買いたいものを検索してください

お肌のターニングポイント!30代向け乳液おすすめランキングTOP10

30代といえば、さまざまな生活スタイルの女性が1番多い時期ですよね。結婚をされて子どもがいるという方もいますし、まだ婚活中という方も今の時代は多いですよね。それから独身であっても結婚していても、仕事もだんだん板について忙しくなってきて自分の時間がないという方もいるのではないでしょうか。

30代については20代のころと変わらず脂性肌という方や急に肌につっぱり感が出て乾燥肌になってきたというとうな肌質にも個人差が出やすいころでもあります。20代のように若くないし忙しいからスキンケアは化粧水くらいという方も多くいる世代ですが、40代、50代になり子どもが手を離れたり仕事に余裕ができて鏡を見てびっくりするというかたも実際にいるようです。

30代だからこそ最低限のスキンケアは必ずしておいたほうがいいのではないかなと思いますね。とくに30代で重要なのが肌のコンデシションを整えて持続するスキンケアの最後に使うことの多い乳液です。今回は30代向けの乳液についてご紹介します。

 

30代の肌悩みって?

乳液

こちらでは30代の女性にありがちな肌の悩みについてご紹介します。

 

洗顔後に肌がつっぱる

やはりファーストエイジング世代の30代は1年重ねていくうちに肌の変化を微妙に感じることもあると思います。忙しい世代なので気づいたら顔がごわごわして肌の小じわも増えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは皮脂の分量が20代よりもがくんと減ってしまっている可能性があります。肌質に個人差はありますが、洗顔後すぐ化粧水をつけないとつっぱり感があったり化粧水だけではすぐ乾いてしまうなどもそうですね。30代以降は乾燥肌に傾きやすいので保湿ケアを意識することが必要になります。

 

肌が乾燥するのにニキビができる

こちらもよくある症状ですね。なんだか乾燥しているなと思って保湿を重視しているといつのまにか肌あれをしたりニキビができてしまったという方も多くいます。そもそも30代の肌は不安定なことが多いので乾燥したり脂性肌気味だったりも体調や季節によってかわってきます。

肌の状態をみながらケアしていくことが大事にはなります。でも、忙しい世代であるし子育てをしている方などはそんなに自分にお金を使えないですよね。そういう場合は混合肌や敏感肌用に切り替えて様子を見るのも良いと思います。

乾燥するからといって50代の使うような栄養タップリの美容成分の入ったクリームなどをいきなり使うと30代はまだ若いので肌に負担がかかったり毛穴のつまりを起こす場合もあるので保湿度が高い商品も使い心地が軽めな保湿乳液から試してみるといいと思います。

 

今まで使っていた化粧品が合わないような気がする

30代に入ると20代に使っていた化粧品では肌がつっぱったり物足りない場合もあります。とても気に入っていて10代のときから同じブランドで満足していたのに、どうして?と疑問に思うかもしれないですが、やはり肌は年齢とともに変わっていきます。少し物足りないと思ったら化粧品を買い換える合図だと思うといいかなと思います。

今まで使っている商品で、自分の肌に何が足りなくなったかを考えてそれがプラスされている商品を使うといいですね。保湿感がプラスされている商品、または乾燥するけどニキビや吹出物ができやすい人のために肌バランスを整える商品を見直してみると思います。

ただ、脂性肌のかたで30代に入っても20代向けの化粧品で全く問題もなくコンディションがよければわざわざ保湿成分重視の商品に乗り換える必要はありません。脂性肌の方は油分が肌にしっかりあるので若い時は気になったテカリが30代になるとちょうどいい艶になる場合もあります。

乾燥肌の方は逆に20代の頃まではあぶらとり紙なども必要なく肌のコンディションが良かった方も多いはずです。肌質はどの肌がいいというわけでなく年齢によって良い悪いが変わってくるものであるのかなと自分が年を重ねてきた感想では思いますね。どちらにしても化粧品に迷ったときは、まずは自分の肌としっかり向き合ってどんな肌にしたいのかどんな欠点が今あるのかを見直してみるとベストなコスメにたどり着くのではないかと思います。

 

30代向け乳液選びのポイントをご紹介!

