買いたいものを検索してください

メンズ用ヘアジェルおすすめランキングTOP10

メンズのスタイリング剤というと、ワックスやムース、ヘアスプレーなどありますが、最近はヘアジェルも人気です。ワックスにはない質感を演出できるほか、髪型を固める、キープ力が強いため髪型が乱れやすい時、しっかり感を出したいビジネスシーン、崩れを気にせず楽しみたいスポーツ時、そしてデイリーとさまざまなシーンで活躍してくれます。

 

メンズ用ヘアジェルの特徴

 

ワックスとは何が違うの?

簡単にいうとジェルのベースは水、ワックスは油分のため仕上がりに差がでます。ワックスは髪の形を作るだけでなく動きを作り、ラフな質感を演出するほか、髪を押さえたり、はねさせないという役割も。ジェルは髪の毛を固め、キープ力が強いため、髪型をガチっと決めることができます。

 

キープ力・ウエット感が◎

ワックスは手ぐしでメンテナンスできる反面、髪質やスタイルによっては数時間後にペタっとしてしまうことがありますが、ジェルは固まるため崩れにくいのがポイント。

固まってしまうため再整髪が難しいですが(*中には水をつけることで再整髪が可能なタイプもあります)、シャンプーするまで落ちないのと、圧倒的なツヤが魅力です。

 

どんな時に使うのがいいの?

基本的な効果が「髪を固める」なので、髪型を長時間キープしたいときに使うのが良いでしょう。髪の毛を後ろにかき上げて固定するオールバックや、分け目をしっかり作れるので七三分けはジェルとの相性のいいスタイルです。

ウェットな質感やツヤが特徴なので、くせ毛を活かしたスタイルやパーマではエアリーに仕上げることができます。スタイリング時間を短くしたい、とりあえず髪を整えたい、というときにもおすすめです。

 

メンズ用ヘアジェルの選び方

基本的には、なりたいスタイルやシーンに合わせ、自分の好みに合ったものを選びましょう。

 

髪質に合わせて選ぼう

髪が細い、毛量が少ないなど、やわらかい髪のタイプであれば使用感の軽いものがおすすめです。ノンオイル、ウォーターベースなどの表記に注目して選ぶと良いでしょう。

逆に髪の量が多い、髪が太いタイプはハードタイプや動きやボリュームを抑えるもの、ワックスのような強めの使用感を謳ったものを選ぶのもおすすめ。

 

速乾タイプは忙しいときに重宝

速乾性のものは乾くのが早く、固まるのも早いので、忙しいときや、スタイルが決まっている時は時短にもなります。ベタつきが気になる人は使う量が少なくてすむタイプを選ぶのも良いでしょう。

出典: Amazon.co.jp

ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインジャム10
ブランド
カテゴリ

 

髪や地肌に優しいものを選ぼう

髪のダメージが気になる人は、ドライヤーの熱から髪を守る成分が入っているもの、トリートメント成分が配合されているものや、天然成分を使用した物を選ぶようにしましょう。無香料、無着色、防腐剤不使用、無添加といった表記に注目して選ぶと◎。

 

香りから選ぼう

ヘアジェルを使う自分自身が心地よいと感じるだけでなく、使用シーンで不快に思われない香りの種類や、香りの弱いものを選ぶのもポイントです。香水などを合わせて使う場合は、相性を意識するか、無香料タイプを選ぶのも手です。

 

メンズ用ヘアジェルおすすめランキングTOP10

第10位 アリミノメン フリーズキープジェル

内容量:200g

香り:シトラス・ムスクの香り

すぐに固まらず、動きのあるツヤ感スタイルを表現

仕事も遊びも爽やかにこなしたい、大人の男のために生まれたブランド。ワックスの動かしやすさと、ジェルの洗い落ち・キープ力を両立させた“ハイブリット処方”を採用し、長時間乱れのないスタイルをキープ。

さらに髪についた汗や皮脂から発生した気になるニオイをマスキング。

 

