オリーブオイル好きの主婦が教える!最高品質のエクストラバージンオリーブオイルおすすめランキング

調理用のオイルは何を揃えていますか?サラダ油にごま油、オリーブオイル、この3種類のオイルを常備されているというご家庭は多いと思います。

もともとオイルは体によくないイメージがありましたが、特に最近オイルの需要は高く、アマニオイルやオメガオイルなど、積極的に取りたいオイルも数々登場してきましたね。

そんな良いイメージのオイルとしての先駆者といえば、オリーブオイルなのではないかなと思います。

オリーブオイルに関しては、体にいいというイメージを持たれている方が多いかもしれません。

オリーブオイルを料理の際にサラダやパンにそのままかけて食べるなんていう方もいるのではないでしょうか。オリーブオイルは、お家にあって損はない、非常に幅広く使うことのできるオイルですよね。

そんなオリーブオイルですが、オリーブオイルにも種類があることをご存知でしょうか。オリーブオイルにはエクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルがあります。

高価で品質の高いオリーブオイルの中でも、比較的安いイメージのオイルがピュアオリーブオイルで、少し高めである程度の品質が保証されているオイルの商品がエクストラバージンオリーブオイルだと思ってくれると分かり易いのではないかと思います。

皆さんが普段お使いの商品はエクストラバージンオリーブオイルでしょうか?それともピュアオイル?

筆者は個人的に少し高めですが、品質の高いエクストラバージンオリーブオイルエクストラバージンオリーブオイルが好きですよ。

ということで今回は世界最高品質のオリーブオイルと言われているエクストラバージンオリーブオイルについての商品のご紹介します。

 

エクストラバージンオリーブオイルって一体なに?特徴は?

エクストラバージンオリーブオイルとはオリーブの実を絞ったそのままのオリーブオイルでのことで、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり8gを越えないオリーブオイルのことをいいます。

ピュアオリーブオイルの商品は精製されたオイルなので、オリーブの実を絞って化学的処理をしていないエクストラバージンオリーブオイのほうが、オリーブの香りや風味がよく、オリーブオイルの中で世界最高品質と言われています。

なので、よりオリーブオイル独特の美味しさを楽しみたい方は、断然高品質なエクストラバージンオリーブオイルの商品を購入されることをおすすめします。

 

日本のエクストラバージンオリーブオイルは偽物?

オリーブオイル

先ほど、エクストラバージンオリーブオイルは、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり8gを越えない商品とお話ししましたが、このオリーブオイルの商品基準はオリーブオイルの生産量が高いスペインやイタリアなど多くの国が加盟しているIOC(国際オリーブ協会)が定めたオリーブオイルの世界基準をもとにした、数値です。

日本はIOCに加盟しておらずJAS(日本農林規格)が示している、100gに酸度2.0%以下の商品基準でオリーブオイルの種類を分けています。

それなので、イタリアやスペインなどの他の国ではエクストラバージンオリーブオイルとして名乗れないオリーブオイルも、JASの商品基準に達していれば日本ではエクストラバージンオリーブオイルとして商品を販売することができます。そのため、日本で売られているエクストラバージンオリーブオイルの商品はIOCの商品基準で考えると偽物の商品が多いと言われる所以になります。

 

エクストラバージンオリーブオイルの使い方

では、ここではそんな風味や香り豊かなエクストラバージンオリーブオイルをより楽しんでいただける料理の使い方をご説明したいと思います。

エクストラバージンオリーブオイルは精製されていないオリーブの実を絞った商品になるので香りと風味がとても良いです。

そのため、オリーブオイルをドレッシングやカルパッチョなどの料理にそのまま使うのがおすすめです。オリーブオイルの香りと風味を最大限に生かす事ができます。

オリーブオイルは加熱することにより香りと風味は落ちますが、オリーブオイルの特性が全くなくなるわけではないので、炒め物料理や揚げ物料理でもエクストラバージンオリーブオイル特有の風味がアクセントになり美味しいお料理ができあがります。

 

エクストラバージンオリーブオイルの美味しさを1番味わえる料理をご紹介!

エクストラバージンオリーブオイルの美味しさを1番味わえるのは、特徴でもある風味と香りを生かしたお料理です。それなので、火を通すよりもそのまま使うとそれらを存分に味わえます。

そして、エクストラバージンオリーブオイルは香りを吸収しやすい性質があるので香草や香辛料を混ざりやすくし美味しく仕上げることができます。エクストラバージンオリーブオイル・香草・香辛料を使った料理が1番美味しく味わえます。

 

サーモンのマリネ

材料

刺身用サーモン

ハーブソルト

 

作り方

刺身用サーモンに表面を埋め尽くすくらいハーブソルトをまぶし半日置き余分な水分を出す。

半日置いたサーモンはクッキングペーパーで水分を取ってから容器へ入れ、ひたひたになるまでエクストラバージンオリーブオイルを入れ半日以上漬け込み、スライスしてお皿に盛り付けたら出来上がり。

漬け込む時にお好みの香草や香辛料を入れても美味しく出来上がります。また、残ったエクストラバージンオリーブオイルはそのままサラダにかけてドレッシングとして使ったり、ハーブオイルとしてパスタや炒め物などに使ったり色々なお料理に活用できます。

