髪への負担を少なくして自然に染まる!白髪染めトリートメントおすすめランキングTOP8

白髪染め?まだ私は若いからそんなの必要ないかな?という人もいてると思いますが、いつかは必要になるものだと思います。また、若白髪で若い時から髪を染めている人もいてると思います。(うちの主人です)

白髪染めって、色々な種類がありますね。やり方も色々。白髪染め、ヘアカラー、カラートリートメントなど。

そして、

美容院に白髪染めに行く人や、自分でする人、何もしない人。色々だと思います。最近は白髪染め専門店などもあるので、どれにしようかな?と悩んでしまいますね。

ちなみに、私は最近(ここ2年ほど)、白髪が発見されて、白髪染めトリートメントを使い始めた若造です。私がよく使っているのは白髪染めトリートメントです。

色んな髪の毛の染め方があると思いますが、白髪染めトリートメントを選んだのには訳があります。髪の毛が痛まないように。そして簡単だから。と言うのが理由です。

また、毛染めを使うと、頭皮がヒリヒリしてしまい、使えないので、白髪染めトリートメントを使っているという人もいてるでしょう。

今回、白髪染め初心者の私が、これまでに使用した中から使ってよかった!と感じた、本当に使える白髪染めトリートメントと、これから使ってみようかな?と思う10品をご紹介したいと思います。

 

白髪染めトリートメントとは?

白髪染めトリートメントって一体何なのでしょうか?

簡単に説明すると、白髪を染めるトリートメントです。そのままです。ただ白髪を染めるだけではなくて、トリートメントという言葉が付いています。

髪にも頭皮にも優しく、簡単に髪を染める事が出来ます。

それでは簡単に白髪染めトリートメントの説明をしたいと思います。

 

白髪染めトリートメントの役割

頭皮を傷めずに、髪の毛を染めることができます。1回では染まらない事もあるので、何回かする必要があります。

なので、面倒。私は染める。という人もいてると思います。ですが、髪の毛や頭皮などの事を考えると、白髪染めトリートメントの方が良いと思います。

 

白髪染めとの違い

白髪めは、髪の毛の奥まで色素が入り込んで、染まるのに対して、

白髪染めトリートメントは、髪の毛の表面にに色素が付いて、白髪を染めるものだそうです。

なので1回では、きれいに染まらないことがあります。続けて使うことがいいですね。

 

購入すべき人はこんな人!

頭皮の弱い人、ヘアカラーで髪が痛んだ人などにオススメです。

もう知っている人も多いと思いますが、白髪染めトリートメントは、ヘアカラーの代表的な成分であるジアミンや、過酸化水素を使っていません。

天然成分が多く、刺激がほとんどないので、安心して白髪を染めることができます。その代わり、髪の内部まで染まらないという欠点があります。

頭皮や髪に、安心できる優しい成分で作られていますが、染まり具合が、あまり良くないかな?という点も覚えておいて欲しいです。

 

白髪染めトリートメントの特徴

ここでは、白髪染めトリートメントの詳しい特徴を乗せていきたいと思います。

 

発色

発色は、人それぞれ、髪それぞれだと思いますが、1回では綺麗に染まりません。(染まる人もいてると思うけど)2回、3回するうちに、綺麗な髪色になっていきます。発色も艶が出て、綺麗な髪色になります。

 

染まりやすさ

何度も出てきますが、1回では綺麗に染まりません。中には1回で綺麗に染まった!という人もいてると思いますが、何度かしているうちに綺麗に染まります。

 

ムラ

これが1番問題!

私がそうなのですが、手で塗るから、塗る量?が多いところと少ないところがあったり無かったり。自分で見えているところは、綺麗に塗れるけど、見えないところ(後ろの方)は、ちゃんと塗れていなかったりします。

自分が悪い時もあるけれど、頑張ってもムラができてしまう事もあります。コームなどを使うと綺麗に塗れますね。

しっかりと生え際から綺麗に丁寧に塗ることが良いと思います。少しずつ丁寧に、、を心がけて下さいね。

 

色持ち

メーカーなどにもよると思いますが、色持ちが良い、悪いは必ずあります。安い、高いなどでも違いがあるし、放置時間によっても変わってきます。

 

染まるまでの時間

長時間置いたから染まってる!色持ちもいいはず!ではありません。染まるまでの時間は、メーカーによって違いがあるので、その時間を守って使いましょう。

また、私の髪は染まりにくいから、もう少し染める時間を延長しよう。という場合は、様子を見ながら少しずつ時間を伸ばして、染めてみるのが良いと思います。

 

