主婦が教えるエクストラバージンオリーブオイルおすすめランキング

調理用のオイルは何を揃えていますか?サラダ油にごま油、オリーブオイル、この3種類を常備されているというご家庭は多いと思います。そんなオリーブオイルですが、普段お使いの物はエクストラバージンオリーブオイルでしょうか?オリーブオイルにはエクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルがあります。

今回は最高品質のオリーブオイルと言われているエクストラバージンオリーブオイルについてご紹介します。

 

エクストラバージンオリーブオイルって一体なに?

エクストラバージンオリーブオイルとはオリーブの実を絞ったそのままのオイルで、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり8gを越えないものです。ピュアオリーブオイルは精製された油なので、オリーブの実を絞って化学的処理をしていないエクストラバージンオリーブオイルは、香りや風味がよくオリーブオイルの中で最高品質と言われています。

 

日本のエクストラバージンオリーブオイルは偽物?

先ほど、エクストラバージンオリーブオイルは、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり8gを越えないものとお話ししましたが、この基準は多くの国が加盟しているIOC(国際オリーブ協会)が定めた数値です。日本はIOCに加盟しておらずJAS(日本農林規格)が示している、100gに酸度2.0%以下の基準でオリーブオイルの種類を分けています。それなので、他の国ではエクストラバージンオリーブオイルとして名乗れないオリーブオイルもJASの基準に達していれば日本ではエクストラバージンオリーブオイルとして販売することができます。そのため、日本で売られているエクストラバージンオリーブオイルは偽物が多いと言われる所以になります。

 

エクストラバージンオリーブオイルの使い方

エクストラバージンオリーブオイルは精製されていないオリーブの実を絞った物になるので香りと風味がとても良いです。そのため、ドレッシングやカルパッチョなどそのまま使うのが香りと風味を最大限に生かす事ができます。しかし、加熱することにより香りと風味は落ちますが、全くなくなるわけではないので炒め物や揚げ物でもエクストラバージンオリーブオイル特有の風味がアクセントになり美味しいお料理ができあがります。

 

エクストラバージンオリーブオイルの保存方法

エクストラバージンオリーブオイルは、紫外線により劣化し、低温だと凝固してしまいます。それなので、常温で直射日光が当たらない場所に保存します。エクストラバージンオリーブオイルの一番の魅力は香りと風味なので、保存時にそれらが失われないように温度と日光には気をつけましょう。

 

おすすめエクストラバージンオリーブオイルランキング

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル

スペイン産のオーガニックオリーブオイルです。香り、風味が強すぎないので、色々なお料理に使いやすく、あとひと味足りないという時に調味料として1滴2滴加えると風味がUPします。

 

BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴァージンオリーブオイル

オーガニックオイルで有名なBIOPLANETE社のエクストラバージンオリーブオイルです。ポルトガル産のオーガニックオリーブオイルで、コールドプレス低温圧搾にて抽出されています。フルーティーな味わいで辛味のクセがないので、多くの方に好まれるオイルです。

 

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

イタリア産のエクストラバージンオリーブオイルです。香りと風味が心地よいオリーブオイルで辛味もほどよくあります。そのままパンにつけて食べるとエクストラバージンオリーブオイルの美味しさを味わえるバランスのよいオイルです。

 

エキストラバージンオリーブオイル ゾットペラ社

イタリア産のコールドプレス製法のオーガニックオリーブオイル。酸度:0.18%以下でエクストラバージンオリーブオイルの中でも高品質のオイルです。オリーブオイル特有の苦味が少なくフルーティーな味わいと香りが上品な風味となっています。

 

biologicoilsイタリア産有機エキストラヴァージンオリーブオイル

イタリア産のオーガニックオリーブオイルで、こちらもコールドプレス製法です。エクストラバージンにしては香りや風味、そして辛味などのクセが控えめです。香りや辛味などを求めると物足りなさがありますが、オリーブオイルのクセが苦手な方でも比較的美味しくいただけるオイルだと思います。

 

CARM プレミアム オーガニック エキストラバージン オリーブオイル

ポルトガル産の限定生産品のエクストラバージンオリーブオイル。香りと風味が良く、独特の辛味・苦味もバランスよく味わえます。それなので料理の仕上げに数滴ふりかけるだけでそのお料理の美味しさが格上げされます。

 

ボスコ エキストラバージン オリーブオイル

イタリア産のエクストラバージンオリーブオイルで、購入しやすい価格帯のオリーブオイルです。香りや風味が弱すぎず強すぎず、ほのかな辛味もあるので、そのままお料理にかけて召し上がるのも良いのですが、トロミが少しあるので舌触りが気になるかもしれません。その場合は加熱調理やスープなどにチョイ足しして召し上がるのがおすすめです。

 

1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル

スペイン産のエクストラバージンオリーブオイルと、小豆島産のエクストラバージンオリーブオイルをブレンドしたオリーブオイルです。香り、風味が強くオリーブの味をしっかり感じることができます。そのままサラダやカルパッチョなどに使うのが一番のおすすめです。オリーブ好きの方なら気に入るオイルだと思います。

 

まとめ

エクストラバージンオリーブオイルについてご紹介しました。オリーブオイルならどれでも一緒だろうと思っている方が多いと思いますが、エクストラバージンオリーブオイルはサラダやパンに付けたりと「生」のまま食す事が多いオイルです。それなので香り・風味・味が大事になります。

植物性の油は、ごま油やコーン油など種子から作られる物がほとんどですが、エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの「実」を絞ったオイルです。「実」は産地や栽培方法により味や風味に違いがあるので、当然ながらエクストラバージンオリーブオイルもメーカーにより違いが出てきます。

色々な物をテイスティングしてご自分の好みのエクストラバージンオリーブオイルが見つかるとよいですね。

記事内で紹介されている商品

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバ…

サイトを見る

BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴ…

サイトを見る

アルドイノ エキストラヴァージン オリー…

サイトを見る

エキストラバージンオリーブオイル ゾット…

サイトを見る

biologicoilsイタリア産有機エキストラヴ…

サイトを見る

CARM プレミアム オーガニック エキストラ…

サイトを見る

ボスコ エキストラバージン オリーブオイル

サイトを見る

1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオ…

サイトを見る

関連記事