 

エクストラバージンオリーブオイルの保存方法

エクストラバージンオリーブオイルは、紫外線により劣化し、低温だと凝固してしまいます。それなので、オリーブオイルは常温で直射日光が当たらない場所に保存してください。

エクストラバージンオリーブオイルの一番の魅力は香りと風味なので、保存時にエクストラバージンオリーブオイル独特の魅力が失われないように温度と日光には気をつけましょう。

空気による酸化もエクストラバージンオリーブオイルを劣化させてしまうので、密封できる容器でなくてはいけません。

それらの事をふまえ、空気を通しやすいペットボトル容器や光を通す透明の瓶はエクストラバージンオリーブオイルの保存には向いていません。

日光と空気からエクストラバージンオリーブオイルを守るのに適している容器は缶や瓶になります。瓶の場合は遮光する事ができる黒か緑色の物がエクストラバージンオリーブオイルの保存に適しています。

 

筆者愛用のエクストラバージンオリーブオイルをご紹介!

エクストラバージンオリーブオイルと一言でいうとどれも同じ物、または似たような物と思いがちですが、商品により味が違います。風味や香りももちろん違いますが、味は食べ比べてみると明らかに違い、料理の仕上がりを左右します。

筆者はオリーブオイル好きが講じ、オリーブオイルのセミナーや料理教室などに参加するのですが、その際、日本で市販されているエクストラバージンオリーブオイルを20種類くらい食べ比べたことがあります。

エクストラバージンオリーブオイルは、苦味と辛味があります。商品によりその具合が違い、苦味・辛味が一番強い物はそのまま舐めるとむせてしまうほどです。

 

サンテラモ エクストラバージンオイル グリーンラベル

出典: Amazon.co.jp

サンテラモ エクストラバージンオイル グリーンラベル

たくさんの種類を食べ比べて出会ったエクストラバージンオリーブオイルが、こちらの商品になります。

苦味と辛味が強めですが、そのまま舐めてむせるほどの強さではなく、香りや風味も良いです。

味がしっかりしているので、そのままドレッシングとしても使うこともできます。エクストラバージンオリーブオイルは火を通すと香りや味が薄くなってしまいますが、この商品は火を通しても比較的しっかりとエクストラバージンオリーブオイルの味を楽しむ事ができます。

 

おすすめエクストラバージンオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルの魅力を知っていただいたうえで、ここからはおすすめのエクストラバージンオリーブオイルをいくつかご紹介していきたいと思います。

どれも同じエクストラバージンオリーブオイルというくくりではありますが、商品によって香りや風味、フレッシュさが変わります。

「オリーブオイルなんてどれも同じ」と思わず、商品ごとの魅力や特徴を知っていただければと思います!

 

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル スペイン産

出典: Amazon.co.jp

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバージンオリーブオイル スペイン産

まずはこちらのオリーブオイルの商品から。

スペイン産のオーガニックオリーブオイルです。

こちらのスペイン産オリーブオイルの商品は、香り、風味が強すぎないので、色々なお料理に使いやすいです。

オリーブオイルの特徴の一つである、独特な風味や香りがあまり得意ではないという方や、料理の主役に使いたくないという方におすすめの商品です。

こちらの商品は、あとひと味足りないという時に料理の調味料として1滴2滴加えると風味がUPする特徴があります。

 

BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴァージンオリーブオイル

出典: Amazon.co.jp

BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴァージンオリーブオイル 

次にご紹介する商品は、オーガニックオイルで有名なBIOPLANETE社のエクストラバージンオリーブオイルです。

こちらの商品はポルトガル産のオーガニックオリーブオイルで、コールドプレス低温圧搾にて抽出されているオリーブオイルです。

こちらのオリーブオイルの商品はフルーティーな味わいで辛味のクセがないので、多くの方に好まれるオイルです。

 

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

出典: Amazon.co.jp

アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

イタリア産のエクストラバージンオリーブオイルです。

こちらの商品は香りと風味が心地よいオリーブオイルで辛味もほどよくある特徴があります。

なので、オリーブオイルをそのままパンにつけて食べるとエクストラバージンオリーブオイルの美味しさを味わえます。

非常にバランスのよいオリーブオイルで、とりわけオリーブオイルが好き!という方におすすめの商品です。

 

エキストラバージンオリーブオイル ゾットペラ社

出典: Amazon.co.jp

エキストラバージンオリーブオイル ゾットペラ社

次にご紹介するのがこちらのゾットペラ社のエキストラバージンオリーブオイルの商品です。

こちらのエキストラバージンオリーブオイルという商品はイタリア産のコールドプレス製法のオーガニックオリーブオイルです。

酸度:0.18%以下で、エクストラバージンオリーブオイルの中でも高品質のオイルです。

オリーブオイル特有の苦味が少なくフルーティーな味わいと香りが上品で高品質な風味のオリーブオイルとなっています。

オリーブオイル初心者の方や、よりくせのない商品をお探しの方に、こちらのエキストラバージンオリーブオイルはおすすめです。

 

biologicoilsイタリア産有機エキストラヴァージンオリーブオイル

出典: Amazon.co.jp

biologicoilsイタリア産有機エキストラヴァージンオリーブオイル

イタリア産のオーガニックオリーブオイルで、こちらもコールドプレス製法です。

こちらの商品はエクストラバージンにしては香りや風味、そして辛味などのクセが控えめです。

なのでその反面こちらのオリーブオイルは香りや辛味などを求めると物足りなさがありますが、オリーブオイルのクセが苦手な方でも本場イタリアのオリーブの風味を美味しくいただけるオイルだと思います。

