを探すとたくさんのメーカーからいろいろな種類が出ていて迷ってしまいますよね。そんなときにどのように選べばいいのかお話します。

 

タイプ

T字カミソリは手動と電動があります。電動は電池式ですね。パッケージを見てもわかりますが、お値段を見れば全然違うのですぐわかると思います。

まず、どこを剃りたいのかどれくらい綺麗につるつるにしたいのかなどを考えながら、使い捨てで手軽にいつも清潔に使うのか、それとも電動式で安全に機能のいいものを長く愛用するかなど考えて選ぶといいです。

 

価格

電動タイプのものは少し高くなります。手動タイプのものでもソープがついているものなどは高めですね。カミソリの場合は、不思議なことに高ければ綺麗に剃れるというものでもないのかなと経験上思います。電動式の商品でもでも、電気シェイバーと違い何年も使うというものではありません。

私は1シーズンくらいなのかなと思っています。そのようなことも考えて、まずは自分の肌に合いそうな平均的な価格の商品から試してみるといいと思います。数回使って捨てる方もいると思いますので使用頻度などにもあわせて購入価格を決めましょう。

それぞれの肌質や毛質、剃り心地などの好みがあると思いますので、お試しパックなどがあれば使い心地を試すのもいいですね。大手カミソリメーカーでは、新商品が出るとサンプルをモニターとして配布募集などもよくあるので気になるメーカーのサイトもチェックしておくといいと思います。

 

刃の数

カミソリは、刃の数で深ぞり度が違ってきます。1枚刃は、両面使えるようなタイプですね。泡泡と石鹸を泡だてて剃る場合に両面使えると泡が邪魔にならないという利点がありますが、器用な方でないとスパッと肌を切ってしまうような鋭い刃でもあるので少しむずかしいかなと思っています。

毛が薄い方は3枚刃以下でも充分だと思います。6枚刃まであり、枚数が多ければ多いほど深剃りできます。けど深剃りする分肌にも負担がかかりやすいこととお値段も上がってきます。自分の毛質や肌質をまず考えることも大事ですが、たとえば大事な用事のときにしっかり剃りたいときは深剃り用で、普段なら3枚刃など毎日ヒゲは生えるのでその日の重要度などによってもカミソリを変えてもいいと思います。

ヒゲを剃ることは肌に負担をかけることになるので肌あれの原因になったりニキビや吹き出物がある方は極力負担を減らしたいですよね。ヒゲと共に肌の綺麗さも見た目の清潔感には関係しますので肌あれするまでヒゲを神経質に剃る必要はありません。

 

メーカー

安心できるものは、やっぱり有名メーカーのものだよね。という方と消耗品なんだから剃れれば問題ないという2つに好みも別れると思います。カミソリメーカーも実はたくさんあります。有名どころを知っているだけで知らないからカミソリメーカーでないというわけでもありません。

ただ、有名メーカーや人気メーカーのものは、切れ味だけでなく安全性を重視しているものが多いです。キャップだったり持ち手がすべりにくい工夫をしてあったり、肌に負担がかからないような形状であったりということですね。ホテルなどの使い捨てのT字カミソリのような簡易なものだと慣れていないとケガをしやすいという感じでしょうか。

はじめて使う方やあまり器用でない方は有名メーカーの物の方が使いやすいと思いますし、少し慣れていたり器用な方はそのメーカーでも使いこなせるような気も私はします。どちらにしても消耗品なので、ベストT字カミソリメーカーが決まるまではいろいろと試してみるのもいいと思います。実際に使いやすい使いにくいは私も自分で使ってみてわかったように思います。

 

はじめてさんに!正しいT字カミソリの使い方

カミソリを使ったことがない10代の方は刃物を使うのってこわいですよね。1番綺麗にそれるのは、ナイフ形になっている1枚刃のものです。床屋さんとかでケーキナイフみたいなのがありますよね。女性用のお化粧前には、そういったものを昔から使っているようですが、包丁も持ったことないような方だと勇気が入りますよね。どういった点に注意すれば安全安心にT字カミソリで除毛できるかお話します。

 

安全なカミソリを選ぶ

そこで、まずT字カミソリを選ぶ場合は、セイフティーワイヤーのような刃が直接肌に当たらないような安全なものがついているものを選びましょう。敏感肌用のようなものだと刃が肌に当たらないようなものが多いです。

