買いたいものを検索してください

スライスチーズおすすめ人気ランキングTOP9 簡単レシピも紹介!

私は1日1枚必ず食べるほどチーズ好きです。私のチーズ好きが影響したのか?娘は3~4枚以上毎日食べるのでチーズマスター

チーズはおやつ代わりのように食べています。1歳5カ月頃にはチーズという単語を覚えて要求するようになるほどです。

3人に家族ではありますが、スライスチーズストックは12個単位で購入しています。私の家ではチーズマイスターが目をハートにして食べてしまうので、1か月持たない分量です。私の家では娘に合わせて買うのでスライスチーズの購入はだいたい定番が決まってしまいますが、最近ではスライスチーズの種類もバライティー豊富です

定番のそのまま食べれる物やとろけるタイプのチーズだけではなく、こんがり焼けるチーズ、クリームチーズがスライスチーズ状になったもの、ハンバーグ用のチーズまであります。

チーズ好きの私が選んだおすすめ商品を紹介します!是非ご参考にしてください!

 

スライスチーズの魅力とは?

プロセスチーズの中でもアレンジしやすいスライスチーズ


プロセスチーズはチーズの中でも癖がなく食べやすいことからみんなに愛されていています。

プロセスチーズといっても、形状は様々。長四角のチーズや丸い形を6分割したチーズ、キャンディーのようにコロンと真ん丸形、パンにのけって食べやすいスライスチーズなどです。

アレンジのききやすさがスライスチーズの魅力。口にあたる面積が大きいので、少しの量でもチーズが行き渡って楽しめます。それにともない、一回に使用するチーズもコストカットでき経済的です。

トーストだけではなく、グラタンやハンバーグなど活用の幅が広いのも、毎日の食事に使いやすいのも、愛されポイント

 

カルシウム含有で赤ちゃんの離乳食に◎

赤ちゃんの離乳食にもスライスチーズはおすすめです。チーズには牛乳の10倍もの栄養素が含まれていますし、特にカルシウムの含有量が多い食品です。また、チーズに含まれているカルシウムは体への吸収率が高く、これからどんどん成長していく赤ちゃんの生育にも役立つ栄養素です。

また、チーズに含まれているタンパク質は体内では作ることのできない必須アミノ酸を含むため、赤ちゃんが健康に育っていくために重要なポイントとなる栄養素を摂取できます。その他の栄養素も含め、スライスチーズを離乳食に使用することは赤ちゃんの健康のためにもおすすめできます。

 

プロセスチーズの様々な使われ方(スライスチーズや粉チーズなど)

ピザ

ピザ

私はピザにトッピングする時にとろけるタイプのピザ用のミックスチーズをのせています。とろけるタイプのピザ用のミックスチーズは、市販のピザにチーズをプラスしたい時にも、量を調節して使うことができるので便利です。

形状は長細いフレイクタイプになっている場合が多いです。カレーは共通です。

 

トースト・サンドイッチ

トーストにはとろっとさせたい時にはとろけるチーズを使い、チーズが流れて欲しくない時にはスライスチーズを使って使いわけています

全面にチーズをのせたい時には、大きいサイズのスライスチーズを活用してもいいかもしれません。

 

パスタ

パスタレシピ本

出典: Amazon.co.jp

クラフト 100%パルメザンチーズ 80g
ブランド
カテゴリ

出典: Amazon.co.jp

ベルジャポン kiriクリームチーズ ポーションタイプ
ブランド
カテゴリ

パスタとして愛用しているチーズはKRAFTHEINZ パルメザンチーズ をミートソースの上にかけて使っています。

冷製パスタの場合は1つ1つ小分けになっているキリクリームチーズを使って使いわけしています。

 

スライスチーズの選び方

 

タイプで選ぶ

「とろけるタイプ」

とろけるタイプはナチュラルチーズで菌が生きているチーズのことです。チーズ本来の香りを楽しみながら食べることが出来るのは、ピザ用とかで使われるとろけるタイプです。

「とろけないチーズ」

とろけないチーズはプロセスチーズで発酵する際の菌の処理を行われたチーズのことです。発酵はストップしているので、香りはとろけるタイプに比べて穏やかに作られています。

 

スライスチーズを選ぶときは子供に注目すべし!

