コスメライターが教える人気フェイスクリームおすすめランキング8選

乾燥が気になる冬には、フェイスクリームの出番も多くなってくると思います。

朝晩ともにつけている方もおられると思いますし、夜寝る前にだけつけている方もいらっしゃるでしょう。

老若男女問わずフェイスクリームが必要とされる季節になってきているので、自分の肌に合ったクリームを選ぶことが重要になってきています。

フェイスクリームを乾燥からお肌を守るためにつける方もいらっしゃれば、アンチエイジングのためにつけるという方、美白目的のためにつける方とフェイスクリームに求める働きも様々です。

ここでは、自分の肌と目的に合ったフェイスクリームを選んでいくことに重点を置いて説明していきたいと思います。

 

フェイスクリームとは?

化粧小物の写真

フェイスクリームは、化粧水や美容液、乳液などのスキンケア類の最後につけるものです。

健康な肌の人が保湿だけを考えるのであれば、簡単に化粧水の後にフェイスクリームをつけるだけでも十分でしょう。

化粧水で肌にしっかりと潤いをもたらし、その水分の蒸発を防ぐ目的のためにフェイスクリームを使います。

一言でいうと、「最後に肌に蓋をする」ためのものです。

一口にフェイスクリームと言っても、様々な成分が配合されているものがあり、化粧水と同様に保水の働きも期待出来るものもありますし、油分がしっかりと配合されているもの、無添加のものなどもあるのです。

こういった配合されている成分に着目して、肌に合ったフェイスクリームを選んでいくことが重要です。

テクスチャーも、クリーム特有のベタつきがあるものもありますし、全くベタつきがなくサラッとしたテクスチャーのフェイスクリームもあります。こういったテクスチャーの好みでフェイスクリームを選ぶ方も多いかもしれませんが、まずは自分の肌に合ったものを選ぶようにしていきましょう。

自分の肌に合っていないものを選ぶと、アレルギーが悪化してしまったり、ニキビが出来てしまったりすることがあるので要注意です。

 

「肌に合ったフェイスクリームを選ぶ」とは?

グラスの画像

お肌の悩みを抱えている方は、「どんなフェイスクリームを選んだら良いの?」と不安になっているかもしれませんね。

沢山のメーカーやブランドから数多くのフェイスクリームが販売されており、そのどれもお肌に良いようなキャッチフレーズを謳っているのですから無理もありません。

ここでは、「乾燥肌」「敏感肌」「オイリー肌」に分けてどういったフェイスクリームを選んだら良いのかを解説していきます。

 

乾燥肌

とにかくお肌が乾燥してしまう、という方には、一度つけるとほぼ一日中クリームのこってり感が続くという油分の多いフェイスクリームが良いでしょう。

保湿力の低下している乾燥肌にはしっかりと肌を保護してあげる必要があります。出来るだけ油分をしっかり配合してある保湿クリームを選ぶようにしてみて下さい。

どうしてもテクスチャーはベタつきのあるものになってしまうかもしれませんが、まず肌に合うフェイスクリームを、ということが重要なのでテクスチャーは我慢して下さい。

成分としては、スクワラン、オリーブオイル、シア脂などが挙げられます。乾燥肌で、しかもニキビが出来やすいという方には、このこってり感のクリームは皮脂が詰まってしまうのでおススメできません。

乾燥肌でもニキビが出来やすい方は、ニキビ優先にして、油分が少な目の高保湿力のフェイスクリームを使っていって下さい。

実際に、私は乾燥肌でニキビが出来やすかったのですが、冬に乾燥を避けようとして油分の多いクリームをたっぷりと塗っていたところ、たちまちのうちにニキビが出来てきてしまってとても悩んだことがあります。

やはり肌質に合ったフェイスクリームを選ぶのは大切だと実感しました。

乾燥肌と言っても「皮脂は出ているのに肌が乾燥する」といったインナードライの方であれば、角質層にあるセラミドの不足が原因なので、セラミドが配合されているフェイスクリームを選ぶのが良いでしょう。

 

敏感肌

敏感肌の人の肌は、角質層のバリア機能が低下してしまっていると考えられるので、スキンケアの最後にフェイスクリームを使うことは欠かせません。敏感肌の方は「セラミド」が配合されている高保湿のフェイスクリームが向いています。

