買いたいものを検索してください

赤ワインおすすめ人気ランキング10選!大量消費料理もご紹介!

普段、お食事と一緒にワインを愉しんでおられる方も多いのではないでしょうか。

お肉料理やチーズ、生ハムには「赤ワイン」がよく合いますね。

「赤ワイン」には、ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディの3つのタイプに分かれているので、お料理に合う「赤ワイン」を選んでいくのも楽しいものです。

また、「赤ワイン」の産地や使われているブドウ品種によってお味も香りも違ってくるので、色々な楽しみ方があると思います。

ここでは、「赤ワインの選び方」を説明させていただきます。

そして、ランキング形式で「おすすめ赤ワインTOP10」をご紹介致します。

 

赤ワインを選ぶ時のポイント

赤ワイン

「赤ワイン」を選ぼうと思っても、数多くの産地や採用されているブドウ品種があるため、「どの赤ワインを選んだら良いの?」と、迷ってしまうのではないでしょうか。

「赤ワイン」のボトル形状や価格帯もまちまちなため、ワイン売り場で悩んでしまうことも多いと思います。

ここでは、「赤ワイン」を選ぶ前に調べておきたいポイントを見ていきましょう。

 

ボディで選ぶ

「赤ワイン」のボディタイプによって、選んでいくのがもっともポピュラーな方法だと思います。

デイリーワインであれば、リーズナブルな赤ワインを選んでいくことになると思いますが、タイプを抑えておくだけでかなり楽しみが広がるように思います。

ライトボディ

ライトボディタイプは、名前の通り、「赤ワイン」としてはあっさりしていて、軽い飲み口が特徴となります。

お料理やおつまみと合わせなくても、そのままでも飲みやすいタイプです。

ライトボディタイプは、チーズやパスタ料理等との相性が良いことで知られています。

ミディアムボディ

ミディアムボディタイプは、コクが程よく感じられる「赤ワイン」です。

酸味が弱いか強いかは、ワインによって異なりますが、コクがより感じられるタイプに仕上がっています。

ミディアムボディタイプと合うお料理としては、あっさり目のお肉料理、特に鶏肉を使用したお料理がおすすめです。

チーズやサラミとの相性も良いです。

ミディアムボディタイプをホームパーティーで用意しておくと様々なお料理にマッチして盛り上がるでしょう。

フルボディ

フルボディタイプは、「赤ワイン」の中では濃厚さが魅力的で、香りも愉しめるワインも多く見られます。

もっともお肉料理も合うのがフルボディタイプの「赤ワイン」で、ステーキやビーフシチュー等に合わせると良いと思います。

チーズでも、ブルーチーズとの相性も抜群です。

記念日ワインとしても、フルボディタイプはおすすめです。

 

産地で選ぶ

赤ワイン

産地によって、「赤ワイン」を選ぶ方法もあります。

ここでは、国別に「イタリア」「フランス」「カリフォルニア」「チリ」「スペイン」の5つの産地に注目していきたいと思います。

イタリア

イタリアはフランスと同様に、赤ワインの産地として知られており、温暖な気候のため、あらゆる地方の土壌での生産が可能となっています。

イタリア産の赤ワインで有名なのは、トスカーナ地方で生産される「キャンティ」と、ピエモンテで生産される「バローロ」の2つだと思います。

特に、「バローロ」は人気が風味の良さで人気が高く、手土産としても喜ばれる赤ワインです。

フランス

フランスの赤ワインと言えば「ボルドー」「ブルゴーニュ」の2大産地が有名です。

ボルドーワインは、カベルネ・ソーヴィニヨンという品種の葡萄で作る赤ワインが、「ブルゴーニュ」では、ピノ・ノワールという品種の葡萄で作る赤ワインが知られています。

「カベルネ・ソーヴィニヨン」も「ピノ・ノワール」も、日本人の口に合うということで、知名度も高くなっています。

カリフォルニア

カリフォルニアは、アメリカワインを代表する生産地です。

カリフォルニアの温暖な気候を活かした葡萄栽培により、「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」「ピノ・ノワール」等で作られたワインが主流です。