選ぶポイントは娘が主体となって食べるので好みかどうかも選ぶ基準。娘はスライスチーズを毎日3枚から4枚消費するので、価格帯も重要になってきます。好きなメーカーの場合は価格がリーズナブルな時にまとめて購入することが多いです。

チーズは料理に使う際にも香りが強いナチュラルチーズよりも、食べやすいプロセスチーズが好きな様子。とろけるチーズは娘が食べるようになってから購入する頻度が減り、スライスチーズ中心に購入しています。

娘はJUCOVIA スライスチーズが好きで、私は小さい頃から慣れしたしんだ雪印メグミルクを好んで食べることが多いです。

 

一枚あたりのカルシウム量で選ぶ

日常の生活の中で、カルシウムという栄養素は意識して摂らないとなかなか摂取が難しいものです。牛乳を飲んでみたり、小魚を食べてみたり。そんな中でもチーズに含まれるカルシウムは体への吸収率が高く、効率よく摂取できるため、手軽にカルシウムを摂るのにおすすめの食材なんです。

せっかくスライスチーズを食べるなら、1枚に含まれるカルシウム量に着目してみるのはいかがでしょうか。市販のスライスチーズを見てみると、1枚あたりに含まれるカルシウム量は80mg122mgと違いがありました。購入する際に、裏面の栄養成分表示を見てみると良いでしょう。

 

スライスチーズのおすすめメーカーはこれ!

チーズ

一般的には明治、雪印メグミルク、森永 クラフト、QBB、小岩井などが主なチーズメーカーです。

 

ムラカワ株式会社

おすすめのチーズメーカーは他の分野の商品は作っていないチーズ専門の会社ムラカワ株式会社です。

 

チーズ好きのための美味しいスライスチーズ

 

がキャッチコピーになります。

チーズ専門の会社ムラカワ株式会社に言われたらより一層、チーズが好きな人は一度は触れてみたくなるパッケージ。ざっくりとしたムラカワの公式サイトの説明では、よっぽど自信があるのか、めんどくさくて書かれていないのか、もしくははったりなのか、と気になります。試したいと思わせる想像力を掻き立てるチーズです。

チーズ好きのチーズって、癖があるチーズなのかなと構えてしまう部分が大きいと思います。私も購入までに5回以上気になる思いでジャコヴェアを手に取ったものです。実際食べてみると拍子抜けするほど、あっさりさっぱりとしたスライスチーズ。濃厚というわけでもないのに、チーズ好きのチーズってどういうことだろうと思いながら食べています。

1枚食べると、また1枚、再び1枚と言ったようにぱくぱく止まらなくなるタイプのチーズです。癖のないチーズなので、アレンジ活用のしやすさも、マストリピートにつながっています。

コストコ問題に揺れ動いている地域。店舗展開したら実際にコストコのスライスチーズ食べてみたいです。
実家が兵庫県で、神戸のバターには親しみがあります。現在住んでいる地域ではあまり見かけないもの、地元で慣れ親しんだ味。

 

QBB 大きいとろけるスライスチーズ(ホット専用)

出典: Amazon.co.jp

QBB 大きいとろけるスライスチーズ(ホット専用)
ブランド
カテゴリ

食パンに置いて食べたい大きめサイズ

食パンに置くと余白があまり、チーズが端まで行き渡らないこともあります。QBB徳用スライスの1.2倍の大きさで、1口目からチーズを楽しめるサイズ感です。

冷蔵庫でチーズがバラバラにならない保存しやすいジッパー付き。チーズ自体の色は黄色みがかっているチーズです。オレンジのフイルムを剥がすとチーズらしい香りがほんのりしています。

