《手磨き歯ブラシとどう違う?》通勤に使えるコンパクトタイプも!電動歯ブラシのおすすめランキング7選

子供のときの歯磨きは、虫歯予防するためというイメージがありますよね。でも、大人になると美しく磨かれた歯がその人自身の印象にもかかわるということで歯磨きをエチケットとして重視するようになります。口臭予防や歯周病予防などもしっかり歯磨きをすることで回避できることが多いようです。

以前は手磨きが当たり前でしたが、現在はより綺麗に早く磨けるということで電動歯ブラシが人気になっています。今回はネットでも売れ筋商品に数えられるほど人気の電動歯ブラシについて詳しく詳細をご紹介します。

 

電動歯ブラシVS手磨きブラシ!それぞれの特徴や注意点は?

歯ブラシ

電動歯ブラシが人気になっているとはいえ、まだまだ手磨き派の方も多いことかと思います。今回は電動歯ブラシと手磨きブラシの違いについてメリット・デメリットを解説します。

 

手磨き歯ブラシと 電動歯ブラシのメリット・デメリット

電動歯ブラシの1番のメリットはやはり時間をかけず綺麗に磨くことができることですね。たとえば洗車思い出してください。手にスポンジを持って洗うと時間がかかりますよね。もちろん目で見て確認しながら洗うので綺麗になるのですが、労力も時間もかかります。

でもガソリンスタンドで洗車機を使ったりコイン洗車などで洗うと時間がかからず綺麗になりますよね。歯についても似たようなことが言えます。もちろん手磨きのほうがより優しく歯を磨くことができますし、丁寧に磨けばつるつるになります。電動歯ブラシの場合は機械磨きですのできちんと歯の細かいところにブラシを当てなければきれいになりません。

勢いよくブラシが動くので磨いた気分になっていたら歯の端っこが汚れが取れていないということもあります。それから手磨きは歯ブラシだけですが、電動歯ブラシは電気を使います。

電池や充電をする商品であるのでコスパも多少かかります。お値段に関しても電動歯ブラシは手磨きよりも高くなります。ただそれだけ便利だともいえます。

 

時短派は電動歯ブラシ、丁寧に磨きたいなら手動歯ブラシを

電動歯ブラシと手動歯磨きの大きな時間は磨く時間です。忙しい方やめんどくさがりの方は歯磨きをする時間がめんどくさいという方も多くいるはずです。とりあえず磨けばいいかなと歯磨き粉をたっぷりつけて、さっとこするだけの方もいるのではないでしょうか。歯磨き粉の味がするために磨いた気になってしまうこともよくあることです。

虫歯や歯茎の腫れが頻繁に起こる方や口臭が気になる方、それから歯がくすんでる方は毎日の歯磨きがきちんとでいていない可能性が高いです。そういう方こそ電動歯ブラシを使いましょう。歯磨きの苦手なお子さんも電動歯磨きなら楽しいのでしっかり磨けるようになったという話もよく聞きます。

逆に歯周病や口内炎などジュクジュクと歯茎がしている方は、電動歯ブラシではなく手で磨きましょう。電動歯ブラシは少し刺激が強いこともあります。健康な歯茎に使うのが絶対条件です。それから、自分では磨けない小さなお子さんも手磨きをしましょう。

どこへ行っても電動歯ブラシがあるわけでもないので、まずはお子さんが自分で綺麗に歯を磨く練習として手磨きの練習は大切です。それから仕上げ磨きはママやパパがお子さんの歯をチェックしながら手磨きなら丁寧にみがけます。

小さなお子さんの乳歯は大変柔らかく虫歯になりやすいです。歯磨きをしてあげながらお口の中をしっかり親御さんがチェックするのも大事なことです。しっかりと磨けるようになれば子供用電動歯ブラシもあるのでそちらに移行してもいいと思います。

 

今更聞けない…電動歯ブラシの正しい使用方法や注意点を教えて!

洗面所

電動歯ブラシがメジャーになっているとはいえ使ったことがない方にとってはわからないことだらけではないでしょうか。でも、大人になるとなんだか聞きにくいですよね。

それから商品の説明を読んでもイメージがわかないことがあると思います。ここでは電動歯ブラシを使用する際のポイントや注意点をわかりやすく説明します。

 

電動歯ブラシの正しい使い方は?

