買いたいものを検索してください

黒トリュフと白トリュフどっちがおすすめ?トリュフ塩のおすすめランキングTOP10

トリュフというと高級食材でもあるためなかなか家庭では購入したり料理に使ったりとできないイメージがあります。

最近ではトリュフ塩、トリュフオイルなどトリュフ風味の調味料や食べ物なども増え家庭でも簡単に取り入れるようになり私自身もトリュフ風味のものが好きなため度々使用したりし、料理にまた一つアクセントをつけています。

今回はそんな私がオススメのトリュフ塩とトリュフ塩の活用の仕方についてご紹介します。

 

高級食材「トリュフ」が手軽に使える!トリュフ塩で上品料理を作ろう

世界三大珍味としても知られているトリュフが家庭でも手軽に使え、お肉を焼いたりパスタの風味付けなどにも使え使うことで1品が高級な味わいになります。

トリュフは高級で安いものでも100gあたり4000円以上で高いものだと10万円するものもありなかなか家庭料理では使用できませんが、トリュフ塩なら1000円前後で購入できちょっとしたお料理の風味付けによく、普段作っている料理も一瞬で豪華になります。

トリュフは実は高級食材ではありますがキノコの1種でもあるため食物繊維、ビタミンD、スアスターゼなどがあり、便秘に対してや、胃腸の働き促したり、骨を強くするなども期待できます。

塩なので食べ過ぎには注意ですが、熱中症対策にもなります。

 

黒トリュフと白トリュフの違いは?

黒トリュフ

黒トリュフは希少価値があり一般的にレストランなどでよく見かけるのは黒トリュフが多く、味と香りがよくついつい食べたくなる風味が特徴で、その素晴らしさから「黒のダイヤモンド」や「料理のダイヤモンド」などと呼ばれています。

黒トリュフはほとんどがフランスのプロヴァンス地方のもので、その他にはフランス南西部のペリゴール産のものもありこちらは高級黒トリュフとしても有名です。

中国産のものも冷凍などでありますがあまりよくないと言われてはいますが一番手頃に買えるものでもあります。

収穫時期は12月下旬〜2月末で収穫の仕方はトリュフの香りを嗅ぎ分ける訓練をした犬やメスの豚を使って掘り当てます。

黒トリュフはパスタにかけたり料理の風味付け仕上げに使うと料理をさらに引き立ててくれます。

 

白トリュフ

白トリュフは「白いダイヤモンド」と呼ばれたりもするほど高級な食材です。

白トリュフはほとんどがイタリア産でその中でも北イタリアのピエモンテ州アルバ産のものが最高峰とも言われています。

山脈などのなだらかな傾斜地の粘土質土で生息することが多く人工栽培ができなく、自然環境の中でしか育たないからこそ独特の香りと芳香があるトリュフが採れ、希少価値があがり値段も高価な高級品として一般の家庭料理ではなかなか使う機会はありません。

探し方も黒トリュフと同じで香りの訓練を受けた犬や豚が掘ります。

収穫時期は、10月下旬~11月末で生で食べるので非常にデリケートで10日間ほどしか保存もききません。白トリュフは 生で食べることが多くパスタやリゾット、オムレツなどの卵料理にスライスすると料理が一段と美味しく香りよい風味が広がります。

 

トリュフ塩の風味や香りの特徴は?

トリュフ塩は様々なお料理に一振りするだけで高級感ある香りと風味が広がります。

そんな風味や香りの特徴はトリュフの種によっても違い、黒トリュフと白トリュフかによっても変わります。

黒トリュフのトリュフ塩は調理をする時の味付けや加熱できるのでソース作りなどにも適していて料理の味と風味を高級感ある風味や味つけによく普段の料理を簡単に高級感ある味わいにしたい方やパーティー料理などを作りたい時に大活躍です。

白トリュフのトリュフ塩は黒トリュフよりは希少価値が高く日持ちもしないのと、加熱にも向いていないものが多く、賞味期限も短いものが多いです。

芳醇な香りがあり媚薬に例えられることやアーモンドに似た香りが特徴で、主に完成した料理に振りかけたりお肉料理につけたりすると料理がさらに香り引き立ち風味豊かな味わいになります。

