デリスタグラマーが教える!鍋の素おすすめランキング10選

 

トマト鍋やレモン鍋、あなたはどんな味を演出してくれる”鍋の素”が好きですか?

突然ですが筆者は小さい頃、お鍋が好きではありませんでした。母から「今日の夜ご飯はお鍋だよ」と言われると一気にテンションが下がってしまうほどです。お野菜ばかりで味気ないし、大人が好きな食べ物だ!と子どもながらに不満を持っていたのを記憶しています。

しかし今では定番のちゃんこ鍋や寄せ鍋から、いかにも子どもが好きそうなカレー鍋やとんこつ醤油鍋、女性を意識したトマト鍋や豆乳鍋、どんな味だろう?と興味をそそられずにはいられない納豆チゲ鍋やピザ鍋など、種類豊富な鍋の素が販売されるようになり、今日はどんなお鍋を食べよう?今度はあの鍋の素にチャレンジしてみようかな?と、鍋の素を選ぶのも楽しみの一つになりました。

そして今では冬になると1週間に1度はお鍋をするほどお鍋が大好きで、テンションが上がってしまいます。

さらにお鍋といえば、野菜をたくさん食べられるだけでなく、お腹一杯食べてもカロリーが気にならないのも嬉しいポイントではないでしょうか。

一人でも手軽にお鍋ができる鍋の素や、お鍋以外の料理にも使える鍋の素も増え、寒い冬だけでなく温かい季節にも一役買ってくれること間違いなし!

今回はそんな簡単美味しい”鍋の素”についてランキング形式でご紹介していきたいと思います。

鍋の素を選ぶ時のポイントや注意点があれば教えて!

食べたい具材を先に決める

白菜向け、キャベツ向け、豚肉向け、鶏肉向け、海鮮向けなど、鍋の素によっておすすめの具材が大きく変わってくることがあります。まずはその日なにを食べたいか、その食べたい具材に合う鍋の素の商品は何なのかが一番の選ぶポイントになるのではないでしょうか。

また我が家では大人数でお鍋をする場合には豆乳ベースやトマトベース、キムチベースなど好き嫌いが別れそうな味の濃い商品ではなく、シンプルな醤油ベースの商品を選ぶようにしています。

 

どんな〆を食べたいか

少し前までお鍋の〆といえば雑炊やうどんが一般的でしたが、鍋の素が豊富に販売されるようになってからはラーメンをはじめ、パスタやペンネ、チーズを入れたリゾットなど鍋の〆もスープをベースにいろいろと味を楽しめるようになってきました。最近麺類食べたからお米がいいな、今日は麺でがっつり〆たいな、など最後の〆のことも考えて鍋の素を選ぶのも楽しいですよ。

 

用途に合わせて購入する

鍋の素には凝縮タイプ、ストレートタイプがあります。凝縮タイプはコストパフォーマンスに優れているので鍋パーティーをする時など大人数の際におすすめです。万が一スープが足りない!なんてときも凝縮タイプであれば継ぎ足し可能なので安心。またお鍋以外の料理にも使用しやすいのは凝縮タイプです。ストレートタイプは鍋の素を注げばいいだけなので手軽にお鍋を楽しむことができます。ただし鍋の素によってはスープが思っている以上に少ない場合も多いのでたくさん食べる人や4人以上でお鍋をする際は〆のことも考えて表示人数分より多めに購入しておくことをおすすめします。

 

塩分の摂りすぎに注意

美味しくて手軽な鍋の素ですが、その分塩分が多いのもご存知でしょうか?むくみの原因にもなるため、食べすぎや煮詰めすぎには十分注意してください。カリウムが豊富でお鍋との相性もいいホウレン草や水菜、ニラ、エリンギ、春菊なども一緒に食べると良いでしょう。

 

