ネイルマニアが厳選!ぶきっちょでも、さまになる!おすすめマニキュア8選

塗るだけで、指先を華やかに彩ってくれるマニキュア。ネイルサロンに通う方もいらっしゃると思いますが、筆者は自宅で、市販のマニキュアで楽しむ派。季節を考えて、色やニュアンス、デザインを決める瞬間が、たまらなく好きなんです。

今回は、マニキュアマニアの筆者が、試してほしいおすすめのマニキュアを厳選。ドラッグストアやコンビニで簡単に変えるものばかりなので、是非、参考にしてくださいね。

 

目次

マニキュアでらくらくおゃれ上級者♡

「塗る時の癒しの時間」がたまらなく好きで、暇さえあれば、爪にマニキュアを塗っている。そんな暮らしが続いて、早9年。

最初は、色のセンスがなく、四苦八苦することもありましたが、研究を重ねていくうちに、友人や美容師さんから「かわいい」「色が似合っている」と褒められるようになっていきました。

季節や流行に合わせたデザインをネイルに取り入れることも大事かもしれませんが、自分の心が満たされなければ意味はありません。

ちなみに、筆者が、マニキュアを楽しむうえで、一番大切にしていることは「自分のお気に入りのネイルで、自分らしさを引き出す」こと。今回はこのことも踏まえ、マニキュアの魅力をお伝えします。

 

カラーで作る、印象的なネイル!

マニキュアを楽しむうえで大切なのは、カラーが持つ印象をしっかり把握すること。自分の肌の色はもちろん、好みのファッションやシーズンカラーまで、その時々に合わせて使い分けるのがポイントです。

とはいったものの、好きな色があれば、それを取り入れて楽しみたいのが当たり前。なので、ここでは、知っておくとカラーの組み合わせをする際に役立つカラーの魅力をご紹介します。

 

季節に合わせて、好みのカラーをチョイス

肌の色でカラーを考えた方がいいと聞きますが、色白さんもオラクルさんも、自分の好みに合ったカラーを使いたいという想いは同じ。春夏はパステルカラーで爽やかな雰囲気にしたいし、秋冬はダークトーンでシックに仕上げたい。自分が一番楽しめる色をネイルに塗るのが一番です。

 

イベントに合わせて色味を選ぶのがマナー

職場や学校、冠婚葬祭などイベントごとに合わせて、マニキュアのカラーを選ぶのも大切。結婚式は白以外、お葬式はマット系という暗黙のルールがあります。

また、子供に関係するイベントの際は、派手目のものだと他の方の印象を悪くする場合があるので、清潔感のある、落ち着いたピンクやベージュ系がおすすめです。

 

自分の肌に合ったカラー選びを教えて!

マニキュアを楽しむ際、肌色との相性がいいかどうか、きちんと確認することも重要なポイント。例えば、ピンクをネイルに取り入れるとしたら、色白さんは桜色、オラクルさんはローズ色にすれば、肌色とぶれず、マニキュアのカラーを楽しめます。

ライトカラーとダークカラーをうまく組み合わせられば、楽しめない色はありませんよ!

 

色白さんにおすすめなライトカラー

先日、美容師さんに褒められたライトレッドのネイル。その時は、ただ自分の好きなカラーを選んでいたつ折りでしたが、調べてみると、色白の方には、ライトカラーが合うのだとか。

ブラウン系やピンクやレッド、オレンジなどの春色カラーが特にあなたの魅力を引き立ててくれるそうです。色白の方でも、ちょっと赤みがかっている方は、ローズやピンクベージュなど赤やピンク系のカラーが合います。

 

オラクル肌さんにおすすすめなダークカラー

一方、落ち着いた肌色の方は、大人っぽいダークカラーがぴったり。ダーク系よりのピンクやブラウンも使いやすいカラーなので、かわいい印象に仕上げたい時は、組み合わせて使ってみるのもおすすめです。

マニキュアを行う上で、最適な色味ともいえるのが、オラクル肌さんでもイエロー系の方。基本的にいろんなカラー似合いますが、ゴールドやレッド、ブラウンといった派手目な色味がぴったりです。

色白の方のように、赤味がかったオラクル肌の方は、ダークレッドやネイビーといった深い色味も合いますよ。

 

【参考】カラーが持つ印象

赤・・・前向きになりたい時

ピンク・・・恋愛運をアップしたい時

ブルー&グリーン・・・リラックスしたい時

パープル&ブラック・・・大人っぽくしたい時

 

ネイルの印象は質感でも変化!

