ヘアケアモニターが教える!市販ヘアカラートリートメントおすすめランキング9選

年齢を重ねたと実感するのは、なんといっても髪の変化ではないでしょうか?とくに女性は、髪にちらほら白いものを見つけると大変ショックですよね。髪の変化は、誰しもが起こるものです。白髪が増えてしまうとおしゃれ染めのように数カ月に1回染めるわけにはいきません。

根元の伸びるたびにそこから白くなってしまうからです。かといって月に何度も染めると髪た頭皮に負担がかかってしまいます。その場合に、有効なのがヘアカラートリートメントです。今回は、髪や頭皮に負担が少なく髪の悩みを解決できるヘアトリートメントについてお話します。

 

市販ヘアカラートリートメントとは?

ヘアカラートリートメントとは、おしゃれ染めのヘアカラーのようにしっかりと髪を染めるものではなく、通常のヘアトリートメントと同じように使うことで、ヘアケアを行いながら髪の表面にカラー料で着色するタイプのものです。

おしゃれ染めの本格的なヘアカラーは、毛を脱色して色を入れるようなものですが、ヘアカラートリートメントは、表面に色を塗布していくというものなので髪に負担は少なくなります。

 

市販ヘアカラートリートメントのメリットとデメリット

市販のヘアカラートリートメントは、大変便利なアイテムでもありますが、メリットとデメリットも、もちろんあります。ヘアカラートリートメントの特徴についてお話します。

 

メリット

市販のおしゃれ染めであるセルフカラーとは染め方が違うということですね。メリットとしては、髪や頭皮に負担なく染められるということです。セルフカラーのようにしっかり1回で染まりませんが繰り返し使用することで徐々に白髪が目立たなくなりますので自然に誰にも気づかれず染めることができます。

トリートメント効果もあるので使うたびに艶やハリも一緒に楽しめます。それからもし、色が気に入らないとか髪に合わないと思ったら、色はシャンプーのたびに抜けるので他のものにも切り替えやすいです。根元の毛が伸びても特別にそこだけ染めることもしなくてもトリートメントの用に使えるので簡単です。

本格的なヘアカラーのよりも低価格で1度で使いきりというものではなく、継続して使うことができて経済的なものが多いです。洗髪と同時にお風呂でできるので、わざわざケープなど服が汚れないような準備も不必要です。

 

デメリット

デメリットとしては、使用を中断するとシャンプーのたびに色が落ちてしまうことです。継続してこそ発揮されます。シャンプーだけするより手間も時間も毎回かかるので、お風呂の時間が長くなることもあります。めんどくさがり屋さんは少し大変かもしれません。

それから、色はセルフカラーより入りにくいです。なのでしっかり色を入れたい方には、物足りなく感じることもあるかもしれません。それから黒髪には着色は、ほとんどできません。ヘアカラーをしたことのない髪の方やあらかじめ暗い色のヘアカラーをしている方は染まりにくいのでおすすめできません。

しっかり色を入れたい方は、まずはセルフカラーや美容院で白髪染めをして、その補助としてヘアカラートリーメントを使うと有効です。すぐに染まるものではないので、次の日に大事な用事があるときなどはヘアカラーのほうがいいでしょう。気になる白髪を自然にわからないようにするような普段使いにおすすめです。

 

 市販ヘアカラートリートメントの選び方

化粧品

白髪に悩んでいる友人たちの話を聞くと、やはり1番重視していることは、頭皮や髪に優しいものですね。白髪でも悩んでいるのに、髪が傷んだらもっと悩むことになるから成分にはこだわっている人が多いです。

たとえば、パラベンフリーやシリコンフリー、鉱物油フリーなど無添加にこだわると髪に優しいです。

それから、キューティクルを整えるために髪の保湿はかかせないので保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲン入りなどのものもいいですね。

それから、自然由来の海藻エキスや植物エキスなどのナチュラルな成分が入っているものもいいですね。白髪になると髪にコシやツヤがなくなります。

エッセンシャルオイルなどオーガニック成分で艶を与えるものや細い髪をするような育毛成分が入ったものにも注目するといいと思います。染毛剤でもあるので、すべて自然な成分でというものは染まり方も緩やかな場合もあります。どこかにこだわるとしたら保湿ですね。髪は色だけでなく艶も大事なものになるのでしっかりと保湿して指通りよく仕上がるものを選びましょう。

 

口コミが良くても染まらないのはなぜ?

