買いたいものを検索してください

パン作り大好き主婦が教える!パン作り向け小麦粉おすすめランキング16選

パンを初めて作ったのは子供の妊娠中だったので、パン作りを初めて20年近く経ちます。

一番初めは3回ほど教室に通いそれからはずっと自己流。

下手の横好きとは私のパン作りのためにあるような言葉で、決して上手ではありませんが休日の昼食によく作ります。

下手は下手なりに少しでも美味しい物を作りたいと思います。それには材料が大事!パンは小麦粉で味や膨らみが変わります。

パン作りは下手ですが、色々な小麦粉を試してきたので、その経験からパン作り向けの小麦粉をご紹介します。

 

小麦粉の種類

ホットケーキ作り

小麦粉には薄力粉や強力粉などの種類があります。その違いはタンパク質の割合です。タンパク質がたくさん含まれていると水を加えてこねた時に粘りと弾力が強くなります。

パンはその粘りと弾力が強い粉で作られることが多いです。粘りと弾力が強い事で発酵させた時によく膨らむからです。

 

薄力粉

粘りと弾力が少ない小麦粉。膨らみが弱いので、そのままではパン作りには向きませんが、サクッと仕上がるためハード系のパンを作る時に強力粉に混ぜて使ったりすることがあります。一般的にはお菓子作りや料理に使われることが多いです。

 

中力粉

粘りと弾力が薄力粉よりはありますが弱い小麦粉。そのままパン作りに使われることはほとんどありません。シットリ仕上がるので、うどん作りに使われることが多いです。

 

強力粉

タンパク質の割合が小麦粉の中で一番多く、粘りと弾力が強いのでパン作りに使われます。

 

パン作り向け小麦粉の選びのポイント

小麦粉をこねた生地

 

薄・中・強力粉によってグルテンの強さが違う パン作りに大事なグルテン。

グルテンの強さによってパンの膨らみ方が変わります。

一般的には、グルテンの弱い薄力粉はお菓子作りに使われ、グルテンが強い強力粉がパン作りに使われます。

グルテンとは小麦粉に独自に含まれるタンパク質の事で、小麦粉に水分を入れてこねる事でグルテンが形成されます。

そして、それを捏ねたり刺激を与えると、網目の細い繊維状になりその中に空気をとりこみ、ふっくらとしたパンが出来上がります。

それなので食パンのようなふっくらしたパンを作る時には、グルテンが強い強力粉を選び、フランスパンのような硬めのパンを作る時には中力粉や薄力粉を選びます。

 

国産or外国産?

日本で見かけるパン作りに適した強力粉の多くは、アメリカやカナダの外国産です。

外国産の強力粉の方がタンパク質の割合が多いので家庭でパンを作るには、よく膨らむ外国産の小麦粉が選ばれていました。

しかし、最近では国産の強力粉も種類が増え扱いやすくなりました。

国産

国産小麦の一番の魅力はその安全性です。筆者にとって小麦は農薬の心配がつきものの食物です。

一昔前にはポストハーベスト問題がありましたよね。輸入品は農水省の検査を合格している物しか販売されていないのは知っているのですが、やはり安全性・安心性を考えると国産なのかなと思います。

国産の小麦粉はモチモチとしたしっかり歯ごたえがあり、香り・甘みがあり日本人好みの味と言われています。

外国産

外国産小麦粉は様々な国からの輸入品ですが、中でもアメリカ・カナダの小麦粉が多くを占めています。外国産小麦粉はタンパク質量が多いので、生地が膨らみやすく扱いやすいのが特徴です。

また、国産小麦粉は吸水率が低いものが多くあります。吸水率が低いとレシピ通りにパンを作っても生地がベタついてしまうので水分の調整が必要ですが、外国産の物はその心配がありません。

その2点から、失敗なくパンを作りやすいのは外国産小麦粉です。それなので、パン作り初心者の方は外国産小麦粉を選んだ方が無難です。

 

