酒好きライターが選ぶ、果実酒おすすめ8選

果実酒って具体的にどういうお酒?

果実酒とは本来、果汁を発酵させて作られたものをさしています。

葡萄の果汁を発酵させるワインがそうです。

俗に、発酵させずに、焼酎やブランデーなどに果実をつける果実リキュールも果実酒と呼ばれるようになりました。

実は、ワインなどは家で作ると酒税法違反になるのですが、果実酒は、いくつかのルールを守れば、違法にはなりません。

条件としては、20%以上のアルコールを使うこと(更なるお酒の発酵を防止するため)、米、麦、あわなどの穀類をつけ込まないこと(日本酒やビールの製造につながってしまうため)、ぶどう・山ぶどうなどのぶどう類をつけこまないこと(ワインの製造につながってしまうため)の3点です。

これらに注意すれば、ご家庭でもおいしい果実酒を楽しむことができるんです。

 

果実酒の種類

果実酒の種類はたくさんあります。

レモン酒、みかん酒、いちご酒、梅酒などなど、いざお店で買うときも迷ってしまって、選ぶのが本当に難しいです。

その中で、筆者が1種類だけあげるとしたら、やっぱり梅酒でしょうか。

昔から作られている梅酒は、全国各地で様々なアルコールをベースとしたものがあり、飲み比べるのも楽しいです。

あと、「梅」というのが体によさそうな気がするのも理由の一つかもしれません。

「お酒を飲む」という行為に対し、「梅は体にいいから」という理由付けをしている気もします。

それでも、やはり日本人には一番馴染みのある果実酒ではないかと思います。

 

今から作れる果実酒の簡単レシピ

果実酒は、ご家庭で誰でも簡単に作ることができます。

まず、容器を選びますが、最近の果実酒ブームもあってか、量販店などで、果実酒用のものが手に入ります。

中身が見えて、清潔なガラス製がおすすめですが、プラスチック製の軽いものも見かけますので、使い勝手のよいものでいいかと思います。

使用前にはよく洗い、十分に乾かし、しっかり綺麗にしてから使うようにしてください。

果物ですが、今の季節だと、いちごやみかんもおすすめですし、入手しやすいレモンやオレンジも香りがよくていいですね。

果物を選ぶときには、傷かなく、もちろん新鮮なものを選びましょう。

次に漬けるお酒ですが、一般的によくつかわれているのは、アルコール度数35%のホワイトリカーです。

ホワイトリカー自体は透明で無味無臭の焼酎なので、どんな果物にも合います。

また、漬けたもの自体の味わいと氷砂糖の甘味もひきたちます。

以下で、今回は簡単にレモン酒のレシピをご紹介します。

(分量は作る量で調整してください)

 

レモン酒の作り方

■材料■

※レモンは国産のものがおすすめです

レモン:7~8個

氷砂糖:200g~300g

ホワイトリカー:1.8l

※よく洗って乾かした容器をご用意ください

■作り方■

①レモンは良く洗って水分を拭き取り、皮を厚めにむいて、半分に切り種をとり、砂糖、ホワイトリカーと一緒に漬け込みます。

②皮2個分も、白いところをスライスして取り、皮だけを①に入れ一緒に漬け込みます。

1週間したら、皮だけを引き上げます。

1か月ほどで飲みごろになります。

 

私は、現在沖縄在住なのですが、沖縄の泡盛専門店で、泡盛の果実酒を飲ませていただいたことがあります。

沖縄らしくゴーヤーが使われており、一緒にグレープフルーツやレモンが漬けられていましたが、とってもさっぱりとしていて、意外なほど美味しかったです。

このように、ホワイトリカーだけではなく、アルコールや果物の種類を変えて、お好みの果実酒をお楽しみください。

 

ホワイトリカーではなく、ブランデーで果実酒を作る?

 

果実酒を作る際には、ホワイトリカーを使うのではなく、ブランデーを使用することもできます。

最近では、酒造メーカーのキャンペーンなどもあり、実際にブランデーを使った果実酒を楽しむ方も増えています。

ホワイトリカーに比べ、ブランデーはこくや風味があるので、味わい深く、一味変わった果実酒が楽しめると思います。

また、ブランデーを使うと、1日~3日程漬け込むだけでできてしまうという手軽さもあって、人気急上昇中の果実酒「フルーツブランデー」なのです。

ブランデーはぶどうから作られたアルコールなので、どんな果物とも相性がよく、いくつかのフルーツをミックスしても美味しいと思います。

身近な果物とだと、オレンジなんかはブランデーの香りにもよく合っておすすめです。

 

果実酒を購入する際に気にするポイント

市販の果実酒を購入するとき、やっぱりどんな果物が使われているのか、それとアルコール度数がどの程度あるのかは気になりますよね。

大手酒造メーカーから、地方のこだわりのメーカーまで、数えられないほどの果実酒があふれていて、筆者自身も、毎回店頭で悩むところで、できることなら全種類持って帰りたいと思っています。

そんな果実酒大好きな筆者が選ぶときには、結局好きな果物の果実酒に目が行ってしまいます。

それとやはり定番の梅酒はバリエーションが豊富なので、店頭でじっくり見てしまいます。

お酒に弱い方は、アルコール度数の低めのものや、炭酸水で割ると美味しそうなものを選ぶのもいいかと思います。

香り高く甘い果実酒は、口当たりもよいのでついつい進んでしまいますが、飲みすぎにはくれぐれもご注意を。

 

