具材のバリエーションが豊富で簡単調理!ちらし寿司の素5選

ちらし寿司と言えば、子どものころ、お誕生日のお祝いや、桃の節句、端午の節句など、季節ごとのイベントに、母がよく出してくれる料理でした。

斯く言うわたしも、ちらし寿司には、子どものイベントごとで、大変お世話になっています。

ちらし寿司の素を混ぜて、具をのせれば、簡単で豪華な一品が仕上がり、それにお吸い物を足すだけでも、料理が完結できるので、忙しい主婦の味方です。

また、見た目のアレンジもきく料理なので、ケーキの形にしたり、カップに入れたり、いなり寿司や、手巻き寿司の酢飯にするなど、さまざまな形で、楽しむことが出来ます。

今回は、ちらし寿司を作るときの必須アイテム、ちらし寿司の素について、ご紹介していきたいと思います。

 

ちらし寿司の魅力は・・・やっぱり具材の豊富さ!

ちらし寿司は、なんと言っても、具材が多いことが、一番の魅力ですよね。

ちらし寿司の素に入っている具材だけでも、商品によってですが、かんぴょう、しいたけ、れんこん、にんじんなど、さまざまな野菜が入っています。

野菜嫌いなお子さんでも、ちらし寿司ならば、中に入っている野菜が、細かく刻まれていて、しっかり味もついているので、美味しく、栄養バランスもよく、食べていただけると思います。

また、上に具をのせれば、さらに豪華さも増し、食卓に出すと、見た目も華やかなので、お子さんはもちろん、家族が喜ぶ一品です。

我が家でも、ちらし寿司を出すと、子どもも主人も反応がよく、喜んでくれるので、イベントごとには、かかせない料理です。

 

ちらし寿司の種類

ちらし寿司の素とひとくちに言っても、さまざまなタイプが出回っているので、主な種類を紹介していきます。

 

混ぜるだけのタイプ

こちらは、定番のタイプです。

すし酢と具材が、一緒に包装されており、それを、温かいごはんに混ぜ込むだけで、手軽にちらし寿司を作ることができる、ちらし寿司の素です。

 

具材が別添えのタイプ

すし酢と具材を、別々に包装しているタイプです

別々に包装することにより、手作りに近い、ちらし寿司本来の美味しさを、楽しむことができる、ちらし寿司の素です。

 

化学調味料無添加タイプ

化学調味料を使っていない、体に優しいタイプです。

化学調味料無添加なので、やさしい酸味やまろやかな味わい、上品で華やかな香りが引き立つ、ちらし寿司の素です。

 

ちらし寿司の素の選び方

わたしが、数あるちらし寿司の素の中から、商品を選ぶ際に、重視している点を、項目ごとに見ていきたいと思います。

 

具材の種類数

まずは、具材の種類がどれだけ入っているかは、ちらし寿司の素にとって、大事なポイントですよね。

基本の具材としては、れんこん、にんじん、しいたけ、かんぴょうなどが入っており、この他に、さまざまな野菜や油揚げ、海鮮などが入っている商品もあります。

わたしは、ちらし寿司の素を混ぜ込んだごはんの上に、具材をのせるので、上の具を邪魔せず引き立てる、具が少な過ぎず多過ぎない、5種類程度の具材が入っている商品を、選ぶことが多いです。

 

大手メーカーの商品を優先して選ぶ

やはり、皆さん、大手メーカーの商品は、馴染みの味わいで、安心感がありますよね。

わたしも、食べ慣れた、使い慣れたお酢メーカーや、食品メーカーのちらし寿司の素には、味の心配などなく、安心して購入することができます。

また、大手メーカーの商品は、ちらし寿司の素とひとくちに言っても、さまざまな種類があるので、安心感のある商品ながらも、いつもとは違う商品にチャレンジできる楽しみもあります。

 

