デリスタグラマーが教える!ジェノベーゼソースおすすめ!

パスタ以外にも使い方色々!ジェノベーゼソースHow to

バジル好きにはたまらないジェノベーゼ。

フレッシュバジルを使用し自分でソースを作ることもできますが、簡単に美味しいジェノベーゼが楽しむことができるジェノベーゼソースはとてもありがたいですよね。

しかし、パスタ以外にはどうやって使ったらいいの?買ったはいいものの、使い道がなくていつの間にか賞味期限が切れていた・・・

なんてこともあるのではないでしょうか。

今回はそんな便利なジェノベーゼソースについて、パスタ以外の使い方も含めてご紹介していきたいと思います。

 

ジェノベーゼとは?

イタリア・リグリア州のジェノバで生まれたソース。

ジェノベーゼソースではなく、ジェノバソースとも言うのは発祥地の由来なのです。

作り方や中身は意外にもシンプルでフレッシュバジルに松の実、チーズ、オリーブオイル、塩を混ぜているだけ。

お好みでブラックペッパーやニンニク、松の実以外にもくるみやカシューナッツなどのナッツ類を入れることもあります。

ちなみに、バジルだけでなく、小松菜や春菊、大葉などでも和風ジェノベーゼソースを作ることができるんですよ。

おすすめのパスタ

フェットチーネ

日本人向きだと言われているフェットチーネは平打ちのロングパスタ。

もちもちとした食感で女性に人気のパスタの一つです。

チーズやクリーム系、ミートソースやボロネーゼなど濃厚なソースと相性が良く、粉チーズをたっぷり入れたジェノベーゼソースとも相性が良いですよ。

 

リングィーネ

フェットチーネよりも細めの平打ちロングパスタ。

クリーム系や魚介系のパスタに使用されることが多く、ジェノベーゼパスタも具材にエビやイカなどの魚介を使用することが多いので

リングィーネを使用しているお店も多いですよ。

 

ペンネ・リガーテ

表面にくぼみの筋が入ったショートパスタ。

筋にソースが入り込み、色々なソースと相性の良いパスタです。

 

フスィリ

ぐるぐるとらせん状になっているショートパスタ。

らせん部分にソースが良く絡むのでペンネ・リガーテ同様どんなソースとも相性が良いです。

 

ジェノベーゼパスタにおすすめの具材

鶏肉

イカ

海老

アサリ

タコ

ほたて

生ハム

インゲン

アスパラ

マッシュルーム

プチトマト

 

 

パスタ以外のお料理に

ジェノベーゼといえばパスタ!というイメージの強いジェノベーゼソース。

しかしその豊かなバジルの香りを生かしたお料理は他にもたくさんあるんですよ。

使っていないジェノベーゼソースが自宅で眠っている人、持て余している人、必見です!!

 

カプレーゼ

トマトとモッツァレラチーズやクリームチーズにバジルを合わせたカプレーゼ。

フレッシュバジルを使用するイメージがありますが、ジェノベーゼソースでも美味しいカプレーゼを簡単に作ることができます。

またフレッシュバジルをカプレーゼ用に購入しても使用する量は少量なので使い切る前に傷んでしまいがちですが、

ソースであれば保存期間も長いのでおすすめですよ。

 

カルパッチョ

海老や白身魚、サーモン、タコなどのカルパッチョとも実は相性抜群。

ビネガー、オリーブオイル、塩にジェノベーゼソースを混ぜるシンプルなソースはもちろん、

市販のカルパッチョソースにジェノベーゼソースを混ぜ合わせても美味しいですよ。

 

肉料理

熱したオリーブオイルで焼いた鶏肉や豚肉、バターでソテーした白身魚などにジェノベーゼソースソースを添えて。

シンプルに焼いた肉料理とジェノベーゼソースがとてもよく合いますよ。

お好みでレモンを絞れば爽やかに。

見た目も一気におしゃれになるのでおもてなしや記念日にもおすすめです。

ワンランク上を目指す場合はある程度、肉が焼けたらとろけるチーズをトッピングして

蓋をして余熱で溶かし、その上にジェノベーゼソースを。

 

ピザ

ピザ生地にジェノベーゼソースをたっぷり塗って、モッツァレラチーズとトマトを乗せて焼くだけ。

これだけで本格的なジェノベーゼソースピザを楽しむことができます。

具材を乗せたい場合のおすすめはエビやイカ。

または焼きあがった後に生ハムをトッピングするのもおすすめです。

 

蒸し野菜

アツアツに蒸した温野菜にもおすすめ。

そのままでももちろん美味しいですがジェノベーゼソースにマヨネーズと粉チーズを混ぜれば

食べ応えのある蒸し野菜に。

筆者はブラックペッパーをたっぷりかけるのも好きです。

 

サラダ

マンネリしがちなサラダにもジェノベーゼソースを。

蒸し野菜同様、マヨネーズと粉チーズを混ぜ、クルトンをトッピングするのもおすすめです。

記念日などはボイルして冷やしたエビをサラダに乗せ、ジェノベーゼソースを。

見た目も華やかで豪華なサラダの出来上がりです。

 

野菜のオーブン焼き

今の季節であれば新じゃがやアスパラガスなどにジェノベーゼソースをぬり、

とろけるチーズを乗せてオーブンやトースターでこんがり焼くだけで

簡単に美味しい一品料理の完成ですよ。

 

ジェノベーゼソースを選ぶポイント

国産が外国産か

バジルなどの原材料が国産のものや外国産のものがあります。

国産と書かれていても収穫されたのは外国である場合もあるのでしっかりと見極めるのは難しい場合がありますが

選ぶ際のポイントになることには間違いありません。

しかしながら、もともとはイタリアで生まれたソースなので国産が必ずしも良いというわけではありません。

 

