CCクリームとは?コスメモニターが教えるCCクリームおすすめ7選

CCクリームの「CC」というのは何かの略称だと思われている方も多いと思いますが、CCクリームという略称の由来はブランドやメーカーによって異なるのです。


CCクリームの由来の例

「Care (ケア)」+「Control (コントロール)」

「Color (色味)」+「Control (コントロール)」

「Color (色味)」+「Conditioning (整える)」

「Complete (完璧な)」+「Correction (補正)」

由来も異なるので、一口に「CCクリーム」と言ってもその特徴も製品によって少しずつ違ってきています。1本でファンデーション顔負けの機能を果してくれるものもあれば、肌色の補正ぐらいの機能を持つものもあります。

一般的には、肌全体のシミや毛穴をナチュラルにカムフラージュしてくれるのがCCクリームという位置付けになります。

今回はそんなCCクリームのおすすめ商品を紹介したいと思います。

 

BBクリームとCCクリームとの違いは何?

ファンデーション

BBクリーム

もともとBBクリームは、ピーリングやレーザーなどの美容施術後の肌を保護することが目的で作られたものでした。施術後の敏感になっている肌を紫外線から守り、傷をカバーするためのものだったのです。

それが進化して、肌の欠点や色ムラをしっかりとカバーするという機能を持つメイクアイテムとして広まったのでした。

 

CCクリーム

CCクリームは肌の欠点をかくすのではなく、肌を均一に整え、肌の欠点をカモフラージュするという特徴を持っています。

スキンケア効果の高いCCクリームを使った場合には、シワを防ぐ効果も期待出来ます。

ベースメイクをナチュラル感のあるものに仕上げたい場合にはCCクリームが適していると言えましょう。逆に、しっかりとしたマットなお肌に仕上げたい場合にはBBクリームが向いています。

両者の特徴を掴んで上手く毎日のベースメイクに取り入れていきましょう。

 

CCクリームはどのような場面で使うと良いの?

ナチュラル肌

前述した様に、CCクリームにはスキンケア効果が高い製品が多いです。

ですので、スキンケアの一環として高いトリートメント効果をあげたいという場合にはCCクリームがうってつけです。

また、仕上がりがナチュラル感のあるものになるため、すっぴんのような自然な仕上がりにしたい場合におススメです。

さらに、CCクリームをつけると厚塗り感がなく抜けたような肌に魅せることができるため、透明感のある艶肌を演出したい場合にも良いと思います。

化粧下地としてCCクリームを使うというのもアリです。補正効果があるので、ワントーン明るい肌を演出したいという場合に下地として使うと効果的です。


CCクリームはこういう時におススメ

l  すっぴんのような自然な仕上がりにしたい

l  肌が乾燥するなど、高いトリートメント効果が欲しい

l  ベールメイクに軽いつけ心地を求める

l  透明感のある艶肌に仕上げたい

l  ワントーン明るい肌を演出したい

 

自分の肌に相性の良いCCクリームの選び方

ファンデーション

ファンデーションと同様、自分の肌に合ったカラーを選ぶ

どんなに優れたCCクリームでも、自分の肌のカラーに合ったものでなければ意味がありません。

ファンデーションと同様、自分の肌に合ったカラーを選ぶことが大切です。

CCクリームにもカラー展開が豊富なブランドのものが多いので、面倒がらずに手の甲などに一度つけてから自分の肌との相性を見極め、購入するのが良いでしょう。

CCクリームに肌色の補正機能を求めている方であれば、自分の肌色との相性をきちんと考える必要があります。

赤味のあるお肌である場合には、グリーン系で色調補正をすると肌色がパッと明るく透明感があるように見えます。

CCクリームをファンデーションと一緒に使いたい、という方は、使うファンデーションとも相性の良いカラーを選ぶこともお忘れなく。

 

CCクリームを選ぶポイント

リキッドファンデーション

CCクリームを使いたいと思う動機は人それぞれだと思います。

CCクリームの高スキンケア機能に心惹かれている人もいれば、紫外線対策が気軽に出来るアイテムという点が良いという方もおられると思います。

また、ファンデーションと併用して使う場合のコンシーラーとして使いたいという方もいれば、毛穴のカバーをナチュラルにしてみたいという方もいるかも。

もちろん、1本使うだけでナチュラル感のあるベースメイクを仕上げたいという方も多いので、ナチュラルなカバー力はあった方が良いですよね。

カラーも肌全体を均一に見せてくれる程度の機能は欲しいところです。

人によってCCクリームに求める機能が多様化しているので、「こういうCCクリームが良い」とズバッと言うことは出来ませんが、着目する点は以下に挙げられます。

l  スキンケア効果についてはどうか

l  これ1本で紫外線対策が出来るか

l  補正効果の機能は果たせているか

l  その1本だけでナチュラルなカバー力はあるか

l  肌カラーを均一に見せてくれているか

l  毛穴を自然にカバー出来るか

使おうとするCCクリームの”CC”の略称が何であるのかを知ることで、求めていた機能が備わっているかどうかもわかるかもしれませんね。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのCCクリームをご紹介!

