買いたいものを検索してください

敏感肌でも安心して使える!敏感肌向け乳液おすすめランキングTOP8

最近、敏感肌と感じる人が増えてきているそうです。筆者もその一人です。常に敏感肌ではないものの、花粉の季節やエアコンがききすぎた室内などでは、肌が敏感気味であると感じます。筆者のような方は、少なくないのではないでしょうか。

肌が敏感気味になると、メイクのノリは悪くなるし、気分も落ち込み気味。できれば、敏感肌を直して、生活を楽しみたいですよね。

敏感肌用乳液は、肌に刺激を与えないようにいたわりながら、低下している肌のバリア機能を整えるように作られており、敏感肌の人にはぜひ使ってもらいたいアイテムです。

今回は、敏感肌用の乳液の中で、特におすすめの商品をいくつかご紹介します。商品選びのポイントなども併せてご紹介しますので、商品を購入する際は、ぜひ参考にしてください。

 

敏感肌って?

イハダパッケージ

そもそも、敏感肌とはどういった肌なのでしょうか。ここでは敏感肌についてと、実際に敏感肌の人が注意すべき点についてご説明します。

 

敏感肌とは

敏感肌とは、化粧品や紫外線などで肌トラブルを起こしやすく、多くの人には刺激にならない物質に対して敏感に反応してしまう肌の状態のことです。広義には、疲れやストレス、季節の変わり目などによって、一時的に肌トラブルを起こしやすくなっている肌を含むこともあります。

肌が赤くなったり、かゆみやごわつき、ピリピリ感の刺激を感じることがあります。ニキビや吹き出物が出る人もいます。悪化すると、メイクなど普通の化粧品が使えなくなることもあります。

日常生活にも影響を及ぼす場合は、皮膚科での診療が必要になることもあります。

 

注意すべき点

肌を刺激したり、刺激を与える成分を含んだ化粧品の使用を避けます。たとえば、スクラブなど肌に強い刺激を与えるものや、かたいクリームで肌をこする可能性があるものなどは避けたほうが無難です。

肌を乾燥させる紫外線も避けましょう。

肌を落ち着かせる敏感肌用の化粧品を使いましょう。敏感肌用の化粧品は、肌への刺激を抑えるよう配慮されて作られています。

特定の成分に対するアレルギーがある場合は、皮膚科医に相談し、肌のトラブルを引き起こした要因を特定してもらうことが重要です。

 

お肌の刺激になる成分を知ろう!

イハダボトル

敏感肌対策としてお肌の刺激になる成分を知ることが大切です。ここでは、肌の刺激になる可能性がある表示指定成分と、敏感肌の人が避けたほうが良い代表的な成分についてご紹介します。

 

表示指定成分を知ろう

化粧品に使われている成分は、すべてパッケージなどに記載されています。2001年4月より「全成分表示」が義務付けられ、化粧品に配合されている全ての成分を外箱または容器に表示しなければならないからです。以前は、化粧品には薬事法で決められた「表示指定成分」を表示することになっていました。

「表示指定成分」とは、使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分で、薬事法によって商品への表示を義務づけられていた成分のことです。成分の数は102種類あります。これらの成分の名前や各成分の特徴は、「表示指定成分」とインターネットで検索するとたくさん出てきます。

敏感肌の方は、これらの成分が入っていない商品を選ぶと安心です。化粧品メーカーによっては、表示指定成分を添加していない商品のことを「無添加化粧品」としています。「無添加」という言葉には特に規定はないため、無添加化粧品と書いてあるからと言って、これらの成分が添加されていないとは限りません。成分表示をしっかり確認する必要があります。

メーカーのウェブサイトで配合成分を事前に確認するとよいと思います。102種類もあるためすべてを確認するのは難しいという方は、「旧表示指定成分無添加」などと書かれている商品や、ファンケルなど「表示指定成分」を使用していない化粧品メーカーの商品を選ぶと安心でしょう。

以下に、敏感肌の人が特に注意すべき成分について、ご説明します。

 

アルコール(エタノール)

多くの化粧品に含まれるエタノールは、防腐効果、安定性の向上、清涼感、軽い感触のためにコスメに使用されています。エタノールはアルコールの一種なので、アルコールにアレルギーがある方は注意が必要です。皮膚に乾燥や刺激を感じる方がいます。