ちらし寿司の作り方

ちらし寿司の作り方は、ちらし寿司の素の裏面にも詳しく記載されており、わたしは、その通りに作っています。

大きめのボールに、少し固めに炊いた温かいごはんと、ちらし寿司の素を入れ、混ぜ合わせます。

混ぜ終わったあとは、お米につやを出すために、うちわであおぎます。

仕上がったあと、もう少し冷ましておきたいときは、濡れふきんをボールにかぶせ、酢飯が、乾いてしまわないようにします。

そのあと、事前に切っておいた具材を、ちらし寿司の素を混ぜたごはんの上にのせ、綺麗に盛り付けていきます。

ごはんを炊けば、あとは混ぜるだけ、盛り付けるだけと、本当に簡単便利で、優秀な、主婦の味方商品です。

 

実際に使ってよかった!ちらし寿司の素のおすすめ!

永谷園 すし太郎 五目ちらし 4人前

わたしは、やっぱり、このド定番、永谷園のすし太郎が、一番のお気に入りです。

米酢と黒酢を使っているので、味付けも、酢がききすぎず、まろやかな味わいです。

具材は、五目ちらしなので、れんこん、にんじん、かんぴょう、たけのこ、しいたけの5種類が入っています。

れんこんやたけのこの歯ごたえも残っていて、その食感が、良いアクセントになっています。

すし太郎は、家族で楽しめる4人前ですが、2人前ずつにちらし寿司の素が分かれているので、ご夫婦やカップルなど、少ない人数でも、ちらし寿司を楽しむことができます。

わたしは、このちらし寿司の素で作った酢飯に、えびやいくらなどの海鮮をのせたり、ケーキのような形にして、寿司ケーキを作ったりします。

また、いなり寿司を作るときも、具の入った酢飯の方が美味しいので、こちらの商品を使って、いなり寿司の中の酢飯を、作っています。

メインのえびやいくら、いなりなどの味の邪魔をせず、中に入っている野菜やお酢が、メインの味を引き立て、さらに美味しくしてくれる、ちらし寿司の素です。

 

気になるちらし寿司の素TOP5

ここでは、わたしが今気になっているちらし寿司の素を、ランキング形式で、紹介していきます。

 

第5位 国産野菜の五目ちらし寿司 150g×2袋

・商品名:国産野菜の五目ちらし寿司

・商品の特徴:化学調味料無添加のちらし寿司の素です。

・具材数:5種類(にんじん、れんこん、かんぴょう、しいたけ)

・メーカー:創健社

・惹かれたポイント

こちらの商品は、化学調味料無添加で、調味料にこだわっているので、健康に気を使っている方にも、ぴったりな商品です。

砂糖は、北海道産のてんさい糖、醤油は、国内産丸大豆醤油、食塩は、平釜でしっかり煮詰めて仕上げた、にがりを含む塩を使用しています。

また、調味料だけではなく、野菜も国産の野菜を使用しており、こだわりの調味料が、国産野菜ならではの美味しさを、一層引き立ててくれます。

通常のちらし寿司の素と比べると、価格が高めの設定で、美味しいけれど、購入を躊躇するとのレビューを拝見したので、こちらの順位にしました。

 

第4位 ミツカン いなりちらし 265g

・商品名:いなりちらし

・商品の特徴:甘いきざみ揚げ入りのちらし寿司が作れます。

・具材数:3種類(油揚げ、にんじん、しいたけ)

・メーカー:ミツカン

・惹かれたポイント

甘く煮た油揚げが入った、変わり種タイプのちらし寿司の素で、いなり寿司風のちらし寿司ができるところが、惹かれたポイントです。

具材数が少ないので、この順位ですが、いなり寿司の様に、新たに油揚げを煮て、中の酢飯を作ったりしなくても、混ぜ込めば、いなり寿司風のちらし寿司ができる点は、便利だと思います。

すし酢と具材が、別々に包装されているタイプのちらし寿司の素なので、手作りに近い、ちらし寿司本来の美味しさを楽しめる、ちらし寿司の素です。

 