スキンケア

30代向けの乳液の選びのポイントご紹介します。

 

乾燥が気になるなら保湿重視を

20代の時には感じなかった洗顔後の肌のつっぱりや日中のかさつきを感じるようになったら保湿成分が入って商品を選ぶといいですね。ヒアルロン酸やセラミドなど入りがおすすめです。

大きなシワができていなくても乾燥による小じわがそのまま放置していると深い大きなシワになることもあります。他にはコラーゲンなど肌に栄養を与えるような成分もプラスしていいかもしれませんね。肌をしっかり保湿することで気になる毛穴もふっくら目立ちにくくなります。

 

30代になり急にシミやソバカスが気になってきたなら

紫外線は肌を黒くするだけはなく、肌に見えない足跡を残していてそれが30代頃になると急に顔を出すことがあります。すぐにシミやソバカスなどでは出るわけでなく年数をかけて紫外線の積み重なりでできてしまうので気づいたときにはバッと広がっていたりするんですよね。40代、50代になるとさらに増えます。

なので30代の出始めの時期にメラニンケアはやっておきたいですね。シミにはハイドロキノンやビタミンC誘導体などは有効です。脂性肌向けの商品にメラニンケアも一緒にできる商品も多いですね。シミ、ソバカスのほかにもニキビ跡などもケアできます。

 

乾燥するのにニキビができるし・・・なんだか肌の調子が悪い

30代は肌が安定しにくい時期です。若い時代から年齢を重ねて大人の女性の肌へ移り変わっていく時期でもありますし、仕事や子育てで忙しくストレスも多い時期なので、その疲れが肌に出ることもあります。女性は体調が肌に出やすいです。それから心が体調にもでやすいです。そう考えるとストレス=肌荒れの構図ができても当たり前ですよね。

今は混合肌用の商品は多くあります。乾燥したりべたついたりと肌の部分によっても肌質が違う方は混合肌用やオイルコントロールができる商品を選ぶといいですね。それから、肌が敏感でかさつく場合は乾燥性敏感肌になっていることがあります。肌に赤みやかゆみなどを伴うときは敏感肌向けの商品や無添加など肌にやさしい商品に肌が元気になるまで切り替えるのもおすすめです。

ファンケル乳液
イハダパッケージ
乳液4

 

乳液をつける順番は?

スキンケア

基本的に化粧水の後に乳液です。水分を肌にたっぷりと化粧水で補い肌を整えて、その水分を逃さないようにフタをしながらさらに肌に柔らかさや艶を出すのが乳液ですね。もし、クリームを塗る場合は乳液の後です。美容液は乳液よりも前のことがおおいです。乳液は肌バリアをつくるというイメージで覚えておくといいですね。

オールインワンタイプの乳液であれば、洗顔後に乳液だけになります。必ず化粧品には説明書がついていますので、確実にどこで塗るかも確認したほうが乳液の場合もいいと思います。今は美容液がとてもいろいろなタイプが出てきています。洗顔後だったり化粧水であったり、最近では液体美容液とジェル美容液をダブルで洗顔後塗るなんていう有名化粧品ブランドも出てきています。どんどん化粧品の塗り方や使い方も変わってきているので確実にチェックはしていくほうがいいですね。

順番をなぜ守らないといけないかというと、肌への吸収率がかわってくるからですね。肌の奥へ浸透させる化粧水と肌の表面に残る乳液とでは、分子の大きさが変わってきます。茶こしにお茶の葉を入れても落ちませんよね。乳液を先に塗ると化粧品が乳液を塗ったあとには入りメリットが薄れるということですね。

そのほかにも順番で肌のコンディションを整えていくのはお料理の味付けにも似ているかもしれません。プロのレシピ通りにつくればお料理もおいしいように化粧品の順番も美容の研究者が考えた量を順番を確実に守ったほうが肌が整いきれいになるというレシピになっているということです。

 

乳液洗顔って?

