買いたいものを検索してください

20年のコンタクト歴の私がおすすめ!いま気になるソフトコンタクト洗浄液おすすめランキングTOP3

多くの現代人が使用しているコンタクトレンズ。

「裸眼で視力1,5なの!」なんていう声はなかなか聞かなくなりました。

なかでも多くの人が使っているのがソフトコンタクトレンズで、1dayタイプ(1日使い捨て)や2weekタイプ(2週間使い捨て)です。1dayタイプは衛生的でいいのですが、お金のことを考えると躊躇してしまう人も多いよう。一方で2weekタイプはしっかりと洗浄・消毒、保存すればコスパもよく使用することができます。

そこで今回は2weekタイプには欠かせない、オススメのソフトコンタクトレンズ洗浄液をご紹介します。

 

洗浄液をあなどってはならない

ソフトコンタクトレンズ

2weekなど継続タイプのソフトコンタクトレンズの場合、しっかりとコンタクトレンズを洗浄液で洗い、消毒し、数時間保存させなければいけません。コンタクト未経験の人にはまったくわからないかもしれませんが、この洗浄液を変えるだけで色々な変化があるんです。

たとえばコンタクトレンズの潤いが変わる=目が乾きやすくなるなど。

洗浄・消毒の具合によって、汚れがなんとなく落ちきれていなかったり、クリアな視界を確保できなかったりすることもあります。

それくらい洗浄液ひとつでも、よく考えて選ぶことが大切。自分と自分のコンタクトレンズにあった洗浄液を選ばなければなりません。

 

ポイントは衛生面と続けやすさ

私は中学1年からソフトコンタクトレンズを使用。かれこれ20年近くコンタクトレンズを使っていることになります。その間、多くのソフトコンタクトレンズ洗浄液を試してみました。

個人的に重視していることは、レンズケアの際の衛生面と続けやすさ。

一生使う大切な目ですから、しっかりと汚れを洗浄・消毒してケアしてくれるものじゃないと困ります。

もうひとつは続けやすさ。コンタクトレンズはほぼ毎日使う商品なので、2weekなどの継続タイプの場合は洗浄液も毎日使います。洗浄・消毒ケアをする分と保存容器に入れてケアする分を毎日あわせると結構な量。値段が高い洗浄液を使うと経済的にも苦しくなってしまいます。目にもよく、洗浄・消毒を定期的に続けやすい価格のものを選ぶことが大切です。

また続けやすさには「レンズケアのしやすさ」も含まれます。面倒な手間のコンタクトレンズのケアは毎日続けるのがなかなか大変。疲れて帰ってきた後は特に時間の取られるコンタクトレンズの洗浄・消毒に労力を使いたくありません。いかに簡単にしっかりと継続可能なレンズケア用品かどうか、が重要です。

 

きちんと洗わないと、トラブルのもとに

2ウィークタイプなどのコンタクトを使用後にきちんと洗わないと、さまざまな病気を引き起こしてしまう可能性があります。

どんな病気があるのか、以下に具体例をあげてみました。

 

巨大乳頭結膜炎

まぶたの内側にブツブツができ、悪化すると角膜を傷つけしてまうこともある巨大乳頭結膜炎。症状は目やにや充血のほか、コンタクトがずれる、かすむ、曇るなど。

 

角膜内皮細胞減少症

コンタクトレンズを長期間使用することで角膜が酸素不足になり、角膜のもっとも内側にある細胞が死滅してしまう病気です。細胞が減少すると水疱性角膜症となり、もうコンタクトがつけられない目になってしまいます。目に透明度がなくなってきた、という場合が注意。

 

角膜炎・角膜潰瘍

角膜に炎症が起きてしまうのが角膜炎。点眼治療でほぼよくなりますが、放置したり悪化した場合は角膜潰瘍になってしまいます。視力障害や後遺症が残る可能性もあるので、早めに治療することが大切です。どちらの病気もコンタクトの装着はしばらく中断。

 

とにかく病気を引き起こさないために、コンタクトは常に清潔な状態を保つように気をつけましょう。

もし何か異常を感じた場合はコンタクトの使用をやめ、早めに眼科へ行きましょう。

 

ソフトコンタクト洗浄液のタイプと特徴は?