カリフォルニアの赤ワインはバランスのとれた風味で、リーズナブルな商品が多いことでも知られています。

チリ

チリの赤ワインは、日本ではコストパフォーマンスが高いことで知られています。

チリでは、ワイン生産量のうち赤ワインが多くなっていて、これは「メルロ―」「ピノ・ノワール」等の品種が肥沃な土壌でよく育つ事によるものです。

チリでワイン造りが本格的に始まったのは、1974年にぶどう栽培を制限してきたアルコール法が撤廃されてからだそうです。

これにより、「新世界ワイン」としてチリワインが広まってきました。

スペイン

スペインでも広い地域でワイン造りが行われていますが、特に有名な赤ワインの産地がリオハです。

リオハの赤ワインは、主にテンピュラニーリョという葡萄品種から作られており、熟すのが早いという特徴があります。

酸味と芳醇な香りが特徴的なリオハの赤ワインは、価格帯がリーズナブルなものが多いため日本でも広く周知されています。

 

ブドウの品種で選ぶ

ブドウの品種によって、赤ワインを選んでいく方法もあります。

好みのブドウ品種や食べるお料理によって、選ぶ赤ワインを変えていくのも良いと思います。

メルロー

メルローは、フランスの赤ワインの産地のものが有名です。

色味は深い黒ブドウのカラーで、酸味と渋味とがバランスよく整っていて飲みやすく仕上がる品種です。

日本でもメルロ―を主体として造られた赤ワインは人気があります。

カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨンは、最も採用される品種で、フランスのボルドー地方の赤ワインが良く知られています。

カベルネ・ソーヴィニヨンは深く鮮やかな黒ブドウの色をしており、濃厚さと酸味とが魅力です。

ボルドー地方の赤ワインには、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体とした長期熟成ものが数多くみられます。

日本の赤ワインの中でも、人気が高くなっています!

シラー

深みのある色をしており、渋味と酸味、それに華やかな香りが絶妙なワイン品種です。

フランスのコート・デュ・ローヌ地方で主に使用されている品種だそうです。

オーストラリアでは、シラーズという名前で販売されています。

近年、人気が高まっている品種ということなので赤ワインが好きな方は注目したいですね。

ピノ・ノワール

こちらは知っている方も多いのではないでしょうか!

フランスのブルゴーニュ地方の赤ワインで採用される葡萄品種です。

渋味と酸味が感じられますが、まろやかさが楽しめる赤ワインに仕上がるので、どのような料理とも相性が良いように思います。

香りの良さにも定評があり、渋味があまり得意ではない方にもおすすめです。

 

赤ワインおすすめランキングTOP10

赤ワイン

ランキング形式で、「おすすめの赤ワインTOP10」をご紹介致します。

 

第10位 ペポリ キャンティ・クラシコ

ボディ フルボディ
産地 イタリア トスカーナ
品種 メルロー、シラー

気軽に飲めるキャンティ

イタリアの赤ワインと言えば「キャンティ」を思い浮かべる方も多いと思います。

こちらは、トスカーナ地方のメルロ―、シラー品種をブレンドした赤ワインで、ルビーレッド色をしています。

熟した赤系果実と、オーク樽由来のバニラとチョコレートのアロマ。柔らかく甘いタンニンと長く続く味わいが魅力。

アルコール度数は13.5%で、容量は750mlです。

ヴィンテージ(生産年)は2012年で、「ぺポリ」ブランドなので信頼できるところも良いと思います。

飲み口の軽めのキャンティなので、ラザニアやパスタとの相性も抜群です。

こちらは価格帯も買いやすく、デイリーワインとして大活躍してくれそうです!