「服はクールだけど、ネイルはかわいくしたい」という思いから、取り入れ始めたマニキュア。ライト×ダーク、柄×ダーク、パステル×ライト…など組み合わせによって、かわいいからクールまで自分の印象を自由自在にデザインできるのがマニキュアの魅力です。

「この色は、私には合わないかも」なんて謙遜しないでください。色の特徴を捉えれば、どんな色もあなた色に染まりますよ。

 

大人かわいくしてくれる「スモーキーカラー」

実は、ピンクやレッドなど女の子っぽいカラーが好きなのですが、持っている服装だと、中々合わせにくく、挑戦できずにいました。そんな時に出会ったのが、スモーキーカラー!落ち着いた色味なので、クール系のファッションに合わせると、大人かわいい印象に。

会社で派手目なネイルがNGの場合も、ベージュやグレーのスモーキーカラーなら塗るだけで、手元を華やかな印象にしてくれますよ。

季節問わず使えるカラーですが、特に活躍してくれるのが、ダークトーンよりの服装が多くなってしまう秋冬。ボルドーと合わせると、温かみのある大人かわいい印象にしてくれます。コーデのワンポイントにもなりますよ。

 

センスを与えてくれる「装飾物入りネイルカラー」

最近、特にはまっているのが、ラメやパウダー、毛皮入りのマニキュア。筆者のようなぶきっちょさんでも、塗るだけで、こなれた雰囲気にしてくれるので、重宝しています。

シリーズ物として販売されているメーカーもあるので、「ちょっと雰囲気を変えて使用したいけど、お気に入りのネイルスタイルは外したくない!」という時にぴったり。

カラーを使うときのポイントは、全色同じにせず、1本だけ色を変えること。手を動かすと、アクセントになり、見る人の目を奪ってくれます!ちなみに、筆者は、今、ホワイトの毛皮ネイルをメインに、左は薬指に、右は人差し指に青色を1本ずつ差し込み中。

色の組み合わせに迷った際は、公式サイトを除くと、組み合わせのヒントも書いてくれているので、初心者でも挑戦しやすいです。

 

個性的な魅力を引き出す「メーカーのオリジナルカラー」

メーカーが発表している独自カラーは、色のテーマもかわいいものが多く、デザインイメージをつかみやすいのがポイント。他社同士、似ているようで、ちょっと違う雰囲気のカラーを組み合わせるのも楽しいですよ。

色味が想像できない際には、コスメに敏感な方が、SNSにコスメレビューを発信してくれているので、そのページを事前チェックして、購入するがおすすめです。

 

センスがなくても大丈夫!おしゃれマニキュア選びのポイント

センスがなくても大丈夫
今、使っているマニキュアのブランドは「CANMAKE」「NAILHOLIC」「REVLON」「Kanebo」の4メーカー。質感はもちろん、カラーがお気に入りの商品を購入するようにしています。

ちなみに、筆者はラメ系はCANMAKE、毛皮系とトップコートはNAILHOLIC、レッド系はKaneboのmedia、贅沢をしたい時はREVLONなど気分によって使い分け派。ここでは、筆者お気に入りのマニキュアをご紹介します!

 

デニムネイルをしたい時はCANMAKE COLORFUL NAILS

canmake
一時期、デニム系ネイルにハマっていた時に愛用していたCANMAKE COLORFUL NAILSの57番。深みのあるブルーにラメが入っているので、デニム地のような質感を上手く表現できます。使うときは、34番のピンクジェリーと組み合わせて、メリハリのあるネイルを楽しんでいます。

 

マットネイルで重宝しているKOSE NAILHOLIC

NAIL HOLIC
最近、特にハマっているNAILHOLICのファーモード。カラーは、ブラウン系と無彩色系の落ち着いた色味が販売されています。

温かみのあるネイルカラーを探していた時に出会い、同じメーカーにあるマットな仕上げにしてくれるトップコートSP011と一緒に購入。もう、何度リピートしたか分からないくらい、愛用しています。