スキンケア

実は私も最近知ったんですけど美容家の方が提案されてあっという間に拡散されたのが乳液洗顔です。これは肌の汚れを落とすというよりは肌にたまった角質を和らげるというメリットがあるようです。洗い流さないのでどちらかというと乳液マスクみたいなイメージが私にはありますね。たぶん角質オフでピーリングというイメージから乳液洗顔と名付けられたんじゃないかなと思います。実際にわたしもやってみたんですが、肌が柔らかくなるような気がしますね。

年齢を重ねた肌はいつのまにかごわごわすることが多くなるんですよね。とくに冬などは鼻の横の頬あたりがピキピキと角質が硬くなりごわごわしたかんじでシワがよるなんてこともありますね。そこをごしごし洗顔すると肌が傷つくので、それを乳液でやわらげるというかんじでしょうか。

簡単に説明すると、入浴中に湯船につかりながら乳液で顔をマッサージするということですね。洗面器にお湯を張ってもできますが、お風呂でやる方が断然楽です。乳液を多めに使うことがポイントですね。なぜなら、肌に負担がかからないようにするためです。プチプラの乳液で充分なのでたっぷりとってくるくるとマッサージしながら私であればお風呂のテレビをみる感じですね。のんびり優しくマッサージすると血行もよくなってきます。

しばらくすると乳液が透明になります。もし確認できなくてもにゅるっとしていたのがすーっと肌になじむ感じがするのでわかると思います。肌に乳液の膜をはったような感覚になったらOKです。顔全体を乳液で覆ってるのは肌を触ればわかります。それを湯船に浸したタオルを絞って顔全体にかぶせます。乳液で蒸らす感じですね。

この蒸しタオルがとても癒やされるのもおすすめですね。それから、ゆっくりそのタオルで乳液を優しく拭き取ります。そのときに古くなった角質も一緒にオフできるということですね。乳液なので洗い流す必要はないです。あくまでも余分な乳液をとるくらいですね。これをやると夜のお手入れの浸透力がかなり違うように私は感じましたね。毎日やらなくても週1でもメリットがあると思うのでゆっくりできる週末やお休み前に試してみるといいですね。

 

to buyインフルエンサーおすすめの乳液をご紹介!

化粧水の前につける乳液です。
角質ケアができるのに乾燥しない。
ふわふわで柔らかい肌になるアイテムです。
乾燥して肌がごわついている時に使うと違いを実感します。

#スキンケアしながら角質ケア #夏でもしっかりうるおう化粧水を

 

30代向け乳液おすすめランキングTOP10

スキンケア

こちらでは30代向けにおすすめの乳液をご紹介します。忙しい30代は手間をかけずに簡単にケアできる優秀な商品を探すのが得意な世代でもあるので、人気商品はどの世代にも使いやすいように思いますね。

コスパ的にも優秀な商品が多いです。今回は、30代向けに人気のある乳液をランキング方式でご紹介します。

 

10位 FANCL エンリッチ 乳液II

無添加のファンケルは、ママの肌が赤ちゃんの肌に触れてもやさしい

ファンケルといえば無添加で肌に優しいというイメージがありますよね。30代は結婚をしたり子育て真っ最中であったりする方も多いと思います。とくに妊娠中や赤ちゃんがいるときは肌もデリケートになるのでやさしい商品を選ぶといいですね。とくに赤ちゃんがいる場合は抱っこすることも多いですし、ママの頬が赤ちゃんの頬と密着するなんてことも増えます。

そのときも天然成分にこだわった乳液だと安心だと思います。特徴は開封後は60日以内に使い切るということですね。最初も封で密封されています。小さい容器なので早めに使い切ることもできます。

いつも新鮮な乳液を使っているようでもありますし、清潔な乳液を肌に塗布するというのは気持ちの上でも余裕ができるような気もします。こちらの商品はエイジングケアの潤いラインなのでもちろんしっかりと肌を保湿します。

 

9位 美人ぬか 純米乳液 しっとり乳液

日本人に馴染みのある米ぬかを使った商品はコスパも優秀で機能面が高い

こちらの商品は純粋なお米の成分を美しい六甲の水で作り上げた米ぬかエキス、ヒアルロン酸配合、保湿乳液です。コクがありとろみがあるテクスチャーです。米ぬかは日本人に馴染みのある物なのも安心ですよね。

昔から洗顔や洗髪などにも美容保湿力も高いとして米ぬかは使われてきました。しっかりと肌を潤すタイプの乳液ですね。肌の優しさにこだわっていて無香料、無色素、無鉱物油、弱酸性です。