 

毛深い方は深ぞり用を

ただ、そういった商品は、肌にやさしい剃り方になるので毛が濃い方や剛毛の方には向きません。毛が濃い方や剛毛の方は、少し刃の枚数が多めのよく剃れるタイプのほうが剃りやすいので楽だと思います。

 

いきなり剃らない

普通のT字カミソリの場合は、そのまま直接剃りません。男性のヒゲなら市販のヒゲソリ用シェービングクリームを使いましょう。家にある石鹸や洗顔フォームを泡だてて使っても構いません。ただ、石鹸系を使うとすべりやすくなります。

それから、泡が多すぎるとなかなか剃れません。なので慣れるまでは、ヒゲ剃り用のシェービングクリームのほうが使いやすいかなと思います。保湿クリームなどを塗って剃ることもできますが、男性だとべたべたが気になる方も多いかなと思います。カミソリは肌に負担がかかります。簡単にいうとヒゲだけでなく皮膚も傷つけてしまうということですね。

 

力を入れず毛流れに合わせて剃る

強く力を入れると皮膚の表面まで削ってしまうことがあります。血が出なくてもひりひりするのはその理由です。それから、よくある逆ぞりといって皮膚に逆らって下から剃るという方法ですが、これも肌にかなり負担がかかります。肌が強い方やどうしてもツルツルにしたい方はたまにはいいかもしれませんが、基本的にカミソリは上から下とか外から中というふうに毛の流れに合わせて使うのが基本です。

 

ヒゲが濃い人は電子レンジで蒸しタオル

ヒゲが太くて濃い方の場合は、床屋さんでやられるようにタオルで蒸してそると綺麗に剃れます。タオルは濡らして電子レンジであたためます。熱くなるので手で熱さを調整して、少しぬるくなったらそれでヒゲ全体を蒸して剃るとうまくそれるようです。私の夫がよくやっています。

それから、ヒゲを剃った後は、乾燥している場合があるので、アフターシェイビングローションなどを使うとさらにいいと思います。肌が敏感な方は、敏感肌用の化粧水や乳液などが薬局などで売っているのでそういうものでもいいと思います。もし、なにもトラブルがない方はなにも塗らなくてもいいと思います。ヒゲ剃り後は、シェイビングクリームが残っていると肌あれの原因になるので顔を洗って汚れも落としましょう。

 

女性にはソープつきがおすすめ

女性の場合は、ボディに使うことが主だと思います。ボディの場合はお風呂の時になると思いますね。女性用のボディ用は石鹸がついているものが楽でおすすめです。水に濡らすだけで使えるのと危なくないようにしっかりしたグリップの物が多いのではじめての方にも使いやすいとおもいます。

 

勝手に借りてるお父さんのT字カミソリの注意点

若い女性の方は、お父さんのものなど男性用の使い捨てのものをこっそりと拝借して使う方も多いかと思います。そういう場合は、しっかりとボディソープを泡だててから毛の流れに沿って剃りましょう。逆にそると怪我の原因にもなりますし肌が傷ついてひりひりするので気をつけましょう。

それから男性用のものはヒゲ剃りを想定してあるので洗面所で使いやすいようにプラスチックで持ち手も細いものが多いです。石鹸を使うと滑りやすいので、怪我をしないように少しずつ時間をかけて目視しながら剃りましょう。

 

私イチオシの商品はこれ!使ってよかった愛用T字カミソリ

 

シック イントゥイション 敏感肌用

出典: Amazon.co.jp

シック イントゥイション 敏感肌用

参考価格1481円。

こちらは女性用のT字カミソリです。体のムダ毛を剃るタイプのものですね。私は美容ブロガーをしているので夏前にはたくさんの除毛アイテムをお試し記事を書いてきました。実は、除毛はクリームなど刺激のないものを使ったり抜くタイプの美容機器を使うことが以前は私の主流除毛でした。

でも、数年前からおうち用の光脱毛の美容機器が流行していますよね。私も数台メーカーさんから提供していただいて使っていますが、その前にはムダ毛を剃ります。

剃った後に光脱毛で毛根を熱で処理するのが最近の女性のおうち除毛の主流にもなっているのでT字カミソリが必須アイテムに最近はなりつつありますね。T字のカミソリも、モニターでこのような石鹸がついているタイプを実際に数台使わせていただいて、その中でもこちらの商品が肌にやさしく使い心地もよく綺麗に剃れたという印象がとくにあります。

