ヘアケアモニターが教える、自分の髪質を変えることができるヘアマスクおすすめ10選

綺麗な髪、憧れますよね。長く伸ばしたいと思うけど、すぐ傷んじゃうし、まとまらなくてすぐ切ってしまう方も多いかと思います。

そんな時、髪質がよくないからとあきらめていませんか?

肌は、コスメを使ったからといってすぐつるつるになるわけではありませんが、髪は違います。

例をあげると、美容院帰りを思い出してください。まるで、自分の髪ではないように髪の艶もさわり心地も違いますよね?

それは、もちろん美容師さんの技術のおかげとも言えるわけですが、もう1つ理由があります。

それは、シャンプーをしてもらうときに、こだわりのヘアケアを使っているからです。

美容院では、速攻性がでる高級なヘアケア用品で洗髪をしていることが多いです。そのため、まるで自分の髪ではにように決まるわけですね。

けど、それは業務用です。もちろん販売もされているところもありますが、大変高価なものが多いように思います。

それだと続けられませんよね?プロの技術と高価なヘアケア用品がなくても、髪の質が変わる方法があります。

それが、自宅でヘアマスクというものをプラスすることです。

ドラックストアやネットでもプチプラでも、良さが実感できるものはたくさんあります。

たくさんのヘアケアモニターの依頼を受けている長い髪にちょっと自信がある私が、髪をずっと伸ばしていられることができるのに一役買っているヘアマスクをご紹介します。

 

目次

ヘアマスクってどういったもの?

つばき ヘアマスク 中身

 

シャンプーが清潔に頭皮と髪をケアするもので、コンディショナーが美しく魅せるものというのは、みなさんご存知ですよね。

ヘアマスクは髪に栄養を与え元気にするものです。

トリートメント、ヘアパック、ヘアマスクが髪を中から綺麗に導く手助けをしてもらうものであり、左から順により効果が高いというとわかりやすいでしょうか。

こちらの3つについては、メーカーによって、いい方が違うものもありますので、厳密に全然違うものというものではないようです。

ジャーポットに入っているものが多いですが、チューブのものもあります。

コスメで言えば美容液とかフェイスマスクのような裏技的なものですね。

これらのコスメが使うことでより肌を綺麗に導く手助けをしてくれるようにヘアマスクを使うことで、自分の髪を強く美しく土台から変えていくというのがヘアマスクの役割です。

毎日使うものというわけではなく、髪が傷んでいるときにレスキュー的な使い方や髪が傷まないように予防的に週に2から3回くらいシャンプーとコンディショナーの間にプラスする特別ヘアアイテムということになります。

 

正しいヘアマスクの使い方は?

1番大事なことは、製品を買ったら面倒でも使い方は確認することです。

なぜなら、コスメでもそうですが、ヘアケアに関してなどの美容製品はメーカーによっては一般的な使い方をしないほうが効果が上がるというものもあります。

そこは、ヘアケアに限らずコスメも注意しましょう。

でも、ほとんどの場合は、シャンプーのあとにヘアマスク、そしてコンディショナーという使い方します。

先ほど説明しましたようにヘアマスクとトリートメントとヘアパックの役割は同じです。

髪の質をどうしたいか、または傷み具合によってタイプを選びましょう。1番しっかりケアをしたいならヘアマスクおすすめです。

テクスチャーをさわってもらってもわかりますが、ジャーポットタイプに入ってるものが多く(チューブのものもあります)手でとったときに固いです。

こってりしたクリームのような感じですね。この濃さが特に傷みやすい毛先までしっかりとつつみ髪をケアしてくれる証拠です。

去年くらいから、数秒でOKのものや、つけてすぐ洗い流してOKという記述のヘアマスクもどんどん売りだされ大ヒットしました。

実際に使ってみましたが、本当です。

すぐ髪がやわらなくしんなりとシャワーで流すと実感できます。

 

ヘアマスクの効果的な使い方でさらに仕上がりに満足しよう!

さらに効果を高めようと思ったらどの製品でもしっかり髪に浸透させることが大事です。

ネットなどには、蒸しタオルを10分くらいまくというものも多いですが、実際めんどくさいですよね。

私や私の周りの髪が長い友人たちは共通して、まずお風呂に入ったら髪を1番最初に洗います。それから軽くタオルでオフするか面倒だったら髪を手でしぼって水分をとります。

そこにヘアマスクをして、その上に乾いたタオルを巻き付けておいたり、ホテルでもらうシャワーキャップをつかったりう、100円ショップで洗えるヘアーキャップとかを使っている人もいますね。

しっかりと髪にヘアマスクを浸透させるひと手間が美しい髪への近道になります。

 

ヘアマスクは少し時間を置くとさらにいい!待ち時間は、どうしているの?

