フードフォトグラファーが教える!市販バーニャカウダソースおすすめランキング!

ホームパーティーのメニューとしてもおすすめのバーニャカウダ。野菜をたくさん摂れる上にとってもおいしくいただけて、カラフルなお野菜を使えばテーブルも華やかに!我が家でもクリスマスやお誕生日など、パーティーメニューとして大活躍しています。

ホームパーティーにぴったりのバーニャカウダですが、バーニャカウダソースを手作りするのはちょっとコツが必要。ソースの材料をひとつひとつ揃えるのも、手間がかかりますよね。

そんなとき「市販バーニャカウダソース」があれば、とても手軽にバーニャカウダを作ることができちゃいます!お好みの野菜を準備したら、あとはソースの蓋をあけてそのまま出すだけ。おしゃれな瓶も多いので、別容器に入れなおす手間も省けます。

今回は、手軽に使える「市販バーニャカウダソース」のおすすめ商品をご紹介します。パーティー好きの方必見です!

バーニャカウダとは?

バーニャカウダ

「バーニャカウダ」はイタリアの郷土料理。「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味し、アンチョビやニンニク・オリーブオイルを合わせて作った熱々のバーニャカウダソースに、生野菜や温野菜をディップしていただくのが一般的です。

日本では、バーニャカウダソースにチーズや生クリーム、味噌などを加えるレシピもあり、さまざまなアレンジも可能。野菜だけではなく肉や魚、パンなどとも相性が良く、前菜としてだけではなくメインの料理としてもいただくことができます。

アルコールにもぴったりなので、おつまみにもおすすめ。おいしいソースと新鮮な野菜がたっぷりあれば、あっという間に贅沢な一品が用意できちゃいます。

バーニャカウダソースってどう使う?

そのまま野菜やパンにディップしていただくだけで、とってもおいしいバーニャカウダソース。でもバーニャカウダ以外に使い道がないのでは?という方に。バーニャカウダソースを他の料理に使うアイデアをご紹介します♩

バーニャカウダだけではもったいない!うまみたっぷりアレンジ自在な、バーニャカウダソース応用編です!

サラダのドレッシングに。

マヨネーズやビネガーを加えて混ぜ合わせ、野菜にかければコクのあるドレッシングとして使えます。ガーリックやアンチョビがきいたしっかり濃いめのドレッシングなので、アルコールにもぴったりのサラダができあがりますよ!

野菜や肉にかけてオーブンでグリル。

旬の野菜や上質なお肉にソースをかけ、オーブンでグリルすればワンランク上の熱々グリル料理が完成します。バゲットなどを添えて、ソテーした具材をのせていただくのもおすすめです。

パスタにもぴったり!

バーニャカウダソースは、もちろんパスタにもぴったり。オリーブオイルでキャベツやアスパラなどお好みの具材を炒めたら、バーニャカウダソースと生クリームを少量加えてパスタを混ぜ合わせるだけ。もともとしっかりと味付けをしてあるソースなので、他に調味料を加えなくても、コクのあるおいしいパスタが簡単に味わえます。

 

バーニャカウダソースの選び方

現在市販されているバーニャカウダソースには、2〜3回分の量が入った瓶の商品や、1回で消費できるパウチなど、さまざまな形態のものがあります。

食べる人数などに合わせてチョイスすることができ、1人暮らしの方でも気軽に使え、とても便利です。

また、蓋を開けたらそのまま食べられる状態になっているものだけでなく、オイルや生クリームなどを加える必要があるもの、加熱してから食べた方がおいしいものなど、さまざまなタイプのものがあります。

パパッと手軽にいただきたいのか、自分好みの味にアレンジをしたいのかということも、購入する際の判断基準になるのではないでしょうか。

 

フードフォトグラファーが教える!市販バーニャカウダソースおすすめランキング!

8位:予約でいっぱいの店のアンチョビとガーリックのバーニャカウダ

私がおすすめする市販バーニャカウダソースランキング、第8位は「S&B 予約でいっぱいの店のアンチョビとガーリックのバーニャカウダ」です。

有名イタリアンレストラン「ラ・ベットラ」落合務シェフ監修のパスタソース。アンチョビとガーリックのうまみとオリーブオイルの香りがほどよいバランス。濃厚クリーミーで後引くおいしさのバーニャカウダソースです。

ディップソースはもちろん、ソテーしたお肉にもぴったり。イタリアンレストランの味をご自宅で手軽に堪能できますよ!

 

7位:地中海フーズ バーニャカウダ

おすすめバーニャカウダソース、第7位は「地中海フーズ バーニャカウダ」です。

こちらのソースはそのまま使用するタイプではなく、オリーブオイルか生クリーム、牛乳などで3倍にのばしてから使用するタイプ。ソースを温めてから野菜などをディップしていただくと、ソースうまみが増し、とてもおいしいです!

