買いたいものを検索してください

ココアの魅力に迫る!インスタントココアおすすめランキング

「チョコレートが大好き」「チョコレートって食べ始めるとやめられない」なんて方は多いのではないでしょうか。私自身も目の前にチョコレートがあると、ついつい食べてしまいます。

でも、チョコレートではなくて、ココアだったらココアを飲むだけで満足するし、ココアって健康に良いといわれて最近注目を浴びていますよね。特に某有名店では、カカオ70%ドリンクとかが登場するほど人気となっています。

そんなココアの魅力に迫っていきたいと思います。

 

ココアのここが良い!

ココア好きの私がココアのここが良い点というのを挙げるとするのならば、ポリフェノールがたっぷりだということと、冷え性等に期待ができることがメリットだということです。

そんなココアは、”喫茶店で飲むor自販機で缶ココアを購入or店舗でインスタントココアで購入”という形で飲むことになります。

普段は、飲食店で飲むようなココアは、美味しいけれども、値段が1杯300円~と高めだし、かといって缶のココアは、手軽だけれども量が少ないというのがデメリットだと思います。それに比べて、インスタントココアは、自宅で好きな時に飲めるし、値段も1袋300円~で10杯程度飲めるので、手軽に飲めます。

 

 

インスタントココアのざっくりとした作り方

この項目では、インスタントココアというのはどのようにつくるのか、ざっくりと紹介していきたいと思います。

インスタントココアの定番の作り方というのは、カップに牛乳を規定量入れて、電子レンジでチンし、インスタントココアを2~4杯入れて作るのが定番とされています。

私自身は、こってり系のココアが好きなので、カップに少量の牛乳を入れて、電子レンジでチンし、インスタントココアを2~3杯入れてスプーンで混ぜ、その後、規定量になるまで牛乳を入れて再度電子レンジでチンするという『練ココア』という作り方で作っていることが多いです。

その他、鍋に牛乳とインスタントココアを入れて火にかけても同様に作ることが出来るなど、色々な作り方があるので、色々味を研究してみるのも面白いですよ。

※牛乳ではなくて、豆乳でも代用可能です。あと、少量の生姜をいれると、健康的なココアになります。

 

 

インスタントココアのカロリーは高い?

ココアというと、チョコレートドリンクなのでカロリーが高いのではないかと思われる方が多いのではないでしょうか。喫茶店のココアは、一杯あたりSサイズで大体200kcalを超えています。しかし、インスタントココアのカロリーは、私の知る限りでは、100kcal未満と低カロリーなんです。

ここ最近では、低カロリーのココアが発売されており、ダイエットに利用される方が増えてきているほどです。あのココアが…と驚きませんか?

 

 

純ココアとは?

実際にインスタントココアを街中のスーパーやコンビニなどで探す時、「純ココア」という商品に出会ったことがある方が多いかと思います。「純ココア」ってどういう意味なんだろう…なんて思ったことがある方が多いはずです。この項目では、「純ココア」についてご紹介したいと思います。

「純ココア」というのは、”砂糖が入っていないココア”を指しています。今のココアというと甘いイメージがありますが、ココアが誕生した頃や中世ヨーロッパに伝わってココアが広まった時のイメージは、今のココアとは正反対で、苦くて美味しくないとされていました。

その後、美味しくないとされていたココアは様々な国によって改良され、今のココアに至ったとされています。

今のココアのような砂糖や乳、安定剤等の添加物が含まれているココアではなく、砂糖等の添加物が入っていないココアを「純ココア」と呼ばれています。添加物が入っていないということもあり、値段は通常のココアよりも高めなのですが、健康面においては良いとされていますよ。

 

 

インスタントココアを選ぶときのポイント

先程までは、インスタントココアのメリットや純ココアについてご紹介してきましたが、この項目では、インスタントココアを選ぶときのポイントについてご紹介したいと思います。

ココアを実際に購入する際、原材料名や栄養成分表示を必ずチェックするように心掛けています。

原材料名をチェックする理由というのは、ココア自体は、実際に購入してみないとメーカーによって味(風味)が異なっているということが多く、味ははっきりと把握できないので、原材料名のココアバター〇%といったところは、みるようにしています。

栄養成分表示をチェックする理由というのは、私自身、ココアして飲むだけでなく、お菓子作りにも使用することが多く、お菓子はカロリーが多い材料ばかり使うので、極力カロリーを少なくしたいという思いからです。ダイエット中の方も、メーカーによってカロリーに差があるのでチェックしておいた方が良いですよ。

 

 

ココア好きライターが選ぶ!インスタントココアのおすすめ

 

