ワイン好きが教える!絶品イタリア産ワインおすすめ厳選8選

こんにちは!のんさんです。

今回は「イタリア産ワイン」について書いていくよ!

 

何を隠そう、私自身ワインはそこまで好きじゃなくて飲めない子でした。笑

それが、今では少しずつ飲めるようになってきて、大人の仲間入りしてる〜!ってうれしくなる。笑

 

ワイン=大人で少し年齢層が高めの方向けってイメージがあるよね?

それも、恵比寿などおしゃれな場所でよく飲まれてそうだし私なんて飲むのはまだ早いっ!しかも、味が苦手であまり飲めれない!って思ってました。

 

ですが、友人に誕生日の時に連れられて行ったイタリアンのお店で初めてワインを飲んで、これ以外と美味しい!って思ったんです。

実際、まだ自分から好んですごい飲むほどではないですが、本当に大人になったのか、前よりは飲めるようになりました!

 

 

今、ワインが苦手であまり飲めれない方でも本当に自分の飲める幅が広がると面白いですし、ワイン好きな人との会話もできるようになるので、ぜひ一度記事を見てくださると嬉しいです。

では、さっそく書いていこうと思います!

イタリア産ワインとは?

 

イタリアは世界最大のワイン産出国です。

ご存知の方も多いんじゃないでしょうか?

 

イタリアワインの魅力の一つには土着のブドウの品種を生かした多様性にあると言われています。

仮説によるとブドウを生かした品種は2000種類以上あると言われています。

 

イタリアは南北に1000km伸びており、良好な気候が特徴で良いとされている。

地域ごとに変化に富んだ気候だからこそ良いワインが造られるんですね!

 

きっと日本でワインを作るよりも南北に長い海外で造られる方が美味しいぶどうができるんでしょうね。

 

イタリア産ワインの魅力

イタリア産ワインは他で作られているワインと比べてどう違うのか書いていきたいと思います。

正確には、フランス産ワインと比較してみようかな!

 

イタリア産ワインの場合は全土でワインが造られており、味も値段も様々です。

ですので、ワンコインで購入できるものからすごく高級なワインまで幅広くあります。

 

フランス産ワインに比べると渋みが少なく、味が甘いものが多いと感じます。

逆にフランス産ワインですと、単一のぶどうで作られているということと寒冷な気候であるということから、ぶどうのそのものの味を強く感じることのできるワインが多いです。

 

アルコール度数はワインの濃縮度で決まると言われています。

だからこそ、イタリアさんのワインでも例えば機械によって生産性を重視した経営によって作られているワインであるならば、その度数は12度以下になります。

 

しかし、機械ではなく大量生産よりも質を追い求めているぶどう農家ですと、ワインの味にも深みが出て14度以上になります。

 

イタリア産ワインの種類

次に私がイタリア産ワインを選ぶときのポイントについてご紹介していきたいと思います。

まずはブランドですね。いやいや、ブランドってそんな関係ないでしょ?って思いますよね。

 

でも、まずは人気のあるワインを飲むことをお勧めしたいです。

人気なワインは必ず口に会いやすいかといったらそれは確実ではないですが、本当に飲みやすいものは少しお高めでもブランドのあるワインに多いです。

 

ぶどうの種類としては多くあります、1つずつ紹介すると長くなってしまいますので、今回は私がお勧めしたいワインの種類だけをご紹介していきたいと思います!

 

①サンジョベーゼ

こちらはトスカーナ地方で生産されるぶどうの一種。

色味が濃く、見た目でも華やかさがあります。

また、酸味と渋みが強く感じられ、香りが弱いのが特徴です。

 

②トレッピアーノ

こちらは白ワインに用いられるぶどうです。

フルーティーなお味で飲みやすいと思われます。

そして、イタリアで作られる白ワインの1/3がこちらのトレッピアーノで作られているワイン。

 

③モンテプルチアーノ

チェリーやルビーなどの深い赤みのあるワイン。

こちらはシナモンのような独特な香りがあるため、匂いを楽しみながら味わうことのできます。

名前が本当におしゃれですね!

 

④カラタット

こちらは白ワインに用いられるぶどうです。

花や果実のアロマを感じることのできるワインを作ることができます。

人気で誰もが知っているぶどうの名称的には以上の4つの通りですね!