パン作り向け小麦粉はタンパク質の割合で選ぶ

パン作り向けの小麦粉を選ぶ時に見るのは、タンパク質の割合です。筆者は、食パンや菓子パン用の小麦粉はタンパク質が12以上のものを選ぶようにしています。

食パンと菓子パンを作る小麦粉は同じ物を使っているのでこの数値ですが、もし食パンを作るためだけの小麦粉でしたら13以上のものを選びます。

タンパク質が多いほどフワフワなパンができよく膨らむので失敗も少ないからです。

また、フランスパンなどのハード系のパン用には、タンパク質10~11のものを選んでいます。

小麦粉を選ぶ時の前提として、新鮮なものを選びましょう。古いと香りや味に影響ができます。

 

パン

 

灰分率ってなに?

小麦粉の原料である小麦には、外皮や胚芽部分に多く含まれるミネラルである灰分があります。灰分率の少ない白い小麦粉ほど高級と言われていますが、灰分が多いほど栄養価は高くなります。

灰分が少ない小麦粉で作ったパンは焼き上がりが白いパンになり、灰分が多いパンは色が濃いパンが焼きあがります。

灰分が多いと水分をよく含むため、重さのあるパンに仕上がり小麦の風味が強いです。反対に灰分が少ない小麦粉は軽くあっさりしたパンが出来上がります。

灰分率の高いパンで多く見かけるのが石窯パンになります。

 

全粒粉・ふすま入りもチェック!

最近は全粒粉パンやふすま入りパンも見かける事が多くなりました。

全粒粉パンはその名のとおり全粒粉で作られたパンです。全粒粉とは小麦をそのまま粉砕して粉にした物です。

小麦粉は、表皮と胚芽を除いた胚乳部分を粉にしたものですが、それらが全て入っているのが全粒粉です。お米に例えるのなら、小麦粉は白米で全粒粉は玄米といったところでしょうか。

ふすま入りパンのふすまとは、小麦の外皮の事になります。

それなので、ふすまだけでパンを作ることはできませんが、小麦粉に混ぜてパンを作ります。ふすまに含まれる食物繊維量は小麦粉に比べ約18倍多いと言われています。

また、ふすまは小麦の外皮なので低糖質。それなので、低糖質パンなどに多く使われています。

 

作りたいパンに合う小麦粉の種類とは?

パンには種類があります。そして小麦粉にも多くの種類があります。

小麦粉の種類はタンパク質の質と割合、香りの違いがありますので、作るパンにより向いている小麦粉があります。

 

食パンにおすすめの小麦粉

パンカット

出典: Amazon.co.jp

日本製粉 高級パン用小麦粉 ゴールデンヨット
ブランド
カテゴリ

食パンは、フワフワ食感で噛んだときにパンがクシュっと沈み口の中で美味しさが広がるのが、幸せを感じるほど美味しいと思います。

それなので、タンパク質の割合が多く、よく膨らむ高級パン用小麦粉 ゴールデンヨット がおすすめです。

 

菓子パン・惣菜パンにおすすめの小麦粉

 

パン

アヴァロンは、カナダ産の最高品質の強力粉でタンパク質の割合が多く、雑味が少ないです。

歯ごたえがありながら口溶けが良いパンが出来上がりますので、菓子パンや惣菜パンなどの具材に負けないそれでいて主張しすぎないパンを作る事ができます。

 

フランスパンにおすすめの小麦粉

 

パン

メルベイユはフランス小麦100%です。タンパク質の割合がそれほど多くなく香り高い小麦がフランスパンなどのハード系のパン作りには適しています。

外はカリッと内はフンワリというのがフランスパンなので、膨らみはそれほど求めません。

フランスパンはバターや砂糖などを使用せず、小麦と水とイースト菌で作ります。それなので、小麦の旨味と香りが高いものがおすすめです。

 

実際に使用したおすすめのパン作り向け小麦粉はこちら!