ボディソープなしでソレ~る シック イントゥイション お試し用はは、アロエとビタミンE配合配合の石鹸つきのT字カミソリです。石鹸は保湿成分を主に入れているということですね。普通除毛する時は石鹸をつけたりクリームをつけてカミソリを使いますよね。

こちらは、T字カミソリに石鹸がくっついている仕組みなので、濡らすだけで滑りよく石鹸を肌につけながら剃ることができるのでとても楽です。おすすめは入浴の時ですね。洗面器にお湯を入れて濡らしながら剃るといいです。剃った後はシャワーで流せば綺麗になります。石鹸をしようなので洗うときは少し手で肌をこすりながらぬるぬるがなくなったらおしまいという感じでしょうか。

首が動くスイングヘッドの4枚刃が体のまるみにあわせ手それるので便利です。それから石鹸が減ってくるとヘッドの高さが変わってきて石鹸が少なくなるまで剃れます。女性が使う商品セーフティワイヤーといって極力肌に強く刃が当たらないような仕組みになっているものも多いので男性の方で肌が弱い方も使ってみるといいかもしれません。

こちらの商品だと石鹸つきの替え刃が4つ別についているので頻繁に剃る方でなければ1シーズンは女性なら持つと思います。女性のT字カミソリでボディ用の場合、ソープつきのものがだんだん人気にはなってるのですが、普通のT字カミソリよりは少し値段が上がるために使ったことがないという方も多いと思います。

そのためメーカーもこのようなお得セットを夏前に販売してることも多いです。こういうお試しセット系はとてもお得に試せるセットなのでおすすめですね。まれに使いにくいとか石鹸が肌にあわないということもあるので、そのことを考えてもお試しセットがあるものはまずそこから試したいですね。考え方としてはコスメと同じです。

 

使ってみたい!T字カミソリおすすめランキング5選

夏に向けて今年もT字カミソリの新製品がぞくぞく出てきています。それから、定番商品もさらにパワーアップしたりリニューアルしていて見るだけでもたのしいですね。私も早速Tカミソリ売り場をのぞいてきました。その中で気になった商品をランキング方式でご紹介します。今は、店頭にあるものもネットで買うことができる時代なので便利ですね。

 

5位 シック イントゥイション ホルダー

参考価格592円。

こちらの商品は、今現在ドラックストアなどの売り場で多く宣伝していますよね。思わずかわいいな使ってみたいなと思う方は多いのではないでしょうか。私も今年買うならこれかなと思っているところです。こちらのシリーズは女性にとても人気でいろいろな肌質にあわせた商品がそろっています。私が欲しいのは、ピンクの肌うるおうシリーズです。

他にも、敏感肌用のグリーン、もっちりしっとり肌になるパープル、ハリある潤い肌になるワインなど持ち手の色でなりたい肌質をわかりやすく区別しています。とくに人気のうるおい肌タイプと敏感肌タイプはお試し価格で販売もされています。通常の商品は替え刃が2つついたものですが、お試しは替え刃が1つでお買い得になっています。

それから、替え刃3つセットも販売されています。うれしいところがどのタイプのホルダーにも対応というところです。女性の肌って季節や体調で変わりますよね。もっちりしっとりタイプを使っていても、ちょっと最近肌が敏感だなと思ったら優しい剃りごこちの敏感肌の替え刃も合わせることができます。

それから、どれがいいか分からない方や体調に合わせて使いたい方はバラエティパック(もっちり、敏感、うるおい)3つ入りの替え刃もあり大変人気があるようです。替え刃もネットでも買えます。

ボディソープなしでソレ~る。リボンソープに、シアバター(保湿成分)を配合。肌にうるおいを与えたい方にオススメです。(肌潤うタイプ)シック公式サイト

 

4位 KAI RAZOR axia 5枚刃 ホルダー

参考価格1080円。

女性用の顔そりのカミソリでも有名な貝印の男性用のT字カミソリですね。貝印の刃の特徴は、硬くて鋭いことです。なので剃り味が好きだという方は多いようです。刃の硬さが貝印の人気の要でもあるのですが、さらにこの商品は、従来品よりも約70%もアップした刃の硬さを実現したものなんです。

