買いたいものを検索してください

【ミルク・オイル・クリーム】市販洗い流さないトリートメントおすすめ人気ランキング9選!

乾燥してまとまりのない髪や傷んでパサパサになった髪は、洗い流さないトリートメントでケアするのがおすすめです。髪を労り保護するために役立つ、洗い流さないトリートメントの使い方や選び方、人気の商品を紹介します。

 

洗い流さないトリートメントとは?

洗い流さないトリートメントとは、主に風呂あがりに使う『アウトバストリートメント』のことを指します。シャンプーと併せて使うコンディショナーや、洗い流すトリートメントとはどのような違いがあるのでしょうか。

洗い流さないトリートメントを使うとどのような効果が期待できるのか、特徴や使うタイミングについて紹介します。

 

洗い流さないトリートメントのメリット

洗い流さないトリートメントは髪に栄養成分をプラスして、保護することで美しく見せる役割があります。ドライヤーの熱や紫外線ダメージによって髪が傷んでしまうことを予防し、保護してくれるのです。

髪を守るだけではなく、ツヤやサラサラ感を出すためにも役立ちます。湿気で広がる髪のまとまりをよくしたり、乾燥からくるパサつきやゴワゴワ感を抑えたりできるのもメリットです。

 

洗い流すトリートメントとの違いは?

洗い流すトリートメントは風呂で濡れた状態の髪に使用し、最後に洗い流すトリートメントです。髪の内側にアプローチするのが洗い流すトリートメント、外側をケアするのが洗い流さないトリートメントという違いがあります。

洗い流すトリートメントは濡れた状態の髪に使用することで、成分がキューティクルの内側に浸透します。シャンプーで洗浄した後に、洗い流すトリートメントで髪を労りダメージを補修するのが一般的な使い方です。

 

洗い流さないトリートメントはいつ使う?

洗い流さないトリートメントは、タオルドライやドライヤーで髪を乾かした後やヘアアイロンの前後などに使用するトリートメントです。髪表面のキューティクルをカバーすることで髪を保護し、ツヤや質感をよくする効果を長時間キープできます。

タオルドライの後すぐにトリートメントをつけることで、ドライヤーの熱や髪同士がこすれる際の摩擦ダメージから守ってくれるのです。ヘアアイロンの使用前に使えば高温から髪を守り、乾燥や熱ダメージによるパサつきを抑えられます。

髪を乾かした後やセット後に、洗い流さないトリートメントをつけるのもおすすめです。セットのキープ力を高めたりツヤを出したり、湿気で広がるのを防いでくれる効果にも期待ができるでしょう。

 

洗い流さないトリートメントの主な種類

洗い流さないトリートメントには、さまざまな商品があります。テクスチャーによって使用感が異なるため、自分の髪質や使い勝手のよさで選ぶとよいでしょう。洗い流さないトリートメントの主な種類について説明します。

 

ミルク系

ミルク系の洗い流さないトリートメントは、髪をしっとりと柔らかくしてくれる保湿重視の商品が多いでしょう。乾燥が気になる人や、うるおいのある軽い仕上がりを望む人に向いているトリートメントです。

乾燥で傷み、パサパサ・ゴワゴワしがちな髪に使うことで、広がりを抑えて手触りをよくしてくれます。開いたキューティクルの補修や、髪に栄養成分を浸透させることに役立つため、ミルク系のトリートメントは乾いた髪に使用するとよいでしょう。

油分が少ないミルク系トリートメントは、タオルドライ後よりもドライヤーで乾かした後の仕上げに向いています。

 

クリーム系

ミルク系よりも濃厚なテクスチャーのクリーム系は、より保湿力が高いトリートメントといえます。ミルク系よりも髪に密着し、油分がある分表面の保護にも役立つため、特にダメージが気になる人におすすめです。

ドライヤーの熱や摩擦ダメージを防ぎながら、髪の補修と保湿を行えます。スタイリング剤として髪のセットにも使用できますが、毛の細さによっては髪全体に使うと重く感じられる場合もあるでしょう。

ベタッとした感じを避けたい人は、毛先や傷んだ部分を中心に使うことをおすすめします。

ヘアクリーム

 