コクも感じるほんのり癖を感じさせて、チーズの存在感。びよーんと伸びるわけではありませんが、口の中で口当たりがよくとろける感覚です。トーストにチーズを乗っけるのが好きな方は是非ためて欲しいチーズです。

 

雪印メグミルク

雪印メグミルクは、グループ企業のコーポレートスローガンである「未来は、ミルクの中にある。」のもと、牛乳やヨーグルト、バターやチーズなどの乳製品を安全に安心して私たちが取り入れられるように努力しているメーカーです。特にチーズ製品に関しては、日本人の嗜好に合うおいしさを目指して開発していきました。

雪印メグミルク とろけるスライスチーズ

出典: Amazon.co.jp

雪印メグミルク とろけるスライスチーズ
ブランド
カテゴリ

トースト=バターの概念を覆したチーズ

以前はトーストと言えばバターやジャムを塗って食べるのが一般的でしたが、雪印メグミルク とろけるスライスチーズの登場により、パンにチーズを乗せて焼くというスタイルが確立されたと言っても過言ではないでしょう。しかも、チーズがトロリと伸びるため、自宅にいながらカフェで食べるようなおいしいトーストを食べられるようになりました。

 

小岩井

小岩井は1891年、日本鉄道会社副社長の小野義眞、三菱社社長の岩崎彌之助の多大なる協力を得て、共同開墾耕作が始まり現在の小岩井農場の誕生へとつながってきました。

ナチュラルチーズの生産は1932(昭和7)年からスタートし、現在では多種多様なチーズ製品の生産を行っているメーカーです。

小岩井 クリーミースライスチーズ

出典: Amazon.co.jp

小岩井 クリーミースライスチーズ
ブランド
カテゴリ

濃厚な味わいのスライスチーズ

小岩井 クリーミースライスチーズは、クリームチーズと発酵バターで仕上げたスライスチーズで、濃厚なクリーミーさと味わい深さが感じられる美味しいスライスチーズです。トーストに乗せるとより一層味わい深さを感じられることと思います。コクを出したいお料理にもぴったりです。

 

スライスチーズおすすめ人気ランキングTOP9

第9位 小岩井とろけるスライスチーズ 醗酵バター入り

No.9

出典: Amazon.co.jp

小岩井とろけるスライスチーズ 醗酵バター入り
ブランド
カテゴリ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり)

チーズがとろけているデザイン。内容量は7枚入りで1枚18gになります。原材料はナチュラルチーズ、バター、食塩、乳化剤、安定剤(ローカストビーンガム)です。

小岩井とろけるスライスチーズ 醗酵バター入りは、バターという味わいではなくやわらかくなめらかなコクを感じるチーズです。

スライスチーズはあっさりとしたものが好きな私にはこの評価ですが、味は美味しいです。

 

第8位 雪印メグミルク こんがり焼けるとろけるスライス

No.8

出典: Amazon.co.jp

雪印メグミルク こんがり焼けるとろけるスライス
ブランド
カテゴリ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり)

こんがりきつね色をかけたきつねがパッケージデザイン。内容量は7枚入りで1枚18gになります。

原材料はナチュラルチーズ、ホエイパウダー(乳製品)、食塩、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、安定剤(増粘多糖類)、香料です。

こんがり焼けるようなので一味違った味が楽しめそうなスライスチーズになります。

 

第7位 KRAFT クラフト スライスチーズ

No.7

出典: Amazon.co.jp

KRAFT クラフト スライスチーズ
ブランド
カテゴリ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり) 98mg

