買いたいものを検索してください

下地やお粉は必要?ブラシとパフならどっち?優秀CCクリームおすすめランキングTOP12

毎日のベースメイクに、「CCクリーム」を使っておられますか?

CCクリームは、スキンケアの後にこれ1つつけておけばナチュラルなベースメイクが完成するという時短メイクアイテムです。

紫外線予防効果があるタイプや、肌の色調補正をしてくれるタイプもありますよ。

おおまかに言えば、肌にあるシミや毛穴、肌の赤味などをナチュラルに隠してくれるベースメイクアイテムなので、1つ持っていると重宝しますね。

スキンケアの働きをしてくれるCCクリームもあるので、好みのタイプを選べば毎日のベースメイクをぐんと魅力的に仕上げてくれるアイテムです。

ここでは、BBクリームとの違い、CCクリームをおすすめしたい方、CCクリームに関する疑問、CCクリームを選ぶ上でのポイント、ランキング形式によるCCクリームのおすすめ商品紹介までを書いていきたいと思います。

 

CCクリームとは?BBクリームとの違いはココ!

CCクリーム

 

CCクリームとは?

CCクリームは、肌のシミや毛穴、赤味などを自然にカバーして肌を整えてくれるベースメイクアイテムです。

CCクリーム1つでファンデーション要らずの商品も多いですし、CCクリームを化粧下地として使って上からファンデーションをのせてきちんと感を出す仕上げ方も出来ます。

CCクリームの「CC」の略も、メーカーやブランドによってまちまち。

「Care(ケア)」+「Control(コントロール」で、CCとしているメーカーもありますし、

「Color (色味)」+「Control(コントロール)」でCCの略としている商品もあります。

気になっているメーカーのCCクリームの「CC」が何を意味しているのかをチェックすると、機能性がわかってくると思います。

 

BBクリームとは?

では、BBクリームとの違いはどこにあるのでしょうか?

もともと、BBクリームの「BB」は「Blemish Balm」を意味しており、美容施術の後の敏感になっている肌を保護するための商品でした。

ドイツで開発されたのが最初です。

その美容施術後に使うクリームが、一般に普及して、肌の色ムラやシミ、毛穴をしっかりとカバーするBBクリームとして広まったのでした。

CCクリームがナチュラルに肌悩みをカバーしてくれるのに対して、BBクリームは肌の欠点をしっかりとカバーし、仕上がりはマットな感じになります。

それぞれの特徴を活かして、様々なシーン合ったベースメイクをしていくようにすると、また楽しみが広がりそうですね。

 

CCクリームがおすすめなのはこんな人

CCクリーム

CCクリームは使った方が良いのかどうか迷われている方も多いと思います。

是非おすすめしたい方のタイプを挙げてみますね。

 

ナチュラルメイクが好き

ナチュラルメイクがお好きな方には、CCクリームはとても相性が良いですよ。

カバー力がそこそこあるCCクリームであれば、スキンケアの後にCCクリームをつけるだけでベースメイクが完成します。

ナチュラル感のある自然な肌が演出できるので、ファンデーションだとちょっと重い、という方にうってつけです。

 

時短メイクに採り入れたい

朝、時間がなくてなかなかベースメイクの手間を省きたい、という方もいらっしゃると思います。

そういったシーンでも、CCクリームは大活躍。

スキンケアの後にCCクリームをつけるだけでOKなタイプを選べば、時短メイクが実現します。

便利に使っていくと便利な生活が送れそうですね。

 

スキンケア効果を狙う

CCクリームの中には、スキンケア効果のあるタイプも販売されています。

つけているだけで保湿効果があるCCクリームは、乾燥が気になる方には嬉しい商品ですね。

乾燥が厳しい冬のベースメイクとして使っていくと肌の乾燥が気にならなくなるかもしれませんよ。

 

CCクリーム

 

透明感のある肌を演出したい

CCクリームは薄付きで軽いつけ心地が魅力ですが、厚塗り感が見られないため、素肌のきれいな人のような印象を与えることが出来ます。

肌に抜け感を与え、透明感を演出することが出来るので、ナチュラル感に加えて透明感のあるお肌に魅せたいという方におすすめです。

色白の方が使うと、抜けるような清潔感のあるお肌に仕上げられることでしょう。

 

明るい肌色にみせたい

CCクリームには、化粧下地として使うと良い働きをしてくれる商品もあります。

ナチュラルにシミや肌の赤味を隠してくれるだけでなく、肌色を補正してくれる効果が期待出ます。

化粧下地として使って素の肌よりも明るい肌にみせることが出来るので、是非試してみて下さいね。

 

今更聞けないCCクリームのギモン

CCクリーム

CCクリームは、すっかりメイクアイテムとして定着している感がありますが、疑問に感じている事って無いですか?

ここでは、私がよく聞かれる質問などをのせておきますね。

 

CCクリームに下地は必要?