電動歯ブラシは充電式と電池式があります。専用の歯ブラシのヘッドをつけてスイッチを押せば使用することができます。でも、電動歯ブラシの使い方は意外とコツがいるのをご存じですか?よくあるのが手磨きのように歯ブラシを強く歯に当ててこすることです。歯ブラシの使い方は一緒だと思われている方は多いようです。

次に多いのが、手を動かさない方です。電動で動いているので適当に歯に当てていけば綺麗になるだろうと思っている方もいるようです。でも、どちらも間違いです。これは手磨きにも言えることですが、歯ブラシの目的は虫歯や歯周病になる原因の菌を除去することです。

なぜ歯を磨いているのになってしまうかというと綺麗に除去できていないからですね。この最も原因となる歯垢(しこう)は歯のかみ合わせ部分や歯の表裏など歯ブラシが届きやすいところだけについているわけではありません。歯と歯の間や歯と歯肉の間こそ歯垢がたくさんこびりついています。

電動歯ブラシを使う時は、歯のすき間や歯肉に近い部分にも優しくあててしっかりと歯垢をとりましょう。全体を磨く時は一か所に2秒から3秒ほど静止させながらゆっくりと横にスライドさせると綺麗に歯垢が取れてきます。なかなか取れない場合はデンタルブラシを一緒に使うといいですよ。

 

使用の際には磨きすぎに注意

電動ハブブラシのデメリットとして問題になっているのが磨きすぎです。とくに日本人は清潔志向にあり丁寧にしっかりと磨きたいという方も多いようです。歯が綺麗になることを重視して一か所を長い時間電動歯ブラシで磨くことは知覚過敏を誘発する原因になるということもあるようです。

短時間でも丁寧に優しく移動させながらであればしっかりと磨けます。大切な歯を磨きすぎるといつのまにか削っていることにもつながるようです。力を入れず短時間で優しく磨くことが大切です。

 

電動歯ブラシに歯磨き粉は必要なの?

電動歯ブラシも歯磨き粉は必要です。普段お使いの歯磨き粉でかまいません。ただ、電動で振動するので歯磨き粉の量は米粒ほどの少ない量で問題ありません。手磨きでも歯磨き粉のつけすぎで磨いた気になっている人が多かったり、ヒリヒリ口の中がするので良く磨けていないということは歯磨き粉の量が多すぎることも多いようです。

電動の場合も短時間とはいえ手磨き歯ブラシのように口にくわえて用を済ますことはないので、口を開けている時間は長くなる場合もあります。今はミソフトミントなどヒリヒリしないタイプの歯磨き粉もあります。そういったタイプを使えばよりじっくりと磨きやすくなるのでおすすめです。

お子さん用には甘い歯磨き粉も多いですが、ずっと使うのも赤ちゃん見たいで心配ですよね。小学校にあがったら少しずつ大人用の優しいタイプを試してみるのもいいと思いますよ。

 

ブラシの交換時期やタイミングは2カ月がベスト!

人ぞれぞれ歯ブラシの交換頻度は違うと思いますが、手磨きの歯ブラシメーカーで1番おすすめしているのが1カ月で交換ですよね。これは、月初めに変える習慣がわかりやすいということもあります。それから手磨きの歯ブラシが安価であるため交換しやすいということもあります。

1カ月は早いという方でも2カ月くらいするとブラシが開いてくるのでこれではみがきにくくなってしまいます。ブラシは使えて歯が綺麗に磨けるということは頭に置いておいてください。電動歯ブラシの場合もできれば1カ月というメーカーもあります。

それは衛生面の面からとやはりブラシの質の面ですね。でも電動歯ブラシのヘッドも手磨きよりは高いのでコスパが気になりますよね。そこで歯科医の方や多くの使っている方は2か月で交換という方が多い用です。理由は電動歯ブラシの場合強く押し付けることが少ないために劣化が手磨きよりもおそいこと、それから2か月とするのはやはり衛生面からです。

どんなに使用後綺麗に歯ブラシを洗っていてもだんだん細菌はついてしまいます。せっかく磨いて綺麗にするために使うブラシが最近の温床になることもあります。最低でも2カ月で交換するようにしましょう。

 

電動歯ブラシ選びはここをみる。

電動歯ブラシはネットでも売れ筋商品です。たくさんのメーカーから販売されているので迷いますよね。今回は電動歯ブラシの選び方をご紹介します。

 

駆動方式は優しく磨きたいなら振動式ならしっかり磨くなら回転式がおすすめ

振動式は手磨き歯ブラシと同じような動きをします。歯茎や歯に強い刺激を当てずに優しく磨けるので小さなお子さんや知覚過敏の方など強く磨くのが苦手な方におすすめです。回転式はブラシヘッドがしっかり回転してブラッシングします。

そのため歯垢などもしっかりとれます。ただ刺激が強めではあります。隅々までしっかり磨きたい方は回転式がおすすめです。

 

持ち運ぶなら充電方式、稼働時間を要確認!

