バリエーション豊富なカップスープおすすめランキング9選

ご飯がちょっと物足りない時や、小腹満たしにおすすめなのがスープ。特にカップスープであれば、容器にお湯を注ぐだけで完成しますし、液体ですから場合によってはスプーンなども不要で飲めてしまいます。

ホットタイプがメインゆえ、冬場に体を温めるアイテムとしてもぴったりで味の種類も多いです。わたしも寒い日は、こたつでカップスープを飲むのが定番になっています。

今回はそんなカップスープの中でも、わたしが特におすすめしたい商品をご紹介。飲んだことがない商品はぜひ試してみて欲しいです。

 

バリエーション豊富なカップスープ

コーンスープ

カップスープは、商品の種類や味や具材がたくさんあるのが魅力。毎日別の味や具材のスープを選ぶことができ、飽きることがありません。

また品名が同じでも、メーカーごとに具材などの細かい部分は違っていて、その差を楽しめるのも魅力です。

メジャーなのは卵やワカメなどの具材やコーンポタージュ、オニオンスープなどでしょうが、スープの味でも醤油ベースのあっさりめの味やクリームベースの濃厚な味、具材も野菜やクルトン、春雨などに限らず、パスタ入りなどの商品もありますよ。

比較的大きめにカットされている具材が入っている商品も多く、プラス1品というよりカップスープだけで立派な食事になることも。満腹感も期待できるので、ダイエット中の女性にはカロリーカットにも役立ちます。

 

クルトン入りは見逃せない!

スープによって具材は商品によって様々ですが、わたしはクルトンが具材として入っているとテンションが上がってしまいます。

お湯を注ぎたての段階ではサクサクした食感が楽しめますし、時間が経つと柔らかくもっちりした食感に変わるのも素敵です。

溶けるほどに柔らかくなると、スープにとろみがついたような感じになり、またおいしい。そんな時間毎の味わい方ができるのも魅力ですね。

クルトンというとクリーム系のスープに具材として入っている印象が強いですが、もともとパンで味がないため、どんな味でも合います。最近はたっぷり入れてくれる商品も多いのでありがたいです。もちろんプラスするのもおすすめ。

 

パンに付けると旨さ倍増!?

スープとパン

好きな具材でクルトンを推しましたが、パンそのものをスープに浸して食べるのも大好きです。こちらもパンをトーストしてからスープにつければ、クルトンと同じくサクサク感が楽しめて良いですね。

基本的に食パンやフランスパンなど味付けのされていないものがベター。フランスパンなど硬めの種類のパンは、スープに浸すことで噛みやすくなるので、今まで敬遠していた方もパンに浸して食べてみてはいかがでしょう?

 

カップに入っているメリットはたくさん

カップスープは名前の通り、スープの粉末や具材が入った商品で、カップに注ぐだけで完成するという商品。しかし中にはカップもセットになっている商品があり、別途用意するのはお湯だけで良いメリットがあります。

スーパーやコンビニではお湯を用意してくれているところもあるので、カップ付きであれば外出先でスープが飲みたくなった時は、お店で商品にお湯を注げば完成です。

また容器がある分、スープを作った後でも持ち運びしやすいメリットも。特にフタ付きの商品であれば、お店でお湯をもらって作った場合も、飲む場所までこぼさずに運べます。

もともとカップラーメンと比べて細長い形になっているカップスープは、フタがあれば片手で持つことも可能。ほかに荷物があるときでも困りません。

そして飲み終われば、容器はゴミ箱へ捨てるだけ。洗うとしても、底に残ってしまったスープや具を水で取り除くぐらいでしょう。後始末も簡単なので、休日に家事の手間を省きたいお母さんにもおすすめですよ。

 

満足度が高い!美味しいと人気のクノールバラエティボックス

出典: Amazon.co.jp

クノール カップスープ バラエティボックス

様々な味があるのがカップスープの魅力ですが、1つ1つ購入するのはやはり面倒。そんな悩み解決には、クノールのバラエティボックスという商品がおすすめです。

Amazonでベストセラー一位を獲得する人気商品。カスタマーレビューなど満足度も高いため、普段あまりスープを飲まない方が始めるのにもうってつけ。

味はコーンスープ、じゃがいもなど野菜のポタージュ、そしてオニオンコンソメというベーシックな味のラインナップですから、嫌いな味があるという人も少ないのでしょう。もちろんわたしにとっても好きな味ばかりです。