CCクリームは、ナチュラルに肌の難点をカバーするという商品です。

そのため、肌の毛穴やシミをもっと完璧に見えなくしたい、という方はCCクリームをつける前に補正効果の高い化粧下地やコンシーラーを併用すると良いと思います。

また、スキンケア効果に特化したCCクリームには、紫外線予防効果が期待出来ない商品があるため、そういったタイプを使う場合には、紫外線予防効果のある化粧下地か日焼け止めを併用するようにしましょう。

 

パフやブラシでメイクした方がきれいに仕上がるってホント?

CCクリームを使う場合には、大抵は容器がチューブタイプのこともあるので、指にとって使う方が多いのでは無いでしょうか。

手の甲に適量を取り、顔に点置きしながらつけていくのが一般的です。

指を使って丁寧に肌に馴染ませて使っていくのが一番良いのですが、最後に仕上げとしてパフを使うのがおすすめです。余分なCCクリームを取っていき、肌により密着させることが出来ます。

均一にCCクリームを肌につけてよりナチュラル感を出すためには、仕上げのパフを使うとより良いでしょう。朝のベースメイク時に、あまり指を汚したくない、という方にはCCクリーム専用ブラシもおすすめです。

顔にCCクリームを点置きするまでは同じですが、ブラシを使って顔の内側から外側へ向かって馴染ませていくようにすると均一に肌にCCクリームがついてくれます。

こういったメイクをより充実させる小道具を揃えておくようにするのも、ベースメイクをキレイに仕上げるためには必要になってきますね。

 

優秀なCCクリームの選び方!

CCクリーム

CCクリームは、これ1本でスキンケア、紫外線予防効果、ファンデーションまでの役割を果たすという優れものも数多く見られるアイテムです。是非とも優秀なCCクリームを使っていきたいですよね。

ここでは、CCクリームを選ぶ際の重要ポイントを見ていきましょう。

 

肌の色に合ったカラーを選ぶ

CCクリームは、ファンデーションほどにはカラーバリエーションが豊富では無いので、肌に合ったカラーを選ぶ時には気をつけるようにしましょう。

基本的には薄付きなので、それほど色味は気にならないかもしれませんが、ナチュラル感を引き立たせるためにも、自分の肌色に近いカラーのCCクリームを選ぶようにすると良いですね。

特に、上からファンデーションを付ける場合には、ファンデーションの色とも兼ね合いも重要になります。

CCクリームには肌の色をコントロールするという特徴があります。自分のお肌に合うCCクリームのカラーを知っておきましょう。

 

イエロー系:肌のくすみや色ムラをカバー

イエロー系は肌のくすみや色ムラにお悩みの方におすすめです。もともと日本人女性の肌色に自然に溶け込むカラーなので、つけていても厚塗り感なくカバー出来ます。

自然で健康的な肌色に整えてくれるので、顔色が冴えないという時のために持っておくと重宝します。

 

ピンク系:血色良く明るい雰囲気に

ピンク系のCCクリームは、血色感の無いとお悩みの方におすすめです。ピンク系の色を足すことで、明るく透明感のあるお肌へと導いてくれます。

もとのお肌が色白の方が使うことで華やかで明るい質感のお肌を演出出来ます。

 

グリーン系:赤味やニキビ痕を見事にカバー

グリーン系カラーは何となくドキッとしてしまう色味ですが、赤味やニキビ痕にお悩みの方におすすめです。全顔に使用するのではなく、気になる箇所にピンポイントでつけて伸ばしていくときれいに仕上がります。

ニキビ痕はカバーが難しいですが、グリーン系CCクリームは色を見事にコントロールして自然な肌色を演出出来ます。

 

ブルー系:年齢が上がってきたら持っておきたい

ブルー系は加齢による肌のくすみに対してパワーを発揮してくれます。年齢が上がってくると、何だか顔色がだんだんと黄味が濃くなるような気がしませんか?

年齢とともに肌色も変化するので、ブルー系CCクリームで色調を整えると同時に透明感も引き出す事が出来ます。

 

パープル系:透明感にあふれたお肌に

パープルはもともと色白の方で若干赤みが強いかな、という方が使うことで透明感を引き立たせてくれます。お出掛けやパーティーの際に、肌の美しさをさらにアップしたい方におすすめです。

顔色が優れない方や、もとの肌色が濃い方が使うと逆効果になるので、使うタイミングは気をつけるようにしましょう。

 

HALU(ハル)

 

UVカット効果

紫外線対策は1年を通じて行うと良いと言われています。でも家にいる時に日焼け止めをつけるのは面倒ですね。そういった方も毎日使うCCクリームにUVカット効果があれば安心出来ます。

紫外線B波を防ぐ指数は「SPF」で、紫外線A波防ぐ指数は「+」の数で表されていて、SPF30PA+++程度であれば生活紫外線からは十分にお肌を守ってくれます。

 

配合成分をチェック

美白成分(メラニンの生成を抑制してしみやそばかすを防ぐ)

CCクリームの配合成分もチェックしておくと気になる商品が見つかりやすくなります。

最近注目されているのは、「美白有効成分(メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ)」が配合されているCCクリームです。

