白米よりおいしい? 雑穀米おすすめランキング

栄養が偏っていると思ったことはありますか?私はスーパーの惣菜、特に揚げ物が大好きで、選ぶのも肉や野菜ばかりということもよく有ります。

野菜嫌いというほどではないのですが、限られた金額で買うとなると、やっぱり好きなものを選びたくなってしまうんです。

そんな時、ご飯に雑穀米をプラスして解決しています。雑穀米にはビタミンやミネラルを含んでいる素材も多く含まれていますし、いつものご飯の容量で炊いて食べるだけと手軽です。

またもちっとした食感で、おこわや赤飯を食べている気分になれるのも魅力と言えます。今回は雑穀米の魅力と、おすすめポイントをご紹介します。

 

白米と雑穀米の違いは何?

雑穀ごはん

白米と雑穀米の違いは、上で書いたように栄養がアップすること。そもそも雑穀米は、様々な穀物をまとめた製品ですから、その分栄養も増すんですね。

以降でも触れますが、1つ1つの穀物自体にビタミンやミネラル豊富なものが多いのも特徴で、ちょっと偏っているな、もう少しプラスしたい時に役立ちます。

 

玄米とはどう違う?

雑穀米

最近では白米だけでなく玄米も食べられていますが、玄米も実は雑穀米に含まれる穀物の1つです。製品によっては含まれないこともありますが、健康志向の穀物という意味では妥当なチョイスでしょう。

気になる点としては、玄米は全て玄米で炊くのに対し、雑穀米はブレンド数が多いと1種類あたりの栄養が少なくなること。さらに製品によっては少量を白米に加えて作るものもあるため、栄養の量という意味では玄米の方が良い場合もあるんです。

ダイエットなど、本格的にボディメイクを考えているのなら玄米にするか、雑穀米の分量を注視してみましょう。

 

雑穀米に含まれるもの

雑穀米に含まれるもののうち、代表的な3つについて触れておきます。まずはもち米。餅の材料となるお米ですが、米そのままの形としておこわや赤飯として食べることもありますね。

もち米の配合が多いと、よりもちもちの食感になるので私は好きです。ちなみに小豆や赤米などが入っていれば、見た目も赤っぽくなるので、雑穀赤飯ができることもありますよ。

2つ目はもち麦。大麦の1つなのですが、名前のとおりこちらももちっとした食感が特徴。もち米と両方入っていれば、より美味しいです。実は麦にも米と同じくうるち麦ともち麦とはあるんですよ。

最後は発芽玄米。玄米との違いは、ちょっとだけ芽が出ていることによって、中の酵素が活発化、栄養が体に取り入れやすくなるところにあります。成分はさほど違いはないのですが、吸収率がアップする点で人気なんですね。

よく噛まずに飲み込んでしまう、玄米であまり健康になった気がしないと思ったら、発芽玄米に切り替えてみましょう。

 

雑穀米のおすすめの炊き方

炊き方は雑穀米の製品パッケージなどを参考にするのがベストですが、表記がない場合はまず普段の白米を炊く要領で行います。

雑穀米も米ではありますから、下手に変更すると失敗しやすいです。その時の仕上がりによって、次回水の量を減らすか増やすか、白米に対する雑穀米の割合はどうするかを考えましょう。

水が普段の分量のままに対して白米に雑穀米をプラスする分、やや固めになる気もしますね。

 

雑穀米を選ぶ時のポイント

雑穀ご飯と味噌汁

雑穀米は種類とその数が製品で違いますから、まずは何が入っているのかをチェックします。素材の好き嫌いはもちろん、含んでいる栄養を重視するなら、原材料一覧で最初の方に表記してあるものがおすすめです。先に書いてあるほど多く入っていますよ。

後は炊く際の配分方法。計量カップやスプーンが付いていたり、そもそも個包装されているとベスト。大きめのスプーンなど、曖昧な測り方で指示されているものは、家庭ごとに差も出やすいので、試行錯誤が必要になる可能性もあります。

 

雑穀米おすすめランキング

様々な穀物

雑穀米にも中身の違いがあるので、それを踏まえて順位付を行いました。五穀米などのように、何種類入っているか、また白米にプラスするタイプかそれだけで炊くのかにも違いが見られます。

 

第8位 はくばく まいにちおいしい雑穀ごはん

最初はまいにちおいしい雑穀ごはん。発芽玄米を中心に、もちあわ、大麦、黒米、アマランサス、はと麦、キヌア、白ごま、もちきび、とうもろこし、赤米、黒ごまと12種類が入っています。

豆類が入っていないという特徴があり、豆が苦手な方、純粋に米類を楽しみたい方におすすめ。少量ですが赤米が入っているので、炊き上がりが赤飯になるのも良いですね。

 