セラミドは、肌の潤いを保っている主成分なのですが、敏感肌の方はこのセラミドが不足してしまっているので、補給の意味でセラミド配合のフェイスクリームをつけていって下さい。

また、低刺激性のフェイスクリームを選ぶことが重要です。

合成香料、アルコール類、ビタミンC誘導体、合成着色料等の配合されていないフェイスクリームが良いと思います。

無添加化粧品を選ぶようにしていって下さい。

 

オイリー肌

オイリー肌の方には、過度な油分はニキビなどの原因になってしまうので、こってりとしたフェイスクリームを沢山つけたりするのは厳禁です。

しかし、何もフェイスクリームをつけないままで放置しておくと、肌の乾燥が知らぬうちに進んでしまい、肌の内側は乾燥肌になってしまい、「インナードライ」の症状を起こすことも。

セラミドが配合されたフェイスクリームをうすく塗って日頃のケアをしておくようにすると良いと思います。オイルフリーやジェルタイプのものを選ぶのも良いでしょう。

 

お悩みをケアするために選ぶのも◎女性の画像

エイジングケアに特化したフェイスクリーム

単にお肌の水分蒸発を防ぐ、という機能を超えてフェイスクリームは進化しています。最近注目されているのが、「エイジングケアに特化したフェイスクリーム」などです。

30歳を超えてくると、誰もが「エイジングケア」に興味を持ち始めますね。

ではどういったフェイスクリームがエイジングケアになるのかを考えると、加齢によるダメージをケアするということです。

加齢により、ハリやツヤが失われてしまったお肌にフェイスクリームでアプローチできるという点では、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」「ビタミンC」「レチノール」「セラミド」「アミノ酸」等の成分が挙げられます。

エイジングケアに特化したフェイスクリームも数多く販売されていますが、これらの成分が含まれているかどうかチェックしてみて下さい。

美容部員さんに直接尋ねてみるのも良いと思います。

 

美白ケアに特化したフェイスクリーム

シミやくすみのケアに特化したフェイスクリームも出回っています。

いわゆる「美白ケアに特化したフェイスクリーム」ですね。美白に効果がある成分としては厚生労働省により「美白有効成分」と認められている成分が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

この場合の「美白有効成分」というのは、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ、もしくはこれに類似した効果があり、表示することを許された成分のことを言います。

代表的な成分には、「アルブチン」「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」などが知られています。

シミやくすみのケアに特化したいというのであれば、これらの成分が配合されているかどうかを見ておきましょう。

 

ニキビが気になる方のフェイスクリーム

ニキビ肌、特に乾燥によるニキビにはフェイスクリームは必須アイテムになります。

保湿をすることが大切なので、フェイスクリームの成分としては、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸等の保湿成分が配合されているフェイスクリームが良いでしょう。

前にも書きましたが、セラミドは肌の保湿機能を向上させるだけでなく、肌のバリア機能を回復させる働きも持っています。

また、セラミドが配合されていることで、コラーゲンやヒアルロン酸がより効果を発揮しやすい環境にあげられるということもあります。

また、ニキビが気になる方のフェイスクリームでは刺激があるものはNGです。無添加のフェイスクリームを選ぶようにしていきましょう。

 

人気のフェイスクリームおススメランキング

1位 キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

つけ心地は軽く、ベタベタしないテクスチャー。

セラミドが高配合されていて、肌の保湿にしっかりと働いてくれます。

消炎剤も配合されているので、敏感肌、ニキビの方でも使える処方になっています。

つけた後はお肌がしっとりとしてくれるので、肌を触るのも心地良いですね。

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーなので、使っていて安心感もあります。

乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みということも信頼がおけると思います。

1個で約1か月半で使い切る目安なので、コスパも案外と良いと思います。

子供からお年寄りまで幅広い世代に、また男女問わず使用されているロングセラー商品です。

美白の有効成分である「アラントイン」も配合されているので、乾燥対策のついでに美白ケアも出来るのも女性には嬉しい。

価格も40g 2,300円とリーズナブル価格なのも続けやすいので良いと思います。

 