美白有効成分としては「トラネキサム酸」が配合されているCCクリームが知られていますが、他にも「アーティチョークエキス」や「アスタキサンチン」「ウコンエキス」等の美白成分(メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ)が配合されている商品を選ぶとプラスアルファの効果が期待出来そうです。

 

エイジングケア(年齢に応じた肌ケア)のための成分

エイジングケアが期待出来る成分としては、保湿成分が欠かせないのはもちろんですが、抗たるみ、抗糖化成分が配合されていると心強いものがあります。

「アスタキサンチン」「アロエエキス」「加水分解コラーゲン」「プラセンタ」等、数多くの成分があるので気になる方は是非チェックしてみて下さい。

 

皮脂崩れを防止する成分

皮脂崩れを防止する働きがあるCCクリームがあると、テカリが気になる方には嬉しいですね。

「化粧くずれ防止機能」「皮脂テカり防止機能」の表記があるベースメイクを目にしたことがあると思います。

こういった表記があるベースメイクを使用することで、「皮脂」による化粧崩れをある程度防止出来ると期待出来ます。

脂性肌の方は、時間の経過とともに皮脂が肌の表面に現れてくるので、皮脂崩れを防止する成分が配合されているかどうかをチェックしておくと良いですね。

成分例としては、「ジメチコン」「シクロペンタシロキサン」「シクロメチコン」等の記載が配合成分の前の方にある商品は、皮脂崩れを防止する働きが期待出来ます。

これらの成分はシリコン系と呼ばれる成分で、肌につけるとサラサラにしてくれる特徴があります。

 

乾燥肌にお悩みの方は保湿成分

乾燥肌にお悩みの方は保湿成分がふんだんに配合されているCCクリームがおすすめです。全ての肌質の方にとっても、保湿成分は嬉しいもの。

保湿成分にはどのような成分がおすすめなのかをチェックしておきましょう。

《成分例》

・「ヒアルロン酸」はもっともメジャーな保湿成分の1つで、人の皮膚内にも存在しています。肌の水分保持に役立ってくれる成分として知られています。

加齢とともにヒアルロン酸が皮膚から減少していくため補っていくことによりエイジングケア(年齢に応じた肌ケア)アイテムにも意識して採り入れられています。

・「セラミド」はお肌の乾燥に効果があるとされている肌の必須成分で人の肌は元来十分なセラミドを抱えています。

お肌の乾燥が進んでいるのはセラミドが不足して肌のバリア機能が低下している状態なので、セラミドが配合されている商品を選ぶと良いと思います。

・「コラーゲン」はお肌の弾力に期待が出来ると知られていますが、コラーゲン摂取によりヒアルロン酸、エラスチンの産出を高めるとされるため、保湿成分としても期待出来る成分です。

スキンケアにはよく配合されている成分なので、ベースメイクアイテムにも配合されていればかなり嬉しい成分ですね。

 

toshi

 

UVカット処方ならシーズン気にせず使える

今や、紫外線対策は夏だけでなく冬にも万全にしておきたいものですね。UVカット処方のCCクリームを選んでおくと、オールシーズン紫外線対策が出来るので安心感があります。

生活紫外線であれば、SPF25以上、夏場のレジャーであればSPF50程度あると非常に心強いですね。

 

スキンケア効果が期待できる

CCクリームはファンデーションと同様に、一日中肌に密着してつけているアイテムなので、出来るだけお肌には優しい成分が配合されている商品が良いですね。

特に、乾燥が気になる季節には「保湿成分」が配合されているCCクリームを選ぶと長時間つけていても肌がカサカサにならずに済みそうです。

保湿成分だけでなく、美容成分も配合されているとさらに嬉しいですね。

 

CCクリームおすすめランキングTOP12

第12位 アウェイク(AWAKE) プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー

出典: Amazon.co.jp

アウェイク(AWAKE) プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー
ブランド
カテゴリ
内容量 30ml 価格帯 デパコス
UVカット SPF50+ UVカット PA++++
カラー展開 全3色

(ライト, ライトミディアム, ミディアム)

配合成分 10種類のボタニカル成分
機能 高いスキンケア効果

ベストコスメ受賞のうるツヤCCクリーム

アウェイクのCCクリームで、2018年の発売以来「BBクリーム・CCクリーム」部門では敵なしのベストセラー商品です。

容器もラブリーなデザインがあしらわれているので、お友達へのプレゼントにしても喜んでもらえそうです。

美容液・日やけ止め・化粧下地・ファンデーションの効果を兼ね備えたCCクリーム。肌にピタッと密着し、紫外線や花粉などの大気汚染物質から肌を守ります。10種類の植物オイルとエキスで乾燥やくすみをケア。透明感のあるみずみずしいうるツヤ肌へ仕上げます。

引用元:公式サイト

1プッシュ量で全顔への使用で、素肌っぽい仕上りになります。2プッシュ使った時には、しっかりと肌悩みをカバー出来てセミマットな質感を実現します。

毛穴が目立ちにくく、オーガニックコットンパウダーでサラサラ肌をキープしてくれます。花粉や塵、紫外線からブロック。SPF50⁺PA⁺⁺⁺⁺なので真夏の紫外線からもお肌を守ってくれると期待出来ます。