ソフトコンタクトの洗浄液にはいくつか種類があり、それによってお手入れ方法も微妙に変わってきます。具体的には以下のとおり。

 

H202(過酸化水素水)タイプ

過酸化水素水による消毒はムラががなく簡単に行うことができます。

中和が必要になるので、その商品の中和方法をしっかりと確認しておく必要があります。

具体的な方法としては、専用のケースに消毒液と中和薬を入れ何回かゆっくりと上下に揺らし中和薬を溶かします。その後6時間ほど放置し、またゆっくりと上下に揺らして完了となります。

 

H202(過酸化水素水)タイプのおすすめはコレ!

 

AOセプト クリアケア

過酸化水素水の洗浄力で、タンパク質や脂質汚れまでしっかり落としてくれます。保存後のすすぎが不要なので、忙しくて時間がない朝もサッと装着可能なのが嬉しいポイント。

1本の消毒液を変えるたびにディスポカップを変えるので衛生面も安全。潤ったレンズをいつも使うことができるので毎日視界良好で過ごせそうですね。

 

コンセプトワンステップ

専用ケースにレンズ、消毒液、中和剤を入れ上下に揺らし6時間以上放置。つけるときに再度ゆらして装着完了。手間としてもそこまで不便ではありません。

防腐剤、界面活性剤不要の安心洗浄液です。保湿力が高い上に消毒力も高いのがポイント。コンタクト初心者の人でも安心して使うことができます。

 

MPS(マルチ・パーパス・ソリューション)タイプ

マルチ・パーパス・ソリューションのお手入れはもっとも簡単。こすり洗いをしてすすぎ、洗浄液入りのケースで4時間以上保存するだけでOK。これだけで洗浄、すすぎ、消毒、保存すべてが完了します。私もこのタイプをずっと使っていましたが、手間だと思ったことは1度もありません。

保存液を再利用したり前回残った液にコンタクトをつけておくのは感染症の原因にもなるので絶対にやめましょう。

 

MPSタイプのおすすめはコレ!

 

アキュビューリバイタレンズ

出典: Amazon.co.jp

アキュビューリバイタレンズ

2種類の消毒成分を配合し、消毒力と洗浄力がポイントのアキュビューリバイタレンズ。保存中のレンズまで消毒してくれるという優れもの。タンパク質や脂質汚れもしっかり落としながら、うるおい成分も配合なので長時間つけていても不快感を感じにくくなっています。

手間もかからず簡単でこのクオリティは素晴らしいですね。

 

オプティフリープラス

通常のオプティフリーに比べてうるおい成分が追加されたオプティフリープラス。

さらにタンパク質除去効果、脂質の汚れもよりきれいにすることができます。MPSタイプなのでこれ1本ですすぎ、洗浄、保存が可能。手間がかからないポイントは変わらず、品質が向上したので嬉しいですね。

 

ヨード(ヨウ素)タイプ

ヨード製剤にによる消毒は新しいタイプで、消毒力が高いのが特長です。

きちんとソフトコンタクトレンズをケアせずにいると、失明の危険がある「アカントアメーバ」に冒されてしまうことがあります。でもこのヨード製剤ではそれさえも消毒してしまえると言われています。

すすぎ洗いをし、専用ケースに錠剤を入れて溶かし、液を入れて4時間以上保存。

よくすすいで完了となります。

手間もさほどかからず、消毒力が高いのでとてもオススメです。

 

ヨードタイプのおすすめはコレ!