米ぬかエキスはオリジナル成分であるコウノトリの米ぬかエキスです。成分にこだわるだけでなく、米ぬかの種類やお水までこだわっている乳液ですね。30代に入り乾燥肌が気になる方におすすめです。

 

8位 ソフィーナジェンヌ  混合肌のための高保湿ジェル乳液

出典: Amazon.co.jp

ソフィーナ ジェンヌ 混合肌のための高保湿ジェル乳液
ブランド
カテゴリ

20代混合肌向けのジェル乳液は、脂性肌の30代にもおすすめ

こちらは実は対象年齢は20代としてあるのですが、混合肌であれば30代でも使っていいと思いますね。30代前半であればまだ皮脂量が多い方もいますし、乾燥が気になる方も多くいると思います。乾燥するのにニキビなど吹出物ができ、おでこなどはべたつくという肌質の方は自分の年齢を戻すような商品もコスメデはありだと思います。

年齢が書いてある場合は、その年齢に多い肌の悩みを改善するような美容成分が入っていると思うといいと思います。厳選された植物エキスと植物由来成分を配合しています。オウバクキス、ユーカリエキスなどがそうですね。持続型セラミドケア処方であるので、角層細胞の間のうるおい保持層を整えます。

それからしっかりと肌バリアをつくり長時間うるおい続けます。ノンオイリーでニキビになりにくい処方なのもうれしいですよね。美白有効成分 であるカモミラET配合をしているので メラニンの生成を抑え、シミやソバカスも同時に防ぎます。

 

7位 ナチュリエ スキンコンディショニングジェル

出典: Amazon.co.jp

 ナチュリエ スキンコンディショニングジェル
ブランド
カテゴリ

人気のハトムギ化粧水と一緒に使うなら断然人気のこちら

ハトムギ化粧水は、コスメの口コミアプリでもみない日がないというくらい若い世代に特に人気ですよね。10代や20代にはお財布に優しいのでお小遣いで買えるということで化粧水だけ使って入る方も多いですが、30代ならば保湿を確実にしておきたいので必ずジェルも併用したいですね。

ハトムギ系のコスメは肌あれを防ぐ役割もあるといわれていますが、保湿度も高いのも特徴です。こちらの商品は乳液ではありませんが乳液と同じく化粧水の後に使う人気のジェルです。みずみずしくてしっかり浸透します。

ベタつかないのにしっとり潤うのでどの肌質の方にも使いやすいと思いますね。肌にもやさしいのもハトムギ系コスメの特徴です。若い世代の方に人気ということは刺激も少なく、テクスチャーも軽めで心地良いということにもあります。

 

6位 ロート製薬 ケアセラ

皮膚科学研究から生まれた乳液のうるおい満足度は半端ない

こちらの商品はかさつきや肌あれを繰り返す乾燥肌のかたにおすすめの商品ですね。とくに保湿を重視しています。皮膚科学研究から生まれた乳液であるというのが特徴ですね。製薬会社のロート製薬はプチプラコスメから高級ドラッグコスメまで幅広く潤い系に強い会社というイメージがありますね。

そういう中でもケアセラは、製薬会社らしい商品だなと思うんですよね。とにかく肌の乾燥が止まらないという方のためにセラミドを中心に潤うための美容成分を厳選しつつ、たっぷり配合しています。

それから乾燥性敏感肌の方などは、ちょっとしたことで刺激を感じたりかゆみで悩まれて入る方も多いと思います。そういったことも考えて肌に不要な成分は削っているとこも注目ですね。乾燥肌や敏感肌の方にファンの多いブランドです。

 

5位 菊正宗 日本酒の乳液

昔から酒蔵の女性の手は美しいといわれている

こちらの商品は日本酒メーカーの出している乳液ですね。日本酒メーカーや蜂蜜メーカーなど食品メーカーからも化粧品は多く販売されていますよね。写真のフィルムメーカーもそういえばありますね。全く化粧品と関係ない成分でも実は肌をケアするメリットのある成分を使っていてそれを利用していて販売されていることも多くあります。