鍋の素の使い方☆ワンポイントアドバイス

ベースとなっている出汁で割る

水で薄める凝縮タイプの場合、どうもコクがでない、薄い気が気がする・・・など人それぞれ味の感じ方が大きく分かれます。その場合はその鍋の素の出汁が鰹や昆布など何をベースで作られているのかを確認し、水で割るのではなくそのベースとなっている出汁で割るのがおすすめです。

さらにポーションタイプやストレートタイプが濃い場合や煮詰めすぎた場合にもベースとなっている出汁で割るのがおすすめですよ。

 

キューブタイプは刻めば安心

キューブタイプの鍋の素を使った時、溶け切っていなかった!なんて経験はありませんか?鍋の素に限らず粉末固形の調味料は非常に溶けにくく、少し扱いずらさがあります。そんな時は少し面倒ですが予め包丁などで砕くか軽く刻んでおくと良いですよ。刻めばお鍋以外の料理にも使うことが可能になります。

 

一人暮らしの場合

一人から使える鍋の素もありますが、市販の鍋の素は3~4人前の商品がほとんどです。使わなかったスープはペットポトルに入れてしっかりと蓋を閉めれば、冷蔵庫で保存もできるので「食べたい鍋の素があるけど一人だからできない!」なんてお悩みも解消されます。とはいえ一度開封した商品なので一週間を目途に使い切るようにしてくださいね。

 

綺麗に盛り付けるには

鍋の素を入れてから具材を入れようとするとスープで野菜が浮いたり流れたりして思うように盛り付けることができません。綺麗に盛り付けをしたい場合は先に鍋に野菜や肉を入れてから鍋の素を注いでください。また、火が通るとしんなりとしてしまうので鍋いっぱいに野菜を入れるのがポイントです。さらにおしゃれにしたいときは野菜を肉で巻く、椎茸や人参は飾り切りにする、人参をピーラーやスライサーで薄く切ってリボンのようにする、春菊などあまり火を通さなくていいものは出来上がる直前に鍋の中央にこんもりと盛る、鍋の素に合わせて柚子、酢橘、ニンニク、ショウガ、一味などを散らして彩りも良くする、などおもてなしにも使えますよ。

 

鍋の素を使ったアレンジ料理

和風だし系

炊き込みご飯を炊く際の水の1/2〜2/3を和風だし系の鍋の素にすると面倒な味付け不要でおいしい炊き込みご飯が出来上がります。もちろん、うどんやおそばの出汁としても重宝します。

 

とんこつ鍋系

おすすめは野菜炒め。水分が多いので、必ず炒め始めに入れ出来上がる頃には水気が飛んでいるようにします。味が薄い時には中華味の素や塩胡椒をプラスして。クタッとした野菜炒めが好きな人には特におすすめです。

 

キムチ鍋

魚介エキスが入っている商品がほとんどなのでキムチチャーハンや豚キムチ、野菜炒めにプラスするとコクが出ます。また、春雨スープやワンタンスープにも使えるので、食卓がマンネリしている時には調味料として常備してみてはいかがでしょうか。

 

レモン鍋

鮭やお好みのキノコをホイルで包み、レモン鍋の素、マヨネーズ、チーズ、ブラックペッパーをかけてトースターで20分。これだけで立派なメイン料理が出来上がります。もちろん、厚切り豚ロースや鶏肉などの蒸し料理にも相性抜群です。「レモン鍋」というだけで特別感があってとてもおすすめです。

 

鍋の素おすすめランキング

 

最後に、わたしの独断と偏見で鍋の素おすすめランキングを作ってみました。

10位:モランボン BistroDish トマト鍋スープ

出典: Amazon.co.jp

内容量:750g×10パック
カロリー:173Kcal
原材料:トマト、食塩、砂糖、白ワイン、玉ネギ、食用植物油脂、コンソメ、にんにく、脱脂粉乳、チーズ、コショウ、オレガノ、バジル、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、酸味料、香料。

