お酒好きライターが教える!スパークリングワインのおすすめ8選

スパークリングワインとの出会い

見た目にも華やかなこのお酒。私が初めて口にしたのは大学卒業のお祝いとしていただいた一杯でした。コルクの飛ぶ「ポン!」と言う音、細かな泡、ゴールドにグラスが満たされていく美しさに、飲む前からドキドキ…。飲んでみると、キリッと冷えた爽やかな口当たりと、シュワシュワと香りが鼻に抜けていく感覚。病みつきになりました。

その時のコルクは今でも保管してあります。店長が用意してくれていた、ドンペリ!シャンパンをはじめとするスパークリングワインはその日から私の大好きな飲み物となりました。

スパークリングワインと通常のワインの違いって何?

簡単に言うと、発泡しているかいないかですが、それ以外にも違いが。

 

見た目

発泡性のワインのボトルは泡による圧力に耐えられるよう頑丈に出来ており、形も女性的です。また、使用するグラスも「フルートグラス」と呼ばれる細身のもの。通常のワインは香りが引き立つように作られていますが、フルートグラスは美しく泡が立つように作られています。なんと100均でも買えてしまいます♪

味わい

甘口~辛口と分けられています。ブドウの甘みを強く感じる「甘口」は、ワインの渋みが苦手な方にも飲みやすくオススメです。「辛口」はスッキリとした飲み口と旨みが魅力。「ドライ」と表現されることもあり、口の中をサッパリさせてくれるので様々なお食事にもよく合います。

 

価格

一度ワインを完成させ二次発酵させていきますので、多少値が張る印象があります。ワインショップを見ても、1600円程からと毎日飲むには厳しい値段。しかし最近はスーパー・コンビニのPB製品が数百円で販売されています。これで毎日楽しめますね!笑

 

シャンパンとスパークリングワインって同じもの?

そもそもスパークリングワインとは発泡している果実酒全般を指します。

ですが作られる国・地域によって呼び名が変わります。フランス・シャンパーニュ地方で、法律に則って作られたスパークリングワインのみをシャンパンと呼ぶことが出来るのです。発明したのは、カトリックの修道士ドン・ペリニヨンさん。

ラベルや商品紹介を読んでいると「シャンパーニュと同じ製法で作りました」というものがあります。地域が異なるためシャンパンとは呼ばず、フランスでは「クレマン・(地域名)」とされます。スペインでは「CAVA」と表記されます。価格がシャンパンよりお手頃なので、なんだか得した気分にさせてくれますね。

 

スパークリングワインのおすすめの味は、赤ワイン?白?ロゼ?

 

・・・オススメNO,1.スパークリングと言えば、白。実際には黄金の輝きが美しく、見た目にもその場を華やかにしてくれます。幅広いお料理にマッチしてくれます。私の中で「牡蠣×辛口白スパークリング」が最高のマリアージュです♪

 

・・・ビギナーにオススメ「ランブルスコ」に代表されるように甘口が多い、赤スパークリングワイン。ですが通常の赤ワイン同様、しっかりしたフルボディのものもあり、シュワッとしていながらタンニンを感じることができ、お肉料理にピッタリ合います。冷やして飲むと更に美味しくいただけます!

 

ロゼ・・・基本的には黒ブドウを100%使用して作り、様々製法は異なりますが「赤ワインの作り途中に、更に行程を加え、味を守り、見た目に美しく・・・」と、作り手の愛情によってロゼは生まれます。その為、価格に関わらず貴重な存在なのです。(君もそんな存在だよ、の気持ちを込めて、乾杯しましょう。)

ブリュット、ドルチェ?難しいワインの辛さについて

先ほどから「甘口~辛口(ドライ)」と表現していますが、ワインの甘口は本当に「甘い」のです。味自体に関しては日本酒などに比べると至極単純ですね。その甘みの中にも、ベリー系・青リンゴ系・柑橘系など、様々です。あなたの好きな味を見つけていきましょう。

 

ボトルのラベルは難解に思われますが、好みの味に辿り着きたい!その為にも単語を覚えておきましょう!

甘口・・・Doux(仏),Dolce(伊)、ドルチェはお菓子を意味することも。食前酒としても○。

中甘口・・・Demi-Sec(仏)、Semi-Secco(伊)、半分・ドライ。と書いてますが甘口です。

中辛口・・・Sec(仏)、Secco(伊)、ドライ。と書いてますが私としてはまだまだ甘く感じます。

辛口・・・Extra-Sec(仏)、Extra Dry(英伊)、書いてあるよりは辛口じゃない、という感じです。

極辛口・・・Brut(仏)、この辺から通常の辛口、と私は判断しています。

極々辛口・・・Extra Brut(仏)、Pas Dose(伊)、Ultra Brut、Brut Sauvage、Brut Zero。

スパークリングワインを購入際に考慮すべきポイントは?

ワインショップで購入する際店員さんに必ず言う言葉が「冷えてるものありますか?」。この確認は、帰ったらすぐに乾杯したい派の私にはとても重要。

それに、お土産の場合、冷えていないものを持っていくと冷蔵庫の場所をとってしまいますし、冷えるまで時間がかかります。ホームパーティに冷えたシャンパンをいただいたら、楽しい特別な気持ちが倍増しますよね!

また、コップが足りないことも予想される場合はグラス型のプラスチックカップもあります。「どこまで気が利くの!」と皆を驚かせ、宴会部長として君臨できること間違いなしですね!