 

ワインがおしゃれな飲み物だけに、ぶどう自体の名前もおしゃれなものが多いですね。笑

 

私はこのご紹介した中で、白ワインをなるべく選ぶようにしています。

赤ワインと白ワインが大きく分けられると思いますが、白ワインはあっさりとしていて飲みやすく、赤ワインは少し成熟した、味の濃いものとなっております。

 

ですので、あっさりと飲みたい方は白ワイン、少し深みのあるぶどう本来の味を楽しみたい方は赤ワインが良いと思います。

ですが、基本的にワインを選ぶときは「ご飯」に合わせるのが良いとされています。

 

イタリア産ワインの選び方

①色を合わせる

 

素材とソース全体の色で合わせるのが良いです。

例えば、生クリームパスタだったら白ワイン、赤みのある肉の場合は赤ワインなど。

 

②味の重さを合わせる

こってりとしたお味の料理には深みのある赤ワイン、あっさりした魚料理などにはすっきりと飲むことができる白ワインがベスト。

 

③味の方向性を定める

辛い食べ物の後には甘口ワインを合わせてみたりなど。

ここでいう方向性の定義付けはご自身の好みで良いと思います。

 

④困ったときはスパークリング

もしどんなワインを選んで良いかわからないときは、「スパークリング」を注文するのが良いです。

スパークリングは比較的どんな食べものにでも合うワインです。

 

だからこそ、初心者さんなどで、どんなワインを選択すれば良いかわからない方などはまずはスパークリングを選択することをお勧めします。

 

おすすめのイタリア産ワインランキング厳選8選

①PREMIO

 

こちらはイタリア産ワインの赤ワインverです。

ブラックベリーを思わせる濃い風味があり、すごくパッケージからおしゃれなものです。

 

ボリュームのある果実風味が特徴的なワインですね!

750mlで1400円ほどで購入することができるので、比較的安値で購入することのできるワインなんじゃないかなと思います。

 

②サンテロ 天使のアスティ

 

生ハムとフルーツの前菜に用いられることが多く、あっさりとした食事に合うワインです。

天使のアスティは名前的におしゃれで、可愛らしいイメージがありますよね。

 

誕生日などに女性の方にプレゼントしてみても良いかもしれません。

 

ワイン好きな方でしたらきっと喜ばれると思います!

また、購入をするにあたって一つ気をつけてほしいことがあります。

 

ワインは必ず、直射日光の当たらない涼しい場所で保管するようにしてくださいね。

 

③PROSECCO

トマトのブールスケッタ、チキンのハーブグリルなどの食事と合うらしいです。

ですので、少し濃いめのワインだと思います。

 

明るいゴールドな色調にクリーミーな泡が特徴的です。

結構おしゃれなワインで、注ぐだけでインスタ映えするワインとして写真に収めてもおしゃれそう!

 

パーティー会場に持ちいっても良いと思います。

750mlで1600円ほどで購入することができるため、値段もおやすいです。

 

④CASAMATTA

 

イタリア産の辛口の赤ワインです。

辛口が好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか?

 

ふくよかで温かみを感じるワインになっています。

パーティーやその他のお祝い用によく用いられるみたいです。

一瞬で場が盛り上がりそうなワインで、一気にボルデージも上がっちゃいそうですね!

 

⑤FANTINI

 

1600円で購入することができるワインです。

750mlでこのお値段はコスパにも良いですね!

 

外見から見ていると少し、渋い感じのイメージですが、実際のお味はどんな感じなんでしょうか?(すごく気になりますね)

私も飲む機会がこれからあると思うので、また注文してみようと思います。

 

⑥TAVERNELLO

 

イタリアのエミリア、ロマーニャ州で作られる、微発泡ワインです。

 

そこまで泡だつことはなく、飲みごたえも良いです。

 

883円で購入できる、破格の値段で楽しめることが可能です。

 

本当に安すぎてびっくりですよね。笑

 

このようなワンコイン程度で購入できるワインも多くあるので、自分なりに楽しんでワインを購入してみてくださいね!

 

⑦MARTINI

 

イタリア産のスパークリングワインで飲みやすいものです。

そして、甘口なので、あまりワインを普段から飲んでいなくいきなり辛口は厳しい方にはこちらのワインだったら飲みやすいんじゃないかなと思います!

 

古くから親しまれてきたワインとなっており、歴代でもNO1の人気を誇っています。

是非、この機会に見てみてくださいね!

 

⑧べリーニ

 

こちらもスパークリングワインで、比較的飲みやすいタイプです。

こちらのワインに合うお酒としてはピーチタルトや桃の冷たいパスタなどですね。

 

こちらも女性の方であまりワイン自体を飲んだことがない方でも飲みやすいものとなっていると感じます。

甘いデザートにも合うお酒なので、女性へのプレゼントにも適しています。

 

イタリア産ワインで自分の知識を深めよう!

 

イタリア産ワインについて詳しくなれましたでしょうか?

今回は私がお勧めするワインや、イタリアさんワインはどんなタイプのものが多いのか等についてお伝えしてきました。

 

皆さんはどんなワインがお好きでしょうか?

自分で一度考えながら、自分似合ったワインを選んでみるのも楽しいですよ!

 

最後までお読みくださいありがとうございました。

関連記事