トマト鍋の素は甘い商品が多い中、モランボンのトマト鍋スープは甘ったるさがなく濃厚な一品。バジルやスパイスの風味を感じることができる商品です。海鮮類との相性も良いのでいつもとは違うお鍋を楽しみたい時や、ちょっとした記念日の時、女子会などにも一役買ってくれること間違いなし。さらにトマトのフレッシュさが欲しい場合は大き目にカットしたフレッシュトマトを入れてみてくださいね。

〆はご飯とモッツァレラチーズでリゾットにしたり、角切りにしたフランスパンととろけるチーズ、ペンネがおすすめです。

 

9位:ヤマサ醤油 極鍋 昆布だし鍋つゆ醤油

出典: Amazon.co.jp

内容量:750g
原材料:しょうゆ、昆布だし、砂糖、かつお節だし、食塩、かつお節エキス、そうだ節だし、酵母エキス、昆布、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

2種類の昆布だしを使用した化学調味料無添加の優しい鍋つゆです。化学調味料を使用していない鍋の素は数少ないため、少しでも体のことを気にする方に特におすすめの商品です。丸大豆醤油を使用しコクとまろやかさが際立ちます。白菜や鶏肉、鱈や海老など魚介類との相性もよく、子どもからお年寄りまで定番のお鍋スープとして使用できますよ。

〆は雑炊、もしくは刻んだ白ねぎをたっぷり入れてたうどんやそばがおすすめです。

 

8位:ダイショー 野菜をいっぱい食べる鍋 もやし鍋スープ

出典: Amazon.co.jp

野菜本来のおいしさを充分に引き立たせるため、鶏ガラの旨みを効かせ、ごま油の風味で香りよく仕上げた、野菜が主役のストレート鍋スープです。鍋にスープを入れ、もやし・野菜・豚肉等お好みの材料を加えて煮るだけで本格的な鍋料理がお楽しみいただけます。また、おすすめの「鍋あとメニュー」の作り方を商品裏面に掲載しております。

鶏ガラベースのスープ。ごま油が香り食欲がそそられます。もやしはもちろん他の野菜との相性も抜群で個人的には大きめに切ってとろとろになった白ネギが絶品でした。お鍋が美味しい季節であり、野菜の値段が高い冬にこそありがたい鍋スープです。

〆は雑炊もしくはラーメンで。

 

7位:イチビキ 赤から鍋の素「辛さ人気の3番」

出典: Amazon.co.jp

居酒屋チェーン赤から監修、お店の味を再現しました。辛くて旨い、赤から鍋がご家庭でお楽しみいただけます。
お店で人気の辛さ3番は、やみつきになる美味しさです。辛さを極めたやみつきの旨さが特徴です。
お得な3袋セット。ストレートタイプ。

居酒屋・鍋屋として人気の「赤から」名物の”赤から鍋”を再現した鍋の素。ただ辛いだけでなく味噌の濃厚さと深みがあり、白ご飯が欲しくなるような少し濃いめの味付けはお豆腐やマロニーとの相性も抜群です。わたしはお店で5番を食べましたが辛すぎたので「辛いのはそんなに得意じゃないけど食べたい!」という方には3番がちょうど良いのではないでしょうか。他にも1番のマイルドや赤から通5番、灼熱鍋15番もありますよ。(数字が上がるほど辛くなります。)

〆は定番のラーメン、もしくは鰹節とネギをたっぷり入れた雑炊がおすすめです。

 

6位:よしの味噌 広島れもん鍋のもと

出典: Amazon.co.jp

原材料:塩麹(米麹、食塩)、発酵調味料(発酵調味料、酒精、液状ぶどう糖、食塩)、レモン果汁(広島県産)、還元水飴、風味調味料(小麦・大豆・さば・鶏肉・ゼラチンを含む)、レモン果皮(広島県産)、醸造調味料、しょうゆ、醸造酢、砂糖、しょうが、にんにく/酒精、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘剤(キサンタンガム)
内容量:180g×2袋
カロリー:106kcal

