ヘアケアモニターが教える。頭皮環境も整える市販育毛シャンプーおすすめランキング8選

シャンプーと聞いてどんなイメージをみなさんはお持ちですか?まず、思い浮かぶのは、髪を洗うものだと思います。髪を洗うせっけんみたいなものだから洗い流すだけだし、なに使っても一緒でしょ?と思う方はとくに男性には多いのではないでしょうか。大人の男性は、遺伝や男性ホルモンの関係で髪の状態をとても気にされます。

だけど、シャンプーは、家にある適当なものや特売品またはせっけんで洗ってる方もいらっしゃいますよね。私は、髪が長くとても多いです。そのことを活かしてヘアケアモニターをたくさんさせていただいていますが、シャンプーによって髪の仕上がりが全く違います。

頭皮も状態も洗うとき洗ったときの髪が抜ける本数も全然ちがいます。私は、髪が多いので少々抜けても減ることはないからどのシャンプーも同じように使ってみるのですが、とても髪がやわらかくしなやかになるもものありますし、逆に髪がきしんで、もつれて切れて、ごっそり抜けおちる場合もあるんです。ヘアケアモニターの場合数日試すので、試すたびにやはり同じような結果が続くということも多々あります。

健康な太い髪の私でさえこんなに1度洗っただけでも影響が出るのですから、髪を気にされている方がシャンプーの違いに気づかず毎日髪にあわないものを使っていたとしたらもしかしたらシャンプーが髪に悪い影響を与えてる可能性もあるということです。

ヘアケアに関しては女性のほうが確実に詳しいです。私は、男性の方向けの記事を書くことが多くありまして、実際に男性用のヘアケア用品なども多数使ったことがありますのでその経験も含め、とくに男性のみなさんに向けて育毛シャンプーについてイメージではなく本当をお話していきたいと思います。

 

目次

市販育毛シャンプーとシャンプーの何が違うの?

たぶん、単純に「あれ?なんだか髪がさみしくなってきたぞ。なんとかしなければ」と思ったときに、買ってみるのが育毛シャンプーだと思います。でも、これは、なかなか興味があっても買いにくいものにあげられていました。買ったとしてもちょっとわからないように隠すという方も多いのではないでしょうか。

でも、今はネットで買うことができるので買いやすく手に入りやすくなってきたように思います。ネットでの男性向け売れ筋商品の上位には育毛メーカーが必ず入ってきます。レビューの数もすごく多いです。それだけ、髪についてのコンプレックスをお持ちの男性が多いということです。

だけどレビューを見ると、1番多いのが、髪が生えてきたとかさらに薄くなったとかです。ここの論争が続いていていったいどうなんだろうかと疑問に思う方も多いと思いますが、残念ながら育毛シャンプーはシャンプーなので髪が生えてくるものではないです。わかりやすくいうと普通のシャンプーでは、できないことを育毛シャンプーはしてくれます。

それでは、どのような事が違うか詳しく説明してみますね。

 

どうして育毛シャンプーは高いの?もしかして、ぼったくりなの?

ここで気になるのは、普通のシャンプーと育毛シャンプーの価格の違いになりますよね?そう育毛シャンプーは、とっても高いです。なので、ときどき耳にするのが育毛シャンプーと言えば高く売れるだろうとぼったくりなんじゃないかという声です。

企業さんの商品モニターを多数してきている私として思うことは、どの会社も一生懸命です。商品ってたくさん売れないとダメで、しかも生活用品系はずっと買ってもらわないとダメなんです。一発屋では会社はつぶれてしまいます。本当は材料費などをケチると安くてもいっぱい売れば儲けは出るはずです。だけど、それでは1度買ってもらうと次はもう買ってもらえませんよね。

育毛シャンプーが高いのは、まず成分にこだわっています。髪や頭皮に優しい成分を使ってこだわりの処方をしているのでお値段を下げようとしてもなかなか下げれないということなんですよね。女性のシャンプーでも、髪が美しくしなやかになるものは高いです。こだわっているものなので高いというのが育毛シャンプーの高い理由になります。

それから、育毛という名前がついているし、普通のシャンプーの何倍も値段がするのできっと毛が生えてくるだろうという期待を持たれるかもしれないですが、そうではないです。

簡単にいうと、今ある髪を健やかに健康に保つ助けをしてくれて、髪の発育に大事な頭皮をより清潔に健康にするような特別な成分が配合されています。頭皮にも髪にもやさしい成分のこだわってつくっているからこそ育毛シャンプーは高いわけです。

シャンプーは実は髪ではなく頭皮を洗うものです。車がお好きな方などは洗車すると思いますが、洗車シャンプーやワックスでもこだわり度やお値段によって洗い上がりが違いますよね。頭皮も同じです。

 

頭皮環境を整える

育毛シャンプーはスカルプケア(頭皮のケア)ができるものでもあるので、薄毛だけでなく頭皮がデリケートな方やフケやかゆみなどが多い方なども症状が改善する場合があります。一般のシャンプーは洗浄力が強いものも多いので、少しこだわりの育毛シャンプーに変えてみると頭皮の悩みも改善する場合もあります。