 

第9位 モンテス・アルファ シラー

ボディ フルボディ
産地 チリ セントラル・ヴァレー
品種 シラー

「モンテス」がリリースする珠玉の一本

チリのワインのクオリティ向上に貢献したモンテス社の赤ワインです。

シラー品種を使用した赤ワインで、シラーらしいスパイス感と酸味、そして果実味が魅力の逸品です。

バランスの良い上品な香りで、フルーティーさとスパイス感とを併せ持つ赤ワインです。

アルコール度数は14%で、内容量は750mlです。

ローストビーフ、燻製等との相性が良く、フルボディならではのコクが楽しめる赤ワインに仕上がっています。

価格も買いやすく、毎日飲めるところも良いと思います。

 

第8位 コリトン・パーク・カベルネ・ソーヴィニヨン

No.8

出典: Amazon.co.jp

【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】コリトン・パーク・カベルネ・ソーヴィニヨン [ 赤ワイン フルボディ オーストラリア 750ml ]
ボディ フルボディ
産地 南オーストラリア
品種 カベルネ・ソーヴィニヨン

オーストラリアの老舗ワイナリー

南オーストラリアは世界有数のワイン産地です。その地の老舗ワイナリーで造られた赤ワインで、使われいる品種はカベルネ・ソーヴィニヨンです。

樹齢150年以上の古樹のブドウで仕立てる上級シリーズで、ワイン通の方にもおすすめです。

ブドウの特徴をストレートに表現した濃厚で複雑な味わいとなっており、フルボディタイプなので、お肉料理全般によく合います。

アルコール度数は14%で、内容量は750mlです。

ラベルデザインも美しく、赤ワイン好きの方へのプレゼントにも最適です。

価格帯は若干高めですが、ホームパーティー等のシーンで活躍してくれそうです。

 

第7位 ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション ヘリテイジ レッドブレンド

No.7

出典: Amazon.co.jp

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション ヘリテイジ レッドブレンド
ボディ ミディアムボディ
産地 アメリカ合衆国 カリフォルニア
品種 シラー、メルロ―、ジンファンデル、プティ・シラーのブレンド

カリフォルニアワインを代表する赤ワイン

カリフォルニアワインでは有名なロバート・モンダヴィ氏が手掛ける凝縮感のある優しい味わいの赤ワインです。

こちらはミディアムボディで、様々な品種のブレンドながらも飲みやすく、程良いコクが持ち味となっています。

カリフォルニアでは知らない人がいないというブランドなので、アメリカワインが気になっている方は是非試してみて下さい。

ローストビーフサンドやパスタとの相性が良いので、気軽に飲めるところも良いと思います。

アルコール度数は13.5%で、内容量は750mlです。

価格帯はデイリーワインとしては若干高めですが、週末に楽しむ赤ワインとして覚えておくと良いように思います。

 

第6位 山梨ワイン ドメーヌQ

ボディ フルボディ
産地 日本 山梨
品種 ピノ・ノワール

山梨県のドメーヌQ社の赤ワイン

日本の赤ワインも近年注目されています。こちらは、山梨県のドメーヌQ社の自社畑で栽培されたピノ・ノワール種を使用した赤ワインです。

ピノ・ノワールはタンニンの渋味があるので、こちらの赤ワインはしっかりとした、飲みごたえのあるフルボディに仕上がっています。

ラベルデザインもオリジナリティがあり、ドメーヌQ社を代表する逸品です。

フルボディタイプなので、お肉料理やチーズとの相性も良いため、あらゆる食事シーンで飲む事が出来ます。

価格は若干高めですが、ワイン好きの方へのプレゼントや自分で少し良いワインを飲みたい時に向いているように思います。

 

第5位 アルトス・イベリコス・レゼルヴァ

No.5

出典: Amazon.co.jp

ボディ ミディアムボディ
産地 リオハ
品種 テンプラニーリョ

リオハの飲みやすい赤ワイン

リオハはヨーロッパでも有数のワイン銘醸地で、豊かな土壌を活かして栽培されているのが「テンプラニーリョ」の品種です。

こちらの赤ワインは、その「テンプラニーリョ」を使用して作られており、他の品種には無い特有のニュアンスが魅力です。

ルビーレッドのカラーが美しく、フルーティーさとスパイシーさ、それに熟成感がまざった独特の香りが楽しめる赤ワインです。

熟成された複雑な味わいと余韻が長く続きます。

コクもあり、飲みやすいため、あらゆるお料理と合う赤ワインです。

価格はデイリーワインとしては高めですが、ワイン好きの方と一緒に飲むと話題に上がりそうです。

 

