肉好き女子が教える!お取り寄せローストチキンおすすめランキング!

ローストチキンと言えば、多くの日本人に知られているクリスマスの定番料理です。

丸鶏のローストチキンがあれば、クリスマスの食卓がぐっと豪華になりますよね。

外国から来た文化のように感じますが、実はクリスマスにローストチキンを食べる習慣があるのは日本だけだそうです。

豪華で迫力のある見た目とその味の良さから、今ではすっかりクリスマスの定番料理として日本に定着しました。

ただ、ローストチキンを自宅で調理するのは難しく時間もかかるため、クリスマスの特別な日だけの料理としている人は少なくないのではないでしょうか?

たしかに、普通の日にローストチキンを作るのは大変でしょう。

しかし、せっかくの美味しい料理を、クリスマスだけの特別な料理としてしまうのは、もったいないと思います。

クリスマスだけでなく他の季節にも手軽に楽しめるといいですよね。

こんな時におすすめなのが、ローストチキンのお取り寄せです。

昨今のインターネットの普及に伴い、美味しいローストチキンが全国津々浦々からお取り寄せできるようになりました。

味やサイズなど様々な種類のローストチキンが販売されていて、選べる楽しさもあります。

今回は、筆者がおすすめのお取り寄せローストチキンについてご紹介します。

 

お取り寄せローストチキンで使われる鶏肉の種類

ローストチキンの味や食感は、使われている鶏肉の産地や種類によって異なります。ここでは、お取り寄せローストチキンに使われる鶏肉の種類について簡単にご説明します。

 

国産若鶏

国産若鶏で作ったローストチキンは、肉が柔らかくジューシーな味わいです。肉の柔らかさを重視する方におすすめです。

 

国産地鶏

肉の味を重視するのなら、国産地鶏がおすすめです。若鶏にくらべ、しっかりとした肉のうまみが味わえます。

お取り寄せローストチキンには、様々な国産銘柄鶏が使われています。銘柄により、それぞれのこだわりの味を楽しめます。

 

外国産鶏

日本には、中国・ブラジル・タイなど様々な国から鶏肉が輸入されています。鶏肉の値段は、外国産鶏→国産若鶏→国産地鶏の順番に高くなります。外国産の鶏肉は、買いやすいお値段が魅力です。

人の味覚は人それぞれであり、外国産と国産のどちらが美味しいかは人によって判断が異なると思います。ただ日本人は、外国産よりも国産を好む傾向にあります。

お値段の低く抑えたい方におすすめです。

 

お取り寄せローストチキンの味付け

一言でローストチキンと言っても、いろいろな味付けの商品があります。ここでは、お取り寄せローストチキンの味付けの種類についてご説明します。

 

塩系

欧米では、塩コショウ、ニンニク、ローズマリーなどのハーブ擦り込んで味付けしたものが一般的です。

日本でも、塩ベースの味付けは人気があり、にんにくと塩のシンプルな味付けや、塩とハーブの味付けなどいろんな味付けがあります。

 

醤油系

日本人好みの醤油をベースにした和風の味付けのローストチキンもあります。

アマゾンなどのオンラインショップを見ると、塩系のローストチキンよりも醤油をベースとしたたれで味付けされたローストチキンのほうが売れているようです。

 

お取り寄せローストチキンの形

お取り寄せローストチキンの形についてご説明します。

 

丸焼き

豪華な見た目で食卓を華やかにしてくれる丸焼きのローストチキンは、ホームパーティーやお祝い事におすすめです。

ローストチキンの周りに野菜などを並べると、見た目のインパクトがアップし、より一層人目を引きつけます。

丸焼きならではの楽しさとして、鶏肉の中に入っている詰め物があります。お米、パン、ナッツ、ドライフルーツなど、色んな味わいの詰め物は丸焼きならではの楽しみです。

たまに、丸焼きのローストチキンは切り分け方がわからないと困っている人を見かけます。

切り分けは、もも、手羽、むねの順番で行うと簡単です。熱いうちに切り分けようとすると皮がはがれてしまうので、少し冷めてから切り分けましょう。

 