オイル系

油分が主な成分のオイル系トリートメントは、タオルドライ後すぐに使用するのに向いているヘアケア剤です。オイルというとベタベタしそうなイメージですが、実際はサラッとした使用感で髪に馴染ませやすいものが多いでしょう。

油分で熱やダメージから保護してくれるため、ドライヤーやヘアアイロンの前に使用するのに向いています。ダメージが気になる人や乾燥が気になる人はもちろん、髪にツヤを出したい人にもおすすめです。

髪の補修目的よりもダメージ保護に使うことが多いオイル系ですが、保湿をしたい場合はドライヤーの後や日中に重ね付けすることで、しっとりとした髪に仕上げられます。

髪

 

【さらさら】洗い流さないトリートメントの選び方

洗い流さないトリートメントの購入を考える人の中には、どのような商品がよいのか悩む人も少なくないでしょう。洗い流さないトリートメントを選ぶ際に参考にしたい、おすすめの成分について紹介します。

 

オーガニック成分の有無

洗い流さないトリートメントは長時間髪に残るため、肌や頭皮に悪影響を与えないものを選ぶとよいでしょう。保湿効果の高い『アルガンオイル』や『ホホバオイル』など、肌についても安心な『オーガニック成分』の商品を選ぶのがポイントです。

オーガニック成分とは、農薬などを使わず自然に育てられた有機栽培の植物が原料になっているものを指します。頭皮も肌の一部といわれるので、肌や髪に優しいオーガニック成分のトリートメントを使うと安心です。

 

シリコン成分の有無

『シリコン成分』が入っているトリートメントは、髪の手触りを滑らかにしてくれたり、摩擦によるダメージから髪を保護してくれたりと、ハイダメージな髪には重宝します。しかし、髪が細い人やベタつきを感じやすい人、肌が弱く敏感な人などには向かないこともあるため注意が必要です。

一般的に頭皮に優しいノンシリコンのトリートメントの方が、安心して使用できます。シリコンは『ジメチコン』などと表記されているため、シリコン成分入りの商品を避けたい場合は成分表を確認しましょう。

 

商品を選ぶ際に注意したい成分

髪を美しく見せるための洗い流さないトリートメントですが、成分によっては肌や髪に刺激を与えてしまうものがあります。購入する前に、気を付けたい成分が入っていないかチェックしておきましょう。

 

刺激性界面活性剤

シャンプーなどに含まれている『刺激性界面活性剤』は、洗い流さないトリートメントにも配合されていることがあります。静電気を抑えたり、ホコリや汚れなどをつきにくくしたりする役割がありますが、髪や肌に悪影響を与えるため注意が必要です。

肌が敏感な人は刺激を感じたり、髪自体が乾燥しやすくなり傷んでしまったりする場合があります。美しい髪を目指すためにトリートメントを使っているはずなのに、傷めてしまうのでは本末転倒です。

刺激性界面活性剤の一種である『ラウリル硫酸』などの成分が配合されているものは、避けた方がよいでしょう。

 

防腐剤・酸化防止剤

商品の品質をキープするために使われる『防腐剤』や『酸化防止剤』も、肌や髪に悪影響を及ぼす恐れがあります。全く入っていない商品は使用期限が短く、すぐにダメになってしまうデメリットがあるため、成分表を見て慎重に判断しましょう。

防腐剤や酸化防止剤が大量に使われているトリートメントは、肌や頭皮につくと刺激を与える場合があります。自分の体質やアレルギーなどを考慮して、できるだけ肌や頭皮につかないように気をつけましょう。

 

【使い方】洗い流さないトリートメントの使い方は?

髪をケアするための洗い流さないトリートメントですが、どのように使うのが効果的なのでしょうか。効果を存分に引き出すためにも、使い方のコツを知っておくとよいでしょう。

洗い流さないトリートメントは、たっぷりつければよいわけではありません。使い方のポイントを意識することで、よりきれいな髪を目指しましょう。

 

頭皮につけすぎない

トリートメントの成分がしっかり浸透するように、頭皮にもつけるのは間違いです。洗い流さないトリートメントの場合、トリートメントに含まれる油分や成分が頭皮の皮脂と混ざり、毛穴をふさいでしまいます。

