たっぷり泡で素顔から綺麗に!洗顔ネットおすすめランキング8選

手ではなかなか泡が作りにくいもの。ゆえに顔は石鹸をたくさん擦ったり、洗顔フォームをたっぷり出して洗うことになってしまいます。

でもそれではコスパも悪いですし、肌のためにも良くないんです。私も肌を擦りすぎて、きちんと洗っているはずなのに荒れてしまったことがあります。

そんな時は石鹸を変えるのではなく、洗顔用の泡立てネットを使いましょう。少量でたっぷりの泡が作れるので、肌触りも優しく、石鹸なども長持ちします。

今回はそんな洗顔ネットの魅力についてご紹介します。

 

たまご肌を目指すにはまず洗顔から

泡立てネット使用中

洗顔には泡の存在が欠かせません。たっぷりの泡を作れば洗える面積が広がることに加え、肌を守る役目も担ってくれるからです。

何から守るのかといえば、手や泡立てない状態の石鹸などから受ける摩擦。洗顔中に痒みや痛みを感じなくても、肌にとってはダメージになっているもの。続けていると肌が敏感になったり、トラブルを招きやすくなってしまいます。

また泡立てることで固形や液体の状態の時よりもきめ細かくなるため、毛穴など細かい部分の汚れも落としやすくなります。そして水で洗い落とす際、いつまでもぬるぬるしているなんてことがなくなるため、水道代もちょっと浮くかもしれませんね。

 

正しい洗顔の方法とは?

たっぷりの泡

ただネットの有無に関わらず、洗顔方法が間違いという人は多いです。私も洗顔ネットを知る前は間違った方法で行っていました。

では正しい方法とはどうのように行うのでしょうか?

よくあるのが、手でゴシゴシと強くこすってしまうパターン。上でも触れましたが、肌にとってはそれが刺激となって、荒れる原因になりかねません。また水の温度はぬるま湯程度がベスト。熱すぎても冷たすぎても、やはり刺激になってしまいます。

そして洗顔ネットを使う場合は、石鹸や洗顔フォームの量を抑えるのは良いですが、水をきちんと追加しましょう。綺麗な泡になったとしても、水分が少なければ手で石鹸をたくさん使って泡立てるのと一緒。泡立て中、適度に水を加えながら行うと良いです。

ほかにも時間をかけすぎている、回数が多いなど、肌に悪影響を与えている洗い方は多数存在。スキンケアや生活態度を見直しても良くならないなら、洗顔方法も確認してみましょう。

 

洗顔ネットの種類

 

洗顔グッズ

洗顔ネットを購入する際は、その種類にも目を向けましょう。石鹸などとセットになっているものは、メーカーが合うように選んでいるものが多いのでそのままで大丈夫ですが、別途用意するなら石鹸と合うか、また作れる泡の状態はどんなものを希望するか考える必要があります。

ネットはポリエチレンであることが多く、稀にポリエステルやウレタンなどで作られたり、混合タイプということも。印象ではポリエチレン以外の素材が入っている方が、泡がもちもちして重さも感じやすいです。

泡のきめ細かさを重視したいならば、ネットが2重3重になっているものがおすすめ。ネットが多い分細かくしやすいんです。1重でも、網目が細かいものであればキメが期待できますね。

 

洗顔ネットの保管・手入れ方法

洗顔ネット

既に利用している方、使った後にネットはどうしていますか?水を使うものですから、きちんと管理しないと湿気で雑菌が付きやすくなってしまいます。抗菌効果があるものだとしても、それだけに頼らず自分でも保管やメンテナンスを行いましょう。

まず洗顔直後は、タオルなどで水気を拭き取ります。ネット自体衣類に比べれば乾きやすそうですが、自然に任せる前に吸い取れる分は吸い取ってしまいましょう。洗顔で肌を吹いた後のタオルで構いません。

その後は縦、可能ならどこかに吊るして保管します。こちらも横に置くより乾燥しやすいからです。ネットの中にはフックなどにかけやすいよう、輪っかがついているものもあります。

もしかける場所がない場合は、洗顔フォームの容器に被せるようにして保管するのがおすすめ。次回使う時にも便利ですね。石鹸などボトル容器を使っていない場合は、メイク落としやシャンプーなどのボトルでも構いません。

 

洗顔ネットおすすめランキング

洗顔ネットと石鹸

上記を踏まえて、使い勝手の良い洗顔ネットをランキングにしてみました。

 

第8位 無印良品 洗顔用泡立てネット

まずは無印良品の洗顔ネット。21cmと大きめサイズで、たっぷりの泡がつくれます。石鹸など固形の場合はネットの中に入れて泡立てると簡単です。

フック付きで、使用後の管理も容易に行えます。ネット、フック共にポリエチレン製です。普段から無印良品のアイテムを使っているなら、ネットも統一してみてはいかがでしょう?

