カニ好きが教える!!カニ缶おすすめ7選

カニっておいしいですよね。冬の味覚の代表だと思います。
もちろん、旅先の旅館などで蟹を食べるのは最高ですが、わざわざ蟹を食べに旅行にいくとなると、大変です。

移動距離も長いですし、お金もたくさんかかってしまいます。

冷凍されたものなどを通販で購入するという手もありますが、食べるまでの間、蟹というのは結構かさばるので、
冷凍庫がいっぱいになってしまいます。

家に蟹を常備して手軽に食べたいときに蟹を食べることができたらな・・・と思いませんか。

そんな人にはカニ缶がおすすめです!

缶詰の手軽なところは、ふたを開けるだけですぐに食べられること!殻もむいてあって身だけ入っているので簡単にすぐに食べられます。

手をべたべたにして時間がかかってゴミがたくさん出たりと、面倒なこともありません。

防災になる 非常食としての缶詰の大切さ。

缶詰は防災食品としても役に立つことをご存知ですか。
最近は震災などの記憶も新しく、自然災害も心配ですよね。おうちに少し缶詰をストックしておくことは防災対策の観点からもとてもいいです。非常食として、ご家庭に缶詰を備蓄する方も増えてきていると聞きました。
また、流行の病気が出てきたときなども、家にある食料でしのぐ必要が出てくる場合もあります。
缶詰のバリエーションのひとつに、カニ缶を加えてみるのもいいかもしれません。

 

どんな種類のカニの缶詰があるか

カニ缶にも様々な種類のカニの缶詰があります。ここでは代表的なカニの種類と特徴をご紹介いたします。ぜひ、カニ缶選びのご参考にしてください。

タラバガニ

とても高級な蟹として知られるタラバガニですが、ほとんどが輸入されたものになります。

有名なタラバガニですが、ヤドカリの仲間です。大きな脚は食べ応え充分。

タラバガニは、肉厚でジューシーなのが特徴です。

ズワイガニ

冬のカニといえばズワイ蟹が有名ですよね。山陰の日本海側で獲れたズワイガニを松葉蟹、福井県で獲れたズワイガニを越前ガニと呼びます。ですが、生物としては、どれも同じ種類です。
育った環境が違うので、味がすこし変わるのです。

ズワイガニの脚は、甘くて旨味たっぷりですし、蟹味噌はとても濃厚で、食用カニのなかでも絶品です。身がとても甘いため、生だとお刺身としても愛されています。

ワタリガニ

ズワイやタラバと比べてサイズがとても小さいのですが、日本では特に重要な食用ガニの一つとなっています。
身は上品な甘みがあり、凝縮されたうまみが特徴です。
カニ味噌も濃厚で通にはたまらないものとなっています。私は韓国に行くと必ずカンジャンケジャンという渡り蟹の醤油漬けを食べるほど、渡り蟹と渡り蟹の味噌のファンです。こちらもたまらなくおいしいです。

イタリアンでは「ワタリガニのパスタ」は、定番メニューですよね。
また炒め物などの具に活用するのにも適しています。他の具材の味を引き立てるとともに、ワタリガニ自身の旨みも凝縮されて美味しくいただけます。

そのままでも、料理の具・出汁としても万能な蟹といえます。

 

カニ缶の選び方

数あるかにかんの中から商品を選ぶ際に実際に重要視していることは、私の場合だと、コスパと添加物です。

正直にいうと、お安いほうがたくさんストックできて、気軽に食べれるので、安めのもの中心に購入しています。

あとは、結構成分表示なども見ていて、同じような価格帯のものであれば、添加物などが控え目のものを選ぶようにしています。

 

実際に食べてよかったおすすめのかに缶2選

実際に食べてみてよかったカニ缶を2つご紹介します。

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ

ほとんど食べてから、写真撮り忘れたことに気が付きました。すみません。(本当はもっとたくさん入っています)

コスパ重視の人に。近所のスーパーでは200円台で購入することができました!ありがたいです。

よかったところ・・・・・安い、手軽に蟹を楽しめる

悪いところ・・・・・すこし水っぽい、少し添加物が気になるひともいるかもしれません。
(でも一般的な缶詰にはある範囲ですのでそんなに気にしなくていいと思います。)

出典: Amazon.co.jp

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ

 

マルハ まるずわいがにほぐしみ

原材料・成分
まるずわいがに、食塩、魚介エキス、甘味料(ソルビット)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、リン酸塩(Na、K)、pH調整剤、酸化防止剤(亜硫酸塩)

 

高いですが上記でご紹介したもよりも一回り大きくてボリューム感もあり、お得です。蟹酢をかけて海苔を

かけて蟹ちらし寿司のようにしたり、白だしを使った、炊き込みご飯にしてもおいしかったです。
少しお高いですが、蟹を手軽に食べれるメリットを思えば、おすすめできる缶です。

 

わたしが今、気になっている、カニ缶ランキングベスト7!

