腸内環境を整えよう!乳酸菌飲料おすすめランキングTOP10

食事は野菜などバランスに気を付けているつもりですが、私はそれでも、ついつい好み優先で偏ってしまうことがあります。便秘など、お腹の不調を感じたら食物繊維の多い野菜などを食べるようにしてはいますが、消化までに時間がかかるので、「やっぱり普段から食べないとな」と、その度に反省の繰り返し。

とはいえ、野菜ってやっぱり食べにくい。そんな私をサポートしてくれているのが乳酸菌飲料です。乳酸菌がお腹の調子を整えてくれることで、ちょっと食事でケアを怠けてしまったときにもスッキリできるのが気に入っています。今回はそんな乳酸菌の中でも、特におすすめしたい商品をランキングでご紹介。併せて乳酸菌の特徴や飲料の選び方などもお話しします。

 

乳酸菌とは?

ヨーグルト

乳酸菌は、糖から乳酸を作る効果を持っている菌のことです。乳酸を作ることができる菌なら全て乳酸菌と呼ばれ、その種類はとても豊富。また乳酸を作るだけでなく、腸内の酸性化やぜん動運動の促進など、腸内環境を整えることも得意で、乳酸菌飲料など多くの飲食品に取り入れられています。

ヨーグルトのイメージが強いですが、ほかにも味噌やキムチなど、発酵食品に多く含まれているのも特徴。乳酸菌飲料と合わせて、発酵食品も積極的に得るのもおすすめです。

 

乳酸菌の種類と役割

乳酸菌の中にはお腹のケアだけでなく、免疫力アップや脂肪対策などの役割を兼ねているものも存在。乳酸菌飲料に含まれている乳酸菌がどのタイプかを知っておくと、選ぶのにも役立ちます。

また乳酸菌は素材・加工食品によって動物性と植物性に分けられることも。例えばヨーグルトなど牛乳、つまり牛由来なら動物性、味噌や漬物なら植物性の乳酸菌が含まれています。

 

内臓脂肪ケアならガゼリ菌

脂肪対策が得意なのがガゼリ菌です。脂肪を燃やしやすい状況に導き、既にある中性脂肪対策ができるため、運動や体質改善をしている方におすすめ。CP1563株なども体脂肪を燃やしやすくすることが可能です。ほかにもメタボならLP28株、抗肥満ならLGG株といった乳酸菌が役立ちます。

 

ビフィズス菌で免疫アップ

厳密には乳酸菌ではないのですが、役割が近いことからビフィズス菌も乳酸菌の1つとしてとらえられることもあります。食品の消化や吸収のサポートのほか、免疫力アップで病気への抵抗力を高めてくれます。ほかにも1073R-1株などが免疫力を助けてくれる乳酸菌です。

 

乳酸菌飲料を飲むことでお腹スッキリ!

乳酸菌飲料

上記でご紹介した、乳酸菌のメリットを得やすい形にしたのが乳酸菌飲料です。食品などにも含まれているとはいえ、乳酸菌の割合が少なかったり、生きた状態で腸まで届かないなど、乳酸菌の働きに限界が生じることもあります。

乳酸菌飲料であれば万は当たり前、億・兆単位で乳酸菌を含んでいたり、生きて腸まで届くタイプを採用しているなど、乳酸菌を体内で活かしやすい状況になっているんです。乳酸菌の生死に関しては、必ずしも死んだ状態だと役立たずということはないようですが、生きた状態でしっかり活躍してほしいなら、乳酸菌飲料を選ぶ価値はあります。

 

乳酸菌飲料の選び方

甘酒

乳酸菌飲料を改めて選ぶなら、乳酸菌の種類や働きだけでなく、ほかのポイントにも注目してみましょう。

 