第4位 バローロ カッシーナ・ヌオーヴァ エルヴィオ・コーニョ

No.4

出典: Amazon.co.jp

バローロ カッシーナ・ヌオーヴァ エルヴィオ・コーニョ
ボディ フルボディ
産地 イタリア ピエモンテ
品種 ネッビオーロ

人気のバローロ

イタリアのピエモンテで作られるバローロは、赤ワイン好きの間では定評があります。

こちらは、フルボディタイプで、熟成された飲み頃の赤ワインです。

牛肉の煮込みやステーキ等、お肉料理全般との相性が抜群です。

アルコール度数は14%で、内容量は750mlとなっています。

仔牛や鹿などのジビエ料理やチーズにも合うため、季節的にも飲んでみたくなる1本ではないでしょうか。

風味が豊かで、フルーティーな香りが感じられます。

ラベルデザインも美しいので、ご自宅でも、お友達へのプレゼントに選んでも、とても楽しめると思います。

 

第3位 ミズ・ド・ラ・バロニー・ルージュ バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

No.3

出典: Amazon.co.jp

ミズ・ド・ラ・バロニー・ルージュ バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド
ボディ ミディアムボディ
産地 フランス ボルドー
品種 メルロ カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネ・フラン

お手頃なボルドーワイン

フランスのボルドー地方の赤ワインです。こちらは、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・ブランがブレンドしているタイプで、バランスのとれた味わいとなっています。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社の赤ワインです。

ミディアムボディタイプなので、軽食にも合いやすいところが飲みやすくて良いと思います。

アルコール度数は13.5%で、内容量は750mlとなっています。

ビーフシチュー等の肉料理にはもちろん、トマト系パスタとの相性も抜群です。

価格帯もリーズナブルなので、自宅で気軽に楽しめるところも良いと思います。

 

第2位 高畠ワイン バリック

ボディ フルボディ
産地 日本 山形県
品種 メルロー主体

数々の賞を受賞している日本ワイン

高畠ワインの赤ワインです。こちらは、国際線ファーストクラスで採用されている赤ワインで、数々の賞を受賞していることでも知られています。

品種は、メルロ―主体で、カベルネ・ソーヴィニヨンやプティヴェルドも使用されています。

フルボディタイプでコクのある濃厚さが魅力です。メルロ―主体なので飲みやすく、独特のフレーバーが口いっぱいに広がります。

カベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされているため、さらに深みのある複雑な味わいとなっています。

話題の日本産赤ワインなので、ワイン好きであればぜひ飲んでみたいものです。

価格も高品質な点を考えると、妥当ではないかと思います。

 

第1位 ブルゴーニュ ルージュ

ボディ フルボディ
産地 フランス ブルゴーニュ
品種 ピノ・ノワール

ブルゴーニュ地方の赤ワイン

フランスのブルゴーニュ地方の醸造家によって造られた赤ワインです。

使用されているブドウ品種は、ブルゴーニュ地方ならではのビノ・ノワールです。

こちらは、ブルゴーニュ地方の赤ワインとしては、買いやすく、気軽に楽しめるところが良いと思います。

フルボディタイプなので、あらゆるお料理との相性が良く、お肉料理だけでなくパスタやチーズともよく合います。

ラベルデザインも素敵なので、自宅用としても良いですし、ギフトに選んでも喜んでもらえると思います。

 

おすすめ赤ワインの比較表はこちらから!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

商品名 ブルゴーニュ ルージュ 高畠ワイン バリック ミズ・ド・ラ・バロニー・ルージュ バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド バローロ カッシーナ・ヌオーヴァ エルヴィオ・コーニョ アルトス・イベリコス・レゼルヴァ 山梨ワイン ドメーヌQ ロバート・モンダヴィ プライベート・セレクション ヘリテイジ レッドブレンド 【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】コリトン・パーク・カベルネ・ソーヴィニヨン [ 赤ワイン フルボディ オーストラリア 750ml ] モンテス・アルファ シラー ペポリ キャンティ・クラシコ
ボディ フルボディ フルボディ ミディアムボディ フルボディ ミディアムボディ フルボディ ミディアムボディ フルボディ フルボディ フルボディ
産地 フランス ブルゴーニュ 日本 山形県 フランス ボルドー イタリア ピエモンテ リオハ 日本 山梨 アメリカ合衆国 カリフォルニア 南オーストラリア チリ セントラル・ヴァレー イタリア トスカーナ
品種 ピノ・ノワール メルロー主体 メルロ カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネ・フラン ネッビオーロ テンプラニーリョ ピノ・ノワール シラー、メルロ―、ジンファンデル、プティ・シラーのブレンド カベルネ・ソーヴィニヨン シラー メルロー、シラー
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