これで失敗しない!スパークリングワインおすすめ8選

 

PROYECT CU4TRO CAVA プロジェクト・クワトロ・カヴァ

出典: Amazon.co.jp

プロジェクト クワトロ カヴァ

白・スペイン産・辛口。ドライながらもフルーツの旨み・甘みを感じます。2千円程で購入可能です。この味でこの値段にはスパークリング好きにも絶賛され、星付きレストランでも採用されています。シルバーのボトルが見た目にもゴージャスで、写真映えばっちり!お土産にも喜ばれます。

 

SILENI シレーニ セラー・セレクション・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

出典: Amazon.co.jp

シレーニ セラー・セレクション・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

白・ニュージーランド産・甘口。青リンゴ・柑橘系の爽やかな旨みを感じ、夏にぴったりです。ニュージーランド航空にも採用された経歴もあり、万人受けはお墨付きです。しかも、スクリューキャップなのでコルクの開栓に自信がなくても安心。再栓にも使えるのでスパークリングストッパーが無くても大丈夫!

 

L’ENCERT Brut Classic  ランサール・ブリュット・クラシック

ランサール・ブリュット・クラシック

白・スペイン産・辛口。結構辛口ですが、しっかり果実の旨みと少しのミネラルを感じ、私の中でヒット中。お酒の品揃えも良いビックカメラ池袋店で購入。千円台とお安かったので何気無くに飲みましたが、あまりの美味しさに吃驚しました。ネット通販で何本かセットの中にあるので、宝探し感覚でお試しあれ♪

 

Freixenet ICE CUVEE ESPECIAL フレシネ・アイス・キュベ・エスペシアル

白・スペイン産・辛口。コンビニやスーパーでも見かけるフレシネ。見た目にも爽やかな真っ白ボトル。アイスというだけあり、氷を入れてヨシ!のお墨付き。クセもなくさっぱりいただけます。2017年に数量限定で販売されたものです。今年も出るのかな?見つけたら買ってみるべし!

 

Ceci Giuseppe Verdi Lambrusco Amabile チェーチ ジュゼッペ・ヴェルディ ランブルスコ アマービレ

出典: Amazon.co.jp

ジュゼッペ・ヴェルディ ランブルスコ・アマービレ

赤・イタリア産・甘口。あまーい果実の美味しさをしっかり感じることの出来るランブルスコです。微発泡なので炭酸が苦手な方にもオススメ。アルコールも低めなので、お酒ビギナーの方も挑戦しやすいです。KALDI等で気軽に購入出来ます。ラベルのト音記号が可愛いので、音楽イベントの贈り物としても喜ばれそうですね。

 

MOET&CHANDON ROSE IMPERIAL モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル

出典: Amazon.co.jp

モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペリアル

ロゼ・フランス産・辛口。言わずと知れたモエ・ロゼ。ドライながら野イチゴのような果実を感じさせるフレッシュでしっかりとした味わい。スパークリングワインに慣れてきたら、少し背伸びをしてチャレンジを!フルボトルは5千円程ですが、頑張った自分へのご褒美に手頃な小瓶もあります♪

 

AYALA BRUT MAJEUR アヤラ・ブリュット・マジュール

白。フランス産・辛口。シャンパンをもっと知りたい!と思い始めた頃に出合ったのが、AYALAでした。キリッとした飲み口に、ふくよかに広がるピノノワールの果実味。そしてシャルドネの酸味が引き締め、上質なバランスを感じさせてくれるAYALA。日本国内の大手ブライダル会社も乾杯酒に採用しているそうです。

 

バロークス スパークリング缶ワイン

白・赤・ロゼ・フランス産・甘口~辛口。缶もあります!スパークリング。シャルドネ100%のプレミアム等、頼れる品揃えです。アウトドアはもちろん、野外イベントにもぴったり。私はいつも成城石井で購入しています。300円台なのも嬉しいポイント。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スパークリングワインは結婚式などお祝いの席で、場に花を添えてくれる素晴らしい存在。その上、スーパーやコンビニでも購入出来、普段の生活の中での良かったこと、嬉しかったことを祝える、まさに「自分で自分を褒めてあげる」に相応しいお酒です。

 

バブリーな印象もありますが「キメ細やかな泡が小さく祝福してくれる」ようなこの泡のはじける音の事を、「天使の拍手」とブライダル業界では言われています。

 

また、贈り物にぴったりですが、結婚・出産などのお祝いの際には、「お酒が飲めない状況かもしれない」と言うことを考慮しノンアルコールのスパークリングワインもありますので、アルコール有りのものとセットで贈ると安心ですね。

 

皆様の参考になれば嬉しいです。ステキなスパークリングワインとめぐり会えますように。

記事内で紹介されている商品

プロジェクト クワトロ カヴァ

サイトを見る

シレーニ セラー・セレクション・スパーク…

サイトを見る

ランサール・ブリュット・クラシック

サイトを見る

フレシネ アイス キュベ エスペシアル

サイトを見る

ジュゼッペ・ヴェルディ ランブルスコ・ア…

サイトを見る

モエ・エ・シャンドン ブリュット アンペ…

サイトを見る

アヤラ ブリュット マジュール

サイトを見る

バロークス スパークリング缶ワイン

サイトを見る

関連記事