飲みやすさ・味で選ぶ

まずは味やのどごし。ヨーグルトイメージから乳酸菌飲料もヨーグルト風味が多いですが、中にはミネラルウォーターのように味無し、レモンなど果実味の乳酸菌飲料もあります。また味のついた乳酸菌飲料でも、酸味が利いたり牛乳感の強い濃厚なタイプから、フレーバーウォーターレベルのあっさり系まで様々です。

好みがある場合は、うっかり反対の味を選ばないようにしましょう。またあっさり系は喉が渇いている時など、水分補給も目的としたい場合におすすめです。

 

容量で選ぶ

乳酸菌飲料は通常の飲料と同じペットボトルタイプや、健康食品にありがちな小さいボトルなどサイズも多様です。手軽に飲みたい場合や持ち運びたい時は小さいサイズ、水分補給や味を堪能したいならペットボトルがおすすめ。

ちなみに小さいサイズでも、乳酸菌の数は大容量と変わらない商品もあり、大きいから乳酸菌もたっぷりとは、一概には言えません。

 

成分・特徴で選ぶ

乳酸菌以外にも、役立つ成分が含まれていることがあります。牛乳由来であればカルシウムやマグネシウム、健康系であればほかのミネラルやビタミンを含んでいることも。乳酸菌以外にも不足しているなと思った成分があれば、優先して選びましょう。

 

おすすめ乳酸菌飲料ランキングTOP10

ヨーグルトドリンク

では改めて、私がおすすめしたい乳酸菌飲料のランキングをご紹介します。イメージ的にもカルピスが強いですが、ほかにも色々なメーカーや商品があるので要チェックです。またカルピス1つとっても、乳酸菌の種類や得られるメリットなど違いがあるので、注目してみてください。

 

 

10位 アサヒ飲料 カルピス 守る働く乳酸菌 L-92

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 カルピス 守る働く乳酸菌 L-92
ブランド
カテゴリ

低脂肪の乳酸菌飲料を求める方に

まずはミニボトルタイプのカルピスから、守る働く乳酸菌。手のひらサイズの100mlボトルなので冷蔵庫などへの保管もしやすく、カバンに入れて出先で飲むのにもおすすめです。カルピスシリーズでおなじみL92乳酸菌を含んでいますが、通常タイプのカルピス200mlと同数入っているのも魅力。希釈不要の乳酸菌濃縮版とも言えます。

また脂肪分0のドリンクでもあり、甘味を食べたいけど脂肪分のせいで控えなければいけないという方の小腹満たしにもおすすめ。10位になったのは以降の商品と比べての特徴や、500mlのカルピスシリーズなどに比べると乳酸菌が少ないというだけなので、以降の乳酸菌飲料にある要素を気にしないなら十分です。

 

9位 アサヒ飲料 カルピス アミール やさしい発酵乳仕立て

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 カルピス アミール やさしい発酵乳仕立て
ブランド
カテゴリ

血圧対策できる優しい味

9位にはカルピスブランドの中でもアミールのシリーズから、やさしい発酵乳仕立てを選びました。機能性表示食品に認定されており、アミールシリーズ共通の、ラクトトリペプチドによる血圧対策ができる乳酸菌飲料です。ほかのカルピスに比べて酸味が少なく、味やのどごしが優しく感じられます。

10位同様100mlサイズで持ち歩きやすく、お腹の調子だけでなく、血液の悩みを抱えている方におすすめです。ただ機能にこだわっている分、値段はやや高めなので9位に。血圧のトラブルがないなら、もっと安い乳酸菌飲料にしてもよいでしょう。

 

8位 アサヒ飲料 届く強さの乳酸菌W

乳酸菌をしっかりとお腹に届けたい方に

届く強さの乳酸菌Wは、カルピスの技術を使いながらも、製品名にはカルピスを含んでいない乳酸菌飲料です。含まれているプレミアガゼリ菌は、腸に届きやすくお腹のケアに適しているのはもとより、ストレスケアによって睡眠の質を助けることが期待されています。

睡眠の質に関しては機能性表示食品に認定されており、就寝前に飲んで、睡眠不足を快眠へとサポートしてもらうのにもおすすめです。脂肪0ゆえ、就寝前の飲食を気にする方も続けることができます。

 

7位 アサヒ飲料 カラダカルピス

既にある脂肪対策もしたいならこれ!