トリートメントの成分が肌につくことで、刺激を与えてしまうこともあるでしょう。肌荒れや髪のダメージにつながるだけでなく、ベタベタとして仕上がりも悪くなります。

 

毛の根本につけないようにする

トリートメントをつける場合は、毛先を中心に馴染ませていきましょう。耳のあたりを目安にして、地肌に近い部分は避けるようにつけていきます。

頭頂部にトリートメントをつけたい場合は、毛先から中間に馴染ませた後に手に残っているトリートメントを薄くつけ、ブラシで毛先に向かってとかしましょう。頭頂部に飛び出したアホ毛や、髪全体の見た目のボリュームダウンに役立ちます。

くし

 

【ミルク】洗い流さないトリートメントおすすめ人気ランキング3選

髪の毛に馴染みやすく、うるおいのある柔らかな髪に仕上げてくれるのがミルク系の洗い流さないトリートメントです。しなやかで思わず触れたくなるような髪を目指したい人に向いています。

 

パンテーン インテンシブ ヴィタミルク

出典: Amazon.co.jp

パンテーン インテンシブ ヴィタミルク
ブランド
カテゴリ

パンテーンの『インテンシブ ヴィタミルク』は、風呂あがりの髪に手軽に使用できる、リーズナブルなミルク系トリートメントです。風呂あがりの濡れた髪に、毛先を中心に馴染ませてドライヤーで乾かすだけで、寝癖がつきにくいなめらかな髪に仕上がります。

髪のキューティクルが開いている風呂あがりの『ゴールデンタイム』に使うことで、内側まで成分が浸透し、翌朝まできれいな髪をキープできるのです。プッシュ式のボトルが使いやすく、ふんわりと甘い香りも人気があります。

 

ナプラ N.シアミルク

ナプラの『N.シアミルク』は、スタイリング剤でも人気の『N.(エヌドット)』シリーズの洗い流さないトリートメントです。髪の毛を柔らかくする成分が配合されているため、髪が硬い人やゴワつきが気になる人に向いています。

乳液のようなテクスチャーで馴染みやすく、しっとり滑らかな髪に仕上がると好評です。カラーリングやパーマで傷んだ髪や、ヘアアイロンを使う人に試してみてほしい商品の一つでしょう。

 

モンシャルーテ アルガニーナ オーガニック ヘアミルク

出典: Amazon.co.jp

モンシャルーテ アルガニーナ オーガニック ヘアミルク
ブランド
カテゴリ

モンシャルーテの『アルガニーナ オーガニック ヘアミルク』は、さらっとした軽いつけ心地が特徴です。髪のボリュームが出にくい人や髪が細い人、べたつく使用感が苦手な人でも使いやすい商品でしょう。

オーガニックのアルガンオイルやホホバ種子油、オリーブ油などが配合されているため、髪に優しいタイプのトリートメントです。パサつきがちな髪をしっとり柔らかく仕上げ、フレグランスのような香りで癒してくれます。

 

【クリーム】洗い流さないトリートメントおすすめ人気ランキング3選


ヘアケアだけではなく、スタイリング剤としても使えるクリーム系の洗い流さないトリートメントは、ダメージ予防と保湿・補修の両立ができます。しっとりとした使用感で、髪が太めの人や広がりやすい人にぴったりでしょう。

 

ミルボン レミュークリーム

くせ毛や剛毛な人におすすめしたいのが、ミルボンの『レミュークリーム』です。クリーム系の洗い流さないトリートメントの中でも、特にパサつきやゴワゴワ感のある髪に向いているでしょう。

美容院でも使用されている商品で、まとまりやすく柔らかな髪質へと導いてくれます。濡れた髪にも乾いた髪にも使えて、ツヤのある柔らかな髪に仕上がるのがポイントです。

 

大島椿 ヘアクリーム しっとり

1927年に創業された老舗の椿油メーカー・大島椿の『ヘアクリーム しっとり』は、鉱物油を一切使用していない椿油のトリートメントです。保湿・柔軟・保護成分である椿油と、補修成分であるツバキセラミドを配合しています。

伸びのよいクリームでべたつきにくく、しっかりと髪をまとめてくれるトリートメントで、スタイリング剤としても重宝するアイテムです。しっとり落ち着いた仕上がりや、重めなトリートメントが好きな人に合う商品でしょう。