お肉を焼いたり魚や野菜を焼いた際にすこしつけたりバーベキューなどに持っていくと高級感あり喜ばれます。

さらにトリュフ塩は塩の種類によっても味わいが変わります。塩にも種類があり使っている塩によって味わいに深みが出てさらにトリュフの風味と合わさってトリュフ塩の旨味が味わえます。

塩には天然塩、精製塩、再生加工塩と3種類ありますが、トリュフ塩は天然塩のものを選ぶとよいでしょう。天然塩の場合「岩塩」、「湖塩」、「海塩」とあります。

 

岩塩を使用したトリュフ塩の特徴

岩塩は主に薄いピンク色をした粒状の塩で、ピンクソルトと呼ばれています。ピンク色の岩塩はヒマラヤ産のものでヒマラヤは元は海だった場所が隆起してできていて、そのヒマラヤで長い時間をかけて濃縮して結晶となったものが岩塩です。

味は塩辛く濃い味わいが特徴で料理を濃い味付けをしたい時やお肉などの味付けにも向いていてより美味しい味付けができます。

 

湖塩を使用したトリュフ塩の特徴

湖塩はあまり聞かない塩ですが塩分が多い湖から採れ、海塩と岩塩の間のような味わいが特徴で独特の風味があります。オリーブオイルと合わせたりマリネやドレッシング作りに向いていて独特な風味が料理を引き立たたせてくれ美味しい料理へと仕上げてくれます。

 

海塩を使用したトリュフ塩の特徴

海塩は海から採れた塩としても親しまれていて海水を乾燥させて結晶化させたものです。岩塩よりもミネラル分が多く塩辛さも少なく旨味ある味わいです。

特にトリュフ塩はフランス産やイタリア産のものが多く、海に近い場所ですので海塩を使用したトリュフ塩も多く野菜や魚介類などの料理に使用したり淡白でシンプルに素材を活かす料理に向いていて旨味ある料理へと仕上げられます。

 

トリュフ塩はどんな料理に使えるの?

トリュフスクランブルエッグで高級感な朝食へ早変わり。

材料(2人前)
卵・・・5個
トリュフ塩・・・小さじ1
牛乳・・・大さじ1
オリーブオイル・・・大さじ1

作り方

  1. ボールに卵を割り入れてトリュフ塩かけて、牛乳を入れ混ぜ合わせます。
  2. フライパンを温めててオリーブオイルを入れ①を流し入れ木ベラなどで卵を混ぜながら中火で焦げ付かないように焼きます。
  3. 全体的に火が通り塊が無くなったら完成。
  4. トーストなどと一緒に盛り付け出来上がり!

 

お肉にかけるだけで素材ごとの味を楽しめ高級感ある味わいに。

材料(2人前)
牛モモ肉ブロック・・・400g
ニンニク・・・1かけ
オリーブオイル・・・大さじ1
トリュフ塩・・・適量(お好みで)

作り方

  1. 牛もも肉にトリュフ塩をまんべんなくふりかけます
  2. フライパンにオリーブオイルを入れてスライスしたニンニクを入れてニンニクがキツネ色になるまで炒めニンニクは取り出しておきます。
  3. フライパンにお肉をのせて全面焼いたら中火で焼き続けます。
  4. いい感じに全面焦げてきたら取り出しニンニクをのせてホイルで包み余熱で置いておき食べ頃で盛り付けお好みでトリュフ塩を添えて完成。

 

オリーブオイルとトリュフ塩、レモンのみであっという間に風味あるヘルシードレッシングに。

材料(2人前)
オリーブオイル・・・100ml
トリュフ塩・・・小さじ1
レモン・・・レモン半分

作り方

  1. カップにオリーブオイル、トリュフ塩、レモン汁を絞って入れ混ぜ合わせたら完成
  2. サラダなどと一緒にかけて食べてもよいです!!

※アルファルファにもよく合いますよ!!

 

白トリュフか黒トリュフかにも注目

トリュフの風味や香りをそのまま楽しみたいのなら白トリュフがおすすめ!!