もちろん頭皮の炎症がひどい場合は皮膚科に行くべきですが、今つかっているシャンプーがどうもしっくりこないときは、シャンプーを変えることもおすすめします。

育毛シャンプーのほとんどが、アミノ酸系成分が使用されています。アミノ酸系は刺激が最も少ないといわれている洗浄成分です。なので毎日の汚れだけとりつつ、必要なほどよい頭皮環境でいられるようなやさしいものになります。

育毛シャンプーは薄毛ケアのように思われがちですが、スカルプケアシャンプーと表示されていることが多く、頭皮のケアにこだわっている意識の高い男性というイメージに少しずつ変わってきています。育毛を考えるときにまずは、頭皮環境は健康かどうか確かめてみてください。良い髪を保つには、頭皮という土台を健康に綺麗に保つことが大事です。

 

洗い心地の違い

こちらは、シャンプーを使うときとても大事なポイントと言えます。なぜなら、好みがあるからです。

たとえば、男性の方でも体を洗うときに、せっけんでさっぱりしたほうがいいとかボディソープでしっとりのほうがいいなど洗い心地や泡立ち、それから洗い上がりの好みがありますよね?

体を洗うものでも違いはありますが、シャンプーはもっと違いがあります。もし、洗っている時や洗った後になんだか嫌な感じがすると思えばそれはシャンプーがあっていないことです。香りも独特で苦手だとしたらしっかり洗えないですよね。

シャンプーは、頭皮をしっかりぬらしてシャンプー剤を使い、手の指の腹を使って爪を立てずマッサージするように丁寧に洗うのが基本ですので、じっくりと時間をかけて丁寧に洗うときに不快な思いをする商品は良くないです。洗うことが億劫になるとシャンプーの頻度が減りますので、頭皮が汚れべたつくことは、頭皮にも髪にもよくないので好きな洗い心地のものにはこだわりましょう。

男性用の育毛シャンプーは、メーカーによって洗い心地や洗い上がりが違ってきます。

髪がきしむと書いてあるものは、軽めのさっぱりした仕上がりでボリュームを出しやすいものでもありますし、ぬるっとして流した感じがしないという商品は、しっとりと髪を優しくケアしてくれるものということにもなりますので、洗い心地と洗い上がりをどちらも比べてどちらも嫌ならやめる。どちらかが気に入れば、少し続けてみて考えるなど育毛シャンプーに限らず、シャンプーを新しく使う場合は、数日は試した方がいいと思います。

商品説明や実際使ったかたのレビューをたくさん読むと洗い心地についても雰囲気がわかるとおもいますが、やはりシャンプーは実際気になったら使ってみることがあうものを探せる早道だということは間違いがないです。

 

成分について

育毛シャンプーの主な成分については、アミノ酸、ホホバオイル、グリチルリチン酸などが挙げられます。とくにアミノ酸系の洗浄成分を重視されています。こちらについては、次の項目で詳しくご紹介します。

他によく入っているホホバオイルは、その名のとおりオイルですね。女性用の化粧品などでも人気の成分です。ホホバオイルは、「ホホバ」という多年草の実や種子から抽出される天然オイルのことです。ホホバは砂漠でも水分を保って生きられる「命の植物とも言われています。肌にもおすすめな成分なのですが、髪にもおすすめなんです。頭皮の乾燥によるフケやかゆみを保湿してくれることで改善する効果が期待されています。

それから、グリチルリチン酸も大事な成分ですね。漢方や生薬の原料である甘草(カンゾウ)という植物に含まれているものです。商品によってはグリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸2Kと記されているものもありますが、効果は同じですね。こちらは、頭皮の炎症やアレルギー反応を抑え、すこやかな頭皮を保つ効果が期待されています。

その他にもメーカーや製品によってこだわりの成分が含まれています。成分についてはパッケージの裏面やサイトにも記載されています。気になる成分は、ネットでもすぐ調べられますので、必要不必要なものなどもここで判断をされてもいいと思います。

女性は、イメージで製品を選ぶので成分についての判断は苦手だと思いますが、理系の男性などは効能については言葉の説明よりも成分表のほうがわかりやすいのではないかと私は思います。

 

アミノ酸系洗浄成分の重要性とは?

市販育毛シャンプーの重要な成分として、「アミノ酸系洗浄成分」が挙げられます。シャンプーとは洗うものですよね。洗う成分にアミノ酸を使用しているものということです。アミノ酸シャンプーとかかれているものはシャンプーの中でもっとも優しい成分で洗うことができるということになります。

アミノ酸系洗浄成分はグリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウニン、サルコシンなどという言葉がアミノ酸系を使用している育毛シャンプーの成分表日含まれていますので確認しましょう。

ダイエットや筋トレなどでスポーツジムなどに通ってる方はご存知の方も多いと思いますが、アミノ酸系飲料は運動中にのむと脂肪を燃やす効果もありますよね。アミノ酸は、たんぱく質を作っている成分です。私たちの身体の大部分がアミノ酸でできているんですよね。たんぱく質を構成している部分なので、血管や内臓、皮膚、筋肉もたんぱく質でつくられているものです。とても私たちの体に近いものが入ってるもので髪を洗うことでより髪にやさしく負担をかけにくいということになります。