持ち運ぶなら充電式が便利ですよね。電池式もありますが、充電式であれば電池より安く電気代を抑えられます。でも旅行のときは電池式のほうが充電なしでも使えるので便利かもしれません。どちらが自分にあうか電源は考えるといいですね。

ただ、ここで注意したいのが稼働時間です。しっかり充電しても短い稼働時間である場合やパワーがすぐ切れてしまうと磨き残しや途中で磨けなくなる可能性もあります。充電時間とともに稼働時間もチェックしておくとストレスなく歯磨きができますよ。

 

付け替えヘッドの種類は?

ブラシヘッドが豊富であれば、細かい部位まで磨くことができます。選びながらしっかりと歯をメンテナンスするのも電動歯ブラシを使う楽しみという方も多くいます。

ただ、ささっと時短で使っているという方は付け替えヘッドは古くなった時に付け替えるだけでも問題ないと思います。どこまで磨き方にこだわるかも考えて選びましょう。

 

使って実感!筆者が教えるチェックポイント3つ

笑顔

電動歯ブラシは使ってみる前と後では印象が違うことがありました。使い始めと長く使って私が実際に電動歯ブラシを使ってみて実感したことをご紹介します。

 

本体価格だけでなく、交換用歯ブラシの値段もチェック

交換用のヘッドも同タイプでないと使えない可能性があるので購入するときに交換用の歯ブラシヘッドのコスパなども計算しておくといいと思います。本体が安くても交換用の歯ブラシが高い場合もあります。長く使う商品として全体にかかる金額を考えましょう。

 

電源はどちらが自分の生活にあっているか考えよう

電源にはコンセントに差した土台にセットする充電式と電池を入れてつかう電池式があります。充電式の商品は置き場所が必要です。洗面台に置くつもりでもコンセントが使いにくい場所にあったり置き場所がない場合は困りますよね。まずはどこに置くかを考えましょう。それから、電池式の場合は携帯に便利です。

ただ電池の残量がわからないためにいきなり使えなくなるということがあります。それから、電池を買い続けないといけないということもありますね。それから歯磨きが好きな方は両方持っているという方もいます。

どちらにしても電動歯ブラシは持って置くだけ、飾っておくだけでは全く意味がありません。毎日使って威力を発揮する商品であるので使いやすい電源の商品を選びましょう。

 

家族で共有できるの?

電動歯ブラシあるあるなんですが、たとえばお父さんが電動歯ブラシの立派な商品を買ってきてみんなで使おうと提案する場合があります。歯ブラシのヘッドを変えると家族でも、もちろん使えるので1台でみんなで使おうというものですね。それを前提としている商品もたくさんあります。口の中に入る部分は交換できるので問題ないという考え方ですね。だけど、これは嫌な人も多いようです。

私も結婚していますが、夫と一緒に使うのは嫌ですし、娘もお父さんと一緒に兼用するのは嫌だと言っていました。そもそも歯磨き粉もコップも別々に使っているので家族であっても同じ物を使わない私の家では同じ電動歯ブラシ1台は無理ですね。周りにも聞いてみたのですが、兼用派と別々派は半々くらいでした。

私の夫は別に気にしないといっているので同じ家族であっても考え方が違うということでしょう。夫婦はとくに育った家の習慣などがあるので違うのかなということも思いますね。電動歯ブラシは家族で兼用してヘッドブラシだけ換えて使える商品でありますが、強要せずそれぞれが自分の好きなスタイルで磨くほうがいいと思います。みんなの意見を聞いて導入することをおすすめします。

 

バッグにイン!移動に便利な電動歯ブラシも要チェック!