白トリュフのトリュフ塩は黒トリュフよりは希少価値が高く日持ちもしないのと加熱にも向いていないものが多く、賞味期限も短いものが多く芳醇な香りがあり媚薬に例えられることやアーモンドに似た香りが特徴です。

主に完成した料理に振りかけたりお肉料理につけたりすると料理がさらに香り引き立ち風味豊かな味わいになります。

お肉を焼いたり魚や野菜を焼いた際にすこしつけたりバーベキューなどに持っていくと高級感あり喜ばれるのでそのままトリュフ塩を使いたい方には白トリュフ塩がおすすめです。

 

控えめな香りが好きな方やトリュフ初心者なら黒トリュフがおすすめ!!

黒トリュフのトリュフ塩は調理をする時の味付けや加熱できるのでソース作りなどにも適していて料理の味と風味を高級感ある風味や味つけによく香りは白トリュフに比べると控えめではありますがトリュフの風味は十分あり普段の料理を簡単に高級感ある味わいにしてくれます。

加熱する料理やお客様が来る日などやパーティー料理などを作りたい時に簡単に使えトリュフ塩初心者におすすめです。

 

トリュフ塩はギフトとしてもおすすめ

トリュフ塩はなかなか自分で購入するタイミングなどがない方も多いので非常にギフト向きです。

ちょっとした誕生日プレゼントや料理好きの男性や女性にも喜ばれるためバレンタイン、ホワイトデーの贈り物としても喜ばれます。

お世話になっている方へのお礼やお歳暮、お中元などにも喜ばれギフトとしてもらって嬉しいものの上位でもあります。

調味料というよりは一振りするだけで料理の味わいが変わり高級感あり楽しめますので料理好きでも料理をしない方でも簡単に使いこなせることも魅力の一つです。

 

トリュフ塩のおすすめランキングTOP10!

10位:カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ

内容量:100g

原産国:イタリア

原材料:海塩、黒トリュフ、香料(トリュフ)

トリュフの種類:黒トリュフ

トリュフの香り高さが特徴的なフレーバーソルトです。イタリアで古くから王室御用達の北アドリアのチェルビア海塩をブレンドしたトリュフ塩でトリュフの香りが強く少量振りかけただけで口の中に高級感漂うトリュフの香りが広がります。

お肉の味つけはもちろんオムレツやドレッシングとしても使用でき少しの量で普段の食卓をリッチな気分にしてくれます。

出典: Amazon.co.jp

カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ
ブランド
カテゴリ

 

9位:イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩 トリュフソルト

内容量:100g

原産国:イタリア

原材料:イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩、海塩(沖縄県産)、黒トリュフ(イタリア)、黒トリュフ香料

トリュフの種類:黒トリュフ

名前の通りイタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩を使用したまぼろしの熟成塩でトリュフ塩の中では今注目されています。トリュフ塩はどれも高級感ありますがまた一つ違って贅沢な味に味つけできる塩です。

お肉料理、パスタ、卵料理、ドレッシングなどそのまま野菜につけても美味しいく様々なお料理に活躍します。

出典: Amazon.co.jp

イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩 トリュフソルト
ブランド
カテゴリ

 

8位:BREZZO トリュフ塩 Salt with Truffle

内容量:80g

原産国:イタリア

原材料:塩(フランス)、サマー黒トリュフ(イタリア)、黒トリュフパウダー(イタリア)

トリュフの種類:黒トリュフ

フランスの西海岸ブルターニュ地方にあるゲランドの海塩にイタリアはピエモンテ州ランゲ地区産のトリュフがブレンドされているトリュフ塩で香り豊かでお肉料理はもちろんですがパスタなどの味つけやお肉につけたりかけたりと色々と楽しめます。

上品な化粧箱入りなので高級感もあり贈り物などにも喜ばれます。

出典: Amazon.co.jp

BREZZO トリュフ塩 Salt with Truffle
ブランド
カテゴリ

 

7位:SABATINO TARTUFI サバティーノ・トリュフ社 黒トリュフソルト

内容量:100g

原産国:イタリア

原材料:海塩、黒サマートリュフ、香料

トリュフの種類:黒トリュフ

イタリアのサバティーノ・トリュフ社のトリュフ塩で、サバティーノ・トリュフ社は一流レストランにしか卸さないと知られていてプロ御用達のトリュフ塩でもあります。

こちらのトリュフ塩は5月から12月に掛けて収穫されるサマートリュフを使用していて普通の黒トリュフよりは香りが強いのでトリュフの風味を高く引き立てたい方やトリュフ好きの方にはオススメです。