7位:ニッスイ たらばがに缶詰ギフト

出典: Amazon.co.jp

ニッスイ たらばがに缶詰ギフト

なんと1万円超えの缶詰です。こんな高級なかにの缶詰も、ぜひ一度は食べてみたいですね。
ちょっとこんな高級すぎるカニ缶は食べたら、ブログやSNSなどの、ネタにも、日々の雑談のネタにもなりますね!(笑)

 

6位:バラエティずわい蟹缶6缶ギフト

出典: Amazon.co.jp

バラエティずわい蟹缶6缶ギフト 

ギフトセットです。たくさん食べれるのがいいですね。父の日のプレゼントにもいかがでしょうか。
*商品詳細*
【内容量】紅ズワイ蟹(日本海) 55g×2缶、丸ずわい蟹(ナミビア)55g×4缶
【賞味期限】2年:商品に賞味期限印字済みです。
【保存方法】直射日光・高温多湿を避け室温で保存してください。

 

5位:ストー たらばがに棒肉詰(一番脚肉100%) C2

出典: Amazon.co.jp

ストー たらばがに棒肉詰 

たらばかにはカニの王様と言われています。
その中でも最も太く食べ応えある棒肉(一番脚肉)は人気が高いです。
一口食べるとカニの旨味が口中に広がります!

カニ一パイから6本しかとれず、たらばかにの水揚げが年々減少している現在大変希少価値が高くなっています。
ストックしておいてかに玉などのお料理につかい、贅沢な蟹の風味を味わいたいですね。

 

4位:ニムオロ倶楽部 花咲がに 鉄砲汁

出典: Amazon.co.jp

マルユウ 花咲がにてっぽう汁

生の蟹の風味がそのまま楽しめるというものになります。中身がどんなものなのか気になるところですがレビューがとてもいいです。

 

3位:マルヤ水産 カニ缶詰 バラエティAセット

出典: Amazon.co.jp

マルヤ水産 カニ缶詰 バラエティAセット  

美味しいものを、少しづつ食べたいかたにおすすめの、バラエティセットです。
たらばがに 脚肉付 (110g)、北海道産 紅ずわいがに フレッシュ 脚肉付 缶詰 (125g)、紅ずわいがに 赤身脚肉 缶詰 (135g)

たらばがに脚肉由来の肉(一番脚肉+脚肉崩れ・ほぐし身)だけの新ぜいたく缶詰「たらばがに 脚肉付」と、楽天ランキング1位にもなった、カニを一度も冷凍しないフレッシュ缶「北海道産 フレッシュ 紅ずわいがに 脚肉付」、そしてそのままおつまみでも、豪華カニあんかけでも楽しめる脚肉割れ肉の「紅ずわいがに 赤身脚肉」の充実したセットです。

ここからは、2位、1位ともに、蟹味噌の缶のご紹介になります。かにの身じゃなくてすみません。蟹というくくりは同じなのでお許しください(笑)
実は私は蟹の身も大好きなのですが、蟹味噌も大好きなんです。お酒にもあいますよ!

蟹味噌に関して言えば、蟹雑炊にもできます。

究極、カニ缶と蟹味噌缶があれば、蟹雑炊だってできますよ!
カニ鍋の何がおいしいかって、最後だしがたっぷりと出たお鍋の汁でつくる、カニの味噌いりの雑炊だと思うのです。
それも、カニ缶でも手軽に再現することができますよ!最高です。

 

2位:丸共食品 純正かに味噌 缶

出典: Amazon.co.jp

丸共食品 純正かに味噌 

こちらは、保存料など無添加のかに味噌缶です。
蟹専門店でもお土産として採用されているほど、信頼のおける缶詰です。
かににこだわりがあるひとも納得の蟹味噌缶の缶ですね!

 

1 位:ハマダセイ 蟹みそ

こちら蟹味噌を無添加でそのまま缶詰にしたみたいです。自然な味噌の味が楽しめます。
添加物などがないのがいいなと思いました。自然派のひとのおすすめです!あとは蟹味噌が好きな人に!

 

まとめ

私の実際に食べてよかったカニ缶や、記事の後半では、さまざまな種類のカニ缶をランキング形式で、7つご紹介しましたが、いかがでしたか?

カニ缶は、常備しておくと、かにチャーハンにしたり、そのままお酒を飲むときのあてにしたり、ごはんにかけて蟹ごはんにしたり、本当にいろいろと楽しめます。

リーズナブルなものから、高級なものまで様々あるのですが、

高級なものは、贈り物にしてもとても喜ばれますし、気軽に安めの価格帯のものもありますので、おうちに少しストックしておくと、お腹がすいたときも、かにチャーハンなど、すぐにおいしいかに料理ができて、とても助かりますよ!

この機会に、おうちにカニ缶をすこしストックしてみてはいかがでしょうか。

記事内で紹介されている商品

マルハニチロ まるずわいがにほぐしみ

サイトを見る

マルハ まるずわいがにほぐしみ 

サイトを見る

ニッスイ たらばがに缶詰ギフト

サイトを見る

バラエティずわい蟹缶6缶ギフト 

サイトを見る

ストー たらばがに棒肉詰 

サイトを見る

マルユウ 花咲がにてっぽう汁

サイトを見る

マルヤ水産 カニ缶詰 バラエティAセット  

サイトを見る

丸共食品 純正かに味噌 

サイトを見る

ハマダセイ 蟹みそ 

サイトを見る

関連記事