赤ワインの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、赤ワインの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

赤ワインに合う料理をご紹介

赤ワイン

赤ワインに合う料理と赤ワインを使用した料理を3点ほど紹介させていただきます!

是非ご自宅で堪能してみて下さい。

 

簡単カリカリチーズ

フッ素加工を施してあるフライパンに、チーズ(ピザ用チーズ等お好みのチーズ)を並べておきます。

弱火で加熱をして、表面に適度な焦げ付きが出来るまで焼きます。

チーズがパリパリになったら出来上がりです。とても簡単に作れて、赤ワインのおつまみにも最適です。

カリカリチーズの食感と濃厚な味わいがたまりません!

 

牛肉ときのこのグラタン

玉ねぎ半分をみじん切りにして、フライパンで炒めておきます。玉ねぎを炒めたら、一口大の薄切り牛肉を入れて、さらに過熱します。

牛肉を炒めてから、さらにきのこを入れて加熱します。

フライパンで調理をしている間に、グラタンのソースも作っておきます。バター適量を熱してその後、薄力粉大さじ2を炒めて、温めた牛乳を200ml程度少量ずつ加えていきます。

全て深皿に入れて、オーブンで20分程度180℃~200℃で加熱して出来上がりです。

※牛肉を使用した料理は、赤ワインと相性が良いので、グラタンのような軽食とも合わせやすいですよ。

ほろほろの牛肉とアツアツのグラタンが醸し出すハーモニーにあなたも虜に!

 

赤ワイン大量消費ハヤシライス

赤ワインを多めに使ったハヤシライスは、赤ワインを飲み切れなかった翌日のメニューとして最適です。

もちろん、赤ワインと合わせても美味しくいただけます。

ハヤシライスは市販のルーを使うと便利。

玉ねぎと一口大の薄切り牛肉をフライパンで炒めた後に、水を加えて加熱してルーを加えて煮込むだけで出来上がります。

ここに赤ワインを好きなだけ入れておくと、芳醇な香りが楽しめて牛肉の旨味を引き出すハヤシライスに仕上がります。

赤ワインによってコクが増した絶品ハヤシライスをぜひ食べてみてください!

 

ワインの世界にどっぷりハマりたい方はこちらも!

白ワイン
ワインセラー

 

赤ワインをもっと身近に楽しんでみませんか

赤ワイン

普段の夕食時に、赤ワインがあれば数倍美味しさが増える様に思います。

特に、お肉料理をいただく時には、赤ワインがあれば、お肉の美味しさを一層引き出す事が出来ます。

ライトボディタイプであれば、飲みやすくなるので、パスタやサンドイッチ等の軽食にも合わせやすく、具材の持つ魅力をさらにレベルアップしてくれます。

赤ワインをもっと楽しんで、毎日の食生活をより豊かなものにしていきませんか。

ランキングでピックアップした赤ワインは、デイリーワイン、話題のワイン、有名産地のワイン等を集めてみました。

赤ワインを選ぶ際に、「少しでもお役に立てれば」と思います。

記事内で紹介されている商品

ペポリ キャンティ・クラシコ

サイトを見る

モンテス・アルファ シラー

サイトを見る

【豊かな果実味が主役の濃厚な赤ワイン】…

サイトを見る

ロバート・モンダヴィ プライベート・セレ…

サイトを見る

山梨ワイン ドメーヌQ

サイトを見る

アルトス・イベリコス・レゼルヴァ

サイトを見る

バローロ カッシーナ・ヌオーヴァ エルヴ…

サイトを見る

ミズ・ド・ラ・バロニー・ルージュ バロン…

サイトを見る

高畠ワイン バリック

サイトを見る

ブルゴーニュ ルージュ

サイトを見る

関連記事