そういえば有名ドーナツ店もプロのお掃除会社の商品だったりしますよね。日本酒も米ぬかのように肌に良いとされてきた成分です。お酒をつくるときは米麹と使うことも多いのですよね。そのお米の発酵液の保湿作用があるということがわかっています。

酒蔵で働いている女性の手が美しいから発見されたなんてことも何かの本で読んだことがあるように思いますね。こちらの商品はうるおいを与えて肌の状態を整える日本酒の成分であるコメ発酵液を配合しているのが特徴です。

さらに保湿力の高いアミノ酸であるグルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシンとセラミドをさらにプラスしています。もちろん日本酒は代表する人気の商品である菊正宗の純米吟醸酒を配合しています。かさつきや乾燥が気になる方におすすめです。

 

4位 肌ラボ 極潤

 

プチプラコスメなのに、こんなにうるおっていいのかなという声多数

プチプラスキンケアコスメの中でも人気の高いブランドが肌ラボの極潤です。このお値段でこの潤いの満足感はなぜ?と疑問に思うくらいの保湿度が高い商品だと思いますね。でも、べとつかずみずみずしい感じで肌になじみも良いのも人気の秘密だと思いますね。30代は子育て真っ最中である方も多いと思います。

赤ちゃんがいるとミルク代やおむつ代などとてもお金がかかります。そうなるとママの心理としてはまず自分の美容代から削ってしまうということになりがちです。そうなるとどうなるかというとどっと老け込むわけですね。とくに今は30代だとまだ結婚をしていない友人も多くいる場合もあるので、結婚して子どもを産んで幸せなはずなのにどうしてって悩むわけですね。

でも、大丈夫です。極潤のようにプチプラでもしっかりケアできるコスメが今はあります。赤ちゃんに授乳時期などは、水分を赤ちゃんにうばわれるので髪や肌も乾燥しがちになります。そんなときも潤い系のコスメに変えてみるといいですよ。

こちらはプチプラでありながら加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Naとヒアルロン酸の中でも保湿がすぐれている成分が3つも入っています。使い心地は軽めなのにしっかりと潤いを持続できます。肌へのやさしさに配慮した低刺激性、無香料、無着色、鉱物油フリーアルコールフリーでなので赤ちゃんを抱っこしてぽっぺが赤ちゃんに触れても安心ですね。

 

3位 医薬部外品 薬用 ニキビケア

出典: Amazon.co.jp

医薬部外品 薬用 ニキビケア
ブランド
カテゴリ

30代になるとニキビは若さの象徴ではなく、不規則な生活ですと顔に書いたようなもの

30代に入り女性同士で吹出物ができた話の時に「ニキビができちゃって」というと意地悪な友人などは速攻で「ニキビが若い時だけでしょ」と突っ込まれることもありますよね。なので慌てて、大人ニキビと言い直しながらちょっと嫌な気分になったりすることはないでしょうか。

若い時はホルモンの関係でおでこや頬に赤くなるようにたくさんニキビができるのが特徴ですが、30代になるとできるのは1つずつであったり大きさも大きく鼻や顎など顔の半分からにできやすいという特徴があるようです。もちろんホルモンの関係もあり生理前などの体調がよくないときもできることもあります。

でも、寝不足であったりお化粧の落とし方がちゃんとできていなかったり、食生活の乱れによってできるということも多く、大人の女性のニキビは良い印象を与えません。こちらは大人ニキビ用の商品ですね。肌荒れを感じるようになったら専用のケア乳液に変えてみるのもいいかもしれません。

合成香料不使用、合成着色料不使用、鉱物油不使用、ノンパラベン、紫外線吸収剤不使用、ノンアルコール、ノンサルフェートで肌にも優しいです。それから大人の肌はニキビができていても乾燥が気になりますよね。そこでプラセンタやコラーゲン、それからヒアルロン酸などの保湿成分も配合しています。気になるニキビをケアしながら顔全体の保湿ができるのは便利ですよね。

 

2位 なめらか本舗 リンクル乳液N

豆乳は飲むだけでなく、潤い成分としても注目!