カラーリング

しっかりと染まるという口コミを見ると、期待して買って使ってみたら、ぜんぜん染まらないという方もいると思います。口コミでもがっかりしたというコメントをたまにみますよね。髪が太く硬い方は、白髪であっても染まりにくい傾向にあります。私がそうだからよくわかります。

私はおしゃれ染めですが、推奨時間よりも長く時間を置かないと染まりません。美容院で、ヘアマニキュアというものがあるのをご存知ですか?

こちらもヘアカラートリートメントのような髪の表面に色とつけて艶を出すものですが、美容師さん泣かせの髪でぜんぜん色が入らないということを良くお言われていました。

そういった方は、とくにヘアカラートリートメントはほんのりと色づくものなので満足しにくいかもしれません。ただ、ヘアカラートリートメントの中でもしっかりと時間を置いて色を入れるタイプであれば、わりと色がつきやすくなるとは思います。

ただその場合も、繰り返し使って染まりやすい人よりは、何度も繰り返しているうちに色が安定するという感じにはなると思います。それから、量が足りていないことや使い方や塗布方法を間違っているものなども同じく染まらない原因になります。

乾いた髪につけるとかいてあるものもありますので間違わないようにしましょう。トリートメントといっても、普通のトリートメントとは違うということを頭に入れて処方をまずは確認して使うことが最も必要になります。

 

綺麗な子が使っている!ヘアカラートリートメントおすすめ2選

スポーツジムのお化粧室でシャワー後に髪を乾かすときに隣になったたくさんの女性と話をするのですが、やはり悩みは白髪のことですね。見た目では全然わからない方も多いのですが、白髪が生えやすい人は、若いころから悩んで長いという人も多いです。

もともとスポーツジムへ通っている方達ですから、年齢を問わず美容やヘアケアにこだわっているという方も多いので勉強になりますね。

白髪が気になるから美容院へ行くとかヘアカラーは傷むからヘアトリートメントをしているという話も良く聞きますね。そこでどんなものを使っているかという話になります。その中でよく話題にあがるものをご紹介します。

 

DHC Q10クイックカラートリートメント

参考価格2139円。やっぱり女性は白髪染め系のものを買うのを戸惑うことも多いと思います。買うところを見られたくないという方も多いと思います.DHCはご存知のように有名通販コスメ会社です。サプリメントも有名ですよね。そのついでに気になったので買って良かったからリピートしているという方が多かったです。

使用するたびに徐々に白髪やカラーリングのあせた部分に表面から染めていきます。ヘアカラートリートメントなので白髪は、使うたびに徐々に染まっていくような感じですが、黒髪への色づきは目立ちません。  もとの髪色や髪質や白髪の量などで仕上がりが異なります。

シャンプーをするたびに少しずつ色落ちをします。手や爪の間に色が入っても、すぐに石けんで洗い流せば落ちます。ヘアカラートリートメントについては、石鹸で洗えば落ちるので素手でできるものがほとんどですが、気になる方はビニール手袋などをつけてやってもいいと思います。

色合いについては、白髪が黒髪やブラウンにしっかり染まるというわけではなく、真っ白だったのがほんのり色づいてきて光があたっても目立ちにくくなるような感じです。白髪がちらほら出てきている人ならそのまま、白髪が多い方などは1度ヘアカラーでしっかり染めて、その補助に使っているという方が私の周りには多いです。

 

ルプルプ ヘアカラートリートメント

参考価格3240円。こちらは、ヘアカラートリートメントで有名なルプルプのものですね。口コミはいろいろありますが、2018年にリニューアルしたものであるので期待は持てますよね。

ヘアカラーモニターやコスメモニターを多数している私は、やはりどんどん進化を感じています。リニューアルしてあまりよくなったという方も商品によって感じる方もいますが、たぶん、使用感だけじゃなく成分などの内容を変えていくものが多いのではないかなという印象があります。

より安全により負担なくなってくるというのが、今のヘアケア業界の流行なので注目すべきものかなと思います。こちらは、愛用していた方がさらに使いやすくなったという口コミもありました。