カラー展開は全3色で、ライト、ライトミディアム、ミディアムから選べるようになっています。価格はデパコスとしてはリーズナブルなのも良いと思います。

 

第11位 エトヴォス(ETVOS) ミネラルCCクリーム

出典: Amazon.co.jp

エトヴォス(ETVOS) ミネラルCCクリーム
ブランド
カテゴリ
内容量 30g 価格帯 デパコス
UVカット SPF38 UVカット PA+++
カラー展開 1色のみ
配合成分 4種のヒト型セラミド、甘草エキ

マンダリンオレンジ果皮エキス

エクトイン、グリコーゲン等

機能 ツヤ、ハリ、キメ、弾力感

保湿、環境ストレス、くすみ

石鹸で落とせるCCクリーム

エトヴォスのCCクリームで、お肌が敏感な方や肌への負担がかかりにくいベースメイクをお探しの方におすすめです。

これ1つで美容液、化粧下地、コントロールカラー、UVケア、アンチポリューションケアが出来るので時短メイクアイテムとしても好評です。

毛穴やキメの乱れなど肌の気になる凹凸にピタッと密着しナチュラルにカバー。健康的なツヤ感で厚塗り感がなく、まるで「もともと素肌がキレイな人」のような理想の仕上がりに。SPF38 PA+++で日常的な紫外線からお肌をガード。

 

エトヴォスでは紫外線対策だけでなく、環境や外的要因による乾燥ダメージにも着目。外部刺激による乾燥から肌を守る3種の美容成分を配合しました。

引用元:公式サイト

SPF38PA⁺⁺⁺なので、生活紫外線からは十分にお肌を守ってくれ、美容成分もふんだんに配合されています。保湿成分としては4種のヒト型セラミドが配合されており、甘草エキスが肌のキメを整えてくれると期待出来ます。

落とす時には石鹸でするっと落ちるのも嬉しいですね。

石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、タール系色素、合成香料、パラベン、アルコール、紫外線吸収剤は不使用となっています。

カラーが1色のみ。自分の肌色に合う方であれば、価格帯もリーズナブルなので良いと思います。

 

第10位 カバーマーク スキンブライト クリームCC

内容量 25g 価格帯 デパコス
UVカット SPF50+ UVカット PA++++
カラー展開 2色(明るめの色、肌になじむ色)
配合成分 天然由来の保湿成分
機能 保湿、くすみ、日焼け止め効果

1本でも化粧下地としても使える

カバーマークの2020年発売されたCCクリームです。こちらは化粧下地としても、1本で使ってもOKという優れものです。

SPF50⁺PA⁺⁺⁺⁺なので、これ1つだけで紫外線ケアも出来るので、家の中にいる時につけるベースメイクとしてもぴったりです。

カラー展開は2色で、明るめの色と肌になじむ色の2タイプから選べます。重ねてつけることで肌悩みをしっかりとカバー出来て一塗りでツヤ肌を実現します。

皮脂や汗にも崩れにくい処方で、「オイルプロテクト処方」により高い化粧もち効果が期待出来るのだそうです。化粧崩れの原因となる「皮脂」と混ざらないヴェールによって皮脂をブロックして、一日中美しい仕上りを保ちます。

低刺激性で、アレルギーテスト済み・ノンコメドジェニックテスト済(全ての方にアレルギーが起こらない・コメドが出来ない、というわけではありません)

デパコスなのに価格もリーズナブルなので買いやすいところも良いと思います。

 

第9位 SUGAO(スガオ) エアーフィットCCクリーム スムース

出典: Amazon.co.jp

SUGAO(スガオ) エアーフィットCCクリーム スムース
ブランド
カテゴリ
内容量 25g 価格帯 プチプラ
UVカット SPF23 UVカット PA+++
カラー展開 2色(ピュアナチュラル、ピュアオークス)
配合成分 シクロペンタシロキサン等
機能 毛穴カバー、皮脂崩れ防止

肌を明るく魅せて毛穴をカバー

SUGAOのCCクリームで、女子の人気を独占している商品です。

独自のエアーフィット処方で、スフレのように軽く、肌が心地いい使用感。0.01mmのつけ心地は、メイクをしているのを忘れてしまう程薄づきに。

また、トーンチェンジパウダーを配合し、光を味方に肌を明るく見せます。さらにソフトフォーカス効果で毛穴の凹凸を自然にカバー。透明感あふれるナチュラルなキレイ肌に。

引用元:公式サイト

これ1つで、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、仕上げパウダーの4役を果たしてくれるので忙しい女子の強い味方になってくれます。

SPF23PA⁺⁺⁺なので生活紫外線からお肌を守ってくれるので、デイリー使いにもぴったりです。カラー展開は2色で、好みのカラーが選べます。

厚塗り感のない仕上りで、毛穴が目立ちにくくなります。化粧崩れも気にせずにマスクメイクとの相性も良いのも◎軽いつけ心地で通気性にも優れているように感じられます。価格も非常に安く買いやすいところも嬉しいですね。

 