ここまで紹介してきた100mlサイズのカルピスは多くが脂肪0で、新たに脂肪を摂取しないことを謡ってきましたが、既に蓄積されている体脂肪に悩んでいるならカラダカルピスをおすすめします。

カラダカルピスは500mlサイズの機能性表示食品。乳酸菌CP1563株が脂肪を燃やしやすくすることによって体脂肪に対処します。外からも運動など、脂肪を燃やす行為をする相乗作用が期待できるので、普段からスポーツをしている方のお供にぴったりです。

 

6位 サントリー ビックル500

複数の乳酸菌やカルシウムをまとめて

サントリーのビックルは、乳酸菌の種類をはじめ、含まれている成分の数が豊富な乳酸菌飲料です。乳酸菌だけで4種類含まれているほか、カルシウムとマグネシウムが入っており、骨のケアにも役立ちます。また甘味はキシロオリゴ糖をメインにしており、乳酸菌のサポートにもなります。

カルピスに比べると牛乳っぽい風味なので、味の好みで選ぶのもおすすめです。ただ乳酸菌の具体的な種類については非公開のようす。具体的にどんな乳酸菌か明示がないと嫌という方のみ、注意してください。

 

5位 キリンビバレッジ まもるチカラのサプリ すっきりヨーグルトテイスト

出典: Amazon.co.jp

キリンビバレッジ まもるチカラのサプリ すっきりヨーグルトテイスト
ブランド
カテゴリ

ごくごく飲めるさっぱり系飲料

キリンのまもるチカラのサプリは、カルピスやビックルに比べるとさっぱりした味わいが特徴。印象としてはヨーグルト系フレーバーウォーターに近いかもしれません。ミネラルウォーターのようにごくごく飲めるので、暑さ対策や水分補給も目的に利用したい方におすすめです。

成分では、ラクトコッカス・ラクティス乳酸菌の1種であるプラズマ乳酸菌を採用。お腹のケアというよりも、元気な毎日など生活全般のサポートをしてくれるイメージです。

 

4位 キリンビバレッジ iMUSEレモンと乳酸菌

出典: Amazon.co.jp

キリンビバレッジ iMUSEレモンと乳酸菌
ブランド
カテゴリ

レモン風味が好きならこちら!

同じくキリンからは、イミューズもピックアップしました。レモンと乳酸菌の名前の通り、こちらは5位と違ってレモンのフレーバーウォーターに近い味です。あっさり目は共通で、5位同様ごくごく飲めるタイプが好みの方、水分補給したい時に重宝します。

プラズマ乳酸菌飲料であることも同じですが、5位に比べて低カロリーであり、「私の中の女神を呼び覚ます」のブランド由来の通り女性寄りと言えます。もちろん男性でも、水分補給や低カロリーを重視するならおすすめです。

 

3位 アサヒ飲料 カルピス 希釈用  Lパック

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 カルピス 希釈用 Lパック
ブランド
カテゴリ

水以外に混ぜるのもおすすめ

ここまではそのまま飲めるタイプの乳酸菌飲料を紹介してきましたが、3位には希釈タイプのカルピスをあげたいと思います。飲むためには水で割る手間がかかりますが、いつでも作り立てのカルピスの味が楽しめること、濃さを自分で調整したり、牛乳などほかの飲料で割るといったアレンジができる自由度の高さから3位にしました。

また家庭用として常備しておきたいなら、既製品でボトルの置き場所に困ることがなく便利。マイボトルがあるなら、持ち歩きできないデメリットもなくなりますね。

 

2位 アサヒ飲料 ゼロカロリーのカルピスすっきり

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 ゼロカロリーのカルピスすっきり
ブランド
カテゴリ

熱中症対策もカルピスで!