ヘアマスクをして、そのまま待っていると風邪をひきますよね。

髪の綺麗な友人などに聞いてみると、その間に脱毛ケアをしたり角質ケアしたりとさらにボディケアをしている人も多数います。

それから、ヘアマスクまでして髪をタオルで包んだまま湯船に半身浴や本を読む人もいますし、ゆっくり湯船で妄想を楽しむ人もいました。

歌を3曲くらい歌うなど言う人もいます。

そうやって、ヘアマスクをした髪をしばらく楽しみながら放置しておくでさらに浸透させているんですよね。

その後にシャワーで流します。流した瞬間から、髪が柔らかくなる感じわかると思います。

そして、コンディショナーで髪の表面をコーティングします。コンディショナーは髪の表面を美しくするののなので必ず使いましょう。

その後、体を洗うということをしています。

体を最後に洗うのは、ヘアパックとかコンディショナーはヌルヌルが残るので肌についたままだとよくないということで最後に体を洗う人が多いです。

今はヘアマスクの効能がとってもよくなってきて水分をとらなくても大丈夫ですなどというものも多いのですが、本当にケアをしたいと思ったら水分はある程度とって、さらに時間を置くことが必須。

このやり方をすれば、プチプラなヘアマスクも、高級ヘアマスクくらいの威力はあると私は思います。

ケアは愛情をどれだけかけてやるか。ここは大事です。

ヘアマスクは、週に2,3回と考えるとそこまで苦にならないと思います。

その分、ヘアケアは効果を自分が感じやすいので実感できると思いますよ。

 

ヘアマスクとトリートメントの違いは?

効能的には、変わらないもので使い方も変わらないことは先ほどお話しました。

テクスチャーでいうとトリートメントのほうがやわらかく、ヘアマスクは固めの物が多いような気がします。

専門的には、潤い効果などのケア成分が3倍くらいヘアマスクのほうが密度が高いようです。

そのかわり、ヘアマスクのほうが、お値段も量の割には高いかなと思います。

先ほども書きましたが、メーカーによってはトリートメントまでやヘアパックまでというものがありますが、その場合は、少しヘアマスクに近いような成分になっていると思います。

ヘアマスクとヘアパックは、とくに表記があいまいな部分があるかなと思うので、使った印象で決めると多と思います。

私もトリートメントもヘアマスクもどちらとも使いますが、私の場合は、痛みがそこまでないけど髪のなめらかさをさらにあげたいときはトリートメント、カラーリングをしたばっかりとか髪がきしんで調子が悪いとか乾燥がひどいなど、コンディションが悪いときにヘアマスクを使いますね。

ヘアマスクよりトリートメントのほうがたぶん種類も多いと思うんですよね。

私の髪が多くて固い髪質の場合は、トリートメントだと私はしっとりとした髪の仕上がりが好きなので毎日してもそこまで重くならないと思いますが、ヘアマスクの場合、髪がしっとりして重みがでるので毎日するとまとまりすぎて束感が出てしまうという自分的実験結果はありますね。

もちろん、メーカーによっても仕上がりが変わってくるし、人によって好みも変わってくるので、どちらが自分にあうのか、または、自分の髪によって使い分けるということもおすすめです。

 

最近よく聞く「ノンシリコン」って何?

ヘアケア界やコスメ界でブームになったのがノンシリコンです。

ノンシリコン?一体なに?といまだにわからないけどあまりにも有名な言葉になりすぎていまさら聞けない方も多いのではないでしょうか?

簡単にいえばノーシリコンです。

シリコンが入ってないもの、ノンシリコンシャンプーだとシリコンが入っていないシャンプーということになります。

ではシリコンとはなんだろう?ということになりますよね。

一昔前だと、入っていないものはないこともなかったのですが、人気がまったくありませんでした。

イメージは、無添加せっけんシャンプーなど赤ちゃん用のような肌にやしくて不要なものは入ってないけど、髪がきしみ、もつれるけど頭皮は綺麗になるといったものと言えばわかりやすいかな。

シリコンは髪を美しくみせる成分のことです。艶を出して見た目をよくするものですね。

コスメでもそうです。

ツルンと肌をみせたり見た目をこちらもよくするもの。

そうなんです。見た目をよくするものというのはメイクをしたままということですよね。

本当は、入ってないほうが安心なんだけど見た目をよくしたいということからシリコンは以前は大歓迎されていたんですが、髪や肌に使うたびに負担がかかるということが問題になったんですね。

とくにヘアケアでは、髪のことを1番に考えると入ってないものが良いというのでブームが起きたわけです。

最初は、やっぱりきしむとかもつれるなどとても使いにくかったのですが、やはり研究が進んでノンシリコンでもしっとりとするものがシャンプーなどでも増えてきて使いやすくなりました。

 

シリコン入りは、使わないほうがいいの?