 

ロレッタ ナイトケアクリーム

出典: Amazon.co.jp

ロレッタ ナイトケアクリーム
ブランド
カテゴリ

ロレッタの『ナイトケアクリーム』は、その名の通り寝る前に使う洗い流さないトリートメントです。ローズ系の香りと滑らかな使い心地で癒されるアイテムで、まとまりやすい髪に仕上がります。

ベタベタしにくく、しっとりとしながらも軽いつけ心地がポイントです。ダマスクローズオイルやアルガンオイル配合で髪に優しく、朝寝癖がつきにくいさらさらヘアを目指したい人におすすめできます。

 

【オイル】洗い流さないトリートメントおすすめ人気ランキング3選


ドライヤーの前後や乾燥が気になるときに役立つオイル系の洗い流さないトリートメントは、サラッとした使用感が人気です。熱ダメージを軽減させたい人に最適で、ヘアアイロンやコテを多用する人に向いています。

 

マーキュリーデュオ エレガンスヘアオイル

出典: Amazon.co.jp

マーキュリーデュオ エレガンスヘアオイル
ブランド
カテゴリ

マーキュリーデュオの『エレガンスヘアオイル』は、女性らしく官能的な香りが楽しめるフレグランスヘアオイルです。洗い流さないトリートメントとしてだけではなく、ほんのり香るヘアフレグランスとしても使えます。

カシスやラ・フランスなどの果実、ローズやジャスミンなどの花にムスクが合わさった甘い香りは、病みつきになること間違いなしでしょう。重すぎず軽すぎない、サラッとしたオイルの使用感でバランスのよい商品です

 

ラ・カスタ アロマエステ ヘアエマルジョン

出典: Amazon.co.jp

ラ・カスタ アロマエステ ヘアエマルジョン
ブランド
カテゴリ

ラ・カスタの『アロマエステ ヘアエマルジョン』は、とろりとしたテクスチャーが特徴のヘアオイルトリートメントです。髪に天使の輪ができたという口コミがあるように、オーガニックオイルを配合しツヤのある仕上がりを実現してくれます。

補修力とカラーケア効果の高い植物性オイルとハーブエキスが、傷んだ髪をしっかりコーティングし、サラサラ感のある髪に導いてくれるでしょう。ラベンダーやカモミールなどによる『心地よい香り』にもこだわった商品です。

 

ディアボーテHIMAWARI プレミアムトリートメントオイル

出典: Amazon.co.jp

ディアボーテHIMAWARI プレミアムトリートメントオイル
ブランド
カテゴリ

濃厚なヘアオイルでうるおいを1日中キープしてくれるのが、ディアボーテの『HIMAWARI プレミアムトリートメントオイル』です。しっとり感のあるモイストタイプと指通りのよいサラサラタイプから、自分の目指す髪質に合わせて選べます。

オーガニックヒマワリオイルが髪の脂質と水分のバランスを整え、ツヤを与えてくれるアウトバストリートメントです。つけることで傷んだ部分を集中的に補修し、湿気や紫外線カットする効果も期待できるでしょう。

 

洗い流さないトリートメントの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、洗い流さないトリートメントの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

髪の毛をさらさらで美しく!

コンディショナーいろいろ
シャンプー
ヘアマスク

 

洗い流さないトリートメントでさらさら髪へ


髪をきれいに見せたい場合、シャンプーやコンディショナーだけではなく、洗い流さないトリートメントにもこだわってみるとよいでしょう。普段のヘアケアにトリートメントをプラスするだけで、髪の質感を格上げできます。

さらさら、しっとりとした美しい髪を目指すためにも、ぜひ自分に合った洗い流さないトリートメントを探してみましょう。

記事内で紹介されている商品

パンテーン インテンシブ ヴィタミルク

サイトを見る

ナプラ N.シアミルク

サイトを見る

モンシャルーテ アルガニーナ オーガニッ…

サイトを見る

ミルボン レミュークリーム

サイトを見る

大島椿 ヘアクリーム しっとり

サイトを見る

ロレッタ ナイトケアクリーム

サイトを見る

マーキュリーデュオ エレガンスヘアオイル

サイトを見る

ディアボーテHIMAWARI プレミアムトリート…

サイトを見る

関連記事