アミノ酸の入っているシャンプーは、刺激らしいものがほとんどないので、敏感肌のや抜け毛に悩むかたにみ向いているといわています。デリケートな部分はやさしい成分で優しく洗うのが基本です。赤ちゃん用せっけんなどと同じ考えですね。洗浄成分がやさしいので汚れと余分な皮脂だけ落として必要な油分は残し潤いが残る頭皮と髪になります。頭皮のダメージによるフケやかゆみなども同時にケアできることも期待されます。

 

市販育毛シャンプーの注意点

たくさんの育毛シャンプーが発売されています。育毛と書かれていてもメーカーや商品ごとでさまざまな成分も配合されていて中には、肌に刺激を感じるものもあります。選ぶ際のポイントを数点お書きしましたが、成分に関してはとくに確認されることをおすすめします。

すべて表示が義務つけられているのでシリコンなども確認できると思います。ノンシリコンシャンプーなどの言葉をよく聞かれるかもしれませんが、シリコンが入っていると髪の表面をつるんと綺麗に見せることができるのですが、頭皮や髪には不要な成分です。よく魅せるために入っている成分ということになりますので、育毛の観点からいうと不必要ということになります。ただ、シリコンが入ると髪がしっとりとさわり心地もよくなります。

ノンシリコンだとパサついたりきしむということもあるので、その洗い心地が自分には向かないとか髪がもつれて抜けやすく切れやすくなったと感じる場合は、意味がないのでシリコン入りも検討してみたり、別の髪にあうノンシリコンを探すべきだと思います。同じ表示をしてあるようでメーカーごとに洗い心地は変わってきます。

 

アミノ酸系シャンプーの洗い方の注意点

アミノ酸系シャンプーをおすすめしましたが、髪や頭皮についてメリットが高い分、洗い心地と仕上がりにデメリットもあります。優しく落とすということは、裏を返せば落ちにくい成分もあるということです。男性の場合整髪料を使う方も多いと思います。しかも固めるタイプでハードなものですよね。その場合は、落ちにくいということになります。

それから、余分な皮脂しか落とさないということは、皮脂過多の人にとってはべたつきが残ることもあります。たぶん男性は、若い時は男性用の皮脂をすっきり落とすメントール系のシャンプーなどを使われていた方も多いので洗っても物足りないという方がたくさんいらっしゃると思います。ただ、ここでアドバイスしたいのは、髪の汚れはシャワーで8割とれるといわれています。

私がヘアケアモニターをする際に企業さんからアドバイスを受けることは、髪を洗う前に優しくブラッシングして頭皮のよごれを浮かすことです。

それから、シャワーだけで頭皮を洗うようにしっかりとしめらします。シャワーは水圧がかかるのでマッサージ効果もあって気持ちいいですよね。気持ちいいと感じるくらいシャワーと指の腹だけで頭皮を洗います。

その後に、シャンプーを使って洗うと、泡立ちも違いますしなにより頭皮がすっきり軽くなったかんじがします。

髪は洗う必要はなく、頭皮だけシャンプーで洗いながすときにその洗浄成分が髪に流れることだけで髪の汚れは落ちます。整髪料は皮脂も、このようにしっかりとシャンプーする前の下準備をすると髪を何度も洗う直したり洗浄成分の強いものに変える必要はなくなるので洗い方をまず変えてみてください。

洗い上がりのしっとりとしてるかんじやぬるっとした感じは、それだけ優しく洗えた証拠でありそのヌメヌメバリアは実は髪や頭皮を守る成分が残っているということなんです。

慣れるまで気持ち悪いと感じるかもしれませんが、慣れたら何とも思わなくなると思います。髪の長い女性の洗髪後なんてすごくぬるぬるのままです。でも、髪きれいでしょ?洗いすぎに注意しましょう。

 

男性もドライヤーは必須

それから、シャンプーのアドバイスをもう1つするとしたら、ドライヤーを使うことです。

実は、頭皮は濡れたままにすると雑菌がつきやすいんですよね。濡れたまま寝ると細雑菌がついて増殖してニオイの原因にもなります。

それから、髪も濡れたままだとキューティクルが流れ出して傷む原因になるんです。なので洗髪後はドライヤーをかけて髪と頭皮をかわかきましょう。

ドライヤーの熱が髪を傷めるということを聞くかもしれませんが、短時間に髪が乾く程度なら問題ないです。髪が傷むというのはヘアスタイルを決めるときに過剰に熱をあてて整えるときのことを言っています。

ヘアアイロンなどとイメージがごっちゃになっているんですね。濡れた髪のままのほうがよくないということを頭に入れておいてください。短くても量が少なくてもドライヤーで短時間のうちに頭皮を乾かすことを心がけましょう。

よく、男性の方は髪が短いとか量が少ないから自然乾燥でいいんです。ということを聞きますが、自分では乾いているつもりでも実際はしめっていて雑菌がわいてニオイの原因にもなっている方が多いです。

枕のニオイが臭いなど家族に言われたことがある人も多いと思いますが、そのオヤジ臭や加齢臭と言われているものの原因の1つに頭皮が濡れたまま寝ていることもあるようです。気をつけましょう。

 

育販育毛シャンプーを選ぶ際には、男性用か女性用かにも注目!