軽くふんわりした仕上がりが好みならノンシリコンがおすすめです。

髪に負担もかかりませんからね。

でも、わたしのように髪が長くてカラーリングなどしてダメージが気になる髪には、やはりシリコン入りのほうが艶が出て綺麗に見えるというのが本音です。

今は、シリコン入りのものであっても、他の成分で優しさを補っているものも多数あります。

私の場合は、コンディションがいい時は、ノンシリコンのヘアケアを使い、髪の調子が悪い時や綺麗な髪でいたい特別な日が近い時は、シリコン入りを使います。

そういうふうに使い分けることで、髪に負担もかかりにくいですし、満足するロングストレートの髪が保てています。

女は欲張りな生き物であるので、どっちもいいところは活かすというやり方でどちらかに決めてしまわなくてもいいのではないかと個人的には思います。

たまに、美容にこだわり過ぎて、こうじゃないとダメという女性を見ることがありますが、もしそれが本当は間違っていた場合こわいですよね。

新しいいいものにも気づかずに時代遅れのケアを続けていって古い女になることもあるかもしれません。

ヘアケアに限らず、美容モニターをしていて思うことは、美容にいいことってコロコロ変わるんですよね。

たとえば、ぬるめのお風呂に半身浴が肌にいいとかいっていたと思ったら、熱いお湯に肩までつかったほうが若返るとかいう研究が発表されたりと変わるんです。

その発表があったときに、熱いお湯派の私はやっぱりそうじゃんとか思いましたもんね。

もちろん、使い方や美容法は正しいとするものをやるべきなんですが、最終的には自分の好みや使いやすい方法を開発して独自でやって言っている人の方が満足いく綺麗を手に入れることができるのではないでしょうか。

 

ヘアマスクはどうやって選べばいいの?

ツバキ ヘアマスク パケ

まずはイメージを持つことです。どんな髪になりたいのか?どんな髪質になりたいのか?ということを考えます。

簡単にいえば、髪をなめらかにボリュームを抑えたいのか、髪にコシをだしてボリュームを出したいのか?この2択を選びます。

それから、メーカーについてですが、1番最初に使うべきは、シャンプーと同じメーカーのものです。

ヘアケアメーカーは、コスメメーカーと同じようにトータルバランスで製品を作っています。

同じラインでそろえることで、まず香りが喧嘩しません。それから相乗効果が得られるものもたくさんあります。

そこで、使ってみてさらにもっとなめらかにやわらかくしたいとか、ハリをだしてふんわり仕上げたいと物足りなさを感じたときに、他のメーカーや口コミのいい理想の髪室になると思われるようなものを使ってみることです。

それから、私の経験ですが、シャンプーを変えたときなどに髪の質感が妙にいいときがありますよね?

それは、足りない部分が補われてなのか違う成分で髪が喜んだのかはっきりはわからないですが、みなさんもありますよね?

ヘアマスクも同じで、髪の中にしっかりと栄養成分をいれるものでありますが、メーカーやブランドによって成分が変わります。

毎回変えろとはいいませんが、たまに別のものを使ってみると髪質がさらに満足できるものになったり、新しいものを使うことはウキウキしますよね。

女性はうれしい気持ちが綺麗につながります。

そういった部分でも、いろいろなメーカーをコスメと同じように楽しみに選んでみることも、髪だけでなく心のうるおいもプラスできるような気がします。

 

男性のみなさん!ヘアマスクを見逃していませんか?