無添加かどうか

小さなお子さんがいる場合に気になるポイントですよね。

ph調整剤や香料、保存料、着色料などの添加物や化学調味料が使われている商品もあります。

原材料を見れば一目で確認ができるので購入前のポイントにしてみてがいかがでしょうか。

 

使っているナッツ

ジェノベーゼソースには欠かすことのできない松の実。

商品によっては松の実ではなくアーモンドなどのナッツを使用していたり、松の実ペーストを使用しているものがあります。

しかしながら松の実が必ずしも美味しいというわけではなくあくまでも好みの問題なので

原材料を確認し、気に入った商品、そうでない商品が一体何を使用しているのかどういった違いがあるのかを

見てみるのも楽しみの一つですよ。

 

原材料の内容

ジェノベーゼソースといえばそのほとんどがバジル、チーズ、オリーブオイル、松の実、塩ですが

商品によってはフレッシュバジルではなく乾燥バジルを使用していたり、

前述であるようにアーモンドやくるみなどの松の実以外のナッツを使用していたり、

チーズを使用せず、バジルの味をダイレクトに感じることのできる物など

ジェノベーゼソース(バジルソース)と書かれていても様々な商品があります。

ジェノベーゼソースおすすめ7選

アルマニーノ バジルペースト

お店などでも使用されているアルマニーノのバジルペースト。

冷凍できるので保存期間が長いのが嬉しいポイントです。

筆者が以前働いていたバルでも使用されており、とても簡単に美味しいジェノベーゼパスタ作れるので

今では我が家の定番アイテムとなっています。

大容量なのでたっぷり使いたい方にもおすすめですよ。

 

成城石井 大分産バジル使用ジェノベーゼペースト

国産のバジルを使用し、化学調味料無添加なのがとても魅力的なポイント。

しっかりと松の実も入っており、なによりバジルとチーズの香りが豊かで

このペーストを混ぜるだけで簡単に美味しいジェノベーゼ料理を作ることができますよ。

また、ネットだけでなく店舗でも簡単に手に入れることができるのが嬉しいですね。

 

地中海フーズ バジルペースト

本場の味にこだわるイナウディ社のバジルペースト。

たっぷりのバジルと松の実、にんにく、チーズなどが使用された本格的な商品です。

しっかりとした風味が特徴的で、シーフードはもちろん、マリネやグリルしたチキンやポークに添えれば

それだけで美味しくいただくことができますよ。

 

阿蘇健康農園 阿蘇バジルペースト

国産・無農薬のスイートバジルを100%使用し、そのほかの原材料にもこだわりをもって作られた阿蘇バジルペースト。

数々の賞を受賞し、ビジネスクラス国際線の機内食に3年連続採用された経歴をもつ本格的な商品です。

蓋を開けた途端、新鮮で豊かなバジルの香りが広がります。

パスタはもちろん、カプレーゼなどバジルの香りを生かした料理にぜひ使っていただきたいです。

 

フレッシュバジルソース

無農薬の国産バジルを使用し、オリーブオイル以外のニンニクや塩などもすべて国産のものを使用している安心できるバジルソース。

松の実やチーズを使用していないのでバジルのシンプルな味を楽しむことができます。

また、ナッツや乳製品にアレルギーのある人でも使えるのが嬉しですよね。

シンプルな原材料の分、マイルドさが足りない場合にはバターや粉チーズを追加して

料理に合わせて使用するのがおすすめです。

 

 

ケンコー イタリアンバジルソース

ボトルタイプなので手軽に日々の食卓に取り入れることができるケンコーのバジルソース。

パスタや肉類よりもサラダやカルパッチョにおすすめという口コミが多いですが

酸味が気になる場合は粉チーズを追加するのも良いでしょう。

香料不使用ですがバジルの香りをしっかりと感じることができますよ。

 

アルチェネロ 有機ジェノベーゼ・バジル・ペースト

本場イタリアの老舗のブランド「アルチェネロ」のジェノベーゼソース。

原材料を確認してみると化学肥料不使用で育てられたバジルに、

有機ひまわり油、有機オリーブオイル、有機松の実、有機砂糖など原材料のほとんどに有機栽培の物を使用している嬉しい商品です。

なんといっても、有機栽培のものを使用した商品は比較的価格が高くなりがちですが

アルチェネロのジェノベーゼソースは非常にお買い得な価格。

また、パスタ以外のお料理にも簡単に使うことができて美味しいと定評がありますよ。

 

 

まとめ

ジェノベーゼパスタって難しそう・・・と思われがちですが、美味しいペーストやソースを使用すれば絡めるだけで簡単にお店の味を自宅で味わうことができます。瓶で購入してもパスタ以外に使えそうにないな・・・なんて時も今回の記事を参考に色々なお料理にチャレンジしてみてください。

家に友人を招いて、彼氏を招いて、記念日ディナーに、ジェノベーゼソースを使ったお料理を一皿出すだけでおしゃれ度も増して、ワンランク上の食卓になること間違いなし!

料理の幅も広がり、瓶やボトルタイプだと用途に合わせて少量からでも使用でき、また賞味期限も長めなので一人暮らしの人でも手を出しやすいですよ。

メーカーによって風味が異なるので色々試して自分に合うソース、そのソースに合う料理を研究してみてくださいね!

 

記事内で紹介されている商品

アルマニーノ バジルペースト

サイトを見る

成城石井 大分産バジル使用ジェノベーゼペ…

サイトを見る

地中海フーズ バジルペースト

サイトを見る

阿蘇健康農園 阿蘇バジルペースト 

サイトを見る

フレッシュバジルソース

サイトを見る

ケンコー イタリアンバジルソース 

サイトを見る

アルチェネロ有機ジェノベーゼ・バジル・…

サイトを見る

関連記事