 

ちょっと贅沢をしたい時はREVLON

レブロン
一塗りでツヤ感たっぷりのネイルを楽しめるRevlon Nail Enamel。レッド系の#721とブルー系の#240をよく購入しています。ダーク系のカラーなので、トップネイルで調整を行わなくても、好きなカラーを堪能できるのでお気に入り。

マニキュアを塗るハケも太く、人塗りで爪全体を染められるのもうれしいポイント。ちょっとお値段が張るので、仕事を頑張った時のご褒美として、特別な日に購入するようにしています。

 

お手頃かわいいKanebo media

Kanebo media
お気に入りのカラーを買う暇がなく、たまたまコンビニに行った際に出会ったKanebo mediaのRS-01。今まで、あまり挑戦したことがないローズカラーだったのですが、試しに使ってみたところ、美容師さんに、雰囲気に合っていると褒められたのご、本当にうれしかった。

今まで、赤系は似合わないと思い、使いたくても使わないようにしていた筆者。ありがたいことに、美容師さんの一言で自分に合ってるレッド系のカラーが発覚したので、今後のカラーチョイスの参考にしていこうと思います。

 

注目度No.1!ネットで話題のマニキュアをご紹介

筆者が使用しているマニキュアブランドは、メジャーで人気のメーカーばかり。リピート買いするほどお気に入りの商品ばかりですが、「新メーカーを取り入れよう!」と思うときもしばしば。

そんな時は、インターネットで情報収集をして、気になったものを購入するようにしています。ここでは、今、筆者の中で、プチブームが起こっているメーカーをご紹介します!

 

女性の好きを詰め込んだSMELLY NAIL

「ありそうでなかったカラー」というテーマがあるSMELLY NAILのマニキュア。塗る回数により、カラーの発色が異なるので、季節や気分に合わせて塗り分けができるのがポイント。おしゃれ女子の定番カラー・パステルやマットカラーもお菓子のようなクリームっぽさがあって、かわいい。

大人っぽさと、女の子らしさを絶妙にマッチさせてくれたSMELLY NAILカラーは、一度試せば、ハマること間違いなしです!

 

一度塗りだけで輝くshiro 亜麻ネイル

Twitterで見つけて、一目ぼれしたshiroの亜麻ネイル!特に7H02のカラーは、1度塗りだけで透明感たっぷり。塗り重ねるにつれて、夜を溶け込ませたような色味を楽しめます。

単体使いもいいですが、ダーク系のカラーを2色重ね塗りすると、また違った雰囲気に。7H02を始め、ブラック系カラーのマニキュアは、最近、shiroにお世話になりっぱなしです。

時間がない時や夜、早く寝たい時も一度塗りだけで、外に出ても恥ずかしくないニュアンスを形作ることができます。塗りかけネイルにもうってつけですよ!

 

マニキュアおすすめランキングTOP8

8位:名前のかわいさに惹かれる!上羽絵惣株式会社の胡粉ネイル 珊瑚

愛用して、早3年。「老舗絵具屋さんが作る」「無臭」「ホタテ貝殻の微粉末」という他のネイルにはない特殊なスタイルに惹かれたのを今でも覚えています。珊瑚を選んだのは「誕生石だから」という単純な理由。

他に水桃、艶紅、水藤も名前に惹かれて、春に使用しています。筆者の場合、なんだかんだで、おしゃれな名前やコンセプトに惹かれてマニキュアを買うことが、多いような気がします。

 

7位:メーガン妃が使用して話題!essie162

出典: Amazon.co.jp

essie バレー・スリッパーズ

誕生日にプレゼントされたことをきっかけに使用を始めたessieの162番バレエシューズ。ホワイトピンクということもあり、単体で使うと浮いてしまうので、ベースカラーとして使うようにしています。

特にお気に入りのピンク系690番ノットジャストアプリティフェイスを爪先にちょこんと乗せて、春ネイルとして重宝しています。

ちなみに、162番は、英国王室のメーガン妃がウェディングで使用したカラーとしても話題にもなりました!