私は、いつも不思議に思うんです。男性用のシャンプーやヘアケア商品も私は多数自分のブログで紹介させていただいているんです。

(理由は男性は美容ブロガーがとても少ないからです。声がかかります)

その時に、実際にシャンプーなど使ってみますし、勉強がて市販の男性用のもので洗ったりしたこともなんでもあります。

でも、なんなんでしょうか。

髪がきしむ、ひりひり頭皮がするなど、私からすれば手洗い石鹸で洗ったのではなかろうかというものも多数存在することは確か。

どうも、男性用は頭皮ばかり気にしてる傾向にありますよね。女性用は逆に頭皮を気にするものは年配の方向けの物が多く、こちらも髪がきしみやすいものが多いです。

髪が乾燥してきしむともつれますよね。髪をととのえるときにブラシやクシに絡まります。

みんな、びっくりするんですが、私は髪が長くストレートなんですが、朝は髪を手グシでととのえるだけのときも多いです。

でも艶もあり綺麗だとほめられる。

髪にしっかりくしを通せば、髪がたくさん抜けます。

男性のみなさんは髪のことを気にされる方多いと思います。

多くてむさくるしくなる方は、ボリュームをおさえてしっとりするもの、そして、髪の量が薄く細い方は、ボリュームがある元気な髪にすることが大事です。

ヘアマスクは、髪に栄養を与え髪の質をあげるものです。頭皮ケアだけでは、意味がありません。

見た目を気にされている方がほとんどのように私は思いますので、それなら今ある髪を女性同じようにケアして髪質を自分でプロデュースすることです。

シャンプーなどと違い、ヘアマスクは、香りもそこまで強くないものも多く、多少きになっても、最初のメンズシャンプーの後にヘアマスクそしてメンズ用コンディショナーで髪を仕上げれば香りも抑えられます。初めは、奥さんや彼女のものを試しに使ってみるのもいいでしょう。

ネットで私も探してみたのですが、男性用のヘアマスクやヘアパックというのもはあるかもしれませんが、特別なものは見つけられませんでした。

あってもメンズ専用のトリートメントくらいでした。

そう考えると、後で紹介しますが、美容室や美容専門家がすすめる髪にこだわっているメーカーや女性用エイジングケアなど髪にハリを出すブランドを使ってみるといいと思います。

髪に栄養を与えるというコンセプトがヘアマスクにあるのにメンズ専用がほとんどないのは不思議に私は思います。

発売されたらうれそうですけどね。

 

イケメン芸能人はヘアマスクをみんなやっているはず。

ちなみに、芸能人のイケメン男性の方は、髪もきちんとケアをプロからしてもらってるので髪に艶があります。

髪に関しても特別なケアはやっているはずです。メイクのときにスチームをあてているくらいですから。

一般男性は、髪型と髪の色しか気にならない方が多いのは、損をしているなと個人的には思います。

女性と男性の髪は、子供の時を思い出すとわかるように大差は本当はありません。

男性ホルモンの関係で薄くなることはあったとしても、もともとの髪質は女性と同じように、かたい人もいて柔らかい人もいるということですね。髪は、ヘアケアで変わりやすいものです。

髪が綺麗な男性の髪は、わたしも触ってみたくなりますね。

俳優さんやアイドルさんの髪はつやつやしているのは、プロの手でしっかりヘアケアをしているからです。

それから髪型にこだわっているおしゃれな男性は、美容室へ行っていることが多いような気がします。

男性用美容室もありますが、私の通ってる美容室にも男性の方たくさんいらっしゃいますね。

個人的な意見として、私も男性に切ってもらうほうが、髪は女らしくなります。

男性美容師は自分の好みに仕上げるので、このほうがかわいいとアドバイスしてくれる人も多いですよね。

男性も女性美容師さんのほうが女性に人気のある髪型になることが多いような気がします。

異性だと自分好みに仕上げることが多いのでモテないと思ってる男性のみなさんは女性が通う美容院で女性の美容師さんに切ってもらうこともおすすめです。

それから理髪店と美容室では、シャンプーなどのケアも違ってくるので、まずは、行くお店を変えてみて、そこでヘアマスクやトリートメントでケアしてもらって気に入れば、美容室専売の物を購入してみるのもいいかもしれませんね。

 

ヘアマスクは自分の髪質の悩みに合わせよう!

ヘアマスクでは自分の髪質に合わせることが必要です。

例えば、傷んだ髪には「ケラチン」が配合されているものを使うことがおすすめです。

よく聞く名前ですよね。こちらは、髪表面のキューティクルが傷むとはがれてしまうので、その部分を修復してツルンとなめらかにするような役割があるようです。

それから、ノンシリコンについてですが、シリコン入りですとは書かれていません。

企業側も今シリコンが歓迎されているとは思ってはいないので。なので、裏面などに表記されているものを見て「ジメチコン」や「アモジメチコン」など記載されているとシリコン入りということになります。ノンシリコンで説明したように、シリコンは髪の見た目をよい仕上がりをするものでもあります。