歯ブラシ

女性の方でしたらお化粧直しのときに歯を磨く方も多いと思います。手磨き用の携帯歯ブラシもありますが、もちろん電動歯ブラシの携帯用もあります。男性の方も営業マンや販売員の方などのお仕事をする方は歯ブラシの携帯おすすめですね。

お客様が女性の場合、女性はニオイにとても敏感なので口臭などする販売員さんからは何も買いたくなくなるものです。電動歯ブラシを携帯して食事後やたばこを吸ったあとはこまめに磨きましょう。おすすめのバッグに入れておける電動歯ブラシをご紹介します。

 

電動歯ブラシ Fairywill

出典: Amazon.co.jp

電動歯ブラシ Fairywill

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

ネットで販売されている電動歯ブラシの中でも人気なのがFairywillですね。こちらの音波式電動歯ブラシは携帯用に便利なコンパクトなサイズです。ブラシをほこりや細菌から保護するための保護カバーがキャップになっているのでバッグや化粧ポーチにも入れやすいです。

小さいながらも本格的に磨ける電動歯ブラシですね。モードが3つあります。クリーンモードでは、歯の間までしっかり磨けますし、ソフトモードは歯茎や歯間を優しく磨きマッサージモードは歯茎の気になる部分をマッサージすることもできます。

歯科医が推奨する歯磨き時間2分で自動オフしますので磨きすぎも予防できます。使用中は30秒ごとに一時停止して歯磨き時間の経過をお知らせする賢い機能付きです。電源は充電式で4時間フル充電すれば使うことができます。

 

電動歯ブラシのおすすめランキングTOP7

ネットで売れ筋といってもいいほど電動歯ブラシはたくさん販売されています。お値段も安くいろいろなメーカーから選べることも人気ですが、使い心地について満足度が高い商品が多く販売されていることも注目です。

今回はネットで人気があり使った方の口コミが良い商品を厳選してランキング方式でご紹介します。

 

7位 システマ 音波アシストブラシ

出典: Amazon.co.jp

システマ 音波アシストブラシ
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

電動歯ブラシを気軽にお試ししたい方におすすめ!

電動歯ブラシを使ってみたいけど、長く愛用できるかわからないしお値段が高いしなど迷っているけど興味がある方は歯ブラシメーカーの手軽な電動歯ブラシがおすすめです。手磨きと同じような形でお値段も抑えてあるので気軽に使いやすいと思います。こちらの商品は音波振動が手磨きをアシストする電動歯磨きです。

使い方は、普通の歯ブラシのように使います。振動しますのでゆっくり歯を移動しながら2秒ほど静止しつつ磨いていくのがいいでしょう。単4アルカリ電池が試供品がついていますので電池が切れたら入れ替えて使いましょう。スリムな手磨き歯ブラシのようなタイプなので場所もとりません。簡易なタイプでありながら使われた方が満足度の高い商品です。

 

6位 Loftwell 電動歯ブラシ

出典: Amazon.co.jp

Loftwell 電動歯ブラシ
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

舌のケアもできる!タンブラシつきで口臭予防も

こちらの商品は音波式ですね。超高速な細かい振動と大きな振幅のかけあわせにより磨く電動歯ブラシなんですが、歯ブラシの背面にタンブラシがついています。タンブラシとは舌磨き用のブラシということですね。口臭の原因は舌についた舌垢と言われています。舌が白くなっている方は要注意です。

こちらの電動歯ブラシは舌表面の汚れも落とすことができます。専用ブラシなので安心ですよね。クリーンモードは3つあります。普段しっかり磨くクリーンモード、歯肉や刺激が苦手な方向けの敏感モード、歯をより白くしっかり磨くことを目指したホワイトニングモードですね。

それからこちらUV除菌もできる機能付きです。電動歯ブラシは永遠に使えるように勘違いしている方がいますが、手磨きの歯ブラシと同様劣化しますし、口の中の細菌がそのままにしていると歯ブラシで増殖してしまいます。使ったあとにケアも大切になるので。除菌機能はうれしいですよね。歯をただ磨くだけでなく、トータル口臭ケアができる電動がブラシです。

 

5位 KIVOS 電動歯ブラシ

出典: Amazon.co.jp

KIVOS 電動歯ブラシ
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

携帯ケース付き!外出先でも重宝する電動はぶらし

バックインの電動はぶらしを先ほどの項目でもご紹介しましたが、人気の高い商品をもう1つ追加してご紹介します。こちらはカラーが豊富です。シャンパンゴールド、ブラック、ホワイトの3色あります。定番のブラックとホワイトのスタンダードな色に加え、シャンパンゴールドが高級感があり女性に人気のようです。