第8位 dプログラム 薬用 スキンケアベース CC

内容量 25g 価格帯 デパコス
UVカット SPF20 UVカット PA+++
カラー展開 3色(ナチュラルベージュ、ベビーピンク、ブルーグリーン)
配合成分 トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
機能 ニキビや肌荒れを防ぐスキンケア効果、低刺激設計

低刺激設計が魅力のCCクリーム

資生堂 dプログラムのCCクリームです。dプログラムは低刺激設計でお肌が弱い方向けのブランドとして知られています。

こちらのCCクリームはカラー展開が3色で、赤味を補正してくれる「ブルーグリーン」や肌を明るく魅せてくれる「ベビーピンク」等のカカラーに特徴があります。

軽いつけ心地で肌へのフィット感も抜群なので、長時間つけていても快適な気分でいられます。

SPF20PA⁺⁺⁺なので、生活紫外線からお肌を守ってくれると期待出来ます。

医薬部外品という位置付けの商品で、有効成分として「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。

「トラネキサム酸」は美白有効成分、「グリチルリチン酸ジカリウム」は消炎作用がある成分として知られています。パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリーとなっています。

低刺激設計で、敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み(すべての方に皮膚刺激が起きないというわけではありません)

デパコスで高品質なのに価格がリーズナブルなところも良いと思います。

 

第7位 SK-II (エスケーツー) アトモスフィア CCクリーム

出典: Amazon.co.jp

SK-II (エスケーツー) アトモスフィア CCクリーム
ブランド
カテゴリ
内容量 30g 価格帯 デパコス
UVカット SPF50 UVカット PA++++
カラー展開 1色のみ
配合成分 ピテラ、プルーンエキス、ナイアシンアミド
機能 日焼け止め、毛穴カバー、保湿

カバー力と肌ケアを両立

SKII(エスケーツー)のCCクリームで大ヒットアイテムです。発売以来、数多くのコスメ賞を受賞していることでも知られており、信頼出来るところが良いと思います。

こちらのCCクリームはナチュラルに肌悩みをカバーしてくれるだけでなく、同時にお肌のケアも出来るところも大きな魅力。SKIIならではの「ピテラ」が配合されており、「ナイアシンアミド」や「プルーンエキス」等の美容成分も含まれています。

SPF50/PA⁺⁺⁺⁺なので真夏のレジャー時にも使っていける優れものです。スキンケアの後、これ1つでOKなので厚塗り感もないですし、軽いつけ心地なのでオールシーズン使っていける快適さ。

カラー展開は1色のみなのが残念ですが、自分の肌色に合うのであれば使ってみて損は無いお品です。価格帯は高めではありますが、高品質な人気商品なので妥当ではないかと思います。

 

第6位 DESENCIA (ディセンシア) サエルホワイト CCクリーム コンセントレート

出典: Amazon.co.jp

DESENCIA (ディセンシア) サエルホワイト CCクリーム コンセントレート
ブランド
カテゴリ
内容量 25g 価格帯 デパコス
UVカット SPF50+ UVカット PA++++
カラー展開 1色のみ
配合成分 セラミドナノスフィア

グリチルリチン酸2K

機能 日焼け止め、保湿、くすみ

色ムラやくすみをナチュラルにカバー

ディセンシア サエルのCCクリームです。こちらは敏感肌用CCクリームという位置付けの商品です。発売以来、多くのコスメ賞を受賞しているので信頼できるところも良いと思います。

カラーは1色のみですが、炎症などによる赤ぐすみ、糖化による黄ぐすみ、乾燥による青ぐすみをそれぞれカバーする3色のパールを配合しているのだそうです。

保湿成分としてセラミドナノスフィア等が配合されているので、つけながらお肌ケアも出来るところも良いと思います。

SPF50⁺PA⁺⁺⁺⁺なので真夏のレジャー時にも紫外線からお肌を守ってくれると期待出来ます。毎日の使用で3~4カ月使えるので案外とコスパも良いのではないでしょうか。

紫外線吸収剤不使用、アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)、無香料となっています。価格もデパコスとしてはリーズナブルで、買いやすいところも嬉しいですね。

 

第5位 トランシーノ 薬用ホワイトニングCCクリーム

出典: Amazon.co.jp

トランシーノ 薬用ホワイトニング CCクリーム
ブランド
カテゴリ
内容量 30g 価格帯 プチプラ
UVカット SPF50+ UVカット PA++++
カラー展開 1色のみ
配合成分 トラネキサム酸
機能 日焼け止め、ウォータープルーフ、保湿

美白有効成分配合のCCクリーム

トランシーノブランドのCCクリームで、医薬部外品という位置付けの商品です。こちらは美白有効成分「トラネキサム酸」が配合されており、メラニンの生成を抑えてしみやそばかすを防ぐと期待出来ます。

1本で「美白」「乳液」「日焼け止め」「化粧下地」「色補正」までの役割を果たしてくれるので、これは時短メイクアイテムとして使っていきたくなります。

SPF50⁺PA⁺⁺⁺⁺なので真夏のレジャー時にも紫外線からお肌を守ってくれると期待出来ます。

ナチュラルなマルチベージュのカラーで、日本人女性の肌色になじみやすい色味に仕上がっています。肌悩みを自然にカバーしてくれ、厚塗り感もなくツヤ肌に仕上がるところも良いと思います。