切れ味にこだわって切断抵抗を極限まで抑え、さ硬刃を特殊チタニウムでWコーティングしました。鋭い切れ味だとヒゲは綺麗に深ぞりできるのですが、肌には刺激を感じることがあるので表面をフッ素でナノコートして、肌あたりもよくした商品です。切れ味と肌の優しさを両立させた商品ですね。

抜群の潤いを実現する“シルクプロテイン”と“モイストキープ”のダブルスムーザー搭載の、敏感肌対応カミソリです。シルクプロテイン:天然の上質なシルク(絹)に含まれるタンパク質のことで、成分が人の肌と似ているため保湿効果に優れます。

モイストキープスムーザー:従来のスムーザー(潤滑剤)とは異なり、補水による潤滑性能の上昇が特長です。また、水に溶け出にくいため、潤滑特性を長期間キープします。

 

サスペンションアームと独自鋼刃技術を技術を施した5枚刃が、肌の負担を軽減して剃りあげます。スリム刃体採用で削りかすが詰まらず清潔にお使いいただけます。 貝印公式

 

3位 シック イントゥイション ファブ ホルダー

出典: Amazon.co.jp

シック イントゥイション ファブ ホルダー
ブランド
カテゴリ

参考価格691円。

女性用のT字カミソリではじめての両方向に剃れるイントゥイションファブ新登場しましたよね。これは、すごいなと店頭で見つけておうちでもサイトを調べたんですが、かなり便利だと思います。両方向で剃れるってことは行ったり来たりして剃れるってことですね。いわゆる掃除機みたいな感じですよね。

行ったり来たりして逃さずムダ毛を剃っていくことができるなんてすごく便利だなと思いました。今までは肌を傷めるので逆剃りは推奨しないという見解だったんですが、この商品に関しては大丈夫ということになります。驚きました。肌に負担をかけないようにスキンガードもついているようでこういうものだとムダ毛処理がめんどくさいとかうまくいかないなんてこともないですよね。

しかも5枚刃なのでしっかりと深剃りできます。今年話題になること間違いない商品なのではないでしょうか。どんどんT字カミソリも使いやすく進化しています。

両方向にそれる5枚刃。肌にフィットし、上にも下にもなめらかにきれいにそれます。
なめらかにそれるジェル付き。水に触れると溶けだすスムーズアップジェルがカミソリの動きをスムーズにします。
肌をやさしく守るスキンガード。刃の1枚1枚についた独自のスキンガードが、肌への負担を減らします。

シック公式サイト

 

2位 ジレット プロシールド

参考価格927円。

こちらの商品は男性用ですね。以前から人気のあったタイプの刃の前後にジェルスムーサーを搭載してさらに肌に優しい剃りごこちになったも商品です。極薄の5枚場刃でジレットの中で1番肌に優しいタイプのT字カミソリですね。

フェイスラインに密着するフレックスボールが搭載されていて、しっかいと太く濃いヒゲだけでなく細かい産毛まで剃れます。 男性用も肌に優しさを重視する商品が今年は各メーカーでも充実しています。10代の方などはニキビ肌の方も多く入ると思うので優しく剃れるタイプから使うのがいいかなと思います。

もし、ニキビがひどい場合は、カミソリで吹き出物まで傷つけて血が出てしまうことがあるので、なるべくやさしいカミソリを使うとともにニキビの部分のカミソリの刃が触れないように注意して剃りましょう。

ジレットフュージョンプロシールドは、ジレットならではの、シェービングテクノロジーを体験していただけます。ジレット史上初めて、刃の前後にスムーサーを搭載。肌のひりつきを予防する保護膜を作成し、シェービング中の肌を保護します。フレックスボールテクノロジーを採用したハンドルで、さらに滑らかな剃り心地。顔の輪郭に沿って全方向に柔軟に動き、剃り残しのないシェービングを実現します。ジレットの製品の中で、最もスムーズなシェービングを体感いただけます。
ジレット独自のクーリングテクノロジーを採用したプロシールド クールは、滑らかな剃り心地に爽快さをプラス。ワンランク上のシェービングを実現します。 ジレット公式

 