トマトハムがのった大きいバケットにスライスチーズが2枚使われている写真です。内容量は7枚入りで18gになります。スライスチーズのフイルムの文字はオレンジ色。

香りは酸味を感じ、口当たり爽やかな味わいです。固さはやわらかくなめらかな印象。味わいや香りは少し癖があるので1枚で食べた感覚があるチーズです。

チーズの色はほんのり黄色がかっています。

原料はナチュラルチーズとホエイパウダー、乳化剤、pH調節剤。カルシウム量は1枚当たり98mgになります。

 

第6位 雪印メグミルク とろけるスライスチーズ

No.6

出典: Amazon.co.jp

雪印メグミルク とろけるスライスチーズ
ブランド
カテゴリ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり) 121mg

タイガースをイメージさせる黄色と黒のしましまです。デザインは食パンに雪印メグミルク とろけるスライスチーズがとろけているピザトーストになっています。

内容量は1枚7枚入りで18gになります。スライスチーズのフイルムの文字はオレンジ色。原料はナチュラルチーズ、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)です。

カルシウム量は1枚当たり121mgになります。チーズの伸びはパッケージ写真のようにとろーりととろけるスライスチーズです。

 

第5位 明治 明治北海道十勝スライスチーズ

No.5

出典: Amazon.co.jp

明治 明治北海道十勝スライスチーズ
ブランド
カテゴリ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり) 122mg

トマトハムがのった大きいバケットに明治 明治北海道十勝スライスチーズが2枚使われている写真です。内容量は1枚7枚入りで18gになります。スライスチーズのフイルムの文字は黄緑色。

香りはチーズをフィルムからはがす時ふわっとうまみやコクを感じる香りです。固さはやわらかくなめらかな印象。口当たりはなめらかでいいので何枚も食べたくなる感覚。チーズの色はほんのり黄色がかっています。

原料はナチュラルチーズと乳化剤のみでシンプル。カルシウム量は1枚当たり122mgになります。カルシウム量は若干ながら多く、カルシウム量のことを考えたら十勝がおすすめです。

 

第4位 雪印メグミルク スライスチーズ

No.4

出典: Amazon.co.jp

雪印メグミルク スライスチーズ
ブランド
カテゴリ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり) 112mg

食パンのトマトに雪印メグミルク スライスチーズが2枚使われている写真です。内容量は7枚入りで、1枚18gになります。スライスチーズのフイルムの文字は赤色。

香りはチーズをフィルムからはがす時ふわっとミルクから作られているとわかるチーズのいい香り。固さはやややわらかくなめらかな印象です。口当たりはなめらかでいいので何枚も食べたくなる感覚

チーズの色はほんのり黄色がかっています。原料はナチュラルチーズと乳化剤のみでシンプル。カルシウム量は1枚当たり112mgになります。

 

第3位 JUCOVIA スライスチーズお徳用

内容量 12枚, 7枚
カルシウム量(1枚当たり)

白と青のシンプルなパッケージです。内容量が12枚になって入り数が増えただけ。JUCOVIA スライスチーズと味は一切変わりません

娘はチーズを見せた分だけ食べてしまうので、うちの家の場合お得ではなくなることが多いので7枚タイプを購入します。

7枚売りが売っていない時には味が一緒なので、こちらを購入します。

 

第2位 JUCOVIA とろけるスライスチーズ

No.2

出典: Amazon.co.jp

JUCOVIA とろけるスライスチーズ
内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり)

パッケージは食パンにスライスチーズがのっている写真です。内容量は7枚入りで1枚15gになります。

とろけるスライスチーズのフィルムの文字は、パッケージと同じ赤色。香りはJUCOVIA  スライスチーズよりやや香る程度であまり変わらない感覚です。

とろけるチーズでもとろけにくいので加熱料理にも向いています。伸びはべっとりとまとわりつく感覚で、びろーんという伸びる感覚ではなく、スライスチーズが好きな人向きです。私はとけるタイプよりもスライスチーズが好きなので、気にいって使っています。

 