 

6位:ダークレッドが魅力!REVLON NAIL ENAMEL#721

秋にダークレッドを探していた際に出会ったREVLONのレイブンレッド!CANMAKEの57番と混ぜてオリジナルのネイルカラーを作る際にも役立ってくれました。ちなみに、筆者はマーブルカラーやブラックよりのパープルカラーを作って、楽しんでいます。

 

5位:遊び心満載!Bgirlのカメレオンネイル

出典: Amazon.co.jp

変色マニキュア温度により色が変化特別ネイルポリッシュマニキュアネイルアート

ネットで話題になり、気になって購入したのがBgirlのカメレオンネイル。温度でカラーが変化する楽しみもあり、1度で2度おいしいネイルカラー。単色カラーを塗るだけで、自然なグラデカラー楽しめるので、特に、筆者と同じぶきっちょさんにおすすめです。

Bgirlを始め、BORN PRETTYやbowなどで続々商品が登場しているので、組み合わせて使うと他の人と色味が被ることもありません。

 

4位:さりげないラメが魅力。KOSE NAILHOLIC BL919

BL919は、ツヤ感がポイントのラメ入りマニキュア。大きめのラメではないので、さり気ないきらめきが星空みたいで綺麗です。同じメーカーのトップコートSP011を塗ると、ちょっとシュガーネイルっぽくなるのも素敵。アレンジ次第で、新たなカラーの魅力を引き出せますよ。

 

3位:塗りかけネイルに最適!CANMAKEの57番

出典: Amazon.co.jp

キャンメイク カラフルネイルズ 57 ブルーデニム

塗りかけネイルにハマっているときに重宝していたCANMAKEのブルーデニム。もともと、ラメ系はCANMAKEのシリーズを愛用していたのですが、最近は、このブルーデニム一本。宝石を砕いてまぶしたような質感もお気に入り。

全体に塗ると、ちょっとしつこく、厚ぼったくなってしまうので、ワンポイントだけ付けて楽しむのをおすすめします。NAIL HOLICのSP011のトップコートを塗ると、より、デニム感がアップしますよ!

 

2位:指先をふんわりとした印象に!shiroの7B05

出典: Amazon.co.jp

shiro シロ 亜麻ネイル

雪の粉が降り積もったような、ふんわり感に魅了され購入したshiroの7B05。深みのある色に重ね使いして、アクセントとしても使えます。

ちなみに、シリーズ全体が「重ね付け」を前提としたマニキュアということもあり、同シリーズのディープなカラーを組み合わせて使うと、まるで、絵画のような色彩を楽しむことができますよ。

 

1位:おすすめ度No.1!KOSE NAILHOLICのファーモード

約500円で、このクオリティ。秋冬はブラウン、春夏はホワイトと季節問わずカラーの活用が可能です。マニキュアに混ぜられたラメとファーが、手元を上品な印象にしてくれますよ。

特に同メーカーのSP011のトップコートと合わせて使うのがおすすめ。塗った当初は、マットな仕上がりなのですが、時間がたつにつれ光沢が出てきて、大理石のような質感に変化。塗り替えなくても別のネイルにした気分が味わえるのもお気に入りの理由です。

 

まとめ

季節や流行にこだわらず、自分が好きなカラーを取り入れるのが、マニキュアで自分らしを引き出すポイント。ちなみに、今まで、安いマニキュアから高いマニキュアまで、いろいろ試してきましたが、コスパがいいマニキュアの方が、カラーも質感も楽しめるものが多いような気がします。

最近は、コンビニでもマニキュアが販売されて所もあるので、一度のぞいてみてくださいね。もしかしたら、そこでたまたま購入したカラーが運命の出会いになるかもしれませんよ。

記事内で紹介されている商品

essie バレー・スリッパーズ

サイトを見る

レブロンネイルエナメル721

サイトを見る

変色マニキュア温度により色が変化特別ネ…

サイトを見る

ネイルホリック BL919

サイトを見る

キャンメイク カラフルネイルズ 57 ブルー…

サイトを見る

shiro シロ 亜麻ネイル

サイトを見る

ネイルホリック ファーモード

サイトを見る

関連記事