2位 ロコベース リペアクリーム

チューブ式の容器で、固めのテクスチャーですが、肌にす~っと伸びていってくれます。

ベタつきもなく案外とサラッとしているのでとても使いやすいです。

一回一回使う分量だけを清潔に出せるので、衛生的に使えるところも気に入っています。

つけた後のしっとり感も長時間持続してくれ、一日中潤っている感触が嬉しいですね。

水にも強いので、ハンドクリームとしても大活躍してくれます。

コレステロール、遊離脂肪酸、セラミド3などが配合されているので、肌のバリア機能がアップすることが期待できるのも良いと思います。

外部刺激や乾燥からお肌を守ってくれます。

無香料、無着色、防腐剤無添加、アレルギーテスト済みなので、とても安心感があります。

30g 2000円以下とリーズナブルな価格なのに頼もしい実力派。

乾燥肌の人に是非おススメしたいお品です。

 

3位 小林製薬 ヒフミド エッセスクリーム

天然型セラミド2が4%と高配合されており、フォトステロースも配合されているため、バリア機能成分として期待出来そうです。

使いやすいゆるめのテクスチャーで、肌にのばすとつるつるになります。

セラミドが高配合されているので、敏感肌の方や乾燥からくるニキビ肌の方にもおススメのお品です。

もちろん、普通肌の方の乾燥対策にも良いですよ。

ホホバ油、グリセリン、オウバクエキスも配合されており、しっかりとした保湿も出来るようになっています。

油分は少な目のクリームなので、ベタつきも気になりません。

保湿成分のリピジュアも配合されており、保湿という点ではかなり安心感があります。

アルコール、着色料、香料不使用なところも良いと思います。

価格は22gで5,000円程度と少し高めになりますが、このセラミド高配合のクリームのなめらかな手触りを知れば、それだけの価値があると思うでしょう。

 

4位 ドゥ ラ メール クレーム ドゥ ラメール

何と言っても女性の憧れのブランド、ドゥ ラ メールのフェイスクリームです。

高級感漂うクリームを使うというだけで、テンションが上がります。

アンチエイジングケアをしたいという女性ならば、こちらのフェイスクリームに興味を持たない人はいないのではないかと思うぐらい有名なフェイスクリームです。

濃厚なコクのあるテクスチャーで、ベタつきもあまり気にならず顔全体に広げるとしっとりとした感触が得られます。

長い間使い続けると、ハリ感がアップするという人も多くいるので、愛用者が多いのも頷けます。

肌の保湿のためのクリームと言うよりは、ラグジュアリー感を満足させるためのフェイスクリームと言えましょう。

もちろん、肌に潤いをもたらしてくれ、夜使った時には朝までお肌がしっとりしてくれています。

私がニキビで悩んでいた時にもこちらを使ったことがあったのですが、とても良かったですよ。

肌質を問わず、使っていけるのではないかと思います。

お値段は30ml で15,000円以上なので、ややお高めですが、フェイスクリームに保湿効果だけでなくラグジュアリー感をも求める方に向いています。

 

5位 エリクシール シュペリエル スリーピングジェルパックW

眠っている間にもお肌にたっぷりの潤いを美容成分をヒタヒタに浸していき美肌へ導いてくれるというコンセプト。

フェイスクリームではなくパックという名前がついていますが、スキンケアの最後につけ、寝ている間に肌に潤いをもたらすという点では一緒なので、ランキングに入れさせていただきました。

スパチュラで中身をとって肌につけていきます。ベタベタもせずにぷるんとしたテクスチャーが良いですね。

翌朝はお肌もぷるんとした手触りになってくれるので心地良いです。

忙しくて夜のケアがなかなか出来ないという方にも嬉しい、塗って眠るだけの簡単さ。

コラーゲン、ビタミンE誘導体配合なので、アンチエイジングケアをしている方には好評だと思います。

私が使ったところでは、肌への刺激はありませんが、肌刺激があったという方もいらっしゃるので、敏感肌やニキビのある方には向いていないと思います。あくまで、アンチエイジングを目的としたフェイスクリームをお探しの方向けです。

価格は105g で3,000円程度なので、買いやすく続けやすい価格だと思います。

 