第1位 JUCOVIA スライスチーズ

内容量 7枚
カルシウム量(1枚当たり) 90mg

内容量は7枚入りで1枚15gになります。スライスチーズのフイルムの文字は青色。スライスチーズ自体薄くて食べやすく、何枚も食べたくなる感覚です。固さはしっかりとした固さを感じます。

味はあっさりとしていて、癖がなく1枚食べ始めると美味しさに何枚も手が伸びます。チーズの色合いは他社に比べて白っぽい印象です。原料はナチュラルチーズと乳化剤のみでシンプル。

カルシウム量は1枚当たり90mgになります。1枚当たりのグラム数は少ないですが、味わいとカルシウムは負けていません。

 

【徹底比較】スライスチーズおすすめ人気商品の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

商品名 JUCOVIA スライスチーズ JUCOVIA とろけるスライスチーズ JUCOVIA スライスチーズお徳用 雪印メグミルク スライスチーズ 明治 明治北海道十勝スライスチーズ 雪印メグミルク とろけるスライスチーズ KRAFT クラフト スライスチーズ 雪印メグミルク こんがり焼けるとろけるスライス 小岩井とろけるスライスチーズ 醗酵バター入り
内容量 7枚 7枚 12枚, 7枚 7枚 7枚 7枚 7枚 7枚 7枚
カルシウム量(1枚当たり) 90mg 112mg 122mg 121mg 98mg
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天 Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

スライスチーズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スライスチーズの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

スライスチーズをつかったおすすめアレンジレシピ!

普段はそのまま食べたり、トーストにして食べることが多いですが、スライスチーズのいろいろな使われる料理をご紹介します。

参考の目安になれば嬉しいですが、私はいつもなんとなく作っているので紹介するのが申し訳ないです。

 

とろけるチーズを使った和風ピザ

和風ピザはとろけるチーズを使った料理です。普段はネギや海苔をのせますが、今回はしらすと大葉があったので使用しています。ダイコンがない時にはじゃがいもの時もあるので、あるもので代用可能。

とろけるチーズを使った和風ピザは大根を使うことによりヘルシーな和風ビザです。

 

チーズ入り肉巻き

最近は娘がびりびりにレシピ本を破くのでしまい込んであり、うろ覚え作っています。長いものチーズ入り肉巻きは、とろけるチーズを使うと中のチーズが全部出てきてしまうので、スライスチーズを使うことをおすすめ。

今回は下味をつけずにチーズだけの素材の味で1歳7カ月の娘も食べれるようにしてあります。大人たちはハーブ塩とかつけて味をプラス。娘は緑を見つけるとつまみあげて分解してたべないのででしそなしで、手づかみ食べをできるように細巻きです。

長いものチーズ入り肉巻きは、シソがない時には梅干しを巻いたりして作っています。ヤマイモがない時にはアスパラガス、ほうれん草、豚肉がない時には、ベーコンを使って作ることも可能。

 

スライスチーズで作るふんわりスフレチーズケーキ

材料

  • スライスチーズ(とろけないスライスチーズ)
  • 牛乳 120ml
  • 卵 2個
  • 薄力粉 30g
  • 砂糖 40g
  • レモン汁 大さじ1

レシピ

  • 鍋に牛乳、小さくちぎったスライスチーズを入れ、弱火〜中火で沸騰直前まで温め、チーズが溶けたらしっかりと混ぜる。
  • 予め分けておいた卵白と20gの砂糖をボウルに入れてメレンゲを作る。
  • 卵黄と残りの砂糖を泡立て器で混ぜ、粗熱が取れた1も入れてしっかりと混ぜる。
  • 3に薄力粉をふるい入れ、泡立て器でよく混ぜ、レモン汁を加える。
  • 4に2のメレンゲを少しづつ混ぜ、全量入れてしっかりと混ぜる。
  • クッキングシートを敷いた方に5を流し入れ、天板にお湯を張ったオーブン(160度)で約50分湯煎焼きする。
  • 竹串を刺して生地がつかなければ完成。