色は 赤みのある華やかなダークブラウンです。男女兼用で使うたびに自然に染まっていくものですね。今回のリニューアルでは、海洋由来の保湿成分「ルプルプ Wフコイダン」と「ヒアルロン酸」で潤いを与えながら頭皮と髪を守ります。

それから、従来のものより カラーリング力が約120%にアップさせています。さらに染まりやすく 5つの植物オイル、メドウフォーム油、月見草油、ひまわり油、マンゴー種子油、オリーブ油を新配合で髪への潤いと柔軟性がアップしています。

使った方の声を元にテクスチャーも柔らかくなり塗り広げやすく改良しました。香りは、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油の爽やかな香りで、染める時のツンとしたニオイを軽減しています。

植物由来の天然色素であるベニバナ、クチナシ、藍の葉・茎などで、頭皮と髪をいたわりながら、ナチュラル染めるたびに白髪をカラーリングします。低刺激なので素手や濡れた手でも使えます。

ジアミン系成分のタール系色素不使用、シリコーン(ジメチコン)不使用、合成香料不使用、無鉱物油、ノンパラベン、動物性原料不使用、アレルギーパッチテスト済みで成分にはとことんこだわっているようです。

 

 

 市販ヘアカラートリートメントおすすめランキングTOP7

気軽にお風呂のシャンプーの後に染められるヘアカラートリートメントはとても人気があります。トリートメントしながら染めていくものなので髪に負担なく気軽に楽しめるということでストックされている方も多いようです。

自分の髪に合うものを探したい場合は、たくさんの種類が1度に見れるアマゾンなどの総合サイトがおすすめです。ネット販売になると実店舗よりたくさんの種類があるので迷いますよね。周りの人が使っていたり口コミがいいもの、それから、髪や頭皮に優しく満足度が高いと思われるヘアカラートリートメントをランキング方式でご紹介します。

 

7位 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

参考価格1158円。こちらは50歳以上の女性のために作られたヘアカラートリートメントです。こういったものの場合、そんなに年をとっていないしなどと躊躇することもあろうかと思いますが、年齢を重ねて女性のためのものはまず、使い心地が良いものが多いです。年齢を重ねているということは、女性である年数も長いということであるので、細かいところまでメーカーは配慮してつくってることが多いのではないかなと思います。

1本につき、ショートヘアなら約5回分です。よく染まるよう、シャンプー前の乾いた状態で行うのがベストです。注目は、価格設定ですね。主婦の方でも買いやすくリピートしやすい値段に設定してあります。頭皮の加齢現象にも着目したもので潤い成分である4種の海藻成分、アラリアエスクレンタエキス、ヒジキエキス、ワカメエキス、カギイバラノリエキスを配合してあります。

忙しい主婦向けに1週間1回でしっかりと1度で染まるように作られています。年齢を重ねた方向けなので、白髪が多めの方にもしっかり染まるタイプです。色落ちしにくいこだわりの成分配合で長持ちします。ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3色あります。

 

6位 アンナドンナ エブリ カラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

アンナドンナ エブリ カラートリートメント

参考価格1512円。こちらは、白髪染めだけではなく、おしゃれ染めなどで明るい個性的な色にカラーリングしているかたなどにも人気の高いものです。色展開も、ブルーやバイオレットなど豊富です。傷んだ髪のダメージをケアしながらできるカラーリングできるトリートメントですね。

トリートメントしながら5分ででき、素手で使えてるので手軽です。ほんのりごく自然に染まり、連続使用すれば自然に染まります。ご使用を中止すれば、シャンプーの度に落ち、生え際との差もでにくくなります。男性でアッシュ系やシルバー系に染めている方などがカラーリングの褪色予防やカラーリングまでの間に使っている方が多いです。

明るい個性的な色を入れている方は、髪をブリーチしている方が多いので色が入りやすいです。カラートリートメントでありますが、色の入り方もしっかりめなので気に入った色を使ったり、ヘアカラーの色に合わせたり、または数色混ぜて使うなどいろいろな使い方ができるものです。

 

5位 ホーユー レセ カラートリートメント

参考価格1480円。こちらは、セルフヘアカラーでも有名なホーユーのものですね。ヘアカラーがあるものは、ヘアカラートリートメントと合わせて使うと、その間に褪色予防としても色が似ているのでムラも少なく自然に見えるのではないでしょうか。こちらは、髪と地肌をやさしい処方にこだわっています。繰り返し使うたびに色がづいて自然な髪色になります。