パン

 

日清フーズ カメリヤ

日清製粉の強力粉で、雑味が少なく甘さのあるパンができるので、食パンや菓子パン、惣菜パンを作るのに万能な強力粉です。

 

イーグル

タンパク質の割合が多いイーグルは、よく膨らむパンが出来上がります。プロの方も使うと聞いて使用してみたら、扱いやすい生地ができるのでパン作りが下手な筆者でもフワフワな美味しいパンが作れます。

 

準強力粉 リスドオル フランスパン用小麦粉

出典: Amazon.co.jp

準強力粉 リスドオル フランスパン用小麦粉
ブランド
カテゴリ

フランスパンなどのハード系のパンを作る時に使う小麦粉です。香りがよく、外はパリっと内はモチッとしたパンが出来上がります。

 

【食パン】パン作り向け小麦粉おすすめランキングTOP6

第6位 日清製粉 スーパーキング

No.6

出典: Amazon.co.jp

日清製粉 スーパーキング
ブランド
カテゴリ
向いてるパン 食パン
グルテン含有量 100gあたり12g
産地 アメリカ・カナダ
種類 強力粉

小麦粉に粉末麦芽と増粘剤が配合されているパン用強力粉です。

タンパク質が多く含まれているので、しっかりと膨らみ、弾力があるパンを作ることができます。弾力があるのでプレーンなパンはもちろん、具材を混ぜ込んでも具材の重さに負けないパンを焼き上げることができます。

麦芽が配合されていますが、麦芽の存在をあまり感じることはなく、小麦の風味も強くないので香りに少々物足りなさがありますが、膨らみやすいので、パン作り初心者の方でも扱いやすく失敗しにくい強力粉だと思います。

 

第5位 パン用強力粉 ブレソレイユ

向いているパン 食パン
グルテン含有量 100gあたり12g
産地 アメリカ・カナダ
種類 強力粉

2キロで700円ほどと購入しやすい価格です。口の中で溶けるような食感の良いパンを作ることができ、膨らみも充分なので、食パンや菓子パンを作るのに向いている小麦粉です。

 

第4位 パン用強力粉 キャラバン

向いているパン 食パン
グルテン含有量 100gあたり13.5g
産地 アメリカ・カナダ・オーストラリア
種類 強力粉

ミネラルを多く含み、タンパク質の割合も多い小麦粉です。よく膨らむ小麦粉なので、失敗しにくいです。

膨らんでフワフワしたパンが出来上がるので食パンや菓子パンを作るのに向いています。

 

第3位 北海道産強力粉 オペラ

No.3

出典: Amazon.co.jp

北海道産強力粉 オペラ
ブランド
カテゴリ
向いているパン 食パン
グルテン含有量 100gあたり12g
産地 北海道
種類 強力粉

安定した生地を作ることができる

100%国産の小麦を使用した強力粉です。粉の風味が強く、香りよいパンを焼くことができます。

また、パン生地は生き物と言われるとおり、パン作りは温度や湿度の影響を受けやすいですが、比較的安定しているパン生地を作ることができるので、いつも同じ動作をするHBなどで使いやすい強力粉です。

 

第2位 はるゆたか100%

No.2

出典: Amazon.co.jp

富澤商店はるゆたか100%
ブランド
カテゴリ
向いているパン 食パン
グルテン含有量 100gあたり11.5g
産地 北海道
種類 強力粉

風味と食感が良い!

パン作りにむいていると言われている小麦の「はるゆたか」を100%使用している強力粉です。

小麦の風味はもちろんですが、もちもちとした食感が楽しめるパンを焼き上げることができます。食パンを作るのには、はるゆたかで作られた小麦粉が一番むいていると言われていますので美味しい食パンを作りたい方におすすめの小麦粉です。

 

第1位 春よ恋

向いているパン 食パン
グルテン含有量 100gあたり12g
産地 北海道
種類 強力粉

国産小麦粉にこだわるのなら、春よ恋は比較的タンパク質の割合が多めなので扱いやすくパンが膨らみます。

風味がよく小麦本来の甘さが美味しいパンができるので、菓子パンや惣菜パンを作るのにおすすめです。

 