2位はカルピスの0カロリータイプです。脂肪0は多いですが、カロリーをカットできるカルピスはこれだけといってよいでしょう。その代わりというわけではないですが、沖縄の海塩を含んだ水分・塩分補給飲料でもあり、猛暑や熱中症対策にぴったりです。

ボトルは冷凍保存もできるので、アウトドアなど事前に冷やして持ち出せば保冷剤替わりになったり、外出先でほどよく溶けて飲み頃が味わえます。もちろん乳酸菌は入っており、お腹のケアと共に夏場をしっかり乗り切りたい方におすすめです。

 

1位 アサヒ飲料 カルピスウォーター

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 カルピスウォーター
ブランド
カテゴリ

定番の乳酸菌飲料

1位はあえて、通常タイプのカルピスを選びました。特別な成分・工夫はありませんが、その分誰でも飲みやすく初めての方にもおすすめです。1919年以来続いてきた、乳酸菌飲料最大手にして初ブランドへの信頼感も大きいでしょう。乳酸菌で発酵させるのは国産の牛乳由来の素材。また水も純水を選ぶなど、材料へのこだわりも魅力です。

500mlサイズを紹介していますが、ちょっと欲しい時に便利な240mlサイズ、家庭用やパーティなどで活躍してくれる1l以上のサイズなども存在。2位以降の特別版に比べて容量のバリエーションが多く、状況に応じて選べる利便性も備えています。

 

乳酸菌飲料の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、乳酸菌飲料の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

to buyインフルエンサーおすすめの乳酸菌飲料もチェック!

りおのイチオシ!

はるな愛 さんが-10キロ減ったと
謳い文句を掲げているこちら

#ジェイフロンティア
#酵水素328選もぎたて生スムージー
1袋・5,900円

328種類もの植物発酵エキスとや
#ビタミン #コラーゲン #乳酸菌 と
痩せるだけでなく綺麗になるお手伝いを
してくれるような個包装タイプの
スムージー

お水や炭酸水ですっきり甘酸っぱさを
楽しむもよし
牛乳や豆乳でいちごミルクのようにして
飲むもよし。
紅茶にも入れて
フレーバーティーのようにも
飲めるので割と味のバリエーションは
変えられます。

#ダイエット #スムージー

はまちゃんのイチオシ!

生きた乳酸菌が豊富で腸内環境改善を促してくれます。 さらに、抗酸化作用で美肌にもアプローチしてくれる。レモンヨーグルト味で飲みやすく、体重が気になってる人には朝に置き換えダイエットとして飲むこともできるのでオススメ。

 

乳酸菌飲料で喉もお腹もスッキリ満足!

お腹

お腹のケアは食物繊維など、食事で補うのがベストですがなかなか難しいもの。

でも乳酸菌飲料であれば、水分補給のついでに乳酸菌も得られ、調子を整えやすいです。カロリー0や体脂肪対策などほかのメリットが得られることもあるので、自分の悩みに合った乳酸菌飲料を選び、喉の渇きと共に体のサポートをしてあげましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

アサヒ飲料 カルピス 守る働く乳酸菌 L-92

サイトを見る

アサヒ飲料 カルピス アミール やさしい発…

サイトを見る

アサヒ飲料 届く強さの乳酸菌W

サイトを見る

アサヒ飲料 カラダカルピス

サイトを見る

サントリー ビックル500

サイトを見る

キリンビバレッジ まもるチカラのサプリ …

サイトを見る

キリンビバレッジ iMUSEレモンと乳酸菌

サイトを見る

アサヒ飲料 カルピス 希釈用 Lパック

サイトを見る

アサヒ飲料 ゼロカロリーのカルピスすっきり

サイトを見る

アサヒ飲料 カルピスウォーター

サイトを見る

酵水素328選 もぎたて生スムージー 180g…

サイトを見る

美人プロテイン レモンヨーグルト

サイトを見る

関連記事