6位 肌をうるおす保湿クリーム

角質層の潤いをしっかりと守ってくれます。濃厚でコクのあるテクスチャーです。

少しベタつきが感じられるかもしれませんが、少量で伸びが良いのであまり気にならなくなります。

5種類の必須セラミドが配合されているので、バリア機能が低下しているお肌に働きかけてしっかりと保湿をしてくれると期待出来ます。

また、潤いを持続させるシア脂も配合されているので、乾燥によりダメージを受けているお肌の味方になってくれます。

アルコール、香料、着色料、パラベンフリーなので、安心感もあります。

添加物を加えていないベーシックな処方が人気で長年愛用者も多いロングセラー商品です。

お肌に全く刺激も無いですし、誰が使ってもしっとりと潤いが続きます。乾燥肌の方だけでなく、敏感肌やニキビのある方にも向いていると思います。もちろん、普通のお肌の方もフェイスクリームとしてたっぷり使えます。

詰め替え用もあるので環境にも優しいです。詰め替え用は手で開封出来るようになっていて便利です。

50gも入っていて2,000円以下とかなりリーズナブル。この価格であれば続けられますし、お値段以上もの価値のあるお品だと思っています。

 

7位 ルルルンプレシャス クリーム

こっくりとリッチ感のあるテクスチャーで濃厚なクリームです。

エモリエントオイルと水分をゲルネットワーク構造の中に閉じこめて、潤いを長時間保ってくれます。

使い続けると、肌の調子がよくなり保湿がしっかりと出来ているという印象の肌になれます。

保湿成分だけでなく美容成分もたっぷり配合されているので、エイジングケアにももってこいです。

乾燥が気になるところに重ね塗りすると、翌朝ふっくらしてくれる感触になりました。単に保湿の働きをするフェイスクリームと言うだけでなく、年齢による肌悩みにも対応してくれるのが嬉しいですね。

クリームの伸びもよく、案外とコスパは良いですよ。エイジングケアが気になる方におススメです。

80ml で2,000円以下なので、この品質にしてはリーズナブルプライスでとても良いと思います。

 

8位 アスタリフト ナイトチャージクリーム

濃厚でこっくりとしたテクスチャーで、少し固めです。

肌につけるとす~っと少量で伸びていってくれてべたつきもなくサラリとしてくれます。

つけた後のお肌はしっとり、ぷるぷるして心地よい感触です。

夜つけると寝ている間に肌の奥まで働きかけてくれて、しっとりとしたお肌に導いてくれるということなので、期待出来そうです。

独自成分「ナノアルタキサンチン」と「ナノリコピン」を配合しており、これはエイジングケアには嬉しいです。

また、ポリフェノールを多く含み、優れた美容パワーを持つ「メマツヨイグサ種子エキス」も新たに配合されたとのことです。

使っている間も、ふわっと自然の薬草のような良い香りがしてくるので、とても心癒されます。スキンケアの時間がリラックスの時間になるので、そういうリラクゼーションが好きな方にもおススメです。

もちろん、保湿がしっかり出来るフェイスクリームを探しておられる方やエイジングケアに興味のある方にも向いていると思います。

お値段は若干高めではありますが、ラグジュアリー感を求める方向けのフェイスクリームとしては妥当だと思いますし、何より効果が感じられる方にはリピートしている方も多いので、それだけの価値があると思います。

 

まとめ

フェイスクリームを選ぶ際には、まず肌に合うかどうかがありますが、フェイスクリームに求める働きによっても選ぶ種類がかなり違ってきます。

敏感肌やニキビ肌にも使えるクリームから、ラグジュアリー感の漂うエイジングケアに特化したクリームまでランキングで挙げさせていただきましたが、いかがでしょうか。

保湿だけに特化したシンプルなフェイスクリームもあれば、保湿以外にもシワ、たるみにも働きかけてくれるといったフェイスクリームまで様々なものがあります。

敏感肌の方やニキビが出来ておられる方であれば、シンプルなフェイスクリームを選ぶのが良いでしょう。

こちらで挙げているフェイスクリームの特徴なども参考にして肌に合う理想のフェイスクリームを探していかれて下さい。

記事内で紹介されている商品

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

サイトを見る

ロコベースリペアクリーム

サイトを見る

小林製薬 ヒフミド エッセンスクリーム

サイトを見る

ドゥ ラ メール クレーム ドゥ・ラ・メール

サイトを見る

エリクシール シュペリエル スリーピング…

サイトを見る

肌をうるおす保湿クリーム

サイトを見る

ルルルンプレシャス クリーム

サイトを見る

アスタリフトナイトチャージクリーム

サイトを見る

関連記事