この項目まで、ココアについて色々と紹介してきましたが、ココアが大好きな私が選ぶインスタントココアのおすすめ商品についてランキング形式でご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

第8位:森永製菓 ミルクココア 300g

子どもの頃、よく飲んでいたのが森永のミルクココアだったんです。スーパーやドラッグストアなど、売られている場所が多いので、見かけたことがある方が多いのではないでしょうか。カロリーは一杯あたり77kcalと、喫茶店のココアのカロリーよりも低カロリーなのが魅力的です。それなのに、甘くておいしいので、子どもにも喜ばれるのでおすすめですよ。気になる方はチェックしてみてくださいね。

第7位:香り高いミルクココア

こちらの商品も、私が子どもの頃に飲んでいたココアになります。こちらは、カロリーが85kcalと先程のよりもちょっとカロリーは高いですが、喫茶店のココアに比べると低カロリーなことには変わりありません。マイルドな味わいとなっているので、子どもにも喜ばれそうです。スーパーやドラッグストアなどにて購入することが出来ます。気になる方は是非。

 

第6位:CREAMY COCOA

https://item.rakuten.co.jp/lalanomi/10000039/

こちらは、マレーシアから輸入されているココアです。私自身は業務スーパーにて購入しました。カロリーは大体80kcal~85kcal程度。甘さ控えめのも買ってみたいなぁ…と思って、購入したのがきっかけです。まろやかな味わいなので、ハマる方も出るかも。気になる方は是非。

 

第5位:森永製菓 ココアカカオ70 200g 1袋

出典: Amazon.co.jp

森永製菓 ココアカカオ70 200g 1袋
ブランド
カテゴリ

こちらは、今流行のカカオ70のココアです。カロリーは68kcal。68kcalカロリーって、ほんとにココアなのかな…なんて個人的に思ってしまいました。こちらの商品は、様々な効能のあるポリフェノールが610mg含まれていることが魅力的な商品となっていますよ。苦めのココアが好きな方にはおすすめですよ。気になる方はチェックしてみてくださいね。

第4位:ブルボン まろやかでおいしいミルクココア 300g

出典: Amazon.co.jp

ブルボン まろやかでおいしいミルクココア 300g

こちらは、お菓子メーカーで有名なブルボンから発売されているココアです。ポリフェノールやカルシウム、食物繊維が含まれているので、健康にも良いのが魅力的。健康面を気にされる方にはおすすめですよ。気になる方は是非。

 

第3位:バンホーテン ミルクココア 240g

ココアというと、バン・ホーテンさんがココアパウダーをはじめて作った人物だとされていることは有名かと思います。バン・ホーテンさんが立ち上げた企業バンホーテンは今のバンホーテンのココアに受け継がれているのだそうです。カロリーもお店で飲まれるココアよりも低カロリーなのが魅力的なところ。気になる方は是非。

第2位:Hot Chocolate Drink

http://www.celiko.com.pl/produkty/czekolada-na-goraco/

こちらは、ポーランドから発売されている調整ココアになります。「調整ココア」というワードがここに来て登場しましたが、調整ココアというのは、「純ココア」の正反対の言葉で、純ココアとは違って砂糖や乳が含まれている商品を指します。健康的なココアというのが一番ですが、やはり味が美味しくなければ、がっかりとしてしまうので、このランキングに入れさせていただきました。カロリーは、正確には覚えていないのですが、1杯80kcalは超えていなかった覚えがあります。美味しいので売られていたら是非。

 

第1位:ネスレ日本 ネスレ 特選ココア 450g

出典: Amazon.co.jp

ネスレ日本 ネスレ 特選ココア 450g
ブランド
カテゴリ

こちらの商品は、業務スーパーにて購入したココアです。ネスレ日本から発売されているということから関心を持ち、実際に購入してしまったんです。カロリーは、79kcalと低カロリーなのに、本格的な味わいだなと個人的に感じました。美味しいので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

まとめ

一見高カロリーにみえるココア。だけど、そんなココアには冷え性や動脈硬化予防など、様々な効能がある上に、カロリーが低いということから、体質を気にしている方にもおすすめなドリンクなんです。

飲みすぎると高カロリーになってしまいますが、ココアを飲み過ぎない程度に飲んで健康維持をしてみませんか?

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

森永製菓 ミルクココア 300g

サイトを見る

香り高いミルクココア

サイトを見る

森永製菓 ココアカカオ70 200g 1袋

サイトを見る

ブルボン まろやかでおいしいミルクココア…

サイトを見る

バンホーテン ミルクココア 240g

サイトを見る

ネスレ日本 ネスレ 特選ココア 450g

サイトを見る

関連記事