市販育毛シャンプーには、男性用、女性用として販売されている商品もあります。疑問に思ったことはありませんか?男性だけでなく女性も年齢を重ねると髪が薄くなる方も多いです。

女性が出産した後や月経が終わったあとに薄くなる方は、ホルモンバランスの崩れだといわれています。男性と女性では薄くなる場所が変わってきます。男性はおでこあありから頭頂部など上のほうだけ薄くなる場合が多いですよね。これは、遺伝もありますが、男性ホルモンが強く出てきたという証拠でもあります。

実は、上のほうが男性ホルモンの関係で耳くらいから下はホルモンバランスのくずれで髪は薄くなるといわれています。

横はそのまま残っている男性などはまさに男性ホルモンの影響なので私は男らしい人なんだなと思いますが。それは置いておいて、女性も加齢によると女性ホルモンが減り頭頂部が薄くなることはあります。

わたしの父方の祖母がそうでしたね。髪が薄くなってとても悩んでいました。でも、祖母は髪は薄くなりましたが、とっても胸が大きかったので女性については加齢などで男性化するとよく言われていますが、そうでもないのではないかと個人的に思っています。

頭髪の悩みは、同じようで全く男性と女性では変わってくるようです。男性は皮脂が多くべたつきやすいのでしっとり洗いあげると書いてあっても女性が使うとばさつきます。

逆に女性用は男性がつかうとベトベトしている感じをうけたり、やたらいい香りや甘い香りがするものもあり不快感を感じる場合もあります。同じメーカーでも男女別に商品があるのは、それぞれ性別にあった処方でつくられているということになります。

 

男女別シャンプーについての私の意見

私は、たくさんのヘアケアモニターをしているのですが、シャンプーを使ったときなどに「僕も使っています」「奥さんが使っているので私も使っています。」などのコメントを今までとてもたくさんいただいてきました。

きっと昭和のおとうさんは、せっけんで豪快に洗ったり、めんどくさいからお風呂にあるシャンプーを使って娘や奥さんに怒られるという感覚だったのだとおもうのですが、平成の男性は女性用シャンプーを自分から使っている人が多いです。女性用のものは、洗い上がりがしっとりなめらかで髪がやわらかくなります。

それから、香りも大事なポイントなのでしっかり洗うときも香り洗い上がってからもいい香りがします。女性らしい甘い香りも今の男性は自分が好む方も多くその場合身近な女性に「いい香りがする」と言われることも多くなり、褒め言葉として受け取られる男性が多いようで女性用のシャンプーを使っているかたがとっても多くいらっしゃいます。

その方が育毛シャンプーを使おうと思ったとき、今までは女性用をつかっているとしたらいきなり男性用を使うとすごく違和感を持つと思います。仕上がりがまず男性用はちがいますからね。

もし、女性用をずっと使っていて自分にあうなら女性用の育毛シャンプーやスカルプケアから使ってみるといいと思います。たぶんそちらのほうが切り替えやすいんじゃないかな。

美容系ヘアケア系は男性用女性用ともちろん発売されてはいますが、自分は美容系モニターをしていることに当たりいろいろな男性の好みや使っているものをみるとわたしたち女性と同じものを使ってることも多いです。

それから女性でも、ヘアスプレーやデオドラント系は男性もののほうが強いと愛用している人も多いです。今は、男女垣根ない世の中になってきていますが、美容の面でも性別で決めなくてもいいのかなという印象があります。

あくまでも私の意見ですが、性別表示は目安と見ていいのではないかと思っています。男性用はスッキリ女性用はしっとりのような使い心地の目安として美容系のものは推測できるので、後は好みで選んでもいい時代になっているのかなと思います。

 

市販育毛シャンプーでも、しっかり洗い流して!

市販育毛シャンプーを育毛剤のようなイメージをもたれる方も多いと思います。

私も親戚のうちにこどものときにお泊りしたときにそこのおじさんから「これは育毛シャンプーだから使うともじゃもじゃに髪がなるぞ」という言葉を信じていてずっと育毛シャンプーは育毛剤と同類だと最近まで思っていました。

でも、違いますね。さきほどから紹介しているように頭皮環境を整え手洗うのが育毛シャンプーの役割です。手を洗うときといっしょで、洗剤成分は肌に残してはいけません。しっかりとすすぎましょう。

アミノ酸系シャンプーは少しぬるぬる感が残る場合があります。なのでまだすすげてないと思ってしまいきしむまで流す人もいるようですが、目視して泡がなければ流れていると思っていいでしょう。鏡を見なくても手で触ったときに泡がつかなければ良いということですね。

洗いながすときは、頭皮を指の腹でマッサージするように丁寧に流すとよりいいです。それから、おでこの生え際や耳の後ろは洗いながし忘れが多いので注意しましょう。

 