第9位 ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH

出典: Amazon.co.jp

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH
ブランド
カテゴリ

内容量:90g

香り:フルーティフローラル

キラッと輝く、濡れたような質感を生み出すジェリー

サロン専売商品として人気のミルボンから登場した、スタイリング力もありつつ、キラッと輝く濡れ感を簡単に表現できるスタイリング剤。高いキープ力を保ちながら、動きを表現するセット成分を配合。しっかりした動きを出したい方におすすめ。

 

第8位 ナカノ モデニカ フリーズハードジェル

出典: Amazon.co.jp

ナカノ モデニカ フリーズハードジェル
ブランド
カテゴリ

内容量:150g

香り:シトラスフローラル

ワイルドで色気のあるスタイルをがっちりキープ

高い美意識を持つ男性向けケアアイテムとして人気のモデニカから登場した、ヘアスタイルをがっちり固めたまま長時間崩さない、速乾性のハードジェル。

髪や手がべたつかず、洗い流しが簡単で、タイトでフォーマル感のあるスタイルや、毛先を立てるベリーショートスタイルにおすすめ。

 

第7位 ルシード ヘアジェル スーパーハード

内容量:160g

香り:無香料

ハリ・コシ成分配合!40代からのスタイリングに

40才からのカラダの変化がもたらす「悩み」に応えるブランド、ルシードのベーシックなスタイリング剤。エイジングケア処方で浸透性アミノ酸配合。髪にハリ・コシを与えながら、湿気や汗に強く、ヘアスタイルをがっちり固定。髪なじみがよく、ベタつかずサラッとした手触りが特徴。

 

第6位 リップス L16フリーハードジェル

内容量:231g

香り:ー

ワックス感覚&ツヤをまとった濡れ髪がハードに固まる

メンズに人気の美容室リップスの、毎日のサロンワークとスタイリングの研究から生まれたスタイリング剤。ワックスのような使い心地で簡単に動きが作れるほか、時間差で固まる“タイムバランサー効果”を実現。

スタイリングが十二分に楽しめるほか、濡れ髪のウェットな質感をかっちり固めるウェット&フリーズ製法でスタイルをキープします。

 

第5位 エヌドット オム ジェルバーム

内容量:40g/100g

香り:伊予柑の精油をブレンドした爽やかな香り

キメすぎない、新形態のジェルバーム

ジェル基材をベースにワックスの基材を加えたやわらかなテクスチャーが特徴。ウェット、もしくはセミウェットの状態で適量を髪全体になじませてスタイリングすると、ふんわりエアリーで、キメすぎない雰囲気に仕上がります。

 

第4位 ロレッタ デビルゼリー 10.0

内容量:240g

香り:ー

ワックスのような使い心地の新感覚ジェルワックス

ツヤ感やキープ力が魅力のジェルと、無造作感・再現力が魅力のワックスの、両方の魅力を兼ね備えたアイテム。デビルパウダー(シリカ)配合で時間がたっても重くならず、軽やかな動きがつくれるほか、超ハードなセット力で、きっちりキマッたスタイルをロングキープ。

 

第3位 ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード

出典: Amazon.co.jp

ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード
ブランド
カテゴリ

内容量:60g/200g

香り:シトラス系の香り(微香性)

白い粉が出にくく、ガチっと強力セットが持続

髪を保護するトリートメント成分配合で、ドライヤーの熱から髪を守るほか、フレックスポリマー配合で白い粉が出にくいのがポイント。速乾性でベタつかず、湿気の多い日も立たせる・固めるなど思い通りのスタイルが自在に。水をつければ再整髪でき、髪に自然なツヤを与えます。

 

第2位 柳屋 J ウルトラハードジェル

内容量:330g

香り:無香料

ハガネのように激強固!ガチッとスタイリングが一日中持続

ハード系ヘアジェルユーザーの一番重要なポイント=「硬さ」を追求した最硬ヘアジェル。固めたヘアスタイルは強風にも負けず、洗髪するまで一日中キープ。大容量なので1回の使用量が多いヘビーユーザーも安心で、白い粉が出にくく、ノンオイリーだから洗い落としも簡単です。