生クリームを追加して濃厚クリーミーなバーニャカウダを味わうなど、素材を追加して自分好みの味わいに仕上げたい方におすすめです。

 

6位:モンテベッロ バーニャカウダ・ソース

第6位は「モンテベッロ バーニャカウダ・ソース」です。

こちらのバーニャカウダソースは100gと少量タイプ。1回使い切りの量となっており、無駄なくいただけるのが特徴。1人暮らしの方におすすめです。

加熱してソースを温めながら、野菜にディップ。本格的なバーニャカウダが手軽に味わえます。少量なのでパスタにもおすすめ。季節の野菜と合わせるとおいしいパスタが簡単に作れちゃいますよ!

 

5位:サンクゼール バーニャカウダー

おすすめバーニャカウダソース、第5位は「サンクゼール バーニャカウダー」です。

少し塩分強めの仕上がり。そのままでもじゅうぶんおいしいですが、生クリームなどを追加すると、よりいっそうおいしくいただけます。

加熱しながらオイルフォンデュのようにいただくと美味。パスタや肉料理とも相性抜群です。

 

4位:ラ・カンティーヌ バーニャカウダソース

第4位は「ラ・カンティーヌ バーニャカウダソース」です。

清潔感のある可愛い容器が人気のラ・カンティーヌシリーズ。こちらのバーニャカウダソースは、地中海産アンチョビフィレと蒸したにんにくを牛乳で煮込み、パルメザンチーズを加えて作られています。

おしゃれなデザインの缶なので、蓋を開けて野菜と一緒に出すだけで、洗練されたおしゃれなパーティーテーブルを演出することができます。

旬の野菜をディップするのはもちろん、魚介類にもおすすめ。パーティーにぴったりの商品です。

 

3位:青の洞窟 バーニャカウダ

おすすめバーニャカウダソース第3位は「青の洞窟 バーニャカウダ」です。

少量タイプですが、とにかくおいしくてコスパが良いと話題の「青の洞窟バーニャカウダソース」。野菜を用意してソースを温めるだけで、手軽にバーニャカウダを楽しめます。味も濃厚で深みがあり、クセもなくとても食べやすいです。

量が少ないので、1人分のパスタなどにもおすすめ。ソテーした肉や魚などとも相性が良く、さまざまな料理に活用でき、ご家庭の常備用にぴったりです。

 

2位:白亜ダイシン 北海道バーニャカウダ

第2位は「白亜ダイシン 北海道バーニャカウダ」です。

こちらのソースは、北海道産ニンニクと国産アンチョビ、イタリア産原材料のみを使用したエクストラヴァージンオイルを使って作られています。しっかりとしたコクと豊かな風味が特徴の、濃厚おいしいバーニャカウダソースです。

生臭みがほどんどなくとても食べやすいソースとなっており、おこさまでも安心しておいしく召し上がることができます。

ワインなどアルコールとの相性もぴったり。アレンジ料理にも向いているので、サラダやパスタなどに使用するのもおすすめです。

 

1位:デリディップ バーニャカウダ

市販バーニャカウダソースおすすめランキング、第1位は「デリディップ バーニャカウダ」です。

おしゃれで可愛いラベルが特徴の、セルフィユ軽井沢のバーニャカウダソース。生クリームなど乳製品を使用しておらず、アンチョビやニンニクなど、素材のうまみはしっかりと感じつつもさっぱりとした後味なのが特徴。

根菜類などのディップはもちろん、サンドイッチなどにもおすすめ。濃すぎるバーニャカウダソースが苦手、という方に、ぜひ一度試していただきたい商品です。

 

まとめ

今回は「市販バーニャカウダソース」のおすすめをいくつかご紹介しました。自分好みの味わいを作ることができる手作りのソースももちろんおいしいですが、市販のものは手軽に使えるのが強み。

特に素材にこだわって作られているものは味にも深みがあり、日本人の口に合うものも多いのでおすすめです。

バーニャカウダソースとして新鮮な野菜のディップソースとして使うのはもちろん、さまざまな料理にアレンジすることができるのも魅力。

気になる「市販バーニャカウダソース」があれば、ぜひ一度お試しくださいね!

記事内で紹介されている商品

予約でいっぱいの店のアンチョビとガーリ…

サイトを見る

地中海フーズ バーニャカウダ

サイトを見る

モンテベッロ バーニャカウダ・ソース

サイトを見る

サンクゼール バーニャカウダー

サイトを見る

ラ・カンティーヌ バーニャカウダソース

サイトを見る

青の洞窟 バーニャカウダ

サイトを見る

白亜ダイシン 北海道バーニャカウダ

サイトを見る

デリディップ バーニャカウダ

サイトを見る

関連記事