髪に優しい面で言えば必要ないものですが、綺麗に髪を見せたい日には使うべきものでもあるかなと個人的には思います。

たぶん、女性の方は理系出身でない限り、理数系苦手ですよね?私もそうですが、表記な質量などを見てもよくわからないのが本音だと思います。

そこで、1番見分けやすいのは、写真です。

たくさんのヘアケア用品には、髪の美しい女性のモデルさんの写真ついてたりしますよね。

その画像のイメージを参考にするといいです。それから、文言です。

しっとりしなやかになめらかに仕上がるとか、ふんわり軽くさらさらに仕上がるようなことをどこかに書いてあると思います。

しっとりは、髪が多くボリュームがでる方い髪の人向け、軽やかには、髪が細く少ない方、またはショートスタイルでふんわりさせたい方に向きます。

それから、コスメ口コミサイトでは、自分の髪質や髪の長さ、年齢が同じくらいの人のレビューを数人読むことや、CMなどであれば、モデルさんや女優さんの髪のイメージで選ぶということもいいと思います。女性は美容用品についてイメージで選ぶ傾向にあるので、企業側もそのようにしているそうです。

男性用については、成分や数値を詳しく書いてあるというのもうなづけますよね。

それから、余談ですが、ホームカラーも同じですね。カラーは今、たくさん色がありすぎてわかりませんよね。

その時に写真や絵などで、髪の長さや髪形、それから服装までのっているものもありますよね?

それも、企業側のおすすめイメージで、同じブラウンでも清楚にみえたりかわいく見えたり大人っぽくみえたり元気に見えたりとその色の雰囲気がわかりやすくしてあるそうです。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

おすすめヘアマスク10選

たくさんのヘアマスクが発売されています。

たくさんありすぎて迷いますよね。

私のように、しっとりと肩に落ちるなめらかな髪にしたい方や髪の少なめでボリュームがほしい女性や髪の本格的ケアをしたい男性などに、おおすすめのヘアマスクを厳選してご紹介します。

 

しっとりと流れるような女らしい髪を持続したい人向き

女性用のヘアマスクは、数えきれないほどあります。正直、お値段が高いものは速攻性がありますし、なかなか手に入れにくいものもあります。

美容院専売などもありますよね。

そこで、今回は、プチプラでしかも、ドラックストアやネットで手に入りやすいものでおすすめのヘアマスクをご紹介したいと思います。

女性の場合は、髪は一生大事にしなくてはいけないものだと私は思うし、それから、継続してケアをしていると高価なものでなくても髪は美しく保てるのもその理由です。

 

パンテーン エクストラダメージケア バージンシャインヘアマスク

パンテーンいいですよね。

私は、高校生くらいからパンテーンをメインに使っていて、今でもヘアケアモニターでたくさんヘアケア用品をお試しさせえいただいたとしても、パンテーンシリーズのストックは必ずあります。

このお値段でこの仕上がりは、すごいと思うし、どんどん新しい製品やリニューアル製品が出て使うたびに満足するいい商品が多いと思います。

こちらのマスクも格別ですね。

パーマやカラーなどを繰り返したスカスカの髪でも、使うたびに 毛先までなめらかになり、指通りがよくなります。

こちらは、濃いテクスチャーでしっかりと毛先までコーティングします。

使い方は、シャンプー後に水分を軽くとって耳下から毛先まで、毛先を中心に手ぐしでムラなくもみこみます。

さらに両手で髪をはさみ毛先までよくなじませ、傷んだ毛先にもしっかり浸透させましょう。

数分おくのも効果的で、その場合、白くコクのある質感が水っぽく透明になります。そうするとしっかりなじんだ証拠です。

迷ったらパンテーンというくらい、このブランドを私は好きですね。髪が長くしっとりしなやかにしたい方には特におすすめです。

伸ばしかけの方も肩にかかるくらいが傷みやすいのでヘアマスクでしっかりケアしましょう。

 

KOSE ジュレーム アミノ ディープリペア アルゲ ヘアマスク

プチプラヘアケアたくさんありますが、私の中で急上昇中がなんといってもジュレームシリーズです。

ジュレームは、初回発売された時は、そうでもないなと正直思っていたのですが、いろいろなタイプ別のシャンプーとコンディショナーなども出てきて、とってもしっとりしなやかと書かれてるものは、本当にそうなります。ノンシリコンシャンプーなのにごわつかないなと満足できるものが多数あります。