使いやすさ

ヘアカラーと違い、1剤と、2剤を混ぜて。とか、鼻にくるツンとする匂いもないし、髪につけて使うだけなので、簡単です。

ただ毎日使う、1週間に1回のものなど、色々とあるので、あなたが面倒ではないものを選んで使ってくださいね。

 

白髪染めトリートメントの使い方

白髪染めトリートメントを使ったことのある人は知ってると思いますが、知らない人のために使い方を簡単に説明したいと思います。

 

染める前の準備

基本的に、風呂場で使うことが多いと思います。

ヘアワックスや、ヘアオイルなどをしている人は、シャンプーなどで綺麗に落とし残しのないようにしておくことをお勧めします。

また、髪についた、ゴミなどの汚れもシャンプーで綺麗に洗って落としましょう。その後、軽く水を切って、濡れた手に出して使っていきます。

肌の弱いひとは、毛染め用の手袋を使うといいと思います。また、その時に、コームなどを使うと、綺麗に染まります。

 

塗布の仕方

メーカーにもよりますが、乾いた髪に塗るものと、濡れた髪に塗るものがあります。説明をよく読んでから、使って下さいね。

塗布するタイミングですが、髪を洗った後、水気を切ってから使うもの。髪を洗う前に使うものなど。色々とあるので、説明を読んでから使いましょう。

そして、塗布する量ですが、私はいつもテキトーに使ってるので、あまり役には立ちません。が、しっかりと綺麗に染める為には、ちゃんとした量が必要です!

ショートはピンポン球1個分、ミディアムは、ピンポン球2個分。、ロングは、ピンポン球3個分と、大体にはなりますが、これくらいの量で、いいと思います。

いきなり全部を髪につけないでくださいね。少しずつ、少しずつ髪の生え際や、白髪が気になるところに塗っていきます。

 

綺麗に染めるコツ

ただ手に取って塗るだけだと、ムラが出やすいと思うので、コームなどを使い、綺麗に、分けながら塗ることをお勧めします。

放置時間もメーカーにもよりますが、5分~30分程で染まります。30分も待てないわ!という人は、すぐに染まるものを選んで下さいね。

あと、シャワーキャップなどをして、待つと、もっと綺麗に染まります。ちなみに私はシャワーキャップは、していません。

そして、染める頻度は、最初の数日は毎日使って、その後は、1週間に1回でいいものもあります。(メーカーによって違うので、よく見てから使ってくださいね。)

 

染める際の注意点

先ほども少し載せましたが、シャンプー前と後のどちらに使うのか?

シャンプー前に使うものは、

髪の汚れや、ゴミやチリなどをブラシなどで落としてから使うといいと思います。

シャンプー後に使うものは、

ヘアワックスや、ヘアオイルなどをつけているときは、綺麗に落としてから使ってくださいね。

髪にワックスやオイルが残っていると、綺麗に染まらないことがあるからです。頭皮の弱い人は、パッチテストはした方が良いと思います。

使うときは、手を濡らしてから、または、素手で使っても良いものがあります。でも、皮膚の弱い人は、手を濡らして使っても荒れる。という人がいてると思うので、その時は、手袋をしてくださいね。

 

白髪染めトリートメントの選び方のポイント

白髪染めトリートメントを使ってみたいけどどんなものがあるのかわからない。たくさんありすぎてどれを使ったらいいのかわからない。

そんな人のために、どのようなものを選ぶといいのか?を載せたいと思います。

 

商品の裏側を見ると分かる配合色

白髪染めトリートメントにも、配合されている色があるのは、知っていますか?

赤○、青○など○には、数字が入るのですが、見た事ないですか?

そんなの見ないですよね。普通はみないと思う。成分とかとても気にする人はよく見てると思いますが。

こんな感じであるんです。(黒い下線引いてるところです)

染めたい色のカラーを購入するだけの事が多いと思いますが、ちゃんとこうやって記載されているんですね。これで、大体の染まる色が決まるんだとか。

 

たっぷりの美容成分が入っているから髪にも頭皮にも優しい

天然の染料や素材を使っていたり、美容成分をたっぷり入れてるものまで、色々とありますね。頭皮や髪のことを考えてつくられているのであ、肌の弱い人でも使いやすいようになっています。

肌の弱い人は、パッチテストを必ずしてくださいね。

 

金額を基準に?安くても良いものは良い!

よく聞きませんか?コスパがいいって。安いからダメ、高いから良い。という考え方もあると思うけど、中には安くてもいいものは沢山あります。

大体ですが、

安いものは、700円位。

出典: Amazon.co.jp

ホーユー ビゲン カラートリートメント(ナチュラルブラウン)
ブランド
カテゴリ

高いものは、5000円位。

出典: Amazon.co.jp

Root Vanish ヘアカラートリートメント(ダークブラウン)

平均は、2000〜3000円程だと思います。

 

白髪染めトリートメントおすすめランキングTOP8

8位 50の恵 エイジングケア カラートリートメント

安くて使いやすい!そして頭皮に優しい!