市販育毛シャンプーの選び方

ネットで「育毛シャンプー」と入れて探してみると限りなくでてきますよね。たくさん商品が多すぎてどれを選んでいいかわからない方もいると思います。

人気のあるものから選ぶという方法もありますが、でもそれが自分に合うとは限りません。男性は判断力が優れていますよね。商品選択が得意な男性脳であるからこそ、自分で自分に合うものを考えるながら選ぶと導き出せると思うです。

そこでヘアケアモニターをたくさんしている私が、育毛シャンプーを選ぶにあたってどのような点を考慮すべきかお伝えします。

 

価格をある程度決めて購入する

いくら品質の良いものでも、続けられる価格のものでないと意味がありません。どの製品でも同じですが、高いからといってその商品がすごく良いとは限りません。

なぜなら、髪質や肌質そして好みに個人差があるからです。でも、一般的に高いものは使い心地がいいことは間違いはないです。

シャンプーというのは毎日使うものです。高いからしていよう量より少なく使ったり洗う頻度を下げたりまたは次に買えるまで別の特売品のシャンプーで洗ったりしているとせっかくの今までの努力が無駄になります。ヘアケアに限らず美容のことを考えても継続できるかどうかが大事です。育毛シャンプーは、普通のシャンプーより高価になりますがランクもあります。

それから、あまり低価格のものもなにか成分を削ったりしている可能性があります。たぶん男性はとくに買うときはレビューなどで比べて選ばれると思います。価格面の幅もそのときにわかってくるので自分がつづけられそうな価格からはじめることが大事です。価格で判断するときは、商品そのものの値段だけでなく、使う量はどれくらいで何日くらい使えるのか、容量はどうなのかとみていると安かったけど容器が小さくてすぐなくなってしまったなどの失敗が防げると思います。

それからネット販売の場合は、送料の部分も考慮したほうがいいです。気にいればまとめ買いでさらにやすくなるところもありますし、定期便などもあるお店もあるようですが最初は、自分にあうかわからないので割高になっても1本から使ってみることをおすすめします。いくら安くても使わなかったら無駄になりますもんね。

 

成分表示を見て購入する

育毛シャンプーの主な成分については、アミノ酸、ホホバオイル、グリチルリチン酸などが挙げられます。とくにアミノ酸系の洗浄成分を重視されています。他にもたくさんの成分が書かれていると思います。成分表示は主に多く入っているものから書かれているはずなので気になる成分はスマホで調べてみましょう。

成分の名前を入れるとどういうものかくわしく説明されているサイトにいきつくはずです。同じような成分もあるし、メーカーや製品によっては変わった成分が入ってる場合があります。いいものもあまりよくないものも今は全表示しないといけない義務がありますが、説明などを見るといい成分のことしかわかりやすく書かれていませんよね。

売る側なので当たり前のことですが、メリットがあればデメリットもある。デメリットもあるけどメリットもあるということでもありますので、気になるときは、自分で成分について書いてあるサイトを調べて自分で判断をするといいですよ。

納得して使うことは、大事なことだと私は思いますし、高い製品と手ごろな商品がほとんど変わらない成分だったりもします。ブランド名で高めに設定されていたりするからです。成分が変わらないということは同じ効果を期待できるものであるという証拠です。商品の中身を見極める力を持つとより賢い買い方もできるし節約にもつながるのではないでしょうか。

 

香りを考えて決める

育毛シャンプーに限らず、シャンプーは直接髪を洗うものですから顔に近く香りって大事ですよね。とくに、女性の場合は香りを重視する方の方多いと思います。

説明文にイメージできるように香りも書いてありますが、実際はどんな香りなのかはわかりにくいと思います。そのときは、商品レビューのページを開くとたくさんの方が香りについても書かれていることが多いです。あまり書かれていないものは逆にいうと香りがしないかほとんどしない物と言うことが言えます。香りについてたくさんの人が書いているものは香りが強いものだと考えるといいでしょう。コスメ口コミサイトなどのページの口コミだと、なお詳しく書いてあったりしますので参考にしてみてください。

それから、男性でも香りを気にする方も多くなってきているかなと私の感想では思います。フローラル系のバラの香りとかお好きな方も多いですよね。男性用育毛シャンプーの場合は、配合されている成分の影響でどくどくな香りがあるものやメントールのようなものか無臭に近いものなどあまり香りにこだわっているものは少ないように思います。

香りに関して気になる方は、女性用も含め考えてみるか、無香料にしてヘアコロンやヘアワックスなどで好きな香りを身につけるという方法もいいかもしれません。香りについては、人それぞれ感覚に違いがありますが、口コミなどとたくさん読んでいくとなんとなくイメージがわかってくると思います。

 

市販育毛シャンプーおすすめランキング

現在市販されている育毛シャンプーはたくさんあります。とくにネットでもプライベートな商品になりますので、人に見られず買えるということでとても人気があります。

口コミなどもびっくりするくらいあります。口コミが多いということはみんなが買っているということです。もちろん、良いとか悪いとかさまざまな意見がありますが口コミしない人も多数いらっしゃるのと考えると興味を持たれてる方が多いということですね。

こういった特殊な商品の場合は口コミの多さも買う時の指標になるのかなと私は感じています。ネットで人気の高い育毛シャンプーを厳選してご紹介します。

 