こちらのヘアマスクは、シリコンは入っていますが、アミノ産をジュレームは18種類くらいつかっていてダメージ補修の効果がすごいです。

まだ、こちらは口コミなどもすくないのですが、しっとり感髪のやわらかさともに優秀。

私はジュレームはプチプラヘアケアで外せないと思っています。

かわいいパッケージのものも多く有名男性アイドルのCMで若い人向けのイメージもありますが、使い心地で言えば大人の女性のみなさん、髪を巻いたりカラーリングをしたりパーマをかけたりしている美に妥協のない方々におすすめですね。

それから、香りが可愛く女らしいものも多いのもおすすめです。

こちらは、ハーバルフローラルの香りで、リラックスできる優しい香りです。

 

TSUBAKI プレミアムリペアマスク

今、私がつかっているリペアマスクですね。

裏の表示には「ヘアパック」と書いてありますが、私は他のヘアマスクと変わらない髪の補修となめらかさが優れていると現在感じているので載せました。

髪が毛先まで柔らかくなるかんじですね。

しかも、こちらは今流行中の すぐ洗い流せて手間要らず、なのにサロン帰りのような髪の仕上がりにとの説明通り、つけて流すだけで髪質が一瞬で変わるのを感じます。

忙しいときなども大変重宝していますね。

もちろん、時間を置くとさらに髪のなめらかさと艶もアップする優れモノです。

イメージを大事にする資生堂さんのものですからね、あのモデルさん女優さんのように綺麗になりたいという気持ちも髪が美しくなる要因にも確実になっていると思います。

コスメメーカーが出しているだけあって、パケも高級感があり浴室においていても素敵です。

 

アジエンス 濃密ヘアマスク

アジエンスと言えば、アジアの女性の髪を研究してつくられたブランドですよね。

ストレートロングに仕上げたいとおもったらアジエンスいいと思います。

肩くらいのストレートボブの人にもおすすめですね。

コクのある濃密なクリームが髪1本1本をなめらかに包んでくれます。

パックするようにそのまま5分間おくと、しっとり成分が髪の内側までじっくり浸透して洗い流した瞬間から、指先でとろけるような、しなやかな髪を感じることができます。

ヘアマスクをシャワーで流すときに、手グシで整えながら流すと上から髪がほろほろほどけて綿の糸が、絹の糸に変わるような髪のやわらかさが一瞬で変わる感じですね。

私は、花王さんのヘアケアモニターを以前していたことがありまして、すごく日本人の髪を研究しているんですよね。

この間は、一般人向けキャンペーンで、髪を2本送って無料で髪質診断をしてくれるというものもありやってもらいましたね。

そのときに、サンプルを研究に使わせていただきますみたいなことを許可するようなアンケートなどもありました。

今の女性の年齢や生活スタイルやカラーリングなども含めどこまでも深く研究している会社なんだろうなと思いました。

花王さんは、肌に優しいものも多く、なにかあっても連絡窓口などもネット販売でも紹介されていて安心できるメーカーであることは間違いないと思っています。

 

ルベル イオ ディープマスク

こちらは、コスメ口コミサイトや美容師さんなどがよくすすめているヘアマスクですね。

しっとりと仕上がるのに、べっとりした感じや重さがなく毛先までするするとした扱いやすい髪になることが人気の秘密だそうです。

髪のクセやうねりをおさえて、しなやかに使うたびになります。

ダメージにあわせて週に1、2回使いましょう。美容関係の方がすすめているものは、しっとり感が特にあるように思います。

なので、使いすぎると束感が出たり洗髪しているのに脂っぽく見えたりしてしまうこともあるので、髪の状態をみながらケアするといいでしょう。

こちらは、女性の方だけでなく男性にもおすすめをよくされています。

 

 

髪の質をとにかく上げたい!男性にもおすすめこだわりヘアマスク

こちらからは、プチプラヘアケアを一旦忘れてもらって、男性にとって大事な髪を質良くする特別なヘアマスクをご紹介します。

こだわりの成分と実力で少しお値段も効果ですが、髪補修の実力があるという有名な製品ばかりです。

もちろん、特別なヘアケア製品は女性の需要のためにつくられていますので、プチプラにこだわらなければ、女性にも使って良さを実感できるおすすめヘアマスクです。

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

ヘアマスクのおすすめの記事をみるとフィーノは、高確率で出てきますね。

美容師さんや美容関係者さんの記事などにもかなり高い確率で登場して口コミも多いです。

こちらはプチプラであり、リピしやすいけど実力あります。

もちろん、女性にもとても人気がかなりありますが、男性の方で髪がごわごわしてボリュームが出やすい方もしっとりと髪が落ち着きボリュームダウンするというレビューも多いですね。