【フランスパン・ハード系】パン作り向け小麦粉おすすめランキングTOP6

第6位 奥本製粉 ラ・トラディションフランセーズ

No.6

出典: Amazon.co.jp

奥本製粉 ラ・トラディションフランセーズ
ブランド
カテゴリ

向いているパン バゲット
グルテン含有量 10.5%
産地 フランス
種類 強力粉

専門店レベルのパンが焼ける

フランスの老舗製粉メーカー「MINOTERIES VIRON(ミノトリー ヴィロン)社」が製粉した小麦粉で、本場フランスで、伝統的なバゲットを作るために生まれたヴィロン社の自慢の小麦粉です。

多く市販されている商品ですが、プロが愛用することでも知られていて、パリのバゲットコンクールでは多くの職人が、この小麦粉を使用していると言われているそうです。

ラ・トラディションフランセーズで作ったバゲットは、固く香ばしいクラストにフランス産小麦粉ならではの高い香り、そしてもちもちとした弾力のあるクラムを焼き上げることができます。

しかし、吸水が悪いと言われていて加水率を調節するのが難しいので、扱いにくい生地になります。それなので、パン作り初心者の方にはおすすめできません。パン作りに慣れてきた頃に挑戦してほしい強力粉です。

 

第5位 TOMIZ  北海道産ハードブレッド専用粉ER

No.5

出典: Amazon.co.jp

TOMIZ 北海道産ハードブレッド専用粉ER
ブランド
カテゴリ

向いているパン ハード系
グルテン含有量 11.3%
産地 北海道
種類 強力粉

製パン性がよく扱いやすい

北海道に本社をおき、北海道産小麦や道産ライ麦を主原料とした小麦粉などを扱う江別製粉の強力粉です。

この強力粉の特徴は灰分(ミネラル分)が高いということです。灰分が高い小麦粉でパンを作ると、小麦の味が強く風味がしっかりした出来上がりになります。

それなので、噛めば噛むほど味が出るというか甘みを感じることができます。小麦の風味が好きな方におすすめの商品です。

味だけでなく、製パン性が良いので生地の状態が比較的安定しており、パン作り初心者の方でも作りやすいと思います。

パリっとしたクラストに、クラムは国産小麦らしいもっちりした感じの美味しいハード系のパンを作ることができます。

 

第4位 TOMIZ ゆきちから

No.4

出典: Amazon.co.jp

TOMIZ ゆきちから
ブランド
カテゴリ
向いているパン ハード系
グルテン含有量 11%
産地 岩手
種類 強力粉

岩手県を代表する強力粉で、品種登録してからまだ10年ほどしか経っていない新しい品種の強力粉です。

サラっとしたパウダー状の粉で、雑味が少ないです。風味豊かな味わいと、モチっとした食感のパンを焼き上げることができ、特にハード系のパンを作るのに向いていて、焼き上がりのパンは真っ白な仕上がりになります。

また、雑味が少ないのでさまざまな具材との相性もよいです。

白パンやピタパンを作るのであれば、焼き上がりが真っ白なのでこちらの強力粉を使用するのがおすすめです。

 

第3位 ママパン 南のめぐみ

No.3

出典: Amazon.co.jp

ママパン 南のめぐみ
ブランド
カテゴリ
向いているパン ハード系
グルテン含有量 10.3%
産地 熊本
種類 強力粉

2004年に品種登録された「ミナミノカオリ」という小麦粉を100%使用した強力粉になります。

九州産の小麦は珍しく、南のめぐみは、ソフトでふんわりとした膨らみの良いパンを焼き上げることができ、あっさりとした味わいが特徴になります。

香りが良いパンを焼き上げることができ、生地はまとまりやすいのでベーグルなどのハード系のパンを作るのにおすすめの商品です。

食パンなどを作る時には、吸水しない性質なので加水を控えめにする必要があり、強力粉に対して64%前後の水分量にした方が良いそうです。

 

第2位 準強力粉 スム・レラ T70

No.2

出典: Amazon.co.jp

準強力粉 スム・レラ T70
ブランド
カテゴリ
向いているパン フランスパン
グルテン含有量 100gあたり10.8g
産地 北海道
種類 準強力粉

中はモチモチ、表面サクッと!

