果物狂が教える!オレンジジュースおすすめランキングTOP10!

 

果物大好きな私は、朝起きて一番に果汁ジュースを飲みます。

中でも一番飲む頻度が高いのは、やはりオレンジジュース!

眠っている間にカラカラに乾いてしまった体に、甘酸っぱいオレンジジュースがしみ込んでゆくときの爽やかさといったら!

けだるい朝をすっきりと目覚めさせ、フレッシュな一日を連れてきてくれます。

こんなに美味しいのに、手頃な値段でコスパ最強、しかも栄養素も豊富というからには冷蔵庫に置かないわけにはいかないですね。

毎日、家族そろって味わいたいオレンジジュースの魅力について紹介します。

 

オレンジジュースの魅力

太陽のエネルギーいっぱいビタミンカラー

太陽のようにさんさんと輝く鮮やかなオレンジ色のジュースはとっても美しく、眺めているだけでも元気が湧いてきますね。

よくテレビ番組の飲み物でオレンジジュースが使われるのは、見た目がきれいからだとか。

またバーなどでオーダーするオレンジベースのカクテルは宝石のように女性を彩り、愛らしく魅せてくれます。

明るくってパワフルで、とってもキュートなのがオレンジジュースカラー。幸せも呼び込みそうですよ。

 

甘酸っぱい味わい

オレンジジュースの美味しさの特徴は、濃厚な甘みが楽しめるのに、爽快でフレッシュな後味。いくらでもゴクゴク飲めちゃいますね。

爽やかな酸味は、気分をリフレッシュしたり眠気を覚ますのにもぴったり。

深みのある甘さは幸せを連れてきて、清涼感ある酸味はストレスも吹き飛ばしてくれそう!

飽きのこない味わいが魅力のジュースです。

 

体にいい栄養価が豊富

糖質とカロリー

芳醇な甘さが魅力のオレンジジュースはやはり糖分も多く、カロリーもコップ1杯(200ml)で80キロカロリーと決して低くはありません。

ただ果物に含まれている糖分の果糖は、白砂糖などより甘みが強いので、少量でも満足感があります。

また果糖は血糖値を上げにくい糖質ですので、急な血糖値の上下がなく体にゆるやか。血糖値が急激に下がることが空腹の原因なので、腹もちのよい糖分と言えそう。

直接的なダイエット効果はありませんが、工夫して飲むことで空腹の対策にもなります。

ビタミンC

オレンジといえば、ビタミンC。

ビタミンCはお肌によいことで知られています。それはお肌をふっくらさせる美肌成分のコラーゲンの生成を助けるからです。

またビタミンCは風邪のウィルスをやっつける白血球を活性化させるため、風邪の予防にももってこい。

免疫力を高め、老化防止にも良いとされているビタミンです。

ただし、摂取のし過ぎは下痢をするので気をつけて。

クエン酸

オレンジなどの柑橘系の酸っぱさのもととなるクエン酸。

クエン酸は疲労物質の分解を行うため、疲労回復に良いと言われています。

また骨や歯を作るカルシウムの吸収を高めてくれるとも。

丈夫な体に必要不可欠な栄養素ですね。

葉酸

葉酸とはビタミンB群に属する栄養素。「妊婦のビタミン」として、厚生労働省も妊婦さんに摂取するよう推奨しています。

葉酸は新しい細胞を作り出すのに必要なビタミンなので、おなかの中の赤ちゃんの健康な体作りのサポートをします。

また全ての体内組織の原料となり、丈夫な血管や血液づくりを支えるため、大病のリスクを減らしてくれます。

妊活中から妊娠中、出産後の女性はもちろん、赤ちゃんからお年寄りまで、誰にでも必要な栄養素なので積極的に摂取したいですね。

カリウム

からいものを食べるとのどがかわきますよね。つまり塩分を取りすぎると体内の水分が不足し、血管がつまりやすくなってしまうんです。

カリウムはこの余分な塩分を排出する働きがあります。むくみや血圧に効果的な栄養素です。

二日酔いのとき、私はさっぱりとしたオレンジジュースが飲みたくなります。実はお酒による塩分を出してしまおうと、体がカリウムを求めているのかもしれませんね。

 