 

CARM プレミアム オーガニック エキストラバージン オリーブオイル

出典: Amazon.co.jp

CARM プレミアム オーガニック エキストラバージン オリーブオイル

続いてはこちらの商品です。

こちらの商品はポルトガル産の限定生産品のエクストラバージンオリーブオイルとなっています。

香りと風味が良いオリーブオイルで、オリーブオイル独特の辛味・苦味もバランスよく味わえます。

それなので料理の仕上げに数滴ふりかけるだけでそのお料理の美味しさが格上げされ、高品質なものへと

なります。

オリーブオイルを主役とすることももちろんできますが、引き立て役としても、料理の邪魔をすることなく上手に主張させることができますよ。

 

ボスコ エキストラバージン オリーブオイル イタリア産

出典: Amazon.co.jp

ボスコ エキストラバージン オリーブオイル

次はボスコから販売されているこちらのオリーブオイルの商品となります。

こちらのボスコから販売されているオリーブオイルは、スーパーなどでも販売されているので非常に身近な商品なのではないでしょうか。

すでにこちらの商品を使用している・あるいは使用したことのあるという方も多いのではないかと思います。

こちらの商品はイタリア産のエクストラバージンオリーブオイルで、購入しやすい価格帯というのが一番の特徴のオリーブオイルです。

香りや風味が弱すぎず強すぎず、ほのかな辛味もあるので、そのままお料理にかけて召し上がるのも良いのですが、トロミが少しある特徴があるので舌触りが気になるかもしれません。その場合は加熱調理やスープなどにチョイ足しして召し上がるのがおすすめです。

様々な料理に幅広くお使いいただける手軽な商品だと思います。

これからエクストラバージンオリーブオイルデビューをし、徐々に高品質な商品に移行していきたいと考えている人は、こちらのオリーブオイルの商品を是非試してみてはいかがでしょうか。

 

1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル

出典: Amazon.co.jp

1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオイル

最後にご紹介するのが、こちらの1st ORIGINのエキストラバージンオリーブオイルです。

こちらのオリーブオイルは、スペイン産のエキストラバージンオリーブオイルと、小豆島産のエキストラバージンオリーブオイルをブレンドしたオリーブオイルです。

小豆島は、オリーブオイルで有名な香川県にある島のことで、日本の中では最もオリーブオイルが有名な地です。

そんな日本を代表する小豆島のエキストラバージンオリーブオイルと、本場スペイン産のエキストラバージンオリーブオイルがブレンドされているということで、とっても気になる商品ですよね!

こちらのオリーブオイルの商品では、香りや風味が強くオリーブの味をしっかり感じることができる特徴があります。料理としてはそのままサラダやカルパッチョなどに使うのが一番のおすすめです。パンにつけて食べるのもオリーブ好きの方なら気に入るオイルだと思います。

本場スペイン産の商品というだけではなく、日本が誇るオリーブオイルの味わいを含めたこちらの商品をぜひお試しください。

 

自分好みのエクストラバー人オリーブオイルを見つけてみては!

オリーブ

エクストラバージンオリーブオイルについてご紹介しました。オリーブオイルならどれでも一緒だろうと思っている方が多いと思いますが、エクストラバージンオリーブオイルはサラダやパンに付けたりと「生」のまま食す事が多い高品質なオイルです。それなのでオリーブオイルは香り・風味・味が非常に重要になります。

植物性の油は、ごま油やコーン油など種子から作られる商品がほとんどですが、エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの「実」を絞ったオイルです。オリーブの「実」は産地や栽培方法により味や風味に違いがあるので、当然ながらエクストラバージンオリーブオイルもメーカーにより特徴に違いが出てきます。

色々な物をテイスティングしてご自分の好みのエクストラバージンオリーブオイルが見つかるとよいですね。

皆さんも、手軽にオリーブオイルの魅力を様々な料理によって楽しんでいただけたらいいなと思います。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

サンテラモ エクストラバージンオイル グ…

サイトを見る

ヴィラブランカ オーガニックエクストラバ…

サイトを見る

BIOPLANETEポルトガル産有機エキストラヴ…

サイトを見る

アルドイノ エキストラヴァージン オリー…

サイトを見る

エキストラバージンオリーブオイル ゾット…

サイトを見る

biologicoilsイタリア産有機エキストラヴ…

サイトを見る

CARM プレミアム オーガニック エキストラ…

サイトを見る

ボスコ エキストラバージン オリーブオイル

サイトを見る

1st ORIGIN エキストラバージンオリーブオ…

サイトを見る

関連記事