合計30袋の商品なので、1セット購入しておけば1ヶ月保ちます。何度も買うのが手間な時にも助かりますよ。

 

おすすめカップスープ人気ランキング

ポタージュスープ

ここからは、わたしがおすすめするカップスープをランキングでご紹介していきます。上記のバラエティボックスのようなアソートタイプの商品は除外、1つの味ごとに選びました。

 

第9位 日清食品 日清麺なしラーメン担々豆腐スープ

出典: Amazon.co.jp

日清食品 日清麺なしラーメン担々豆腐スープ

9位はもしかするとカップラーメンジャンルかも知れない坦々豆腐。日清はラーメンで有名ですが、しかしこのカップスープには麺が入っておらず、代わりに具材として豆腐が入っています。

小麦粉でない分ヘルシーで、糖質3.2g、カロリーも76kcalと少なめ。なのに坦々麺特有の濃厚な味があるので、満足できる内容です。

9位なのは、あくまで以降の製品の味がわたしの好みというだけかもしれないぐらいには、良い商品。カップに入っているタイプなので、お湯だけ用意すればすぐ食べられるのも魅力です。

 

第8位 永谷園 業務用わかめスープ

続いては永谷園のわかめスープ。味噌汁よりもあっさりめの味が好きという方におすすめの商品です。具材は主にわかめですが、胡椒やオニオン、ガーリックが入っているので、あっさりめの味でありながらも一口が濃いです。人によってはやや辛さを感じる味かもしれませんね。

しかしシンプルな味である分、和食以外にも合わせやすく、ご飯のお供としてカップスープを添えたい場合に便利です。

1袋が2.3gと小さく、かつ1セットが100袋とたっぷり入っているので、自分やご家族のお弁当に添えてあげるのもグッド。4人家族で全員が使い続けてもおよそ1ヶ月はもちますね。

 

第7位 永谷園 業務用たまねぎスープ

わかめほどの容量はないですが、永谷園のカップスープならオニオンもおすすめです。わかめスープに比べると具材がたまねぎゆえか甘味が感じられる味。減塩というほどではないにしても、しょっぱさや辛さはあまり欲しくない方に向いています。

食事なら洋食に合わせやすいでしょう。パンを浸して食べるのにもおすすめです。

また赤系のスープに、具材として入っている緑のパセリが映えるので、見た目にも良いスープの1つ。お客様用のプラス1品としても喜んでもらえると思います。

 

第6位 東洋水産 ワンタンしょうゆ味

ワンタンスープということで、6位には東洋水産から、カップ入りのワンタンを選びました。カップラーメンと比べると小ぶりなので、小腹満たしに最適です。

また意外なのがノンカフェインであること。そもそもスープの類でカフェインを気にする人は少ないと思いますが、夜食で飲んで眠れなくなったら困りますよね。しかしこのワンタンスープであれば、少なくともカフェインが原因で眠れなくなることはないでしょう。

インスタントでありがちな、具材のワンタンそのものの量が少ないということもなく、満足いく中身です。スープだけでは口さみしいという方もぜひ。

 

第5位 ポッカサッポロ じっくりコトコト濃厚クラムチャウダー

出典: Amazon.co.jp

ポッカサッポロ じっくりコトコト濃厚クラムチャウダー 

5位はポッカのクラムチャウダー。クリーミーな味のスープを求めている方に向いています。お湯の加減でとろみにも差が出るので、シチュー並のクリーミーさを求めるなら、目安よりも少なめで作ってみましょう。その分しっかりまぜて、ダマにならないよう注意。

パンとの相性も抜群で、これとパン1つで食事としても満足できます。クルトンなどの具材もカップスープにしては大きめサイズで入っていますが、さらに追加しても良いですね。

ただ1セットに3袋しか入っていないのが残念。これだけを買い続けるとなると注文頻度が多くなるので、やや面倒かもしれません。

 