ときどき、口コミで重くなりすぎたとかぺちゃんこになったなどというものを見ますが、だからこそいいんですよね。

ヘアマスクは、キューティクルが減ってカサカサと水分量が少ない髪を健康に元気にするものです。

重くぺちゃんこになったということはしっかりと髪が生き返ったということか、またはそこまで傷んでいなかったということですね。

ヘアマスクは、髪のレスキュー的存在なので、髪がしっとりとなるときは使う必要はありません。

6種類の美容液成分をギューッと凝縮してあり傷みきった毛先まで、しっとりとなめらかでスルスルの指触りになれば、そこで終了です。

そこまでキューティクルが整った髪に戻ると、どんなシャンプーをつかってもどんなカラーリングをしても髪のコンディションが戻っているので髪型も楽しめると思います。

 

KERASTASE(ケラスターゼ) CH マスク クロノロジスト

ケラスターゼは、髪のことだけしか考えていないんじゃないかというブランドです。

ヘアケアはイメージで選びやすいんですが、香りとか見た目とかじゃなく、本当に髪だけを見つめ直したときに使いたくなるブランドです。

美容院で使われていたり、わたしのヘアケア案件でも特別なモニターや美容系のサイトでのプレゼント商品に選ばれていることも多いです。

それだけ、女性の中でもヘアケアブランドといえばケラスターゼというくらい有名な実力派であります。

ヘアオイル系がとても強いですので、男性にも向いていると私は思います。

こちらは、ケラスターゼ最高峰ラインである「クロノロジスト」シリーズのヘア&スカルプケアトリートメントです。

お値段も高いですが、それだけこだわりの成分をギュっと入れている証拠です。

髪にツヤとうるおいを与えてなめらかに整えるアルガンオイルなどの各種植物エキスや毛髪保護や補修成分を配合されています。

本格的なオイルで髪を補修し強くするので1本1本が生きかえるかんじかな。

先進のテクノロジーで頭皮と毛髪の複合的な悩みをケアしてトラブルのない素髪の美しさを引き出します。

本気で髪を蘇らせたいと思ったら使うべきヘアマスクです。

 

BCクア カラースペシフィーク ヘアマスク

髪の補修にいいのは、ケラチンという成分ですが、こちらは、美容師さんもすすめることの多いアミノケラチンコンプレックスとC+プロテイン配合の集中ヘアトリートメントです。

ハイダメージヘアを補修、さらにキューティクルを補強しながら、しなやかな髪に導くものですね。

週1、2回のスペシャルケアとして使うものです。髪のトラブルにお悩みな方に大変人気な商品になります。

これがないとダメという人の口コミもよくみますね。髪がひどいクセやダメージでごわごわと広がる方は、これを使うと髪がしっとりと落ち着いてまとまりやすいとの声も多くあります。

カラーリングやドライヤーや髪を洗った後にゴシゴシこするなど、キューティクルのことをあまり気にしない男性は髪に艶がなくパサついていることが多いと思います。

髪にクセがあり、いつも髪が伸びると膨らむからすぐ髪を切りに行かないといけない男性にもおすすめです。

使ってみると指通りからまず違ってくるし、なにより朝のスタイリングが楽になります。髪質を整えておくことは寝癖防止にもなります。

 

男女共におすすめ!ハリとコシとボリュームを出し強い髪にしたい人向け

髪が細くて量も少ないことで悩む男性は多いと思います。

女性も、実はたくさんいて、そのままだとボリュームがなく地味に見えるとか老けてみるとかで髪を巻いたりしている人も実は多いんです。

そういう場合は、しっとりタイプの髪を補修するタイプだとさらに、髪の量が少なくボリュームがなくなってしまいます。

ヘアマスクでおすすめしたいのが頭皮ケア用と併用できるものやエイジングケアをして出されてるヘアマスクです。

ほとんどのヘアマスクの場合、毛先中心に塗布するのですが、こちらの場合は頭皮からしっかりつけることになり、マッサージをおすすめするものもあります。

頭皮の血行を促進して根元からハリとコシのある元気な髪の仕上がりになります。

女性用エイジングケア用品は男性にも侮れないものが多いです。

理由は、女性も年齢とともに髪が薄くなることでお悩みの方が多いのですが、使い心地を重視する女性用は、刺激も少なくしっかりとほしい仕上がりにスタイリングしやすくなるものが多いからです。

男性用のものは、刺激が強いとかパサついて合わないという男性の方は、女性用エイジングケア用品、または女性用のメーカーでメンズ物が出ているもの使ってみることをおすすめします。