豆乳発酵液を中心に保湿度重視のブランドであるなめらか本舗人気ありますよね。やはり、コクがあるテクスチャーに安心感があるのかなと思いますが、とくに30代以上の乾燥肌の方が愛用されている方も多いように思いますね。さらにプチプラというのもファンが多い理由だと思います。

化粧水や乳液だけでなくアイクリームやシートマスクなども一緒に使っているという方も多いと思います。乳液はクリームに負けないほどのリッチなテクスチャーで特に乾燥肌の方には満足度も高いと思いますね。なめらか本舗はリニューアルも常におこなっているのでドラックストアはバラエティショップでは旧品がまだ残っているという場合も多いです。

私はSNSやコスメ口コミなども広くしていてなめらか本舗の商品をあげるとアクセスも多くなりますしDMなどでもどこで売っているかなどをよく聞かれますね。なめらか本舗とあるけど、新商品とパッケージが違うから探せないという方も多いようです。実際に私も店頭で探せないことも多いのでネットで購入する方が多いですね。

なぜそうなっているかというか、人気が高いからだと思います。新商品でなくても気に入ってリピート購入が多いからそのままにしているという販売店も多いように思いますね。でも、なめらか本舗はリニューアルのときにさらに使い心地や美容成分をパワーアップする場合が多いので今なら秋にリニューアルしているNがついている商品を選ぶことをおすすめします。

 

1位 ELIXIR REFLET バランシング ミルク 乳液 2

皮脂と水分のバランスを整えて毛穴レスの肌に!

こちらの商品は、忙しい世代の30代の不安定な肌をケアする乳液ですね。30代の女性は生活スタイルもさまざまですよね。それから20代に近い30代前半と40代に近い30代後半も、肌が年齢についていかず敏感になったり乾燥やニキビなどの吹出物が混在したりと肌の安定度が低くなることがあります。

肌の状態を見ながらスキンケアをするのが基本ですが、仕事も本格的になってきた30代、子育て世代である可能性もある30代は美容は後回しになる可能性もあります。それから婚活のための合コンで夜更かしでお酒ばっかり飲んでいても脂性肌に傾き肌あれもしがちです。そんなときは皮脂と水分のバランスを整えることが重要です。

こちらの商品はオイルコントロールもできながら肌の保湿もしっかりでき、毛穴レスな綺麗な肌を育てるための乳液です。とくに肌悩みで多い毛穴を目立たせないためには、皮脂と水分のバランスが保たれていることが大事になります。スキンバランス処方で、水分たっぷり、表面はべたつかない、つやのある肌を目指す乳液ですね。

今はエイジングケアは早めに初めて起きましょうという時代になっています。まさにエイジング予防みたいなものですね。こちらの商品はまさに30代のファーストエイジングケアにぴったりの商品です。

 

乳液・クリームの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、乳液・クリームの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

乳液の関連記事もご紹介!

 

30代の方はこちらもチェック!

 

30代は肌コンディションを乳液で整える時期

♡まぃまぃ♡

30代は肌が安定しないという方も増えます。それは、たぶん生活スタイルが30代では変わることも多く心だけでなく肌も対応しきれないということもあるかもしれません。化粧水はまだ20代からの商品を使っているという方やプチプラコスメのお気に入りを継続しているという方も多くいる思います。

たとえば乾燥が気になってきたなとか肌がちょっとニキビや吹出物がでやすく脂性肌になっているなとか疲れや季節から敏感肌になっているなと思ったら乳液の種類を変えてみるといいですね。最初に使うコスメよりも最後の締めになり得る乳液であればまずは化粧水で肌が整っているのでなじみやすく変えやすい場合もありますよ。

記事内で紹介されている商品

HACCI (ハッチ) ハニーレディ

サイトを見る

ファンケル エンリッチ 乳液II

サイトを見る

美人ぬか 純米乳液 しっとり乳液

サイトを見る

ソフィーナ ジェンヌ 混合肌のための高保…

サイトを見る

 ナチュリエ スキンコンディショニング…

サイトを見る

ケアセラ ロート製薬

サイトを見る

菊正宗 日本酒の乳液

サイトを見る

肌ラボ 極潤 ヒアルロン酸 乳液

サイトを見る

医薬部外品 薬用 ニキビケア

サイトを見る

なめらか本舗 リンクル乳液N

サイトを見る

ELIXIR REFLET バランシング ミルク 乳液 2

サイトを見る

関連記事