北海道十勝産小麦を使用した中力粉です。石臼挽きの小麦粉なので、製造過程で熱による風味などへのダメージが少なく、小麦本来の香りと甘さが楽しめます。

フランスパンを作るのに向いている小麦粉で、スム・レラで作ったフランスパンは、中がモチモチ、表面サクッとした美味しいパンを作ることができます。

 

第1位 キタノカオリ100%

向いているパン フランスパン
グルテン含有量 100gあたり11.4g
産地 北海道
種類 強力粉

国産小麦粉で黄色っぽい粉の色をしている小麦粉です。風味と甘みが強いですが、タンパク質の割合が少なめなので、膨らみが弱いです。

菓子パンも作れますが、ベーグルやフランスパンなどのハード系のパンに使うのがおすすめです。

 

【菓子パン・惣菜パン】パン作り向け小麦粉おすすめランキングTOP4

第4位 cuoca コンチェルト

No.4

出典: Amazon.co.jp

cuoca コンチェルト
ブランド
カテゴリ

向いているパン 菓子パン・食パン・ハード系
グルテン含有量 11.5%
産地 北海道
種類 強力粉

オールマイティーな強力粉

パン作り強力粉で人気のある「はるゆたか」の外皮(ふすま)に近い部分の胚乳に、ホロシリ、ホクシンをブレンドした強力粉です。

少し黄味がかった色をしている強力粉なので焼き上がりのパンは真っ白ではありませんが、クリーム色のようなパンが出来上がります。

水加減を少し控えめにした方がよかったり、捏ね具合によって膨らみがよくなかったりしますが、膨らみに差はあるものの失敗したというほど膨らまないことや歯切れが悪かったりすることはないので、国産小麦粉にしては比較的扱いやすいと思います。

カリっとしたクラストに、もっちり感がありながらふんわりしたクラムのパンを焼き上げることができ、食パンや菓子パン・フランスパンなどオールマイティーに使える強力粉です。

なかでも、小麦の味がしっかりしているので、餡子やクリームなどの甘い風味に負けず相性も良いので菓子パンがおすすめです。

 

第3位 ママパン 春よ恋ブレンド

No.3

出典: Amazon.co.jp

ママパン 春よ恋ブレンド
ブランド
カテゴリ

向いているパン 菓子パン・総菜パン
グルテン含有量 12%
産地 北海道
種類 強力粉

扱いやすい国産強力粉

「春よ恋」に国産小麦がブレンドされた北海道産小麦100%の強力粉です。

市販されている国産の外国産の強力粉に比べると膨らみにくく吸水が良くないので、パン作り初心者の方には扱いにくい商品が多いですが、春よ恋ブレンドは吸水が良く、作業性が高い強力粉です。

歯切れがよく、もちもちとしたパンを作ることができるので、中に具材が入れてもしっかりしたクラムで、小麦の風味も豊かなので、餡子やチーズなどの食材の風味に負けることなく、それぞれの美味しさを味わうことができるパンを作ることができます。

パン作りに慣れていないけれど、国産の強力粉で菓子パンや惣菜パンを作りたい方に特におすすめになります。

 

第2位 マルサンパントリー スーパーノヴァ

No.2

出典: Amazon.co.jp

マルサンパントリー スーパーノヴァ
ブランド
カテゴリ
向いているパン ロールパン
グルテン含有量 12.3%
産地 カナダ
種類 強力粉

パン用小麦として世界一の評価を得ているカナダ小麦1等級の1CWを100%使用した贅沢な強力粉です。

釜伸びが抜群なので、生地の弾力と伸びが良く、ホームベーカーリーでの捏ねはもちろん、手ごねでの作業もしやすいです。

それなので、パンの生地作りを手ごねでチャレンジしてみたい方におすすめです。

たんぱく質の含有量が高いので作業のしやすさだけでなく製パン性がよく、味や香りのバランスもとれている商品です。

出来上がりのパンは、ふっくらとキメが細かく、モチっとしながらもサクっとした良い食感になります。

 