リンメル CCクリームエアリーフィニッシュ

HALU(ハル)のイチオシ!

カバー力が高く、紫外線対策もバッチリ(SPF50+ PA++++)なのに軽い付け心地。
崩れ方も汚くなくて、年間通して使いやすいCCクリームです。
ちょっと日焼け止めっぽい匂いがするのですが、時間が経つと気にならなくなります(笑)
休みの日の日焼け止め代わりに使っています。

 

イヴ・サンローラン トップシークレット CCクリーム ラベンダー

平沢七瀬のイチオシ!

日本人の肌を明るく見せてくれるccクリーム。
ベースとファンデの間に使うと、肌が明るく透明感が出るので欠かせないアイテムです!

 

毛穴パテ職人 CCクリーム

提供品

れなのイチオシ!

忙しい朝に便利なCCクリームでこれ1本あるだけで

✔︎毛穴パテ効果
✔︎化粧下地
✔︎ファンデーション
✔︎コンシーラー
✔︎美溶液効果
✔︎UVカット効果

と、様々な効果があるそうです?

塗り心地は肌の負担にならないくらい軽めだけど、いざつけてみるとカバー力?!!!

コンシーラー塗ったっけ?と思い返すくらい綺麗にわたしの毛穴をカバーしてくれました??

ベースが綺麗だとチークやアイシャドウもいつもより映える映える??
こりゃ大正解?

 

エテュセ プレミアム CCアミノクリーム

sayaのイチオシ!

ピンクの下地♡くすみが気になる部分にのみ塗ります。透明感がアップするので手放せません。

 

おすすめCCクリームランキング

ファンデーション

7位 ジルスチュアート エアリーティント ウォータリーCCクリーム

出典: Amazon.co.jp

ジルスチュアート エアリーティント ウォータリー CCクリーム

まずパッケージがキレイなピンクカラーで持っているだけでウキウキ気分になります。こういうパケの可愛さが流石はジル。カバー力はナチュラル感をだしながらも、シミやソバカス、毛穴を上手くカムフラージュしてくれます。

これ1本でスキンケアとファンデーションの機能を果してくれるという優れモノ。忙しい朝でも美しいベースメイクが簡単に仕上がります。

つけている感じはとてもフィット感があり、素肌感のあるナチュラルな仕上がりになります。血色の良い顔色になるので、透明感が際立ったようになります。撥水効果のある成分が配合されているので、汗や水からも肌を守ってくれます。

また、SPF30・PA+++なので生活紫外線からもお肌を守ってくれるのが有り難いです。香りもよくフローラルブーケの香りです。

成分は軽いテクスチャーの油やモイスチャー成分を多く配合しているということなので、瑞々しく軽いのび広がりで潤いに満ちた肌を実現すると期待出来そうです。

 

6位 イヴ・サンローラン・ボーテ トップ シークレット CCクリーム

使っておられる方が必ず「良い!」と言う、こちらのCCクリーム。

特に色調補正の効果が素晴らしく、赤味や色ムラをきちんとカバーしてくれます。シミやソバカス、毛穴などもサッと一塗りで魔法のようにキレイになります。

このCCクリーム1つだけで十分なベースメイクが仕上がりますが、上からファンデをつけても厚塗りにならないところも良いと思います。肌なじみもよく少量でさ~っと伸びていってくれるので、案外とコスパは良いですよ。

つけている感じがあまりしないぐらい肌との密着感もすごく感じられ、オールシーズン快適につけていられます。つけているとお肌の透明感がアップしたように感じられ、艶肌に見えるように思います。

特筆すべきはその保湿力。スキンケアのように保湿成分が配合されており、しっとりとしたお肌が持続するので乾燥しがちなお肌の方に良いと思います。乾燥が厳しい冬の季節に持っておくと安心出来ます。

 

5位 ケイト シークレットスキンCCベースゼロ

出典: Amazon.co.jp

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ

カバー力の実力がとてもあるCCクリーム。1本で毛穴とくすみ、シミをカバーしてくれ、血色がアップしたように顔色がパッと映える仕上がりになります。

肌なじみがとてもよく、少量でもしっかりフィットし肌との密着感が心地よく軽いつけ心地です。

しかも透明感のある素肌のような仕上がりになり、顔色がワントーンアップしたかのようなキレイな仕上がりになります。SPF30・PA++なので、生活紫外線からもしっかりとお肌を守ってくれます。