保湿成分も配合されています。独自の3層サンドイッチ構造で汗・水に強い処方なのも嬉しいですね。低刺激性、無香料、アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)

価格も買いやすいので、続けられるところも良いと思います。

 

第4位 CHANEL(シャネル) CCクリーム N

内容量 30ml 価格帯 デパコス
UVカット SPF 50 UVカット PA+++
カラー展開 2色
配合成分 カカドゥプラム エキス(保湿成分)
機能 日焼け止め、保湿、ツヤ

素肌の美しさを引き出すCCクリーム

シャネルのCCクリームで、発売以来人気を博している大ヒット商品です。こちらは数々のコスメ賞を受賞しているので、信頼出来るところも良いと思います。

肌につけると軽いつけ心地と肌へのフィット感が魅力的。

保湿成分としてカカドゥプラムエキスが配合されているところも嬉しいですね。しっとりと肌を潤しながら、お肌の色ムラをカバーしてくれます。

SPF50/PA⁺⁺⁺なので、オールシーズン使える仕様だと思います。ささっとつけるだけで、化粧下地も日焼け止めもファンデーションの役割も果たしてくれるので時短メイクアイテムとしても最適です。

カラー展開は「10 ベージュ」「21 ベージュ」の2色で、ナチュラルでツヤ感のある仕上がりを求める方におすすめです。価格も若干高めですが、ハイブランドの人気メイクアイテムなので妥当ではないかと思います。

 

第3位 コーセー 雪肌精 ホワイト CCクリーム

出典: 楽天市場

コーセー 雪肌精 ホワイト CCクリーム
ブランド
カテゴリ
内容量 30g 価格帯 プチプラ
UVカット SPF50+ UVカット PA++++
カラー展開 2色
配合成分 厳選した和漢植物エキス配合
機能 日焼け止め、保湿、整肌

保湿成分配合の王道CCクリーム

コーセー雪肌精のCCクリームです。こちらは1本で「美容液」「乳液」「クリーム」「日焼け止め」「化粧下地」「ファンデーション」の6つの機能を果たしてくれます。

厳選した和漢植物エキスが配合されているので、お肌に潤いをもたらすと期待出来ます。また、「雪のうるおいエッセンス」が配合されており、水を抱えて肌に密着するオイルが潤いを与えながら水分蒸散を抑えて肌荒れを防いでくれるのだそうですよ。

SPF50⁺PA⁺⁺⁺で紫外線をしっかりと防いでくれると期待出来るので、これは嬉しいですね。

肌につけるだけで、ナチュラルに肌悩みをカバーしてくれ、絶妙なソフトフォーカス効果によりふわっとしたやわらかなツヤ感を演出。

爽やかなモダンフローラルの香りで、使いやすいように思います。肌につけたところは瑞々しいテクスチャーで、オールシーズン使える仕様です。

カラー展開は2色で、「01 やや明るい自然な肌色」と「02 普通の明るさの自然な肌色」から選べます。価格帯も非常にリーズナブルなので、続けやすいところも嬉しいですね。

 

第2位 ナチュラグラッセ(naturaglace) メイクアップクリームN

出典: Amazon.co.jp

ナチュラグラッセ(naturaglace) メイクアップクリームN
ブランド
カテゴリ
内容量 30g 価格帯 デパコス
UVカット SPF44 UVカット PA+++
カラー展開 全2色
配合成分 スクワラン、ホホバ種子オイル
機能 日焼け止め、ブルーライトカット

保湿、石鹸オフ

石鹸でオフ出来てナチュラルな仕上がり

ナチュラグラッセのメイクアップクリームで、1本で「化粧下地」「ファンデーション」「日焼け止め」「保湿美容液」「ブルーライトカット」の5つの機能を兼ね備えています。

CCクリームとしても使える優れものです。

肌につけるとピタッと密着して、快適な軽いつけ心地です。肌悩みをナチュラルにカバーしてくれ、厚塗り感もなく自然に仕上がるところが魅力。サッと一塗りするだけで、ツヤマットな仕上がりを実現出来ます。

保湿成分が配合されているので、乾燥が気になる方にもおすすめです。また、植物オイルも配合されているので、水分が肌から蒸発しにくいところも嬉しいですね。落とす時には石鹸でオフ可能なのも時短になって良いと思います。

カラー展開は「ナチュラルベージュ」と「シャンパンベージュ」の2色です。SPF44 PA⁺⁺⁺なので、オールシーズン使えるところも◎ブルーライトも99.2%カットしてくれます。

無鉱物油、界面活性剤不使用、紫外線吸収剤不使用、パラベン・シリコンフリー、合成香料不使用、タール系色素不使用です。

価格も非常にリーズナブルなのも続けやすくて良いと思います。

 