独自技術により、白髪を染めるヘアカラートリートメントにありがちな青味や緑味が残りにくくなるように工夫されています。シャンプー後も自然に褪色し、次回のヘアカラーもキレイに発色するように継続も考えられているものです。

ツンとしたニオイもなく使いやすさにもこだわっています。 コームとブラシが背中合わせに一本になっている道具のブラシ部で乾いた髪に塗布します。こちらは、さらにしっかり染めるにはラップを頭に巻くといいようです。

時間をおけばおくほど染まるという口コミがあり、しっかり染めたいなら60分くらいそのまま放置というやり方もいいようです。こうすると、色の入り方もさらによくなり、トリートメント効果で艶も期待できます。気軽に使うというよりは、白髪が生え際や頭頂部から多めに出てしまうというかたは、満足度の高いヘアトリートメントです。

 

4位 LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

参考価格3240円。こちらは、頭皮や髪の悩みがある方のヘアケア専門メーカーのアートネイチャーのものです。なんと髪になじませて3分で色が密着するヘアカラートリートメントです。忙しい方やじっくり待つのは面倒な方でもすぐできます。香りもツンとしない癒やされるフローラルアロマの香りです。

白髪染めによる髪の傷みが気になる方、美容院に行く頻度を減らしたい方、美容院に行く時間がない方、まばらに出てくる白髪が目立つ方 などが、手軽に髪を表面から染めるタイプですね。

トリートメント効果も重視していて、使い続けるほどに艶や指通りアップするようにこだわりの厳選した美容成分で作られています。白髪の表面をカラーリングしながら髪自体のケアもできるヘアカラートリートメントです。

使いはじめは、連続3日間使用を推奨しています。その後は、気になった時だけ使うのもいですし、3分と時間をおかなくてもいい処方なので毎日使っても問題ありません。

こちらは、トリートメント成分もたっぷりと入ったものでもあるので、この後に他のトリートメントを使う必要はありません。色落ちをよくするためにも他のトリートメントやコンディショナーは使わず、こちらで最後に仕上げるという形をとりましょう。

 

3位 サイオス 濃密カラーリングマスク

参考価格1058円。カラーリングマスクと書いてありますが、ヘアマスクというようなイメージですね。ヘアケアトリートメントと同じように使います。こちらは、ダークブラウンですね。

深みのある暗めなブラウンです。私がおすすめしているカラーはダークブラウンが多いですが、ブラックだと重くなりがちなので少しブラウンが入っていたほうが自然かなと思います。染め時間は5分で短く、手間もかかりません。

こちらは、濡れた髪にも乾いた髪にもどちらにも使えるタイプです。時間がない時でも自分がやりやすいほうでOKなのはいいですよね。 傷んだ髪の補修へにもこだわっていて2つのケラチンが髪の内部に浸透してダメージを集中補修します。使うたびに艶も期待できるものです。

セルフカラーも販売しているメーカーなので、カラーの褪色ケアにも同色ラインを使うと自然だと思います。色もカラートリートメントの中でもしっかりと入るという口コミも多いものです。濃密カラーリングマスクと名前づけされているのもしっかりと染めてしっかりと潤すということなのかもしれませんね。

 

2位 ロレアル パリ エクセランス カラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

ロレアル パリ エクセランス カラートリートメント

参考価格2000円。ヘアヘアブランドで名高いロレアル パリ のものですね。髪を徐々に染めながら、艶とうるおいのある髪へと導くカラートリートメントです。使い心地が良く髪や頭皮に心地よい濃密なクリームテクスチャーでなじませやすいです。頭髪に密着して、ケア成分を浸透させながら、根元まで染まります。

プレミアムフローラルの香りも使いやすいと思います。これを使ってる人は多いですね。ロレアルのセルフカラーと一緒に併用できるので、褪色予防できて色が長持ちすると友人は言っていました。それから、染めると髪が傷んでごわごわして切れ毛などが増えますよね。こちらは、艶が出て指通りも良いから使いやすいようです。