値段は高めですが内容量も多めで100g入っているのでたくさん使用したい方にも好まれます。お肉料理はもちろん卵料理やパスタ、雑炊、リゾット、鍋やバーベキューなどのパーティー、ポテトフライに振りかけたりしても合い洋食以外にも使えます。

香りが高いのでトリュフ塩のフタを開けた瞬間に美味しいトリュフの香りが際立ち食欲もそそります。

出典: Amazon.co.jp

SABATINO TARTUFI サバティーノ・トリュフ社 黒トリュフソルト
ブランド
カテゴリ

 

6位:A&I T&C トリュフ塩

内容量:50g

原産国:イタリア

トリュフの種類:黒トリュフ

原材料:イタリア産海塩、イタリア産黒トリュフ粉末2%(新鮮トリュフの10%に相当)、イタリア産乾燥黒トリュフ1.5%(新鮮トリュフの7.5%に相当)、香料

こちらのトリュフ塩はサルデニア島の海塩と黒トリュフを使用していてサルデニア島の塩は苦味がなくサラサラとしているのでそのサラサラの塩と黒トリュフがブレンドされているので贅沢高級感あるトリュフの香りが味わえ楽しめます。

個人的にオススメの料理はオムレツなどの卵料理にオススメで普段の朝食などの卵料理ですが牛肉や鶏肉や豚肉などのお肉料理やパスタ、野菜などのソテーに添えたり振りかけても美味しいです。

50gと少量なのでお試しするのには使いやすい量なので手軽に日常の調味料として試していただけますし初めてトリュフ塩を購入したいの方にオススメです。

出典: Amazon.co.jp

A&I T&C トリュフ塩
ブランド
カテゴリ

イーグルス感謝祭開催中!ポイント最大39倍

楽天市場で価格を見る

5のつく日!

Yahoo!で価格を見る

 

5位:タルトゥフランゲ 黒トリュフ塩 30g

内容量:30g

原産国:イタリア

トリュフの種類:黒トリュフ

原材料:塩、黒トリュフ

1980年に創業したタルトゥフランゲ社は1980に創業した白トリュフの産地でもあるピエモンテ州アルバ県ランゲにある有名なトリュフメーカーで美味しいトリュフを全国に広めたいと現在は珍しいピエモンテ州以外で見ることのない白トリュフやトリュフ商品などを製造しています。

そんなタルトゥフランゲのトリュフや製品は評価の高い多くの星付レストランなどにも採用されていてトリュフ塩もその中の一つです。

このトリュフ塩はアルバ産のサマートリュフとフランスのゲランド産の海塩を使用していてサマートリュフは普通の黒トリュフと比べると香りが高く、料理に深みを出してくれるのでお肉料理はもちろんサラダ、ドレッシングなどに使用したりと料理の幅が広がります。

少し値段は高めですがブランド価値も非常に高いので、特別お料理に高級感を出したかったりプレゼントなどにも喜ばれますし価値ある商品です。

出典: Amazon.co.jp

タルトゥフランゲ 黒トリュフ塩

 

4位:タルトゥフランゲ 白トリュフ塩

内容量:30g

原産国:イタリア

トリュフの種類:白トリュフ

原材料:塩、白トリュフ

5位トリュフ塩と同じく伝統あるトリュフメーカーのタルトゥフランゲ社製の白トリュフ塩で白トリュフ生産地であるピエモンテ州アルバで製造されています。こちらも最高級で数々の一流レストランなどでも採用されています。

こちらのトリュフ塩はウンブリア産の白トリュフとフランスのゲランド産の海塩を使用していて高級感ある味と風味がたまらなく、料理に深みを出してくれるのでお肉料理はもちろんサラダ、ドレッシングなどに使用したりと料理の幅が広がります。

値段は少し高めですが初めてトリュフ塩を購入した方、トリュフ塩をさらに味わいたい方にもおすすめなのでプレゼントなどみも喜ばれます。

出典: Amazon.co.jp

タルトゥフランゲ 白トリュフ塩
ブランド
カテゴリ

 