骨付き肉

華やかさは残しつつ、手軽に食べたいなら骨付き肉がおすすめです。

持ち手をリボンなどで飾れば、見た目も可愛く仕上がります。持ち手となる部分があるので、手を汚さずに食べられます。

丸焼きと異なり切り分ける手間がなく、手で持ってそのまま食べられる手軽さが特徴です。

筆者宅で最も好まれるローストチキンは、骨付きの鶏もも肉です。手に持ってがっつり食べられ、お肉を食べているという感覚を一番味わえることが筆者のお気に入りのポイントです。

 

骨なし肉

見た目の華やかさは劣りますが、最も食べやすいのは骨なし肉です。

骨がないので、お子さんが骨をのどに詰まらせてしまう心配もいりません。子供のパーティーにはおすすめです。

丸焼きと異なり切り分ける手間がなく、骨付き肉と異なり骨はないのでゴミもでません。

見た目がシンプルでパーティーなどのメイン料理するのは難しいですが、最も手軽に食べられ片付けも楽なので、日常使いによいと思います。

 

お取り寄せローストチキンの調理法

お取り寄せローストチキンの調理法について、その特徴とともにご説明します。

 

オーブン焼き

ローストチキンはオーブンや専用の焼き機(ロースター)で焼くのが、もっとも一般的な調理法です。

味付けした肉をオーブンに入れ、高温で焼き上げます。直接火を当てずに焼き上げると水分が逃げず肉に旨味が閉じ込めたまま、ふっくらと仕上がります。皮は香ばしくパリッとした食感に仕上がります。

最近は、手間を省くために直火で焼き上げたローストチキンもあります。こういうローストチキンは焼き上げている間に肉汁が落ちてしまうため、肉がパサついていることが多いので注意が必要です。

オーブン焼きで作られたローストチキンは、皮のパリッとした食感が好きな方、肉をがっつり食べたい方におすすめです。

 

蒸し焼き

味付けした肉を蒸し窯や鍋に入れ、肉を蒸しながら焼き上げます。肉はふっくらジューシーでとろけるような食感に、皮はとろんと柔らかく仕上がります。

蒸し焼きで作られたローストチキンは、お肉の柔らかさにこだわる方、小さい子供や歯に不安がある方におすすめです。

 

実際に買ってよかったお取り寄せローストチキン

実際に購入して良かった商品について、ご紹介します。

 

お肉屋さんのローストチキン

クリスマスの期間に1000本以上の売り上げを誇る人気のローストチキンです。

味付けが生姜醤油などの特製たれで、肉は青森県骨付きの鶏もも肉が使われています。

骨付き肉としては大き目で、焼き上げ後に1本170gもあり食べ応えがあります。

筆者のお気に入りのポイントは、肉のやわらかさと、子供も喜んで食べてくれる味付けです。

1つずつ真空パックに入っているので、食べる数だけ湯銭で温めすぐに食べられる手軽さも気に入っています。賞味期限は冷凍で約1ヶ月間です。

味と値段にこだわる方にお勧めです。

 

次買うならこれ!気になるお取り寄せローストチキンランキング

ここでは、筆者がこれから食べてみたいローストチキンをランキング形式でご紹介します。

 

第6位 丸善 国産若鶏のジューシーロースト

国内産の若鶏のササミを使ったローストチキンです。保存料・発色剤が使用されていません。

見た目の華やかさでは見劣りしますが、丸焼きと違い切り分ける手間がかからず、骨付き肉のように手に持って食べられる便利さがあります。骨もないので、子供にも安心して食べさせられます。

味付けは、醤油ベースの香味野菜のたれです。このシリーズは、レモン風味・タンドリーチキン味など他の味付けもあります。

そのまま食べても良いですし、切り分けてサラダに入れるなどアレンジにも便利に使えます。

1本160円程度とお安い価格も魅力です。賞味期限は製造日より270日と長いので、買い置きにもぴったりです。

 

第5位 ローストチキン 骨付き鶏もも肉 選べる6本

出典: Amazon.co.jp

ローストチキン 骨付き鶏もも肉 選べる6本

塩コショウ・ハーブ・たれの三種類の味が楽しめる骨付きローストチキンのセットです。

塩コショウ味は、塩とコショウのシンプルな味付け。ハーブ味は7種類の厳選ハーブで味付けしてあり、たれ味は醤油ベースの甘い味付けです。肉は、アメリカ産の骨付き鶏もも肉が使われています。

