コスパ最強で美味しいのはどれ?人気のチリワインおすすめランキングTOP8

ワインと言えばフランスやイタリアのヨーロッパ圏を思い浮かべる方が多いと思いますが、ワインを生産しているのはヨーロッパの国ばかりではありません。

カリフォルニアやチリでもワインの生産量が多いです。その中でも最近スーパーでよく見かけるようになったのがチリワイン。スーパーなどの小売店だけでなくレストランでもワインリストにチリワインを見かけます。

この記事ではチリワインについてご紹介します。

 

家飲みワインはほとんどチリ産?!

スーパーやコンビニでは数多くのワインが販売されています。その販売されているワインの種類をみてみると半分以上がチリワインということが多々あります。

日本はフランスワインやイタリアワインが主流でしたが、今やチリワインが主流と言っても過言ではありません。

チリは、ワイン用のブドウを生産するのに恵まれた環境なので、年代による味のバラつきが少なく1種類のブドウから醸造されているワインが多いので味が分かりやすいです。それなのでワイン初心者から楽しむ事ができます。

また、購入しやすい価格なので、家飲みワインとして好まれています。

 

日本でチリワインが人気の理由は「コスパ」にあった!

チリワインを色々なところで多く見かけるというお話しを先ほどしましたが、それもそのはず2015年からずっとボトルワインの日本の輸入先TOPがチリなんです。

なぜそれほどまでチリワインが人気なのかと言えばそれは低価格で美味しいからです。

 

低価格のわけ

チリは土地代と人件費が安いのというのもありますが、日本との間に経済連携協定(EPA)を結んでいるので通常15%かかる関税が5.8%しかかかりません。これらの理由から、もしフランスワインと同レベルのワインであっても価格が安くなるんです。

 

美味しいわけ

19世紀に世界中でブドウの樹を腐らせてしまう害虫フィロキラセが大流行しましたが、チリは恵まれた地形から唯一被害を受けない国でした。

それなので、被害を受けたフランスの醸造家達がチリへ移住しワイン作りをはじめ、ワイン作りの本場であるフランスの技術を引き継いで醸造しました。

また、チリの気候(少ない雨量・昼夜の寒暖差)はぶどう作りには好条件の環境となっているので美味しいワインが醸造できます。

 

チリワインで人気のブドウの品種

チリワインに使われるブドウの品種は、フランスワインにもよく使われるカベルネ・ソーヴィニョン・メルロー・ピノノワール、ソーヴィニョンブラン・シャルドネなどがあり、チリワインならではの品種はカルメネールとパイスがあります。

 

赤ワインで人気のブドウ品種なら「カベルネ・ソーヴィニヨン」

チリ産カベルネ・ソーヴィニョンは、チリで醸造される赤ワイン用品種の45%強を占め、通称「チリカベ」と呼ばれ人気があります。

一番の魅力はコスパの良さですが、渋みに奥行があり、ふくよかな果実味など個性が強くハッキリとした味わいです。長期熟成型ワインにも向いている品種です。

 

白ワインで人気のブドウ品種なら「シャルドネ」

フランスワインでよく使われるシャルドネ。育つ土地の違いが大きくワインの味に影響する品種です。

チリで栽培されているシャルドネは、青リンゴや洋ナシの香りがし、フルーティーな中にもしっかりとしたコクがあります。樽熟成させたシャルドネは白ワインの美味しさを存分に味わえます。

 

おすすめのチリワインランキングTOP8

モンテス・クラシック・シリーズ・カベルネソーヴィニョン

出典: Amazon.co.jp

モンテス・クラシック・シリーズ・カベルネソーヴィニョン 750ml [チリ/赤ワイン/辛口/フルボディ/1本]

産地はヴァッレセントラル地方、ブドウ品種はカベルネソーヴィニヨン、ミディアムフルボディの赤ワイン。

カベルネソーヴィニョンの果実感と渋みがほどよく味わえる赤ワインです。クセがないので飲みやすく、1500円ほどで購入することができます。

 

サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー

出典: Amazon.co.jp

サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メルロー 750ml

産地はセントラル・ヴァレー地方、ブドウ品種はカベルネソーヴィニヨンとメルローを使用、ミディアムボディの赤ワイン。

果実感がよくスッキリとした味わいの赤ワイン。500円ほどで購入できるのが驚きの味わいです。

 