ハイカバー&スムーズ処方で、カバーの満足感と浮かない仕上がり感を両立してくれます。ビューティーアップパール配合ということなのでこちらも期待出来ます。

無香料なので、香りの強いものが苦手な方でも安心して使っていけます。

 

4位 毛穴パテ職人 ミネラルCCクリーム NM

商品名が「毛穴パテ職人」というだけあって、毛穴はすごくよくカバー出来ます。シミもナチュラルにカバー出来、しかも、お直しがあまりイラナイのが良いと思います。

時間が経っても肌にフィットした感触が持続しており、とても快適です。こちらをつけていると肌の透明感も感じられ、すごくナチュラルで自然なベースメイクに仕上がります。

肌に多少の赤味があっても飛ばしてくれる効果があるので、色調補正効果もなかなか評価出来ます。こちらのCCクリームの”CC”は「Clearly Cover」の略称というだけあって、日中も崩れずすっぴんのような毛穴レス肌が持続してくれます。

ヒアルロン酸が配合されているというから保湿面でも期待出来そうですし、4Dフィット処方という処方で毛穴をしっかり隠しながら、余計な皮脂を吸着し、乾燥も防いでくれます。

 

3位 ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

出典: Amazon.co.jp

ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

口コミサイトでも大人気のナチュラグラッセのCCクリームです。ナチュラグラッセというブランドは自然派志向で成分もナチュラルなものを使っているところも人気の1つ。

こちらのCCクリームは、まずカバー力があります。ナチュラルながらもしっかりとシミや毛穴も隠してくれます。顔の色ムラなどもしっかりとカバーしてくれるので、まさに理想的なCCクリーム。

つけ心地も軽く、肌にフィットする感触もなかなか良いと思います。落とす時には石鹸でオフ出来るのが嬉しいですね。

しかもSPF44・PA+++なので、一年中紫外線対策がこれ1つで出来るのが気に入っています。自然からの成分を使用しているので、お肌が弱い方でも安心して使っていけると思います。

無鉱物油、界面活性剤不使用、紫外線吸収剤不使用、パラベンフリー、旧指定成分無添加なので安心感があります。

 

2位 エスプリーク CCベース モイスト

乾燥している冬の季節に人気なのがコチラ!カバー力はナチュラルな感じなのですが、毛穴を隠してくれるのは有り難いと思います。

重ね付けをするとカバー力もなかなかのものになります。少しの赤味程度ならしっかりと色調補正してくれます。

つけ心地はとても軽く、乾燥しないところが素晴らしい。SPF50・PA++++なので、一年中紫外線対策はこれで万全です。

濃厚保湿処方とういうことなので、乾燥を防いでくれるのも頷けますね。お肌が乾燥しがちの方向けのCCクリームですし、艶肌を長時間保てるのでおススメしたいです。

 

1位 エスケーツー アトモスフィアCCクリーム

出典: Amazon.co.jp

エスケーツー アトモスフィア CC クリーム

乳液のようなするするっとしたテクスチャーでムラになりにくく顔全体につけるとピタッとフィットする感じになります。ナチュラルなカバー力があり、シミ、シワ、毛穴などを光の作用で飛ばしてくれます。

肌なじみがとてもよく、肌への密着感もあり軽いつけ心地がたまらない。SPF50・PA++++なので、これ1本で紫外線対策もバッチリできるところが嬉しいですね。

肌がワントーン明るくなったように感じられ、透明感がある艶肌への導いてくれます。

新複合成分としてデイ ソフトオーラ ホワイトを採用しており、使った直後の潤いでキメを整え肌色を明るくしつつ、使い続けることで肌そのものをケアしてくれます。

 

CCクリームの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、CCクリームの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

 

CCクリームでお肌のお悩みともオサラバ!スキンケア感覚でメイクを楽しもう♡

化粧品

CCクリームは使いこなせると、とっても便利で強い味方になってくれそうですよね。

スキンケアからファンデーション機能までも1本でこなしてくれるCCクリームもありますし、色調補正に威力を発揮してくれるCCクリームもあります。

色味も様々なバリエーションがありますので、自分の肌に合うCCクリームを是非見つけて下さいね。

悩みの種だったシミやソバカス、毛穴などがナチュラルにカムフラージュ出来るのがCCクリームの大きなメリットです。

お気に入りのCCクリームを使って毎日のベースメイクを楽しく仕上げてみましょう。

記事内で紹介されている商品

ジルスチュアート エアリーティント ウォ…

サイトを見る

ケイト シークレットスキンCCベースゼロ

サイトを見る

毛穴パテ職人 ミネラルCCクリーム NM

サイトを見る

ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

サイトを見る

エスプリーク CCベース モイスト

サイトを見る

エスケーツー アトモスフィア CC クリーム

サイトを見る

関連記事