第1位 コスメデコルテ サンシェルタートーンアップCC

出典: Amazon.co.jp

コスメデコルテ サンシェルタートーンアップCC
ブランド
カテゴリ
内容量 35g 価格帯 デパコス
UVカット SPF50+ UVカット PA++++
カラー展開 3色
配合成分 シクロメチコン、ローズマリー葉エキス等
機能 日焼け止め、微粒子プロテクト

カバー、保湿

ナチュラルなカバー力で素肌美を演出

コスメデコルテのCCクリームです。こちらは2020年3月に発売されて以来、瞬く間に人気商品となったことで知られています。

肌につけると、しっかりとフィットして肌悩みをカバーしてくれます。色ムラによる肌悩みにはおすすめで、顔色を明るく華やかに魅せてくれる「ラベンダーローズ」のカラーは是非使ってみていただきたいです。

SPF50⁺/PA⁺⁺⁺⁺なので、真夏の紫外線からもお肌を守ってくれると期待出来そうです。保湿成分としてローズマリー葉エキスや加水分解コラーゲンが配合されているのも嬉しいですね。

長時間長持ちする処方なので、崩れにくいCCクリームをお探しの方にも向いています。

カラー展開は全3色で、「01 ライトベージュ」「02 ベージュ」「10 ラベンダーローズ」の3色から選べます。複数のカラーをミックスして使うのも良いと思います。

こちらは単品使いとしても、上からファンデーションやパウダーをつけても美しい仕上りが期待出来ます。価格もデパコスとしては非常にリーズナブルなので、買いやすいところも嬉しいですね。

 

綺麗な仕上がりに!CCクリームの使い方・塗り方

CCクリーム

CCクリームは、手で直接肌に塗布していく方法以外にも、メイクブラシをやパフを使う方法があります。

ここでは、CCクリームを美しく肌にフィットさせてつけていく使い方をご紹介致します。

 

STEP1.まずは肌のコンディションを整えておきます

洗顔後に、化粧水を顔全体に塗布して、しっかりと肌を潤いて満たしていきます。

時間があれば、コットンに化粧水を含ませて顔全体をコットンパックしておきます。この一手間で、ベースメイクの仕上がりがグッと見違えるようになります。

化粧水の後には、美容液、乳液の順番でスキンケアを行っておきましょう。

 

STEP2.スキンケアが完了したら、CCクリームを顔5か所におく

CCクリームを適量手の甲にとり、メイクブラシを使ってごく少量顔の5か所(両頬、顎、鼻、額)に置いていきます。

 

STEP3.メイクブラシを使って塗布

顔の内側から外側に向かって、CCクリームの付いたメイクブラシを走らせます。

手早くつけるようにすると、瞬時にツヤ感が出てくれます。

 

STEP4.気になる箇所には重ね付けをしていきます

 

STEP5.パフを使います

パフを使って、CCクリームを肌になじませていきます。とんとんと軽く叩きこむようにするとしっかりと塗布出来ます。余分なCCクリームをパフに吸収させて肌に密着するので、パフを使うときれいな仕上がりになりますよ。

CCクリームだけでナチュラルに仕上げたい時にはここで完了します。
さらに、お出掛け用のお肌に仕上げたい方は、パウダーを使うと良いでしょう。

 

STEP6.パウダーを使う

CCクリームの上からつけるパウダーはピタッと肌に密着して付いてくれます。少量をメイクブラシにとって、ふわっとつけておくだけでOKです。

 

仕上げのお粉やファンデっているの?

CCクリームはファンデーションの役割も果たすタイプを使えば、それでベースメイクを完了してしまってもOKです。でも、少しお洒落感をアップさせたい、という時には、お粉を上からつけると素敵に見えますね。

お粉をつけることで、ナチュラル感を保ちつつ、ヴェールを一枚上からかけたような抜け感をも演出出来るのでおすすめです。

また、CCクリームを化粧下地として使っておられる方であれば、さらに上にファンデーションを重ねるのも良いですね。ファンデーションを重ねる事によって、きちんと感のあるベースメイクに仕上がります。

 

おすすめCCクリームの比較表もチェック!