こちらのレシピでは、チーズケーキを作る際の基本である生クリーム、クリームチーズ、バター等は一切必要ありません。その分カロリーやコストを抑えらますし、工程も少ないため毎日のおやつとして作ることも手間がかからなくておすすめです。

シンプルなチーズケーキですが、スライスチーズのコクを感じられる、ふんわりした美味しいおやつとしてお子様から大人まで美味しくいただけるでしょう。

 

手掴み期の離乳食に、とろける簡単チーズナゲット

材料

  • 鶏ひき肉 100g
  • 玉ねぎ 4分の1
  • 片栗粉 大さじ1
  • マヨネーズ 小さじ1
  • しょうゆ 数滴
  • とろけるスライスチーズ 1枚

レシピ

  • とろけるスライスチーズを6等分し、軽く丸めておく。
  • 鶏ひき肉、玉ねぎ、片栗粉、マヨネーズをよく混ぜてミンチ状にし、6等分に分ける。
  • 1を2で包むように丸め、食べやすいように平たく形成する。
  • 少しの油を引いたフライパンに3を並べて焼き、両面がほんのりきつね色になれば焼き上がり。
  • お好みで醤油を垂せば完成。

手掴み期の赤ちゃんはなんでも手につかんで食べたい盛りなので、手に持ちやすく食べやすいナゲットはおすすめの離乳食です。味付けはそれほどしなくても、とろけるスライスチーズの味がするため、赤ちゃんも大人でも美味しく召し上がれるでしょう。

油の使用が気になる方は、フライパンでなくオーブントースターでこんがり焼いても良いでしょう。ヘルシーで簡単なとろける簡単チーズナゲットの出来上がりです。

また、アレンジレシピもお好み次第で色々作れちゃいます。色味も可愛くコーンや枝豆を入れてみたり、和風にするならひじきやレンコンを入れてみたり、赤ちゃんの苦手な食材を刻んで入れれば、気づかずに美味しく食べてもらえるかも知れません。

アレンジ次第で幅が広がる離乳食です。

 

スライスチーズが気になるあなたにこんな記事もおすすめ!

6Pチーズと切れてるチーズ

 

カルシウムたっぷりスライスチーズ!

スライスチーズが大好きな娘はチーズ大好きで目をハートにして食べます。塊の形状のチーズだとコロンと飲みこんでしまいそうなので、私の家の場合はスライスチーズを両手にチーズ。

娘の様子を観察しているとチーズの食べ方はちぎって食べてみたり、そのままパクパク食べたりその時の気分で食べ方をかえているようです。

毎日4枚近く食べているので幼児の娘は、食べすぎかもしれません。牛乳やフォローアップ等を8か月の時点で飲んでくれなくなってしまった娘には、カルシウムがとれる源。

娘には牛乳も飲んで欲しい所ですが、カルシウムがとれるチーズもいっぱい食べてすくすく育ってほしいです。

記事内で紹介されている商品

クラフト 100%パルメザンチーズ 80g

サイトを見る

ベルジャポン kiriクリームチーズ ポー…

サイトを見る

QBB 大きいとろけるスライスチーズ(ホッ…

サイトを見る

雪印メグミルク とろけるスライスチーズ

サイトを見る

小岩井 クリーミースライスチーズ

サイトを見る

小岩井とろけるスライスチーズ 醗酵バター…

サイトを見る

雪印メグミルク こんがり焼けるとろけるス…

サイトを見る

KRAFT クラフト スライスチーズ

サイトを見る

明治 明治北海道十勝スライスチーズ

サイトを見る

雪印メグミルク スライスチーズ

サイトを見る

JUCOVIA スライスチーズお徳用

サイトを見る

JUCOVIA とろけるスライスチーズ

サイトを見る

JUCOVIA スライスチーズ

サイトを見る

関連記事