育毛効果があるだけでなく使い心地が優しいものも多いです。

 

クリア 美容浸透スカルプ&ヘアマスク

クリアと言えば、頭皮を綺麗にすることを目的としたブランドです。

こちらは、モイスチャー&ケア 美容浸透スカルプ&ヘアマスクと3つのケアが同時にできるヘアマスクになります。

使い方は、頭皮と髪全体になじませます。そして、指の腹でマッサージをします。

頭皮の血行を促進してうるおうがありハリのある肌にして、髪もケアできるシリーズです。

こちらは、地肌メインなので、しっとりと髪を仕上げたい私のようなタイプには向きません。髪がきしみますね。

でも男性やショートヘアの女性、またはエイジングケアをされている方などには、頭皮を綺麗にでき、しっとりとしたしあがりではなく、コシが髪に出る仕上がりなのでボリュームが出しやすいと思います。

クリアは、マスクは男女共通ですが、シャンプーなどのシリーズはメンズのものもありますので、そちらとあわせるとより頭皮ケアもできますよ。

 

 

h&s トリートメント モイスチャー 地肌マッサージクリーム

こちらは、実はヘアマスクではなくマッサージクリームです。

でも、頭皮ケアで人気の商品であり増すのでご紹介します。

地肌が乾燥してかゆみがでやすい方などに人気がありまして、髪は頭皮が乾燥する綺麗になりません。

こちらは地肌トリートメント、地肌ヘアマスクのようなものともつながるかなと思います。

女性と男性共に、口コミで広がりレビューで高評価も多い商品なので、頭皮の乾燥やフケに悩む方も試してほしい商品ですね。

わたしも実際にモニターで使ったことがありますが、頭皮マッサージ気持ちいいですよね。頭皮がすっきりとする感覚もあります。

ひんやりするかんじで心地いいです。ただ、うるおいは、あまり感じられないので、いつもよりしっかりとコンディショナーでケアしないとパサつくことにはなるかなと思います。

髪がしっとりしないでコシがでるので、ショートカットの女性やもともと髪が短い男性は、ふんわりと髪にボリュームが出るように感じるのでないかと思います。

こちらもシャンプーなどに関してはメンズラインがありますので、合わせてお使いいただくとより効果を実感できるでしょう。

 

まとめ

実は、髪は死んだ細胞だそうですね。

それから、髪の成分を調べるとどんな食品を食べていたのか、それから薬物のありなしまでわかるそうですね。

そのことを考えると、髪は長ければ長いほど個人情報を長く頭にぶら下げているということになりますよね。

女性は長い髪に綺麗な髪に憧れます。

少しでも綺麗で美しくみせたいと思うのは、細胞レベルで美しい生き方をしていることを見せたいのかもしれません。

男性に関しても、髪は女性ホルモンだといいながらも大切にするのは、男性は頭脳が発達していて知性で戦ってる現代は、武器である脳を守るという、これまた細胞レベルで髪で防御したい本能が出てしまうのかなとも思います。

どちらにしても、髪は若さの象徴でもあります。

なぜなら、年齢とともに衰えやすい部分であるからです。

だけど、美容は科学。どんどんヘアケア業界も進化しています。難しいテクニックいらずで使うだけで髪を美しく魅せることはできるんです。

今は、髪の美しさに年齢も財力も関係ない時代になっています。

ただ、ヘアケアについての知識を知ってるか知らないか、そして実践しているかの差だけですよね。

何かを減らすとかやめるのは難しいですよね。でも、ヘアマスクならいつもの洗髪の間にプラスするだけです。髪が綺麗だと3割増し美人に見える。

いつまでも綺麗だといわれている人は、髪にも必ず艶があります。

ヘアマスク使わないのはもったいない。

ぜひ、これを機会にヘアマスクとり入れてみませんか。

記事内で紹介されている商品

パンテーン エクストラダメージケア バー…

サイトを見る

KOSE ジュレーム アミノ ディープリペア …

サイトを見る

TSUBAKI プレミアムリペアマスク

サイトを見る

アジエンス 濃密ヘアマスク

サイトを見る

ルベル イオ ディープマスク

サイトを見る

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘ…

サイトを見る

KERASTASE(ケラスターゼ) CH マスク クロ…

サイトを見る

BCクア カラースペシフィーク ヘアマスク

サイトを見る

クリア 美容浸透スカルプ&ヘアマスク

サイトを見る

h&s トリートメント モイスチャー 地…

サイトを見る

関連記事