オレンジジュースの種類

ジュースと果実入り飲料の違い

オレンジは世界中で販売されており、比較的安価で手に入ります。

だからオレンジを絞って作られるオレンジジュースも世界中から日本に輸入され、種類もとっても豊富。

実は、ジュースという呼び名は果汁が100%のものにしか使えません。

100%未満の果汁入りは、ジュースではなく果実入り飲料とよびます。

果物をカットした断面図の写真は、100%ジュースのパッケージにしか使えないという決まりもあります。

 

ストレートと濃縮還元の違い

ジュースと呼ばれて販売されている100%果汁は、ストレートと濃縮還元の二つのタイプがあります。

ストレートタイプは、名前の通り果実をそのまましぼって、最低限の加熱殺菌しか施されていないジュース。

良質なストレートジュースを維持するため、基準が厳しく、ほとんど加工が許されていません。

ですから、ストレートジュースは希少の上、金額も高くなります。

一方リーズナブルな金額で流布されているのが、濃縮還元タイプ。

濃縮還元は、果汁から水分を取りぞいて濃縮し、後から水を足してもどします。

水分を抜くことで量を減らし、輸送コストをカットできますので、安価で輸入品が手に入るというわけですね。

また還元時に、香料や栄養剤で加工することも認められています。

美味しくて栄養価が高いのはやはりストレートタイプ。

ですが私のようにほぼ毎日飲む場合は、コスパの良い濃縮還元タイプというのもアリですね。

 

フレッシュジュースとは

フレッシュジュースとは、搾りたてのジュースのことです。

生ジュースともいいますね。

容器に入って流通しているジュースは、搾りたてとは言えませんので、スーパー等で購入することはできません。

ジューススタンドや、ホテルやカフェで注文してその場で飲んだり、自分でフルーツを絞って作るのがフレッシュジュースと言われるものです。

 

よりオレンジジュースを楽しみたい!オレンジジュースの飲み方例

そのまま飲んでも美味しいオレンジジュース。

実は割り材としてもとても優秀なんです。

私は量を飲みたいので、水で薄めて飲むことが多いですね。ケチだかという理由もありますが、カロリーを抑えたいという気持ちが一番です。

また濃縮還元で酸味が強めのジュースは、舌への刺激を感じることがあります。そんなときは、水で割ると口当たりがやわらかになります。

炭酸や牛乳、カルピスで割っても美味しいですね。

そのままでも、牛乳などで割ってからでも、凍らせるとシャーベットになります。かんたんデザートとして楽しめますね。

ビールやウイスキーで割っても美味しいです。お酒が苦手だけどチャレンジしてみたい人は、まずオレンジジュースで割ってみましょう。

ファジーネーブル、テキーラサンライズ、スクリュードライバー、ミモザ…、オレンジジュースを使ったカクテルは無限にあります。

もはやオレンジジュースで割れないものはないですね。

 

オレンジジュース選びのポイント

容器で選ぶ

様々な種類が販売されているオレンジジュース。

ライフスタイルや味の好みに合わせて選んで。

保存容器で選ぶなら紙パックが一番リーズナブル。保存期間が数日から数週間ですが、私は毎朝飲むのでこちらで十分。オレンジなどの果汁は、フレッシュさが醍醐味なので、紙パック入りで短期間で飲みきってしまうのがお勧め。

最も風味を閉じ込めておけるのは缶入りだそうです。

缶を開けたときに飛び出す新鮮な風味や、炭酸入りのプシュッという音が好きなら、缶入りですね。

冷えやすいし、日持ちもするし、冷蔵庫に常備しておくにぴったりです。

持ち歩いてちょびちょび飲みたいなら軽やかなペットボトル。ふたがついてるので飲みかけでおいておけるのも便利。

ペットボトルは保存性が、缶やびんよりは劣り、日光にも弱い素材が使われています。

瓶入りは保存性は高いですが、重たく持ち運びには不便なのが難点。

保存性が高い分、保存料等で加工する必要が少なく、自然のままを味わうことができます。

中身が見えて高級感があるので、おみやげなどにしても喜ばれますね。

 

味の好みで選ぶ

作りたてそのものが味わえるのは、やはりストレートジュース。

フレッシュな酸味が醍醐味ですね。この酸味の元となるクエン酸は、疲労回復効果があると言われていますので、疲れているときにも良いでしょう。

栄養素も豊富で加工が少ないので、健康的で美味しい生活にぴったりです。

ストレートジュースは高額ですので、コスパを考えるなら、濃縮還元ジュースという選択もあり。

濃縮されているだけあって、深いコクのある甘みが特徴。

さまざまな国から輸入され、さまざまなメーカーから販売されているので、飲み比べてお気に入りの味を探すのも楽しいですね。

酸っぱいのが苦手という人は、ジュースではなく果汁入り飲料を選びましょう。

酸味がおさえられ、ほんのりとした甘みが際立つ味わいのものが、数多く販売されています。

100%ジュースより、さらっとした味わいなので、こどもやお年寄りにもくせなく楽しめます。

 

子供から大人まで楽しめる!オレンジジュースおすすめランキング!