 

第7位 ヴァーナル せっけん泡立てネット

続いてはヴァーナルの洗顔ネット。3つセットになっているので、予備に保管しておいても良いですし、耐久力もなかなかなので、家族用や泊り客用として活用するのもあり。

泡は感触としてはもちもちした仕上がりになります。どんな石鹸や洗顔フォームにも合いますが、ヴァーナルの洗顔アイテムを活用している方には、より良い泡立ちも期待できるのでおすすめ。

 

第6位 TINTAUNITA 4層構造オーガンジー泡立てネット

出典: Amazon.co.jp

TINTAUNITA 4層構造オーガンジー泡立てネット

続いてはティンタウニータの洗顔ネットです。名前からもわかるように、ネット部分が4重にもなっていて、きめ細かさはピカイチ。ただの4重ではなく、2種類が2重になっている構造で、早さの面でもおすすめします。

素材はナイロンとシリコンです。またリング部分を調節することで、ボール状に変化させることができ、空気を含ませやすくなっています。

 

第5位 BULK HOMME THE BUBBLE NET

5位はバルクオウム。こちらも4重構造になっており、きめ細やかな泡が作れます。メーカーはメンズ向けのスキンケア製品を扱っていますが、こちらのネットは女性でも使いやすいです。

価格はやや高めではあるものの、その分耐久力も良く2、3年は維持できます。ネットを使っているけど何度も買い換えているという方は、長持ちするかも重視してみましょう。

 

第4位 銀 泡立て洗顔ネット

メイン素材はポリエステルですが、純銀製の糸が加わることで抗菌や防臭が期待できるのがこちらのネット。保管場所に不安がある方におすすめです。

泡はふわふわと軽めなので、重いのが嫌ならうってつけ。水を含みやすいので、少量でも泡立ちが良いです。反対に水を含ませすぎないよう注意ですね。

 

第3位 DHC 泡立てネット

3位はDHCの泡立てネットです。製造は国内で行っているので、海外製はちょっと…という方におすすめします。

ネットそのものはギャザーによって空気を含みやすいのが特徴。ふわふわの泡をたっぷり作れます。泡立て自体も容易に行えるので、時間が無い時の洗顔にも役立ちますよ。価格が低めなのも嬉しいですね。

 

第2位 CELLACOSMETICS 泡立てネット

2位はセラコスメティクスのネットです。ナイロンとポリエステルが素材。4重構造できめ細かい泡を作りやすくなっています。洗顔料はもちろんのこと、水や空気の含みやすさにもこだわった設計です。

ただしやや小さめのサイズなので、大きいネットを好む人には不向きかもしれません。反面コンパクトなので、旅行先などでもしっかり泡立てたいという時に活躍します。

 

第1位 小久保工業所 洗顔用泡立てネットホイップ洗顔

出典: Amazon.co.jp

小久保工業所 洗顔用泡立てネットホイップ洗顔

私のイチオシは、小久保工業所のホイップ洗顔。コスパの良さもさる事ながら、できあがる泡のふわふわかつクリーミーな感じが気に入っています。作るスピードも早いですし、たっぷりの泡での洗顔もしやすいです。

欠点があるとすれば、使い方次第では耐久力に差が生じやすいことでしょうか。特に保管するためのリング部分は、丁寧に扱わないと破損しやすいので、ネットは無事でも買い替えが必要になることもあります。フックから取り外す際は無理に引っ張らず丁寧に。

 

泡立てネットの人気売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、泡立てネットの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

自分に合った洗顔ネットでしっかりスキンケア!

洗顔ネットはどれも同じように見えますが、素材やフックの形状、作れる泡の質などバリエーションに富んでいます。自分が求める泡はもちもちが良いのかふわふわが良いのかなど、改めて考えてみてください。

たっぷりの泡で、肌ケアにプラスとなる洗顔を始めましょう。

記事内で紹介されている商品

無印良品 洗顔用泡立てネット

サイトを見る

ヴァーナル せっけん泡立てネット

サイトを見る

TINTAUNITA 4層構造オーガンジー泡立てネ…

サイトを見る

BULK HOMME THE BUBBLE NET

サイトを見る

銀 泡立て洗顔ネット

サイトを見る

CELLA COSMETICS 泡立てネット

サイトを見る

小久保工業所 洗顔用泡立てネットホイップ…

サイトを見る

関連記事