第1位 オーマイ 強力小麦粉

向いているパン ロールパン
グルテン含有量 100gあたり13g
産地
種類 強力粉

購入しやすい価格ながら、膨らみや出来上がりの香りが良いと評判の小麦粉です。

頻繁にパンを焼く方にはありがたい価格です。食パンや菓子パンなどに向いている小麦粉です。

 

小麦粉の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、小麦粉の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

初心者さんも簡単!おすすめのパンレシピ

パン
出典: chikuwa

パン作りを始めると楽しくて毎日でも作りたくなる方が多いのではないでしょうか。

パンはこねる作業も大事ですが、なによりも成形が大事!成形により見栄えがかなり違います。それなので、成形が誰でも簡単にできるパンのレシピをご紹介します。

 

基本の小麦粉の量は250g

パン作りに欠かせない小麦粉ですが、一体どれくらいの量を使うのでしょうか?

家庭でパンを作る時に1回量として作る出来上がりは、食パンなら1斤、バターロールなら12個、フランスパンなら4本、惣菜パンなどは12個といった感じではないでしょうか。

これらの数は、家庭用のオーブンの庫内の大きさを考えて作りやすい数だからです。

そして、全て小麦粉は250gが基本と考えて良いと思います。 もちろんレシピにより山形の食パンなら300gなど、多少の変動はありますが、基本的に小麦粉を購入する時には250gがパン作り1回分の量だと考え購入するとよいです。

 

シナモンロールパン

 

1、一般的なロールパン(12個分)作り用のレシピの分量でパン生地を作ります。

2、一次発酵を終え、ベンチタイムが終えたパン生地を作業台の上に乗せ打粉をかけ綿棒で長方形に伸ばします。

3、伸ばしたパン生地の上にシナモンシュガーを満遍なくかけます。

4、生地の下からクルクルと巻き、スケッパーで縦に12等分にします。

5、切った生地を断面が上になるように並べ、二次発酵35℃40分します。

6、生地が二倍に膨らんだら230℃に余熱しておいたオーブンで10~13分焼いて出来あがり。

 

ホームベーカリーでパン作りがもっと簡単に

パン

 

小麦粉の用途はたくさん!

パン

パン作り向け小麦粉についてご紹介しました。気になるものはありましたでしょうか?

小麦粉はそれぞれ香りや風味に違いはありますが、焼きたてパンはそれだけで香りがよく美味しいので、そこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。

もちろん、味にこだわるのなら気にする必要はあると思います。

パン作り上級者の方なら粉の扱いに慣れているので出来上がりの風味や香りで選んでも良いと思いますが、初心者の方はまずは失敗しない膨らんだパンを作ることなので、タンパク質の割合を重視して選んで下さい。

 

記事内で紹介されている商品

日本製粉 高級パン用小麦粉 ゴールデンヨ…

サイトを見る

日本製粉 アヴァロン

サイトを見る

メルベイユ 準強力小麦粉

サイトを見る

日清フーズ カメリヤ

サイトを見る

準強力粉 リスドオル フランスパン用小麦粉

サイトを見る

日清製粉 スーパーキング

サイトを見る

パン用強力粉 ブレソレイユ

サイトを見る

パン用強力粉 キャラバン

サイトを見る

北海道産強力粉 オペラ

サイトを見る

富澤商店はるゆたか100%

サイトを見る

奥本製粉 ラ・トラディションフランセーズ

サイトを見る

TOMIZ 北海道産ハードブレッド専用粉ER

サイトを見る

TOMIZ ゆきちから

サイトを見る

ママパン 南のめぐみ

サイトを見る

準強力粉 スム・レラ T70

サイトを見る

キタノカオリ100%

サイトを見る

cuoca コンチェルト

サイトを見る

ママパン 春よ恋ブレンド

サイトを見る

マルサンパントリー スーパーノヴァ

サイトを見る

オーマイ 強力小麦粉

サイトを見る

関連記事