エタノールに敏感な方は、アルコールフリーと表示されているものなら安心です。

 

合成界面活性剤

界面活性剤は、主に水と油を均一に混ぜ合わせる乳化剤として乳液を作るために使われています。水と油を混ぜ合わせる作用がある界面活性剤は、乳液づくりには欠かせない成分です。植物成分にも界面活性剤はありますが成分として弱いため、人工的に作られた合成界面活性剤が良く使用されています。

合成界面活性剤は、肌に必要な皮脂までも落としてしまい肌荒れの原因になります。ただし、多くのメーカーの研究により、最近は肌にやさしく合成界面活性剤も多くなってきたので、敏感肌でない方は過敏に注意する必要はありません。しかし、敏感肌の方は注意したほうが安全でしょう。

合成界面活性剤は、種類が多く成分を見てもわかりにくいです。名前の一部に「ラウリル」、「ベンゼン」、「フェノール」、「アルキル」などとあれば、合成界面活性剤だと思っていいと思います。商品選びの際にチェックしてみてください。

 

人工香料

香料は、化粧品に香りをつけるために使われています。天然香料であるアロマは体に良く、食品添加物などの人工香料は体に害があるだと思われがちです。たしかに、天然香料の一部は、アロマテラピーとして薬理作用を得ることができます。しかし、天然香料も合成香料も、アレルギーや皮膚炎を起こす可能性があります。

最近は無香料の化粧品が普及してきており、香りがない化粧品を好む人も増えているため、香料が添加されていない商品のバリエーションも豊富です。敏感肌の方は、香り付けされていない香料無添加の商品を選びましょう。

 

合成着色料

着色料は、化粧品に色を付けるために利用されています。主に、顔料やタール系色素が使われています。タール色素という合成着色料が一番危険です。タール系色素は、石油から合成される着色料で、赤色○号、青色○号といった形で表記されています。体に良くないと問題になった事もあるため、知っている方もいる人も多いかもしれません。アレルギーや発がん性などの危険があります。

今では着色料無添加の化粧品が増えているため、特に気にしていなくても、着色料が使われていない商品を手にすることが多いとは思います。しかし、敏感肌の方は間違って買わないように、頭の片隅に入れておくと安心です。

 

防腐剤(パラベン)

パラベンとは石油系化合物で、強い抗菌作用があり、化粧品の防腐剤としてよく添加されている成分です。敏感肌を刺激します。使う人の体質によってはアレルギーを引き起こす恐れがあるということで、表示指定成分に指定されています。パラベンが入っていないコスメには、「防腐剤無添加」とか「パラベンフリー」などと記載されています。

 

敏感肌用乳液は他の乳液と何が違う?

敏感肌向けの乳液は、普通の乳液と何が違うのでしょうか。ここでは、敏感肌向けの乳液と普通の乳液の違いについてご紹介します。

 

刺激が弱め

肌トラブルが多くなりがちな敏感肌のために作られている乳液は、刺激が少ないことが特徴です。

 

保湿力は高めであることが多い

敏感肌の方は、低下してしまった肌のバリア機能を補うことが大切です。そのため、保湿力が高い商品が多いです。

 

敏感肌向け乳液選びのポイントはこれ!

敏感肌混合肌用

ここでは、敏感肌の人がどのようなポイントに注目して乳液を選ぶべきか、敏感肌向けの乳液選びのポイントをご紹介します。

 

低刺激な商品を選ぼう

「敏感肌用」や「低刺激性」と表記されたものから選びましょう。赤ちゃんにも使えると書かれている商品も、刺激が少なめにできているのでおすすめです。

外部からの刺激を防いでくれる効果が期待できる商品もおすすめです。

 

保湿力は高めがおすすめ

敏感肌は肌のバリア機能が低下しています。そのため、肌を保護するために肌に良いとされるセラミドやアミノ酸などの保湿成分が配合された商品がおすすめです。

 

伸びがよく、肌をこすらず使えるものを

伸びの良い乳液を選びましょう。かたくて肌の上で伸びにくいと、肌をこすってしまいは肌を傷つけてしまう可能性があり、トラブルの原因になるかもしれません。

 