果実酒おすすめ人気ランキング

 

それでは、筆者がおすすめする果実酒を8点ご紹介します。

飲んだことはありませんが、ぜひ飲みたいと思っているものも含めてあります。

 

中埜酒造 國盛 なしのお酒(アルコール度数: 7%)

筆者は和梨を使った飲料や食品が大好きで、ジュースでも、ゼリーでもアイスでも、必ず一度は試してみないと気が済まないのですが、やはりこれも手に取らずにいられなかった1本です。

果汁が50%でとても濃厚なので、ロックでも、炭酸割りでも美味しくいただけます。

アルコール感をあまり感じず、甘みも強いので、お酒が苦手な方でも飲みやすいと思います。

果実感をしっかり感じられておすすめです。

シンプルなラベルもかわいらしいです。

 

小堀酒造店 萬歳楽 加賀梅酒 (アルコール度数: 14%)

世界が認めた加賀梅酒!

少し前ではありますが、なんと、ノーベル賞の祝宴でも飲まれた梅酒なのだとか。

私も飲んだことがないので、ぜひこの機会に飲んでみたいと思う1品です。

メーカーもおすすめのオンザロックでぐびりといきたいところです。

こういうストーリーがあるお酒はプレゼントにもおすすめですね。

話もはずむ1品ではないでしょうか。

見るからに美味しそうな雰囲気を感じるラベル、ビンのデザインもさすがです。

 

梅乃宿酒造 あらごしもも酒 720ml(アルコール度数: 8%)

昔からよく飲んでいるのが梅乃宿酒造の果実酒で、その中でも今回は「あらごしもも酒」を選びました。

桃というだけで、まず嫌いな女性はいないんじゃないでしょうか。

果実味豊かで、ネクターのようなお酒です。

筆者は、少量を別の容器に移して、冷凍庫で半分凍らせ、シャリシャリのシャーベットのようにして飲むのも大好きです。

 

しあわせ果実 とろけるみかん酒 720ml(アルコール度数:7%)

ラベルや瓶は素朴で一見みかんジュースみたいですが、果実感たっぷりで、濃厚なみかん酒。

まるでみかんを食べているよう。

濃厚ですが、みかんなのでさっぱりいただけます。

個人的にはロック押しですが、ソーダで割ってもしっかり果実感も残しつつ、さっぱりして飲みやすいです。

 

永昌源 杏露酒 瓶 500ml(アルコール度数: 14%)

甘い香りがたまらないあんずのお酒です。

国産あんずの実をまるごとじっくり漬け込んであります。

とろっと濃厚なあんず酒は、ロックでも、水割りでも美味しいですが、アルコール度数が高いので、ソーダ割りもおすすめです。

口当たりがよくぐいぐい飲めてしまうので、気が付いたら酔っぱらってるかも。

 

沖縄産パイナップルのお酒 沖縄パイン 720ml(アルコール度数: 12.0%)

せっかく沖縄在住ということで、沖縄産の果物を使ったお酒も1点ご紹介します。

沖縄産のパイナップルと、アルコールの一部に泡盛を使ってあるお酒です。

パイナップルの風味がしっかりとしてて、とてもフルーティで美味しいです。

筆者は試したことはありませんが、メーカーは、「コーラ割り」もおすすめとのことです。

一度試してみたいですね。

シーサーの絵が書いてあるラベルもかわいらしいです。

 

中埜酒造 國盛 さくらんぼのお酒 瓶 720ml(アルコール度数: 7%)

さくらんぼのお酒、というだけでかわいいイメージです。

デザインはシンプルですが、さくらんぼのお酒の濃い赤色が印象的です。

実は、これは飲んだことがないのですが、ぜひ飲んでみたいと思ったので、今回ここにご紹介させていただきました。

見てるだけで、さくらんぼの甘酸っぱい香りがしてきそうです。

 

北島酒造 滋賀県 塩ゆず酒(アルコール度数7%)

ゆず酒は好きでよく飲みますが、この塩ゆず酒というのは今回初めて見ました。

和風のラベルとゆず酒の淡い色味がよく合って、おしゃれな印象すら受けます。

ゆずの果汁、旨味に塩が加わることで、甘みと酸味が増し、風味豊かなゆず酒に。

味を想像するだけで、わくわくしませんか?

間違いなく美味しいと思うので、筆者の果実酒ウィッシュリスト上位に入っています。

ゆずが好きならぜひ試されてはいかがでしょうか。

記事内で紹介されている商品

中埜酒造 國盛 なしのお酒

サイトを見る

小堀酒造店 萬歳楽 加賀梅酒

サイトを見る

梅乃宿酒造 あらごしもも酒

サイトを見る

しあわせ果実 とろけるみかん酒

サイトを見る

沖縄産パイナップルのお酒 沖縄パイン

サイトを見る

中埜酒造 國盛 さくらんぼのお酒

サイトを見る

塩ゆず [北島酒造 滋賀県 塩ゆず酒]

サイトを見る

関連記事