こちらは、外出先でもすばやく磨ける2モードあります。優しく歯肉ケアもできるスローモードと普段使いでしっかり歯を磨ける高速モードですね。充電式で2回目の充電から6時間の充電すれば1日2回の各2分間毎日磨いたとして約4週間使えます。およそ一カ月充電入らずなので忙しい方には便利ですよね。お子さんにも使いやすいコンパクトタイプです。

ご家族それぞれで持っているというのもいいですね。旅先のホテルや旅館にも使い捨て歯ブラシは置いてありますが、簡易なつくりで歯ブラシの質感が痛かったり、歯ブラシのブラシ間のすき間は多く磨きにくかったりしますよね。旅先では御馳走も食べますしおやつもジュースもたくさん飲みます。しかもニッコリ歯を見せて写真も撮ります。そう考えると旅行時の電動歯ブラシは大活躍することは間違いないでしょう。

 

4位 パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ

出典: Amazon.co.jp

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

人気のパナソニックはW音波振動で歯間・歯周ポケットの汚れもかき出す!

こちらの商品は、大人気家電メーカーのパナソニックの電動ブラシ、ドルツです。パナソニックはビデオカメラからひげそり、それから美容家電まで幅広く人気家電を販売しています。お値段は少し高めですが、使い心地と製品の満足度が高いこだわりの商品が多いので少し無理してでも買いたいという人も多いメーカーです。

カラーは黒、ピンク、シルバーの3色ですね。Wモーターが生み出すW音波振動で、歯間や歯周ポケットの汚れまでかきだします。手磨きではできない高速のヨコ振動や新たに開発されたタタキ振動で歯周ポケットに潜んでいる歯周病の原因菌をかきだします。高級電動歯ブラシということで選べるモードも5つありますね。

それから6つのブラシもついていてお口の悩みに合わせたケアができます。充電式なのですが、よくある充電切れで動きやゆっくりになるいうなこともなく充電が空に近づいても最大振幅を維持して磨けます。それから電動歯ブラシで問題提示されていた磨きすぎによる知覚過敏を防止のために強くブラシを歯に押しつけた場合はブラシの振幅を抑制する機能もあります。この機能があってよかったと思うような細かい部分まで配慮された電動歯ブラシです。

 

3位 ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000

出典: Amazon.co.jp

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

BraunオーラルBの多彩な替えブラシに対応!自分好みのブラシにカスタマイズできる

こちらの商品はなんといっても替えブラシの対応幅が広いところが便利です。ブラウンといえば電動歯ブラシを多く出している有名メーカーです。だからこそ同じメーカーでブラシ対応をしています。やわらか極細毛ブラシとブラウンオーラルB独自の丸型回転技術で細かい部分までしっかりと汚れをかき出します。

それから便利なのはBraunオーラルBの多彩な替えブラシに対応していることですね。たとえば、やわらか極細毛ブラシ(EB60)、マルチアクションブラシ(EB50)、歯間ワイパー付きブラシ(EB25)、ホワイトニングブラシ(EB18)、ベーシックブラシ(EB20)、歯間ブラシ(IP17)、スイングブラシ(EB30)など歯の形状や好みなどにも合わせて細かくブラシを変更できます。

全部集めておくとまるで歯医者さんのようですね。時間がある時は、週に1度でも細かい部位まで綺麗にできると虫歯予防だけでなく歯周病予防や口臭予防にもばっちりですね。カラーはブラック、プロヴァンスピンク、ホワイトの3色あります。充電式ですね。2時間の充電で1日2回、各2分の使用の場合は約12日間使用できます。磨きすぐ防止センサーもついていて光ってお知らせします。毎日の歯磨きをより快適にできる工夫がいっぱいの電動歯ブラシです。

 

2位 フィリップス ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ

出典: Amazon.co.jp

フィリップス ソニッケアー イージークリーン 電動歯ブラシ
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

初心者におすすめ!シンプルで使いやすいと人気の電動歯ブラシ

電動歯ブラシをはじめて買う人に使いやすいスタンダードな商品ですね。充電式で充電時間24時間で1日2回、2分使用した場合約2週間使うことができます。充電が切れそうな時に歯を磨いたら次の歯を磨くまで充電するという感じですね。1日2回磨くとすると24時間しっかり充電がむずかしいときもあるので早めに充電をしているといいかもしれませんね。