3位:ジャパンソルトトリュフソルト 黒

内容量:50g

原産国:イタリア

原材料:食塩、黒トリュフ、香料

トリュフの種類:黒

ピエモンテ州でフレッシュなトリュフやトリュフを使った商品を製造しているTarutuflanghe社の商品でトリュフ塩の中でもダントツ人気でトリュフ塩を広めた最初の火付け役とも言われてこだわって作られているトリュフ塩です。

塩はフランスのゲランド産の天日塩とイタリア産の乾燥黒トリュフを使用したトリュフ塩で蓋を開けた瞬間にと、広がるトリュフの香りがたまらなくお肉料理はもちろんポテトフライに振りかけたりマッシュポテトなどのポテト料理、卵料理、クリームベースのパスタのソースなどに振りかけても美味しく、少し振りかけるだけで高級感ある料理へと大変身します。

値段と量のバランスが良くコストパフォーマンスにも優れているのでちょっとしたプレゼントや初めてトリュフ塩を試したい方にもオススメです。

 

2位:ジャパンソルトトリュフソルト 白

内容量:25g

原産国:イタリア

原材料:食塩、白トリュフ、香料

3位のトリュフ塩と同じピエモンテ州でフレッシュなトリュフやトリュフを使った商品を製造しているTarutuflanghe社の商品でトリュフ塩の中でもダントツ人気でトリュフ塩を広めた最初の火付け役とも言われてこだわって作られているトリュフ塩です。

塩はフランスのゲランド産の天日塩と白トリュフを使用していて白トリュフは冬しか収穫ができないので希少価値が高くさらに高級感が増します。

少しガーリックの風味がし、トリュフにの香りが高いのが特徴でお肉料理はもちろんポテトフライに振りかけたり、そのまま野菜のソテーなどに添えたりとそのまま味わってほしい塩です。少し振りかけるだけで高級感ある料理へと早変わりします。

白トリュフと黒トリュフの違いを楽しみたい方はセットで購入したり、初めてトリュフ塩を試したい方にプレゼントとにしたりもオススメです。

出典: Amazon.co.jp

ジャパンソルトトリュフソルト 白
ブランド
カテゴリ

 

1位:トリュフ塩  ロイヤルトリュフソルト 黒トリュフ

内容量:50g

原産国:イタリア

原材料: イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩、海塩(沖縄県産)、黒トリュフ(イタリア)、黒トリュフ香料

トリュフの種類:黒トリュフ

イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩を使用したトリュフ塩で 一押しのトリュフ塩間違いなし!香りもすごくよくお肉との相性もよいですし、卵料理やパスタ、焼き野菜につけたりバーベキューに持っていくとみんなから喜ばれますしナッツやポップコーンに振りかけると高級なポップコーンやおつまみに早変わり、贅沢な気分が味わえます。

出典: Amazon.co.jp

イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩 トリュフソルト
ブランド
カテゴリ

 

まとめ

トリュフ塩も種類は様々黒トリュフか白トリュフかまた、塩などの種類などにも注目し、さらに使用する料理によって変えてみるのも良いでしょう。

トリュフ塩は基本的にはお肉料理との相性も良く、卵料理、パスタなど様々なお料理に使用したりそのままナッツやポテトフライ、ポップコーンなどに振りかけたりしても高級感ある味が演出でき、レストランなみの味になります。

ワインなどお酒のおつまみにもよく合うのでこの機会にぜひトリュフ塩をお手に取ったり贈り物にしてみてください。

 

記事内で紹介されている商品

カシーナロッサ イタリアンフレーバーソル…

サイトを見る

イタリア産トリュフとまぼろしの熟成塩 ト…

サイトを見る

BREZZO トリュフ塩 Salt with Truffle

サイトを見る

SABATINO TARTUFI サバティーノ・トリュフ…

サイトを見る

タルトゥフランゲ 黒トリュフ塩

サイトを見る

タルトゥフランゲ 白トリュフ塩

サイトを見る

ジャパンソルトトリュフソルト 白

サイトを見る

関連記事