口コミでは、美容師の友人からすすめられたというものや、メッシュを入れていて色が褪色し黄色く不自然になったときに綺麗に色が入るのでいいというものもありました。

ロレアルパリのヘアケア製品は私もたくさん使っていますが、お値段が手軽なのに満足できるものが多いです。しっとり感や艶感を重視している製品が多くあるので、ヘアカラートリートメントも使いやすいのではないかと思います。

 

1位 スカルプDボーテ カラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

スカルプDボーテ カラートリートメント

参考価格2800円。こちらは、育毛専門店のスカルプDのものですね。以前は男性中心の育毛ケア用品を販売されていましたが、今はまつ毛美容液なども女性向けの製品も人気ですよね。

髪の専門店が作っているものは、やはり成分にこだわっているところがとてもいいところだと思います。今だけでなく将来の髪を見据えて作ってあります。100kgの果実から1リットルしか取れない、貴重な高品質アルガンオイルが、髪の内部まで浸透し、カラーリングと同時にツヤを与えます。

それから、 アカミノキ、グアイアズレン、甘草3種の天然由来色素を厳選し、カラーリングを重ねても、髪と頭皮にやさしく健やかに保てるような処方になっています。

一般的なヘアカラートリートメントに多い不満点はといえば、染まりの悪さだと思います。そこでスカルプDは浸透性コラーゲン+ゼインンの独自処方で抜群の染まり、色持ちを保つことにこだわっています。口コミでも良く染まり色持ちがいいというものが大変多いですね。

でも、5分で染まるので時短にもなり手間もかからないところも人気です。髪の潤いにはヒアルロン酸を艶は アルガンオイルで出します。最初は3日連続でのご使用をおすすめします。その後は週1回程度のケアで充分保てるようです。髪色にあわせてダークブラウンとナチュラルブラックがあります。

リラックスローズの香りでツンとした香りのなく気軽に染められます。ただ、染まりがいいのでお風呂の中や洗面台などに色がつきやすいとのことなので、不要なところにはなるべく付けないことや早めに周りも流すことおすすめします。

もし、ついてしまったまま放置してややとれにくい場合はハイターなどの漂白剤を使えば問題はないようです。

 

カラートリートメントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カラートリートメントの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

 

ヘアカラートリートメントの使い時をチェック!

実際に私は、子供が大学生になる子供の母親なので年齢を重ねてきてはいるのですが、白髪がほとんどありません。もちろん、ちらほらは出てきてるのですが、数本出る程度で少ないです。ヘアカラートリートメントをモニターで使ってみたことはありますが、もともと白髪がほとんどないので染まったかどうかもわからないという感じでした。

やはり、ある程度本数が出てからでいいかなともいます。黒い髪やおしゃれ染めで染まってる髪には色は、つかないもの多いです。私と同じ年齢の友人や年上の方はもちろん年下の方も白髪が多く悩んでいる人はたくさんいます。私の見解としては、白髪はもちろん年齢を重ねて気になるものでもあるのですが、遺伝や体質で白髪の量は違ってくるということでだと思います。

私の母も白髪が少なくて70代になりますが、まばらに出るくらいなので私は白髪の少ない髪の遺伝なんだろうなと思っています。白髪になる場所でもイメージが違ってきますよね。

耳の横などの生え際や頭頂部から一気に白髪になるような方はとくにお悩みが多いですよね。でも、肌がすごく綺麗で若い友人も実は白髪は若い時から多くて悩みだったという人もいます。なので、白髪は年齢を重ねたサインということでもないのかなと思っています。

その人の体質によって違うと思うので、気になる白髪さえケアしてしまえば若々しい印象の方もたくさん周りにはいます。それから、学生の時から悩んでいる方も多いかなと思います。

若くて白髪が多い方もヘアカラートリートメントなら髪にも頭皮にも負担がかからないので検討してみるのもいいかなと思います。

記事内で紹介されている商品

DHC Q10クイックカラートリートメント

サイトを見る

ルプルプ ヘアカラートリートメント

サイトを見る

50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

サイトを見る

アンナドンナ エブリ カラートリートメント

サイトを見る

ホーユー レセ カラートリートメント

サイトを見る

LABOMO スカルプアロマ ヘアカラートリー…

サイトを見る

サイオス 濃密カラーリングマスク

サイトを見る

ロレアル パリ エクセランス カラートリー…

サイトを見る

スカルプDボーテ カラートリートメント

サイトを見る

関連記事