清涼感バツグンの広島県産レモンと旨味を引き出す、魔法の調味料「塩麹」のさわやかな鍋の素です。ふわりと鼻に抜ける香りが心地よく、リラックスできる風味。肉でも魚でもあい、脂っぽい具材でも最後までもたれずに食べられるのも嬉しいところ。アレンジ自在のフルーティー&ヘルシー鍋。新感覚の美味しさをお楽しみください。

テレビなどのメディアでお馴染みの商品「広島れもん鍋のもと」。広島県産レモンと独特の甘みや旨味のある塩麹を使用した爽やかな鍋の素です。キュッとくるような酸っぱさはなく、レモンの風味が口の中いっぱいに広がって癖になる味です。おすすめの具材は鶏むね肉、春菊、レタス、牡蠣、鱈、さつまいも。さっぱりと頂けるので温かい季節にも食べたくなる鍋の素ですよ。

〆はチーズリゾット、もしくは中華麺とラー油を入れた酸辣湯風がおすすめです。お好みで塩、ブラックペッパーで味を調えて。

 

5位:キッコーマン 贅沢だしがおいしい 鴨だし鍋つゆ

出典: Amazon.co.jp

国産鴨だし入り、「贅沢だしがおいしい」鴨だし鍋つゆです。だし原料は国産100%です。また、とりたてのだしの香りを残すため、袋の中で鰹だしをとりました。だからあふれるようなだしの香りで飲み干したくなるような味わいです。たっぷり3~4人前のストレートタイプ。シメは鴨だしそばがおススメです。

だし原料は100%国産。鴨だしと厚切りの鰹節が入っていて、パウチの中で出汁を取っているというところがポイントの商品です。そのお陰で出汁の香りが飛ぶことなく、香り高く、深い味わいの鍋つゆに仕上がっています。鴨だし鍋つゆとはいえ入手しにくい鴨を入れる必要はなく、豚ロースや鶏もも肉でも十分美味しく頂けます。そして鴨といえば白ネギ!厚切りにした白ネギをたっぷり入れてお肉と巻いて食べれば言うことなしの美味しさです。

〆はなんといってもお蕎麦。この時にもたくさん白ネギを入れるのがおすすめですよ。

 

 

4位:味の素 鍋キューブ ピリ辛キムチ

出典: Amazon.co.jp

「鍋キューブ」は、キューブ1個で1人前なので、一人鍋から大人数の鍋まで入れる個数によって味の濃さや作る量をお好みに調整することができるキューブ状の鍋つゆの素です。「ピリ辛キムチ」は、鶏だしをベースにキムチや赤みそなどで味付けした鍋つゆの素です。隠し味に魚醤を加えコクと深みのある味わいに仕上げました。

キムチ鍋の素といえば独特の酸味が強い商品もありますが、”鍋キューブ ピリ辛キムチ”は旨味と酸味のバランスがよくコクのあるスープです。キューブタイプなのでしっかりと溶かす必要がありますが、人数に合わせて量を調整できたり、包丁で刻んで炒め物やチャーハンにも使うことができるので鍋の素としてだけではなく、調味料の一つとして常備しておくことも。

〆はラーメンもしくは平打ちうどんがおすすめです。

 

3位:ヤマキ 軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ

出典: Amazon.co.jp

軍鶏系地鶏のだしにとんこつだしを効かせ、高知産生姜を隠し味に加えて、コクの中にもすっきりとした味わいの塩味の鍋つゆに仕上げました。鍋の〆には、中華麺、ぞうすいがおすすめ! 寒い冬は野菜たっぷりの塩鍋つゆをお楽しみ下さい! 薄めずにそのままご使用頂けるストレートタイプです。
原材料:地鶏エキス、食塩、砂糖、ポークエキス、野菜エキス(小麦・大豆を含む)、しょうが、クリーミングパウダー(乳成分を含む)、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、乳化剤、香辛料抽出物