1位 えひめ飲料 POM ポンジュース

日本を代表するオレンジジュースといえば、誰もが思い浮かべるのがポンジュース。ニッポンのポンから呼び名がつけられた、老舗の懐かしい味わいです。

正確に言えば、オレンジにみかんが加えられたミックスジュースです。

オレンジとみかんの違いですが、みかんの方が酸味が控えめなので甘みが感じやすいという特徴があります。またみかんは皮がやわらかく、手でむいて食べることができますね。

ポンジュースはみかんがブレンドされていることにより、酸味がまろやかでより繊細な味わいです。

この繊細という味の概念は、外国にはない日本オリジナルな表現だと私は思ってます。

輸入オレンジジュースでは決して味わえない、日本ブランドの優しい味わいを存分に楽しんで。

 

2位  アサヒ飲料 バヤリース ホテルブレックファースト オレンジブレンド100

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 バヤリース ホテルブレックファースト オレンジブレンド100

メインのオレンジに、りんごと白ぶどうの果汁をブレンドした、こちらもミックスジュースです。

ホテルの朝食で飲む贅沢な100%オレンジジュースをイメージしてネーミングされました。オレンジの酸味がおさえられ、とてもまろやかな美味しさです。

私の中ではかなり好みの味ですが、オレンジジュースの最大の特徴はさわやかな酸味だと考えれば、少し物足りないかもしれません。

なので1位はポンジュースに譲り、こちらは2位にランク付けしました。

後味はどちらかといえば、りんごやぶどうのさらりとした味わいが残ります。

オレンジの酸っぱさが苦手という方でも美味しく飲める商品です。

 

3位 アサヒ飲料 Welch’s オレンジ100

1869年を起源とする歴史ある「ウェルチ」ブランド。濃厚なコクのある味わいは、飲みごたえたっぷり。

オレンジらしい酸味も十分楽しめます。

お値段も高いのですが、それに見合った贅沢な美味しさといったら、ここぞというときの勝負オレンジジュースですね。

疲れたときや特別な日に、ご褒美として楽しみたいジュースです。濃いので割り材としてオレンジジュースを使いたい方にも。

 

4位 サントリー なっちゃん

果汁40%の果実入り飲料です。バレンシアオレンジに日本ではみかんと同じ扱いのマンダリンオレンジを使ったミックス果汁です。

純水で割っているので、酸味の少ない、すっきりとした味わい。

子供からお年寄りまで、家族そろってくせなく飲めるみずみずしい美味しさが魅力。おやつの時間に添えたいですね。

 

5位 アルプス 完熟オレンジストレートジュース

出典: Amazon.co.jp

アルプス 完熟オレンジストレートジュース
ブランド
カテゴリ

スペイン産オレンジ100%そのままの、ストレートジュースです。濃縮還元していないので完熟したオレンジそのままの美味しさが楽しめます。

無添加で安心の品質。爽やかな酸味と、ほどよい甘みは、家族そろって楽しめます。

少し値段がはりますが、ここぞというときに贅沢な時間を連れてきてくれるオレンジジュースです。

 

6位 コカ・コーラ ミニッツメイド 朝の健康果実 オレンジブレンド 果汁100%

出典: Amazon.co.jp

コカ・コーラ ミニッツメイド 朝の健康果実 オレンジブレンド 果汁100%
ブランド
カテゴリ

こちらもバレンシアオレンジと「うんしゅうみかん」をミックスした果汁100%ジュースです。 さらにぶどう、りんご、レモンも加えられており、酸味と甘さのバランスが絶妙。

忙しい朝に手軽な栄養補給として飲むのがオススメ。オレンジジュースを朝飲むと、その日のパフォーマンスが上がるという研究もあります。ただし、オレンジに含まれている「ソラレン」という物質が紫外線と反応しやすいという研究もあるので、晴れた日の朝はオレンジジュースを避けた方がよいとも言われています。

 

7位 バレンシアーナ ストレートオレンジジュース100%

バレンシアーナ ストレートオレンジジュース100%

この記事を書くに当たって近所のスーパーで購入してみたら、美味しかったぁ!