第7位 SUPERFOODSJAPAN もち麦たっぷり16種雑穀米

続いては種類が増えて16穀米。中身は国産にこだわったものが多く、丸麦(大麦)に押し麦、発芽玄米、青大豆、小豆、大豆、赤米、黒米が該当します。

そのほかもち麦、キヌア、アマランサス、チアシード白及び黒、白黒金3種類のごまが入っています。

白米に混ぜて炊くタイプで、1合あたり大さじ2杯程度が目安。水量を増やして雑穀粥として使っても美味しいです。

 

第6位 種商 国内産十六穀米 業務用

6位も16穀米です。こちらは全てが国産。

ラインナップは押麦とはだか麦、黒米、もち玄米、黒大豆、発芽玄米、もち麦、赤米、青肌玄米、もちあわ、もちきび、はと麦、大豆、たかきび、緑米、そしてアマランサとなっています。

大豆と黒大豆は、遺伝子組み換えでないものを使う配慮もされており、より健康志向の方にぴったりですね。

麦類の豊富さか、あるいはもちと名のつく素材が多いためか、炊き上がりがおこわのようなもっちりした食感になっています。

 

第5位 石橋工業 雑穀美人

5位の雑穀美人は、容量の多さも魅力ですね。

含まれている雑穀は大麦にコーングリッツ、黒米、もち米、もちあわ、もちきび、ホワイトソルガム、発芽玄米、ハトムギ、黒豆、小豆、赤米、ひえ、アマランサス、キヌア、たかきび、白ごま、黒ごま。

なんと18穀枚です。うちコーングリッツと黒豆は遺伝子組み換えではありません。

袋入りではありますが、計量スプーンがセットになっているので、炊くのも容易に行えます。

 

第4位 日本精麦 健康十六穀

4位はさらに大容量の16穀米。

もちあわと発芽玄米、とうもろこし、黒米、大麦、もちきび、小豆、黒豆、たかきび、キヌア、赤米、黒胡麻、はとむぎ、アマランサス、ひえ、ホワイトソルガムが入っています。

最後のホワイトソルガムというのは小麦と違ってグルテンを含まず、新しい種類の穀物として注目を集めています。成分としてはミネラル、特に鉄分が豊富です。

 

第3位 九州の大自然しらき 雑穀米

くまモンのパッケージが印象的な雑穀米が3位。中身は黒米に赤米、緑米、発芽玄米、押し麦、ひえ、きび、あわと8種類です。

赤米の配合率が高いので、昔ながらの赤飯といっても良いタイプですね。こちらは白米1合に対して大さじ1杯入れるのが目安。

赤飯だからというわけではないのでしょうが、塩を振り掛けるだけで、おかず不要でおいしく食べられます。

 

第2位 ハウス 元気な穀物香ばし十五穀

ハウスの15穀米は、1回分が個包装されているので使いやすさがあります。ちなみに1回分は1合ではなく2合から3合向け。なので炊飯器1回と数えることができて便利。

含まれているのはもち米、黒米、とうもろこし、小豆、大麦、そば、はと麦、黒豆、黒ごま、白ごま、発芽玄米、ホワイトソルガム、もちあわ、もちきび、そしてアマランサスです。

こちらは赤米こそ入っていませんが、もち米に小豆など、現在の赤飯の素材が入っているのも特徴。色は薄めですが、味は赤飯やおこわに近くなっています。

 

第1位 はくばく 十六穀ごはんお徳用

小包装かつお得ということで、はくばくの16穀米を1位に選びました。

内容はもちあわ、黒米、黒豆、アマランサス、発芽玄米、キヌア、たかきび、小豆、黒ごま、白ごま、もちきび、大麦、赤米、ひえ、はと麦、とうもろこしです。

種類の豊富さもあってか、こちらもご飯だけでいけるレベル。おかずに困ってしまった時にも助かっています。

 

まとめ

雑穀米はメーカー別でも共通する穀物が多いですが、国産や遺伝子組み換えなど、種類の質にこだわっていると高めになるようですね。

また基本的に表記しているのは含有率の高い順ですので、好きな穀物があるのなら、それが前の方に記載されているものを選ぶのも手。

今日のご飯から早速プラスしてみてはいかがですか?

記事内で紹介されている商品

はくばく まいにちおいしい雑穀ごはん

サイトを見る

SUPERFOODSJAPAN もち麦たっぷり16種雑穀…

サイトを見る

種商 国内産十六穀米

サイトを見る

石橋工業 雑穀美人 

サイトを見る

日本精麦 健康十六穀 

サイトを見る

九州の大自然しらき 雑穀米 

サイトを見る

ハウス 元気な穀物香ばし十五穀 

サイトを見る

はくばく 十六穀ごはんお徳用 

サイトを見る

関連記事