高知県産の生姜が効いた塩ベースの鍋つゆ。地鶏のだしもしっかりと効いていてあっさりの中にも濃厚さがあり、生姜で体も芯からぽかぽかと温まりますよ。おすすめの具材は手羽先や手羽元、そして鶏だんご。手羽先や手羽元のように骨のあるお肉はお鍋にするとどうしても食べにくさがありますが、この軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆを吸って軟骨部分まで美味しくいただけます。

〆は鶏雑炊もいいですがラーメンもおすすめです。あっさりとした塩ラーメン、塩そばが楽しめますよ。

 

2位:まつや とり野菜みそ

出典: Amazon.co.jp

まつやの『とり野菜みそ』は石川県をはじめ北陸地域で親しまれている調味みそです。
現在では関西を中心に販売地域を広げ、レトロでほっとする雰囲気のパッケージデザインも人気を集めています。
使用量の調節や保存に便利なスパウト付パウチタイプです。
これを機に、より幅広い地域の方に人気のご当地みその魅力を楽しんでいただけたらと思います。

メディアでもお馴染み、石川県でお鍋といえば「まつやのとり野菜みそ」と言われるほど人気の鍋の素。わたしは石川県出身の義姉に勧められたのがきっかけで、1度食べてからすっかりハマってしまいました。米みそを使用した飽きがこないどこか懐かしい味に、お味噌汁のような優しさと、味噌ラーメンのようなコクがあり、いくらでも野菜が食べれてしまいます。鶏肉はもちろんですが、おすすめは大きくぶつ切りにされた鱈!とり野菜みそには魚介エキスも入っている為、白身魚やエビやカニなどとの相性も抜群なんですよ。

〆は卵をたっぷり使った雑炊、もしくはうどんで。

 

 

1位:ミツカン 〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ

出典: Amazon.co.jp

ミツカン〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆストレートは、コクがある味わいなので、お鍋はもちろん、〆まで美味しく食べられる鍋つゆシリーズです。
じっくり煮込んだ豚骨、鶏ガラスープに野菜スープと本醸造醤油を加えたコクがあって濃厚な味わいのとんこつしょうゆ鍋つゆです。
〆はラーメンを入れてとんこつしょうゆラーメンを美味しくいただけます。

この鍋つゆが食べたいからお鍋をすると言っても過言ではないほど我が家で定番の鍋の素です。豚骨エキスや鶏ガラエキスが入った本格的なとんこつ醤油味で、濃厚だけどあっさりとしていて飽きがこない美味しさです。ニンニクを追加してもつ鍋風にアレンジしたり、お鍋にはせずラーメンのスープにしたりと、一味違った使い方で楽しむこともできます。

そして鍋の〆はやっぱりラーメン。麺は細麺より平打ち麺または太麺がおすすめ。ネギや海苔をトッピングすれば本格的なラーメンが楽しめるので、まさに「〆まで美味しい鍋の素」です。

 

 

まとめ

”石川県とり野菜みそ”や”広島れもん鍋のもと”のようにご当地ならではの鍋の素もたくさん。旅行に出かけた時は道の駅などでチェックしたくなりますね。

お鍋といえば寒い季節の食べ物というイメージですが、これだけ魅力的で種類豊富な鍋の素が増えると一年中楽しめること間違いなし!種類豊富な鍋の素の中から「これはイマイチだなぁ」「これは好きかも!」と自分好みの1つを探し出すのも楽しいかもしれませんよ☆

記事内で紹介されている商品

モランボン BistroDish トマト鍋スープ

サイトを見る

ヤマサ 極鍋昆布だし鍋つゆ醤油

サイトを見る

ダイショー 野菜をいっぱい食べる鍋 もや…

サイトを見る

イチビキ ストレート赤から鍋スープ3番

サイトを見る

よしの味噌 広島れもん鍋のもと

サイトを見る

キッコーマン 贅沢だしが美味しい 鴨だし…

サイトを見る

味の素 鍋キューブ ピリ辛キムチ

サイトを見る

ヤマキ 軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ

サイトを見る

まつや とり野菜みそ

サイトを見る

ミツカン 〆まで美味しい とんこつしょう…

サイトを見る

関連記事