情熱の国スペインの太陽をたっぷりあびたオレンジが、一本の中に何と15個も詰め込まれている100%ストレートジュースです。

オレンジの濃厚なコクとフレッシュな酸味がたまりません。さらにオレンジのつぶつぶが入っていて、ジューシーな歯ごたえが三重で嬉しい。

5位以内にはランキングさせる実力は十分ですが、地方ブランドで入手がしにくいという点を考慮して7位にランクイン。

少しお値段もはりますが、それに見合った美味しさをお約束しましょう!

 

8位 トロピカーナ ピュアプレミアム オレンジ

出典: Amazon.co.jp

トロピカーナ ピュアプレミアム オレンジ

100%果汁飲料の世界ブランド、「トロピカーナ」より自信のストレートジュースです。

オレンジのおいしさをぎゅっとつめこんだピュアな味わい。深い甘さとフレッシュな酸味はまさにプレミアム。

贅沢で幸せなひとときが楽しめること間違いなし。ビタミンCの栄養機能食品としても認められています。栄養機能食品とは、その栄養成分を補給するための食品ということです。

ビタミンCたっぷりで、健康維持に持ってこいのピュアピュアなジュースです。

 

9位 ポッカサッポロ ほおばる果実 つぶたっぷり贅沢みかん

出典: Amazon.co.jp

ポッカサッポロ ほおばる果実 つぶたっぷり贅沢みかん
ブランド
カテゴリ

果汁は40パーセントですが、つぶつぶの果肉がたっぷり入っている果肉入り果汁飲料です。まるで果物そのものをほうばっているかのような贅沢なおいしさ。

実はオレンジではなくみかんなのですが、その分ほんのり甘いやさしい味わい。オレンジの酸味が苦手という人にもおすすめできる商品です。

朝ごはんとして、デザートとして、大活躍しそう。つぶ入りジュースは根強い人気を誇るロングセラーですね。冷蔵庫に常備しておけば、お子様のおやつとしてさっと用意できます。

 

10位 エルビー フルーツセレクション オレンジ100%ジュース

出典: Amazon.co.jp

エルビー フルーツセレクション オレンジ100%ジュース
ブランド
カテゴリ

リーズナブルな値段で、定番のオレンジジュースの味が楽しめる商品です。

爽やかな酸味にほどよい甘さの安定の美味しさ。

毎日飲みたいなら、コスパもサイズもちょうどよいのではないでしょうか。

迷ったときは、こちらを選べば間違いないでしょう。

 

まとめ

今回紹介したものはほんの一部で、まだまだおいしいオレンジジュースは世界中から販売されています。

私が忘れられないオレンジジュースの味は、南イタリアの屋台で飲んだしぼりたてのフレッシュジュースです。抜けるような青空と、輝く太陽の光に照らし出された遺跡と自然の美しさとともに、いつまでも心に残っています。

自然のままの果実をしぼったジュースのそのおいしいことといったら!こんなにも素晴らしい恵を与えてくれる自然って、ホント地球の起こした奇跡ですね。

自然の大切さ、豊かなビタミンの栄養素、フレッシュなおいしさ。ほんの小さなオレンジから作られたジュースは、生きる喜びと力、美味しいものを感じる幸せ、地球の恵み、全てを教えてくれますね。

オレンジジュース一つで、人はこんなにも幸せになれる、それが人と自然の強さだと私は思います。

今日も一日、オレンジジュースを飲んで、頑張ろう!!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

えひめ飲料 POM ポンジュース

サイトを見る

アサヒ飲料 バヤリース ホテルブレックフ…

サイトを見る

アサヒ飲料 Welch’s オレンジ100

サイトを見る

サントリー なっちゃん

サイトを見る

アルプス 完熟オレンジストレートジュース

サイトを見る

コカ・コーラ ミニッツメイド 朝の健康果…

サイトを見る

バレンシアーナ ストレートオレンジジュー…

サイトを見る

トロピカーナ ピュアプレミアム オレンジ

サイトを見る

ポッカサッポロ ほおばる果実 つぶたっぷ…

サイトを見る

エルビー フルーツセレクション オレンジ1…

サイトを見る

関連記事