50の恵って聞いたことある人や、基礎化粧品(スキンケア)などを使っている人も多いのでは?と思います。

カラーは、ブラック、ライトブラウン、ダークブラウンの3色。

やっぱり安くていいもの、頭皮に優しいものを使いたい!そんな人にオススメなのがこちらの白髪染めトリートメントです。

1回でしっかりと染め上げてくれるので、とても便利。1週間に1回の使用で大丈夫なのもオススメの理由です。髪のダメージを補修し、ツヤのある髪へ導いてくれます。

アミノ酸を豊富に含むアラリアエスクレンタエキスや、ヒジキエキス、ワカメエキスなどが入っています。ショートヘアなら、5回使えます。

シャンプー前後のどちらでも使えますが、しっかりと色味を出したいひとは、乾いた髪に使ってくださいね。

値段もお手頃。1週間に1回で染まるので、初心者の人にオススメします。毎日するものだと、面倒で続かない人もいてると思うけど、1週間に1回なら、続けやすいですよね。

プレゼントとしても、良いと思います。

 

7位  利尻昆布 ヘアカラートリートメント

CMが頭から離れない、祖母も使っていた定番トリートメント。

♫〜利尻ヘアカラートリートメント〜♫ってCMが頭から離れないのですが。そんな人いませんか?

このヘアカラートリートメントは、祖母がよく使っていて、洗面所に、置いてありました。何だこれ?って見たら、歌が頭を横切る(笑)

カラーは、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4色。CM見てたけど、簡単に染まるイメージが強いですね。(知らない人はごめんなさい)

で、利尻って何?ってずっと思っていたのですが、利尻昆布の利尻だそうです。そう、こちらの白髪染めトリートメントには、利尻昆布が入ってるんです。

シャンプーで髪を洗った後に使います。5〜10分置いて、洗い流すだけです。男女兼用なので、ご夫婦で使うこともできますね。毎日使っても大丈夫です。

そして、こちらの商品に配合されている、青みの色に使われている加水分解クチナシエキスは、保湿成分として、抗炎症作用の成分の役割としても配合されています

もちろん、28種類の保湿成分も配合されているので、潤いのある髪にしてくれます。敬老の日などに、ご両親にプレゼントするのもいいですね。

 

6位 大島椿 ヘアカラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

大島椿 ヘアカラートリートメント
ブランド
カテゴリ

現在私が使っているのはこれ!

大島椿。ヘアオイルとか色々とあるので、使ったことのある人もいてると思うけど、知らないかなぁ。

私の髪は、パサパサの髪なので、毎日ヘアオイルをしています。白髪出てきたし、何かいいのないかなーって思ってたら、頂きました。

カラーは、ダークブラウンのみです。1回では綺麗に染まらないので、何度か染める必要があります。1回染めたら、金髪みたいに。2回染めたら栗色に。3回染めたらダークブラウンになる感じですね。

白髪染めが、初心者の人から使えると思います。(私も初心者)

 

5位  アンファー スカルプD ヘアカラーコンディショナー (男性用)

出典: Amazon.co.jp

アンファー スカルプD ヘアカラーコンディショナー (男性用)
ブランド
カテゴリ

男性だって白髪染めトリートメント使いたい!

アンファーといえば!

私は、スカルプDのシャンプー、トリートメントを使ったことあるし、まつげ美容液なども使っていました。

アンファーという名前は聞いたことがある人は多いと思います。CMなども見たことがあります。

そして、

男性だって白髪染めより、白髪染めトリートメントを使いたい!という人は、いてると思います。浸透型コラーゲン、浸透型ケラチンが入っていて、髪が濡れていても染め上げてくれます。

シャンプーした後に、付属のブラシで、気になるところから塗っていきます。5分したら、洗い流すだけです。

1回でもまぁ染まると思いますが、2回、3回と、数を増やしていくうちに、綺麗に染まります。

聞いたことのあるメーカーなので、安心して使えると思います。カラーはナチュラルブラックと、ディープブラウンの2色です。

白髪染めが、初心者という人も、何年も白髪染め使ってるよ。という人まで使えると思います。

 

4位 ラボモ カラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

ラボモ カラートリートメント
ブランド
カテゴリ

3分で染まる!

3分といえば、カップラーメン?ウルトラマン?