使用感は好みでOK

使い心地が気に入らない商品は、いくら成分などが良くても長続きしません。自分好みの使用感の商品を選ぶことで、長く使うことができ、結果として敏感肌が改善に向かうはずです。

商品選びの際は、肌への相性だけでなく、使用感の好みもしっかりチェックしてくださいね。

 

サンプルなどで試してから購入しよう

敏感肌の方は、商品購入前にサンプルやトライアルセットなどを試して、お肌に合うかまず確認しましょう。購入はそのあとです。

敏感肌用ブランドは、必ずと言っていいほどサンプルやトライアルセットがあります。お店で購入する際は店員さんに聞いてみましょう。「敏感肌なのでまずはお試ししてみたい」と話せば、サンプルをもらえるか、トライアルセットを紹介されるはずです。

 

コスパ

高額なコスメはよい成分を使っているものが多く、肌によさそうな感じがしますよね。肌への刺激は成分の値段とは比例しません。価格が高い商品だからと言って、刺激がないという訳ではないので注意が必要です。

敏感肌の場合、肌に合わない成分があります。高価格の乳液を買っても、肌に全く合わない可能性もあるということを考慮の上、商品選択する必要があります。

もし高級な乳液を使ってみたいなら、サンプルであらかじめ試してみることをおすすめします。高級コスメの場合、店員さんに声をかければサンプルをもらえることがほとんどです。失敗して後悔することがないように、まずは試してから、商品を購入してください。

 

筆者愛用の敏感肌向け乳液をご紹介!

エトヴォスモイスチャライジングセラム

ここでは筆者が使っている敏感肌向け乳液を、その魅力とともにご紹介します。

 

エトヴォス モイスチャライジングセラム

出典: Amazon.co.jp

エトヴォス モイスチャライジングセラム
ブランド
カテゴリ

ヒト型セラミド配合の乾燥肌/敏感肌乳液

ヒト型セラミド」リピジュア・ヒアルロン酸などの保湿力を重視したこだわりの高保湿成分を配合した乾燥肌・敏感肌用の美容液乳液です。

さらっとした使用感で、美容液と乳液の役割を兼ね備え、自然なラベンダーの香りすることが筆者のお気に入りのポイントです。

そこそこのお値段はしますが、セラミドがたっぷり配合されていることを考えると結構お値打ちかもしれません。

口コミサイトでも人気の商品です。

購入したのは、LOFTです。

セラミド配合の美容液で、肌が荒れていた時にも使える保湿剤です。

スキンケアアイテム全般を探していた時、ETVOSのトライアルがあったので試してみて、その中でこれが良かったので単品購入しました。

#エトヴォス #ETVOS #乾燥対策 #乾燥 #乾燥肌 #保湿 #美容液 #セラミド #スキンケア #ゆらぎ肌に優しいスキンケア #ゆらぎ肌 #季節の変わり目 #花粉 #花粉症 #肌荒れ #敏感肌 #赤み #低刺激

 

to buy インフルエンサーおすすめの敏感肌向け乳液もご紹介!

アベンヌ スキンバランスクリーム EX SS(R)

ふらっと入った薬局で、その場にいたBAさんに乗せられ買ってしまった、敏感肌用の乳液として使えるクリーム。

地味に高いしあーあ……という気持ちだったのですが、使ってみたら驚き。
次の日の肌質が安定した肌になるんです。

テカるわけでもなく、つっぱっているわけでもない、そんな私の肌に平和をもたらしてくれた天使のクリームです!

#ゆらぎ肌に優しいスキンケア #ゆらぎ肌 #季節の変わり目 #花粉 #花粉症 #肌荒れ #敏感肌 #赤み #低刺激

 

敏感肌向け乳液おすすめランキングTOP8

ここでは、筆者が実際に使ってみて良かった商品、特におすすめしたい商品についてランキング形式でご紹介します。

 

第8位 資生堂 d プログラム バイタルアクト エマルジョン R

出典: Amazon.co.jp

資生堂 d プログラム バイタルアクト エマルジョン R

エイジングケアできる敏感肌用乳液

保湿力:◯

使用感:しっとり

コスパ:◯

成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、イザヨイバラエキス、オノニスエキス、エリスリトール、濃グリセリン、精製水、