 

クリアデュー ファーストケア

高い洗浄力で浮遊菌だけでなくケースの消毒効果もあるクリアデュー ファーストケア。

専用ケースにレンズをセットし、中和剤とすすぎ液を入れます。4時間以上放置し、次に使うときはレンズをすすいで完了。高い消毒力のヨードタイプでこんなに簡単なら嬉しいですね。お手入れも毎日のルーティーンになってしまえばまったく苦になりませんよ。

 

こんなものもおすすめ!タンパク除去剤

洗面所
出典: aki

ソフトコンタクトのケアアイテムは洗浄液だけではありません。オススメなのは「タンパク除去剤」。

午後になると目が乾いたり、レンズがくもって視界がぼやけたり、夜レンズを外すときに簡単に取れないことってありますよね。

そんなときにタンパク除去剤を使うと快適さを取り戻すことができるのです。

使用頻度としては商品にもよりますが週1回程度。このくらいで毎日快適に過ごせたら素晴らしいですよね。

 

ロートCキューブ バイオドロップ タンパク分解酵素洗浄液

出典: Amazon.co.jp

ロートCキューブ バイオドロップ タンパク分解酵素洗浄液
ブランド
カテゴリ

タンパク除去剤はコンタクトの種類によって使えないものが多いのですが、このロートCキューブ バイオドロップはソフトレンズだけでなくハードレンズにも使える優れものです。

バイオの働きでレンズのさまざまな汚れをクリアにしてくれます。

「ポロクサマー」という界面活性剤が水被膜でレンズの表面を包むため、レンズのフィット感が向上します。

つねにつけ心地の良いレンズを使用することができるのは、コンタクト愛用者としては一番嬉しいポイントですね。

 

ハードコンタクトレンズ洗浄液をお探しの方はこちらをご覧ください!

 

【番外編】おすすめカラーコンタクト洗浄液

最近では多くの女性がカラーコンタクトを使用しています。

それに伴い、カラーコンタクト専用の洗浄液も販売されていますので、いくつかご紹介しましょう。

 

ボシュロム レニュー カラー カラーコンタクト/サークルレンズ専用

出典: Amazon.co.jp

ボシュロム レニュー カラー カラーコンタクト/サークルレンズ専用
ブランド
カテゴリ

パッケージもかわいくて優秀なカラコン洗浄液

レニューのカラコン、サークルレンズ専用洗浄液はまずパッケージがはなやかでかわいい! 優れた洗浄力と消毒力はレニューならでは。これ1本で洗浄、消毒、保存が可能なので手間もかかりません。目の乾燥が気になる人にもおすすめです。

 

メニコン カラコンケア

 

うるおいキープにこだわったカラコン洗浄液

こちらもかわいいボトルが魅力的な、メニコンのカラコン専用洗浄液。植物由来の洗浄成分でしっかりながらも優しく汚れを洗浄。植物由来の親水成分、水分子を引き寄せた保湿成分がうるおいをキープ! 消毒効果とうるおい、どちらも守ってくれる洗浄液です。

 

ロートCキューブ ソフトワン カラーズ ソフトコンタクトレンズ用消毒液

出典: Amazon.co.jp

ロートCキューブ ソフトワン カラーズ ソフトコンタクトレンズ用消毒液
ブランド
カテゴリ

カラコン以外も使える実用的な洗浄液

「休みの日にしかカラコンはしない」という人も多いでしょう。普通のコンタクトレンズもカラコンも、どちらも洗浄できるのがロートCキューブの洗浄液。カラコン専用のものと2本はいらない、という人にはこれがおすすめです。うるおいベールがしっかりと包み込んでくれるので、長時間つけていても快適に過ごせますよ。

 

オフテクス バイオクレン カラケア

出典: Amazon.co.jp

オフテクス バイオクレン カラケア
ブランド
カテゴリ

夕方のゴロゴロや乾燥が気になる人にはコレがおすすめ

カラコンは普通のコンタクトに比べて目が乾燥したり、長時間つけているのがつらかったりすることもあります。そんなときは洗浄液を変えてみるといいかも。

オフテクスのバイオクレンカラケアはヒアルロン酸ナトリウムでレンズのうるおいをキープします。これで夕方のゴロゴロから、解放されるかも?

 

筆者愛用のコンタクトレンズ洗浄液をご紹介!