いえいえ、白髪染めトリートメントが出来ますね。そしてアートネイチャーから発売されています。(CMが頭をよぎる)

アートネイチャーといえば、増毛や、薄毛など。髪のことならアートネイチャー。みたいなイメージが強いですね。

カラーは、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ブラウンの3色です。香りが良く、香水のように、トップノート、ミドルノート、ラストノートと、香りが変わるので、香りを楽しむこともできますね。

時間に追われている人、待つのが嫌いな人、さっと終わらせたい人にオススメです。

 

3位  プリオール カラーコンディショナー

やっぱり資生堂。

1度は、何かしらの商品を使ったことがある人が多いと思う資生堂。メイク用品から、基礎化粧品まで。色々ありますね。なんと!白髪染めトリートメント(白髪染めコンディショナー?)も発売してました。

見た目がオシャレで、とても落ち着きのある感じがする白髪染めトリートメントですが、見た目だけではありません!

こちらの商品を使うと、毛先まで、さらになめらか、ふんわり仕上がりのつやのある美しい髪に仕上げてくれます。

カラーは、ブラック、ダークブラウン、ブラウンの3つ。カラーシャンプーと一緒に使うと更によいみたいです。(商売上手ですね)

これは、私がプレゼントでもらったら、テンション上がります!まだ使ったことないけどとても良さそうだから。

 

2位  フラガール カラートリートメント

女子力が上がる!気がする。

見た目も中身も良い。これを洗面所や、風呂場に置いとくだけでなんかいい感じがする。そんな気はしませんか?香りもとても良くて、癒されますね。

カラーは、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ナチュラルブラック、ローズブラウンの4種類。ローズブラウンは、他にはないカラーかな?と思います。

白髪染めトリートメントの種類の中で、カラーの種類が1番多いのは、こちらだと思います。

ハワイアンボタニカル(マカデミアナッツオイル、ココヤシ果実オイル)が入っています。

部分染め、全体的に。色々な白髪染めに使うことが出来ます。

どのカラーも1回目は、淡く染まり、2回目は、大体その色のカラーになりだし、3回目には、しっかりと色づく様になっています。個人差があるので、しっかり色がつく人もいれば、何回してもあまり色がつかない人もいてると思います。

 

1位 LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント

出典: Amazon.co.jp

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント

フコイダンを豊富に含む、ガゴメ昆布が入ってる!

白髪染めトリートメントには、昆布が入っているものが多い?ですね。

そして、ルプルプ?聞いた事ないなぁ。という人もいてると思います。シャンプーやトリートメント、育毛剤などが発売されています。

見た目もカラフルでグラデーションが綺麗。パッと周りが明るくなる様な色味のパッケージが私はお気に入りです。

髪に色がつくまでの3回程は、乾いた髪に使用して、髪に色がつき始めたら、濡れた髪に使用するのがいいみたいですね。

シャワーキャップやラップを使ってしっかりと包み込む様にすると、染まりやすくなります。カラーは、ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ソフトブラック、ナチュラルブラックの5色があります。

ソフトブラックは、茶色に近い黒。ナチュラルブラックは、黒すぎないグレーブラックです。ブラックが2色あるのは嬉しいですね。

こちらは初心者から上級者まで使えると思います。

 

白髪染めの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、白髪染めの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

白髪染めトリートメントで、優しく綺麗に髪を染めよう!

いつもヘアカラーを使っていたけれど、最近、頭皮が痒くなったりヒリヒリすることが増えたなぁという人。

白髪が出来たけど、ヘアカラーにしようか?白髪染めトリートメントにしようかな?と迷っていた人。頭皮が弱いので、白髪染めトリートメントを使おうかな?と思ってて、使っていない人も沢山いてると思います。

私は、若い頃はヘアカラーで金髪、茶髪によくしていました。それでかは分かりませんが、最近は、頭皮が痒くなることがたまにあります。

なので、頭皮にも優しい、髪にも優しい白髪染めトリートメントを使うようになりました。白髪染めトリートメントを使って、綺麗な髪色にして、気分転換!したいですね。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ホーユー ビゲン カラートリートメント(…

サイトを見る

Root Vanish ヘアカラートリートメント(ダ…

サイトを見る

50の恵 エイジングケア カラートリートメ…

サイトを見る

利尻昆布 ヘアカラートリートメント

サイトを見る

大島椿 ヘアカラートリートメント

サイトを見る

アンファー スカルプD ヘアカラーコンディ…

サイトを見る

ラボモ カラートリートメント

サイトを見る

プリオール カラーコンディショナー

サイトを見る

フラガール カラートリートメント

サイトを見る

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメント

サイトを見る

関連記事