ロス ヴァスコス シャルドネ

出典: Amazon.co.jp

【ボルドー1級シャトー ラフィットが手がけるチリワイン】ロス ヴァスコス シャルドネ 750ml [チリ/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

産地はカサブランカ地方、レイダ地方など。ブドウ品種はシャルドネを使用、中辛口の白ワイン。

柑橘っぽいフルーティーな香りで、クセがあまりなくスッキリとした飲み口の白ワイン。アルコール度数が14%と少々高めなのでスッキリした中にもパンチのある味わいになっています。1300円ほどで販売されています。

 

コノスル シャルドネ レゼルバ

出典: Amazon.co.jp

コノスル シャルドネ レゼルバ 750ml [チリ/白ワイン/辛口/フルボディ/1本]

産地はカサブランカヴァレー地方、ブドウ品種はシャルドネを使用、辛口の白ワインです。

柔らかな口当たりながら柑橘系やパインなどの香り豊かな白ワイン。果実感とコクが美味しく1200円ほどで購入できます。

 

サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ブリュット

出典: Amazon.co.jp

サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ブリュット 750ml [チリ/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

ブドウ品種はシャルドネとセミヨンを使用、辛口のスパークリングワインです。

フルーティーで爽やかさ口の中に広がるスパークリングワイン。辛口ながらほのかに甘さを感じることができ、飲みやすく美味しいです。900円ほどで購入できます。

 

ロス ヴァスコス カルメネール グランド レゼルブ

出典: Amazon.co.jp

【ボルドー1級シャトー ラフィットが手がけるチリワイン】ロス ヴァスコス カルメネール グランド レゼルブ750ml [チリ/赤ワイン/辛口/フルボディ/1本]

産地はコルチャグア地区、ブドウ品種はカルメネールを使用、フルボディの赤ワインです。

黒みを帯びた濃い赤で、ブルーベリーややスパイスなどの香りが感じる豊かな味わい赤ワイン。カルメネールを使用したワインの中でもこちらは風味豊かで断然美味しいと思います。2700円ほどとチリワインにしては少々高めですが、特別な日に飲みたいワインです。

 

コノスル メルロー レゼルバ

出典: Amazon.co.jp

コノスル メルロー レゼルバ 750ml [チリ/赤ワイン/辛口/フルボディ/1本]

産地はコルチャグアヴァレー地区、ブドウ品種はメルローを使用、フルボディの赤ワイン。

果実感だけでなくチョコレートの香りも感じることができるワインで、複雑な深みのある味わいが楽しめ、1400円ほどで購入できます。

 

サンタ バイ サンタカロリーナ カルメネール

出典: Amazon.co.jp

【チリの名門ワイナリーが作る、リッチな味わいのテーブルワイン】サンタ バイ サンタカロリーナ カルメネール/プティ・ヴェルド 750ml

ブドウ品種はカルメネールとプティ・ヴェルドを使用。日本限定発売のフルボディの赤ワイン。

サントリーが日本人の味覚に合わせてチリ・サンタ カロリーナ社と共同開発した日本限定発売のチリワインです。果実感だけでなくチョコレートのような香りも感じることができ、ほどよい渋み、スッキリとした後味が美味しいワインです。500円ほどで購入できます。

 

まとめ

チリワインについてご紹介しました。今やボトルワインで日本で一番見る機会の多いチリワイン。安かろう悪かろうで手に取らない方も多かったと思いますが、チリワインが安いのにはわけがあったんです。それなので、チリワインは安く美味しいワインなんです。

チリワインのラベルに「レゼルバ-Reserva」の文字があるものは熟成されている物を表しているので、ビンテージワインのような深みがお好きな方は「レゼルバ-Reserva」表記のあるものを選ぶとよいかもしれません。

チリワインは購入しやすい価格なので色々なワインを試して飲むのにオススメです。

記事内で紹介されている商品

モンテス・クラシック・シリーズ・カベル…

サイトを見る

サンタ・ヘレナ・アルパカ・カベルネ・メ…

サイトを見る

【ボルドー1級シャトー ラフィットが手が…

サイトを見る

コノスル シャルドネ レゼルバ 750ml [チ…

サイトを見る

サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリン…

サイトを見る

【ボルドー1級シャトー ラフィットが手が…

サイトを見る

コノスル メルロー レゼルバ 750ml [チリ/…

サイトを見る

【チリの名門ワイナリーが作る、リッチな…

サイトを見る

関連記事