第3位 永谷園 お茶碗でもすし太郎

・商品名:すし太郎 お茶碗でも五目ちらし

・商品の特徴:1人前のちらし寿司が作れます。

・具材数:5種類(れんこん、にんじん、かんぴょう、たけのこ、しいたけ)

・メーカー:永谷園

・惹かれたポイント

ごはん1杯分に合わせた分量の、ちらし寿司の素なので、ちょっとだけ食べたいときや、お弁当におすすめのサイズです。

また、通常サイズのちらし寿司の素では、少し足りないとき、ちょい足しするのにも、便利なちらし寿司の素です。

酢飯が余ってしまうと、使い道に困りますが、一人前ごとにつくれるので、余ることなく酢飯が使い切れ、一人暮らしの方にも、便利な商品だと思います。

 

第2位 8種類の海鮮具材が入った、海鮮ばらちらしの素

出典: Amazon.co.jp

8種類の海鮮具材が入った、海鮮ばらちらしの素

・商品名:海鮮ばらちらしの素

・商品の特徴:8種類の海鮮具材が入っています。

・具材数:8種類(びんちょうまぐろ、トラウトサーモン、甘えび、味付け飛魚卵、ホタテ、するめいか、かれいヒレ、いくら醤油漬け)

・メーカー:umaimon

・惹かれたポイント

まずは、一番の特徴である、たっぷりの海鮮が入っているところに、心惹かれました。

海鮮は大好きですが、種類をたくさん買うとなると、なかなかちょうどいい量も店頭で見つからず、何種類か余ってしまうことが多いです。

しかし、このちらし寿司の素ならば、全ての具材がバランス良く入っており、冷凍品なので、小分けして必要な分だけ解凍すれば、余って使い道に困ることは、ありません。

また、冷凍品なので、日持ちする点も、この商品の良いところです。

海鮮が8種類も入っているので、価格が少しお高く、他のちらし寿司の素と比べると、気軽に買えないという点で、見た目の美味しさでは1位でしたが、総合的に見て、2位になりました。

 

第1位 永谷園 すし太郎 彩りちらし

出典: Amazon.co.jp

永谷園 すし太郎 彩りちらし

・商品名:すし太郎 彩りちらし

・商品の特徴:もも色のちらし寿司が作れます。

・具材数:5種類(れんこん、にんじん、かんぴょう、たけのこ、しいたけ)

・メーカー:永谷園

・惹かれたポイント

なんと言っても、混ぜ込み梅ごまをご飯に混ぜ込むだけで、ほんのりもも色の華やかなちらし寿司が作れるという点に、惹かれました。

もも色のちらし寿司は、インスタ映えする商品で、作り手側のテンションもあがり、出来上がりを楽しみながら、料理をすることができます。

作り手側も食べる側も、みんなで楽しめる、イベントごとやパーティーにピッタリのちらし寿司の素だなと思い、1位にしました。

 

ちらし寿司の素の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ちらし寿司の素の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

まとめ

みなさんが使っている、お気に入りのちらし寿司の素は、ありましたでしょうか?

普段使っているちらし寿司の素でも、色んな種類があるんだなと、記事を書きながら、改めて実感しました。

いつも、定番のちらし寿司の素を買ってしまいますが、たまには、違う商品にチャレンジして、ちらし寿司の新しい発見をしたいなと思います。

みなさんも、普段とは違う、新しいお気に入りを、見つけてくださいね。

記事内で紹介されている商品

永谷園 すし太郎 五目ちらし 4人前

サイトを見る

国産野菜の五目ちらし寿司 150g×2袋

サイトを見る

ミツカン いなりちらし 265g

サイトを見る

永谷園 お茶碗でもすし太郎 59g×10個

サイトを見る

8種類の海鮮具材が入った、海鮮ばらちらし…

サイトを見る

永谷園 すし太郎 彩りちらし

サイトを見る

関連記事