第12位 第11位 第10位 第9位 第8位 第7位 第6位 第5位 第4位 第3位 第2位 第1位
商品画像 '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''
商品名 アウェイク(AWAKE) プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー エトヴォス(ETVOS) ミネラルCCクリーム カバーマーク スキンブライト クリームCC SUGAO(スガオ) エアーフィットCCクリーム スムース dプログラム 薬用 スキンケアベース CC SK-II (エスケーツー) アトモスフィア CCクリーム DESENCIA (ディセンシア) サエルホワイト CCクリーム コンセントレート トランシーノ 薬用ホワイトニング CCクリーム CHANEL(シャネル) CCクリーム N コーセー 雪肌精 ホワイト CCクリーム ナチュラグラッセ(naturaglace) メイクアップクリームN コスメデコルテ サンシェルタートーンアップCC
内容量 30ml 30g 25g 25g 25g 30g 25g 30g 30ml 30g 30g 35g
価格帯 デパコス デパコス デパコス プチプラ デパコス デパコス デパコス プチプラ デパコス プチプラ デパコス デパコス
UVカット SPF50+ SPF38 SPF50+ SPF23 SPF20 SPF50 SPF50+ SPF50+ SPF50 SPF50+ SPF44 SPF50+
UVカット PA++++ PA+++ PA++++ PA+++ PA+++ PA++++ PA++++ PA++++ PA+++ PA++++ PA+++ PA++++
カラー展開 3色 1色 2色 2色 3色 1色 1色 1色 2色 2色 2色 3色
配合成分 10種類のボタニカル成分 4種のヒト型セラミド、甘草エキ、マンダリンオレンジ果皮エキス、エクトイン、グリコーゲン等 天然由来の保湿成分 シクロペンタシロキサン等 トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム ピテラ、プルーンエキス、ナイアシンアミド セラミドナノスフィア、グリチルリチン酸2K トラネキサム酸 カカドゥプラム エキス(保湿成分) 厳選した和漢植物エキス配合 スクワラン、ホホバ種子オイル シクロメチコン、ローズマリー葉エキス等
機能 高いスキンケア効果 ツヤ、ハリ、キメ、弾力感、保湿、環境ストレス、くすみ 保湿、くすみ、日焼け止め効果 毛穴カバー、皮脂崩れ防止 ニキビや肌荒れを防ぐスキンケア効果、低刺激設計 日焼け止め、毛穴カバー、保湿 日焼け止め、保湿、くすみ 日焼け止め、ウォータープルーフ、保湿 日焼け止め、保湿、ツヤ 日焼け止め、保湿、整肌 日焼け止め、ブルーライトカット、保湿、石鹸オ 日焼け止め、微粒子プロテクトカバー、保湿
リンク 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのCCクリームもご紹介!

バニラコ イット・レディアントー・CCサンベース

個人的社畜コスメNo.1。このCCクリームがもう……!(感嘆)

残業明けのくすんだ肌も、ひと塗りでパッと明るく!そしてもっちりと潤ってカサつかず、どんなコンディションの肌にもスッと浸透してくれるので忙しい毎日、いや本当に毎日大活躍してくれました。

SPF50+ PA+++の強力なUVカット効果も、心強い。

#夏が来る前に万全のUV対策を

 

イヴ・サンローラン トップシークレット CCクリーム ラベンダー

日本人の肌を明るく見せてくれるccクリーム。
ベースとファンデの間に使うと、肌が明るく透明感が出るので欠かせないアイテムです!

 

 リンメル CCクリームエアリーフィニッシュ002

カバー力が高く、紫外線対策もバッチリ(SPF50+ PA++++)なのに軽い付け心地。
崩れ方も汚くなくて、年間通して使いやすいCCクリームです。
ちょっと日焼け止めっぽい匂いがするのですが、時間が経つと気にならなくなります(笑)
休みの日の日焼け止め代わりに使っています。

#マスクの日の鉄壁ファンデ #夏が来る前に万全のUV対策を

 

CCクリームの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、CCクリームの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

CCクリームでコツ要らずのツヤ肌をゲット!

奈月

CCクリームは素肌感を活かした、ナチュラルなベースメイクに仕上げたい方にぴったりです。

ツヤ感、素肌感、透明感を演出するのに優れたCCクリームが多いので、選ぶのも楽しくなってしまいますね。

時短メイクを求めて、CCクリームデビューする方も多いと思いますが、使ってみるととても便利な上にキレイな仕上がりになるのでビックリするのではないでしょうか。

コツ要らずでツヤ感のあるお肌が簡単に実現出来るので、CCクリームを使わない手は無いですね。

肌に優しい処方の商品や、カバー力にも強いタイプもあるので、自分の好みのCCクリームを選んでみて下さい。

ランキングで挙げたCCクリームは、人気がある商品、話題の商品、私が使って良いと思った商品を集めてみました。

是非、CCクリーム選びの参考にしていただければ、と思います。

CCクリームを毎日のベースメイクに採り入れて、素肌感を楽しみましょう。

記事内で紹介されている商品

アウェイク(AWAKE) プットオンアハッピー…

サイトを見る

エトヴォス(ETVOS) ミネラルCCクリーム

サイトを見る

カバーマーク スキンブライト クリームCC

サイトを見る

SUGAO(スガオ) エアーフィットCCクリーム …

サイトを見る

dプログラム 薬用 スキンケアベース CC

サイトを見る

SK-II (エスケーツー) アトモスフィア CC…

サイトを見る

DESENCIA (ディセンシア) サエルホワイト …

サイトを見る

トランシーノ 薬用ホワイトニング CCクリ…

サイトを見る

CHANEL(シャネル) CCクリーム N

サイトを見る

コーセー 雪肌精 ホワイト CCクリーム

サイトを見る

ナチュラグラッセ(naturaglace) メイクア…

サイトを見る

コスメデコルテ サンシェルタートーンアッ…

サイトを見る

【BANILA CO.】【バニラコ】イット・レデ…

サイトを見る

イヴ・サンローラン トップシークレット C…

サイトを見る

リンメル CCクリームエアリーフィニッシュ…

サイトを見る

関連記事