ボシュロム レニューフレッシュ

出典: Amazon.co.jp

ボシュロム レニューフレッシュ
ブランド
カテゴリ

色々な洗浄液を試した結果、私はボシュロムのレニューフレッシュにここ数年落ち着いています。

このレニューフレッシュの良いところはまず、レンズの汚れがしっかりと落ち、消毒できること。2週間目でもレンズがクリアな視界を保ち続けることができますし、レンズのくもりを感じることもありません。

脂質汚れを落とす、洗浄成分と、タンパク汚れを落とし、消毒する分解成分は必須条件。

レンズのくもりの原因をしっかり落としてくれるケア用品です。

また毎日続けやすい価格というのも大切なポイント。

安いだけではダメなのですが、レニューフレッシュはとてもつけ心地も快適です。レンズケアも「洗う→保存」だけのシンプルな方法。毎日使うケア用品だからこそ、私はレニューフレッシュを選びます。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのコンタクトレンズ洗浄液もご紹介!

AOセプトクリアケア

ほのらのイチオシ!

コンタクト液は色々試した結果これが一番いい!
他よりちょっと高いけど、汚れの落ちや消毒力は断然これが一位!

 

気になるコンタクトレンズ洗浄液、トップ3はこれだ!

ここからは「まだ使ったことないけど、ぜひとも使ってみたい!」というものをランキング形式でご紹介します。

 

1位 AOセプトクリアケア

いま一番気になるのは「AOセプトクリアケア」。これはなんと従来のレンズの消毒の際に時間を取られていた、「すすぎ洗浄」が必要ないのです!コンタクトを取ったら、レンズをレンズケースの消毒液に入れて浸すだけ。レンズを消毒液に入れて6時間以上放置しておけば消毒完了という優れもののケア用品。

防腐剤フリーで目に優しいというのもポイント。ドライアイやアレルギーの人にもオススメとのことなので、花粉が気になるこの季節には特に使いたいケア用品です。

 

2位 ロートCキューブ ハイドロワン

目薬で有名なロートCキューブ。洗浄液も出ているようです。脂質除去、タンパク除去成分が配合されており、何より気になるのは「夜まで快適」というところ。

私はドライアイ気味なので、朝からコンタクトを装着していると夕方頃に目が(レンズが)乾いてきてしまいます。でもこれはヒアルロン酸Naが配合されているとのことで、長時間つけていてもレンズの潤いが保たれるケア効果があるケア用品なのだそうです。

コンタクトを長時間つけている人にはオススメのケア用品ですね。

 

3位 メニコン エピカコールド アクアモア

瞳への優しさを重視したメニコン エピカコールド アクアモア。多くのコンタクトレンズケア用品に含まれているものの、瞳への影響を考え消毒しつつも消毒成分である「ホウ酸フリー」にして安全性を保障しているところが特徴。

洗浄成分も、天然のものを使っているのでレンズケアにも安心して使うことができます。通常販売されている「エピかコールド」よりもさらに進化したアクアモアは、レンズのつけ心地もプレミアムなのだとか。瞳にも優しく、プレミアムなレンズケアを体感してみたい気になるケア用品です。

 

ソフトコンタクトレンズ洗浄液の人気売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ソフトコンタクトレンズ
洗浄液の人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon人気売れ筋ランキング 楽天人気売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング人気売れ筋ランキング

 

清潔で安全なコンタクトレンズに!

女性

ソフトコンタクトの洗浄液は本当にたくさんの種類がありますが、自分にあったアイテムがきっとあるはずです。自分にとって何を一番優先したいかよく考え、長く使い続けられるものに出会えると良いですね!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

AOセプトクリアケア

サイトを見る

コンセプトワンステップ

サイトを見る

アキュビューリバイタレンズ

サイトを見る

オプティフリープラス

サイトを見る

クリアデュー ファーストケア

サイトを見る

ロートCキューブ バイオドロップ タンパ…

サイトを見る

ボシュロム レニュー カラー カラーコンタ…

サイトを見る

メニコン カラコンケア

サイトを見る

ロートCキューブ ソフトワン カラーズ ソ…

サイトを見る

オフテクス バイオクレン カラケア

サイトを見る

ボシュロム レニューフレッシュ

サイトを見る

ロートCキューブ ハイドロワン

サイトを見る

メニコン エピカコールド アクアモア

サイトを見る

関連記事