初心者の方におすすめなのはまずは振動に慣れてもらうために最初の14回まではブラッシングパワーが低めに設定されているからです。手磨きをしていると、電動歯ブラシの振動に慣れていないために戸惑う方もいると思います。それから、手磨きよりもしっかり磨くことで知覚過敏などある方は刺激が最初から強すぎると思われる可能性もあります。

最初の14回とすれば朝と夜磨いて7日ということですね。1週間は優しく磨いてそれ以降は徐々に通常のパワーにあがっていく歯ブラシなんです。通常できちんと歯が磨けるパワーになるとさらに時間も短縮され綺麗に磨けるようになります。世界共通仕様なので海外旅行先でも使用できるのも便利です。世界で愛されている電動歯ブラシです。

 

1位 電動歯ブラシ Fairywill

出典: Amazon.co.jp

電動歯ブラシ Fairywill FW-507
ブランド
カテゴリ

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

ブラックのカッコ良さも人気!使った人の満足度も高い電動歯ブラシ

こちらの商品はネットで大変売れているだけでなく、買われた方の満足度の高い電動歯ブラシです。電動歯ブラシのレビューでおもしろいのは2パターンに口コミをされる方が別れるからです。1つは初めて使った電動ブラシの感想、そしてもう1つは電動歯ブラシジプシーの方です。

電動歯ブラシを使ってから年数が長くいろいろな商品を使ってみるのだけど、使えば使うほど電動歯ブラシの違いを実感してしまい自分の満足な電動歯ブラシを探し続けている方ですね。その電動歯ブラシマニアと言っていい方の評価が高いのがこちらです。理由をまとめてみるとお値段がお買い得なのに性能がいいということに尽きるというところでしょうか。

お値段以上の満足度を感じてる方も多いように見受けられました。電動歯ブラシ自体はいってみればスタンダードなタイプですね。ブラッシングモードが5つあるのもこだわって歯磨きをされている方には満足度も高いのかもしれません。

電源ボタンを押すたびにモードが変わるので、その日の気分や磨き心地の好み感触でいつのまにか覚えてしまう作りなので、何も考えず口の中の振動の感触でモードを変えつつ毎日スムーズに使えるのもいいですね。充電式で充電時間約4時間で使用期間は約30日使えます。スマートフォン、タブレット、PCなどのUSBポートにも対応しているのも便利ですね。コスパも使い心地や仕上がりも優秀だと実際に使った方の満足度の高い電動歯ブラシはやはり外せないでしょう。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめの電動歯ブラシもご紹介!

ヤーマン公式 電動歯ブラシ

提供品

lokki__taloのイチオシ!

見た目もポップでかわいいシリコーン製の電動歯ブラシです。音波振動で磨くので、子供が磨く時も仕上げ磨きしてあげる時も心強いです。シリコーンに水滴がたまりにくいので衛生的で、ヘッドの交換も1年に一回ほどでいいそう。(1日2回使用の場合)
出産祝いなどにもおすすめです♩

#電動歯ブラシ #スウェーデン #foreoissamikro #出産祝い #こども歯ブラシ

 

電動歯ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電動歯ブラシの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

電動歯ブラシでトラブル知らずの綺麗な歯を目指そう

歯ブラシ

「歯磨きは毎日してるのに」と虫歯になって歯医者に予約を取る際にがっかりすることもあると思います。手磨きをすると歯磨き粉の味でなんとなく磨いた気分になってしっかりと虫歯や歯周病になる原因菌を取り除けていないことが多くあるようです。

電動歯ブラシなら力も入れず時間がない時でも2分あれば歯や歯茎全体を綺麗に磨けます。磨いた気になるのではなくせっかく時間を使うなら歯磨きのプロである電動歯ブラシと共に綺麗で健康な歯を目指しませんか?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

電動歯ブラシ Fairywill

サイトを見る

システマ 音波アシストブラシ

サイトを見る

Loftwell 電動歯ブラシ

サイトを見る

KIVOS 電動歯ブラシ

サイトを見る

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ

サイトを見る

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000

サイトを見る

フィリップス ソニッケアー イージークリ…

サイトを見る

電動歯ブラシ Fairywill FW-507

サイトを見る

【ヤーマン公式】電動歯ブラシ 歯科先進国…

サイトを見る

関連記事