いろんな味のローストチキンを食べ比べたい方におすすめです。

 

第4位 水郷どり ハーブチキン グリル お試しセット

出典: Amazon.co.jp

水郷どり ハーブチキン グリル お試しセット

鶏肉専門店「水郷のとりやさん」の職人さんが、千葉県産のブランド鶏である水郷どりの新鮮な胸肉を白ワインとローズマリーで下味をつけ、10種類以上のハーブをまぶして、炙り焼きしたハーブチキンです。

しっとりジューシーな美味しさで、あふれ出す肉汁が魅力です。

賞味期限は、冷蔵で10日 冷凍で90日です。湯煎で温めてから食べます。

 

第3位 Rotisserie-inn 国産ブランド鶏の ロティサリーチキン

出典: Amazon.co.jp

Rotisserie-inn 国産ブランド鶏の ロティサリーチキン

ロティサリーチキンの専門店「Rotisserie-inn ロティサリーイン」が作った、ハーブとスパイスが食欲をそそる、こだわりのチキンです。

国産ブランド若鶏をハーブ・スパイス・天然塩で2日間マリネし、専用オーブンで1つ1つ丁寧に焼き上げられています。

柔らかい肉と香ばしい皮、しっとりジューシーな身が特徴です。

レンジにて温めてから食べます。

 

第2位 水郷どり 特撰 ローストチキン 丸蒸し焼き

出典: Amazon.co.jp

水郷のとりやさん 特撰 ローストチキン 丸蒸し焼き

鶏肉専門店「水郷のとりやさん」の職人さんが、丁寧に手焼きしている丸蒸し焼きのローストチキンです。

千葉県産のブランド鶏である水郷どりを使っています。皮はしっとりととろけるような柔らかさで、ジュワァっと溢れる肉汁が人気のヒミツです。

行列ができるローストチキンとしても有名です。

サイズは、焼き上がりが1350g~1500gの大と、800g~1kgの小から選べます。贈答用の桐箱入りもあります。

味付けは醤油ベースのたれです。湯煎で温めてから食べます。

 

第1位 肉料理うし源の絶品ローストチキン

出典: Amazon.co.jp

肉料理うし源の絶品ローストチキン

見た目に豪華な、クリスマスにパーティーに大人気のローストチキンです。本格的なレストランの味で、皮はこんがり、中身はふっくらジューシーに仕上がっており、人気があります。

サイズは、重さ約1.4Kgの丸鶏のホールチキンと、重さ約300gのチキンレッグから選べます。

毎年クリスマスシーズンに販売され、完売する商品です。特製の照り焼き風味のたれで味付けされています。

肉質の良い京都産の鶏肉が使用されています。合成保存料は不使用なので、賞味期限は冷蔵約3日、冷凍で約14日です。

一度買って病みつきになる人が続出しているローストチキンです。贈り物として利用する人も多いそうです。

オーブンレンジで温めるだけで食べられます。

 

番外編

難しいローストチキン作りを簡単にしてくれるキットを見つけました。

 

ローストチキン手作りキットレシピ付

レシピを見ながら作るだけです。レシピには丁寧に作り方が解説されているので、失敗せずに簡単に作れるようです。

ご自宅でローストチキンを作ってみたい方におすすめのキットです。

 

まとめ

ローストチキンは、家族や友達と盛り上がる時におすすめの料理です。

手作りするのはハードルが高いですが、お取り寄せならクリスマスだけでなく普段の食事にも手軽に楽しめます。

お取り寄せできるローストチキンには、味わいが異なる様々な種類があります。

ぜひいろんなローストチキンを試して、自分好みの味を見つけてくださいね。

記事内で紹介されている商品

お肉屋さんのローストチキン

サイトを見る

丸善 国産若鶏のジューシーロースト

サイトを見る

ローストチキン 骨付き鶏もも肉 選べる6本

サイトを見る

水郷どり ハーブチキン グリル お試しセット

サイトを見る

Rotisserie-inn 国産ブランド鶏の ロティ…

サイトを見る

水郷のとりやさん 特撰 ローストチキン 丸…

サイトを見る

肉料理うし源の絶品ローストチキン

サイトを見る

ローストチキン手作りキットレシピ付

サイトを見る

関連記事