1位 シック ハイドロ5カスタム ハイドレート ホルダー

出典: Amazon.co.jp

シック ハイドロ5カスタム ハイドレート ホルダー

参考価格973円。

大人の男性の横顔を見ると、乾燥肌の方がとても多いような気がします。おでこや鼻はテカテカな方も、ヒゲが生えている頬のあたりは乾燥でパサパサで粉をふいているような肌質になっている方もいます。原因は、ヒゲ剃りにある可能性があります。T字カミソリは、毛を剃るものですがケガをしなくても薄く肌の表面を削っていきます。

潤いベールまでカミソリで剃ってしまっていると考えるといいでしょうか。乾燥肌の方は女性なら保湿するために化粧水やクリームなどを使うわけですが、男性の場合は顔を洗って終わりのような方が多いですよね。肌に何かつけるのも気持ちが悪いという方のほうが多いように思います。

そういう場合は、肌に優しいタイプのカミソリがおすすめです。最新シリーズのこちらの商品は潤うを保つためにジェルにココナッツオイルを配合しています。

ただヒゲを剃るというだけでなくお肌のことも考えたカミソリなんですよね。他にもこのシリーズには、敏感肌用のコンフォートホルダーとスッキリクール仕上げできるジェルにメントール配合のリフレッシュホルダーがあります。女性では当たり前だった肌質や好みによる商品が男性の要望も多くつくられたようです。

同じ男性でも肌質や剃った後の肌の質感の好みがあると思います。せっかくならさらに肌の仕上がりを自分好みになるようにこだわって選んでいただきたいと思います。

ジェル成分に、肌を潤すココナッツオイルを配合*1。剃った後も潤いが続く肌へ。 剃り方に合わせて肌にかかる力を自動調整する 衝撃吸収テクノロジー。力をかけすぎた時には余分な力を逃がし、足りないときには圧力を加えてくれる独自機能。肌に密着しながら適度な刃圧を維持し剃り心地の快適さを最大化。
密着剃りで、より高い剃り味を実現。 潤い肌へ ハイドレート 肌を潤すココナッツオイル配合*2ジェル*1 で、剃った後も潤いが続きます。業界初*3、肌へのケアに着眼。7つのジェルプールが瞬時に溶け出し、肌を摩擦から守り、さらに潤します。 シック公式サイト

 

まとめ

今日、他の買い物がありドラックストアに行ったのでカミソリコーナーをみたところ男性のT字カミソリもどんどん進化していますし、夏に向けての除毛のコーナーに女性用のT字カミソリのお試しセットが各メーカーたくさんあって驚きました。

ただ、毛を剃ればいいというものでは現代のT字カミソリは違ってきていますね。男性用であれば電気シェイバーに負けない剃り味、女性用であれば手軽で肌にやさしく、そして浴室に置いておいても可愛いようなデザインのものが主流になっています。いろいろな商品が割と派手に陳列されていて楽しいコーナーができていますよね。

たとえば、男性で美容院でなく床屋さんを好む方の中には「ヒゲを剃ってくれるから」という方も多いですよね。プロ用のナイフ形のカミソリで剃るとつるつるになっていい男感が増しますよね。男性が髪を切った後にスッキリ感や清潔感が出るのはヒゲ剃りをしたことも関係あるのかなって思いますね。

なかなか一般人は、プロのような技術は持ち合わせていないものなので綺麗に剃るのってむずかしいような気がしますが、プロの方は実は腕だけじゃなく道具がきっといいんですよね。はさみもそうですが、カミソリだってこだわりのもので毎日お手入れをしているはずです。

T字カミソリについても、同じことが入れると思います。いくらいい商品であってもお風呂に置いたままで錆びてしまったり、剃った毛やシェイビングクリームがついたまま放置していれば刃の本来の切れ味がでません。満足する商品を選ぶだけでなくしっかりとお手入れや保管場所に気をつけて、今日もつるつるでがんばりましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

シック イントゥイション 敏感肌用

サイトを見る

シック イントゥイション ホルダー

サイトを見る

KAI RAZOR axia 5枚刃 ホルダー

サイトを見る

シック イントゥイション ファブ ホルダー

サイトを見る

ジレット プロシールド

サイトを見る

シック ハイドロ5カスタム ハイドレート …

サイトを見る

関連記事