第4位 味の素 クノールスープDELIたらこクリームスープパスタ 豆乳仕立て

出典: Amazon.co.jp

味の素 クノールスープDELIたらこクリームスープパスタ 豆乳仕立て

クリーム感と、わたしの好きなたらこ味ということで5位と差をつけたのがクノールのクリームスープ。商品名からもわかるように具材でパスタが入っているのが特徴で、食べごたえもあります。たらこパスタが好きな方にはたまらないでしょう。

味はたらこだけでなく、クリームの素材となっているチーズの味が濃厚で、パスタが入っていてもさらにパンやご飯をプラスしたくなるほど。

カップスープの中では1つあたりの容量も多く、これだけでも食事として成り立つ商品です。

 

第3位 味の素 クノールふんわりたまごスープ

出典: Amazon.co.jp

味の素 クノール ふんわりたまごスープ

3位の商品には、クノールのたまごスープを選びました。1セットあたり5袋と量は多くないですが、インスタントの割にたまごの味がしっかり感じられるので気に入っています。

たまごというとカロリーが高そうに感じますが、こちらは1杯あたり28kcalと低めなので、ダイエット中などカロリーを気にしている方にも便利。

また具材としてしいたけ、ねぎ、わかめが入っています。茶色や緑が良いアクセントになっていますし、これらも食感がちゃんとあるサイズで、比較的歯ごたえも得やすいのが良いですね。

ご飯にかけて、たまご粥風にしても美味しいですよ。

 

第2位 味の素 クノールカップスープコーンクリーム

出典: Amazon.co.jp

味の素 クノール カップスープ コーンクリーム

たまごよりはコーンということで、2位はクノールのコーンスープです。76kcalなのでプラス1品と考えるとダイエットには不向きですが、単体でなら十分置き換えとして役立ちます。

スープの中ではカロリーが高めなだけあり、より味の濃厚さ、クリーミーさが味わえるのが特徴。甘さもしっかりあるので、インスタントには思えないほどです。

具材としてクルトンもたっぷり入っているので、食感の面でもおすすめしたいところ。クリーム系なのでパンにも合いますよ。

またこちらもお湯の量を調整して、味の濃さを自由に決められますから、自分の好みを探してみてください。30袋入っているので、これだけで1ヶ月はもつのも魅力です。

 

第1位 味の素 クノールカップスープポタージュ

出典: Amazon.co.jp

味の素 クノール カップスープ ポタージュ

1番おすすめしたい商品は、クノールのじゃがいもをベースをしたポタージュ。食事として飲む場合、具材がコーンだと甘い味がネックになることもありますが、その点具材がじゃがいもなら飽きにくい…とわたしは思っています。

たまねぎやキャベツ、きのこ類など野菜のエキスがたっぷり詰まっているのも味の良さの理由でしょうね。

こちらもクルトンたっぷりで食感も良いですし、パンに浸して食べる方法も良いです。シチューをご飯にかけて食べる派の方は、濃い目に作ったこれをかけて食べても美味しいかも。わたしも試したことがあるのですが、美味しかったです。

 

まとめ

大手ということもあり、クノールブランドが上位に並びました。しかし中身でみると定番の卵やコーン、春雨、わかめだけでなく、ワンタンやパスタ入りなど違いに幅がありますね。ぜひいろいろ試して、お気に入りを見つけてください。

今ちょっとお腹すいたなと思ったら、おやつではなくカップスープでほっこりしましょう。

記事内で紹介されている商品

クノール カップスープ バラエティボックス

サイトを見る

日清食品 日清麺なしラーメン担々豆腐スープ

サイトを見る

永谷園 業務用わかめスープ

サイトを見る

永谷園 業務用たまねぎスープ

サイトを見る

東洋水産 ワンタンしょうゆ味

サイトを見る

ポッカサッポロ じっくりコトコト濃厚クラ…

サイトを見る

味の素 クノールスープDELIたらこクリーム…

サイトを見る

味の素 クノール ふんわりたまごスープ

サイトを見る

味の素 クノール カップスープ コーンクリ…

サイトを見る

味の素 クノール カップスープ ポタージュ

サイトを見る

関連記事