特徴:乾燥小じわなど、エイジングケアもできる

敏感肌用化粧品の先がけとも言うべき、資生堂dプログラムブランドの商品です。dプログラムには、肌タイプ別の5種類の乳液があります。バイタルアクト エマルジョンは、敏感肌のケアをしながら、乾燥による小じわなどのケアもできるエイジングケア乳液です。

敏感肌用のコスメは肌へのやさしさが重視されているので、どこか物足りなさを感じる人もいるかもしれません。また、敏感肌になると、他の肌の悩みは後回ししてしまう傾向にあります。dプログラムの商品なら、敏感肌と一緒に他の悩みもケアできます。

 

第7位 ロート製薬 ヘパソフト 薬用顔ローション

出典: Amazon.co.jp

ロート製薬 ヘパソフト 薬用 顔の乾燥改善 オールインワン
ブランド
カテゴリ

乾燥によるトラブル肌におすすめの乳液ローション

保湿力:◎

使用感:しっとり

コスパ:◯

成分:ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、白色ワセリン、濃グリセリン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル

特徴:乾燥によるトラブル肌に

保水有効成分「ぺパリン類似物質」を配合したワセリンベースの商品です。医薬品で有名なロート製薬の商品で、乾燥によるトラブルに注目した医薬部外品の商品です。

ローションという名前ですが、化粧水と乳液と美容液の役割がある商品で、見た目は白くとろみがあり使い心地も乳液っぽいです。1本で顔の乾燥を防ぎ、皮膚にうるおいを与えてくれます。

 

第6位 無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ

出典: Amazon.co.jp

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ

4種類の敏感肌用乳液から選べる

保湿力:◎

使用感:しっとり

コスパ:◎

成分:水、オリーブ果実油、DPG、グリセリン、PEG-32、パルミチン酸エチルヘキシル、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油

特徴:敏感肌用乳液が豊富で、肌タイプごとに選べる

リーズナブルで手に取りやすい価格が魅力の無印良品の商品です。たっぷり入ってお得感があるのに、品質も良いです。種類も、さっぱり・しっとり・高保湿・美白の4種類から選べます。サイズも、50ml入りの携帯用サイズ、200ml入りの通常サイズ、大容量の400ml入りから選べます。

お値段が安いだけでなく、無印はたくさん店舗があって買いやすいことも魅力です。

 

第5位 セタフィル モイスチャライジング ローション

出典: Amazon.co.jp

セタフィル モイスチャライジング ローション
ブランド
カテゴリ

ボディーにも使えるプチプラ乳液

保湿力:◯

使用感:しっとり

コスパ:◎

成分:水、グリセリン、水添ポリイソブテン、セテアリルアルコール、アボカド油、セテアレス-20、ジメチコン、酢酸トコフェロール、レブリン酸Na、

特徴:顔にもボディーにも使える。値段も安い

顔にもボディーにも使えるコストコなどで人気の保湿乳液です。べたつかずしっとり保湿でき、値段も安く、敏感肌に使えると、人気があります。洗顔後にこれ1本で水分と油分をバランスよく補給できるという手軽さも、人気の秘密です。

肌荒れ気味の肌はお風呂後そのままにしていると、乾燥が進んでしまいます。この商品は大容量で全身に使え、かつポンプ式なので、お風呂上りに手早く使えて便利です。

 

第4位 第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルク

出典: Amazon.co.jp

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト 薬用アクネケア ミルク

敏感肌用ブランドから、薬用ニキビケアミルク

保湿力:〇

使用感:しっとり

コスパ:◯

成分:水、BG、濃グリセリン、トリオクタン酸グリセリル、ジメチコン、ペンチレングリコール、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール

特徴:混合肌用の低刺激乳液

乾燥・テカリ・大人ニキビなど、混合肌に多い悩みを解決することを目的に作られた敏感肌用の薬用保湿乳液です。肌あれやニキビを防ぐアミノ酸や植物性の有効成分が配合されています

敏感肌というと乾燥肌に多いイメージがありますが、混合肌の方にも敏感肌の方はいます。こちらの商品は、「うるおいはほしいけど、ベタつくのはいや」という混合肌向けの低刺激乳液です。肌の乾燥を気にせずに、ニキビや乾燥のケアができます。