8位:熊野油脂 スカルプケア薬用シャンプー

レビューがとにかく多いのがこちらです。スカルプケアというのは頭皮ケアのことですね。頭皮を清潔にする薬用シャンプーというこですね。

頭皮を綺麗にすることを目的にしているものは、すっきりする洗い心地になります。なので、ぱさつくとかふくらむなどのレビューが多いですよね。髪をしっとりとするというよりも頭皮を整える効果があるので、頭皮トラブルで最も多いかゆみやフケが改善されることが期待されます。

スカルプ系に育毛シャンプーはなるのですが、商品によっては髪が乾燥してきしむということもあります。こちらは成分にもこだわっていて髪と頭皮に負担をかけにくいことを重視しています。負担をかけにくということは、シリコンなど綺麗にみせることに特化した成分は入れないですこやかに頭皮と髪を守りながら洗うということですね。なのでしっとり系を使ってる女性や髪の長い女性は使いにくいかもしれません。

男性で髪が短い方や髪の量が減っている方については気にならない方も多いようです。有効成分ピロクトンオラミン配合でフケ、かゆみを防ぎます。きめ細かな泡立ちで頭皮をいたわりながら、毛穴の奥の汚れまでしっかり洗い落としながら、うるおい成分であるグリチルリチン酸ジカリウム配合で洗浄後の頭皮を保湿し、乾燥を防ぎ、頭皮環境を整えます。

医薬部外品です。すっきり洗い上がるものは、髪がきしみやすい面もありますが、髪にボリュームも出るという良さもあります。少しごわごわするとしても根元から立ち上がりやすいので仕上がりが好きという方も多いです。

 

7位:アデノバイタル(ADENOVITAL) 資生堂 アデノバイタル シャンプー

こちらは、資生堂のものですね。女性のコスメやヘアケアを扱っている資生堂の商品なので使い心地がいいです。アデノバイタルは育毛ケアを主にあつかっているブランドですね。

同じラインの育毛商品と一緒に使うことも想定されていて皮脂や汚れなどの育毛剤の浸透を妨げる要因を取り除き、頭皮を清潔します。洗い上がりは、ボリューム感を出すように作られたものではありますが、使い心地と洗い上がりを重視しているので髪の量が少ない方やもともと細く猫っけのようなかただと少しぺちゃんこになりかもしれません。

でも、潤いを守りながら汚れを洗い流すシャンプーなので負担が髪にかかりにくいんですよね。優しいタイプで洗うとシャンプー中の抜け毛やブラシを通したときも髪がもつれないので切れないし傷みません。もし、ボシュームのある仕上がりにしたい場合は、ヘアスプレーやヘアワックスで仕上げるなどするといいと思います。

育毛シャンプーはきしむものが多いので使いにくいという声をききます。ボリュームがでないというレビューが多いものは、髪がしっとりとして落ち着いた仕上がりになるということです。育毛シャンプーはじめてさんや女性には使い心地がさほど普通のシャンプーと変わらないので使いやすいと思います。

 

6位:CLEAR(クリア) クリアフォーメン クリーンスカルプ 薬用シャンプー【医薬部外品】

こちらは女性用もあります。コスメ口コミサイトでもよく話題になる商品ですね。男性用は活性炭配合処方で、フケ、ニオイ、汚れをさらにすっきり落とす処方になっています。

毛穴のよごれや、頭皮のあぶら、べたつきが気になる皮脂が多めの男性におすすめです。クリアは女性のものと男性のものをはっきりと区別をつけています。世界展開のメーカーなので世界的にも人気のある商品ですね。私は女性用を使ったことがありますが、頭皮がスッキリと洗い上がる感じです。ただ、少し髪はきしみますね。

スカルプケアシャンプーで頭皮がスッキリするタイプは、髪もすっきりと洗いあげるタイプが多いです。クリアもそのタイプですね。もし、洗い上がりがきしんだりもつれる場合は、コンディショナーを多めにつけるとかしっとりタイプのものにすると少し軽減します。

メントール配合なのですーっとします。男性用シャンプーらしいすっきりとした洗い上がりと香りです。

 

5位:アンファー(ANGFA) スカルプD オイリーシャンプー 2016年版

こちらは、 12代目スカルプDオイリーシャンプーですね。アンファーは、育毛専門ケア用品をたくさん発売されているブランドです。スカルプDは、みなさんも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

こちらは、豆乳発酵液を新たにパワーアップしています。従来の黒豆に加え、青大豆、黄大豆を追加することで、より頭皮に潤いを与えながら、アミノ系洗浄料でやさしく汚れを落とします。大豆は女性ホルモンによいとされています。髪も女性ホルモンの影響でふさふさになるといわれていますので大豆成分には少し期待は持てますね。

頭皮がべたつく、髪や頭皮のニオイが気になる、髪にボリュームとコシを出したいという方におすすめです。ノンシリコンシャンプーでどこまでも頭皮と髪のためを考えて作られた育毛シャンプーです。長年のファンも多く、リニューアルしてもいつもこれを使っているという男性の方もたくさんいらっしゃる人気の育毛シャンプーブランドです。