 

第1位 ロレッタ ハードゼリー

内容量:300g

香り:ローズ系

ベタつきの少ないウォータージェルでどんなスタイルも即キープ

ナチュラル成分(天然素材)がケア効果とベタつきの少ない仕上がりを表現し、香りやパッケージデザインにもこだわったウォーターベースのスタイリングジェル。

輝きのツヤとハードなセット力で挑戦的なスタイルを作り出せるほか、水をつければ再整髪可能なため、スタイリング初心者でも扱いやすく、大容量でコスパが良いのも魅力です。

 

メンズ用ヘアジェルの比較表はこちら

ランキング 第10位 第9位 第8位 第7位 第6位 第5位 第4位 第3位 第2位 第1位
商品画像 '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''
商品名 アリミノメン フリーズキープジェル ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH ナカノ モデニカ フリーズハードジェル ルシード ヘアジェル スーパーハード リップス L16フリーハードジェル エヌドット オム ジェルバーム ロレッタ デビルゼリー 10.0 ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード 柳屋 J ウルトラハードジェル ロレッタ ハードゼリー
リンク 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

 

メンズ用ヘアジェルの使い方

ヘアジェルはワックスと同じように使うもの?と思われがちですが、やや違います。基本的には髪型を固めるものなので、ジェルをつける前に寝ぐせやはねをとるなど、ドライヤーやブラシを使って髪を整えておきましょう。

またジェルのタイプによっては、濡れた状態で使うもの、乾いた状態で使うものがあるので、よく確認してから使いましょう。

 

STEP1:適量を手に取り、しっかり伸ばす

ジェルはツヤ感が魅力の整髪剤なので、髪に均等に伸ばさないとムラになってしまいます。500円硬貨大を目安に適量を手に取り、手のひら同士を合わせて、指先、指のあいだまだしっかり伸ばしましょう。こうしておくとジェルをまんべんなく髪に馴染ませることができます。

 

STEP2:前から後ろへ、手ぐしで馴染ませる

ジェルは前から後ろに向かってつけていきます。時間の経過とともに前髪が落ちてきてしまうのを避けるため、ジェルが多く手についている状態で、最初につけるのがおすすめです。

 

STEP3:束感、立体的なシルエットを作る

手ぐしで髪全体にジェルをつけたら、手のひらや指先を使って毛束をつくり、立体感のあるシルエットを作りましょう。速乾性タイプのジェルは固まるのが早いので、手早くスピーディーにスタイリングするのがポイントです。

 

よりフォーマルな雰囲気を出したいならコームで整えるのも◎

手ぐしではラフな雰囲気を出すことができますが、コームを通すことで毛流れが整うため、よりフォーマルに仕上がることができます。よりしっかりした雰囲気を出したいなら、コームを使って整えるのがよいでしょう。

 

ヘアジェルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヘアジェルの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

「濡れ感」にトライするならジェルがおすすめ

ヘアジェルは「髪を固める」のが基本的な効果ですが、短い毛を立たせたり、パーマをエアリーに仕上げたり、フォーマルな雰囲気を演出したりと、使うと男らしく爽やかな髪型が簡単に作れます。ぜひヘアジェルを使ってウェットな質感を活かした、かっこいいスタイルにトライしてみてくださいね。

記事内で紹介されている商品

ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインジ…

サイトを見る

アリミノメン フリーズキープジェル

サイトを見る

ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジ…

サイトを見る

ナカノ モデニカ フリーズハードジェル

サイトを見る

ルシード ヘアジェル スーパーハード

サイトを見る

リップス L16フリーハードジェル

サイトを見る

エヌドット オム ジェルバーム

サイトを見る

ロレッタ デビルゼリー 10.0

サイトを見る

ギャツビー スタイリングジェル スーパー…

サイトを見る

柳屋 J ウルトラハードジェル

サイトを見る

ロレッタ ハードゼリー

サイトを見る

関連記事