肌がゆらぎ気味なアンバランスな肌におすすめです。

 

第3位 資生堂イハダ 薬用エマルジョン

ワセリン配合で抜群の保湿力

保湿力:◎

使用感:しっとり

コスパ:◯

成分:アラントイン、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、濃グリセリン、αーオレフィンオリゴマー、ジプロピレングリコール、1,3ーブチレングリコール

特徴:何とかしたい肌荒れに超高保湿タイプ

肌あれ・乾燥の再発を防ぐ薬用乳液です。不純物の少ない高精製ワセリンを配合し、うるおいバリアで外部からの刺激から肌を保護しくれます。肌荒れや乾燥を繰り返す敏感肌用の高保湿乳液です。

すごくしっとりする高保湿タイプです。塗り終わった後の肌は、肌に手が吸い付くようほどにしっとりします。筆者の肌荒れのお助けアイテムで、花粉症で肌が荒れた時に使っています。

 

第2位 花王キュレル 乳液

セラミド配合でさっぱりうるおう

保湿力:◯

使用感:さっぱり

コスパ:◯

成分:アラントイン、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ユーカリエキス、スクワラン

特徴:セラミド配合でべたつかずにうるおう

敏感肌用ブランドキュレルの医薬部外品の乳液です。潤い保持力を助ける潤浸保湿セラミド機能成分を配合し、しっとりとして肌になじみやすく、さらっとしたつけ心地です。敏感肌用乳液としてはさっぱりとしています。

肌荒れ・カサつきをくり返しがちな乾燥性敏感肌のために作られた商品です。消炎剤配合で、肌荒れを防ぐ面にも期待できます。

セラミドが入っているので、肌表面はさらっと内部はもちっと仕上がります。

 

第1位 第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

出典: Amazon.co.jp

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク
ブランド
カテゴリ

老若男女に人気の殿堂入り乳液

保湿力:◎

使用感:しっとり

コスパ:◎

成分:水、BG、グリセリン、キシリトール、リンゴ酸ジイソステアリル、ジメチコン、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、ペンチレングリコール

特徴:伸びが良くすっとなじむ、とろーりミルク

@cosmeベストコスメアワードの殿堂入りをしている大人気の乳液です。化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくしたいという想いから誕生したミノンの商品だけあって、

伸びがよく、すっと肌になじんでうるおい閉じ込める乳液です。肌に優しい感触で、濃厚でコクがあります。ごわついた肌にもしっとりなじみます。肌へのやさしさも際立ちます。

値段も安いので、赤ちゃんや子供と一緒に家族で使っている人も多い商品です。

 

乳液の関連記事もご紹介!

 

敏感肌の方はこちらもチェック!

イプサの化粧水

 

肌に合う乳液で敏感肌に振り回されない生活を

ベビーパウダー
MAAMI

敏感肌になってしまうと、敏感肌に生活が振り回されることが多く出てきます。買いたいコスメがあっても、肌への刺激が気になって結局諦めることにあることもあるでしょう。肌荒れ気味だと、ショッピングも楽しめないかもしれません。

自分の肌に合う敏感肌用乳液を手に入れることで、敏感肌が改善し、肌の状態があまり気にならなくなってくるはずです。多少時間がかかるかもしれませんが、いろんな商品を試して、ぜひ自分に合う商品を見つけてください。

今回の記事が皆さんの商品選びの参考になれば、筆者としてはとてもうれしいです。

記事内で紹介されている商品

エトヴォス モイスチャライジングセラム

サイトを見る

エトヴォス モイスチュアライジング セラム

サイトを見る

アベンヌ スキンバランスクリーム EX SS(R…

サイトを見る

資生堂 d プログラム バイタルアクト エマ…

サイトを見る

ロート製薬 ヘパソフト 薬用 顔の乾燥改善…

サイトを見る

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ

サイトを見る

セタフィル モイスチャライジング ローシ…

サイトを見る

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイス…

サイトを見る

イハダ 薬用エマルジョン

サイトを見る

花王キュレル 乳液

サイトを見る

第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイス…

サイトを見る

関連記事