 

4位:チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプー

こちらは、コスメ口コミサイトやSNSでもよく見かけますね。めずらしく男女兼用です。

性別で見るのではなく髪と頭皮にはどんなものが大切なのかという成分を毛髪診断士、美容師による開発、監修のスカルプケアシャンプーなんです。いいものは男女区別なんてしなくてもいいという新しい考え方で大ヒットしています。 無添加、天然成分にこだわり、洗髪するたびに健康な頭皮環境に近づくように考えられてつくられています。

頭髪によいといわれているアミノ酸系洗浄成分5種類を贅沢に配合していて、オガーニック成分10種や植物系成分22種配合のノンシリコンで、弱酸性の肌への優しさにもオーガニックスカルプケアシャンプーです。

イオンアドソープション処方でハリ、コシを与え簿湯リュームもアップできるようにしています。ノンシリコンシャンプーでもあります。サルフェートフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー、合成着色料フリー、5種類を排除することにより頭皮への刺激を軽減しました。でも、きしまず軽い指通りがいいです。

実際に私も使ったことがあるのですが、スカルプシャンプーとは思えない使い心地の良さです。ぜんぜんきしまないし髪が絡まないので抜けにくいです。かすかなローズのような男女ともに好まれるやさしい香りも好感度があります。成分のこだわりだけでなく、サイトには使い方のこだわりもとても細かく丁寧に書かれています。

同じようにやってみるとさらに頭皮や髪が綺麗に保てるようになるのでおすすめです。

 

3位:マーロ(MARO) MARO 3Dボリュームアップ シャンプー

CMかっこいいですよね。世界観が凄いなと思うんですが、若い男性の中でもCMきっかけで人気爆発しているようです。

1度洗うだけで圧倒的な立体感というコンセプトの育毛シャンプーです。「ボリュームを出したい」「最近髪がさみしい」とだんだん髪の変化が気になりだした男性におすすめです。とくにボリュームのある若々しいヘアスタイリングが決まりやすくなるような仕上がり重視の育毛シャンプーです。私は、ヘアケアモニターを多数していますがシャンプーによって髪の見た目の量って変わるんですよね。

こちらは、 髪が根元から立ち上がりボリューム感が得られる処方になっているので、いつも奥さんやお母さんのシャンプーで洗っている男性なんかだとたぶん洗って乾かしたときに髪のボリュームとコシを感じるのではないでしょうか。柔らかい髪に仕上げるのが女性ようですが、男性用はかたく弾力のある髪に仕上がる処方にしてあるものが多いです。

ノンシリコン、ラウレスフリーです。ラウレスとは洗浄成分のことですね。安価で洗浄力が高いためよくシャンプーの含まれる成分ですが、泡立ちがよくなり洗浄力が高まるので頭皮に刺激があることもありかゆみやフケなども増やすことがデメリットだといわれているものですね。

こちらの成分を排除しているのでさらに髪と頭皮に優しいシャンプーです。マーロのサイトに書いてあったヘアセットのテクニックがとてもいいのでちょっとのせときますね。

 

もっと違いを実感できる。ヘアセットのテクニック

1. ドライヤーを使う

髪の根元から空気を入れ込むようにドライヤーを下からあててください。指でジグザグに動かし、前髪をかきあげながら根元に風を当てます。うなじから頭頂部に向かって指をジグザグに動かしながら根元から乾かします。

2. ブラシ等で軽く整える

後頭部のトップにふくらみが出来るように持ち上げるように軽く手で押さえます。

3. 後頭部を軽く抑える

ふんわり感をつぶさないように手ぐしで軽く前から後ろに流すように整えます。

4. セット完了

ふんわりボリュームアップスタイルが完成します。

出典:マーロ公式サイト

 

いかがですか?なるほどと勉強になりますよね。

女性でもそうですが、さらさらストレートヘア出ない限りスタイリングが必要です。ちょっとしたテクニックで髪の雰囲気が変わりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

2位:バイタリズム(VITALISM) スカルプケア シャンプー ノンシリコン for MEN

VITALISMは、頭皮のプロフェッショナルである友利新先生と松木貴裕院長が、 ヘアケアとスカルプケアを同時に叶えられるよう開発した新発想のシャンプーです。

友利先生はテレビでもよく出ていらっしゃいますよね。女性用もあります。こちらは、 髪と頭皮にとって良いものをプロの目線で作った育毛シャンプーです。 新成分ピロミジロールでスカルプケアとヘアケアを両立する為の新しい成分として独自に研究開発されたものです。それから成分にもこだわり、 石油系界面活性剤、合成着色料を使っていません。

植物由来の成分で赤ちゃんの肌も洗えるほどの優しさにこだわった製品です。もちろん、ノンシリコンです。シャンプーの成分で最も良いとされる 8種のアミノ酸の成分効果により、傷んだ毛髪を補修するとともに、 頭皮の環境を健康な状態に整える事ができます。

それから洗い上がりにもこだわり 2種のコラーゲンを配合しています。水溶性コラーゲンと加水分解コラーゲンですね。育毛シャンプーにかかせない 髪にハリ、コシを与え、根元から立ち上がるような弾力を与え セットしやすい髪に仕上げるように作られています。リラックスできる優しい香りです。こちらは、洗い上がりがやさしいのですっきりと爽快感は感じないかもしれませんが、髪にダメージは少なく頭皮も清潔にやさしく不必要な汚れだけとるために頭皮のべたつきやニオイが使っているうちに軽減されたとの声もあります。

優しく洗うので気になる抜け毛や切れ毛も減ってくると思います。育毛シャンプーには育毛効果は残念ながらありませんが、今ある髪を大切に保つ効果を期待できる商品ではあります。

 

1位:メンズ ( HMENZ ) 【ノンシリコン アミノ酸系洗浄 スカルプシャンプー 】HMENZ メンズ 『 冷感ゼロ & 延命草たっぷり 』 ボリュームアップシャンプー

こちらの育毛シャンプーは、とにか口コミがいいです。ネクスト時代のスカルプヘアシャンプー と紹介されているのですが余計なものを入れないでシンプルにこだわり育毛剤に使用される延命草 を配合したハリ、コシを強めるボリュームアップシャンプーです。男性用シャンプーに多いひやっとする冷感は一切なしにした優しく洗いあげるアミノ酸系シャンプーです。

頭皮に優しいことだけを考えてこだわってつくられています。男性シャンプー特有のメントール感がないので女性も使われている方も多いです。スカルプケアシャンプーになるので頭皮の健康を守るための処方であるため男女とも有効なシャンプーとも言えるでしょう。 無添加シャンプー ですね。もちろんノンシリコンです。無着色でもあります。

さらに安価で洗浄力が高いことが売りのラウレル、ラウレス、パレス硫酸塩、スルホン酸を100%排除しています。これらの成分は頭皮に刺激を受けやすいので排除することでさらに優しい処方になっています。

髪にも頭皮にも優しい洗い上がりなので抜け毛の気になる方や敏感肌の方にも安心です。頭皮に刺激が置きにくいのでフケかゆみ防止にもなります。 柑橘系のさわやかな香りも人気です。日本製で医薬部外品です。

優しいアミノ酸系の育毛シャンプーのために洗い上がりが少しぬるぬるした感じがなれるまであるかもしれません。なので皮脂が多いべとべとする頭皮になりやすい方にはあまり向かないかもしれません。でも、とても口コミもよく長く使えば使うほどいいというレビューも多いので、使い心地も洗い上がりも、そして髪や頭皮も状態もよく改善されているということだと思います。

育毛シャンプーは、悩みは出てから使うものでもあるのでなかなか新しいものにチャレンジするのは難しですよね。口コミがいいものから使うのもより自分の髪にあう商品に早く近づく鍵かもしれませんね。

 

まとめ

育毛シャンプーというのは、髪を増やすものではなく頭皮を健康にして今ある髪を最高にいい状態にしていくということなんだなと改めて思いました。

たくさんのレビューを読んでとても育毛について真摯に考えて研究されている男性が多いんだなと実感しました。男性の髪の悩みは尽きないというところなのでしょうが、私は女ですが私からするとあまり髪のことは気にしていませんね。

背も男性は私より高い人の方が多いですし、本人から言われて確認しても別になんとも思わないというのが正直な気持ち。私の周りの女友達も男性の頭髪についてのことはあまりいいませんね。

カッコいい髪型とかいうことを聞くときがあるかもしれないですが、女性がカッコいい髪型ねと言う場合は、なんだかアシンメトリーになっていたり変わった髪型だったり色が変だったりして反応しないと悪いのでカッコいい髪型とリップサービスで言ってみるだけです。

カッコいい髪型と言われたら変な髪型と思ってもらったほうがいいかも。そこに他の男性がいるとあいつはカッコいいと勘違いしてしまうということもあるのではないかと思います。

髪の量が少ない男性でもカッコいい人はカッコいいですもんね。女性はトータルで男性を見るので髪はそこまで関係ないです。男性同士で言ってるだけだと私は思いますし、女性で髪のことをいう人はモテない女ですね。なぜなら、男性ホルモンが多いので髪が減るということで考えると、男性ホルモンって優しさホルモンなんですよね。穏やかで優しい気持ちが保てるのは男性ホルモンです。

それと男性的にも男性らしいということであるので、実は素敵な人が多いんですよね。女性は男性の髪に関して不快に思うのは、髪型を鏡ばっかりみて整える人と髪を洗わず清潔さがないとわかる人です。この記事を読んで下さった殿方のみなさんは、きちんと清潔な方であると思うので私は素敵だと思います。

記事内で紹介されている商品

スカルプケア薬用シャンプー

サイトを見る

資生堂 アデノバイタル シャンプー

サイトを見る

クリアフォーメン クリーンスカルプ 薬用…

サイトを見る

アンファー(ANGFA) スカルプD オイリーシ…

サイトを見る

チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプー

サイトを見る

MARO 3Dボリュームアップ シャンプー

サイトを見る

バイタリズム(VITALISM) スカルプケア シ…

サイトを見る

【 ノンシリコン アミノ酸系洗浄 スカルプ…

サイトを見る

関連記事